まだまだボジョレー・ヌーボー

ンーボー1ヌーボー2近くのスーパーに行くと16日にヤイヤイ言って買ったボジョレーヌボーが箱一杯に残っている
ボジョレーヌーボー1  ボジョレーヌーボー2
二週間経つと¥2280から¥1980に値下がり
ちょっと得した気分で一本籠に入れた。12月になるとフランスから船便が到着する
日本中、ヌーボー、ヌーボーだ!家のヌーボーはまだまだ出番待ち
瓶が透明なので紙に包んで暫く冷暗所と振動の無い所で保管。直射日光は厳禁!厳禁!気をつけよう!
かき今年初めての宮城産の生食牡蠣。関西では広島産ばかりだったが宮城産のほうが粒も大きくて美味しい
栄養価ではどの食品よりも亜鉛がダントツに多く身体には良いが、注意しないと中ったら大変なことになる
鰯のハーブ焼き、鶏レバーの中華煮、ほうれん草のお浸し、レタス、水菜のサラダ
いつもの変わらないメニューだが赤い物がない食卓って楽しくないよ~ぉ!
[ 2006/11/30 ] ワイン&グルメ | TB(0) | CM(0)

音楽評論家 黒田恭一

黒田恭一クラシックでも沢山の音楽評論家がいるが信頼しているのはもう亡くなられた大木正輿さん、しゃがれ声で90歳過ぎの大御所吉田秀和さん
だが日曜日の朝、FMから「いかがお過ごしですか?黒田恭一です」と低い物静かな声で彼の二時間番組「名演奏家の時間」も夫婦で楽しみにしている
先日、夕食のとき旦那様が「月曜日の”私の苦笑い”読んだか?面白かったよ!」と楽しげに内容を話し始めた

黒田恭一さんが31歳の時、ウイーンでホルスト・シュタイン(旦那様は口も悪く彼の事を”海坊主”と呼ぶがピッタリ!)指揮ワーグナーの「神々の黄昏」を聞きに行った時の出来事
会場にぎりぎりに駆け込んだ彼は急な温度差で演奏が始まるや否やアレルギー性鼻炎で鼻水がどんどん出始め、ハンカチもちり紙持ち合わせが無いのに気付いたらしい
ふくろう「神々の黄昏」非常に長いオペラ。仕方なくネクタイで鼻を拭き、休憩になった時はネクタイはびしょびしょ
隣の年配の女性がドイツ語で「まあ、随分感動なさったのね?」とドイツ語が分からないまでも察しがついたという
それからは会場には余裕を持って行き、「ハンカチ王子」ではないけれどタオルのハンカチをいつもポケットに忍ばせておられるそうだ
ただこれだけの話なのだがいつもFMから紳士的に澄ました声でお話される彼の印象とはほど遠い失敗談。彼の困惑振りを想像しながら二人で暫く大笑いした夕飯だった

夫婦の呼び名

ビール東御苑の帰りのティータイム。クラスメイトはお茶とケーキ。私は咽喉が渇いてこの黒ビール。どっこいしょ!と腰を下ろししゃべり始めた
彼女の話の中で気がついた。ご主人様を”○○○さん!”と名前で呼んでいる。お父さんともパパでもなく、お互いに名前で呼び合うと言う

娘達もそうだが○○君とか○○ちゃんとか・・・。我々の世代では普通、子供ができたら「お父さん、お母さん」と呼ぶようになり、今までそれでずーっと来ているから何ら不思議とは思わない
ただ外出中、遠くにいる旦那様を呼ぶ時一瞬、考える。「おとうさ~ん!」と呼べば私の父かと思われるし、名前を呼めば周囲の人に名前が知れる

「あなた~ぁ!」と呼ぶのが一番良いのかもしれないが慣れていないので気恥ずかしい。面倒だから「は~い!」とか「ちょっと~ぉ!」とか手を振りながら旦那様のいる方に近づいて行く
私の声はバカでかく高いので分かるのかすぐに気がついてくれるから大助かりだが、これからはスマートに”○○○さん?”と名前で呼んでみようかな?
りんご何だかお尻がこそばゆいと嫌がるかも知れないが、親からもらった大切な名前。もう一度思い出しても良さそうな気もする

*テニスコートのキウイが1300個取れたとか・・・。おすそ分けを旦那様が持ち帰ったのでりんごと一緒に密封器に入れて保存。まだまだ硬い。

[ 2006/11/29 ] その他 | TB(0) | CM(0)

皇居 東御苑(2)

さざんか16来年の同窓会でただお食事とおしゃべりするだけではつまらないかな?と以前より東京湾クルーズなど案を出しクラスメイトと頭をひねっていた。
彼女が東御苑散策をして近くでお食事も良いのでは?と先日の日曜日、どんよりとしたお天気の中を下見に行った東御苑

