私流ペットの健康管理&癒される親子です


スーパーのお花屋さんでコンビの可愛い薔薇が目にはいり、
2年半前に亡くなった出窓のよんちゃんの遺影に飾りました。
可愛いでしょう?まるで造花のようです。

IMG_4356cc.jpg

2001年、娘宅のチワワのうららが
我が家のリビングでよんちゃんとたけちゃんを出産。
獣医さんに教わった通り、私もへその緒を切ってやったり、
離乳食が始まる1ヶ月頃まで我が家で暮らしました。

2年半前によんちゃんは誤嚥性肺炎で虹の橋を渡りましたが、
4月で14歳になるうららママは元気、元気。
8月で13歳なるたけちゃんは
昨年8月に心不全と肺水腫で10日間入院。今は投薬を続け、
食欲旺盛、元気よく散歩もできるようになりました。
月一回、近くの動物病院で検査を受けにやってきますが、
心臓のこと、いつどう急変するか心配です。

IMG_2178c.jpg

うらら達の無邪気な顔や仕草には老夫婦も癒やされますが、
この子たちももうシニア犬。
ひなたぼっこをしながら
気持ち良さそうに眠っている姿を見ると
いつまでこの可愛い顔がみられるのか、、、と
気持ちが沈むのを覚えますが、
ひょっとして私のほうが先?と思ったりもして。

IMG_4385c.jpg
IMG_4384c

散歩をしているペット達の太り過ぎが目立ちますが、
娘と同様に私もずいぶんと
この子達の健康に気を配っています。
体重を量ったり食事もキャベツや人参、大根、ブロッコリー、
トマト、きゅうりなど野菜中心のメニューですが、
さつまいもやかぼちゃは糖分が多いので食べさせません。

たけちゃんが薬を嫌がるのでペットフードも
ドライと一緒に柔らかいフードで薬を隠して
手のひらで食べさせてやります。

IMG_4245c.jpg

茹でた野菜は消化を助けるためにいつも
小さくみじん切りにして食べさせるので、
みじん切りの音がするとキッチンに飛んできます。
でもさすがに玉ねぎの時はやってきません。

キャベツなど千切りにすると
「これはもらえない」と分かるのか、知らん顔です。

鼻も耳も良く、娘と密かにクッキーや
ケーキなど食べていると
いつの間にか椅子の下で2匹がお座りです。
でも私は厳しいばぁばですから、
いくら可愛いからといっても甘やかせません。
この子達が一日でも元気で長生きいしてほしいから。

 今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/05 ] 未分類 | TB(-) | CM(15)

深まりゆく秋を・・・&チワワ親子の検診日


いよいよ明日、ヴォーカルコンサート。
遠出ができないので気分転換に
マンション近くの公園で深まりゆく秋を味わいました。

IMG_3077c1.jpg

何の木なのか、わかりませんがずいぶんと大木になり、
夏は涼し気な木陰を提供しています。

IMG_3083c.jpg

どこのお庭にも山茶花が咲き始めました。
公園の花壇にも可愛い山茶花が・・・。

IMG_3033c.jpg

今夏、ひまわりを見に行った時、
花壇のお世話をしてくださっている方から
「秋には皇帝ダリアが咲きますよ」と教えていただいたとおり、
背の高い沢山の皇帝ダリア。
これから毎年、身近で見られるのは嬉しいです。

IMG_3081c.jpg

娘宅のうららママとたけ。
六種混合予防接種とたけの検診日だったのでやって来ました。

IMG_3049c.jpg

13歳と12歳の親子。
もう寒いので毛布をかけてやると気持ちがいいのでしょう、
一日寝ています。

でも私が2匹のおやつにみじん切りの
大根や人参を茹でているとその音で目を覚まします。
犬って耳も鼻もいいから騙せないですね。

TAKE.jpg

8月に心不全と肺水腫で10日間入院したたけちゃんも
薬が効いているのか、「安定していますね?」と獣医さんの診たて。
安心しましたが、これから寒くなるので風邪をひかさないように
体重管理にも気をつけてやらねばと思います。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
今日はコメント欄を閉じていますが、
シニアブログランキングに参加してますので、
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/11/25 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

たけちゃんのその後&その後の大規模修繕


ご近所の可愛かったチョウセンアサガオ。
癒やされました。

IMG_2480c

娘宅のチワワ12歳のたけが
8月に心不全と肺水腫で10日間入院。
退院してもう2ヶ月過ぎました。

以前の記事
たけちゃん頑張れ!  この子たちに癒やされて

昨日は検診日。
薬が効いているのか、今はあまり咳もでないようで食欲旺盛。
私がキッチンに立つとうららママ(13歳)と
おやつをねだりにきます。
四つのつぶらな瞳に見られれると
かなり弱いばぁばですが、人間も犬も肥満は大敵!
そこはじっと我慢して・・・。

