野いちごひとりごと
人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
各国の4本のワインと夕食♪~

昨日は爽やかな一日でした。
そろそろ夏物もクリーニングに出したり、
お布団もタオルケットから薄い布団に入れ替え。
季節の変わり目、、、主婦は忙しくなりますね。

IMG_1358E.jpg

先週のワインと夕食の覚え書きです。
お急ぎの方はここでブログランキングに
応援ポチをしていただけるとうれしいです。


にほんブログ村

9月15日(金)久々の乗馬レッスンの日でした。

IMG_1296E.jpg

いつも以上に簡単料理。

IMG_1295E.jpg

 南フランスワインはドメーヌ・ド・レーグルピノ・ノワール2014年。
果実味の香り、酸味がほどよく美味しいワインでした。

IMG_1297E.jpg

9月16日(日)関西の中高校の同窓会の日。
欠席しましたが、”みんな楽しんでるかな?”と
気になった一日でした。

IMG_1303E.jpg

鶏もも肉の照り焼き。
我が家のシェフ曰「一番の簡単料理」

IMG_1305E.jpg

イタリアワインはペポリキヤンティークラッシコ2014年。
もう何本も飲んでいますが、口当たりの良いワインです。

IMG_1306E.jpg

9月17(日)台風18号接近。
合い挽きしかなかったのでナスのはさみ揚げ。
ソースはケッチャップにごま油を入れて・・・。

IMG_1308-cropE.jpg

盛岡の姉宅のかぼちゃ。
甘くて美味しかったです。
ご馳走様!

IMG_1307E.jpg

IMG_1310E.jpg

ブルゴーニュワインはブルゴーニュ・ピノ・ノワール。
豊かな果実味とタンニンのバランスが良いことで知られているワインです。

IMG_1311E.jpg

9月18(祝)ダンナ様がそごうのエノテカにワイン試飲会に出かけた日。
秋鮭をリクエストしたら「天然鯛のアラが安かった」と。
大きな立派なアラでした。

天然鯛E

秋鮭も身がしっかりとついて食べごたえ充分。

IMG_1320E.jpg

私は魚をむしるのが下手です。
魚は幼い時、父が綺麗にむいて私のお皿の中に。
だから、頭のややこしいところは食べません。
今はダンナ様が父代わりです(笑)

IMG_1318E.jpg

懐かしい土井勝さんのレシピ。

IMG_1316E.jpg

盛岡の姉宅のメークィーン。
美味しくいただきました。

IMG_1319E.jpg

カリフォルニアワインのヴィントナーズ・リザーヴピノ・ノワール
ケンダルジャクソン2015年。
もう我が家ではおなじみのワイン。
果実の甘酸っぱく濃厚な香りです。
時間とともにまろやかさがでて、美味しいワインです。

IMG_1321E.jpg

急に涼しくなりました。
皆様、体調にお気をつけくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。
ブログランキングに参加しているので
キバナコスモスの中に
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村

亡き息子を想う 素晴らしいお母様♪~

昨日はどこへも出かけず、歌の練習やお昼寝など
家の中でのんびりと過ごしました。

IMG_1355-cropE.jpg

月刊誌のJafMateの表紙のシマウマの模様に感心しました。
写真家の岩合光昭(いわごみつあき)さんがタンザニアで撮影。
縞模様が同じように見えても人間の指紋のように皆、違うそうです。
シマウマは家族単位で暮らしているそうな。

綺麗な縞模様。。。自然に出てくるのですね。すごい!

IMG_1354E.jpg

ページを捲っていると
「交通事故をなくしたい」の記事に目が止まりました。

それは2003年、奄美大島の新トンネル工事に関わっておられた
息子さんTさんを交通事故で亡くされたお母様Sさんの記事でした。

19歳の加害者は歩行中のTさんを車ではねて逃走。
飲酒運転で死亡事故を起こしていながらも
「過失」扱いでたったの懲役3年。

Sさんはどうしても納得がいかず、多くの交通事故遺族とともに
連絡協議会を立ち上げ、署名活動を開始。
事故から10年、やっと2013年11月に
「自動車運転死傷行為処罰法」が成立。

Sさんは今は亡き息子さんのTさんに
「お母さん、頑張ったよ。もう一度、会いたいね」と
奄美の海をみながら話しかけられたそうです。

素晴らしいお母様のSさん。良く頑張られましたね。
私ならなんの行動も起こさず、
ただ悶々と日を過ごしていたことでしょう。

私を含めてハンドルを持つ者としては
何があろうとも絶対に人の命を奪ってはいけない。。。と
肝に銘じてページを閉じました。
最後に不慮の事故で亡くなられたTさんのご冥福を心からお祈りします。

IMG_1357-cropE.jpg

IMG_1372-cropE.jpg

さぁ~てと我家のベランダ。
関西から引っ越しの時に持ってきたシラーベルビアナの
可愛い芽が出始めました。

ブロ友さんのアイハートさん宅や
他のお家にもお嫁入りしたのですが、
昨日、アイハートさんのブログの元気なシラーベルビアナの写真に
可愛がっていただいているのだと嬉しくなりました。

