野いちごひとりごと
人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。
200612<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200702
医療費控除
玄関今年も確定申告の日が近づき、毎年恒例のように医療費控除を申告する私

昨年の医療費は私の腰痛治療と歯科治療が殆ど
交通費と合計し10万円を差し引いたものの約2割が還付される

2月16日を待たずに今日から3日間、近くの区役所で特別相談会があり申告も可能。

毎年、税理士の方に計算してもらうのだが、それには朝8時過ぎに行き、整理券を貰わなければいけない。今年は自分で計算して記載しようと税務署から申告書を送ってもらった
確定申告書き方の手引きと源泉徴収書とにらめっこ
何とか書き込んで還付金額まで出したが、これが青色申告や雑損控除や寄付金控除、住宅借入金特別控除など他の申告になると複雑
数字を見ているだけでも頭が痛くなるだろう

今年は早朝、長い列に並ばなくても書類を提出するだけで済んだ。もっと早くからこうしていれば良かったとちょっと後悔している
孫のスイミング
カリキュラム孫は生後六ヶ月からスイミングに通い始めたベビースイミング
最初はママと一緒に遊びながらのプール。三歳になった今はお友達と一緒にグレードアップを目標に頑張っている

ひよこ~やどかり~今は19級、カメさんクラス。誇らしげに帽子にバッジが三つ。月末は検定日。5mを顔をつけて往復しなければ不合格。ばばも微力ながら応援に参上!

水泳帽 水泳パンツ全員同じ水着で並んで入場は何とも可愛い!孫はどこ?
カメさんクラス20名は能力によって三クラスに分かれて練習。なるほど見ていてもそれぞれのクラスの練習内容とレベルが分かる

泣きじゃくる子をなだめ、走り回っている子や練習途中のトイレタイムの子供達の世話
コーチ達も指導だけではなく子供好きでないと務まらない大変な仕事
検定後の孫にコーチ達の批評は「体力はあるがリズムをかぞえましよう。1.2.1.2.」とあった
何?リズムがない?こりゃ~大変!リトミックの勉強か・・・

バッジ四つもまだまだ先の事。欲が出ればコーチの注意も分かるのだろうが、今は嫌がらず終始笑顔で楽しんでいる。継続は力なり!頑張れ!頑張れ!
釣り
孫のおもちゃ箱に釣り道具があった

竿の先と魚の口に磁石が付いている。集中力が付いて良いらしいが・・・なんで?長靴、ペットボトル?何ともリアルな釣り道具!

可笑しくなってパチリ







貴重な映像
ブリテン日曜日の夜、旦那様と楽しみにしていたのはベンジャミン・ブリテンとピーター・ピアーズの1956年2月9日の演奏会。
50年も前の貴重な録画だ。

ピアーズ

ブリテンの軽やかなピアノに折り目正しくピアーズの美声が響き渡った

ヘフリガーもう一人は1919年、スイス生まれ。88歳で今だお元気だというエルンスト・ヘフリガー
この録画は1992年11月王子ホール、日本歌曲をドイツ語で歌った73歳の時のコンサート
この道、待ちぼうけ、ちんちん千鳥、雪の降る町を、荒城の月、花、ふるさとなどを全てドイツ語で披露しCDにも収めている

言葉の一言一言を大切に表情豊かに歌われ、細かい情景が手に取るように映し出された日本歌曲は我々日本人の演奏よりはるかに日本的であり、山田耕筰、中田喜直の歌がドイツリードかと錯覚しそうになるほど自然に聴こえた

こんな価値ある映像と演奏はまたとは見られないと思うと、ちょっと得をした気分になりました

昨日のスポーツ
セリナ全豪テニスの女子シングルスはマリア・シャラポアを2-0で退けて四大大会4連勝を果たした元女王セリーナ・ウイリアムス

姉ビーナス・ウイリアムスとの姉妹対決などで世界に実力を示したが、膝の故障でランク81位。
ノーシードからの立ち上がりには良く復活したと拍手フェデラーを送りたい
男子はナダルを破って立ち上がったフェルナンド・ゴンサレスを1セットも落とさずロジャー・フェデラーが全豪連覇を成し遂げた
史上5人目の4大大会10勝目。唯一タイトルのない全仏に頑張って欲しい
アイロンをかけながら途中から観ていた「大阪国際大阪城女子マラソ」。これには世界選手権の出場権がかかっている
渋井陽子と原裕美子がレースをひっぱっていたが、29kmで原が仕掛けて優勝!途中足の痙攣で苦戦した渋井は10位。42、195k。何が起こるかわからない
レースも楽しめたが久々の大阪城、御堂筋の懐かしい景色も楽しみながらのマラソン応援でした
社会人ラグビー。お粗末にもサントリーはヤマハ発動機に1点差で逃げ切り、来月4日東芝と戦う。清宮監督も冷や汗ものだ
ちょっと豪華に!
グリュオーラローズ

