台風接近するとヘルニア病や心臓病の
ワンちゃん達の症状が悪化し、
点滴を受けに来る子が多いらしいです。

怖がりのたけちゃんは病院の待合室入ると心臓がバクバク。
挙句の果てには口を大きく開けてハーハーするので、
庭で待っていると先生も心得たもの、
聴診器を持って来てくださいました。

症状も落ち着いているのでレントゲン、血液検査もなく、
いつもの薬を処方していただき帰宅ですが、
「何しろ心臓のこと、何かあればすぐに来てください」と
先生からのお話。大きな爆弾を抱えているのと同じです。

IMG_2379c

家に帰ると疲れたのか、先月買ったラウンドベッドで小休止。
断熱材のアルミシートが入っているので
寒い日は気持ちがいいのかもしれません。

IMG_2773c

今度目を向けると、うららが眠っています。
たけは?というとソファの上。
寒くなるので高齢のうららたちには風邪は禁物。
いつまでも今の可愛い顔が見られますように。

IMG_2775c.jpg

uraratake.jpg

花かごA8月末頃から始まったマンション大規模修繕。
大きな騒音を出した外壁の工事も他の棟に移動し、
今、日中は時折ガガガーと電気ドリルの音が聞こえますが
そう、気にもならず静かに暮らせるようになりました。

来週くらいからベランダの防水工事が始まりますが、
以前に比べると落ち着いて生活できるでしょう。
一時はどうなることかと思いましたが、
いや~、良かった!良かった!

今日もお越しいただきありがとうございます!
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/10/26 ] 未分類 | TB(-) | CM(10)

この子たちに癒やされて&お茶代わりです


昨日は一日涼しい日でしたが、
我が家は窓をあけると大規模修繕工事の騒音とホコリが入るので
朝からエアコンを点けて過ごしました。
夕方、4時頃に窓を開け放すと
気持の良い風が部屋を吹き抜け秋を感じました。

IMG_2367c1.jpg

スーパーで見つけた蕾のミニ薔薇。
あまりに可愛くて、、、まるで造花。
綺麗に開花してくれればいいですが・・・。

8月に心不全で10日間程入院した娘宅のたけちゃんが、
検診でやって来ましたが、
過日、ケーヨーデーツーで買っていた可愛いラウンドベッド。
気に入るかどうかわからなかったのですが、
出しておくといつの間にか、入ってこの通り・・・。

IMG_2371c.jpg

サイズが幅40✕奥行35✕高さ13cm。
断熱材のアルミシートが入っているので冬は温かいのでしょう。
少し小さいかな?と思いましたが、
丸まっているには充分なサイズ。

IMG_2378c.jpg

でもたけちゃんは仰向けの”へそ天”スタイルで寝る子なので
夜はこれでは狭いかもしれません。

IMG_2377c.jpg

たけちゃんのママ、うららは”自分が一番偉い”と
思っているのでしょう、いつも椅子でお昼寝です。

IMG_2372c.jpg

最近、”頭かくして・・”のスタイルがお気に入りのようです。
たけちゃんは食欲もあり、今は体調が安定しているので安心しています。
うららとたけ、、、この子たちには本当に癒やされているばぁばです。

IMG_2376c.jpg

朝から買い物、午後から区役所や病院行きで
忙しくしていたので3時のティータイムはキリン秋味。
のどごしスッキリ!旨~い!!

IMG_2370c.jpg

今日もご訪問をありがとうございます。
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村
[ 2013/09/28 ] 未分類 | TB(-) | CM(8)

よんちゃんは今も私の胸に・・・


今日9月2日は娘家族にも私達夫婦にとってもとても悲しい日です。

IMG_2159c.jpg

2年前、娘宅のチワワのうららママの子供、
10歳のよんちゃんが誤嚥性肺炎で
虹の橋を渡った忘れられない日なのです。

あの当時のさよならよんちゃん そしてありがとうを読み返して
よんちゃんが病気に対していかに頑張ったかを改めて感じます。

IMG_2168cc1

あの日からダイニングの出窓に
酸素室で頑張っていたよんちゃんの写真に、
毎朝、お水をあげて「おはよう!よんちゃん」と語りかけますが。
最近ではつぶらな瞳で見つめているよんちゃんに
「ばぁば、頑張って・・・」と
励まされているようにさえ感じるようになりました。

それはきっとあちらの世界でみんなと仲良く、
楽しく過ごしていることが私には感じられ、
安心し始めたのかもしれません。
おとなしく引っ込み思案のよんちゃんでしたが、
痛みの無い世界で元気に走り回っていることでしょう。

よんちゃんの真っ黒な可愛い瞳、可愛いしぐさは、
私の胸に今もしっかりと刻みこまれ
いつまでも可愛いよんちゃんのまま生き続けています。

昨年の記事よんちゃんの一周忌

よんちゃんy

13歳のうららママや12歳の心不全のたけちゃんのことが
心配ですが、一日でも一時間でも元気で過ごせるように
私にできる限りの事はしてやりたいと心から思います。

今日もご訪問をいただきありがとうございました。
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/09/02 ] 未分類 | TB(-) | CM(10)

心を鬼にしてメタボ対策に乗り出したばぁば!