シラーベルビアナE

↓小さな蕾から花火のような綺麗な花が咲きます。
楽しみですね。
お嫁入り先のアイハートさん、皆様よろしくお願いいたしますね。

シラーつぼみc

クリスマスには真っ赤なポインセチアをと
毎日8時に日に当て、5時に真っ暗なクローゼットへ
出したり、入れたり短日処理をしていますが、
次第に赤くなる葉を見ると嬉しくなります。
11月半ばまで頑張ります。

ポインセチアえ

お彼岸でおはぎを作っておられる方が多いですが、
我が家は何故か、栗羊羹。

過日ダンナ様にリクエストした清閑院の栗羊羹。
つぶあんの大きなアンコ。
甘さ控えめ。。。美味しかったです。

羊羹E

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログ更新は深夜0時5分です。
ブログランキングに参加しているので
シラーの中に応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村
R・ワーグナー作曲 歌劇「タンホイザー」

涼しくなるとタマスダレが一斉に咲き始めます。
和名の由来は白い小さな花を「玉」に、
葉が集まっている様子を「簾」に例えたことのようです。

IMG_1360-cropE.jpg

一昨日は渋谷のNHKホールへバイエルン国立歌劇場の
リヒャルト・ワーグナー作曲「タンホイザー」全3幕を観に出かけました。

バイエルン国立歌劇場初来日は1974年10月。
関西在住だったので大阪フェスティバルホールでした。

あの時の演目はワーグナーの「ワルキューレ」。
ジェームス・キングの素晴らしい歌唱。
指揮ヴォルフガング・サヴァリッシュと期待していたのですが
残念がらフェルデナント・ライトナー。
夫婦してがっかりしたのを覚えています。

NHKホール座席

JR渋谷駅のハチ公口からゆるい坂道(公園通り)を上りきったNHKホール。
夏日だったのででひんやりした会場はありがたくシートに座りました。
2階10列20番。ほぼ真ん中。

舞台から少し遠いですが、音のバランスも良く、
高く手を上げたオーケストラボックスの指揮者
キリル・ペトレンコのしなやかな手の動きも見えます。

IMG_1339-cropE[1]E

指揮はロシア出身45歳のキリル・ペトレンコ。
カーテンコールの時に舞台上に立つと
とても小柄な髭のおじさんでした。

2019年からサイモン・ラトルに代わって
ベルリン・フィルハーモニーの首席指揮者・芸術監督に就任予定。
クラシックフアンとしてはまた楽しみが増えます。

IMG_1341E.jpg

<主な出演者>

2幕から演じるエリザベート役のアンネッテ・ダッシュ。
1976年ベルリン生まれのドイツのソプラノ。
オペラグラスで歌唱部分を観ましたが、
写真通りすごい美人さん。

1幕のヴェーネス役のエレーヌ・パンクラトヴァの柔らかい声を聴いていたので
このアンネッテ・ダッシュの声が初めは少しかたく思いましたが、
だんだんと豊かな声も出て美しい響きでした。

IMG_1342-cropE.jpg

1幕で何とも不思議な格好をしている
ヴェーヌス役のメゾソプラノのエレーナ・パンクラトヴァ。
強烈なフォルティシモから繊細なピアニッシモまで
幅広い美しい声の持ち主でした。

IMG_1343-cropE.jpg

主役のタンホイザー役のテナーのクラウス・フロリアン・フォークト。
47歳というから乗りに乗っている年齢でしょうか。
テナーにしてはとても安定した声で
音域の広い歌手のように思います。
また何かの機会に聴いてみたいです。

IMG_1345-cropE.jpg

ドイツ生まれのバス。
とても温かい声の持ち主。
そんなに出番はないけれど重要な役。
レパートリーに「魔笛」のザラストロが・・・。
一度聴いてみたい気になりました。

IMG_1346-cropE.jpg

冒頭は約20分間という長大な序曲。
その間の演出は女達の上半身裸である事も
矢を放つ意味も的が目である意味も分からないですが
ホルン、主題を吹くトロンボーンの美しい響きが印象的でした。

IMG_1351E.jpg

ソリストも素晴らしい演奏でしたが、それに負けず劣らずの
バイエルン国立歌劇場合唱団の素晴らしさには涙がでるほど感動。
ソロ歌手以上にワーグナーの世界に導いてくれたと言っても
過言ではないと思います。

IMG_1352E.jpg

ストリーはわかっていても演出が。。。イマイチ良くわかりません。
美術、衣装、証明を手掛けた演出家
ロメオ・カステルッチが語っている言葉を少しご紹介します。

「タンホイザーは彼の存在論的次元での失敗に特徴づけられており、
彼はどこから見ても、悲劇的なものについ、この上演にぴったり。
というのも彼は自分の場所を見つけることに失敗し、
生(せい)における喜びを持っていないからです。

