野いちごひとりごと

人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

蒸気温熱パワー

蒸気温熱パワー以前から旦那様が「腰にいい物があるよ」と口を酸っぱくして言っていた優れもの(?)。花王から発売されている「蒸気温熱パワー」を騙されたと思って買ってきた。
特徴として蒸気が患部の深部まで温め、40度が5時間以上続くとある。早速試したがなるほど腰全体がポカポカと気持ちがいい

寒い日は朝風呂で身体を温め湿布を貼り一日を過ごしているが、湿布も連日続くと少しかゆみを覚えるのでこのシートは良いかも知れない。

蒸気専用ベルト付きセット(ワイドシート5枚入)¥1554。負担になる値段ではない。薄型の専用ベルトのポケットにシートを入れ肌に直接当てるが優しくフィットする。ウエストも58~94センチとマジックテープで調節できるので圧迫感がない。勿論貼るだけのタイプもある。

寒い日とは限らずにちょっと腰に疲労を感じたら血行促進の為使用してみよう。冷え性代表のような下の娘にプレゼントしてみようかな?

それにしても旦那様はどこでこういう優れ物を見つけるのか、きっとあちこちアンテナを張りめぐらせているのだろう・・・
いや~ぁ!ありがとね?

マカロンって?

お菓子娘がお土産に1932年からパリで作り続けたダロワイヨの”マカロン”とやらを持参。
今ブームらしいが我々夫婦には初物。

「マカロン」・・・良く分からないので調べてみた。16世紀フランスの国王アンリ2世の元にフィレンツェからカロリーヌ・ド・ソディシス姫が嫁ぐとき数多くのお菓子と共に伝えられ、フランスの各地でアレンジされ広まったと言う。

見た目がすべすべと宝石を思わせ表面はサクッ、カリッ!中はしっとりふわふわの感触。スイーツの店から種類も多く出回っているようだ。それに比例して食べ比べをするマカロンマニアも多いとか・・・。

2歳の孫は「マカロン、マカロン」と生意気にもすでにマカロンマニア?!子供でも持ち易く食べ易いのか止み付きのようだ。
これに似たお菓子は今迄にも食べたような気がするが・・・。なにがどう良くてブームなのかわからない。

でも娘のお陰で老夫婦はブームに乗り遅れる事無く”マカロン”とやらがどういうお菓子なのかが良く分かった。そのうちマイブームになるかもね?どうもありがとう!ご馳走様でした。


孫と遊んだ日

優人ピアノ4fb40269.JPG土曜日に2歳4ヶ月の孫が一泊のお泊りでやって来た。

昨年6月から娘が勤めだしてからはとんと遠のいていたのでじじ共々楽しみに待っていた。
彼が我が家に来ると必ず「ばーばー、ピアノ!ピアノ!」と急いでピアノに駆け寄っていく。
生後五ヶ月頃、初めてピアノの前に座らせた時から興味を示し、沢山の歌を覚えた今は”ちょうちょ、エービーシー、かえるのうた”と私に弾けや歌えとあれこれ忙しく催促する。

たまに来たのだからと血圧が上がるのも忘れて私も奇声を発しながら一緒になって遊んでいるが、彼にとって私は甲高い声でせかせかと忙しく動き回る百面相の楽しいおもちゃかも知れない。

娘が買い物に行っている間近くの公園に・・・。風もなく暖かくて気持ちの良い陽だまり。膝の上に乗せてブランコを漕ぎトンネルを作っての砂遊び。滑り台も「もう一回、もう一回」と多いに楽しんだ。
昼過ぎには「また来てもいい?」と丸い目をパチクリ。小さな可愛い手を振りながら帰って行った。

今度来る時も持ち前のひょうきんさでじじばばを大いに笑わせてくれる事だろう。ソルフェージュのレッスンもそろそろ始めてみようかな?

娘にしつこく教えてもらって複数の写真が入れられるようになりました。イェ~!うれし~!い

限定スイーツ

旦那様に会社帰りにお土産のワインと久々にお泊りの娘と孫の為洋菓子をリクエストした。cbfcf217.jpg
そごうのアンテノール前はすごい人だかりだったそうで”ま、ワインは逃げないから”と後回し。申し訳なくもわざわざ列に並び先に買い求めてくれた。
なんでも「5時から市」と言って午後5時から限定150個¥250というこのケーキ。パイ生地にいちご、マロン、ブルーベリー、フルーツミックスがそれぞれ挟まれカスタードクリームに覆われている。

大体の味は想像できるが見るからに美味しそうな初めてのスィーツ。口にするまで楽しみだった。イェ、イェ~!

私はミックスを選んだがいつも食べつけているユーハイムより甘め。でも身体が疲れていたのかちょっと食べ応えのある大きさだったが残さずペロリ。パイ生地も中身も美味しくいただき満足!満足!

いつもケーキ一つだけだと物足りない旦那様もマロンを食べ終えると、さすがに「食ったぁ~、食ったぁ~」とお腹を撫でている。何とにこやかな顔!何と幸せそうな顔。

ちなみに旦那様がワインを買って帰る時は限定150個がすでに完売だったと言う。皆、限定物に弱いのか・・・それとも美味しさを知っての事か・・・
いずれにしてもご馳走様でしたぁ~。我が旦那様に感謝、感謝!