東京駅出発地点から時間を計り、園内のコースを地図と案内図で確認しながら広い広い、東御苑の中をクラスメイトと寒椿やさざんかを見ながら良く歩いた
さすが江戸城。大奥の跡、松の廊下跡など身近に感じる遺跡もあったが一番美しく心に響いたのが1912年吹上御苑から移築された”諏訪の茶屋”
ひっそりとしたたたずまいから現代人には忘れられている”日本の心”が伝わってくるようだった

東京の高層ビルのど真ん中にこんな静かな落ち着いた場所があるなんて・・・信じられない。この奥に皇室の人々が住んでおられると思うと我々庶民とは違うやはり別世界の人か・・・と憧れと失望との複雑な心境に駆られながら平川門をくぐり、お食事処を求めて又歩き始めた

[ 2006/11/28 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

皇居

来年の同窓会のコースとして東御苑を入れたいのでクラスメイト二人で下見に行った
時代を偲ばせる立派な大手門から入り、三の丸尚蔵館~同心所、百人番書所~汐見坂~本丸~富士見櫓~松の廊下跡~石室~天守台~桃華楽堂~天神豪~諏訪の茶屋~平川門に出る1時間半ほどのコース。江戸城めぐり
大手門11大手門と同心所



 



1416ひっそりとたたずむ諏訪の茶屋







17汐見坂測った様に積まれた汐見坂の壁







寒椿22寒椿やさざんかがあちらこちらに咲きほっとさせてくれる。東御苑の花

牢屋かな?と思うような石室。大奥の調度品の隠し場所。



竹やぶきっこう竹珍しいきっこう竹。本当にきっこうの模様。







25彫金大きな石が積まれた天守台。江戸城の偉大さが知らされた。

三の丸尚蔵館では”明治の彫金”が出品され、素人が見ても分かるほどの高度な技術を要した名品には驚かされた。
[ 2006/11/28 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

第26回 ジャパンカップ

ディープ昨夕、駅まで迎えに来てくれた旦那様にジャパンカップのディープインパクトの結果を聞いたが「自分でDVDを見て確かめなさい」と意地悪く教えてくれない
帰宅後、すぐにスイッチON
ゲートが開いた。いつもの最後部からのスタート。「よし、よし!」と思いながらレースを見守った
しかし、一番手からはだいぶ距離がある。ちょっと不安になったその時、ディープが外から追い上げ始めた。飛んで走っている。懸命に走っている。10馬皆追い抜いた。ゴール!ヤッター!おめでとう!

昨年の菊花賞からディープインパクトを見ているが、昨日は一番痩せて綺麗な身体の線だと感じたらやはり過去最軽量に調教したとか・・・無敵
次の有馬記念で引退とは勿体無い気がしてきた。まだまだ走れそう、走りたいように感じるが、引き際が肝心か・・・
競馬は過酷なレース。2番人気のハーツクライは10着。ダービー優勝馬のメイショウサムソンは6番。勝負はやってみないと分からない
ハーツクライの引退説も浮上してきた。競馬とは馬達にとってなんと残酷なものなのか・・・



[ 2006/11/27 ] 競馬G1レース | TB(0) | CM(0)

豚ヒレとりんごワイン煮

豚ヒレ2豚ヒレ3昨日、朝から一日、外出して疲れ気味で帰宅
旦那様は私に大好きな豚ヒレ肉とリンゴのワイン煮を作ってくれた
ヒレ肉に小麦粉をつけてりんごも一緒にソテーしてカヤラメルソースを作り赤ワインを入れてバターで仕上げ
ブルゴニュー簡単だけど火加減に気をつけないと肉がパサパサになる
ワインは2003年カティアードさんのブルゴーニュ。久しぶりのブルゴーニュはコルクを開けると同時に豊かな香りが・・・
時間と共に「ホー、ホー」と満足げな旦那様のため息にも似た声が多くなってきた。私も疲れを癒した入浴直後とディープ優勝の嬉しいニュースで格別に美味しく感じたワインでした


[ 2006/11/27 ] ワイン&グルメ | TB(0) | CM(0)

音楽研究協会総会

カルパッチョカニ土曜日は私が所属している音楽研究協会の総会
今年の六月のイギリス館のサロンコンサートではモーツアルトの歌曲、十月の長浜ホールオータムコンサートではモーツアルトのオペラのアリアと二重唱。モーツアルト生誕250年にちなんで選曲したものだった
スープタイ会員各々、反省点を挙げ来年の結成20周年に向かって頑張ろうと意を決し新しい役員を選出したあと打ち上げの会場へ

打ち上げの会場は私がお薦めしたフランス料理「ル・パン バーラヴァン」
ヒレデザートタイのカルパッチョ、ズワイガニのタルタル仕立て。
カリフラワーのポタージュー、大根のソテーとフォアグラ添え、牛フィレ肉のロティ。
アイスクリームとホワイトチョコのケーキ等どれも美味しく、ハウスワインも癖が無く軽いワインでビジョン喜んでもらった!ヤッホー
実は¥5880のお料理が20名限定の¥3990と超お得!主婦はいえいえ、私はこういうのに超弱い人
高くて美味しいのは当たり前、安くて美味しいのが一番!皆さんに喜んでいただいた良かった良かった!

