野いちごひとりごと

人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

季節は移って・・・

朝のウォーキングでふと見上げると真っ赤なお花。椿でしょうか?もう満開に咲いて力尽きそう・・・。寒さにも負けずに頑張ったんだね?(椿、山茶花寒椿?)

椿

娘がメールで送ってくれた可愛い梅。春の陽ざしに喜んでいるようです。季節は移り変わっていくのですね?大きな力をいただきながら・・・。

ここ2、3日は暖かい日が続きそうで行楽日和の予報。今から赤倉スキー場に雪を求めて出かけます。皆様も楽しい週末をお過ごしください。行ってきま~す
                               梅A


絵柄なでしこ 卒業!

昨日の絵付けのお稽古でクリスマスバージョンのような4枚目のお皿が仕上がりました。この単純な葉っぱのチェーンの模様が今までで一番描きやすかったように思います苦笑

               チェーン

なでしこのブーケ。いつもながら下絵を描くことが苦痛でしたが、ゴールドで描いた小さな3枚葉が上手だと、先生とのぶちゃんがべたほめ・・・。いい気になって沢山描くと私好みの派手派手に・・・あちゃー
先生に窯で焼いていただくと5枚目の作品が出来上がり。次回のお楽しみです絵文字名を入力してください

                    お皿A

なでしこの絵柄はこれで終了。いよいよ憧れのミニバラの練習にはいりました。左上に先生がお手本に描いてくだり、参考にしながら練習考える
葉っぱの角度によってバラが生き生きと見えたり、枯れそうに見えたり・・・。正直なものです四葉
筆使いによって色々と表情が違ってくるのでもっと研究しなければ・・・・。あれこれと課題が見えてきたことは一歩前進!頑張ろう!トールローズ              
               
               バラ皿

卓球ってすごい!

卓球世界選手権団体戦が中国・広州で行われているが、連日、旦那様と福原愛、平野早矢香、福岡春菜、初出場15歳の石川佳純選手達の活躍を楽しみながら観ている。
チェコ、オランダ、韓国を苦しい初戦から打ち破り4戦全勝。立派な成績で決勝トーナメントに駒を進めた。

福原 福原1

旦那様は中学~大学時代と卓球一本。試合を観ながら「よし!頑張れ!」とか「あ~ぁ!勿体ない」と声にも力が入る。ピンポン程度の私は分らないことばかり。あれは?これはどうして?と質問攻めだが、うるさがらずに答えてくれるのは有難い事。

テニスの場合、コートが広いので相手からのボールが返ってくるまでには時間があるが、狭い(短い?)卓球台ではピンポン玉がすぐに跳ね返ってくる。

息つく暇もない、休みなく細かく続くスプリットジャンプ、俊敏に前後左右に動く体と集中力。ピンポン玉の跳ねる軽やかな音のリズムが何とも快いが、あの小さなラケットで何度も力強く行き来するラリーを見て”卓球ってすごい!”と改めて感じた。

いつもワイン

いつもながら休日の夕食にはワインがテーブルに並びます。
土曜日はバロン・フィリップ・ロトシルト家のキャピテル2002年。南フランスで特別に作っているという、6種類の葡萄のミックスワイン。
旦那様の舌と鼻によると「カベルネソービニヨン・メルロー・カベルネフラン・シラー・グルナッシュ・カリニャンかな?」と言っているそうな・・・。(ほんとかな?)
まろやかな、それでいてしっかりと香りもお味も主張しているバランスの良いワイン。さすがバロン・フィリップでした。
            
            ワイン1


日曜日はオーストラリアワインのパリンガ、2005年。葡萄はカベルネソービニヨン。これもまたフランスワインに劣らず美味しいワイン。新世界のワインはお手頃価格で美味しいのが嬉しいです。
   
            ワインA


日本画「春を待つ」

スキークラブの方が今年も「第63回 ハマ展 受賞作家展」のご案内を下さったので最終日の昨日、旦那様と強風の中、出かけて行った。
会場には彫刻部、写真部、水彩画や油絵等の洋画部そして日本画部の47点が展示。でも優しく力強い彼女の絵は多くの作品の中でもすぐに見つけることができた。

           絵画展

ブナの木が深い雪の中で静かに春を待っている。じーっと見ていると絵の中に吸い込まれそうな・・・真っ白な深雪がビチピチと溶けていく様子が伝わってくる・・・題して「春を待つ」。
長い冬の間、暖かい春の光を心待ちにしているブナ・・・何かしら人生と似ているような味わい深い作品でした。(昨年の作品