仲良し5人組

0b9ea2b8.jpg昨日はいつもの五人組”仲良し会”のちょっと遅い新年会。メンバーのお宅にお邪魔して美味しい手料理や赤白のワインを味わいながら大いにしゃべり大いに笑ってきた。

この四人とは15、6年家族ぐるみのテニス仲間。近年遠のいているが夏はあちこちキャンプに出かけたり各家でバーべキューや食事をしたり・・・。楽しい思い出を作った楽しい仲間だ!

お互いに年が近い事もあるが家庭内の細かい話も安心して話せる・・・こんな友達も珍しい。
夫や子供の事、自分自身の趣味や体調の事等すべて包み隠さず話せるから、旅行や食事会、おしゃべりも心おきなく楽しめるのだろう。
五人の個性もまちまち。ボケの人突っ込みの人。計算の早い人しきる人。それぞれの長所が良く出ていて非常に面白い。

しかし感心するのは五人全員が良く笑う事。うわべの笑い、お義理の笑いではなく心の底からの大爆笑!箸が転んでも可笑しい年頃はとっくの昔々に過ぎているのに・・・。

何時間一緒にいても話題が尽きる事無く泉のように湧き出してくる。
なんという才能!なんという知性と教養の持ち主達!

この先、年を重ねてもいつまでも若い娘の様に声高らかに屈託の無い笑顔を忘れずお付き合い願いたいもの・・・。みんなよろしくね?

永遠の家

572196b7.jpg第一次ベビーブームの我々は「大学入試もお墓購入も競争ですよ」と言われ続け、団塊世代が定年退職すればまず家のローンの支払いと墓地の購入だとか・・・。

そういう訳でもないが昨年暮、”散骨で良い”という旦那様をねじ伏せ永遠の家を買った。私達の死後、子供達に墓地を捜させるのは申し訳ないし、また近くに墓地が少なくなり価格もどんどん上がっていく。
それ以上に不安だったのはどこにどんなお墓で眠りにつくのかという事で、自分のこの目で確かめておきたかった。

宗教を問わない公園霊園、家から近く遠方からでも交通に便利な場所、墓地全体が広々とお参りしても気持ちの良い所。また墓石の場所も狭い通路を挟んで向かい合った所ではなく墓地の隅っこ。緑が多く私らしくないひっそりと静かな所を選んだ。

「真ん中辺なら皆さんに墓の中からあれこれ指図するかもね?」と口の悪い姉達は言う。ま、無きにしも非ずだが・・・。また友達が先に購入され「近くだと淋しくないね?」と妙に納得している。

最近では「ペットも一緒に・・」というお墓が人気とか・・・。お墓の形も横長のオルガン式が多く石の色も豊富。好きな言葉を刻み見た目にも個性的でモダン。また地震にも強いらしい。

今年五月に私達の永遠の家が出来上がる。墓地見学の折には「私もいよいよか・・」と侘びしい気持ちが強かったが今は”あそこがある・・・”と何かしら安堵しているから不思議だ。

PTA音楽交歓のつどい

4a255b2f.jpg横浜市内のPTAコーラス約100校が4日間に分けて「第49回PTA音楽交歓のつどい」に参加。
昨年5月からこの日の為に15人のメンバー達と共に「星とたんぽぽ」「機(はた)織る星」を懸命に練習し、昨日歌い終えた。
指導する側からみても内容、音域などかなりの難曲だったが会場一杯に私達の歌声が響き渡り出来栄えは上々。嬉しい事に他校の指揮者が褒めてくださり、ホット胸を撫で下ろしている。

コーラスと言えどもそのグループのカラーが浮き彫りになる。若いグループはリズムを身体でとりながら、また指揮者が曲に酔いしれ恥ずかしくも歌がお座成りなど”人の振り見て我振り直せ”と色々反省点も感じたが、見習う所も多く収穫は大。
色々な合唱曲を聴きながら音楽する喜びや聴ける喜びをヒシヒシと感じた。
選曲の際、指揮者の個性もあるが今多く演奏される曲は「アメイジング・グレイス、涙そうそう、見上げてごらん夜の星を」等の流行の知名度の高く歌いやすい軽い曲。
今回歌った「機織る星」などの大曲の女性合唱組曲は敬遠されているように思える。
簡単な曲を綺麗に歌うのも良い勉強だが、来年は50回を数えるこの交歓会にいつもの様に難曲にチャレンジして、メンバー達と心一つで歌えれば・・・と願っている。

素人でもプロ級に

NHKの”おしゃれ工房”でいつも参考にしているのはメイクの藤原美智子さんとヘアースタイリストの野沢道生さん。その説明は素人がプロに変身出来るくらい分かり易くまた簡単だ。cdef0f69.jpg

二日間の野沢さんのコーナーはロング、ショートヘアーの華やかさを求めるアレンジ法だった。ロングヘアーにはヘアーアイロンとホットカーラー、ドライヤー。その後ムースやスプレーで好みのスタイリングに。
ショートヘアーのアップには一、二ヶ所ゴムで結びヘアーピースをつけ、可愛いクリップで留めるテクニック。。うん、うん、なるほどねーぇ?これはいただき~い!
彼の仕事を見ていると10本の指で髪の毛をかき上げ無造作にそれでいてポイントを抑えたプロの仕上げだ
私もちょっとお洒落をしたい時や舞台に立つ時は必ずロット”カ-ルン4”をトップに使いボリュームと華やかさを出している。普段のカラーリングも明るい目に心掛けて。

今は猫も杓子も若い男女はムースであっちこっちぴんぴん跳ねまくり、まるで寝起きの様な頭。そうかと思うと若い女性のストレートで長い髪はまるでお化けのよう。
流行と言ってもちょっといただけない!だらしなく無気力で活気がない印象。いい事無し!ヘアースタイルと服装でその人の人間性が分かるから恐ろしい!
ヘアースタイルが決まらないとその日は憂鬱。バッチッと決まればどこかに出かけたいルンルン気分。気持ちも明るく爽やかだ。
チョット気分転換にアレンジしてみよう!チャレンジ、チャレンジ!