キリスト教待降節

聖家族キリスト教では11月30日の聖アンデレの主日に最も近い日曜日から”待降節(たいこうせつ)”と言う祈りの期間が始まる

即ち今日、11月26日(日)から四週間に亘りキリスト降誕のお祝いの心の準備をするクリスマス
中・高校のカトリックで育った私はこの行事を未だに良く覚えている。青々としたリースの周囲に真っ赤なリボンを飾り真ん中には4本のろうそく

ツリー1一週目には1本、二週目には2本とクリスマスに向かって火を灯し、聖歌を歌いながら祈りを捧げキリスト降誕の日を心待ちにしたものだ

クラス、学校が一体になったこの大イベントのクリスマス当日は厳かな深夜ミサに授かり、その後はクラスメイトや先生と賑やかにお祝いをした
今年は格別に色々とご無理を聞いていただいた。クリスマスまでの待降節は今まで以上に心から感謝し祈りの期間にしたいと思っている

[ 2006/11/26 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ディープインパクト 引退まであと二戦

花2この10月、仏G1、凱旋門賞で3位後薬物使用で失格になったディープインパクト
夜中、眠たい目を擦りながら多くのフアンが見守る中、重ね重ねの何とも腹立たしい後味の悪い結果となった
あれ以後私のブログにデーィプ登場はないと思っていたが明日、26日東京競馬場で行われる「第26回ジャパンカップ」12月24日には「有馬記念」を走ると言うので急遽、祈りをこめて書く事にした

3位と言う思いがけない不名誉な結果以上に薬物使用で失格とは関係者の管理のお粗末さには怒りは隠せず、又薬物使用は常習か?ととんでもない疑惑の中、一番可哀想なのはディープ。物言えぬゆえあのつぶらな瞳に余計哀れさを感じた

今回のレースは昨年の有馬記念で先行を許したハーツクライと肩を並べると言うがディープの汚名返上、意地にかけても一番にゴールしてもらいたい
武豊騎士も充分に綱さばきを心得ているだろうが、それでも敢えて言いたい。一番でゴール!絶対に一番!
五冠達成のシンザン、シンボリルドルフ、ナリタブライアンなど多くの名馬以上に引退間近いデーィプに晴れの花道を飾り国内最強を見届けてお別れしたい
引退まであと二戦。ディープに勝利、栄光あれ!皆が望むように私も心から祈ってやまない
無敵   宝塚記念 仏凱旋門賞  ディープ敗れる

[ 2006/11/25 ] 競馬G1レース | TB(0) | CM(0)

手作り ジャム

ジャム私より年上の声楽の生徒さんはお料理の先生。何箇所か教室で教えられているが最近は男性だけのクラスに参加者が増えているとの事。”熟年離婚を逃れる策略かな?”と笑っていらした

先日のレッスンの日に今出始めた紅玉とブルーベリーのお手製のジャムをいただいたき、早速、朝食のヨーグルトに入れてありがたくいただいている
これまでにも桃、梨、ラ・フランス、ラズベリー、アプリコットの甘味を抑えたジャムや年末にはきんかんの甘露煮などご馳走になり、いつもその手間を考えると頭が下がる思いがする
ラフォン昨日、23日は「勤労感謝の日」で世間では祝日だったが、旦那様は出勤日
帰宅後「勤労感謝、勤労感謝!」とフアンであるブルーノ・ラフォンさんの2001年、”ドメーヌ・マジェラン”を出してきた
品種はグルナッシュとカリニャンのブレンド。タンニンもあり少々フルーティで満足!
私も自分に勤労感謝・・・簡単手間なしの鍋物でした


[ 2006/11/24 ] ワイン&グルメ | TB(0) | CM(0)

サービス過剰

ジャンバー三歳二ヶ月の孫の身長も伸びると同時に洋服もチンチクリン。「今年は去年のジャンパーを着せてしまうわ?」と娘は言っていたがお出かけも多くなるので”大きいサイズを・・・”と気になっていた

ミッシェルクランの系列らしいがa.v.vのカキー色のお兄ちゃんっぽいジャンパーが目に入り、お値段も手ごろだったので求めた

夜7時半頃、広げてみたら肩のボタンが1つ無い!袋の中にもないし取れた所がちょっと綻びているので翌日にでも交換してもらうようにTEL

しかし何と一時間後に35、6歳の店長さん直々に新しいのを持って来られ点検と確認。ご迷惑をお掛けしたからとカステラと子供用の紺のマフラー迄いただいた
マフラーマフラーボタン在庫が無くて返金と言うならまだしも、ただ品物を交換するだけでお菓子持参とは・・・。今の世の中に対する過剰反応か?と感じ、まだ食べる気もしない
いただいた無地のマフラーが淋しいのでちょっと赤いボタンと青いワッペンでいたずらをしたら、ファミリアっぽく可愛くなった
店長さんの誠意あるお気持ちを酌んで今日あたりカステラをいただく事にしよう