昨夜のディナーは年末にネットで買ったラム肉があったのでハーブを乗せてステーキでいただきました
ラム肉は少々レアでも平気なので気を使わないで焼けるのは嬉しいです。柔らか~い

ラム旦那様がワインセラーからチョイスしたワインはボルドー2級ワイン、シャトー・グリュオー・ラローズの98年物。村はサンジュリアン
ちょっとお高いですが何故か贅沢に・・・

ワイン2デカンターに移して一時間半かけてゆっくりと味わいました
ボルドーワインはすべてブレンド。カベルネソービニヨンの適度な渋みと深みがあり、ワインにも品という物があるのだと分かるほど・・・

夕食2飲み終わったビンの中にはおりが一杯。それだけ熟成されたワインでした
白菜が沢山あったのでロ-ズマリー、タイム、ベーコンと人参を入れてブイヨンで柔らかく煮ました。

夕食1スープがこれまた・・・美味しい!
ポテトと人参サラダにはプルーンを・・・これもまた新鮮なお味でした。
お腹も気分もし・あ・わ・せディナーでした
NHKスーパーレッスン(6)
ロメオ第7回のスーパーバレエレッスンは3回に亘り「ロミオとジュリエット」第1幕のベランダのシーンでした
今回の生徒さんはパリオペラ座のロレーヌ・レヴィさん。ものすごく細い人で首も手足も長く、正にバレリーナそのもの

インタビューでは”ダイエットはせず普通に食べながら体調管理をしバレエは犠牲を伴う人生とは思わず喜びも大きい”と話していた

ロメオ2ロメオ3ルグリさんが懸命に指導していたロミオ役の生徒さんはアクセル・イーボさん

オペラ座バレエ学校で6年学び、卒業時に15人受けて3人合格の狭き門は夢への第一歩だと熱く語っていた

「ロミオとジュリエット」は二人の若き主役の為、若さと初々しさが求められるバレエ
今年松山バレエ団はこの出し物。果たして森下洋子夫妻が踊りきれるか・・・?
テニス日和
テニスコートA


















テニスコート1昨日は朝からテニス日和。腰具合も良いので何ヶ月振りかで旦那様とテニスに出かけた

腰が悪くなる三年前までは週4日、コートを駆け回った私。トーナメントで優勝カップをいただいたり、レッスンにも休まず25、6年、テニス三昧だった
コートでは懐かしい沢山の顔、顔、顔。「お久しぶり、また、来て下さい」と迎えてくれた他のチームの人達の温かい笑顔は嬉しい限り
やきそば結局集まったのはおじさん達7人と私。初めての方とのプレーも緊張しながらボールを追っかけた
ダブルスでおじさん達相手の試合だが2勝1敗。久しぶりにしては立派な成績だった~!
お昼は簡単な堅焼きそばだったので走り回るとお腹もペコペコ、汗もかく

スパゲッティ夕食の大盛りのスパゲティーが妙に美味しく、鰯のカレー味、鶏肉の蒸し物などもあっという間になくなった

アテムス旦那様が選んだイタリアの白ワイン、アテムス2005年。葡萄はピノグリージョ

ちょっとピンクがかった可愛い色。喉を通る時、苦味が少し残って個性的
スポーツのあとはお料理もお酒も美味しい事!
多忙な日々でした
洗車昨日は朝から暖かそうなので、映画「マリー・アントワネット」に行く前にコイン洗車場へ出かけた
スキーから帰るといつも洗車。高速道路には凍結防止剤が撒いてあるので車の裏に付いた薬を落とさないと錆びてくる

平日の八時半、スーパーの広い駐車場も洗車場も誰もいない。ここで「金を出せ!」と言われたら怖いな~と思いつつ手早く洗車。この短い足で高い踏み台に乗って丁寧に拭きあげた
九時前、やっとおじさんと兄ちゃんがきたのでヤレヤレ、ひと安心。一度帰宅。お茶をして映画館へ
列をなしている慣れない映画館でチケット購入。ここは複数の映画を上映中。映画のはしごが出来そうだ

¥1800払うつもりが、モーニングショーで¥1200、ラッキー!スタンプ6個(6回分)集めると招待券がもらえ、火曜日はメンズデー、水曜日はレディースデーで¥1000。映画館側もあれやこれやと客寄せに必死だ

映画館ではポップコーンの匂いが充満し、大の大人が飲み物と食べ物を両手に持って着席。映画の途中で氷の混ざる音。迷惑!
二時間ほどの上映時間、少々我慢すればと思うけど映画館側も商売か・・・色々と売っている。フロアーで食べるのは良しとして上映中は持ち込み禁止にして欲しい!

