野いちごひとりごと

人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

ベビーマッサージ

若いママさん達にベビーマッサージ、ベビーヨガそしてアロマセラピーの教室などで忙しく指導している娘から「NHKの6時の”おはよう日本”で放送されるから観て?」とTELが入った。
何でも過日、松山放送で取り上げられ評判が良かったらしく全国放送になったという。

              アロマ2

ママとベビーちゃんの笑顔のスキンシップ風景、ベビーマッサージに出会った生徒さん達の感謝のコメント、そしてこの仕事に誇りを持って携わっている娘の自信に満ちた笑顔とこれからの抱負。
わずか3分ほどの放送でしたが、皆さんに心から喜んでいただき、熱く応援していただいている娘の嬉しそうな表情がくっきりと浮かび上がった。

彼女が”香りの世界”に魅了されたのは大学生のBODY SHOPのアルバイトからだった。職場から夜遅く、アロマの専門学校に通いとうとう好きな道を究めつつある。
来週はラジオの生放送出演予定だと不安そうに言っていたが、そこは私の子、心臓には沢山の毛が生えているだろう。
何年後かにこちらに戻る日のために今は後任の指導者育成に力を注いでいるようだが「もうこっちにずっといようかな?」など口走ることさえある。

ま、どちらでもいいが、知らない土地に転居して一年、よくここまで頑張ったものだと感心する。やはり好きな仕事は苦労も楽しみながらできるのだろう。
皆さんにアロマやベビーヨガなどの世界を理解していただき少しでも多くの方に浸透できれば言うことなし。母親は「頑張って!」とエールを送るのみ!              
              
               アロマ

生徒さん達の指導にはこのベビーサイズのゆめ君がモデル。私も話し相手に欲しいような可愛子ちゃん。

やっと落ち着いて・・・


バラ3
            
この2、3週間、家と外をバタバタと忙しく駆けずり回っていた。
日中は睡魔が襲い、夜は疲れてバッタンキュー!
朝は携帯の目覚ましで起こされてまた忙しい一日。
家の中は着替えた服が部屋の隅に そのまま積み重なり、
テーブルの上には本や雑誌の大きな山。      

鏡を見るとはえ際には白いものがかなり見え始め、 
マニュキアも汚くはがれ見っともない。
早くどうにかしなきゃと思いながらもなかなかできない。
時間があっても気力なし!
昨日は朝から恵みの雨。
             
それ!っとこの時とばかりにと大掃除と毛染めが
やっと落ち着いてできた。
お尻から火が付いたような日々。                      
今日も雨・・・ ちょっと落ち着かなくては・・・。


籠の選

早いものでもう一週間前になりますが、先週の土曜日、八月のサイトウ・キネン・フェスティバルのチケットを取り過ぎて2枚が不要になりました。
ブログ上で「どうしよう・・・」と書いたら、嬉しいことにまっ先に手を挙げてくださった優しい方がいました。私のコンサートにお友達とお二人でご遠方から足を運んでくださるブログ友達。

過日、チケットを無事にお手元にお届けできてひと安心。「余計なお気遣いは御無用です」とあれほどお断りしたのに「嬉しい気持ちを表したいから・・・」ととても喜んでくださっている様子が伝わってくるお手紙とご当地の名産品を送ってくださった。

                かごせい

籠清の「籠の選」。中には超特選蒲鉾「かぐわし」、はまぐりのオードブル「磯の香」、「いかすみバクダン」やサラミチーズ。どれも珍しくていただくのが楽しみです。本当にありがとうございました。

かごせい1 siro

現在、椎間板ヘルニアで療養中の小澤征爾さんの一日も早い回復を多くのフアンは心から願っています。



身分証明書

過日、区役所に行った時、「本人確認書類が必要になります」というこんなポスターがデカデカと貼ってあった。良く読むと戸籍証明書の交付請求をする場合”運転免許書”や”住民基本台帳カード”といった、いわゆる写真付きの物を提示せよということらしい。
銀行や郵便局でさえ身分証明が必要な時にはまず「運転免許証かパスポートをお持ちですか?」と当たり前のように言われるのには腹が立つ。私はこういう時はあえて「健康保険証はいけないのですか?」と多少反発気味に言い返す。
区役所でも同じ質問をすると「国民健康保険証なら国民年金手帳など、複数の証明書が必要です」との返事。

               証明書1

今や車社会の日本において運転することは当たり前のように思われているようだが、車の運転を必要としない人、したくない人、できない人が大勢いるはず。
また海外旅行でもしない限り、高額なお金を支払ってまでパスポートは持たないだろう。任意で取得する免許証やパスポートが公認され、政府が発行する健康保険証が何故認められないのか・・・・おかしな話だと思う。