ヴェーヌスのところにも留まれない、エリーザベトのところでも駄目、
ローマでも同じく、魂の救いを見出すことはありません。
タンホイザーの道に見通も目標もなく、
唯一可能な終着点は、愛の中の死です」
・・・以上

何がどうなのか、余計に頭が混乱しますが
第1幕のヴェーヌスの身体がちょっとグロテスクだけに、
2幕でタンホイザーとエリーザベトが再会し、
第3幕で彼女の死によってタンホイザーが
罪から救済されるという大きな感動を感じたことは確かです。

IMG_1347-cropE.jpg
(2017年9月21日 NHKホール)

キリル・ペトレンコのワーグナーの世界。
本当に素晴らしいオペラの世界でした。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログ更新は深夜0時5分です。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村
♪バイエルン国立歌劇場 「タンホイザー」

IMG_0530E.jpg

楽しみにしていたバイエルン国立歌劇場のワーグナー作曲「タンホイザー
昨日、3時開演。渋谷のNHKホールに夫婦して出かけました。

IMG_1339-cropE.jpg

40分の休憩を2回入れて終了は20時丁度。
5時間のオペラ鑑賞でした。

バイエルン国立歌劇場管弦楽団の柔らかくて重厚な音に加え、
指揮者キリル・ペトレンコの細やかな指揮が光りました。
ソリストたちの表現豊かな素晴らしい歌唱力は勿論、
ため息が出るほど美しく感動した合唱のハーモニー。
どれをとっても素晴らしい演奏のひと言でした。

また後日ゆっくりと書かせていただきますね。
今日はこの辺で・・・。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログ更新は毎深夜0時5分です。
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村
バレエレッスンお休み♪これぞ年寄りの冷や水。゚(゚´Д`゚)゚。

昨日はバレエレッスンの日でしたが、
6月にお稽古を開始してから16回目で初めて欠席しました。

IMG_1213E.jpg

先週のレッスン終了間近かの踊りの時、
右足の膝がカクン!となりその場でスッテンコロリン。
すぐにレッスンを中止して見学。

レッスン後、男性のY先生が「大丈夫ですか?お大事に」と
優しく声をかけてくださいました。

その後、右足はそれほど大した痛みもないですが、
一昨日の声楽のレッスン疲れや
今日、午後からNHKホールへ歌劇「タンホイザー」を観に出かけるので
体調万全にと心がけ、バレエレッスンは涙をのんでお休みしました。

レオタードE

T先生が私の事を心配しておられるとは思いませんが、
私の気持ちがすまないので
チャコット受付の女性に事情を話し
「”足は大丈夫です”とT先生にお伝え下さい」と電話。

足を痛めたレッスン後、更衣室に戻った時のこと。
数名のお若い方々が「大丈夫ですか?」と声をかけてくださいましたが、
その中のAさんが「どの踊りも一生懸命されているので、
ちょっと気を抜かれたらいいような・・・」と
何とも意地悪にも聞こえる意味深な言葉。

そうか、人から見れば「年寄りの冷や水」にとられるのか・・・と
少々悔しい思いもありましたが、
”いやいや、お稽古に手を抜くとはとんでもない。
それならやらないほうがマシだろう・・・”とすぐ否定。

確かにAさんは私から見ても手足は100%は伸びていない。
そうか、加減しながらお稽古してるのか。。。と
彼女の顔を冷ややかに見ました。
来週はまた忙しいけれどレオタード姿で頑張ります。

IMG_1250E.jpg

話は変わって突然の美人さん登場!
マネキンみたいですね。

enotekaE1.jpg

日曜日、ダンナ様が横浜そごう内エノテカで予約していた
バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド
5種類のワイン試飲会にでかけました。

美人アドバイザー、クレア・ジェラルダン女史の説明に
さぞや、ワインの美味しさも増し、
鼻の下もグングン伸びたことでしょう(怒)

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
カーネーションの中に応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村


オーボエとピアノと歌と♪昨日はレッスンでした♪

どこからとなく、秋の香りがほんのりと・・・。
金木犀の花が咲くのが待ち遠しいこの頃です。

IMG_6301d
(昨年の写真です)

11月は声楽の先生の発表会。
今年で10回出演させていただきます。
という事はT先生に師事して10年。
あっと言う間の10年でした。

昨日はお忙しいピアニストのTさんにご無理を言って
オーボエのF氏と先生のレッスンを受けてきました。

グランドピアノE

スキークラブの先生のF氏はオーボエ演奏では今回が初舞台。
少しでも良い演奏を。。。と昨日は先生の細かく、
厳しいご指導を受けました。

IMG_8624-crop.jpg

まだまだと思っていたコンサート本番もあと一ヶ月半ほど。
秋は公私共にあれこれ行事が多いので、
すぐ本番を迎えそうです。

それにしても昨日はとても疲れました。
帰宅しても何をするでもなくボサーっと。
だんだんと年相応の体力になってきています(涙)
何とかしなくてはいけないと思いつつ・・・。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログ更新は毎深夜0時5分です。
シニアブログランキングに参加しているので
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村