                春の訪れ

クラブ雪祭りのお酒

今年のスキークラブの雪祭りは新潟県妙高市の赤倉スキー場で29日から。22、3年前、関西から家族5人で一度だけ行った懐かしいスキー場。チャンピオンコースを滑ると思うと今からワクワクしてきます。赤倉スキー場
今回、50人のクラブメンバーにお酒を楽しんでいただこうと毎年、アルコール担当の旦那様はあれやこれやと又あちらこちらの店へと楽しみながら少しでも安くて美味しいお酒を探し求めました。
チェーン店のマインマートには日本酒、焼酎、ワインなど品揃えが豊富、会員割引もあってお買い得でした。

     日本酒

左から種子島のさつま芋の焼酎「甘露」、奄美の黒砂糖焼酎「里の曙」、大分の麦焼酎「安心院蔵」、新潟は菊水の「純米酒」、そして”美味しい!”と評判のそごうで見つけた諏訪の「真澄」。これにネット注文したワイン14本が加わります。
皆さん、喜んでくださればいいけれど・・・。         
マインマートはお酒だけでなく、お茶、お米、ジュース類、レトルト商品など数多く揃っていました。     
            
              マインマ^ト

近頃 トンチンカン!

ポカポカと春めいたからという訳でもないが、近頃、トンチンカンな行動が多く、「時間に追われる生活も過ぎたのに何かしら足が地面についていない」と少々反省をしているヽ(ー_ー )ノ

過日、シャンプーをして洗面所でブラッシングをしたら何だかベトベトしていて気持ちが悪い。髪の毛の傷みがひどくトリートメント液をつけて時間をおいたら、洗い流さずそのまま出てきた。あ~、何と言うヘマ。慌ててまたお風呂場へ~(>_<。)\

          お雛様  ohinasama 2] 
                  大阪の姉の作品

スーパーの駐車券を車中に置き忘れ。料金を支払うのも勿体ない。印を押してもらうのに又往復。あ~しんど!物を取りに行ったら何を取りに来たのか、しばし考える・・・ああ、思いだした、あれだ!(⌒◇⌒)

たし算は何とか普通だが引き算に時間がかかリ始めた。小学校低学年なみ!同色のクレジットカードとクラブカードを間違えて提示。店員さんより私の方がびっくり!(@_@)

他の方のブログのコメントは的外れなことばかり・・・、私の早合点で皆様に相当ご迷惑をかけている。ピッタリくる文も単語も出てこなくなった。「今日は何日、何曜日?」とカレンダーを確認する回数が多くなり、あれほど得意な数字もいよいよ覚えられなくなってきた。あ~、ショック!(≧ロ≦)

三月もそこまで・・・。春の訪れとともに益々トンチンカンになりそうな今日この頃の野いちごです

        
            
           

昨日の夕食は・・・

昨日の夕飯は私には長年、苦手だった味噌汁と梅干がテーブルに並びました。嗜好も変化するのでしょうか?ほっとするお味でした絵文字名を入力してください

わかめとねぎの味噌汁。摩り下ろした長芋に梅肉ときざみ海苔、さつま芋とチンゲン菜の煮びたしといつもの簡単な合びきとチーズのオーブン焼きキラ
軽くよそった温かいご飯。あ~、やはり日本人でした。美味し~い!苦笑
            
         夕飯


いつも楽しく・・・

歌の伴奏者で幼なじみののぶちゃんが今年初めて我が家にやってきた。ご主人様の転勤で関西から上京。仮住まいのマンションは楽器不可なのでヘッドホーンをつけて電子ピアノで練習したり、ヤマハでレッスン室を借りたりと大変な思いをしている。
ピアノレッスンとお喋りや伴奏合わせを兼ねて時々、我が家で楽しい時間を過ごしているが、昨日、彼女は最近習い始めたというピッカピカのフルートを持ってやってきた。

             フルート
       
             フルト1 頭部管

フルートは頭部管、胴部管、足部管の三本に分れ、初歩の練習は頭部管で安定した音が出せるようになってから胴部、足部管を継ぎ足していくらしい。
音大時代にちょっと吹いてみたこともあるという彼女、もうすでに音が鳴り響いている。私も”簡単だろう・・・”とちょっと吹かせてもらったが「音が出る、出ない」という前にフルート演奏の「ハイ、チーズ!」のあの独特の唇の形ができない。

余りに悔しいので鏡の前でフルート奏者のようにおすまし顔で吹いてみたら・・・出ました。結構大きな音が・・・。のぶちゃんはしきりと私にもフルートレッスンの入門を勧めるが、「いざ!入門」となると相当腹をくくらなくてはいけない。これ以上手を広げたらにっちもさっちもどうにもならない。

メロディーを演奏するフルートと声楽は音楽的に流れは同じなのだが、吹くとなると難しいものだ、歌う方が実に簡単!私はこれからも歌でいい。
            
             お土産

お正月過ぎにスイスや北欧に遊びに行ったという彼女のお土産は私好みの真っ赤なチェックのナプキンとチョコレートと紅茶。ひゃ~ぁ、嬉しいな~!

