野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

新しいお稽古ごと

お皿
完成品のお皿
            
絵付け3 焼く前のお皿

7月にのぶちゃんの紹介でお皿の絵付けの一日体験。その後憧れのあったものの、続けられるかどうか、果たして自分に合っているのかどうか不安だったが、兎に角楽しい時間なのでエイヤ~!と先日、本格的に入門してしまったむっ
先生が焼いてくださった下絵のお皿が完成。落ち着いた紫色がこんな鮮やかなピンクに変化して一段と可愛くなり、改めて奥の深さを実感 sc03

先日は涼しい日なのになでしこの花びらや葉っぱの細い線が思うように描かれず冷や汗の連続むっ  
   
135

丸いお皿に葉っぱや1つのなでしこ、2つのなでしこなど描いて練習するが数が多くなると難しい。でもこれがすべて基本なのだと言い聞かせて・・・考える
四角いお皿に色粉を出してパレットでオイルと混ぜるが、この分量も慣れないと絵の出来不出来に関係し、下絵の書き方、筆の使い方で花や葉っぱの感じが生きるか死ぬか、大きく作用するむっ 

何年か先に大皿1枚と銘々皿2枚を作り、旦那様と食事時に使えたら最高!・・・と憧れを感じつつ船はゆっくりと走り出した

道具

私の好みを良く知っているのぶちゃん、夏休みにスイスで暮らしたお土産は色も鮮やか、可愛いエーデルワイスのチロリアンテープ。素敵な紙袋に入っていましたトールローズ

チロリアン 
             
kamibukuro




鉢伏高原~高ポッチ高原へ

浅間温泉をあとに帰路の途中で鉢伏高原から八ヶ岳信中国立公園高(たか)ポッチ高原へ。山にはススキがみられ秋の装いに変わりつつありますが、日差しはまだまだ強いものがありました。
       
            すすき

1664mの高ポッチ山からはるか下界には諏訪湖が薄っすらと・・・。山の空気の美味しい事!
                
           諏訪湖

夏のお花はもう終わりのようでしたが、それでも可愛いお花が・・・。

ユウスゲ  ピンク
ユウスゲ

白  ハクサンフウロ ハクサンフウロ

マルバタケブキ 白花
マルバタケブキ

トンボ 水引 キンシミズヒキ

アザミ  アザミと蜂 働き者の蜂や赤とんぼが・・・

赤 紫

黄色 ユウスゲ1

ネラの卵

浅間温泉「別亭 一花」の朝食はユニークな内容だった。どこの宿でも出される定番の海苔や卵焼きは無い。まず目を引いたのが藁の上に置かれたこの可愛い卵。
何でも西脇ファーム直送で吟味された餌で勝手気ままに暮らしているというネラ鶏の温泉卵。
つい先ほど産み落とされたかのような錯覚に陥りそうだった。上手に割って器に入れると黄身の色が随分と濃いような気がした。

            neranotamgo

前日の夕食が遅かったので私はお粥、旦那様は玄米ご飯を注文。真四角の二段の箱で運ばれ、上の段にはじゃこ卸しやお漬物など下の段には煮物、焼き物が入っていた。
旦那様と二人、まるで”おままごと”をしているような楽しい朝食でした。
            
            朝食

            お粥

「スペードの女王」の音楽と演出

チャイコフスキーの「白鳥の湖」「胡桃割り人形」のバレエ曲、ピアノコンチェルトはお馴染だがオペラは初めての事。
小澤征爾がオーケストラに求める音は天井桟敷までも高々と響き渡り、唸りながら揺さぶられながら、ロシア特有の憂鬱そうな暗い空や人々の生活が想像できるほどだった。

また劇中劇としてイタリア・オペラ的なモーツアルト風の間奏曲も取り入れられたが何の違和感も無いのはさすが、チャイコフスキーと感心した。

舞台の両端には字幕が出るが聴き慣れないロシア語も流れるようでとても美しく、耳には優しく響いたのを覚えている。
           puroguramu

ソリストや合唱、小澤の音楽のは素晴らしい!のひと言だが今回目を見張ったのは演出家のデヴィッド・ニースの力量。彼は2000年に立ち上げられた小澤征爾音楽塾プロジェクトのメンバー。

メトロポリタン歌劇場と同じ演出というが光と影、陰と陽の見事な使いこなしは歌手の心理状態、心の動き、体の動き、場面の移り変わりをすべてが計算された素晴らしい演出だった。