ホンワカ~とした気分で明るい外へ。旦那様の為にビールや食料品の買い物。4時から生徒のピアノレッスン。その後夕飯の準備、夜遅く旦那様のお迎え
昨日は盛り沢山の忙しい一日でした
マリー・アントワネット
アントワネット1

















1755年11月2日誕生。政略結婚の末悲惨な生涯を閉じたマリー・アントワネット
6、7年前、姉達と訪れたベルサイユ宮殿の彼女の部屋はとても煌びやかで可愛く美しく、当時の優雅な生活が偲ばれ、小さなベットの可愛い花柄が印象的でした
映画、マリー・アントワネットは何が何でも見たいと思い、初めて一人で映画館に・・・

歴史的背景はちょこっと顔を覗かせるだけ。ベルサイユ宮殿の荘厳で豪華なお城の中で夫婦愛もなく、中傷の多い窮屈なマリー・アントワネットの私生活。お世継ぎ問題、夫婦愛、親子愛など人間味溢れる内容でした

マリーアントワネットA


















両えくぼの可愛い主演のキルスティン・ダンストは胸の大きく開いたドレスのどんな色でも良く似合う素敵な女優さん
可憐であどけない少女の笑顔から王妃の気高さを備えた初々しい新妻マリーアントワネット3への変身振りには驚かされ、子供達には母性愛に溢れる眼差しで的確に役柄を演じていました

チェンバロ、オペラ、声楽と静かで優雅なクラシック音楽が流れる反面、マリーの荒々しい心境の変化を表す場面ではビートの効いたロック調の音楽が使われその効果は大。”なるほど・・・”と感心しながらリズムを刻むほど・・・

マカロンやチョコレート、リボンやフリル、レースのついたドレス。どれを見ても可愛くて夢のような別世界!監督ソフィア・コッポラ女史ならではの映画なのでしょうか・・・
朝食メニュー?
ふくろう朝九時予約、昨日は四ヶ月ぶりにパーマをかけました。ヘアースタイルが決まらないとお化粧も外出も何をするにも嫌になりますが、やっとパワフルな自分に戻ったような気がします
午後からは例の女医さんの歯の治療。やはり体に力が入って・・・嫌なものです

日曜日にスキーから戻っても旦那様は出張続き。昨日は疲れた顔で一泊の関西出張へ
相当疲れているのでしょうが”疲れた!”とも”しんどい・・・”とも言わず自分で下着など用意しているのを見るとちょっと可哀想になりました
男の人って偉い!本当に偉い!ご苦労様です!
この週末は体をゆっくりと休めて来週の八甲田山スキーに体調を整えないといけない。今夜は体力が付きそうな夕食を用意する事にしましょう

和食昨夜はまたまた私一人の夕食でした。自分の為には何も作りたくない私。冷蔵庫の残り物で簡単に済ませました

もうそろそろ鯵の干物が賞味期限。もずくと納豆、茶色くなった残り物の大根は味が滲みてグットです。キャベツとわかめのお味噌汁には珍しく 心がホッと和みました
やずやの試供品の発芽十六雑穀は癖になりそうなお味でしたが、テーブルの上はまるで朝食メニューでした
ナンバーディスプレー
ファクシミリ

















このところ日中に迷惑電話が良くかかる。忙しく家事をしている時、お昼過ぎのゆっくりしたい時間、夕飯の忙しい時などなど・・・
墓地の勧誘(もう間に合っています)
リフォームの営業マン(もう終わりました)
株上場の予定と言う会社(予定は未定)

子機もう電話の音を聞くのも腹が立つ。ストレスが溜まった。もうこれしかない!
ナンバーディスプレー・・・116番にかけてNTTと契約。月々¥420、工事費¥2100。
我が家のファクシミリには電話番号表示 、名前表示、着信鳴り分け、迷惑電話防止、非通知着信拒否、公衆電話拒否、着信履歴の機能があり、ナンバーディスプレーを予約するとこの機能が働いてくれる

もっと早く契約すれば良かったのだが、そんなに切羽詰ってもいなかった。やれやれこれでちょっとは気持ちが楽になるか・・・と思いきや親機と子機それぞれに知人の電話番号の登録に時間がかかった
すべて私関係の人ばかり・・・

写真のサイズを大きくする事を教えてもらった。できた~ぁ!ヤッホー
一人の夕食
夕飯1スキーから帰って代謝率が良くなったのか体重が1.5kgも減っている。それに今日はプールに行ったのでお腹周りはペタンコ!イェ~ェ