taspo(タスポ)

未成年者の喫煙防止対策の一環として、この3月から7月にかけて「成人識別たばこ自動販売機」が全国で順次導入されます。
たばこの購入にあたって20歳の誕生日を過ぎた成人だけに発行されるICカード、taspo(タスポ)が必要となり、発行手数料、年会費は無料。申し込みには本人確認書や顔写真を所定の用紙に貼り付けて郵送。2週間ほどでtaspoカードが届くという。

                タスポ

これによって未成年者の喫煙者が少しでも少なくなれば良いが、反対に禁止すれば反発して余計に加熱し、たばこを不正に手に入れないかという心配もありそう。

「成人」を20歳から18歳に年齢を下げようとする案もある今、未成年者の喫煙は国をあげて阻止したいものだが、はてさてどれくらいの効果があるのか・・・。期待したいものです。

                 
                             春めいて       
        
       朝晩まだまだ冷たい風が頬をさしますが、日中の陽だまりではポカポカと・・・。
                  もうすっかり春の日差しです。
          
             うっかり帽子を忘れると強い日差しに後悔します。
                  日焼け止めクリームもしっかりと・・・。

        ダウンのコートもちょっと恥ずかしく、薄手のコートを用意して・・・。
             カレンダーも先へ先へと捲っていくと春が一杯です!
            
            チューリップ


            ハーブ


歌劇の三演目

秋に来日するウィーン国立歌劇場の魅力ある三演目のご紹介を簡単に。

      opera


まずモーツアルト作曲の喜劇、「コシ・ファン・トゥッテ」。日本ではお馴染みで「女はみんなこうしたものよ」と訳されている。変装して互いの恋人の貞操を試そうとする「恋愛ゲーム」。
あらすじも実に楽しく、6人の登場人物の重唱もたくさんのアリアも美しく傑作なオペラだと思っている。

指揮者のリッカルド・ムーティがフィオルディリージ役のバルバラ・フリットリなどのドリームキャストの魅力を舞台一杯に引き出してくれることだろうと期待せずにはおられない。

小沢征爾指揮のベートーヴェン唯一の歌劇「フィデリオ」。スペイン貴族のフロレスタンが投獄され妻のレオノーレが少年フィデリオに変装して救出を狙っている。
結局ハッピーエンドに終わるのだが、三角関係など話の展開が面白くまた男装の麗人のデボラ・ヴォイトとオットー・シェンクの演出も楽しみなオペラ。

小沢が率いてのウィーンフィル国立歌劇場の日本公演は任期が切れるので今回で最後。彼のベートヴェンは最初で最後となる。是非、聴きたい!

ドニゼッティ作曲の演奏会形式の「ロベルト・デヴェリュー」はフリードリッヒ・ハイター指揮。恋人ロベルトが反逆罪で捕らえられるが、女王として女としてエリザベッタが苦境の中で歌うカヴァティーナ「女王の涙」はこのオペラ最高の聴きどころ。
エリザベッタ役のエディタ・グルベローバの豊かな表現力と完璧なコロラトゥーラは聴衆の心を虜にし会場の隅々にまで悲しく美しく響き渡ることだろう。

こうやって書いているうちに「絶対に行くぞ~?」と決心してしまいました。無事に予約が取れますように・・・。

変わり種 ピザ

昨日の日曜日はどうしてもピザが食べたくてソースもトマトピューレーにドライトマトやアンチョビ、ハーブを加えちょっと大人の味に・・・。
トッピングはベーコン、赤、黄色のピーマン、トウモロコシなどのオーソドックスな物と納豆、シーチキンにマヨネーズで和えたちょっと変わり種を一枚の生地に置いて焼きました。
納豆のピザ、初めてでしたが思ったより美味しく後を引くお味で、次回は少し辛味を入れてもいいかな?と新発見。

ピザ
 いつも焼くベーコンやピーマンのピザ。
ピザ2


3
 初トライした納豆、シーチキンのトッピング。
4

スペインの赤ワイン、カスティーニョ・ディ・モンブラン2006年。葡萄はテンプラニーニョ。この時期、少し冷え過ぎなのでゆっくりゆっくりと・・・。優しく、まろやかで美味しい。

ワイン

東アジア選手権の日本×北朝鮮のサッカーや社会人ラグビー東芝と三洋の試合を観ながら二本目のチリワインはモンテス2006年、葡萄はメルロー。果実味とバランスのとれた上品なタンニン。ゆっくりした時間に飲むワインの味はまた格別。おいし~い!