それなら健康保険証に写真を載せることを義務付けてはどうだろうか。「身分証明」について常にそう感じる私です。

               証明書

少々頭にきたので珍しくおだんごを買ってしまった端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ

               danngo

カール・レーヴェの世界

過日、声楽の先生が出演されたカール・レーヴェの全歌曲連続演奏会がありました。
会場の紀尾井ホールは中央線の四ツ谷駅から徒歩6分。裏隣は上智大学、お向えはホテルニューオータニと閑静な所にあります。

           ニューオータニ 
                   ホテルニューオータニ

           紀尾井ホール 
                    紀尾井ホール(左)

この23年続いているこのカール・レーヴェ連続演奏会は今回で最終回。出演者の方々は先生を含めてもうベテラン揃い。思いがけずバラード作曲家のレーヴェの数々の作品に触れられ本当にラッキーでした。

           ちらし

分厚いプログラムの中には多くの方々が今までのコンサートを回想しながらのメッセージ。これは単なるコンサートではなく”レーヴェ研究会”のような意味深いコンサートと感じました。

           プログラム

プログラムには曲のアナリーゼが分かりやすく説明され、すべての演奏曲目に和訳が書かれていましたが、演奏の前に舞台の上では聴衆のために文学座の藤堂陽子さんの訳詞朗読があり、分からないドイツ語の歌の内容が胸深く刻み込まれ、耳に心地よく響いてきました。
過去において朗読された岸田今日子さんや長岡輝子さんも素晴らしいレーヴェの世界を表現されたとか・・・。

もっと早くこの会を知っていればドイツ歌曲に対する、いえ、カール・レーヴェの優しく美しい音楽の世界に一歩でも近づけたのに・・・ととても残念な気がしてなりませんでした。

          楽譜

日本画展

最近、忙しくて四六時中、時間に追っかけられているようだ。肩こりはひどく、体はガチガチ。一か月ぶりにウエルネスに予約。その前にスキークラブの方から毎年出展される”第35回 桃影会 日本画展”のご案内をいただいていたので楽しみにそごう9階に急いだ。
              
            日本画 横浜そごう9階

あまり時間もなく足早に見せていただいたが、今年の二枚の絵はゴールドをふんだんに使った豪華な作品。昨年の作品の印象的な鮮やかな色はなくどちらも落ち着いた、心にゆとりのある静かで素敵な絵でした。

             2 <ゴールド・バニー>             
             1 <想>

アップロードファイルアップロードファイルアップロードファイル
一時間半のマッサージと鍼の施術が終わると久々の町の中。デパートも行きつけのお店にもあちらこちらとランチもしないで歩き回った。
いつも若々しい品揃えのUniversal Language(ユニバーサル・ランゲッジ)で一目ぼれのこげ茶色のジャケット。夏には嬉しいリネン。高いお値段覚悟で値札を見た!うそ~?安い、激安!

              B

早速試着。若向きで細身と思いつつ9号ではやはり大きい。諦めていると「7号サイズもございますが・・・」「それなら早く言ってくれよ?私を見れば7号でしょ?」と腹立たしいが、色も良く、値段も良く・・・ゲットしてまいりました。

それにしても値札の付け間違い?ピンタックと貝ボタンがついて¥7000でお釣りがくるのですから・・・。おまけにメンバーズカードで3%OFF。間違いでもなんでもいい。ゲット!ゲット!断然お得!

              B1

              B2

姉の新作

大阪の姉が「また書いたので送りました」とTEL。ポストに入っていた撫子や紫陽花のポストカード。
またちょっと腕も手もあげたかな?

            579
            アジサイ
            なでしこ


日曜日は久々に豚ヒレのとんかつ。外はパリパリ、中はジュシー。ソースはトマトソースにとんかつソース、仕上げに山椒粉を振りました。
          
            とんかつ

白ワインはお馴染のラフォンさんのワイン、2005年。葡萄はピノノワール。いつ飲んでも期待は裏切られず、安心していただけるワインです。

            rafonn

ツタンカーメン王の豆

emikoさんからいただいたツタンカーメン王の墓から
発掘されたという赤えんどうの種を早速、
昨日の夕飯に早めに焚いてみました。
紫のさやから出てきたお豆さんは
翡翠色の普通のグリ-ンピース。

焚き上がる前から美味しいそうな匂い。
でも普通のお豆さんより実がしっかりしているのでしょうか、
小さいのにもっちりと
食べ応えのあるお豆さんでした。

mame豆1


炊きあげて2時間、emikoさんがおっしゃるように、
なるほど薄い桜色のご飯。何杯も食べたくなりますが
そこは我慢のしどころです。
でも美味しいものは早く食べないと・・・。