音楽といい、演出、衣装、照明などすべて申し分ない素晴らしい舞台にただただ溜息を繰り返しながら会場を後にした。



歌劇「スペードの女王」

アレキサンドル・プーシキンの短編小説「スペードの女王」を元にチャイコフスキーが1890年、このオペラを完成させた。
   オペラ

          オペラ1

*あらすじ*
「スペードの女王」というのはトランプに絶対勝つ秘策を知っている老伯爵夫人のあだ名。
孫娘リザと恋仲であるヘルマンはその秘密を夫人から聞き出そうと脅迫するが心臓麻痺を起こして死んでしまう。ある夜夫人の亡霊が現れリザと結婚を条件に秘密の3枚のカード3、7、エースを教えるが、リザはゲルマンは金儲けの為に自分を利用したのだと悲観して川に身を投げる。
賭博場で夫人の教えどおり2枚目のカードまでは勝利を得たゲルマン。全財産を賭けて3枚目の切り札エースを出したが”スペードの女王”が出て完敗。その直後、夫人の亡霊が現れ約束を破ったゲルマンをあざ笑い、彼も自ら命を絶ちしめやかな合唱と共に幕は降りる。

初めての鑑賞でもっと気味の悪いジメジメとした印象のオペラかと思っていたが3幕3場の長い上演にもかかわらず、恋愛あり、サスペンスとスリルがあるオペラに一時も目が話せず吸い込まれていった。
華やかな衣装やモノトーンの衣装で演じられるオペラは白い額縁の中でまるでルノワールの世界。またある時は映画「マリー・アントワネット」のような上流社会の煌びやかな舞踏会風景の絵画となる。

サイトウ・キネン・フェスティバル松本

旦那様が死に物狂いで今年もネットでチケットを手に入れたサイトウ・キネンフェスティバル・松本のチャイコフスキー作曲、歌劇「スペードの女王」。
指揮は勿論世界に誇る小澤征爾。楽しみにまつもと市民芸術館へ。シンデレラ姫がすばやく走り去るような素敵な階段。素晴らしい音楽の世界へと我々を誘ってくれそうな雰囲気です。

             階段

階段を上がると昨年聴いた「エリア」の写真。もう一度あの素晴らしかった歌声や合唱、オーケストラの柔らかい響きなど再び感動が甦りました。

             ロビー

今回は2階の前から2列目。中央席より少し右。4階や1階のオーケストラピッチの小澤の息遣い、オーケストラへの細かい指示までが良く分かりました。

             会場

席に着くと舞台は真っ白な額縁。これがあとの舞台や演出にとても大事役割を果たしました。

             舞台

オペラは3幕まで。中2回の休憩(25分)にはロビーに下りてこのワインをいただき、興奮してカラカラの喉を潤します。今年は昨年に比べて良いお味のようでした(特に白が美味しかったです!)

            ワイン

記念に切手を買いましたが、写真と切手のシート。昨年の¥80切手だけのほうが良かったように思います。ま、額に入れて飾っておきましょう。 

切手 切手1

今日は二歳の誕生日

<皆様へ>
忙しくて忘れるところでした。今日でブログ年齢はめでたく二歳なりました。

パソコンの難しい操作など何も出来ない私が毎日液晶とにらめっこ。最近は自分のノートパソコンまで買ってしまうありさま。

これもコメントをくださる皆様や読んで下さっている方々の温かい励ましがあればこそと心から感謝しています。本当にありごとうございます。
これからも嬉しい事や楽しい事、腹の立つことや感心した事などおもむくままに書いていきたいと思っています。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。 野いちごより

           グランドピアノ



松本のお宿

昨年の松本の浅間温泉の宿は「貴祥庵」でしたが、今年は全10室というこじんまりしたお宿の「別亭 一花」。若者に人気ありそうな今流行りのデザイナーズ旅館
神経の行き届いたサービスや気配りで良いお宿で気持ち良く過ごす事ができた苦笑

夕食1 焼きなすのごま豆腐

夕食2 たこの香草から揚げなどの前菜

夕食3 鱧の茶わん蒸し

信州サーモンや甘エビの刺身。お酒は地酒三種

日本酒 日本酒1


夕食4 黒毛和牛のステーキ
夕食5 鰻ざく

エビ翡翠 海老翡翠

湯葉の中にスズキが入って珍味でした
夕食6 夕食6A


トマト 冷たく冷やしたトマト釜盛り

soba 腰の強い手打ち蕎麦

デザート デザートは果物のバニラソース

素晴らしいオペラを鑑賞してゆったりと温泉に浸かったあとの美味しいお食事でした。いやはや天国、天国!ハート



松本のお安く美味しいお店

サイトウ・キネン・フェスティバルは期待以上の素晴らしい舞台で小沢の世界に堪能してきました♪
オペラ「スペードの女王」のことはゆっくり書きたいのでまずはお食事を・・・苦笑
朝7時過ぎ愛車のフォレちゃんで中央高速を120kmでぶっ飛ばし、渋滞に引っ掛かって四時間で山々に囲まれた松本の街に到着。昨年も訪れているので街の様子は大体把握できていた