日本の国技相撲

TVのニュースで相撲の千秋楽。優勝を賭けた一番を見た。今場所の優勝は朝青龍の八連勝か?13場所3回目の大関栃東か?と騒がれていたが、結局自信満々の横綱を土俵に叩き付け大関栃東に軍配があがった。文句なしの見事な勝利。いぇ~ぃ!気持ちい~い!
46aea789.jpg相撲は両親が好きで小さい時からTVの前で大声をあげなから声援したものだ。最初に覚えた名前は横綱双葉山。今で言うイケメンで風格のあるとても強い横綱だった。

おでこが広く丸い目が可愛い鶴ヶ峰、頭脳派、秘めたる闘志の信夫山、鼻の大きな若乃花、ちょっと怖そうな栃錦、ぼってり眉毛の大鵬、いつも泣き顔柏戸、関取の人形のような千代の富士、懐かしい顔も名前を思い出した。

なかでも敢闘賞、技能賞を多く受賞した鶴ヶ峰、信夫山は大フアンだった。何とも昔々の古い話・・・。長い事相撲から遠ざかったが若貴兄弟の出現でまたTV観戦。その波も今は又消えた。

現在の相撲界はモンゴルなどの外国人関取が増えその活躍が目立っている。日本の国技である相撲がだんだんと薄れていきそうな不安さえ覚える。

今回の日本人大関栃東が優勝した事で真っ暗なトンネルを抜けたような相撲界。次回の大阪場所に日本人横綱誕生を期待しよう!
良し!ちょっと見る気がしてきたぞ~ぉ。

六階から見た雪景色。雪の反射で部屋の中が明る~い。

八方尾根スキー場

965ab0a1.JPG21日の土曜日、早朝より関東地方は積雪6~10センチ。八方スキー場も雪だろうと覚悟していたら、なんの、なんの快晴!リーゼングラートの第一ケルンからは360度絶景。

写真の右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳(やりが岳)が目の前に美しい姿を見せた。真っ青な空に真っ白な白馬三山。後ろを振り返ると鹿島槍、五竜など手に取るように見える。多くのスキーヤー達は滑る事も忘れ、感嘆の声と共にこの時とばかりに写真撮影。
こういった自然が創る贈り物と出会う事もスキー場の楽しみだ。いや~全くラッキーだった。

最近は晴天続きだったのかどのゲレンデも雪質は悪くカリカリ状態。氷の上を滑っているような物。下手をするとコントロールが出来ずどこまでも流される。危ない、危ない!

このスキー場は大人気のスキー場のひとつ。唐松岳(2696M)にアルペン、パノラマ、スカイライン、黒菱、チャンピオンなど13のゲレンデがあり、なかでも一番有名な「兎平のこぶ」はスキーヤー泣かせの大きなこぶだが、今回はそのこぶが無く結構楽しんで滑ってきた。
こぶの無い「兎平」なんて少し淋しい気がする。

スキー場はそれぞれに特徴がありそれぞれに面白いが、私は景観も入れゲレンデ連結や斜度を考えると八方が一番好みのスキー場かも知れないな~?

嬉しい声の便り!

39eb1b30.jpg現代の通信手段はパソコンや携帯電話等、メールの時代だか私達三人姉妹には元(?)文明の利器”電話”が最良の手段。

毎朝のように盛岡の姉から定期便。「寒いよう~」から始まり、道路はツルツル、雪かきで腰痛、屋根から雪が落ち地震かとびっくりしたと事細かく電話が入り、天候に続いて肩が凝ってる、今日は歯医者の予約日。そしておたがいの愚痴をこぼし合いながら「そうそう!そんなものよ!同じ!同じ!」と一緒に怒ったり大声で笑ったり忙しいことだ。

少し時間が経つと大阪の姉の高い声で「もしもし、元気?」とゆったりと時間が流れ「今日のお稽古は・・・友達と歌舞伎を見に行って来たわ?」と何とも優雅な生活。「うん、うん、楽しみは沢山あったほうがいいよ」と背中を押している。

遠距離で毎月の電話代も馬鹿にならない。長話になるといつも掛け直しお互いに気遣ってる。移動できる子機を取り料理しながら、床掃除をしながら”暖かくなったら三人で旅行に出かけようね?”と春が来るのを待っている。
いつか娘が言った「三人姉妹、仲がいいね?私、妹や弟に姉らしい事などしてやれない」と。姉達が優しいのか、母の育て方が良かったのか

その日の声の調子で姉達の健康状態も分かり”電話、様々”だ。これからも毎月の電話代が多くても少々目をつぶり姉達と多いに声の便りを楽しみたい。








忘れないで!必需品

69a5ce34.jpg心配していた血圧も115と正常に戻り咳も止まった。先日の血液検査ではコレステロール値も183、肝機能も異常なし。すべて良好。悪いのは天候だけ・・・。
関東地方は雪模様。長野では高速道路も降っているかもしれない。

早朝八方スキー場に向かうが忘れてはならない必需品。
腰のコルセット。5・6時間乗車するので家を出るときから滑っている時も一日中装着。腰に負担がかかりにくいし第一に暖かい。

夜は温泉で腕、脚の筋肉をほぐし、その後旦那様のマッサージで腰や背中の緊張をとりこのモーラステープを貼ってもらう。この湿布が又良く効く~ぅ。湿布様々だ!