ご飯


保温のまま12時間経って今、
起床して炊飯器の蓋をあけると・・・お赤飯のように赤いおしいそうなご飯。
不思議ですね?
久しぶりに子供のように胸がワクワクしました。

ご飯2


フードプロセッサーで細かくした海老を
豆腐にのせ”お豆さん”もおまけにのせました。
ピンクのエビと翡翠色のお豆さんが何とも綺麗!
emikoさん、ありがとうございました。

ご飯1

ツタンカーメン王の豆(1)

いつもブログでお世話になっているemikoさんからツタン
カーメン王のお墓から出てきたという「赤えんどうの種」を送っていただきました。
丹精こめて収穫されたお豆さんを
私などに送ってくださるとは感謝、感激です。

旦那さんが「これ種をとって植えてみようか?」と
大それた事を言っていましたが、ベランダのプランターでは
収穫は無理だと思っていますが、さてさて・・・。
宅配で送られてきた丁寧な包装にも
まだお会いしたこともないemikoさんの優しく温かいお人柄が窺えます。
早速、今夜にでもご飯を炊いて大昔の食に触れたいと思います。

ツタンカーメン

一緒に送ってくださった潮干狩りのえびせんは
香ばしい磯の香りがタップリ!次々と手が出て止まりません。
本当にありがとうございました。

えびせん


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土曜日にスーパーで30cmほどの大きな天然真鯛が¥780。
これは買うべし!先日のトマトソースが残っていたのでソテーして・・・。
やはり鯛は腐っても鯛。アラ炊きも実に美味しい!
           
鯛


鯛A

プロバンスの白ワイン、ドメーヌ・オット・クロミュレイユ2003年。
二回目のワインですが以前に比べて
喉を通り過ぎるとキャラメルソースのような
甘いような苦いような不思議な味が残り、「樽の香りかも...」と
旦那様はうなづきながら言っていました。
イヤイヤ・・・私の舌も”マンザラデモナイ!”と
ちょっと自信がつきました。冷やしすぎない方が甘味が増し、
ラベルとともに印象に残ったワインでした。
           
wainn

今年もサイトウ・キネン・フェスティバル

昨日は夫婦して起床時から「取れるかな?うまくいくかな?」と心配と緊張の連続。八月に行われるサイトウ・キネン・フェスティバルの小澤征爾指揮、ヤナーチェク作曲の歌劇「利口な女狐の物語」のチケット発売日でした。
このオペラは昨年から旦那様と楽しみにしていたので、彼はパソコン2台、私は電話で必死にかけまくりましたが、希望の初日の31日は日曜日とあって発売2分で売り切れ。
でもどうしても聴きたい、観たいの執念で28日のチケットをゲット。その後旦那様の気が変わって26日のチケットもゲットしてしまいました。
               
                 puroguramu

昨年は10分で完売。時間との勝負と分かってはいても”2分で売り切れ”というのはどう考えても納得がいかず、旦那様が色々と調べた結果、毎年、松本の特設チケット売り場に前夜から長い行列ができるとありました。
4、50分で小澤征爾のオペラとコンサートのチケットはすべて完売。恐るべき人気のサイトウ・キネン・フェスティバル、いえ小澤征爾です。
平日なので開演が18時半、終演時刻も遅くなるので今から会場に近い宿を予約しないといけないが、何でも小澤征爾が椎間板ヘルニアで国内外公演を降板。1か月の休養をとる事が判明。

ご本人も「治療に専念して・・・」と言っておられるそうです。夏にはお元気で素晴らしい舞台を・・・と祈りながら三年連続のサイトウ・キネン・フェスティバルが今から楽しみです。
さて8月28日のS席2枚のチケットが不要になりどうすべきか・・・・・。しばし考えよう。

ほっとしていただいたFLO(フロー)のチョコレートシフォンケーキ、とモンブラン。旦那様と半分ずつお味をききながら・・・・。美味しい~ィ!
                  ke-ki


                  ケーキ1

初夏の運動会

毎回、ピアノレッスンには無遅刻無欠席の6年生の女の子が、昨日はどうしたことか20分過ぎても元気な顔が見えない
自転車でやってく来るので途中、事故にでも・・・と心配して家にTELしてもどなたもでない。そのうちマンションの廊下をバタバタと遠くから走る足音。「おそくなりました~!」と玄関のドアが開いた。麦茶を一気に飲んでお稽古開始
                
                バラA
                    (他所のお花ですが力いっぱい咲いたようです)

今日は小学校の運動会。その準備で居残りさせられていたという。あ、そうか、秋は修学旅行などの行事が多くこの時季に替わったのだと再認識端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ
「運動会は秋・・・秋は運動会」とお決まりだった私達の時代には考えられないが、色々変化する学校行事。彼女はクラス対抗のリレーに出場するとか・・・。きっと一番でテープを切る事だろう