あ~実力の差(╥_╥)でもすぐに追いつくからね♪

昨日は台風一過で青空とはいきませんでしたが、
真夏に戻り、朝からエアコンONでした。

曼珠沙華紅白E
(以前撮影した曼珠沙華、、、彼岸花です)

昨年の11月にお試しでお馬さんにまたがった夫婦。
その癒やしの時間に即入会。
スキーシーズンがあけた3月から再開。

毎月2回の割合で一日仕事を覚悟で乗馬クラブへ出かけ、
8月末にやっと最下位の5級ライセンスを取りました。

IMG_0551E.jpg

ダンナ様の仕事が忙しく、その後のレッスンは9月15日。
3週間空きましたがライセンスを取ると
”上を目指して頑張らなきゃ!”と
また違った意識が芽生え、馬の背にまたがりました。
久々の馬上。やはり高い所から見下ろす気分は気持ちがいいものです。

10時からのレッスンはインアウトラクターの号令で
ゆっくりと歩く常歩、少しスピードがある速歩など織り交ぜられ、
前馬との距離を保ちながら歩けるように
手綱の操作など基本的なものです。

速歩では馬の走る動きに合わせて
1、2、1、2とリズムに合わせながら立ったり座ったり。

このレッスンの時は速歩の時間が短いので”上手く走れた”と思いましたが、
30分の馬装講習後の11時半からのレッスンでは
速歩で馬場を12周。少しゆっくりと常歩して、
それからまた速歩でまた12周。。。これには参りました。

鐙を踏む足の力が段々といい加減になり、
身体のバランスが後ろに崩れ、鐙が前に。
そうなると身体を立て直そうとするとリズムが崩れ、
馬の背がお尻にドンドン響きます。

IMG_0554E.jpg

ちょっとお馬さんの様子をうかがって
下を向くとインストラクターのSさんがすぐさま、
「野いちごさ~ん、顔を上げて~」と声がかかりますが、
これはいつも目を光らせてもらっている証拠と喜んでいます。

毎回、レッスン終了後、インストラクターと
受講生とのミーティングがありますが、
Sさんが「Bに進みましょう」とダンナ様に進級のお達し!

キェ~、差をつけられた!と一瞬思いましたが、
ダンナ様はこの日は”楽勝だった、もっと乗っていられたかも”と余裕。
それに比べてSさんの私への評価は「硬いですね?」とひと言。

何が硬いのかわかりませんが、
きっと身体に力が入っていて一定のリズムで、
長時間、身体を保つことができていなかったのでしょう。

Sさんは「旦那さんと一緒にBでもいいですよ」と言われましたが、
いやいや、お情けご無用!!
私としてはちゃんと承認されてから進級したいもの。
何が悪いかはわかっているから。。。

IMG_0263E.jpg
ダンナ様がBに進むと曜日も受ける時間帯も変わってきますが、
それは実力によって仕方ないこと。
私も「野いちごさん、Bに進んでいいですよ」と早く言われるように
ダンナ様に追いつくように一人ででもクラブに通う覚悟です。

今日はオーボエさんとピアニストさんの合わせの日。
3人で上手く演奏できるかどうか、、、。
頭も気持ちも切り替えて先生のレッスンを受けてきます。

注)今のクラスはB&Cと言って初級クラスです。
Bはレッスン内容は同じようですが、
受講生の粒が揃っているので
B&Cのクラスより高度な事が学べそうです。
馬場も今(写真)の下段ではなく、
見晴らしの良い広い中段でレッスンです。

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログ更新は毎深夜0時5分です。
まだ元気なミニ薔薇のグリーンアイスに
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村

あの感動は忘れない!尾瀬ヶ原の草紅葉♪

台風18号の影響もあまりなく、横浜は無事に通過。
九州、四国方面では大きな被害が出ています。
被害に遭われた方々にお見舞申し上げます。

IMG_2762 ナナカマド (姫田代付近)E
(2011年燧ヶ岳登山の時、撮影)

先週の日本経済新聞のプラスワンの
「何でもランキング」に尾瀬ヶ原の懐かしい写真が・・・。
昨年8月に至仏山登山をしましたが、
その時はまだ周囲は青々とした湿原でした。

IMG_1301E.jpg

2011年10月。
燧ヶ岳登山の時には目にも鮮やかな美しい草紅葉でした。
過去の記事 燧ヶ岳登山

草紅葉とは草が色づき、草原が赤や黄金色に輝かき、
湿原や高山を彩る景色を呼ぶそうです。

IMG_6504a 至仏山を目指して-cropE
(2012年、ダンナ様が至仏山登山の時の写真)

あの時、生まれて初めて見た草紅葉。
周囲の山々も赤や黄色一色となり、
木道の両側には太陽の光と影を映しながら
風に揺らぐ美しい草紅葉。
その美しさはいまだに忘れられません。