249c

昨日の日本経済新聞にペットの肥満についての記事がありました。
これを読むと室内で大事に育てられている犬に肥満が目立ち、
飼い主は低脂肪のドッグフードや15分で8000円の
高額のフィットネスを利用してメタボ対策に
力を入れているとありました。

IMG_2112-cropc.jpg

ペットフードの売れ筋は今や「肥満対策」を全面に出した商品が多く
ある商品は従来の物より脂肪率が25~50%減と書かれています。

先日、娘宅のチワワのたけちゃん(12歳)が心不全で入院した時、
肥満のため膝を傷めたとか、骨折したというワンちゃんや
猫ちゃんが多く、どの子も立派なメタボでした。
この時、動物も人間と同じように
標準体重以下の管理が必要と改めて認識。

また飼い主が食べているケーキなど甘い物や
柔らかい物を欲しがるままに与えていた結果、
虫歯や歯槽膿漏になったと深く反省している方もおられました。

IMG_2111c.jpg

うららは13歳、たけちゃんは12歳。
人間の年齢で68歳と64歳。
私と変わらない年齢のうらら親子。

私がキッチンに立って野菜をきざんでいると
いつの間にか2匹がじーっと欲しそうに見ていますが、
太らせてはいけないのでご飯以外は欲しがっても
心を鬼にして目をつむっています。

IMG_7523c

今の食事は日清ペットフードの”いぬのしあわせ”の11歳用小粒。
無着色無添加なので安心です。
たけちゃんににがい薬を飲ますので
臭い消しに少量の低脂肪のトッピング。

ご飯c

昨日の体重はうらら3.1kg、たけ2.45kg。
チワワとしては標準範囲ですが、以前より少し多いので
量を減らすと50~100g減。
この調子で体重管理をしていこうと思っています。
さつまいもは大好きですが、太るのでほどほどにして、
きゅうりは体を冷やし、カロリーも少ないので良いかと思っています。

250c

昨日は午後から稲光と共に雷が頭の真上。
即座に心不全のたけちゃんは私に抱っこを要求。
心臓がバクバク、口がハーハー。
”雷よ、早く去れ”と祈りながら
13歳のうららママを見ると平然な顔をしていました。
何とすごい!私以上の肝っ玉母ちゃん!です。

今日はたけちゃん退院一週間後の検診日。
少しでも良くなってくれているように。

うららママc

今日もご訪問をいただきありがとうございました。
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2013/08/24 ] 未分類 | TB(-) | CM(9)

たけちゃん退院のご報告&信頼できる動物病院


公園のサルスベリ、まだまだ元気に咲いています。

IMG_1869c

先週、7日に心臓発作で入院した娘宅のたけちゃん。
11日目にして昨日退院ができ、
家でうららママと一緒に穏やかに静かに過ごしています。
皆様にはご心配や温かいメッセージをいただいたこと感謝しております。
本当にありがとうございました。
過去の記事たけちゃん頑張れ!もうすぐお家にかえろうね

IMG_6345c.jpg

一時はどうなるかと心配しましたが、
先生方の手厚い看護や適切な治療のお陰で元気に回復。

2012nennc

暑いので体力消耗してもいけないと、
お散歩は行きませんが、食事も旺盛で普通通りの生活です。

IMG_7523c

家から車で7、8分のこのみなとよこはま動物病院は
たけちゃんの兄弟のよんちゃんが2年前にお世話になってからは
絶対の信頼をおいている動物病院です。

兎に角、診察も時間をかけて丁寧に診て下さり、
検査結果なども分かりやすく、どの先生もスタッフも感じが良く、
飼い主にも動物に対して親身になって対応してくださるのは
本当にありがたいことだと思います。

また面会時間も自由でペット達が飼い主の顔を見ると
安心するからといつも歓迎してくださいます。

またたけちゃんは神経質で怖がりの性質もちゃんと把握され
そのように対応してくださったり、
朝夕のご飯も鶏が好きといえば分量を多くしてくださったり、
おしっこシートを引いてくださいとお願いすると
こちらの要望を叶えてくださいます。