アミノバイタルは朝ゲレンデに出る時また昼食後に必ず飲む。やはり効能を信じているのか疲れにくく踏ん張れる。
あとは整形外科で処方してもらった腰の痛み止め。普段はあまり飲んでいないがスキーは前傾姿勢。いつ痛みを覚えるか不安なので朝だけ飲んでいる。

サプリメントとしてマルチビタミン、ビタミンC、E、大豆イソフラボン。
そうそう今回は降圧剤も持っていこう。こうなると毎年必需品が増えていくかも知れない。
ま、仕方ないか・・・。行ってきま~す。

確定申告近し!

6adb1586.jpg我が家は毎年、医療費控除の申告をするほど額が多い。殆んどが私の腰痛の治療費だが他に内科の検査費などもある。

2月15日~3月15日が確定申告期間だが、それに先立ち1月30日、31日に近くの公会堂で相談、申告を受け付けてくれる。この両日に行けば整理券が出るので長時間待つ事なく混雑も少ない。

病院の診察券と領収書は受け取るたびに個人別、病院別に分け、いつでも簡単に書き出せるようにクリップで仕分けをしている。

申告する時は便箋などに患者名・日付・医療費・交通費・病院名等の欄を作り医療費の合計を出し領収書を添付するだけ。

以前は申告書に必要金額などを色々細かく計算し書き込んだが、今ではコンピューターであっという間に処理され還付金の金額もその場で分かる。これが毎年すごーく楽しみで今か今かと振り込まれる日を待っている。
もうすでに計算済みだが控除額10万を引いても相当な医療費となった。今年の還付金は如何ほどに?来年は申告しなくても良いようにこの一年、病院とは遠ざかりたいものだが・・・。

折角返してくれると言うのだから領収書、印鑑、口座番号を忘れずにルンルン気分で申告に行ってこよう・・・何だか複雑な気持ちもするが・・・

ほんとに¥100?

名古屋が本社の無添加食品宅配センターのちらしがポストに入っていた。7ebd0d5d.jpg昨日の朝9時30分~50分迄の日替わりタイムサービスでは3斤のデニッシュ食パン¥1260が¥100になり、今日は新潟産コシヒカリが2㌔¥1890が¥100。味噌1.8㌔、焼海苔10枚と餅1㌔がペアーで¥100。嘘のような本当の話。

昨日はフロントガラスの修理が終った愛車フォレちゃんをスバルに取りに行く日だった。幸運にも(?)その店の前を通る。”先着300名か、早く行こっ”と寒い中でかけた。

9時6分着、すでに列が出来ている。整理券は35番。殆んどがお年寄りだが、寒さの中赤ちゃんを連れたママもちらほら見かけた。

後ろのおばあちゃまが「100円ってすごい安いね?明日のお米も来ましょうよ。寒いけど頑張って!」と何故か話しかけてくる。私、そんなに物ほしそうな顔をしていたのかな?お米はもうそろそろ買わないととは思っているが、さてどうするかなぁ~。

3斤¥100のデニッシュパンを食べてみたが、まあまあの味。だが私のごまパンの方が遥かに美味しい。適当にスライスして冷凍庫へ。ちらしの100円って本当だった。

家の近くの市場では大根1本¥10、ねぎ3本¥10の特売日。綺麗な大根だったので”はい!10円”1本買ってきた。野菜高値のこの時期大助かり~ぃ!

やぶ医者?名医?

ad905c1e.jpg家系が家系だけに毎年この寒い時期一番心配な事は血圧が上がる事だ。

一昨日、吐き気と頭痛を覚え”これは血圧かな?”とオムロンの血圧計に腕を入れた。
普段は105~110と低めなのに140-73。夕食のワインも一杯で「ご馳走様でした!」
暫らくして120に下がった。”アルコールが入ったから血管が拡がったのだろう”と旦那様はいいながら「気分をゆったり、イライラせず落ち着いて・・・」とも付け加えた。”むむっ!一番の要因は誰!”

かかり付けの医師に診てもらったが「風邪でそういった症状が出ます。これで降圧剤を飲めば下がり過ぎます」と咽喉の炎症を抑え、咳止めの風邪薬が処方された。えぇ~?
確かに年末からの風邪はまだ治りきらず、扁桃腺が腫れたり、咽喉の奥がイガイガして夜中、いまだに咳で目が覚める。やはり風邪?