急いで来て叱るのも可哀想と思いつつ「これからはもうちょっと静かに走ろうね?」とチクリと針を刺してしまいました悲しい

嬉しい新茶

昨日はPTAコーラスの練習日。朝から気温も上がり発声の段階から額にジワーっと汗がにじむが、へこたれずガンバ・・・。指導者がへこたれていてはメンバーもそれ以上にへこたれる悲しい
指導者たるものいつもパワー全開!!
アカペラの「夢見たもの」(木下牧子作曲)は声質を合わせ、響きを揃えるのがなかなか難しい。これからの課題が見えてきた。ガンバ!むっ

                新茶A  

メンバーから今年も嬉しい新茶をいただいた。静岡のお母様が毎年送ってくださるという貴重な新茶。もう10数年、毎年御馳走になっているが、お茶の味の分からない私でさえ新茶のほっとする香りと渋味と旨味のほど良い調和ははっきりと舌で感じとれるハート

この特選”富士のやぶ北”は何でも有機質肥料で栽培した茶樹から”みる芽(新鮮で柔らかい芽)を摘み取ったものだと説明書にある。
自分では滅多に買わない高級銘茶。彼女とお母様の温かいお気持に感謝しながら新鮮なうちに心していただこうと思っている♪
                 
                 新茶

早朝ウォーキング

暑くなってきたので朝のウォーキングを家事を終えた7時前に早めた
8時半過ぎの生ぬるく、埃っぽいい空気とは違い、まだひんやりとしたすがすがしい綺麗な空気。肺の中も洗われそう・・・。公園にはワンちゃんを連れたお年寄り達も賑やかな通学の子供達の姿もまだ見えない

真夏に向かって気温はドンドン上昇。これからは今、徒歩で駅まで行っている旦那様を送る事が日課になるので夕方にしないと日焼けが心配。
先日の風雨にも負けないでよそのお庭で咲いていたお花が目に入った。綺麗!ハート

                 tutuji


                 カラー


                 バラ


                 黄色


                 赤


                 紫

遅い 母の日

過日、「母の日」は私の体調が悪く義母の顔を見ることができなかったので、この月曜日に遅ばせながら感謝の言葉を述べてきたローズ2
最寄駅から「今からバスに乗ります」とTELすると小雨の中、バス停まで迎えに来てくれ大きく手を振ってくれた。足がだいぶ弱っているのだろうか、歩幅がせまく、手を引いて歩いてもずいぶん力が伝わってくる。無理もない今年11月で89歳を迎えるのだからハート

駅ビルで買ったちらし寿司を「美味しい!美味しい!」と喜んで食べてくれて、用意したお花も「部屋が明るくなった」と大喜び。孫の写真(義母にはひ孫)を見せると「大きくなったね?」と目を細めて見入っていった苦笑       
        花瓶 花瓶A
          (我が家の胡蝶蘭、先日花瓶に飾りました)

話をしてもきちんと受け答えができるが、話題が代わると前の話を覚えていない。部屋が暗いからと部屋中、電気をつけているのが少し気になったが、眼科の先生に白内障、緑内障の兆候もないと言われたと自信満々(?)苦笑
マンションのエントランスまで見送りに降りてくれた元気な義母。夏に生まれる二人目のひ孫の誕生が今は最大の楽しみのようだ。まだ一人でのんびり、好きなように暮らしているが本当に強い人だと感心したハート

バラの鍋敷き

過日の母の日には義母宅には伺えず気になっていたので、月一回の絵付けのお稽古を返上して一週間遅れのお祝いに行ってきました

昨日の音研の定例会にのぶちゃんが先月の焼き上がった私の作品を届けてくれました。普通のただ白いタイルにバラを描いたのですが、のぶちゃんが「茶色の木の枠に入れて鍋敷きにしたからね?」とニコニコ顔苦笑

なるほどこれは驚き!茶色がアクセントになって未熟な絵がすごく上手に見えるから不思議です。彼女のお陰でまた素敵な作品が増えましたが、勿体なくて鍋敷きなどにはできません。暫く眺めておきましょうハート

              なべしき

この二枚はまだ未完成。撫子の葉っぱとゴールドを入れる作業が残っていますが、とても可愛いくお気に入りなので綺麗に仕上げたいと思っていますローズ2ばら
            
              sara

ホームベカリー その後 

先日買ったナショナルのホームベーカリー(SD-BH101)。12年使ったホームベカリー(SD-BT100)で焼いたパンは「まだ食べたい!」と思うほど後を引くお味でしたが、今度の新人さんはいまいち味に魅力がなく食べる楽しみが薄れた。悲しい