IMG_0647E1.jpg

ランキング1位は尾瀬ヶ原(群馬、福島、新潟県)
2位は日本一早く紅葉を迎える大雪山(北海道)
3位は奥日光・小田代ヶ原(栃木県) 4位、八甲田山(青森県) 
5位、月山(山形県)と続いています。

IMG_6506a 尾瀬ヶ原から燧ケ岳を望む-cropE

高い山は10月には冬支度。
その前に自然が織りなす素晴らしい芸術に
機会があればもう一度、触れてみたいものです。

IMG_6539a 至仏山から尾瀬ヶ原と燧ケ岳を望む-crop-cropE

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログ更新は毎深夜0時5分です。
ブログランキングに参加しているので
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村

先週のワインと夕食で~~~す♪

関東地方も台風18号接近で強風はまだないものの、昨晩から雨。
今日に備えてベランダの薔薇は家の中に
ハイビスカスは隅っこに避難。
水はけが良くなるように溝掃除。
大したことがなければいいのですが・・・。

IMG_0717E.jpg

先週のワインと夕食の覚え書きです。
お急ぎの方はここで応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村

9月3日、一泊の草津テニスから戻った翌日でした。
ホテルのご馳走食べて夫婦して顔もお腹もふっくらして帰宅。
胃が大きくなったのでしょうか、すごい食欲でした。

IMG_1192E.jpg

玉ねぎを根気よく炒めると甘みが良く出ます。
気長に・・・気長に・・・気の短い私はダメ。
これはダンナ様の仕事です。

IMG_1193E1.jpg

ポテトサラダは大好き!
ご飯を食べなくてすみますね。

IMG_1194E.jpg

インゲンを噛むとキュ、キュと泣きますが、どうしてでしょうね。

 ワインはシャトー・ラランド・ボリー2012年。
口に含むと細かいタンニンが口当たり良くとても美味しいワインでした。

IMG_1195E.jpg

9月8日(金)ダンナ様は出勤日。
私は美容院へ行った日でした。
ちょっと甘酸っぱいものが食べたくて。

IMG_1215E.jpg

冷奴にしらす・・・美味しいです。
インゲンがまだまだ残っていたのでごまをかけました。

iインゲン!

9月9日(土)何をしていたかな~。
声楽の先生の結婚記念日。
お祝のメールをお送りしたら「良く覚えていてくれましたね」と。
へ・へ・へ 私の結婚記念日が10月10日なので一ヶ月違い。
だから覚えられました。

IMG_1234E.jpg

このカリカリのにんにくを気長に焼くのもダンナ様のお役。
これすごく美味しいです。

えだまめE1

盛岡の姉がゴーヤや枝豆など野菜を送ってくれたので
まずはシンプルにゴーヤのお浸し。

 チリワインはお安いビンテージのモンテス・リミテッド・ピノ・ノワール。
モンテスのワインにはすべてのボトルに天使が登場。
何故かな?と検索。

創業者のひとり、ダグラス・ムライ氏が交通事故から奇跡的に助かり、
天使の存在を感じたことがきっかけなのだとか。
以来、天使はモンテスのシンボルとして扱われていつようです。

IMG_1236E.jpg

9月10日(日)マンション防災学習日でした。
記事にはしませんでしたが、
家具の転倒グッズやガラス破損防止のフィルムなど
紹介していただきました。
耐震グッズ。。。種類が多いですね。

IMG_1256E.jpg

私の好きな手羽元の甘酢煮。
軟骨まで柔らかくしていただきます。
料理家のウーエンさんのレシピです。

IMG_1257E.jpg

姉宅のゴーヤ。今度はチャンプルにしました。

IMG_1259E.jpg

150gほどの牛肉があったので。。。

IMG_1258E.jpg

姉宅のじゃがいも、メークィーン。
一味違うようで美味しかったです。

 イタリアワインはレッポリ・キヤンティクラシコ2014年。
柔らかい口当たりで女性にも好かれそう。
ワインビギナーさんもきっとお気に入りになるかも。

IMG_1261E.jpg

9月12日(火)ダンナ様出勤日。
姉宅から送られた沢山のじゃがいも。
久々にコロッケにしてみました。

IMG_1282E.jpg

この日は平日なのでワインはありません。
ダンナ様はキリン秋味500mlだけ。

IMG_1283E.jpg

9月13日(水)バレエレッスンの日。ダンナ様はお休み日。

昨日、アップした私としての絶品料理ですが、
ゴーヤの苦味がお嫌いな方はちょっとお箸が進まないかも。

IMG_1289E.jpg

そろそろ温かいものが恋しい日。
おでんもどきでした。

IMG_1290E.jpg

アルゼンチンワインは久々のノートン2014年。
味わい豊かでエレガント。バランスが良く飲みやすいワインです。

IMG_1293E.jpg

 最後までお読みくださってありがとうございました。
更新は毎深夜0時5分です。
ハイビスカスの中に応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村