オペラ終了は19時前、お腹が減ってはいけないとランチはしっかりといただくことにした
やまびこ道路の「満月や」。旦那様はソースカツ丼、私は天ぷら丼と美味しい丼物が¥880でいただけた。お蕎麦やすくい豆腐がついて満足苦笑
本当はビールを飲みたいところでしたがそこはグッと我慢して・・・

          ランチ1

    えび、なす、ししとう、さつまいも。パリっと美味しい天ぷらでした          
          tennpura

          ランチ2

美味しい昆布

昆布など和食に合う保存食はあまり買わない私。大阪の姉は阪神百貨店で神宗のお徳用袋を並んでまで買う人。過日、この限定数の昆布を送ってくれた苦笑
スーパーなどで買うと硬くて辛いがこの昆布は色もよく艶も良くて柔らくて美味しい!苦笑
人によっては”甘い”と感じる人もいるだろうが私好みの味。温かいご飯と一緒に食べると食べ過ぎになる端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ
姉の温かい気持ちと共に夫婦して珍味にした包みを打っている今日この頃です苦笑

          昆布


          昆布1


今日は待ちに待ったサイトウ・キネン・フェスティバル。小沢征爾指揮、オペラ「スペードの女王」を心行くまで鑑賞してきます。もうすぐ松本に向かって出発~つ。イエ~ィ!♪

リンパマッサージ

昨年、初めて知った美容家田中宥久子さんのリンパマッサージ。NHK「おしゃれ工房」で再確認
沢山は覚えられないので今、中心にやっているのが額のしわと顔全体のたるみ。”これ何とかしてよ!”と祈りながらやっている悲しい

            田中

指先の圧力は姿勢を正し肘を張り腹筋を引き締めて痛気持ち良い強さで指の腹を使う。マッサージクリームを付け3本の指で額の下から上へとマッサージ。両手で額~こめかみ~耳の前~鎖骨に流す事、3回苦笑
顔のたるみは親指の付け根のふっくらした部分で小鼻から頬骨を持ち上げてこめかみで止め耳の前から鎖骨に下ろす苦笑
目じりのしわは目じり~目頭~目の上~こめかみ~鎖骨へ。兎に角最後は鎖骨に流す事

次に洗顔・・・ダブル洗顔で汚れをしっかり落とさないとクマ、たるみ、小じわの原因になり、洗顔後もタオルに雑菌が付いている為、ふき取り化粧水で綺麗に汚れを落とす事♪
化粧水はさっぱりした保湿液の多い物を選びをコットンに含ませてタップリ使用。顔の中から外。下から上へ。美容液、乳液そして念のためにもう一度化粧水(化粧水は冷蔵庫などで冷やさず常温使用)苦笑

確かに忙しい朝でもマッサージをやれば血流が良くなり化粧の乗りも良く、何よりこの丸顔の大きな顔がアゴのラインもはっきりしてスリムに見える♪
毎晩、半導体のコロコロとリンパマッサージとの併用で”美”の追求。そんな私を横目で見ながら旦那様は少々あきれているむっ

**佐伯チズさんのおすすめ**
日焼け止めクリームとファンデーションを混ぜて使うとお化粧崩れがしないと・・・。確かにこの夏、実感しましたハート

夜のお台場

昨年のスキークラブの納涼祭は横浜の「赤レンガ倉庫」でしたが、今年はお台場。夜のお台場など夫婦してそう行く事もないと楽しみにしていました
なんとロマンチックな夕暮れ。海の表情が刻々と移り変わっていきました

             夕暮れ
             夕暮れ1
             夕暮れ2

ライトアップされたレインボーブリッジ。穏やかな海には屋形船が・・・現実を忘れそうな素晴らしい夜景でした
             
             夜景

お店はサラダバーが充実していると言うメディアージュ5階の「バルバッコワ・ステーキハウス」うっかり写真を撮るのを忘れ、写す頃にはほろ酔い気分。写真も酔っています sc03
             
             サラダ

もうひとつの楽しみは久々のカイピリーニャ。アルコール度40度と言うカシャーサにライムの絞り汁とお砂糖で割ったもの。口当たりがいいので飲み過ぎないようにワイン

             カイピリーナ

メインは牛、ラムのステーキ、塩味の鶏やソーセージ。美しい夜景を見ながら久しぶりのスキー仲間26人との楽しい納涼祭でした

デザート ステーキ

民営化よりサービス向上に

ポトス     郵便局

いよいよ10月から郵便局が民営化されるにあたって総合案内の冊子が届いた
内容はまだしっかりと読んではいないが、それよりも何よりも客への対応やサービスの向上に努めてもらいたいと思っている