               パン

               パン1

               pann 2

そこでメニューをフランスパンにして焼いてみた。普通の食パンのレシピの強力粉250gに小麦粉30g増し、バターは半分の5g、砂糖はなし。ドライイーストは4分の3。
なるほど軽くて香ばしいパンができるはず。焼き色は薄いが発酵も充分で大きな空洞が見え、軽くトーストするとパリパリとまずまず。やはり器械がやることには限界がある。暫くこれで焼いてみることにした。

フランスパンフランスパン1

日曜日にいただいたワインはサンジュリアンのクローデュ・マルキ2001年。葡萄はカベルネソーヴィニヨン、メルロー、カベルネフランのミックス。その年の葡萄のでき具合で配合を変えるというからうなづける。
開けた時からふわ~っと良い香り。「ゆっくり飲んでくださ~い!」と旦那様が言うので二時間をかけてゆっくりと・・・・。
なるほど少しずつ香りが開いていくのが良く分かる美味しいワインでした。
                      
                クローデュマルキ

ご夫婦のハーモニー

旦那様と土曜日にある病院に知人のお見舞いに行ったエレベターの中。コンサートの案内に懐かしいご夫婦のお名前を見つけた。右も左も分からない横浜に来て夫婦共々お付き合いさせていた長年のテニス仲間。

今はお互いにテニスで顔を合わせることもなく毎年、ご夫婦の仲睦まじい写真入りの年賀状でお元気な様子やご活躍を拝見している。
バリトンの素敵な声の御主人様と明るいお人柄のアルトの奥様。以前、経営されていたスナックはご主人様のピアノ伴奏でお客様が歌える楽しい場所。現在はコーラス指導やご夫婦で楽しいお話を交えてのコンサートをあちらこちらで開かれておられるようだ。

                   コンサート

コンサートの始まる前から入院中の大勢の患者さんやお見舞いのお客様。ご指導されている20名のコーラスのあとはお二人の舞台。”踊り明かそう””スターダスト”から”七つの子””真夜中のギター”などレパートリーが広く、ご夫婦の素晴らしく息の合ったハーモニーを10曲ほど披露され、皆さんから大きな拍手。

本当に偶然でしたが、同じ音楽に携わる者として温かいコンサートを目のあたりにし、これからもお元気で皆さんに励ましのメッセージのコンサートを開いていただきたいと素敵なお二人にお手紙しました。
           
                コンサート1

魚料理とワイン

金曜日は休刊日にしたのでお酒はなし!刺身用の鰯をいつもの料理法の酢醤油で煮ました。鍋に紙を敷かなかったので皮が剝がれて汚らしい出来。でもちょっと疲れた体にはこの酢っぱさが美味しい!

アミノ酸たっぷりの高野豆腐、ネバネバの長芋に梅干しを乗せて・・・。ブロッコリーの茎は栄養たっぷりなので喜んで頂いています。わかめの味噌汁にホっとするお味はやはり日本人ですが、ちょっと淋しいテーブル。
旦那様は「我々の年齢はこれで充分!」と言ってくれますが・・・。お酒がないと5分ほどで食事は終了、後片付けも早くてごく簡単!

            いわし

土曜日はあちらこちらと動きまわり、喉はカラカラ。ビールが一段と美味しい!残り物のかぼちゃと冷たい高野豆腐。刺身用の大きなホタテがあったのでバルサミコ酢とオリーブオイル、白ワインビネガーでカルパッチョ。

            すずき

特売品コーナーで見つけたすずきはソテーにして自家製トマトソースで・・・。クリーム味よりあっさりして好みのお味。

            すずき1


今年、友達五人組の新年会に持参した同じスペインのロゼワインのエナーテ2006年。。葡萄はカベルネソーヴィニヨン。女性受けしそうな赤と黒のラベルは素敵。以前よりお味もグット美味しく感じました。
              
             エナーテ

珍しいクッキー二種

先日、コンサートの二重唱の練習に音研のメンバーとピアノ伴奏ののぶちゃんが来宅。アルトの旋律を歌ってくれるソプラノの彼女のおもたせはGODIVAの二口サイズの四角いクッキー。
チョコレートが苦手の私はゴディバの前はいつも素通り。クッキー部分はカリカリと香ばしく美味しくいだたいた珍しいクッキーでした。

            kukki-

真っ赤の綺麗な箱のユーハイム。昔からテーゲベック、ハイデサント、リープヘンはお馴染ですが、このテービッセンは初めていただく珍しいクッキーでした。

            ボックス

お茶とお話に花が咲いて練習は??は~ぁ、まあ、なんとか・・・。    
             
            クッキー1

のぶちゃんがGWに小笠原で優雅に一週間滞在。お土産にお塩と浜辺で拾ったという白い貝殻。お箸置きにいいサイズ?
           