毎朝、入院室に顔を見せられた大院長の
日本大学生物資源科学部非常勤講師(整形外科担当)
永岡先生は骨関節炎については権威ある先生と伺いました。
新潟など遠方から来られる方も珍しくなく、
私がたけちゃんの面会時も大きな手術が行われていました。
待っておられた飼い主さんにお話を伺うと
「関節炎で新宿の病院で受診したが、どうも納得がいかず、
ネット検索してこの病院にたどり着きました、、、」と
涙ながらに話しておられた埼玉の方。

手術後、永岡先生は飼い主さんに
「大丈夫です。痛がらなければ3、4日で歩けます」と
笑顔で結果報告され、そばにいる私達も拍手でした。

1866c

そういう大院長の教育からか、たけちゃんの容態に不安を感じて
涙ぐんでいた娘に対して担当医は
「ママが泣いていてどうするんですか、たけちゃんが頑張っているのですから
一緒にがんばってください」と”医師と家族も一体になって
病気と闘い治療していきましょう”という前向きの姿勢が見られました。

たけちゃんの病名は心不全、肺水腫なので
これからの生活にも不安が隠せませんが、
投薬しながら少しでも元気で過ごせる日が長く続くように
私達夫婦も見守ってやりたいと思っています。

今日もご訪問をいただきありがとうございました。
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/08/18 ] 未分類 | TB(-) | CM(12)

たけちゃん頑張れ~!もうすぐお家に帰ろうね!


IMG_1995c

先週火曜日、娘宅のチワワのたけぞう君(以下たけちゃん)が
呼吸困難になったとの連絡を受け、症状が落ち着いてから
我が家の近くの動物病院に転院させました。

2012nennc
(昨年9月撮影)

こちらの病院は2年前にたけちゃんの兄弟よんちゃんが
誤嚥性肺炎でお世話になった心からから信頼出来る病院。

以前の記事よんちゃん さようならそしてありがとう

先生は「肺の中が白くなっていて
心臓があまり機能していません。
この暑さで熱中症を起こしたのかもしれません。
炎症の数値が高いので酸素室に入り、
点滴をして様子をみましょう」とのお話。

病名は心不全と肺水腫。
肺水腫は肺に水がたまった状態のことで、
心臓病や肺炎など、ほかの病気が原因となって発症します。

肺水腫の治療方法として、利尿剤や血管拡張剤を投与し
肺にたまった水を血管内に戻し、尿として排出させ、
肺に酸素を取り込みやすくするため、
気管支拡張剤を投与することもあるそうです。

2012nen3c.jpg

初めは咳をしてゼーゼーと息遣いも荒く、口をあけて大きな息をし、
身体が大きく揺れるほど呼吸が激しく、
どうなるかとと思いましたが、数名の先生方の適切な処置と
連携プレー。それに抗生物質の効果があったのか、
翌日くらいから食欲もでてきて少し安心しました。

先生が「体力をつけないといけないので
好きのものを食べさせてください」と言われたので
朝夕の面会には大好物の鶏をゆで、
きゅうりやトマトを小さく刻んで持って行くと、
病院の食事を完食しても足りないのでしょうか、
美味しそうに食べています。

酸素室も温度調整ができていても、この酷暑。
少しでも涼しく快適に過ごして欲しいと
アイスノンや保冷剤を持参してします。
ここ2日は面会に行くと尻尾をビュンビュン回して
早くお家に帰りたい!と言うように立って催促します。

昨朝、「炎症指数が標準値内になってきたので、
もう少しで退院できるでしょう」と嬉しいお話でした。

IMG_7523c

家では13歳のうららママもおりこうさんに留守番をしています。
22日はたけちゃんの12歳のお誕生日。
昨年写した写真のように親子が元気な姿でもう一度、
可愛いい記念写真を写せることを願って、
ばぁばは一生懸命、朝夕のご飯を作っています。

先週から朝夕、病院との往復でバタバタと過ごし、
皆様のブログにお邪魔してもいつも素通り。
コメントも書くこともできず心苦しいですが、
もう少し甘えさせていただきたいと思います。
コメント欄を閉じますが、お身体ご自愛ください。

今日もご訪問をいただきありがとうございました。
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2013/08/12 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

固形石鹸とポンプ式液体石鹸


5806pp

昔は盆暮れや引越しのご挨拶には
固形石鹸が利用され、美しいパッケージに包まれた
綺麗な石鹸を他所様からいただくと大歓迎でしたが、
今このポンプ式の普及で使用頻度が落ちています。

6531p

洗面所の下の棚にはいただき物の固形石鹸が
幾つか残っていますが、のぶちゃんに教えてもらった
デコパージュをすることもなくあまり出番もありません。

6535p

ボディーシャンプーも液体状の物がデーンと腰を据えています。
本当はどちらがどうなのか、、、2つの違いを調べてみると

*液体石鹸は「脂肪酸カリウム」、固形石鹸や粉石鹸は
「脂肪酸ナトリウム」という物質でできおり、
肌への刺激は液体石鹸も固体石鹸も高くはありませんが、
あえて言うなら脂肪酸ナトリウムのほうがやや低刺激といえます。