[ 2006/11/24 ] | TB(0) | CM(0)

第73回NHK全国音楽コンクール

ピアノ今日偶然、第73回NHK全国音楽コンクールのハイライトを後半30分だけ見ることができた。今年のテーマは「出会う」。今年は本選を聞く事ができなかったのでラッキーだったここまでとは思わなかった
昨年に引き続き作曲、編曲家の松下耕さんが森山直太朗さんの「さくら」を中学校代表11校、66名を指導
わずかな練習時間の中で言葉を大切にレガートで歌い、美しくクラシカルにまたある時はポップス調にシンコペーションを強調するようにと適切にしながらグイグイと中学生達を引っ張り仕上げていった

高校の部は若者に人気のレミオロメンのラブソング「こな雪」。指導は大谷研二さん。彼はしきりとポップス調に聞こえるようにリズムとビートを感じるように普段の声を求めた
ピーターラビット綺麗な発声は要らないと・・・。これはレガート、レガートと指導され続けた高校生には難しく、私にも歌えないだろうと思った

画面から口の開け方を見るとみると専門的に声楽に習っている生徒も少なくない。しかし66名の高校生は頭が柔らかい、すぐにリズムに乗り指導通り歌いだした。
来年の課題曲のテーマは「つながる」。小学校の部では作詞に俵万智さん、高校の部はゴスペラーズと決定
全国2334校8万人のコンクール。歌う事は「出会う」事。最後に森山直太朗さんも出場し課題曲「虹」の合唱で幕を閉じた
[ 2006/11/23 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

手荒れ解消

バンドエイド長年、暑い夏が過ぎ水道の水が冷たく感じられると同時に手荒れ、特に指先が割れるので辛く痛い思いをしていた
ひどいときは7、8本両手の爪の横から切れてバンドエイドのお世話になりっぱなし。ピアノを弾くと鍵盤にバンドエイドの黒いゴムのあとが付き始末に悪い

食器洗いにはいつもゴム手袋が必需品だったが、ここ1、2年どういう訳か手荒れがなく「何か変わった?」とふと考えた
思い当たるのは食洗機の利用だが毎食後使っているわけでも無いく、まジョイだまだ手で洗う事の方が多い
それでは何?これしかない!食器用の洗剤だ!TVのCMでは色んなメーカーが”手が荒れない、手を守る”などとしきりとアピールしている

今、私が使っているのが”キュキュット”から乗り換えたオレンジピールのジョイ君。洗浄力が良いと言うので原液と薄めたのを両方用意しているが、手にも優しいのかな?まだ荒れていないしハンドクリームをつけなくてもすべすべしている
何がどうなったか分からないがあの痛さ、辛さを忘れているのだから喜ばしい。これからも各社が研究を重ねより安心で良い製品を消費者に提供してくれればこんなありがたい事は無い
今年の冬も手荒れ知らずで過ごしたいと願うばかり
[ 2006/11/23 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

いい夫婦

ばら4誰が決めたのか今日、11月22日は「いい夫婦の日」だそうだ
”いい夫婦”ねぇ~?なにを基準にするのかな?難しい!
若い人のならまだしも、我々の年になると居ても居なくてもいいような・・・空気みたいな存在かな?
「いい夫婦」定義するのは難しい!考えるのはもうやめた
[ 2006/11/22 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ツリー オンパレード

ツリー赤2ツリー青早くも町はクリスマス気分
年々、クリスマスデコレーションが早くなって来たような気がします

久しぶりに高島屋に入ったら、テディベアーのツリーのいろんなバージョンが目に付きました
eftさんのブログこふでさんのブログではおめでたい紅白でしたが・・・
他に緑だけのツリーもありましたが、このコバルトブルーは珍しく初めてだったのでシャッターを切りました。
このテディベアーはどういう訳かとても人気があるらしく昨年の限定販売の時は多くの人が列を成しているのを覚えています。好きな人にはきっと堪らないのでしょうね?
ツリー赤緑のツリーピンクのハートが一杯のこのツリーはシアルのエントランスに飾ってありましたが、若々しく何とも可愛いクリスマスツリーでした
若い人達には”超可愛い~ぃ!”と大うけかも知れませんね?

昔ながらの緑の普通のツリー。これを見て「あ~ぁ、クリスマス!」だと”ピン!”ときた私はやっぱりおばさん!