            塩

ドラマふたつ

この四月から始まったNHK連続小説ドラマ「瞳」は若いダンサー志望の女の子を中心に東京都の「里親制度」「養育家庭制度」などの問題を再認識しながら築地や佃、月島の人達の生活を描いている。

ダンサーを目指すヒロイン瞳を演じる大柄の榮倉(えいくら)奈々。自然な演技もできヒップホップも踊れる爽やかな感じのお嬢さんで俳優デビュー作とか。
                 
                   アサドラ

先日のオーディションのシーンではダンス教室仲間純子役の満島ひかりと激しい動きのヒップホップを披露してくれた。一夜漬けではとてもこうは踊れないだろう。
長年踊りなれた優雅なクラシックバレエの世界では考えられない速いテンポとリズムと目の回るような俊敏な振り付け。奇抜な衣装に身を包んだヒップホップのシーンがあると画面に釘付け。
すでにメタボらしき西田敏行やベテラン俳優の演技も魅力的。これからも楽しみにしています。
     
        1 2

             3 3

もう一つのドラマ、今週の月曜日から木村拓哉主演で始まった「CHANGE」も楽しみ。キムタクにはあまり興味はないけれど、ちょっと母性をくすぐられそうな甘いマスク。しかしそれにも動じず観ているのが久々の登場、個性派の深津絵里。

キムタク

行政書士役の「カバチタレ」、そのあと再放送を4~5回観ても飽きないOL役の「恋のチカラ」で大フアンになった彼女。あの頃はちょっとヘップバーンにも似たような感じだったがさすがにもうお年(?)ちょっとスリムになったのか「キレル大人の女」に変身。月9、楽しみなドラマです。
 
                                     深津


自治会のお世話

当マンションが所属する町内会の自治会の当番がお隣さんから回ってきた。今まで仕事で忙しかったのでお役御免にさせていただいていたが、いつまでもそうもいかずこの四月から担当20軒と一番多いお世話をお引き受けした。

幸いマンション全体の理事長はクジで逃れたが、当番制で定例会に出席、年会費やお祭りの寄付金など一軒一軒徴収し領収書発行、捺印、回覧物や広報の受け取り等々…下っ端も仕事があり結構忙しくなりそう。

            回覧板

日時の限られたものもあり「至急」と書いて回したが、一週間経ってもまだ戻ってこない。これから急ぐものは二部いただくか、もしくはコピーして反対回りで二通りで回覧しなければ期日が過ぎてあとの祭りとなる。

昔住んでいた関西の一戸建てでは玄関のチャイムを鳴らし「回覧板です」とひと声かけていたが、マンションではお勤めで夕方まで留守がちのお宅が多い。”速やかに回せ”というのは所詮無理な話なのだろう。

それにしても引き継いだバインダーの汚いこと。どうしようかと思っていたが愛想のない新しい物(左)がひとつだけ配布された。赤いリボンでも付けて可愛く変身させれば面倒な回覧板も「早くお隣さんへ・・・」と思ってくださる事を期待したい。
この一年の地域の方々やマンション住民との交流も兼ねお役目が無事に終わることを祈りつつ・・・。


どちらも素晴らしいワイン!

土曜日の夕食に夫婦でいただいたフランスボルドーワインのシャトー・ラグランジュ・サンジュリアン1996年もの。1983年、サントリーが買収して葡萄の樹を植えかえ抜本的な改善で品質向上したというだけあって、たっぷりとしたタンニンや僅かながら樽の香りが感じられる高級感あふれるワインでした。

               シャトー・ラグランジュ

チンジャオニューロースもどきでしたがお味はバッチグー!!

              yuushoku

日曜日は鶏のラベルでお馴染みのドメーヌ・ルフレーブさんのブルゴーニュワイン、スールド・ダン2001年を開けてくれました。大きなワイングラスで空気を含ませながらいただくと、香り高く時間をおくほどにまろやかでふくよかな味は天下一品。さすが、ルフレーブさん。これも素晴らしいワインでした。

              ルフレーブ

賞味期限がだいぶ過ぎた卵。しっかり火を通してピーマン、人参、新玉葱だけのペッタンコオムレツといつものラム肉。

58-0 オムレツ

ベランダではローズマリーの柔らかい新芽が元気に伸び始め、

               ローズマリー

すでに枯れたかと心配したセージも小さな花をつけ何故かしら愛おしく感じます。

               セージ

昆布のお土産

先日、関西に里帰りされたお隣さんから浪速の老舗小倉屋山本の昆布をいただいた。細い千切りの”しその実昆布”はいつも大阪の姉が送ってくれる神宗の昆布より少し濃い目のお味ですが、温かいご飯に乗せていただくとしその香りに食欲増進。おぼろ昆布もご飯やお澄まし汁に浮かせて・・・。
           