旦那様がスキークラブの幹事会で夕食は私ひとりでした(ちょっと、嬉しいな~?
夕飯は前夜の残りの鶏肉のフライ。少ない油で焼いたのでちょっと焦げちゃって・・・

夕飯2しわくちゃになりそうな大根を何とかしなければとしいたけ、さつま揚げ、こんにゃくのごった煮

ほうれん草も早く使用しなければとお浸しに・・・こんにゃくをご飯代わりにしっかりいただいた

ひとり静かにいただいた簡単な夕食でした

NHKスーパーバレエレッスン(5)
3人先週火曜日のスーパーバレエレッスンを見るのを忘れ日曜日の再放送をDVDに・・・一週間遅れのアップになってしまいました
前回に続き「眠れる森の美女」の最後のレッスンは3幕のコーダのデュエット。
いつものようにルグリさんの細かい指導。難しいテクニックの前には顔も体も硬くしないで同じ表情で踊る
バレエ2事。(う~ん、構えちゃうのよね?どうしても・・・)

早いテンポも柔らかく、正確に踊る事は大事だがいつもチャーミングに・・・(余裕があればできるかな?)
デュエットの時の回転は数を合わせてポーズはきちんと止まる事

バレエルグリさんはルドルフ・ヌレエフさんに師事したダンサー。

「完璧を求めて練習し探求する事、長く踊りたければ謙虚さと忍耐力を持ってきちんと練習に励む事」と厳しく指導されたと言う

芸術の世界は100点がない。完璧を求め常に自分と闘いながら頂上を目指さなければいけない厳しい世界

一握りの才能ある限られた人達、その影には毎日の人知れない弛まない努力があるのだと重々分かっている事をまた改めて教えられたレッスンだった

音研 初定例会
ヤマハスキーから帰宅した昨日は音楽関係の人達との会合。大洗濯と掃除を手早く終え、集合時間に遅れないようにと急いで出かけた

会員制のヤマハの練習室ホールで今年初めての音楽研究協会の定例会
このホールは店の奥にあり二台のピアノも設置され、小さなピアノ発表会もできるほど人気のホール
平日以外の予約は難しい。ちょっと響きすぎる所もあるが無料なので贅沢は言っていられない

希望者による演奏、ベートーベンのピアノソナタ、声楽では中田喜直さんの作品から二曲。「夜店の歌」と言う可愛い歌だったので勉強してみたいと楽譜をいただいた
演奏が終わると、今年の役員さんを中心にコンサートの企画を立てる事から一年の活動を皆で話し合った

私が入会して10年ほどだが今年は結成20年目。何かまとまったプログラムをと考えているがメンバー9名の(ピアノ4名、声楽5名)意見はなかなかまとまらない

あーもやりたい、こーもやりたいと高い理想は良いのだが、忙しいメンバー達には現実とのギャップが大き過ぎて、実現するには難しいものだとつくづく感じた

でも音楽する事を楽しみ、音楽を愛するメンバーの事だから秋には素晴しいコンサートが開かれる事を期待している



初滑り 八方尾根スキー場(2)
スキークツ今シーズン初めてのスキー。5時出発!真っ暗な八王子バイパスから中央道へまっしぐら
夜明けと共に白くお化粧された信州の山々が目の前に姿を現した。いつもシーズン始めは何となく気が乗らない私も頭の中はもうすでにゲレンデを滑っている
10時にはリフトで山頂へ。今年の雪はやはり少なくブッシュや石が顔を出す。昨年の復習をしながらまずは軽く足慣らし。ヤッホー!

シルバースターいいねいいね?体は軽くちゃんとそりに乗っている。板が斜面をとらえきちんと左右の足の体重移動も出来ている

昨年はカナダまで行き旦那様より多く14日間も滑った私。ちゃんとその結果が出ているようだ。カナダの若いコーチは「体は高く、前傾姿勢で・・・」と口を酸っぱく注意された事が身についてきた。イェ~!イェ~!イスタンブール
我がコーチ、旦那様も「良く滑っているけど・・・、両手をもっと前に」と。あぁ、忘れていた。私は両手がすぐにバラバラになる。反省反省。でも我がコーチは初めて褒めてくれた。よっしゃ~!

遅めのランチは食堂が空いた1時過ぎ。昔は乾いた喉に冷たいビールを飲んでいたがこの数年、酔っ払いスキーは危ないのでビールは夕食までおあづけ!今は飲みたいとも思わなくなった
アミノバイタル体が重くなると滑りに影響されるので軽くサンドイッチなど。今回は兎平のゲレンデの”109”でトルコのおじさんがやっているイスタンブール・キッチン。
バスケット型の皮にキャベツが一杯入り鶏や牛の薄切りが乗っている。大きな口を開けて食べないといけない若者向け。夫婦してフガフガ・・・
あとはチョコやキャンディー、アミノバイタルを飲んでまた夕方遅くまで滑りっぱなし。駐車場ではポツンと愛車のフォレちゃんが待っていた
八方スキー場のお宿
今回の八方のお宿はネットで見つけたみなみ家さん。お若いご夫婦が笑顔でサービス。こじんまりしたとても感じの良いお宿でした。
またゲレンデから2、3分で分かり易い場所。広い道路からすぐに駐車場に入れて便利でした
お風呂も温泉で露天、家族風呂とあり、女性は好みの浴衣が選択でき私も花柄の可愛い浴衣でルンルン
お琴の音色でもう一度お正月気分。掘りごたつ風の食卓で美味しいお料理が次から次へと運ばれました
スキーを楽しみ+お値段の割りにこれだけのお料理が出るのも嬉しい事でした

食事1食事2(左)林檎酢梅酒、数の子、黒豆、鮪南蛮、蛍鳥賊、金柑などお正月が戻ってきました

(右)信州サーモン、トロ蒟蒻の刺身・・・どちらも美味しかったです

食事3食事4(左)茸とつみれの鍋・・・お出汁が良くでておいし~い!