[ 2006/11/22 ] その他 | TB(0) | CM(0)

久々の腹立ち

毛布娘宅のうらら親子達が寒いだろうと不要になった毛布3枚をクロネコヤマトから送る事にした
コンビニまで持って行かれないので取りに来てもらうようにTEL。その時の女子員の仕事の無知さ腹が立った
こちらの住所、電話番号、名前まで伝え丁寧に応対した所までは良かった。それからだ・・・
私「○○市に毛布を3枚160cm内の荷物を宅配で送りたいのだけど・・・」
店員「○○市は何県ですか?」(え?モチ東京都じゃない、知らない?うそー!)
私「東京都よ」
店員「毛布は梱包はしていますか?」
私「梱包って?紙に包んでビニールに入れて紐をかけてるけどダンボールに入れないといけないの?」
店員「ちょっとお待ちください・・・・(暫く音楽)。こちらで梱包しますが?」
私「梱包っておいくらかかるの?」
店員「ちょっとお待ちください・・・(暫く音楽)。少々かかりますが・・・」
私「少々って¥100だか¥2000だか分からないからきちんとした金額を言ってください!」
店員「少々お待ちください・・・(暫く音楽)」

これでは話にならない、市内と言えども電話代もかかる。折り返し向こうから話の分かる人にかけてもらう事にした。別の店員は声の落ち着いた中年の人のように思われ、縦・横・高さ160cm、ビニールに入っていれば宅配でOKだと金額まできちんと教えてくれた

小学生が知っているような○○市が東京都とは知らない、何を梱包と言うのかが分からない、料金が分からない・・・これで良くお給料を貰っているなと感心する
マニュアル通りの事もできない、マニュアル上だけの仕事でなくもっと掘り下げて仕事をすればサービス業の仕事がもっと楽しくなるのに・・・と情けなくと同時に腹が立った
       
        *******************
集配に来た初めてのお兄ちゃんにこの事を言ったら「すみません、分かってないんですよ。梱包はこれで充分です。これからはドライバーのここへ電話してください。ご迷惑をかけたのでワンサイズ小さい料金で結構です」とサービスに徹底している。ま、これで少し気が治まったが・・・
[ 2006/11/22 ] 生活 | TB(0) | CM(0)

ブルガリ オードトワレ

ブルガリオーストラリア旅行の帰国の機内で旦那様のオードトワレ「ブルガリアクワプールオム」の50ml入りを清水さんから飛び降りて買ったがもう底を尽いた素敵な香りも

清々しい香りで気に入っているのでどうしてもほしい。今、機内では液体は販売中止デパートで探して見よう思いつついつも忘れてしまう。ちょっと怖い気もしたが”え~い!くそ”とネットで探した。あった~、見つかった~ぁ

それも100mlとお買い得の品もあり、香りが抜けるかなと思ったが背に腹は変えられない、安いに越した事はない
何軒かの会社があったが一番安い所67.5%offで注文。2日で届いた。何だ、かなり悩んで損をした感じ~~ぃ!この味を占めたらもう清水さんから飛び降りなくて済む。助かった~ぁ!ネット、さま様だ
[ 2006/11/21 ] 生活 | TB(0) | CM(0)

素敵な絵手紙

絵手紙先日、中高のクラスメイトの一人からきな粉もちをお土産に頂いたのでお礼状を出したらこんな素敵な絵手紙が送られてきたおもてなしの心得

それもそのはず彼女は絵手紙の先生。だらだらと下手な文章で書く私の手紙とは違って短い言葉の中に伝えたい事すべてが凝縮されたこの絵手紙の素晴しさに驚いた
「あなたの笑顔はあの日のまま」何と嬉しい言葉、何と温かい言葉、数年逢っていないのに私を忘れないでいてくれた優しい思いが伝わってきた。きな粉もちドレッシングこの年になってもコロコロと箸が転んでも笑っているとの印象だったらしい

お土産に頂いたきな粉もちは和菓子の”志むら”。ちょっと甘いお餅に豆が入って癖になるような上品な味だった

あの日、もう一人のクラスメイトは玉葱を刻んで20分置きグレープシードオイルに付けたドレッシングをお土産に持たせてくれた
豆腐にかつおと海苔を刻み一緒に食べてほしいと注釈があったが、サラダにかけても美味しい!
優しいお心遣い、本当に本当にありがとうございました
[ 2006/11/21 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

東京国際女子マラソン

高橋尚子北京五輪を目指して熾烈な戦いの火蓋を切った国際女子マラソン。一年ぶりの高橋尚子の走りを楽しみにしていたが、3位と言う無残な結果に終わった
朝からの冷たい雨の中、6年ぶりに土佐礼子VS高橋尚子の一騎打ちとなった。常に土佐のあとにピッタリ付いていたが、いつもの高橋なら25kmあたりでスルスルと出るはず、30km地点でも未だ出ない
土佐がスーっと抜けて行った。高橋はどんどん小さくなり後ろから来たマラソン2回目、29歳の尾崎朱美の背中をも見て走る羽目となった
シャコバサボテン
34歳の彼女が描いた北京行きはこのレースと世界選手権で優勝し、最短距離のキップを手にしようと考えていただろう