             昆布A

コーラスのピアニストから函館のお土産にと「昆布館」の味付昆布”渡島(おしま)をいただいた。一枚一枚切れていておにぎりなどに巻いても美味しそう。
どの昆布も美味しくて御飯が進み何だか後悔しそうです。

             昆布

旦那様は毎晩のようにキリンのビール。昨日のニュースではビールの飲み過ぎは大腸癌の発生が多いと報じられ、三月より値上げもあって家計もピンチの今、今まで以上に休刊日を作らなくてはと思います。
そう思いながらもセール中のラガーを久しぶりにお相伴。美味しい!苦味が冴えてコクがある。ザ・ゴールド、クラシックラガーに比べて「ビールを飲んだ!!」という気分。うま~い!
            
             ラガー

ホームベーカリー

最近のホームベーカリーはうどんやパスタ機能が付いているが、あれこれ迷ってやっとパン機能のみのナショナルのSD-BH101をネットで安く買い求めた。

ベーカリー ベーカリー 右は以前の物

12年間、毎日のように使っていたSDーBT100に比べて容量は同じだが高さがあってちょっとスリム。それだけに取り出すときに火傷をしないように気をつけないといけない。でも蓋が薄いピンク色で可愛い。どこもかしこもピッカピカ!

以前の物と違う所は最短2時間で食パンが焼け、天然酵母パン、フランスパン、ケーキなどのメニューの幅が広がり焼き加減も選べる。そして何より嬉しい事は粉をこねている時の音がおとなしく静かになった事。

ただ注文をつけるとすればどの機種もそうだが、焼きあがり時に電源スイッチが自動的にOFFになればなお便利。
この新人さんは正面にメニューのレシピを書いた物がなく、デザイン的にスッキリはいいのだが、分量を覚えるまではいちいちカタログを開けないと自信がない。忙しい時には面倒なので自分なりに書いて貼るようにしたい。
これからまた10年(?)、ホームベーカリーひと筋の私のパン作りがまた新たに始まった。    

              ベーカリーB

左のグレー容器にナッツや干しブドウを入れ、右の黒い容器にドライイーストを入れます。焼き上がり標準時間4時間ですが、予約時間もセット可。
メロンパンやシナモンロールなどアレンジパンや牛乳やトマトジュースなどを入れてバラエティーパンが楽しめます。

              bekari-A

嬉しいプレゼント

昨日の母の日に娘から「いつもありがとう!」と感謝と健康を気遣ってくれる気持ちが綺麗なカーネションのカードからいっぱい伝わってきた。そして”ささやかながら・・・”とGWに出かけ先の孫の楽しそうな笑顔の写真を送ってくれた。

              B

ピンクの綺麗なアルバムの中には親子で木材を切りながら手作りを楽しむ風景。仲良しの友達といかにも楽しそうに時を刻む姿。また魚のつかみ取りの初体験など、多くの写真が収められ孫の元気な生活ぶりや明るくはしゃいだ声がすぐそばで聞こえるような気がした。
遠くから娘の温かい気持ちのこもった嬉しいプレゼントでした。

              FE 

久万高原の竹森ガーデンでは木のおもちゃが一杯だったそうです。親子して丸太を切っています。

D559

                  E あまごのつかみどりに挑戦

              A 
                  リンゴの真白な花、綺麗だったことでしょう

わんぱく三人組で科学博物館へ。リニアモーターの毎時500kmの速度体験。前から見るどんな顔?と想像してしまいます。
              C

今、孫ブームの恐竜。自分も恐竜になったつもりの強そうな顔・・・かな?

              557


母の日のプレゼント

昨年10月に結婚した息子夫婦から綺麗なブリザーブドフラワーと資生堂パラーの美味しいチーズケーキが届きました。
カードには「いつもありがとうございます。これからもますます若々しくお元気でいてください」と励ましの言葉。
早速、旦那様とティータイムにいただくと濃厚なチーズが美味しい!