*洗浄力は脂肪酸ナトリウム(固形石鹸)のほうが優れています
*コストは固形石鹸のほうが低く、液体体石鹸は
製品重量の3割くらいしか石鹸分が入っておらず、残りは水だからです。

とありました。

液体石鹸は取り扱いが手軽ですが、
詰め替え用を使っても結構ゴミが出ます。

どちらを使うかは自分の体質や
生活スタイルで決めれば良いかと思われますが、
この固形石鹸、使わないと勿体ない!!

6532p

いつぞや次女が教えてくれたのですが、
シャンプーボトル側面にギザギザの横線が入っていますが、
これは視力の弱い方のためにつけられているのか、
健常者でも 手で触って
コンディショナーとの違いが分かるようになっているのか、、、
何れにしても優しい配慮です。

6533p

過日、うららママとたけちゃん来宅時にシャンプーをしました。
ワンちゃんのシャンプーは良くわかりませんが、
ダニとノミにやられないようにこのシャンプー。

ペットシャンプー

いつもフサフサの毛ですが、洗ったら。。。惨めな姿。
洗い終わっても動くこともなく固まっています。

ドライヤーの音が嫌なようですが、
風邪を引かせては大変なので綺麗に乾かします。
このシャンプー、いい香りでフサフサ感が蘇りました。
犬もシャンプーは気持ちがいいのでしょうか。
うらら達の気持ちがわかればいいのですが。

うらら4p1

今日もご訪問をありがとうございます!
応援のポチをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2012/09/11 ] 未分類 | TB(-) | CM(9)

今日はよんちゃんの一周忌


昨夜、草津テニスから帰宅し記事を書こうと思いましたが、
今日は次女宅のチワワのよんちゃんの命日なので
可愛かった彼を思い出しながら綴りたいと思います。

6468p

昨年、9月2日吐いた物が肺に流れ込んで生じる
「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」で
10歳で虹の橋を渡った次女宅のチワワのよんのすけくん。

今日は悲しい日を思い出す一周忌。
あの時の悪夢のような出来事は今でも鮮明に覚えていますが、
思い出すと今でも胸が痛いです。
昨年の記事よんちゃんさよなら~そしてありがとう
読んでいただければ嬉しいです。

よんちゃんy

うららママが我が家のリビングで産んだ2匹の息子。
たけちゃんとよんちゃんはぬいぐるみのような
本当に可愛い子でした。

控えめなよんちゃんはいつも遠くから私を見つめ、
擦り寄ってくることもありませんでしたが、
本当は甘えん坊さんでした。

0092yc

病院の酸素室から私と娘を見る、よんちゃん。
「ぼく、幸せだったよ」と言ってくれているような
丸いお目に安堵します。

よんちゃんのこと、みんなみんな忘れないでいるからね。
ママのうららやお兄ちゃんのたけちゃんを見守ってあげてね?
たくさんのお友達と仲良く遊んでくださいね。
安らかにね・・・よんちゃん!

4372p

うららママもたけちゃんももう高齢。
怪我をしないように病気にならないように・・・。
いつまでも元気でいてね。

6374p

 留守中もご訪問いただき本当に有難うございました。
今日も応援ポチをよろしくお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村




[ 2012/09/02 ] 未分類 | TB(-) | CM(9)

サルビアを見ると思い出すこの歌


先週金曜日のバレエレッスンは孫が来ていたので
仕方なくお休みしましたが、
何だか、音楽に合わせて踊りたくなったので
昨日は基礎中心の男の先生のレッスンに入りました。
あまり激しい動きもありませんが、それでもちょっと満足でした。

6001p

過日訪れた八方尾根スキー場のお宿の庭には
真っ赤なサルビアが咲いていました。
この花を見ると♪サルビアは赤い花だわ、その花は血の色だわ♪と
旦那様までが口ずさむほど印象的な
堀内幸枝作詞、中田喜直作曲の「サルビア」を思い出します。

6375p

若かりし頃、良くコンサートで歌いましたが、
情熱的に歌いながらも悲しみや嫉妬など
自然に感情が高ぶってこれらの感情を抑えて歌うほうがいいのか、
または前面に出して歌うほうがいいのか。
あれこれ、迷いながら勉強した難しい曲。

ほとんどの歌手達は狂ったように激しく、オペラティックに
時には攻撃的に聞こえるように歌っておられますが。。。
真っ赤なサルビアに愛情を注いで歌えたら、、、。
さらっと歌いながらも
聴く人に語りかけるように歌えたら、、、。