ある月曜日の朝に行くとあふれんばかりの待合人。窓口の三人は仕事をしているのだがチンラタモード
カウンターに置かれた小さな携帯ラジオの耳障りな音。「大勢の待ち人やお金の計算や相談をされている人がいるのでラジオは止めてください」とお願いした
2日後行くとまたAM放送のザワザワした雑音。「BGMをかけられるのならきちんとした音を流してください」と投書箱に・・・

次に行ってもまだ雑音。「このラジオは必要ですか?」の私の質問に「待っている人が退屈するので・・」と局の人。「それなら雑誌を置くとか、音楽なら綺麗な音でかけてください。そちらはやかましくありませんか?」に対して「こちらには聞こえませんので・・・」と平気な顔
「兎に角、やかましいのでやめてください」と厳しくお願いした。今はカウンターにラジオはなくやっと静かな郵便局になった苦笑

ATMで通帳から通帳へ送金しようとしたが機械は受け付けない。10万以上は窓口扱いで印鑑が要るという考える
後日、出直すと違う人が「身分証明書があれば手続きをすればATMからの送金は50万まで可能です」という。それならそうと最初からいってくれよ~ぉ、持っていたのに・・・と腹の立つこと仕切り

ピンポーン!玄関のチャイム。「郵便局です」ドアを開けると「書留です。印鑑をお願いします」急いで部屋に戻る。ピンポーン!「郵便局です。ムニャムニャ・・」最後が聞こえない。ドアを開けると「エクスパックです。印鑑を・・」もーう!!
インターホーンに出た時に「印鑑お願いします」と言えばお互いに無駄な時間が省ける。もう5回も同じ配達員と本局に頼んでいるに・・・。何度同じ事を言わせるのか・・・。なにが民営化だ!これからはサービスですぞ!

             

恥をかかない文書術

先月の日経新聞にマナーデザインの岩下宣子さんが書かれた「恥をかかない文書術」が全4回で連載された。
近頃、電話やメールが主に活躍。手紙も書かなくなり、もう分かっている内容だろうと真剣に読まなかったが、なんのなんの・・・考える

日々草
書き言葉で一番大切なのは相手の名前を間違わない事。”華子”さんなのか、”花子”さんなのか・・・。脚本家の倉本聡さんは「倉本恥」と書かれてある手紙はすぐにゴミ箱入りらしい。(そりゃ、そうだ、ごもっとも・・・)

会社に郵送する時に「御中」をつけるがこれは「お名前が分からないのですが、その会社、その部署にいる方へ」の意。会社名と個人の名前の重複はタブー。(うん、これは分かる)

また夫婦連盟の宛名の下に「様」を一つだけ書いてもタブー。敬称は一人、一人につけるもの(うん、これもOK)
封筒の宛名に役職を書く位置は中央に一番大きな字で相手の名前を書き、名前の真上に小さな字で役職を書き、長ければ二列に(今まで右上に書いていたのでこれからは気をつけないと・・・)

~様の代わりに~殿と書く場合があるが公的な感じがするので、最近は減っている傾向。~様の「水」の部分を「永」と書けば目上の人へ、「次」と書けば同輩、「水さま」は目下の方へと言う意味合いがある(う~ん、むずい!)
最後にお礼状の事が添えてありました。自信がないからと便利な文例などに頼ると相手に気持ちが伝わらないので自分の言葉で書くと言う努力が大事だそうですトールローズ

何事にも恥はかきたくないもの。相手に笑われないように不快感を与えないように常に勉強。「いい年をして」と笑われないようにしっかりと頭に叩き込んでおくことにしましたあちゃー

全国高校野球の決勝戦

全国高校野球もいよいよ大詰めとなり、今日13時から暑い甲子園のグランドで決勝戦が始まる
今年は注目する選手も人気者も少ない中、何となく観戦していたが球児達の最後まで諦めない粘り強い精神力を見せ付けられ、ハラハラドキドキの好ゲームに感動した
            
            野球

特に決勝戦に残った広陵高校、佐賀北のこの二校には頭の弱い私だがしっかりと記憶に残っているむっ
決勝の広陵の初戦は優勝候補のあの駒大苫小牧。どっぷりと四つに組んで土俵に叩き付け、昨日の9回裏の2アウト、ドテンバで追いつかれそうになったが春優勝校の常葉学園菊川を追いやった
一方佐賀北高校は2回戦でナイターの中延長15回引き分け再試合を見事制して帝京に延長でサヨナラ。疲れも見せず最後まで夢達成にナイン達は全力投球だった
今日の決勝戦、勝っても涙、負けても涙。青春の充実した思い出は一生の宝ですハート