ワインA

ウィーン国立歌劇場 日本公演

この秋来日するウイーン国立歌劇場のセット券特別先行予約の案内がやっときた。リッカルド・ムーティ指揮、モーツアルト作曲の歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」。
小沢征爾指揮、ベートーヴェン作曲の歌劇「フィデリオ」。
フリードリッヒ・ハイダー指揮、演奏会形式のドニゼッティ作曲「ロベルト・デヴェリュー」の3演目だが、どの演目も魅力的。

               小沢


               コシ


               fuderio


               ロベルト

歌劇となると入場料も高く、3演目セット券も割引がない。単独券でも良いのだが、小沢は絶対聞き逃せないしムーティも聴きたい。グルベローバの美声も聴きたい。
あ~、このチャンスを逃したくない・・・でも高い。高過ぎる~ぅ。
旦那様は借金をしてでも行くという。私もおんぶに抱っこしてほしい心境。

ラムカレーを作ってくれた旦那様とお馴染みのラフォンさんの白ワイン、ドメーヌ・マゼラン2005年を飲みながら「聴きたいね?行きたいね?でも・・・」と頭を抱えてしまった。でも聴きた~い! 
          
               マゼラン

谷啓さんの[美の壺」

毎週土曜日の総合TV午前5時15分(教育TV金曜午後10時~)からクレージーキャッツの谷啓さんの「おや、あんなところにも美がかくれてた。美を見つけるにはちょっとしたツボがあるのです・・・・。それではご指南いただきましょう」とおっとりした声が流れる「美の壺
彼は毎回ひとつのアイテムを取り上げ選び方や鑑賞法を紹介するナビゲーター。BGMは谷啓らしいジャズのナンバーが洒落ている。

           谷

今、横浜高島屋ギャラリー8階 (24日まで)で「美の壺展」が10のテーマで開催される中、「谷さんの庵」もTVのセットそのまま設置されていた。

           セット

アート鑑賞マニュアルと銘打ち、目効き達が古今里 染付、魯山人の器、藍染、友禅など鑑賞のポイントや通ならではの目の付けどころの「ツボ」を紹介。
例えば「 切子」は壱のツボ・・・江戸切子に虹の輝きを見よ。弐のツボ・・・カットの丸みを確かめよ。参のツボ・・・色のぼかしは薩摩の宝・・・というように三つのツボを掲げている。
専門的な知識で小難しいようだが素人にも分りやすく興味深くなかなかのものでした。     

      美の壺

バレエ友達からのプレゼント

週3回、踊っていたクラシックバレエも腰痛のためにギブアップしてからもう4年を迎えるが、私よりひと回り以上も若い方でいまだにお付き合いをしているバレエ友達がいる。
過日、新築祝いをお送りしたら「野いちごさんにお渡ししたい物がある」と言われ、手作りの素敵なブリザーブドフラワーをいただいた。
                 花B

                 hana C

アートフラワーの稽古をしているとは一度も聞いていなかったのでびっくりするやら、嬉しいやら・・・。私なら真赤か真っ黄色の派手な色を使うだろうが、優しい彼女らしいピンクの濃淡。早速、ピアノの部屋に飾らせていただいたが、ふと目をやると心が和む。

お茶が好きな彼女。「ルピシア」のフレーバードティーの白桃烏龍極品。きっと桃の良い香りがするのでしょう。ティータイムが楽しみになりました。久々の懐かしい友との語らいの日。今度は新居へお邪魔することにしました。             
                  
                  ocha

バレンタインデー

昨日、2月14日は世の男性達が秘かに心待ちにしている”バレンタインデー”顔なじみの宅配のお兄さんも「今日は忙しいです」と息を切らしての配達。ご苦労様!ハート
毎年、キッチンを乗っ取られ手作りのチョコレートやケーキを作っていた娘達、夏にはママになるお嫁ちゃんから”優しいお父さん”へ素敵なプレゼントが届きましたたんじょうび!
お嫁ちゃんからはアプリコットジャムが挟んであるアンリ・シャル・パンティエの”ザッハトルテ”「お母さんとご一緒に・・・」とカードを添えて。何と優しい・・・!苦笑

             アンリ

地方在住の長女からは1981年に創立されたルレ・デセール会長のフレデリック・カッセルさんの5種類のチョコレート。食後のポルトと相性が良さそうワイン
             
             チョコレート

ご飯よりチョコが好きという二女からはフランスはリシャールの可愛い小さなショコラアップロードファイル
どれもこれも目移りするほど美味しそう。目を細めている旦那様にとって今年は最高の素敵なバレンタインデーでした。みんな、みんなありがとう!苦笑ハート

               チョコ2

肝心の奥さんはすでにお財布をプレゼントしているのでチョコもなし。昨日、練習日だったコーラスの方々には心ばかりのチョコレートを・・・。みなさん、大喜び。良かった!ハート
            

はじめよう!社交ダンス!