6376p

中田喜直さんはピアノがお上手だったので
ピアニストさんを泣かせるほどのこの前奏。
何でも指使いが難しいそうです。

6377p

暫く歌っていない「サルビア」
この年で歌うとどう変化しているのか、
また真剣に取り組んでみたいと思います。

それにしても汚い楽譜。音大の教授や他の先生に
注意されたことをいっぱい書き込んだのでしょう。
こんなに勉強したのに、、、
まだどう歌って良いのかわかりません。


ハイビスカスA ハイビスカスA

次女宅のチワワのたけちゃん事、たけぞう君は今日で11歳になります。
我が家のリビングで朝方、生まれましたが、
私がへその緒を切って処置をしました。
4月生まれのうららママは12歳4ヶ月。
たけちゃんの兄弟のよんちゃんは昨年9月に虹の橋を渡りましたが、
うららママとたけちゃんには
う~んと長生きをしてもらいたいと願っています。

6374p

20113b

旦那様は今夜帰宅。美しい山の写真を楽しみにしています。
 
残暑厳しいですが、体調にお気をつけ下さい。
今日も応援のポチをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2012/08/21 ] 未分類 | TB(-) | CM(13)

 桜見物&うらら親子とゆめぴりか


昨日も朝から良いお天気。
久々に次女宅のうらら親子が来宅。
昨年9月によんちゃんが亡くなっても、悲しみにめげず
ママのうららも弟のたけちゃんも元気そうです。

3630s

良いお天気に誘われて2匹と旦那様とで
近くの公園へ出かけるはずが、
お米が無いのに気が付き、急遽買い物へ。

3626s

最寄り駅を通り越して三渓園がある本牧へ。
アメリカ坂の桜も素晴らしく美しく、
しばし見とれておりました。

3628s

旦那様のお薦めの北海道のお米がオーケーに売っていたとか。
お米をもとめて旦那様は店内に・・・。

3634s

↑ ぽかぽかと春の日差しは気持ち良く、
私はうらら達と店の前でしばしお花見。
3637s

ところがうらら達は旦那様を探しているらしく
あっちを向いたり、こっちを探したり・・・。
3639

とうとう諦めてようでした。
3641s

旦那様のお薦めのお米は2009年秋デビューした
今話題の北海道産新ブランド米「ゆめぴりか」
今まで北海道産「ななつぼし」「きらら397」を買っていましたが、
魚沼産コシヒカリに対抗する「ゆめぴりか」
ちょっと贅沢に美味しいご飯をいただきたくなりました。
でも炭水化物の食べ過ぎは恐ろしく怖~い。
どんなに美味しくてもお代わりなしです。

3645r

久々のお出かけで疲れたのでしょうか。
帰宅後、2匹ともぐっすりお昼寝でした。

うららとたけちゃん

 今日もお越しいただいてありがとうございました。
一日一回、薔薇の中に応援ポチ!
よろしくお願いいたします。 野いちご

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2012/04/09 ] 未分類 | TB(-) | CM(8)

飼い主さん、愛犬の気持ちがわかるでしょうか。


今日から早くも2月。そして3日は節分。
幼い頃歌った歌を思い出しながら・・・。

姉が描いたポストカード。
壁掛けに入れて楽しんでいます。
恵方巻を食べる今年の方角は「北北西やや右」だそうです。

2359

スーパーで目についた月刊購読誌”いぬのきもち”のパンフレット。
「いぬのきもちがわかる模試」”いぬモシ”をやってみましたが、
難しい問題もありますね。
お時間があれば挑戦してください。答えと解説は一番下にあります。

2347

2351bc
2350bc
2349bc
2352ba

2353ba

答え(1) A
犬は嫌がらせの気持ちは持ちません。
まだトイレの場所を覚えていないか、
「飼い主さんがいないときに排泄しても怒られない」と学習しているかも。

(2) A ホント
犬同士はお尻の臭いをかぐことで名刺交換。
相手がどんなイヌ科を知った上でコミュニケーションをはかります。

(3) B ウソ
同じ時間に散歩すると吠える、飛びつくという行動をして
催促するなど困った行動をする可能性が。

(4) B
犬は謝罪の気持ちでお腹は見せるわけではありません。
たまたまお腹を見せたら飼い主さんが叱るのをやめたことから
学習し、嫌な状況を回避するためにやっているのでしょう。

(5) A
まさか自分とは思っていません。
特に子犬は好奇心旺盛なので興味を示すかもしれません。

(6)  A
犬にも7ヶ月から1歳頃までは指示に従わないなど
反抗的に見える行動があります。

(7) B
おとなしくなる犬もいますが
反対に「負けるものか」とますます噛むようになる恐れも。

20113b

娘宅のチワワ親子。昨年9月2日によんちゃんが
虹の橋を渡ってもう5ヶ月になりますが、
うららママも弟のたけちゃんも元気で過ごしています。
この子達の気持ちがわかったら・・・。
話ができたら・・・。

イチゴAbそういえばTV「志村動物園」で出演しておられた
動物と話せるというハイジさん。羨ましい!