昔、医師は胸と背中に聴診器をあて手を取って脈を測ったものだが、私が知る二人の内科医はただ症状を聞くだけ。経験・・・それだけで分かるのかーぁ?そうだとしたら”名医も名医!”
風邪の季節の今、何でも風邪で片付ければ”どうしようもないやぶ医者!”だ
さてさてこの医者はどっち??
信じる者は救われる。暫らく風邪薬を飲んで様子をみよう。質の良い睡眠、適度の運動、高たんぱく低カロリーに気を配りながら・・・
コレステロール、ZTT、中性脂肪などの数値も知りたいので、ついでに血液検査をし明日の結果を待っている。

オペラ ラッシュ

16f41529.jpg今年は海外の歌劇場が数多く来日予定とか。
メトロポリタン、ボローニャ、フィレンツェ、シュツットガルト歌劇場とオペラファンにとっては華やかな幕開けだ。

演目も多彩で「ニーベルングの指環」「魔笛」「連隊の娘」「椿姫」「ワルキューレ」「リゴレット」「トゥーランドット」他。

歌手も三大テノールのプラシド・ドミンゴ、ソプラノのバルバラ・フリットリなど超トップレベル。あーぁ、聴きたいな~。見たいな~。行きたいな~。
どれか一つと言えば中国の話の「トゥーランドット」かな?

新国立劇場で新演出の「フィガロの結婚」を旦那様と一緒に見に行ったのはもう4年も前の事。オペラは個人リサイタルとは違いオーケストラは勿論歌に芝居に合唱そしてバレエありと総合芸術だ。

オペラの魅力はそのへんにあるのだろうが入場料が高すぎる。団員全員の引越し公演だから仕方ないにしても高い。
我々庶民はせいぜいDVDかCDで聴くしかない。

写真はデビュー当時のイタリア人ミレッラ・フレーニ。1935年生まれでもう70歳。勿論現役を退いているがカラヤンに見出されスカラ座の「ラ・ボエーム」のミミ役で大当たり。その後オペラ界で大活躍。

いつもCDプレヤーの横に置き彼女の伸びやかな美しい声をお手本にオペラ会場に行ったような錯覚で聴いている。

小型ワインセラー

af9c438f.JPG昨年の暮エノテカで買った小型ワインセラー6本収納「エンジェルシェア(天使の分け前)」が昨日2台配送された。W260×H435×D514センチ。色は木目、ブラック、シルバーとあり我が家はブラックにした。
このワインセラーは三段に積め次々と足していけるという。旦那様はこのセラーを沢山買い、空いている部屋をワインルームにするつもりかも知れない。こりゃ~偉いこった~!

ワインセラーは温度11度~14度、湿度はコルクの収縮を防ぐ70%に設定され乾燥を防ぐ為湿度を保持している。
価格も3万~あり手の届かない事もないがワインを飲まない人には関係のない話だ。
偶然にも日経プラスワンにワインセラーの記事が載っていた。買うときの注意として温度、湿度、場所、サイズ、大切なのは振動数。コンプレッサーで冷却するのは音が大きいのでペルチェ方式が良いが電気代が高いと言っている。
旦那様はこのエンジェルシェアに入れるワインは格付けワイン。10年~20年飲めない高級ワインを収納すると言うが、いささか心配がある。

その頃ボケや寝たきり、成人病にならず元気な”じじ・ばば”でワインが楽しめるかな?と言う事。私にはちょっと自信が無い!もうすでにボケが始まっている。

邦楽もいいな~?

ecbbd840.jpg新春のTV、FMからは「春の海」などの邦楽を良く耳にするが、やはり日本人。”ほっと”安らぎを感じる温かい音色には”邦楽もいいな~”と感じいる。
二人の姉がお筝を習っていた事もあり、ピアノと平行して私も自然と小学1年生からお稽古に通いだした。
長さ180センチ、幅30センチの桐の箱に13本の糸と「柱(じ)」。3本の爪に四角い爪(義甲ぎこう)を付ける関西主流の生田流と角の丸い関東主流の山田流。
ハ長調にあたる平調子や雲井調子など筝柱を動かしながら自分の耳で音階を作ったものだが、現在では”1の糸は64センチの所”などと支持されているらしい。
音楽大学などで楽譜は五線に音符で書かれているものも使用。私は1~10、斗(と)為(い)巾(きん)と習ったので今楽譜を見てもその方がピンとくる。
”ろばさん”など楽しく歌いながらのお稽古で初舞台は小学4年生。艶やかな朱色の着物に身を包み三味線の中原先生と二人、大きな舞台で「六段の調べ」を奏でた。

その先生が他界され他の先生にも通ったが少しずつお筝から離れていった。「六段の調べ」は”チントンシャ、シャシャコーロリンツ~トンコーロリンシャン”と今でも口ずさめる懐かしい思い出の曲だ。

「黒髪」「摘み草」「千鳥」「三段の調べ」など古典を勉強したが、現在では作曲家も増え少しずつ現代の曲に親しめば良いのだろうが、残念な事になかなか機会がない。

今年も豆まめしく・・・

cbcad3d3.jpg今日は朝から旦那様の期待に応えて二年ぶりに「ぜんざい」を作った。ぜんざいを食べるのは我が家は旦那様と息子。娘達は軽蔑するかのようにいや~な顔して敬遠する。

2・3回に分けてだがかなりの砂糖の量を入れたが、まだ足りないと言うので調整してしながらやっと満足の味となったようだ。お鏡を焼いて入れ昆布を食べながらニコニコ顔。

豆、まめ、マメ。「身体に良いから豆はなんでもいいんだよ!」と言う旦那様の声に「それでも砂糖が多いのよ?」と反発。知らず知らずに砂糖を控えていたのかも知れない。

今、家にある豆は朝食時、ヨーグルトに入れる黒豆の酢づけ。これは私には欠かせない一品。
うずら豆はこの頃スーパーでは見かけないので昨年12月に伊豆旅行した時、七滝で買った物。一袋750gも入り3・4回に分量を量って煮たが、金時豆とは違いあっさりしているような気がする。

確かに豆は植物性たんぱく質で身体に良いのだが、毎日毎日続いてはたまったものじゃない。たまに食べるから美味しいのに・・・。

大豆製品の豆腐、納豆、豆乳、高野豆腐などを砂糖を控え上手に摂りながら、今年も小回りも小回り、まめまめしくちょろちょろと動き回ろう!