NHKの趣味悠々「はじめよう!社交ダンス」のスタンダード種目が始まってもう5回目。ブルース、マンボに続いて昨夜、ワルツのレッスンを懐かしい思いで観ていた。

30代後半で「ワルツだけ優雅に踊れれば・・・」とマイシューズを持ってしばし教室へ通った。背の高い男性の先生が「どこのパーティーもワルツの曲は余りかからないのでブルース、ジルバも踊れるようにしましょう」と言われ結局、動きの激しいタンゴまで踊れるようになったが、やはり優雅な曲に合わせて踊れるワルツが一番好き!

TVでは三組の一般の生徒さんに交じって美木良介、原日出子さんがレッスン生になっているが、太めの原さんの花柄のスカートや白いブラウスはどうもいただけない。
”可愛らしさもあって素人っぽさが良いのか・・・”と余計な事を考えてしまったが、さすが女優さん、ドレスアップすれば見違える。

      ダンス  原

クローズド・チェンジ~ナチュラル・ターン~リバース・ターン~ナチュラルスピン・ターン~コーナーチェンジ~アウトサイド・チェンジ。この基本のステップを繋いでいくと美しいワルツが踊れる。

過去に何回か同じようなダンスレッスンがあったが、今回のようにステップの順番が赤い色で示されるのは初めての方でも良く分かるような気がする。

ダンス1 ダンス2 ダンス3

ダンス4 ダンス5 ダンス6

画面を観ながらステップを踏んでみた。嬉しいことに体が・・・足が覚えているではないか・・・。ちょっと踊りたくなってきたぞ~ぉ。
これからルンバ、ジルバ、タンゴと2回ずつのレッスンがあるが、昔の記憶を引っ張り出しながら楽しんでみることにしよう!!

長野新幹線に乗って

初めて乗った長野新幹線のあさま号。先日は始発の東京駅からではなく大宮からの乗車。というのも旦那様は湘南新宿ラインか在来線利用で行くと特急券がかなり安くなり、ワインが何本か買えるという。ワインの為ばかりではないが、それならば・・とケチな夫婦は安い方を選んだ。

              妙高

湘南新宿ラインは横浜ー新川崎ー西大井ー大崎ー恵比寿と各駅に停車するものもあるが横浜ー大宮間約1時間半ほど。速いものだ。
大宮の駅中でバスの中で食べるお昼のお弁当を買ってホームへ。三連休初日の長野新幹線はどの列車もデッキまで満員。
プラットホームではバタバタと騒がしく駅員さんとお客さんが一緒になって必死の顔で乗リ込める車両を探している。
私達はラッキーにも指定席が取れていたのでのんびりと座っていられたのだが・・・。

長野新幹線のメインは長野に続いて軽井沢駅だろうか?駅前に大きな西武グループが経営している軽井沢プリンスショッピングプラザのアウトレットがあり、お買い物目当ての人達の乗り降りが多いようだ。

スキーとショッピング・・・いいな~??「今度一度行ってみたいね?!!」というと「あそこは人工雪だよ?」と旦那様。へ~ぇ・・・。
そうこう話しているうちに終点長野に到着。雪景色や静かに流れる川、故郷に似た景色を楽しみながら1時間40分の旅は終わった。

スキー手袋

毎年、志賀スキー場に行くとボダー禁止の奥志賀高原まで足を延ばすが、スキーを楽しむ他にお食事や買い物の楽しさも待っている。人気のホテル・グランフェニックス奥志賀のレストランのウェイティング・リストにはいつも沢山の名前が連なっている。
早めに予約して待ち時間に地下のアウトレットを物色。昨年は旦那様のスキーズボンを購入。今年は手袋も古くなったので赤は旦那様、黒は私と色違いの物を求めました。(三連休のスキー

             手袋

手袋についている”OUTLAST”の表示はNASAの為に開発された技術で厳寒の天候下でも高温の環境でも常に快適な温度が得られる画期的な温度調整素材だそうです。

その効果は旦那様が今持っているアンダーウエアーで証明済みなので一目ぼれ。中綿にダウンが入っているので、これからは-16度の世界でも寒さ知らずでしょう。          
            
買い物が終わり、ランチのテーブルにつくと静かな館内にはゆっくりとした空気が流れ、美味しいお料理が運ばれます。いつもチキンカレーかラザニアですが、ちょっと豪勢にきのこソースのハンバーグを注文。
”あー、これでワインが飲めたら・・・”と隣の席でシャンパーニュを飲んでいる人達をいささか恨めしい思いで睨んでしまいました。悔しい~ぃ!!