今日も応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村



[ 2012/02/01 ] 未分類 | TB(-) | CM(12)

冬のクリアランス


1409f

あちらこちらのスーパーも冬のクリアランス、在庫一掃セールです。
何年も着ているベージュのダウンコートの汚れが目立ちます。
クリーニングするとダウン類は普通の倍の値段。
それなら新品を買うほうが良いかと広告の入っていた
イト○ーカー○○へ出向きました。

スキークラブの方がライトウォームダウンを着ておられ
薄くて軽くて暖かそうだったのでその売場へ。
以前見た時は5990円でしたが30%OFF。
デザイン違いでオレンジや黒などの無地もありましたが、
少しおしゃれっぽいこのコート、お尻が隠れる長さでSサイズ。

ウールのスキータイツも薄くなってきたので
ボディーヒーターを求めました。
氷点下15、6度の寒いゲレンデもなんのそのかもしれません。

ダウン

二女がうらら達と来るというので、ランチにこふでさんのブログで
指をくわえて見ていたマックをテイクアウト。

2115b

単品のお値段もメニューも良くわからないので
とりあえず知ってる照り焼きマックバーガーとフィレオフイッシュ。
マックのカロリ-表を見ると
照り焼が503カロリー、フィレオは353カロリー。
それに過日、JAL搭乗の時に当たった
アイコンチキンスナックは400以上はあるでしょうか、
家でコーヒーを入れてカロリーも気にせずかぶりつく母娘。
久々に食べて美味しかったです。

2107b
2108b

昨年9月2日によんちゃんが虹の橋を渡ってもう4か月過ぎました。
うららママもたけちゃんもわかっているのか、いないのか・・・。
でも2匹とも元気で過ごしています。
寒い時はこたつにもぐったり、毛布にくるまっていつも寝ています。
さよならよんちゃん

1177c

イチゴAb空気が乾燥しているのでしょう、
昨朝から喉がイガイガして咳が出ます。
みなさまもどうかお気をつけ下さい。

今日もまた応援のポチッをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村



[ 2012/01/12 ] 未分類 | TB(-) | CM(7)

よんちゃん さよなら~そしてありがとう!


やっと気持ちの整理ができ、よんちゃんのことを書く気になりました。
9月2日午前9時20分、娘宅のチワワのよんちゃん(10歳12日)が
虹の橋へと旅立ちました。

よんちゃんy


8月31日、午後11時頃、
娘からよんちゃんの様子がおかしいから
救急動物センター連れて来ているとのTEL。
あいにく旦那様は出張中。
深夜走ったこともない高速道路を一人で突っ走り目にしたものは
酸素室でしんどそうに横になり、細い足には点滴や注射の管。
小さな細い体には耐えきれないほどの痛々しい光景。

先生の診断は「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」による
肺炎および肺の委縮。
人間の高齢者に良く見かけられる
吐いた物が肺に流れ込んで生じる肺炎です。

救急病院で一晩お世話になった先生から
長丁場になるかも知れないと転院を進められ、
娘も大変だろうと我が家の近くの病院へ
酸素吸入しながら転院したのが9月1日のお昼前。

↓酸素室の中のこの写真はまだお目目パッチリで
「よんちゃん、がんばって!また散歩しようね、よんちゃん、おりこうだね?」の
私達の呼びかけに瞬きをしながらしっかりと反応してくれていました。

0092yc

この動物病院のワンフロアー、21個のケージからは
あごの骨や骨盤骨折の猫ちゃん、子宮や内臓疾患
エリザベスカラーをつけたワンちゃん達の鳴き声が一晩中続く。
そんな中、ソファで仮眠したり、よんちゃんに声をかけたり。。。

点滴や薬が効いたのか、2回ほどしっかりと立ち上がり、
大きな瞳で見つめてくれました。
きっと「ぼく、こんなに元気だよ、心配しなくていいよ」と
言っているように思いましたが、
主治医のお若い先生は「今晩が峠でしょう。少しでも楽にしてあげたいので
症状を診ながら治療をさせてください」と。