インターネットに 繋がらない

5e388cba.jpg昨日朝5時15分、旦那様の朝食を用意してから、いつもの様にパソコンを立ち上げたがどういう訳かインターネットに繋がらない。メール送受信も不可。
ブログはいつも前の夜、投稿時間を予約にしているので載っているとおもうがそれすら確認できない。暫らくすれば繋がるだろうと思っていたが結局一日中、諦めざるを得なかった。

姉や娘に昨日の朝投稿した「まだまだほしいワインセラー」が載っている事を確かめてもらいほっとしたが、どうしてこういう事になったのか原因がいまいち分からない。
旦那様が帰宅後、サポートセンターに問い合わせポイントをひとつずつクリアーし、モデムの電源を切ったところで繋がった。センターの人は「良くある事です」というがあってもらっては困る

いつも当たり前と思っている事が出来ないとすごく不便さを感じるものだ。私など急ぐ用がないから良いがこれが会社とか病院とか一分一秒争う世界では大変な事。

昨日は仕事もなく、午前中に近くのスーパーに買い物に行っただけで一日中、寒い家の中。あれやこれやと次のブログの下書きもしたかったのに何もしないでボサーッと暮らしてしまった。

こうやってブログを書ける事が普通で当たり前の事なのに昨日は普通でない長~い一日だった。

まだまだほしいワインセラー

0b7a8e3c.jpg日本の猛暑に大事な可愛いワイン達が耐えられないと、4年前、エレクトロラックスの大きなワインセラーを購入しリビングの隅に置いている。
旦那様お宝のシャートー・オーブリオン、シャートー・ラフィット、シャートー・マルゴー、シャートー・ラトゥール等のワインが200本近く入っているが、このほか北側の倉庫にもかなりの数のワインを収納。
月々の少ない小遣いでよくここまで買い集めたものだと感心させられる

パソコンにワイン名、購入した年度、店(エノテカ・大丸・松坂屋)や値段など全てひと目で分かるように管理しながら旦那様は目を細めて楽しんでいる。まるで女性がジュエリーにうっとり見とれているかのように。ボロは着てても心は錦の世界かな?

本当にワインが好きなので「ソムリエの資格でも取得すれば?」と言うと「テイスティングの時の口に含んだワインを捨てるのは勿体無い」と・・・。あ~ぁ、こりゃーだめだ!見込みなし!

倉庫の格付けワインを猛暑が来る前にきちんと保管したいと言う旦那様の希望で「エンジェルシェア」という名のワインセラーを暮に注文。明日の配送を楽しみにしている。

何という贅沢!何という幸せな・・・!土・日には旦那様の手料理と美味しいワインが今まで以上に最高の状態で楽しめる~う。






爆弾抱えて・・・?

dade3d10.jpgあーぁ!なんて事!愛車のフォレちゃんのフロントガラスに石が飛び穴が開いてしまった。気がついたのは9日の洗車時、ガラスを磨いていて見つけたもの。
そういえば8日スキーからの帰路、高速道路で走行中、バシッ!とすごい音がした。
あれがそうだったんだ!ショック、ショック!!40年運転していてこれは初体験
一瞬頭をよぎった事。”あー、傷物になったフォレちゃん。修理費10万かかるかな?運転していて大丈夫かな?”

すぐにお世話になっているスバルの担当者に見てもらったがやはり取り替えないと危険との事。14・5万かかると言う。
彼は自動車保険使用を薦めたが旦那様はノンフリート等級の20等級が下がる事を懸念して現金支払いを考えているようだった。

保険会社に問い合わせたところ飛び石などの場合「据え置き扱い」になり等級は下がらないという。そりゃそうよ!不可抗力だもの・・・。結局免責5万円で修理してもらえる事となった。

それにしても新年早々ついてない!やはり今年は暦の運勢通り真っ黒星なのか、それとも我が身に怪我もないから白星なのか・・・。
「幸いひびが7ミリ程度、10センチくらいになったら危険なので運転しないでください」とスバル側。乗らない、乗らない!絶対に!
スバルの都合で来週2日間修理に出すが、その間買い物や鶴見のIBSにも行かないといけない。
ちょっとの危険どころか爆弾抱えての運行となる。あまりスピードを出さずソロソロと注意しながら運転しよう




カード使用の管理

先日友達と電話で話している時クレジットカードの使用法について尋ねられた。カードは自己管理ができないと恐ろしい事になるが、こんな便利でお得な物を利用しないなんて・・・。
bdbb27e4.jpg写真のように利用した店、使用したカードなどが仕分けできるケース等を用意し、全てそこに支払うお金と領収書を入れていく。

例えば毎月の生活費を10万なら10万、20万なら20万と決めて手元に置き、買い物をした金額を生活費から出し領収書と共にケースに入れる。勿論手作り家計簿のカード支払い欄にも金額を書き入れる。

注意点はカード会社によって又店によって締め切り日、支払い日等が異なるのできちんと把握する事。毎月の請求書とケースの中の領収書と照らし合わせ、入っているお金を引き落としの銀行へ。

私のやり方はこうだが「そんなややこしい、難しい事よくやるね?」と現金支払い派の姉達は言うが・・・。他の方法はあるかな?