(右)蛤の茶碗蒸し、川あおさ汁


食事5食事6(左)ちょっと珍しいヤマメの一夜干し

(右)冷物として胡麻豆腐、大きなじゅんさい、いくらが可愛く乗っていました
お酒は冷酒で「大雪渓」

しょくじ7食事10(左)かぶら蒸し・・・薄味のお味で中には蟹が入っていました

(右)納豆酵素麺おざんざ・・・白っぽいお蕎麦でした

食事9朝食(左)玄米ブレンド、野沢菜醤油漬け、小女子佃煮と味噌汁

(右)朝食 鮭の塩焼き、温泉たまごなどもうお腹が一杯!ご馳走様でした!
初滑り 八方尾根スキー場(1)
兎平

















は~い!ただいま~!八方尾根スキー場から元気で帰宅いたしました。お天気も良く暖かく汗ダクダク。まるで春スキーのようでした。八方スキー場
写真は八方の名物、兎平の大きなこぶ。ゲレンデに立つと下から見るよりはるかに大きなこぶです。ここを四苦八苦しながら滑ります。
ゲレンデはやはり雪が少なくところどころブッシュが見え危なくスキー板の裏に大きな傷をつける所でした。五竜鹿島槍栂池

白馬三山や栂池(写真右)五竜鹿島槍(写真左)が手に取るようにくっきりと美しい姿を見せ、スキーヤー達の感嘆の声があちこちに響きます

ジャンプ台

















広い駐車場からは長野冬季オリンピックであの原田選手が泣いたジャンプ台を見上げる事ができます。


全豪テニス
今年もいよいよテニス界が動き出した。15日から始まった全豪テニスももう3回戦
杉山は調子が良いといいながらランキング68位のヤキモアに2回戦で敗退。どうなってるの~?

テニスラケット3回戦にあのマルチナ・ヒンギスと対戦する23歳の中村藍子。彼女のプレーは勿論、見た事はないが強気でベストを尽くしてくれるだろう

婚約したクライシュテルスは今季限りで引退、昨年11月にヒンギスも婚約。ルンルンの二人は好調のようだ

女子では昨年の覇者モレスモ、元チャンピオンのセリーナ、シャラポワ、デメンチェワが3回戦に進み、男子では王者フェデラー、ロディック、ナダル、ナルバンディアは順当に立ち上がっている
全豪が終わればすぐ日本の東レパンパシフィック全仏全英全米へと世界中を飛び回る忙しいツァーが続く
TV放送がないのが残念だが、新聞などでそれなりに楽しめそうだ

今から銀世界へ向って出発です!初滑り!ヤッホー!それでは行ってきま~す
三段のお重箱
重箱旦那様が結婚のお祝いにと友人からいただいた華やかな三段のお重箱。塗りではないので気にすることなくガチャガチャと使ってきたがお正月を35回も迎え少し傷んできた
一昨年の暮れ辺りから「そろそろちゃんとした塗りを・・・」と探していたがお正月明けの高島屋のセールで越前塗りの18cmの鮮やかな朱色の無地の重箱を見つけた
本当は手入れも簡単な陶器の重箱が欲しかったのだが持つのに重く断念した。二重か三重か、最初に目に付いた朱色かスタンダードの黒っぽい物か、頭を捻りながら売り場を何度も行ったり来たり
重箱2そのうちベテランらしきスタッフが来て「無地なら一段でも二段でも幅広く使え、おめでたい時は赤もいいですね?重の中が黒なのでお料理も栄えますが・・・」とごもっともなアドバイス。最初に目に付いた朱色に決めた
在庫がないので後日配送され開けてびっくり!小豆色。私を虜にしたあの”朱色”はどこへ行った?
”間違いか・・・”と問い合わせると「漆塗りは空気に触れて色が変化し店頭に並べていたものは日数が経っているので赤い色に変化しています。説明不足でした」と謝っていた
”塗り”に対して不勉強な自分がいけないのだが本当にこの小豆色があの朱色に変化するのか?ちょっと信じられない
お正月にしか使わなかった重箱。思えば勿体無い事。”早く朱色になって!”と普段から使ってみる事にしよう
売り切れ 御免!
納豆過日、スーパーの納豆売り場に行くと「生産が間に合いません。ご迷惑をお掛けいたします」とお詫び状