夜間当直の先生もよんちゃんを良く診てくださり、
体温が低くなると温め、痙攣が起きると
少しでも楽になるようにと投薬。

背中に何本も注射を打たれるよんちゃんを見て
娘は「もう良くなる見込みがないなら
決断していいよね」と涙声。私もそれには賛成でした。

朝7時前、主治医の先生が「よんちゃん、良く頑張ってますね」と
聴診器を胸にあてられ、心臓に雑音が聞こえてきたと告げられた。
その後、「よんちゃん、よんちゃん、いいこだね?
良く頑張ったね」と呼びかけたり、
少しでも楽に。。。少しでも痛くないように。。。と祈ったり。

9時25分頃、酸素室のドアを開けて頭を撫でていると
先生が聴診器を当てられて
「もう5分くらい前に心臓が止まっています」と
声も低く悲しい顔で告げられた。

じっと私達を見ていた可愛い目は開けたままだったので、
いつ息を引き取ったのかわからないくらい穏やかな顔。
正直言って「やっと楽になれたね、よんちゃん」と
死を悲しむことよりよんちゃんが痛みから
放たれてほっとする気持ちが相交わり、
いささか複雑な面持ちでした。

そういえば少し前にしっぽが大きく揺れたことがあり、
あとから思うと「ぼく、がんばったけどもういくよ。ありがとう!」と
私達に別れの挨拶をしていたのかもしれません。

2001年8月21日朝方、私が臍の緒を切った
我が家のリビングで産声を上げ、旅立ちもこのリビングから。

閉じていた目がいつのまにか少し開きます。何度閉じさせても開きます。
好奇心旺盛なよんちゃんなので
最期まで私達を見ていたいのだとそのままに。

yony

娘とバスケットを求め、お花でいっぱいの棺を作りました。
「ママ、ばぁば。。。いい匂いだよ」と。
よんちゃんの亡骸が可愛く微笑んでくれているように見えました。
ただよんちゃんが大好きだったじぃじの帰宅が間に合わず、
変わり果てたよんちゃんの姿に目が赤くなっていた旦那様でした。

0079y

3日12時、病院でご紹介いただいた3軒のうち、お勧めのメモリアルホールで
うららママやお兄ちゃんのたけちゃんも一緒にお別れをしました。

yonyy

旦那様が生後1か月の体重記録を10年間も保存していました。
2001年8月21日、180gのたけちゃんに比べて
200gで生まれたよんちゃんは
生まれた時からママのおっぱいを独り占めにするほど大食家。
生後一か月の離乳食が始まるまで我が家にいましたが、
800gのたけちゃんのご飯まで食べて930g。
コロンコロン太ったやんちゃな子でした。

yon2

ぬいぐるみで良く遊ぶのはよんちゃん。

yonn3y

仲良しの兄弟はいつもいつも一緒でした。

yonn4

生後2か月ごろ娘が「どっちを里子に出すか」と言った時、
「3匹ならまだしも、2匹なんだからどっちも育てたら?」と
私が余計なことを言ってしまいましたが、
10年間、親兄弟3匹で仲良く暮らせたよんちゃんは
思いようによっては幸せな子だったと思います。

0088yy

お別れ式から帰宅の車中。うららママとたけちゃんは
何が起こったのか、わかっているのでしょうか。

これからこの子達のためにも
病気の小さなサインを見落とすことなく、
細やかな視線で接するということを
よんちゃんが身をもって教えてくれたように思います。

yon5

<大好きだったよんちゃんへ>

誰からも愛されたよんちゃん
みんなが大好きだったよんちゃん
ちょっと引っ込み思案だったよんちゃん
じぃじが大好きだったよんちゃん
冷蔵庫を開けるとすぐに飛んできた食いしん坊のよんちゃん
甘えっこのよんちゃん
好奇心が旺盛だったよんちゃん

でも何と言っても一番は
病気と最後まで闘ったよんちゃんの強さだね。
良く頑張ったね。良く堪えたね。
強かったね!頑張ったね、偉かったよ、よんちゃん!

そんなあなたのことは決して忘れないからね!
悲しんでいたら虹の橋が渡れないと言うので
涙とはもうさよならです

虹の橋を渡ったら沢山のおともだちがいるよ。
優しいよんちゃんだからいっぱ~いお友達ができるね。
どうか元気で楽しい日を過ごしてね。
よんちゃんとのたくさんの楽しい想い出が
ばぁばの一生の宝物になりました。
さようならよんちゃん、ありがとう!よんちゃん!!
さ・よ・な・ら~~☆~:☆

0092yc



イチゴAbペットを失った悲しみがこれほど
深く大きいものだとは思いませんでした。
時折やってきて一緒に過ごすよんちゃんでしたが、
十数年、寝食を共になさった飼い主さん達の悲しみは
私などとは比較にもならないでしょう。
改めて皆様の可愛いペットのご冥福をお祈りいたします。

ブログランキングに参加しています。
応援のポチッ!よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2011/09/07 ] 未分類 | TB(-) | CM(22)