やった~、絶対もらえた~ぁ♪

昨日は爽やかな一日でしたね。
乗馬クラブの馬場も風が気持ち良く渡り、
お馬さんと久しぶりのレッスンに励みました。
当たり前のような、ちょっと悔しいような話があるので
後日、またお聞きくださいね。

IMG_1029E.jpg

今日辺りから台風18号接近の影響で、
九州、四国を中心に日本はまた吹き荒れそうです。
進路に当たられる方々、どうかご注意下さいね。

ビールと言えば我が家はキリン一番搾りしか飲みません。
7月から始まった「絶対もらえる」キャンペーンに
シールを一口72点、熱心に集めて2口応募。

IMG_1037E.jpg

「まだか、まだか、遅いな~遅いな~」と待っていたら
昨夕、ピンポーン。。。届きました!
一口分の新一番搾り350m、6本です。
もう一口分は来月来るのでしょう。
楽しみに待っていましょう。

IMG_1298-cropE.jpg

新一番搾りは以前の一番搾りに
比べると少し苦味が少ないような・・・。
スーパードライを意識しているのかも。

IMG_0847E.jpg

今は季節限定の「秋味」を飲んでいますが、
コクがあってもずいぶんまろやかです。
ビールの味も色々・・・。面白いものです。

IMG_1032E.jpg

9月5日から始まった「絶対もらえる!」キャンペーンは
黒ビールが入っているのでこれまた楽しみ。
シールを一生懸命に集めています。

しかしまぁ、このあさましい執着心。
自分でも驚いています(笑)

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログ更新は深夜0時5分です。
ブログランキングに参加しているので
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村
まだ間に合うゴーヤの絶品料理♪~

日差しは強くても爽やかさを感じる頃になりました。
昨日は月2回のテニスでしたが、
まだ右足の裏の肉離れが完治していないので
残念ながら今月はお休みです。

IMG_0483d
(昨年、鎌倉で撮影)

あちらこちらの秋明菊も咲き始めたでしょうか?

IMG_0488d.jpg

痛々しい青い栗にも秋の訪れを感じます。

IMG_1286E.jpg

過日、盛岡の姉が送ってくれた数本のゴーヤ。
豆腐と卵でチャンプルにしたりしましたが、
我が家のシェフは昨年初トライしたNHK[きょうの料理」、
土井善晴さんの「ゴーヤと豚バラ肉の煮込み」を再度トライ。

 豚バラ肉とゴーヤの煮付けのレシピです。

IMG_1287E.jpg

ゴーヤはワタも種もまるまる1本、すべて使います。

豚バラ270gとありますが、我が家は400g。
ゴーヤ 320gで作りました。

調味料は酒 100cc、水400cc、砂糖、醤油各大さじ3。
最後に削り鰹節6g。

IMG_1289E.jpg

グツグツ煮て、肉が柔らかくなると出来上がり。
最後に削り鰹節をかけて。。。
(早く食べたくてついつい忘れてしまいました)

このゴーヤ料理、甘辛の味にゴーヤ特有の苦味。
歯ごたえ良く種も一緒に美味しくいただけます。

もうゴーヤは少なくなりましたが、
まだお店に並んでいると思います。
是非是非お試しくださいね。

もう一度レシピのご紹介です。
豚バラ肉とゴーヤの煮付け

今日は久々の乗馬レッスン日。
お天気も良いのでお馬さんと楽しんできます。

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログ更新は毎深夜0時5分です。
まだまだ元気なハイビスカスに
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村

お会いできない 恩師シスター様へ♪


昨日は夏が戻ってきましたね。
日差しが強かったです。
涼しくなったので彼岸花ももう咲くだろうと思っていましたのに。

Domさんd2

スキークラブのDomさん宅の昨年の彼岸花のお写真。
美し過ぎるのでまた皆様にご披露です。

IMG_1284-cropE1.jpg

この週末16日、関西の中高校の同窓会が開かれますが、
残念なことに私は欠席。
出席者で高校で国語を教えて頂いた
シスター様の介護施設を訪問予定とか。

私は高校3年間、担任をしていただき、
長女も中学で宗教を教えていただいたシスター様。
卒業後もお手紙のやり取りをして、
色々と励ましていただいたり、お導きを頂いたり。

2年前、一人で訪問した時に、
我が家の数種の薔薇の写真をお見せしたら、
「綺麗ですね?素晴らしい!」と感激してくださったので
お会いできないせめてのお詫びに、
お手紙と花の写真をお送りしました。

IMG_1285E.jpg

また昨年11月から夫婦で始めた乗馬の写真も一緒に。
きっと「○○子さん、何をやらかすやら・・・」と
笑って見てくださることでしょう。

シスター様を囲んで
賑やかな思い出深い同窓会になりますようにお祈りしています。
幹事の皆様、お世話になり本当にありがとうございました。
シスター様、いつまでもお元気でお過ごしくださいますように。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しているので
薔薇のクロード・モネの中に
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村