            日々草1              
                  ベランダの日々草とバジルが元気です

変な朝食

近くの歯科クリニックに土曜日ごとに通院し始めた旦那様。今週の月曜日の朝食の時に「あ!」っと驚きの声
詰めていた仮歯が外れたという。何とか自分ではめて出勤。クリニックが開いた頃TELすると22日まで一週間の夏休みという留守番電話の冷たい声。緊急時の連絡先も知らされない

仕方がない、この土曜日の予約日まで我慢の旦那様。硬い物が食べづらそう。肉より魚の方が良いだろうと秋刀魚や鮭。朝食もパンよりご飯の方が食べやすいだろうと用意するが、牛乳、バナナ入りヨーグルト、梅干し・・・なんだか変な取り合わせsc03

朝食

昨夜の夕食は鮭のムニエル、厚揚げ、小松菜の煮びたしに柔らかいかぼちゃのサラダ。冷たいうどんは私用。こうなればビールが一番か・・・。それでも食べづらそうな可哀想な旦那様、土曜日まで我慢、我慢!悲しい

鮭

夕食

うどん

もう 「秋味」

3月の発売から御ひいきに飲み続けている「キリン・ザ・ゴールド」でしたが、昨日、この時期限定の「キリン 秋味」を発見。ちょっと浮気をして買ってきました

昨年の味はラガーのようにコクと苦味があったように覚えていますが、今年の味はアルコール分4.5%の「キリン・ザ・ゴールド」に似たあっさりとした自然味。でもアルコール分が6%とは多い。注意しないとすぐに 酔っぱらってしまうかも知れません
               
            秋味


昨年の缶のデザインは結構あっさりとして気に入っていましたが、今年はお月さまにすすきで和風の感じ。賑やかなデザインです
ちょっと涼しくなるとこの「秋味」が俄然美味しくなるのはどういう訳かは分かりませんが、旦那様のニコニコ顔を想像すると少々重くても平気ハート
今から限定期限が終わるまで我が家のビールはキリン「秋味」です          

             秋味A

お寿司と天婦羅

テニスで走り回った土曜日のワインはルフレーブさんの美味しい一級ワイン。スール・ド・ダヌ2000年。酔いも回って早くに就寝

           ルフレーブ

昨日は洗車を終えたかと思うと今度はキッチンのレンジフードの掃除にと旦那様は忙しい日曜日でしたあちゃー
Tシャツに大きく滲んだ汗を見ると可哀想になり、ランチにお安いお寿司と冷たいビールをご褒美に・・・ 

           寿司


天ぷら大好きの夫婦。暑さにもめげず旦那様は夕食に海老、ホタテ、なす、かぼちゃ、山芋をカリっとパリっと揚げてくれました。ツボは冷たく冷やした小麦粉と氷水。鰹やホタテのお刺身も美味しくいだたきました。

           てんぷら

           てんぷら1

天ぷらのお供はギンギンに冷やしたシャンパン、ビルカーモ・サモン。辛口の香りにシャキっとしたお味。開ける時は恐ろしいくらいすごい音。それもそのはずビンの口より大きいコルク栓。オイシ~ィ!

シャンパン コルク

車のスタイル

愛車のフォレちゃんにワックスをかけたのはもう半年も前のこと。旦那様は過日から「ワックス、ワックス~ゥ」と口うるさく言うので私も昨日、やっとお神輿が上がった考える
朝日が昇ると次第に日陰が少なくなる。7時半、僅かな日陰でワックスがけ。汗だくになったがやはり気持ちが良いのは確かだ苦笑
ただ残念な事にこの洗車場が9月末で閉鎖と言う。広い洗車場では収支の割が合わないのかも知れない。ガソリンスタンドの機械は使いたくない。またどこかコイン洗車場を開拓しなければ・・・悲しい             
              
              フォレちゃん

今、街で見かける車はワンボックス、セダンにしてもどれもボックス型の四角い形が多いが、新聞、雑誌の広告で見る最近の新車は何となく丸みを帯びてきた形のように感じる
大昔人気のあったスバル360は可愛い黄金虫のようで愛嬌があったが昔に返ってきたのかな?
左端のVOLVOも以前の四角い箱型から比べると随分と丸くなった。真ん中のかっこいい赤い車、TOYOTAだが”L”マークのLEXUS(レクサス)。ちょっと高級車らしい 端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ
緑のMAZDAは1300ccのコンパクトカーDEMIO。TOYOTAのオパーに似ているがセカンドカーに良さそう♪
流行で色々と移り変わっていくが流線型で風を切り、ピーターのような駿足をイメージ出来るスタイルが一番好き!ハート