新聞で知ったがふくらはぎに故障、足にしびれが覚えたと言う。あの寒さの中、どの選手も死ぬような思いでゴールを目指した事だろう。己と自然との闘いに打ち勝った者が最高の栄誉を授けられる厳しい掟
土佐礼子はそのすべてをクリアーしてトップでゴール。今日はご主人のお誕生日とか・・・素敵なプレゼントになったと嬉しそうだった

小出監督から離れ北京を目指して自ら結成したチームQ。「何が何でも最後まで頑張り、引退はありません!」と力強く笑顔で答えていたが、残念ながら私の目にはQちゃんのキラッと光る物が見えなかった
[ 2006/11/20 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

箱根の珍土産

鯵干物梅干一昨日の「紅葉祭り」では箱根の町中で珍しいお土産を買ってしまった
瀬戸内海で育った私は幼い時から干物は食べず今も旦那様にしつこく言われても買わない
ところが”干物、干物、鯵、鯵”と目を大にして探し始めた。見つけたのは1匹¥250。丸々として美味しそう!四枚お買い上げ~ぇ、横で旦那様がニコニコ顔
”美味しい物は宵に食え”と夕飯に頂いたら塩気が少なく身が厚く美味しい!私は今まで美味しい干物を食べていなかったのだと思い知らされた

箱根は梅干が有名なのか、多くの店には、”~の梅干”と看板が出ていた。丁度切らしたところなのでこれも二人して探した。良い物はデパートで予約しているのでそこそこの物を・・・
梅干なんて余り縁の無い私だったのに・・・変わったものだ
饅頭箱根饅頭2今度は饅頭、饅頭と目があっちへ行ったりこっちへ来たりと忙しい!
良く分からないままお店に入った。丸嶋本店元祖”箱根温泉まんじゅう”黒蜂蜜入りの薄皮まんじゅう確かに柔らかい皮と薄味のあんこ、サイズは二口ほどで嬉しい大きさ、満足満足!
まさか買い物までするとは思わなかったのでガイドブックも読まず来てしまった。これからは「どこそこの何、あそこのこれ」と狙いを付けて訪れよう。勉強不足はいけない、いけない

冷たい雨の中の東京国際マラソンを観ながら美味しいお茶を入れて娘のお土産の小布施の落雁もいただいた(お抹茶未だ買っていなかった~ぁ?)







[ 2006/11/20 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

名前が面白いワイン

ダーティロード今夜のワインは面白い名前のワイン。”ダスティー・ロード2004年”
その名のとおり葡萄畑に行くまでの道路がとても悪いとこのネーミングが付いたとか・・・。ニュージーランドのワインで品種はピノノワール
昨日のボジョレーヌーボーとは違いやはり上品な味で色も深くて申し分ない
酸もしっかりしていて開けるにはちょっと早かったかな?と言う感じがしないでもない
この所体調が良い精かグラス3杯では物足りない。かと言って私が沢山飲んでは旦那様に申し訳ない。一度もういらないと言うほどたっぷりと飲んでみたいよ~ぅ?
[ 2006/11/19 ] ワイン&グルメ | TB(0) | CM(0)

スキークラブ「紅葉祭り」

0018a

















昨日、スキークラブの方々と箱根へ「紅葉祭り」に出かけた。今年の秋はどこにも出かけていなかったので前々から楽しみに電車で出かけた。

小田原からバスで湯坂路入口(鎌倉古道)で下車。ここから→鷹巣山→浅間山(せんげんやま)→城山→湯坂山→箱根湯本に下りる三時間弱のコース。
案内1紅葉1澄んだ空気と美しい紅葉の中、秋の深まり行く湯坂路を目と口で楽しみながら夏の名残の長い紫陽花のトンネルを抜けると浅間山に到着。
遠くの山頂までくっきりと見え心洗われるような清々しい気持ちになった。
なだらかな斜面にはすでに鍋を囲んだ先客やマウンテンバイクで頑張った若者が到着。我々も早めのお昼と腰を下ろした。
michisirube 20017ここで小涌谷と湯本に下りる二班に別れ私達夫婦は二時間コースの湯本コースに参加した。
まだ紅葉には早く青々とした木々も目立ったが秋の彩には時折立ち止まってあちこちから感嘆のため息が聞こえてきた。
0033azamiここからが大変!歌ではないけれど”行きは良い良いよい帰りは怖い~”。カサカサと落ち葉の上を歩くのは楽しいのだが少し急な長い長い石畳の坂が続き膝がガクガク。優しいリーダーは14名の足並みを見ながら時々休憩を取って下さり何とか下山。
そのあとは嬉しい事に”温泉”に飛び込んだ。何よりの贈り物、ヤッホー!
[ 2006/11/19 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)