久々の銀座♪先生の素晴らしい演奏

昨朝、9時半頃は雷雨で土砂降り。
ちょっと涼しくなるかと思いましたが、ムンムン。
一昨日からまたエアコンONです。

IMG_0540E.jpg

11日18時から声楽のT先生が所属されている
「日本カール・レーヴェ協会」のコンサートが
銀座、王子ホールでありました。

プログラムはリート&バラード集や二重唱、
興味深かった数曲のオラトリオの宗教的アリア。

歌の内容も良くわからないので
解説を読みながら、演奏を聴きいりましたが、
どれも素晴らしい作品ばかりでした。

IMG_1048E.jpg

1796年に生まれたカール・レーヴェ
シューベルトと同時代に活躍ですが、ピアニストとしても有名だったそうです。
だからピアニストさんの伴奏も生半可な技巧では弾けなさそうでした。

IMG_1281E.jpg

T先生はゲーテの詩で「死の舞踏」という長い長い曲と
同じくゲーテの詩による二人のソプラノのための二重唱を
教え子のNさんと歌われましたが、
これがまた素晴らしいハーモニーの演奏。

お互いがお互いを意識しながら、
お互いの目を見つめ、相手の呼吸を感じながら演奏。
二重唱ってこう歌わなきゃいけないのだ!と言うお手本でした。
生徒のTさんも恩師T先生と一緒のステージは夢のようだったことでしょう。

レッスンのときには怖いお顔をされる先生も始終にこやかな笑顔。
それにドイツ語の言葉どおりの細かい表現力。
解説を読まなくても何を言わんとしているかが、わかるほどに。

元々の美人の先生はお年しを召しても美人さん。
私は舞台では緊張して怖い顔になっていると思うので、
これからは先生を見習ってちょっと笑みを浮かべたいです。

それにしてもメゾソプラノの声質は落ち着いていて
説得力があり、キンキン声の私は憧れを感じます。

舞台は個人の人柄や生活がもろにでてきます。
これは前々からわかっていたことですが、
日常生活をだらしなく過ごしていると、
舞台マナーも歌も。。。すべて表れるので舞台は自分の鏡。
でも自分では見られないところが恐ろしいです。

IMG_1280E.jpg

この会場のピアノは
ピアニストのシフ・アンドラーシュも好んで弾いているベーゼンドルファー。
アメリカのスタインウェイと比べて少しやわらかい音がしますが、
まるでピアノソロを弾いているかのように
これでもか、これでもかとガンガラ、ガンガラ弾くピアニストさん。
曲が終わると申し訳ないですがどっと疲れが出てきました。

その点、我らのピアニスト高須亜紀子さんの音は美しくて癒やしです。
ここ10年、伴奏をお願いしていますが、今回は尚更、そう思いました。

沢山のピアニストさんが弾かれると
「同じピアノでどうしてこうも音色が違うのか」と不思議です。
弾き方の何がどう違うのでしょうね?

11月に歌うリヒャルト・シュトラウスの「万霊節」は
高須さんの弾かれる前奏と後奏は
あまりに美しくてもう泣けてしまいます。

”泣いていないでしっかり歌え!”と先生に叱られそうですが、
それほど美しく弾いてくださる高須さんです。

昨朝、先生に「素敵なコンサートでした」とメールを打つと
ご隠居様は久々の銀座に興奮しました」と先生。
ご隠居様はまだ20年早いです」と私。
世間ではもう隠居の身、貴女を含めて」と、
いやいや、私はまだまだ現役です。先生も現役ですよ」と
長々とチェーンメールが続き、「お疲れもなさそう」と安心しました。

IMG_1270E.jpg

私も久々、何年ぶりかの銀座でした。
久しぶりに銀ブラ。。。をと思っていましたが、
あっちこっちウィンドショッピングしていると
疲れてコンサートに行っても集中力がなくなるので
いつ、どこのコンサートも会場に直行です。

JR有楽町駅下車。
銀座口を出るとすぐに阪急百貨店が見えます。
関西育ちなので”阪急”と聞くと
音大時代に毎日乗った阪急電車を思い出し、
梅田の阪急デパートに良く出かけたことを懐かしい思いだしました。
西武デパートはいまはルミネに変身。

IMG_1273E.jpg

数寄屋橋の交差点辺りで道路の向こう側に革製品のバリー。
昔、ダンナ様が海外出張で真っ黒なショルダーバッグをお土産に。
でも大きさがわからないので
私と背格好が似た外人の店員さんに持ってもらったとか。

IMG_1275E.jpg

そして人気のコーチ。

IMG_1276E.jpg

歩いている歩道からは派手派手なグッチが。
グッチのバッグもダンナ様のお土産にもありましたが、
皮が擦り切れるくらい使ったのでいつしか、”さよなら”しました。

コンサート終了の20時半ごろ。
赤い灯、青い灯の賑やかな東京銀座。
外国人観光客が多く、日本語が聞こえてこない夜でした。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しているので
今、短日処理をしているポインセチアの中に
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村

ほったらかしていても♪またもや多忙!