車1kuruma 3kuruma 2

テニスコート

昨日は秋の訪れを感じるような爽やかなお天気。長年通いなれたテニスコートで久しぶりに仲間達と楽しい時間を過ごしました
といっても旦那様をいれていつもの体の大きなオジサン達ばかり。できる限りのフットワークでボールを拾うか弱い私
向こうのコートから「お久しぶり~ぃ!腰は治ったの?」とわざわざ足を運んでくれるオジサンやオバサンと近況報告。ありがたいものです悲しい
コートの周りには珊瑚樹の赤い実や季節はずれの藤の花が爽やかな風に揺れていました

コート

                              珊瑚樹

藤

                              南国花

老齢基礎年金

私もあと数年で老齢基礎年金を受け取る年齢になった。先月、社会保険事務所から60歳からの任意加入についてのお知らせがきたsc03
                 
                           年金手帳

厚生年金に加入しているサラリーマンの奥さんは1986年4月から国民年金第3号被保険者。しかし旦那様が現役であっても奥さんは60歳になるとその資格を失い、40年間(480ヶ月)に満たない場合は任意加入ができるというが、それには現行の¥14100を月々納めなくてはならない端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ

バジル

これはどうしたものかと社会保険事務所や旦那様とネットで調べたが、頭がぐちゃぐちゃになり下に整理してみた考える
*40年間(480ヶ月)全納を100%ととして現在は年間¥792100、月にして¥66000の支給額。
*付加年金(月額¥400)でプラス年間¥24000の支給額。
*国民年金は確定申告に申請可能。その際1~2割の換金があるが、国民年金は毎年¥280ずつアップ。
*一年分をまとめて納めれば¥3000、ネットでは¥560の割引

大きなソロバン、小さなソロバンを色々とはじいてみると結局、付加金をつけて任意加入にすると65歳で支給され、その後8年で元は取れるという結論に達した
何とか72歳11か月までは石にかじりついてでも生きながらえなければ・・・。何だか人生の目的ができたような老齢基礎年金です。


記録的な猛暑!

この4、5日の暑さは尋常ではない。朝5時でも29度。立秋を過ぎてもどこにも秋は見当たらない。梅雨明けが遅く冷夏かと思うほどだったが、気象庁は74年ぶりに40度を越えたと記録的な猛暑

朝から気分が悪くなりそうなムンムンの空気、ミーンミーン、ジージーと一日中セミ達の騒々しい合唱。夏がドンドン加速しているように思える 端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ

               hana

涼を求めてタンクトップにショートパンツ姿。保冷剤をタオルにくるみ首に巻きつけて雑巾がけや食器洗いの水仕事をするが暑い時はどうやっても暑い、水シャワーで体を冷やす汗(だらだら)
短い髪の毛でも汗がしたたり落ちるのでピンで止めてアップにするがこの恰好、到底見られたものじゃないあちゃー

窓を開ければ外から熱風。使わない部屋はカーテンを閉めて日差しを閉ざす。デパートやスーパーも涼しくて良いが一番の解決法はプール。でも・・・行く道中が暑い、兎に角暑い!むっ

昨夜の雷雨は救いの雨、あのあと旦那様を迎えに車を走らせたが道路はもう乾ききっており、地球も喉が渇いていたのだと実感
今朝は冷ややかな東風、。少し涼しくなるというがまだまだ残暑は厳しいあちゃー

ガラス ガラス1

鹿島アントラーズ

サッカーJリーグもいよいよ盛りあっがって来た。1位のガンバ大阪、浦和レッズに続き我がアントラーズは3位に浮上。過日、イタリア、メーッシーナから帰国した小笠原光男さん事”みっつぉはん”が出場するというのでTV前にスタンバイ
彼は98年入団し小野、高原、稲本などとワールドユース準優勝に輝いた。髭を伸ばしちょっと大人になった彼の切れの良いプレーは以前にもまして光っていた。2ゴール、3-1で千葉ジェフをノックアウト
  
小笠原1 小笠原

鹿島アントラーズには 「サッカーおじさん」のジーコを始め過去外国人選手が入団し、その正確で華麗な技は日本のJリーグ発展に大きく貢献してくれた苦笑

のち清水に移籍した優しそうなサントス、かっぱ頭で人気を博したアルシンド、母性本能をくすぐるイケメンのレオナルド。忘れてはならないアントラーズ史上最も活躍したジョルジーニョ。ゴールや試合のあといつもお祈りをしていたビスマルク
誰もがアントラーズの長い黄金時代を築いた懐かしいスター達だ。残り14節。果たして我がアントラーズは息を吹き返せるのか・・・むっ



ボルドー&イタリアワイン

一昨日のワインはボルドーワイン。ランシュバージュ1996年。これは旦那様が自慢するほど素晴らしいワインでしたワイン
開けた時から香りが立って、酸味と苦味がバランス良く凝縮されたワイン。いや~、満足満足!ハート