             ハンバーグ




お料理もアルコールも色々と

今回2泊した初めての宿はタンネの森のゲレンデ近く。バスタオルや浴衣は有料など設備的な問題はあったものの、アルバイトのスタッフの教育も良く、辛口の私としてもまあまあという点数苦笑
欲張って色々お皿にとった朝食のバイキング。夕食も温かい物がありたっぷりの食事でお腹に2kgのお土産をもらってしまいました悲しい

              choushaku 
              
              夕食 

              夕食1


お食事のあとはゆっくりと話も弾む懇親会。自由が丘のオリジン-ヌ・カカオの美味しいお菓子やササニシキで仕込んだ純米酒「一ノ蔵」やウイスキーの定番、オールドやワインがテーブルいっぱいに並びました。

               お菓子


一の蔵    オールド

ダチョウのラベルはオーストラリアワイン、カリベイ(左)、入会お試しの方の差し入れはチリワインポルタ(右)こちらも美味しい!ワイン

karibei   ポルタ  

スペインワイン、アルディージャ。スペインワイン、モンテオリ。旦那様はワイン3本を持参。重たい荷物でしたが、皆さん「美味しい!」とお代わり連発。嬉しい悲鳴でしたワイン

arudejya  モンテオリ

バタバタと荷造りをしてお昼も食べずに乗った帰りの新幹線の中、もう4時近いので駅中のサンドイッチと冷たいクラシックラガー、今飲んでいるザ・ゴールドとは違った久しぶりのお味でこれまた・・・美味しい!

            k


志賀高原スキー場にて

スキークラブの人達16名とニ泊三日の志賀高原スキー場での初滑りはちらちら小雪の中、思う存分滑って来ました。
昨日は朝から真っ青な空。一の瀬のゲレンデから見た妙高山や黒姫山はまるで絵葉書を見ているような美しく姿を現し、多くのスキーヤーの目を楽しませてくれました。

     妙高

タンネの森から見た向こうの遠い焼額のゲレンデもダイヤモンドのゲレンデもくっきりと美しく、あの長い斜面を気持ち良く滑ったのだと思うと何だか嬉しくなってきます。
                 
             焼額


クラブメンバーでお揃えの赤いヘルメット。被るとすごく格好良く、いかにもレーサーになったような気分。上手そうに見えるのでちょっとご披露いちゃいますsc03
                   
                 野いちご

スキー初滑り!

ジャン!今日から志賀高原スキー場に初滑りに行ってまいりま~す
年末の北海道トマムスキー場もお正月の八方スキー場も体調が悪くパス。本当は今日からアメリカのベイールスキー場に行く予定も残念ながらキャンセル。またの機会にとお楽しみは先に延ばしておきましょう・・・悲しい

                  スキー靴

今回は長野まで新幹線「あさま」に乗ってバス利用。スキー板も荷物も宅配で送ったし、乗車券も特急券も「大人の休日倶楽部」で3割引きで購入苦笑

愛車フォレちゃんで行く時は眠気をおさえながら旦那様と交代しながらの運転ですが、今日は新幹線の中ではメンバーの人達との会話も楽しめることでしょう苦笑
お天気は冬型であまり良くはないらしいけれどガンガン滑ってあとは温泉と御馳走とおしゃべりと・・・。イェ~イ!
関東地方も雪の予報。皆さん!足もとにお気をつけて・・・
それでは行ってまいりま~す。ヤッホー!!苦笑


川柳 あれこれ

5日の日経新聞に「第一生命保険は今年もサラリーマン川柳の入選100点を発表した」と書かれていた。
今年もどれも笑える力作ばかり。読者におなかを抱えて笑いをとり、また唸るほど説得力のある川柳を作れる人って…一体どんな人なのだろうか?とその才能に脱帽。川柳は私には全く無縁の芸術(?)だ。

                ユリ

*「張替は昔障子で今、日付け」「衣食住すべてそろった偽装品」 など社会風刺の川柳。
*「社長業今や問われる謝罪力」とトップの謝罪会見をもじったもの。
*「花粉症ボクはハナカミ王子です」「ニヤケルな!ハニカんだのが怒鳴られた」とはプロゴルファーの石川選手に関わる作品。どれもおなかを抱えて笑ってしまった。
21回目のサラリーマン川柳は3月14日まで投票を受け付け、5月上旬にベスト10を決定するとある。今から楽しみ、楽しみ!

今年、11回を数えるメリーチョコレートカンパニーが募った32000点の中の100点も決定。今年初めて知った「バレンタイン川柳」にも感心するほど辛口の川柳。

*「妻からの メタボ対策チョコがない」(49歳男性)
*「偽装せず ホントの気持ち伝えたい」(35歳女性)
*「三十路過ぎ どげんかせんといかんチョコ」(56歳女性)

ハート
先日、孫に送ったおはじきなどは大喜び。カブトムシの折り紙で手裏剣を作ったと娘が写真をメールで送ってきた。手裏剣とは・・・う~ん・・・何とも複雑な心境のばぁばです端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ

手裏剣

おはじき


寒いけれどプールへ

暑い夏にはプールへは大喜びで出かけるが、毎日こうも寒いと自然に足が遠のいてくる。でもそんな呑気な事も言っておられない (・_・、)