顎関節症

ピーターラビット歯科クリニック治療の際、長時間、口をできるだけ大きく開けてから閉じる時、何となくスムーズに閉まらないので顎関節症?と不安になった
TV番組「はなまる」で顎関節症の専門的な話を聞いて見た
年齢に関係なく日本人の2人に1人が顎関節症らしいがどんな病気?どんな症状?予防はどうする?
症状は口を開けたときに音がするらしく関節円板の異常からくるらしい。関節円板とは下あご(下顎頭)のつけ根と頭の間にある柔らかい組織の事で骨同士がぶつから無いようにまた関節をスムーズに動かす役目。これがずれたり変形すると下顎頭に引っかかり音が出るらしい
原因は頬杖をついたり、横向き、うつ伏せ寝。電話の受話器をあごで挟んだ長話やストレスだと言う。寝ている時に歯を噛み締めるのも負担がかかり良くないと・・・
又下を向いてやる家事全般、パソコン、ゲームなどもあごに負担がかかるので注意する事も付け加えていた。放っておくと口が開かなくなるので家庭でできるあごのストレッチ、改善予防法をやっていた

口の中に指3本を縦に入れ10秒キープ。ゆっくり閉じての繰り返しを朝晩5セットやれば良いとか・・・三本入らない人は2本で良いが痛みがあれば専門医に診てもらう事
私の場合、音は無いし指は4本入るのでただ単にだるくなっただけかも知れない。でもいつでも誰にでも起こる病気。おしゃべりも歌も歌えなくなっては大変!今夜から上を向いて悔しい事は考えないでゆっくりと眠る事にしよう
[ 2006/11/19 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

2006年 ボジョレーヌボー

2006年ヌーボー可愛い花柄のジョルジュ・デゥブッフさんのボジョレー・ビラージュ・ヌーボーを開け、今ブログを書きながら味わいながら飲んでいる

この時期だが少し冷やしたが、冷やし過ぎにはやはり耐えられないワイン。ゆっくり飲み頃を舌で確かめながら飲んだ。ワインはやはり温度が肝心!
私が感じた事、まず色はガメイ種の赤紫が出て文句なし、良い色をしている。香りは全面的に立ちとても良い香り。お味は収穫時に天候が良ヌーボー1かったのか甘みがしっかりしている

これまで最高とされていた2003年より今年の方がボリューム感があり甘味と酸のバランスがとても良く評判通りとても美味しい、いいワインだ
旦那様と「もう1本飲みたいね?」と話したほど・・・。近くのスーパーで明日、もう1本調達して来よう
それにしても今年の花柄の瓶は昨年以上に華やかでとても可愛い。毎年のように水入れにしたり飾って見たり・・・飽きてきたらバイバイしよう!

[ 2006/11/18 ] ワイン&グルメ | TB(0) | CM(0)

エプロンと割烹着

エプロン朝、起床するといつもエプロンを着けてまめまめしく家事をしていたが、この数年、エプロンはタンスの中で眠っている
着けていると冬は暖かくセーターなどの汚れを防ぐには良いのだがアイロンをかける手間が面倒になったのと洗濯し易い部屋着が安く手に入るようになったのが理由かも知れない
でもお客様をお迎えする時は娘達からのプレゼントのこのエプロンを着けて体裁だけはつくろっている
ポトス幼い頃、着物姿の明治生まれの母がいつも白い割烹着で忙しく家事をしていたのを思い出す
小学校の参観日も先生からのお達しですべてのお母さんはエプロンや割烹着姿。まるでお母さん達のユニフォーム だった
「割烹着」は着物で暮らす女性にとって本当に有難いものだったろう。明治15年(1882年)日本で初めての料理教室「赤堀割烹教場」を設立した赤堀峯吉が生徒達の着物が汚れないようにと和式エプロン、即ち割烹着を考案し、後には必需品となり広く世間でも愛用されたと言う

大正、昭和になれば襟や裾にひらひらのレースが付きカフェで働く女性達に愛され、戦時下になると戦地に兵隊さんを送る時や慰問袋を作る作業の時にこの白い割烹着が多いに活躍した

割烹着とはいかないまでもまたお気に入りの可愛いエプロンを着けて甲斐甲斐しく家事をやれば身も心ももっと引き締まるかも知れない
[ 2006/11/18 ] 生活 | TB(0) | CM(0)

懐かしい海外TVドラマ

バラ白BSのTV欄には少し前から我々団塊世代が夢中になった4、50年前の海外TVドラマの再放送があるようだ
題名を聞いただけでも懐かしい主人公の顔と共に若かりしその頃の自分を思い出す
クリントン・イーストウッドを一躍スターダムに押し上げた「ローハイド」、壮大な風景の「ララミー牧場」、お利口なコリー犬と青い目の少年の愛情物語の「名犬ラッシー」、アメリカの広いキッチンに驚いた「奥様は魔女」奥様の名前はサマンサ、娘の名前がタバサ。バッグのブランド名だ