それも小粒の納豆の場所だけがスッカラカン!今度は納豆。どうせ”あるある大辞典”か”おもいっきりTV”の影響だろうと察しがついた

以前”ダイエットに効果大”と”あるある・・・”で報じられスキムミルクが4、5ヶ月売り切れ。パン作りにも仕方なく再発売を待った  またまた品切れ

一昨日のおもいっきりTVでは”みずみずしいお肌に”と何やらゴチャゴチャと喋っていたのでちょっとメモした
28日周期で生まれ変わるお肌。その三大栄養素はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が必要だと言うのだが、その為には200ccの牛乳に小さじ2分の1の胡椒を入れ、1日3回、食間に10日間飲み続ける事
大豆食品の中でも一番アミノ酸が多い高野豆腐の摂取。そして毎日100ccのビールを飲めばプルンプルンのお肌とか・・・
へ~?今度は胡椒と高野豆腐がターゲット・・・手を替え品を替えて女性の弱点を猛攻撃!
ちなみに牛乳に胡椒、エキゾチックなお味でした
柔らかい頬ッペ、プルプルの赤ちゃんようなお肌をお望みの方はお試しあれ~ぇ
コーラス初練習
楽譜今日はコーラスの初練習日でした
新しいメンバーが楽しめる曲をと思い松田聖子が歌った「瑠璃色の地球」と磯部叔作曲の「時無草」を選びました
前回、ピアニストの方がパート練習をしてくださっていたのですぐにコーラスに

ピアノ1以前、二曲とも発表会で歌った曲でしたが、旋律やリズムのややこしい所は忘れている所が多く、注意しながら何とか最後まで合わせる事ができました

12、3人の参加でしたが久々のコーラス。歌うのもメンバー達とのおしゃべりにと楽しい時間
今年も彼女達と大いに歌い、大いに笑って発表会に
おせんべい向って突進です!
メンバーの一人から大阪の播彦の「花はんなり」という香煎をいただきました

季節の可愛いお花が焼かれていて”はんなり”の言葉通り華やかで陽気で優しいお煎餅です
血圧上昇
血圧計2、3日前から頭痛を覚え胸がムカムカ。”血圧?150くらい?”と血圧計を出してきた血圧の正しい測り方
最高が131・・・大した事はないが普段から105~110と低い私。少しの上昇が応える

今年は暖かく体調も良かったのだが、年末年始の疲れも出てくるのだろうか、昨年の同じ日に医師に診てもらっている。やはり油断はできないものだ

今から思うとここ最近何事にもイライラしている自分に気が付く。特に旦那様が”電気をつけない、消さない。戸締り、ガスの消し忘れ”などがあるので私はそのチェックに金魚のフンのようにあとを追っては尻ぬぐい。結構ストレスも溜まっている

血圧が上がるからイライラするのか、イライラするから血圧があがるのか・・・一年中高ければ降圧剤を飲み続けるのだが、この寒い季節だけと言うのも始末が悪い
症状に気をつけながら薬を服用し、見ざる言わざる聞かざると暫くゆっくり怠惰に過ごす事にした
阪神淡路大震災
ゆりとききょう平成7年1月17日、マグニチュード7.3の直下型地震が阪神淡路を襲ってからはや12年も経つ。早いものだ。

あの朝、いつものようにつけたTVのニュースでは真っ暗な空にもうすでに赤い炎が画面いっぱいに広がり、時間が経つにつれてとんでもない大惨事が起きたのだと知らされた。

崩れ落ちた高速道路、ペッシャンコになったビル。切れた電線や瓦礫の山。画面で見ていても自然の力の恐ろしさが伝わってきた。
大阪の姉の長男は灘区、二男は食料を積んで途中迄バイク。それからは歩いて兄一家の元気な顔を見たという。
当時長田区、生田区、西宮、芦屋の音大の友人宅もほぼ半全壊。宝塚の下宿先も再建され皆さんお元気で過ごされている。

震災4、5年後経ち郷里に向う途中、山陽本線の車窓からは芦屋、加古川など線路沿いに多くのプレハブ住宅が立ち並び復興の遅さを目のあたりにしたが、その後、良くショッピングで歩いたセンター街や三宮駅など元気な神戸を取り戻しつつあったのをこの目で確認できた事は嬉しかった。

幸い私の知人で亡くなった方はいないが、ご家族や友人を亡くされた方々はその悲しみ、悔しさをどこにもぶつける事もなく過ごされてきた事だろう。

6434人の犠牲者のご冥福を祈りながらいつ襲ってくるかも知れない地震、もう一度防災について考え直した日だった。



八景島シーパラダイス
水族館水族館2昨日は娘親子と念願だった八景島シーパラダイスに行ってきました

プレジャーランドの乗り物や施設・設備のメンテナンス期間と平日なので人はまばら
お陰で綺麗な魚達や悠々と泳ぐ鮫、エイなどをゆっくりと観て回る事ができ三歳の孫は大喜び