足腰の筋肉も弱りお腹のぜい肉も気になってくる。何よりも毎月のスポーツジムの会費の支払いも銀行からきっちりと引き落とされている (`^´)
「こりゃ、元を取らねば・・・」と関西気質丸出しで頑張って1時間、水中ウォーキング。何も考えずひたすら歩いたり、コンサートの歌を考えたり口ずさんだり♪

ふくらはぎや肩甲骨もストレッチしながら歩くと体が温まり、縮んでいた体だが喜んでいるようにさえ感じる。\( ^o^ )/ ♪

ジャグジーやサウナ、ゆっくりとお風呂につかり体はポッカポカ。最後の仕上げはマッサージ機でギュイーン・・・気持ちいい!絵文字名を入力してください

         カクタス

昨年のシャコバシャボテン(写真)はびっくりするほど沢山、綺麗に咲いたが、今年は数えるほどしか咲かなかった。原因は夏場外に出さなかったことかもしれない。管理不足が目に見えて表れた。反省! (-_-)ゞ゛



自然の怖さ

ここ2、3日TVや新聞で安否を気遣っていた広島のスノーボーダー7人全員の生存が確認され、関係者だけではなく、スキーを愛する私達夫婦も胸を撫で下ろした。
                 
                 新聞

道が分からず反対斜面に降りたとは言うが視界が悪くなれば下山し安全な所で楽しむ事は大事なこと。安全と言われるゲレンデで滑っていても山の天候は刻々と移り変わっていき、予期しない雪崩が起きる場合もあり自然の力は恐ろしい。ましてや気持ちがいいからとゲレンデ以外の滑走禁止の斜面へは絶対入らないことだ。
「自分は大丈夫だ!」と自惚れず大自然の天候の変化には早めの対応が肝心。
それにしてもこの7人は山の経験も知恵もあり幸運な人達だった。山小屋中で簡易ガス台で湯を沸かしたり、飴や補助食品を分け合ったり・・・。

                 八甲田

ゲレンデに出る時は私も疲労回復にと飴はポケットに入れているが、これからチョコレートやカロリーメイトなど用意しておこうと思った。いつ何が起こるか分からない。自分の命は自分で守らなくては・・・。

昔懐かしいおはじき

幼い頃、母や姉達と賑やかに遊んだ懐かしい色取り取りのおはじきをスーパーで目にした。過日、孫に洋服やお菓子を送る荷物の中に「男の子だけど・・・いいか?」と思いながら一緒に入れた
「お母さんと一緒に遊びなさいね?」と言ったものの、娘も何かと多忙な毎日むっ
とうとう一人遊びのままごとのお料理の材料にしてしまったとか・・・(すごい発想だとばぁーば馬鹿発揮)苦笑
              
             おはじき

一昨日、「ばぁーば、カタカナが読めるようになったよ?自転車も上手に乗れるよ?」と大きな元気な声を聴かせてくれた上に「おはじきがまだ欲しいから今度持って遊びにきてよ~ぉ」と嬉しいことを言ってくれではないか悲しい

このニ月は忙しく逢いに行く予定もたたない。おはじきの横に並んでいたビー玉やなわとびもカブトムシの折り紙もカタカナ交じりの手紙と一緒に早く届くように・・・喜んでくれるようにと祈りながら荷作りの手を早めたむっ

今年も申告

今年も確定申告の日が近づき、今日から3日間、特別に医療費控除の受付が始まる。
昨年は整形外科や内科、脳神経外科の他に夫婦の歯の治療に多くの出費。また昨年8月からかけ始めた国民年金の支払い金も当然申告。

一円でも多く返金してもらわなくてはと目を大きく見開いて”手引き”を読みながら電卓をたたいた。「今年はどれくらい返るかな?」と胸が高鳴る。
医療費と交通費を合算し、10万円差し引いた約2割の還付金。いいねーいいねー?ちょっとお小遣いになりそう・・・。イェーィ、ヤッホー!!

             医療費控除


旦那様が八甲田山スキー場からご機嫌で帰宅。スペインワイン、モンテオリ(葡萄はテンプラニーニョ、メルロー)を飲みながらクラブメンバー達との楽しい会話、ゲレンデや山の様子など喋るは・・喋るは・・・うるさいくらい
                   スペインワイン


お土産はクルミが入った「茶屋の餅」。ペロッと5つも口に掘り込んでしまったが、小さな和菓子とは言いながらあとが恐ろしい!きゃ~!あちゃー

             お土産





メゾ・ソプラノ のお二人

金曜日のNHKの芸術劇場は楽しみにしていた二人のメゾ・ソプラノのコンサートでした。
まず22歳でスカラ座デビュー。27歳でジュリエッタ・シミオナートの代役で大成功をおさめ、来日時には日本のオペラフアンを虜にしたという、大御所フィオレンツァ・コッソット(1935年イタリア生まれ)