少し体調が良くなるとまたまた忙しく行動開始。
姉に大声で叱られそうですが・・・。

IMG_1245E.jpg

昨日の午前中は大忙しでした。
金曜日にパーマをかけたのですが、首の後ろ毛が長くて重い感じ。
気になったら気になるもので予約を入れて
朝、9時半に自転車を飛ばし、
30分ほどで少し短く手直ししていただきました。

そのまま、自転車を飛ばして駅前の整形外科へリハビリに。
終わると一度帰宅して車でスーパーへ。

ダンナ様の夕飯のお寿司やビールを買って帰宅は12時ジャスト。
洗濯物を畳み、チンゲンサイと焼き豆腐の煮浸しをつくり、
短日処理をしている2鉢のポインセチアをクローゼットへ。

4時過ぎにはJRに飛び乗って
夜5時半には銀座の王子ホール入り口。
先生のコンサートを聴きに行ってきました。
素晴らしいコンサート。また後日ご紹介させてくださいね。

IMG_1218E.jpg

9日の土曜日に蕾を付けていたサボテンの短毛丸。
その夜に開きましたが、
朝、明るくなってもう一度記念撮影。
昨日の夜はもうしんなり・・・。
たった一日。短い命の短毛丸でした。
普段はあまり気にも止めない短毛丸ですが、
来年もまた美しいその姿を眺めたいです。

IMG_1248E.jpg

寝室に置いているブーゲンビリアの2鉢。
小さい鉢に可愛い花が・・・。
いつもほったらかしなのに、花が咲いたら楽しんでいます。
(ごめんなさいね)

IMG_1269E.jpg

一昨日、蕾のうちにチョッキンした薔薇のシュシュ。
(写真左の蕾です)

IMG_1250E.jpg

開け!開け!と念じたら・・・、立派に開いた~~~ぁ!

IMG_1263E.jpg

洗面所のほのかの蕾も膨らみました。

IMG_1265E.jpg

昨日は朝から慌ただしい日でした。
今日はのんびりしなきゃ~と思いつつ、
来週のレッスンを控えて歌も練習しなきゃ~・・・。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログ更新は毎深夜0時5分です。
ブログランキングに参加しているので
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村
血圧上昇体調不良 姉の言うとおりでした(。.。)

バラの剪定が遅くなったとダンナ様。
一昨日の土曜日はベランダからチョキチョキとハサミの音。
水を上げるかどうかわからないけど、小さな蕾もチョキン!
少しでも開くと嬉しいですが・・・。

IMG_1252E.jpg

ここ数ヶ月、元気元気の私でしたが、
涼しい風が吹き始めるとくと血圧が上昇し、
ムカムカと気分の悪いことこの上なし。

毎日のように電話が入る盛岡の姉が、
私の声を聞いて「しんどそうね?どうしたの?」と。

振り返って考えてみれば6月から週一回のバレエレッスン開始。
8月には乗馬のライセンス取得にかなり神経質になり、
それが終わるとスマホをゲット。

あれこれ使えるように設定するのに、
ダンナ様と毎日毎晩、遅くまでスマホとにらめっこ。

その間、2ヶ月ぶりのコーラス練習に緊張しながら参加。
それに加えてダンナ様の帰宅時間が遅くて、睡眠不足。
今、思っても本当に我ながら良く頑張ったと感心します。

IMG_1250E.jpg

姉もそういう事情は良くわかっていて、
以前から「無理すると、夏がすぎる頃には疲れがでるよ。
若い若いと思っていても年は正直だから」と
常々注意されていました。

「大丈夫、大丈夫!」と返事はしていたものの、
9月に入ると朝夕、ほっぺが熱いので血圧を計ると
上が150、下が84、脈拍62くらいが連日続きました。

7月に夏だからと緩やかな降圧剤に変更したのですが、
過日、内科を受診してもとの薬に替えてもらいました。

ところが血圧が下がったら下がったでしんどいものです。
買い物から帰った「どうされたの、しんどそうですね」と
マンションの清掃員のおばさんの心配そうな声でした。

夕食を摂っているダンナ様をほったらかしにして
夜も早く寝るように心がけると、
ここ3日間ほどは血圧も130代に下がり
吐き気やふらつきもなくなりました。

姉が毎回、口を酸っぱくしていっていた
「若い若いと思っていても年は正直だから」を肝に銘じます。
ねぇちゃん!ありがとうね?

IMG_1251E.jpg

その姉から「ゴーヤなどいりますか?」と電話。
義兄が楽しみに家庭菜園をしているので、
送ってもらうことにしました。
この他にメークイン、キタアカリ、とうや(北海道)のじゃがいも3種。
”とうや”はいただくのは始めてなので楽しみにしています。

IMG_1254e.jpg

三陸銘菓「かもめの玉子」
いつ頂いても美味しいお菓子、大好きです。
ありがとう!お姉ちゃん!ご馳走様、お義兄さん!

季節の変わり目、皆様もお身体をご自愛下さいますように。

IMG_1255E.jpg

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
ブログ更新は毎深夜0時5分です。
ブログランキングに参加しているので
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.