かさごあしか私が何よりも楽しみにしていたアクアミュージアムの海の動物達

アシカ、セイウチ、イルカ、クジラがスタッフの人達と息の合ったダイナミックなジャンプ、輪投げ、ボール投げなどの数々の芸を披露
良く訓練された芸達者なおりこうさんばかり

あしか2しろいるか中でも四頭の白イルカがとても可愛くてチャーミング。お愛想を振りまいていたのは印象的でした


イルカジャンプショーのフィナーレは全員が勢ぞろい。プール狭しと泳ぐは・・・飛ぶは・・・と目の前で繰り広げられる大技に大拍手

深い水中の様子も透明なので良く分かり楽しさも倍。飼育係の人達の多くのご苦労の成果もあり兎に角、素晴しい完璧な演技でした

昨日は孫よりバーバの方が感激しながら楽しんだショーだったかも知れません
写真が小さいですが、クリックしていただければすこし大きくなります
お年玉付き年賀はがき
切手2昨日の新聞にお年玉年賀はがきの当選番号が発表された

一等は3泊4日のハワイ旅行、国内旅行、ノートパソコン、DVDレコーダーなど5点から1点選択
二等は各地の特産品、三等は切手シートとあるがいつも調べる番号は下二桁から・・・

切手1昨年は切手シートも一枚も当りがなくがっかりしていたが今年はラッキー!三等が四枚、早速ゲット!三割近くの確率でした

子供の頃は毎年、切手シートも7枚、8枚と当選率も高かったが今は発売枚数が多い為か確率がもう~んと低く楽しみも少ない
ま、四枚当たっただけでも「こりゃ~、春から縁起がいい」と喜ばなくては・・・
一等・・・・157788、457190
二等(下四ケタ)5161、7093、7485、9614
三等(下二ケタ)64、79
当選番号はAB共通。引き換え期間15日~7月17日(私のバースデー)迄です   
音の世界へ
CD2我が家のオーディオ類も20年以上前の古い物。そろそろ換え時期かと旦那様はまずCDプレーヤーとヘッドホーンを購入した

古いCDプレーヤーはディスクホルダーがセットしても動かなかったり、音が出なかったり、旦那様はもう諦めて時間をかけてあちこち資料や視聴をしてやっとDENON-1650Eに落ち着いた

ピンからキリと随分と価格の幅があり我々庶民ではこの程度のランク。ヨ○○シの店頭より一万円安く、ポイントも付くのでネット販売で購入
高音が随分と伸びやかで音楽が豊かで優しく聞こえる。フロントパネルのデザインはいたってシンプルで非常に美しい
ヘッドホーンヘッドホーンは昨日の日経にも推薦されていたオーディオテクニカATH-A900。耳にすっぽり入って頭部を挟む力が弱く長時間使用に耐えられるとか・・・
ヘッドホーンによって音質が変わると音楽まで変わってくるからヘッドホーンとても侮れない大事な物
以前の物と聞き比べると音が団子にならず鮮明で柔らかいと旦那様はにこやかに言う
次はスピーカー、その次はレコードプレヤーと予定しているらしいが、最近のオーディオの音の良さを心待ちにしている
家事にも時間にも誰にも邪魔されず一度ゆっくりと音の世界を楽しみたいラフォンさん

昨夜のワインはエノテカの通販で買った2005年、ラフォンさんが南フランスで作っているワイン
ラベルはパンチの効いたメキシコ風。葡萄の種類はピノノワール。ブルゴーニュに負けない香とお味
値段の割りにボディーがしっかりしたところはさすがにラフォンさんでした


東京文化会館
文化会館1文化会館2いつもサントリーホールでのコンサートが多く上野の東京文化会館へ出かけたのは何年ぶりだろうか
考えてみればここが一番交通の便が良く、電車1本で行けて改札を出るとすぐ目の前
リニューアルされた上野駅の構内にも東京文化会館の中にもレストランなどあり、ゆっくりと食事も楽しめる
収容人数も多く音響も良いホールだが、昨日の三階の左の席は舞台を見るときは少し左向きにならないと見えにくく、オペラが終わった頃には首に負担がかかっていたのが良く分かった

最近建設されたホールなら舞台に向って負担のない姿勢で長時間座れるように椅子が配置されている。全シートなど張り替えていたのだからこの席だけの椅子の配列を考えてもらいたかった