             ランシュバージュ


この暑い日にラムシチューを作った旦那様。柔らかいラム肉は大フアン、前夜の冬瓜のそぼろは味が滲みて美味しい事♪

             ラムシチュー


昨日のワインはイタリアワイン、アテムスフレスコバルディのチチニス2004年。レッテルではなく真っ黒な瓶に直接刻まれた名前。飲むほどに味が変化し楽しいワインでしたワイン

             イタリアワイン


前夜のシチューの残りを利用して旦那様はカレーを作りました。熱い時フーフー言いながら食べるカレーは食欲が進み過ぎむっ
旦那様は今日からご出勤。暑い中ご苦労様です汗(だらだら)
             
              カレー

居酒屋の常識?

秋葉原でスピーカーなどの買い物を済ませたのはランチタイムも終わった3時端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ
お腹は減りすぎてもう何も感じない。ビールが飲みたかったので珍しくのれんをくぐった居酒屋で刺身の盛り合わせとジャンボコロッケを注文

冷たく冷やされたビールと一緒に出てきたイカの明太子和え。”お疲れ様でした”と乾杯!
周りはオジサンたちばかり。次から次へ一品料理を注文していい”あんばい”になっている   

胡蝶蘭4

レジでは「うん?金額が少し多いぞ?」と思いながら外に出てレシートをみると頼んでもいない料理がお通しとして2人分¥630が引かれている
旦那様に「お通しって?」と尋ねると「付きだしのことで座席料だろう?あのイカだよ?」と平気な顔。私はビールについて出てきた物と疑問も持たずに食べてしまった
僅かな金額だが頼みもしない料理、ましてや好みでもない料理に何故お金を支払わないといけないのか・・・押し売り行為に腹が立った

「居酒屋ではそれが普通で誰も気にしていないよ?」といかにも”常識だ!”と言う我が旦那様とは思えない非常識な言葉

男社会では常識であっても財布を預かる主婦としては許せない。こんりんざい居酒屋に行くことはないだろうが、これから頼みもしない料理が出てきたら要注意
一品、一品、目を大にしていなければ・・・むっ
この年でちょっと社会勉強をした居酒屋のランチでした 端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ



30年ぶりのお買い物

大のクラシックファンの旦那様。30年使ったタンノイのスピーカーにいよいよ見切りをつけた。この何年か研究し探し求めたスピカー。その機種の視聴に秋葉原に行くというので暑い中、お伴した

午前10時、初めて訪れた秋葉原の街は人も少なくまだ眠っていた。ラオックスやテレオン、石丸電気と色々視聴したが値段的にも落ち着いたのがヨドバシカメラ
オーケストラや声楽に合うスピーカー、軽音楽に合う物、聞く側のそれぞれの要望に応えてくれるスピーカーは多種あるがピンからキリのお値段悲しい  

         スピーカー1

予算内で色々聴き比べて決めたのはデンマーク製のB&W703。30年ぶりの買い物となったが、驚いたことにスピーカーやアンプでこれほどまでに音が違って聞こえるとは思ってもいなかった端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ
家と同じアンプ、CDプレアーに繋いでもらっての視聴。同じシリーズの704と703は音の伸びやしなやかさが俄然違う。それはスピーカーの数にもよるという。確かに703はスピーカーが一つ多い

高音の響くものや低音の魅力ある音。選ぶ方も頭が混がってくるが、最後は好みの問題となった。金属的な音は好まない、深い音の広がりを求めた末の選択だった

もうひとつの30年ぶりはレコードプレーヤー。デノンのDP1300MKⅡ。LPレコードの多い我が家ではまだまだ必需品
もう買い直す事もないスピーカーとプレーヤー。これからは充分に音の世界が楽しめるとニコニコ顔の旦那様でした苦笑

                スピーカー

帰宅してほっとしていただいたボルドーワインはロゼ・ド・ジィスクール2006年。ジュースのような奇麗な赤のロゼワイン。見ているだけでも楽しいワインでしたワイン

           ワインA

村田吉弘さんのレシピの冬瓜のそぼろ煮と蒸しなすのごまだれ。あっさりと素材の味を楽しみました♪
           なす

オオヒラタクワガタ

くじ引き クワガタ1

少し古い話だがやはり書かずにはいられない悲しい
7月の終わりに箱根の強羅公園で孫がくじ引きで大当たりしてゲットしたオオヒラタクワガタ
その場で籠と餌を買ってその生長を楽しもうとじじもばばも孫以上に喜んだ。1泊した朝も元気でゼリー状の蜜をなめていた。”よしよし!”と安心して私達も元気に大涌谷に向かった