コソット コソット3

昨年11月30日の「デビュー50周年記念ガラコンサート」では編集された若い日の舞台や最近のインタビューを交えながら歌劇「フィガロの結婚」「カルメン」「サムソンとデリラ」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「アイーダ」の有名な名アリアをオーケストラをバックに披露。

昨年NHKのニューイヤーコンサートでその健在ぶりを目のあたりにしたがもう73歳。さすがに高音の伸びや音程に問題はあるが役になりきっての表現力は素晴らしく、敬意を表してアンコールに歌われた「君が代」は我々日本人より国を愛する心が表現され、会場にいなくても鳥肌が立つような素晴らしい国歌を久々に耳にしました。

                  君が代

二つ目は昨年11月5日に行われたグレース・バンブリー(1937年アメリカ生まれ)のコンサートだった。
両親から「黒人として人々から尊敬される人に・・・」と教育され、黒人蔑視の中、22歳でパリオペラ座でデビュー、翌年バイロイト音楽祭に黒人として初出演。聴衆の惜しまぬ拍手の30回以上のカーテンコールに長々とこたえたという。
ヘンデル、モーツアルト、ブラームス、マスネ、チャイコフスキー、ラフマニノフ等の歌曲を黒人特有の深みのある美声で完成されたリードを聴かせてくれた。
もう70歳を過ぎたお二人の音楽に対する情熱に励まされた意味深いコンサートでした。

bannburi- バンブリー

留守中も多忙!

旦那様の留守の昨日も朝から何かと忙しい。一週間一度の古布、新聞紙、びん、缶の回収日。ダンボールやワインの瓶をよいしょ、どっこらしょと1階まで運び出す(いつもは旦那様の仕事です)悲しい
旦那様からは呑気にも八甲田山スキー場の美しい写真が送られ、忙しい中これにいちいち返事のメールも送らなくてはいけない
でも天気が悪いと覚悟して行ったのにサラサラの新雪・・・・良かった良かった!           

         八甲田
         八甲田1

久々のスバルのお客様感謝デー。開店と同時に行かないと混雑この上ない。バッテリー液の量、ブレーキオイル、エンジンオイルの汚れなど10項目の点検を丁寧にやってくれるのでかなりの安心度数。それよりも何よりも洗車までしてもらえるので案内が来れば「この時とばかり・・・」と利用させてもらっている苦笑
サービスとしていつも抽選があるけれどいつもビリ。今回は無地のエコバッグでしたハート
               
          スバル

お昼からは3日間大がかりに行われる年に一度のマンションの排水管の高圧水洗浄で大掃除。洗面所、トイレ、風呂場、キッチンの流しなど1階から上階へと業者がやってくれるとは言うものの、余り汚いのは恥ずかしい悲しい
暮に少々怠けていたので埃やぬめりが付いている。掃除機と雑巾がけで何とかなったがやはり悪臭が鼻につき始めている。夫婦だけなので昔ほど詰まってはいないと思うけど掃除の後はやはり気持ちの良いものだハート

           20071201142511.jpg

夜は夜で今週末、志賀スキー場で初滑りなのでスキー靴やウエアーの点検と用意。今回は電車で行くので4日の火曜日には宅配で送る。今シーズン初めて着用のヘルメットも忘れないように準備しなければ・・・。
あれやこれやと何かと忙しい土曜日でしたむっ

遅い 五人組新年会

昨日から旦那様は休暇をとって3泊4日で八甲田山へスキーに出かけた。羽田から青森空港までひとっ飛び。昼過ぎにはゲレンデからはしゃいだ様子のメールが送られてきた。

私は仲良し5人組と遅い新年会。今回は一品持ち寄りはなくすべて自称○○亭女将(?)の手作り。お昼前から夕方遅くまで飲んでは食べ、食べてはお喋りの繰り返し。時間の経つのも忘れての新年会。

綺麗にセッティグされたテーブルには大根サラダ、里芋の煮物、筑前煮、じゃこ飯など和食が勢ぞろい。真ん中には豚シャブの用意が・・・。
                    
               daikonnsarada

薄く切ったフランスパンに生ハムやサーモン、チーズをのせたオーブン焼きは香ばしくてビールには最高!

               ビール

女将がガスレンジの前で何を揚げているのかと思いきや、ごぼうの笹がけの素揚げ。パリパリとこれもビールが進みます!
               ごぼう


ロゼワインは以前私が舌定めをしているスペインワイン、エナーテ2006年。葡萄はカベルネソビニヨン。和食にピッタリ!
               エナーテ

二人からのプレゼントはストライプの布地でウェッジウッドのレターボックス。小物の収納に使わせてもらおう。白雪ふきんは蚊帳生地の手作りでとても使い易いとか・・・。ありがとうございました!

贈り物 ウエッジウッド

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