バッグチョコ買いはしなかったが売店で見つけた”のだめカンタービレ”のピアノの鍵盤のバッグ
TVを観ている時から気になりヤマハでも探したがやっとここで見つけた
フェルトで結構大きなサイズ。マチも広く¥7770と高~い!
昨年の残り物?モーツアルトのチョコレートがまだまだ山積みでした
*携帯画像、やはり写りがいまいちです・・・
全国大学ラグビー決勝戦
ラグビー今日、土曜出勤の旦那様の為に昼間の大学ラグビー決勝戦、六年連続の早稲田対関東学院をDVDに撮り、旦那様は夕食をいただきながら観ている
私が見ていても試合開始からラインアウトが取れない早稲田には不安を抱いた。常に関東学院が優勢
早稲田が負けた事はもう知っている私。結果を言ったらがっかりするし叱れらるので黙っているがこれも辛い
結果は二回の三連覇挑戦の関東学院が優勝。我らが早稲田は史上二回目の三連覇を惜しくも逃した
記録では1982年~84年に平尾や林、大八木が活躍した同志社大学が明治大学、日本体育大学、慶応大を退け史上初の三連覇。ラグビー史に残る素晴しい成績だ
伊豆ワイン33年間選手と戦い続けた関東学院の春口監督は”打倒早稲田、明治”と今日まで頑張って来られた。今日は悲願達成の最高の日だろう
今度は社会人相手の日本選手権。楽しみにしていよう
それにしても今日のレフリーの下井さんは終始冷静で決勝戦にふさわしいとても素晴しいジャッジで観ていても気持ちが良かった
今夜のワインは娘のお土産の伊豆のワイン。カベルネソービニヨンで香も味も良いワインだったが、早稲田が優勝していたらもっと美味しかったかも・・・
歌劇「ランメモールのルチア」
ルチア年末にのぶちゃんから「ベルガモ・ドニゼッティ劇場のオペラ”ルチア”の招待券が当たったので一緒にを見に行きませんか?」と嬉しいメール
オペラなんて久しぶり。ダブルキャストでお昼の部。昨日いそいそと上野文化会館まで行って来ました
オペラ「愛の妙薬」や「連帯の娘」で有名なイタリアのドニゼッティの作曲
ルチアの兄の政略結婚で恋人エドガルドと引き裂かれた末、逆上して夫を刺殺。自らも命を落としそれを聞いたエドガルドも剣で胸を突くと言う悲恋

このオペラの聴き所は何といっても三幕、髪を振り乱し気が狂っても恋人エドガルドの思い出を胸に歌うルチアの「彼の甘い優しい声が聞こえたの」というアリアでしょう
楽譜この大アリアはフルートのオブリガート(助奏)でコロラトゥーラ・ソプラノの真価を発揮する名曲。楽譜を見ると細かい音符が沢山並んでいて見ただけでも頭が痛くなりそう
S席でも3階左1列目。序曲からオケーストラがガンガン響き渡ったが、ルチア役のヴァレーリア・エスポージトは高音部は良いとして低音部が響かず聞きづらく、ちょっと声量不足。しかし聞かせどころはきちんと押さえていたのはさすがプロ
それにくらべてエドガルド役のロベルト・デ・ビアージオの艶のある声とオーケストラにも負けない声量は会場の隅々までしっかりと届き、カーテンコールでは割れんばかりの拍手と口笛
簡単な舞台セットやモノトーンの衣装だったが近頃流行の斬新な演出ではなく、観客に意図するものが伝わり好感が持てた

久々のドニゼッティ、久々のオペラそして東京文化会館。朝からのぶちゃんと笑い通しの楽しい一日でした




逃亡者(のがれ者)おりん
おりん2昨年10月からTV東京の九年ぶりの時代劇「逃亡者(のがれ者)おりん」を楽しんでいる
「九代将軍家重の時代。暗殺組織”手鎖(てぐさり)人”の一員だったおりんは、闇の世界から逃亡。死産のはずが、生きていた娘に会うため旅に出る」というありふれた筋
ちょっと山口百恵さんに似た主役の青山倫子の三度笠姿や立ち回りが格好良く、それ以上にスリムな体に現代的な黒の衣装が魅力的
凄みのきいた顔の悪人共を女だてらにバッタバッタと切り倒す。観ている方も胸がすく。哀愁をおびた挿入曲と現代的な終曲はギャップがあってこれもなかなか楽しい
おりん1
旦那様は「今夜はおりん、もう始まるよ?でもしょうもないないドラマ!」と言いながらチョロチョロと画面を見ている
特に立ち回りで片肌を出した黒い衣装になった時は鼻の下が何センチか伸びているような・・・
レギュラーに宅磨伸、榎本孝明、梶芽衣子。これま
おりん2でゲストとして小林稔侍、柳葉敏郎、西村和彦が出演
子供に逢う為の長い道中、身に降りかかる危険や無常な敵と戦いながら周囲の人に助けられ、人の温情に胸打つおりん

最後は子供を腕に抱きハッピーエンドになるのだろうが、おりんの旅はこれからもまだまだ続く。やっぱりしょうもないか・・・
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.