虫かご

駐車場に来てクワガタの置き場にどうするかをハタと考えた。車中は温度が上がり過ぎ、車の下の日陰?駐車場のおじさんに預ける?どれも良い回答が出ず、結局私が持って歩くことにした苦笑

大涌谷から降りてランチの時、籠の中を覗くとあの元気だったクワガタがひっくり返って動かない。足が縮んでいる。水で少しおが屑を湿らせてやった。少し動いた。安心して海賊船に乗船。その間もずーっと私が持って様子を見ていたが再び動かなくなったあちゃー

原因をあれこれ考えたが大涌谷の硫黄ガスしか思い当たることがない。人間でも口を塞ぐくらいだ。ましてや弱い昆虫には息苦しかったに違いない悲しい
あれやこれやと考えた末に結局注意が足りなくて可哀想にも殺してしまった。帰宅後、孫とお墓を作ってやったが、何も入っていない虫籠はいまだに後悔と淋しさを誘う悲しい


色々疲れてる

真夏の強い紫外線とエアコンによる乾燥などで体ばかりでなく、髪の毛も痛んで弱ってきた(;´д` )
これまでのDOVEではシャンプーを洗い落とす時に髪の毛は絡まるし潤いも無くゴワゴワ(;>_<;)
これはキューティクルが壊れている証拠。早く何とかしなければと少々焦ったむっ

出先の宿のシャンプー剤は私の細い髪の毛は痛み易いので使わない。過日、箱根で使った試供品のアジエンスはシャンプーの時もスーッと指が髪の毛の中に入っていく。香りも良いし髪にボリューム感もでてしっとりしている。次に買うのはこれだ!と決めていた!

資生堂のTUBAKIも良かったが色が奇抜すぎて、我が家の優しいサーモンピンク色のお風呂には合わないが、ベージュとクリーム色のアジエンスは置いていても気にならない
日本人の髪の毛にあった東洋美容エッセンスを処方していると宣伝文句。何でも良いが気に入ったので暫く使う事にした(*´▽`*)

             シャンプー

電球も切れた。電球の色で部屋の印象が随分と違うものだ。四年ほど前にリフォームをした時に座敷に初めて使用した電球色の蛍光灯
座敷のタンスが落ち着いた色のためか当時、赤黄色っぽい色が昔話の貧しい農家のイメージだと旦那様と大笑いしたものだ苦笑

昼白色は自然な屋外、昼光色は青みが強く白く透明。電球色は「くつろぎのあかり」、更に明るさが5%アップしたというのでまた電球色を買ってきたあちゃー
             
              電球

スペイン&ブルゴーニュワイン

土曜日の夕飯、高校野球を観戦しながらいただいたワインは久々に白のスペインワイン、クロモンブランのソービニヨンブラン。甘い香りですが喉を通る時にはシャープな辛味が生きていて夏にピッタリのお味でしたワイン

             スペインワイン


久しぶりの海老料理。片栗粉と卵ををつけて焼き、ネギのソースをかけた物。酢が入っているのでさっぱりと美味しく、鰺のムニエルにはしそと茗荷の梅ソース。厚揚げの含め煮。いんげんが美味しい~ィ!♪

             えび

             夕飯


昨日、日曜日はロマネコンティ共同経営者のビレーヌさんのコート・シャルメーズ2004年ワイン

グラスに注ぐと薄い緑の色。まだまだ若く飲むのが可哀想なようでしたが、それなりに香りにもブルゴーニュの特徴が出て”うまい!”と唸らせたワインでしたワイン

             ブルゴーニュワイン

我が家のシェフが以前から作りたがっていた陳健ちゃんのマーボーナス
ナスにコンスターチをまぶし油通し。ひき肉をしっかり炒め甜麺醤、豆板醤で辛味とコクを出す。甘味と辛味がバランス良くご飯にかけていただいた。少々食べ過ぎの夕食でしたあちゃー

             マーボーナス

朝のレッスン

夏休みの生徒さん達のピアノレッスンは毎年、朝の涼しいうちと決めている
夕方のいつもの時間では暑い中大変だし、第一、遊びに夢中になって無断欠席や遅刻が多くなる。朝なら遅れることも無くレッスンを終えてあとは時間を気にする事も無く思う存分遊べると言うもの苦笑

プール通いで子供達は真っ黒な顔でドアを開けるが、夏休みを境に目に見えて大きく成長している。特に5年生の女の子は急に背が高くなり、言葉遣いも大人っぽく遠慮がちになってくる。レディーの仲間入りを予感するほど・・・ハート

4、5歳からママに手を引かれてやってきた彼女達。中学、高校と我が子のように成長が楽しみだが、音楽に対する感情表現も楽しみピアノ

近くの小学校は30日から登校だと言っていた。半分過ぎた夏休みだが、朝のレッスンはまだ続く苦笑

           グランドピアノ

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