主要なカードはJALと高島屋。年会費を払ってでもお得。他のカードもキャンペーンで余程得でない限り、あれやこれやとカードは使わない。集中してとことん使う。例え千円以下でも徹底してカード払い。塵も積もれば・・なんとやら。
JALマイレージを貯め旅行の搭乗券かクーポン券に交換してレストランでの食事に利用。高島屋はポイントを貯めてお買い物券をゲット。
生活費には1万円札ではなくいつも千円札をたくさん用意しておくこと。これが秘訣!でーす。

個性豊かな年賀状

f9aed6b3.jpg今年も遠方からまた身近ですぐお目にかかれる方まで沢山の方から色々な年賀状を頂いた。本当にどうもありがとうございました。

ご家族やご夫婦仲むつまじく笑顔いっぱいの写真入り。パソコンで作られたお人柄そのものの個性派さん。毛筆で達筆で書かれ思わずため息のでる年賀状。

彫るのに大変だったろうと昔ながらの芋版。思い出の海外旅行の写真入り。市販のわんちゃん入りの可愛い年賀状。絵手紙風の味のある年賀状などどれもこれも感嘆!ため息・・・力作ばかり。

手にすると皆さんのお人柄や私を思いやってくださる温かい気持ちがふわーっと伝わって胸に熱いものを感じました。本当にありがたい事。

パソコンの普及と共にメールでのご挨拶が多くなり、段々と”年賀状”そのものが廃れ(すたれ)て来る事も考えられるが”一年に一度の事、お出しする相手の事を思い出しながら、行く年来る年を感じながらゆったり賀状を書きたいもの・・・”と理想を追っている矢先”うん??今年のお年玉は何が当たるの?”と現実に戻った。
また切手シート?近頃これも数枚しか当たらない・・。


写真はスキークラブ101の方の水彩画のお年賀状。もっと複数お載せしたいのですが技術が伴わず・・・ごめんなさい。

今日は何の日?

20cffd27.jpg今日、1月11日が「鏡開き」ということを知ったのはここ7・8年前の事、恥ずかしくも息子に教わった。
この年になっても由来が分からずネットで調べてみた。武家社会の風習で新年の仕事、行事初めの儀式の一つ。「鏡」は円満、「開く」は末広の意味。
鏡餅を割るときは包丁は切腹を連想するので手や木槌で割り、祝宴などで酒樽の蓋を木槌で割って開ける事も「鏡開き」「鏡割り」という。

へーぇ?そうだったのか・・・。関西では1月15日早朝に「どんど祭り」と言って竹や藁(わら)などで櫓(やぐら)を組みお正月のお飾り等を焚き、七輪などでその火で鏡餅を焼いたものだった。長い事、それが「鏡開き」と信じて疑わなかった。無知とは恐ろしい!ト・ホ・ホ

三人の子供達も寒い中の事だったが、今となってはご近所の方や友達との楽しい思い出になっている事だろう。

暮には家族中で手や服を真っ白気にしてキャーキャー、ワイワイ言いながら餅つき機でお鏡や丸餅を作った事もあった。

赤や青のカビがはえ水餅にしていたが、取り出すのに大変だった真空パックのお鏡から今はこんな可愛い形の中に小さなお餅が入っている。便利な時代になった。

100円?でも・・・

d85e323f.jpg我が家の朝食にはいつもヨーグルトの中にバナナを入れていただく事にしている
何に効くのか、何に良いのか忘れたが兎に角一番カリウムが多いので毎日1本は食べなさいと栄養学の先生のお言葉。

バナナを切らしたので夜旦那様を迎えに行くついでに安いスパーに立ち寄った。
いつもは5本くらいで130円くらいなのに何と18本で100円。余りの安さと多さにびっくり。「値段は高くても5・6本のバナナはありませんか?」と尋ねても無いと言う。

バナナを前にしばし考えた。房はいつもより小振りだから1日一人1・5本、二人で3本、全部消化するには6日掛かる。あまり綺麗じゃないから早く食べないといけない。冷凍?迄して食べる?バナナケーキ?焼くのは面倒、バナナジュース?冷たい!夏じゃあるまいし・・・。

バナナを買うのにこんなに頭を使ったのは初めてだ。100円だというのに・・・。最初から”食べ切れなければ捨てたらいいか?”と割り切れば簡単なのだが、そうはいかない。世界で餓死寸前の人達が大勢いるのに・・・。
誰かと半分すれば・・・と周囲を見たがおじさんばかり。”ま、何とかなるか・・”とレジを通した。
キッチンはバナナのすご~い臭い。バナナ嫌いの娘がここにいたら悲鳴の連続だろう。
暫らく朝食はパンを今までの半分の大きさにしてバナナたっぷりのヨーグルト。何だかバナナに追っかけられる夢まで見そうな感じ。
まだ思い出せない、カリウム一番のバナナって何に効くんだったっけ???