中年のおばさん二人が織り成すズッコケに大爆笑したコメディドラマ「ルーシー・ショー」、戦争ドラマだけでなく仲間を思いやる人間関係を描いた「コンバット」、この主題曲は今でも口づさめ吹き替えの軍曹の素敵な声も耳に残っている
黒皿その他、何よりも何よりも楽しみにしていたデビット・ジャンセン主演の「逃亡者」。土曜日の夜は宿題もピアノレッスンも早く済ませTVの前にスタンバイ。あの母性愛をくすぐる甘いマスクは何といっても私好み!
ちょっと奥目でこれもまたハンサムなビンセント・エドワードが演じる医師の「ベン・ケーシー」友達が寝ても覚めてもメロメロだったのも思い出す
探偵アクションドラマの「サンセット77」。オープンカーで走り回るイケメンの二人、ロジャー・スミスとエド・バーンズには憧れた。セブリセブンサンセット~の主題歌も出てくる
「ルート66」何か意味があるのかとルートを開いてみたが・・・何も無い
昔は他に楽しみも少なく一家に一台のTVを家族で一緒に良く見たものだ。30分ドラマが多く今のように2時間など無い時代。一日ひとつの海外ドラマはあの頃の可愛い楽しみだった

[ 2006/11/17 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ボジヨレーヌーボー

ワインちらし何かと忙しく跳ね回っていたら今日はボジョレーヌーヴォー解禁の日。スーパー、デパートのちらしが目に飛び込んできた

軽いボジョレーは余り好きではないが、九月頃収穫されたフランスのボジョレー地区の天候も良く、今年は最高の出来と言われた2003年を凌ぐほど果実味と酸味のバランスが良いと専門家の間では好評らしい
ならば・・・と買うことに決めたが例年のごとく価格のばらつきが目立つ。同じ美味しさならより安く求めたい。美味しくてもたかがボジョレー、高ヌーボーすぎては話にならない
一番高価なルロワさんは別として毎年買うお花の瓶のジョルジュ・デュブッフさんのボジュレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーは近くのスーパーで¥2280、昨年より¥100値上がりしているボージョレーヌーヴォー

昨年買った横浜の地下街の酒屋さんは店仕舞い。仕方ないからこれで手を打とう
ボジョレーには生春巻き、スモークサーモン巻き、とんかつ、鰤の赤ワインの照り焼き。鰯、鶏の蒲焼、サワラの西京漬けなどが合うと書かれてあった
我が家は勿論、鰤の照り焼き~ぃ!




[ 2006/11/16 ] ワイン&グルメ | TB(0) | CM(0)

おもてなしの心得

ババロアケーキ中学、高校と六年間共に学んだクラスメイト三人で小田急沿線の閑静な住宅街に住む級友を訪ねた
ガーデニングが趣味というお庭は美しく整理され綺麗に咲き誇ったマリーゴルドや千両が早くも沢山の赤い実を付けていた
和菓子私が作る色の汚~い大雑把な料理とは違い、オードブルからメインディッシュ、二種の手作りのデザートまで素敵な器に各素材が生かされた味と洗練された盛り付け、何よりも温かい”心”が伝わってくる

優しく心細やかな行き届いた彼女の性格そのもののお料理に感嘆の声。絵手紙の先生のクラスメイトのお土産の和菓子にはわざわざお抹茶を・・・久々にお作法を思い出しお薄をいただきながら”料理の心、おもてなしとはこういう事をいうのだ”と深く心に刻み込んだ
おうす
余りに綺麗なお料理やモデルルームのような明るいリビングの写真を撮ろうとしたら「撮影、絶対禁止!」と厳しい声で釘を刺され「せめてお菓子だけ」とやっとお許しをいただいた。残念!

クラスメイトとの会話は学生時代の懐かしい思い出話だけでなく、互いに励まし励まされ、良い刺激を受け合いながら自分自身を見直す良い機会。三人の級友の感性豊かで堅実な物の考え方、生活振りを見習って自分の中に取り入れて行こうと改めて強く感じた一日でした


[ 2006/11/15 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

旅のなごり

足袋整理タンスを整理していたらこんなに沢山の足袋が出てきた。旅行中、あちこちのお宿でいただいた足袋

さすがに真夏のシーズンはないが少し寒くなると必ずと言って良いほど用意されているこの足袋が段々と溜まってきた
どこかに引越ししなければタンスの中が満員御礼!早速、空き箱に
たこの足じゃあるまいし本当は一足あれば充分なのに・・・捨てられなビニール袋い!貧乏性の代表!
温泉(浴場)に持って行くこのビニール袋も必ず用意されている
派手な色や地味な色と様々だが、余り使えないような色は申し訳ないがゴミ袋として使用した
足袋と袋のセットの”旅のなごり”はお引越し。これから本格的なスキーシーズン
朝焼け旦那様は”足袋、足袋、ビニール袋、あれ?ない?”と探し回るだろう。私も引越し先を忘れないようにしなければ・・・

昨日の朝5時半、日の出の位置はだいぶ南よりになって来た。冷ややかで新鮮な空気が美味しい!
[ 2006/11/15 ] 旅行 | TB(0) | CM(0)