あの女優さんは元プリマ

d42e94fe.jpgTBS(月~金)昼1時から「ママはバレリーナ」というコメディタッチのドラマが12月19日から始まって今日で12回目(30回連続)

あらすじはたいした内容ではないが床嶋佳子さん演じるバレエの先生のレッスン風景や彼女の踊りが見たくて録画してでも興味深く楽しんで見ている。

床嶋佳子さんはとても感じの良い素敵な女優さん、声も好き。彼女の女医さん役や弁護士役など色々見てきたが、舞台で活躍された元プリマバレリーナとは知らなかった。

とても姿勢が良く手足の長い容姿は憧れを感じるが、いざレオタードを着てのレッスン場面はさすが元プリマ。足の指の使い方、胸から後ろに反らす所など専門的でとても美しく感心する。

ドラマの中で「技術ばかりでは人を感動させられない」と言う台詞にはうなづいた。歌はまだ歌詞があり感情は表現でき内容も分かるがバレエはせいぜいパントタイム。言葉がない踊りで観ている人を魅了するのは歌より難しいものだと考えさせられた。

ドラマが始まる前、床嶋さんはTV”はなまる”にゲスト出演。「何年も踊っていないから不安でした」と謙遜していらしたので最終回あたりにきっと素敵な踊りを披露してくださるのだろうと今から楽しみにしている。

姑役の中尾ミエさん、バレエ教師役の母親の夏樹陽子さんも熱演。今後”ドラマの行く末も見届けよう”と思うようになったこの頃・・・です。






子供のように

2a4deb08.jpg中央高速道路の帰りの休憩は大体「梓川」と決めている。運転交代とトイレタイム、それに車内で少し口にするおにぎりかあんパン、お茶等を買う。
いつもの様に店内に入ると旦那様が出店のお饅頭やさんの前でじーっと物ほしそうに見ている。まるで子供が親に何を値だろうかと考えているように。
以前同じ店で美味しいごま大福買ったのを覚えていたのだろう。

「なーに?いるの?買うの?」と言うと嬉しそうに「うまそうやなーぁ」と何ともいえないニコニコ顔。
1個130円。ごま、くるみ、いちご、野沢菜入りなど色々と並べてあった。「たくさんはいらないよね?」「うん、一個でいい、一個で・・」と遠慮がちに言う。「うん、いらない・・沢山は」
私達夫婦はあればあるだけ食べ、なかったらなかったで平気な夫婦。沢山買えばあとどういう事になるか想像はつく。

お正月から私の体重、体脂肪は変わらず維持し続けているのにここへ来てオーバーするなんて許せない!
「くるみ2個ください。少なくてごめんなさいね?」あと野沢菜の一番小さな袋を買った。彼は沢山入った大きい袋を手にしたが「これでいい、小さいので・・身体に悪い!」これも我慢してもらった。

我が家はお茶漬けの習慣がなく、普段塩分の多いお漬物は買わない。余程食べたい時は浅漬けを作るか、専門店で少し買ってくるくらいだ。

ケーキ・洋菓子屋の前でも「うまそうやなー!ツバが出てきた。これ皆買い占めたいなー」と子供のように目を輝かせて私を見る。
駄々はこねないがいつまで経っても男は子供のようだ。あーあ!

危険がいっぱーい!

2ef1a489.jpgスキー場への往復でヒヤリとする危険な事が一杯目に入ってきた。
タイヤチェーンの着脱場を利用せず一般道路の隅で一心不乱に着けてる若者ども。いつ車が突っ込むかも知れないのに・・貴方の命の保障はありません。
雪道をスピードをあげ追い越し追い抜きで突っ走るバカども!早く走っても先では渋滞が待っていま~す。ガソリンの無駄使い!

スピード出し過ぎの無謀なスキーヤー、ボーダー。後ろから悲鳴と共に私のスキー板をかすめた。「おーい、兄ちゃん!自分で停まれる速さですべってよぉ~、へったくそ~?」
トンネル内で点灯しない車が結構あるが非常識極まりない。
帰りの高速道路。50cm位の雪を屋根に積んでの猛スピード。これが大型バスとなると考えただけで恐ろしい。あの雪が我々の車の前に・・・屋根に落ちてきたとしたら・・・。大惨事だ!

現に3台ほど前の車の前に観光バスがカーブで揺れた瞬間ドヒャーッ!と雪の塊を落として行った。一瞬雪煙で前が見えなかった。「早く追い越して!危ないよ!」助手席からバスの運チャンを睨みつけたが知らぬ存ぜぬ涼しい顔。どうしようもない。

追い越し車線の好きなドライバー。すぐあとに追いついても道を譲らない。後ろはかなりの渋滞、迷惑至極。ライトでチカチカ「早くどきなさい!」後ろから煌々とライトを上げて走ってくる車。ドライバー失格!

私の運転区間は梓川から談合坂まで150㌔。時速110~120kで飛ばし、たいした渋滞にもひっかからず無事帰宅。
事故も怪我もなくほっとした時のビールの味はまた格別だ!
今日はスキーウェアーなどの後片付け、三日分の洗濯、掃除、買い物、ドロドロのフォレちゃんの洗車。大忙し!大忙し!

FC2Ad