            花A

花  hana B

八月にはパパとママ。これから出産準備で出費が重なるのにこんな高価なプレゼントを貰うと可哀想になる。これからは気持ちだけいただくことにしようと思った。


母の日に・・・

今日、五月の第2日曜日は「母の日」。赤いカーネーションを手にする人が町のあちらこちらで見られることでしょう。
     ブーゲンビルア4

この「母の日」が近づくと30年前に亡くなった母の事をいつも以上に懐かしく思い出される。明治生まれの小柄な母。五人のどの子にも深い愛情で接していたというが、「末っ子のお前にはかなり甘かったな~?」と19歳年上の兄は何かにつけて不服げに語っていた。

父が亡くなった後も気丈に生きながら69歳の短い人生を閉じた母。今元気でいるなら美味しい物も温泉にも連れて行ってあげたいと思うが、「孝行したいときには親はなし」とは良く言ったもの。

「一を知って十を知りなさい。いつも感謝の心を忘れず心の中で手を合わせること」など母の口癖を今、私は子供達に口酸っぱくして言っている。母から子へ、子から孫へ。母の教えは永遠に・・・。「お母さん、本当にありがとう!」心からそう言わずにはいられない母の日です。

                           青花瓶

ピアノの調律

過日、20年近くお世話になっている調律の方から「先生、もう調律の時期ですが・・・」と電話が入った。ピアノの音がボロンボロンと締まりのない音。音程が下がっているのか、歌っていても高音部の声も出しやすい。4月は何かと忙しくしていたので昨日、やっと調律をお願いした。

二時間ほどで綺麗に調律していただき、夕方お稽古に来た6年生の生徒が弾き始めてすぐに「今日のピアノの音は気持ちがいいですね?」と・・・。う~ん!この子は耳がいい。もっと練習してくれれば言うことなし!

   ピアノB

幼い頃父に買ってもらったアップライト。音大入学で免税でグランドピアノ3Kを一台。家を建ててG5の少し大きな機種に替え、二人の娘達が弾くようになってもう一台。そして20年前、こちらに引っ越してこれで5台目のピアノになる。
ピアノの機種は当時、音が良いと評判だった河合楽器のCA-40A。確かに柔らかい音でよく響く。部屋が狭いのでいつも蓋を閉めているが蓋を開けて弾くといい気持ち。

             ピアノA

すでに弾き手のないピアノもお値段が嵩みますが、一年に一回は調律しておけば大丈夫。あとは専用の乾燥剤(¥2000ほど)や海苔の缶に入っている小さな乾燥剤をピアノの中に沢山入れておけばOKです。今ピアノは高くなり過ぎておいそれとは買えません。大切に大切に保存管理してくださいね?

             ピアノ

GWのワインと料理

5月1、2日と伊香保温泉に出かけたのであとの休日は家でゆっくりワインを楽しみました。
5月3日の憲法記念日の夜はボルドーワインのシャトー・デ・コンブ2003年。葡萄はメルロー主体。我が家にしては味の濃いお料理に良く合いました。

              ボルドー

蒸した豚もも肉ときゅうりのピリ辛味の炒め物。温かい御飯に乗せればバッチグーかも・・・。でもお酒を飲む日はご飯を炊かない野いちご家です。

             kyuurito buta

同じ蒸し豚肉と大根のスープ。なかなかイケルあっさり味。美味しい~!

            大根

4日のカレーにはヴェンティスケーロの白ワイン。葡萄はソーヴィニヨンブラン。この時期、しっかり冷やしていただきました。カレーの辛さにワインの甘味がまします。

            白ワイン

今回、なすのドライカレーにレンズ豆を入れてみました。ちょっと変わった香りで美味しい。

            カレー

5日の子供の日はボルドーの赤ワイン、シャトー・グリュオラローズ1999年。香り豊かなワイン。甘味と苦みがほど良くマッチした美味しいワインでした。

            gurioraro-zu

玉葱と鶏のバターたっぷりのワイン煮。マッシュルームと新玉葱が甘くて美味しい。美味しいソースが勿体ないので翌日じゃがいもを煮ました。
            
            ワイン 煮

最終の6日は二本のワインを開けました。
スペインの白ワイン2006年。スペイン語なので正しく名前が読めませんが葡萄はヴィウラ100%。コクがあり時間が経つにつれて優しく、美味しく変化しました。

             白

お馴染みのオーストラリア赤ワイン、パリンガ2005年。葡萄はシラーズ。濃い綺麗なルビー色でシラーズ特有の果実味が楽しめましたが、飲み終わった瓶には真黒な沢山のオリが・・・。

             赤

我が家のシェフが作ったユイシャンロースーもどき。緑のピーマンがなかったので黄色のパプリカで作りましたがあまり色がパッとしない。

             pi-mann

料理の途中で突如、「グラタンにします・・・」とシェフの声。なすと帆立のグラタンに変更され助手は大慌て。ま、短時間でできたので良し!としましょう。
カロリーオーバーかとカラダスキャンに乗るのも怖かったですが、いつも通りの数字に・・・ホッ!苦笑

             帆立グラタン


コーラスの練習日

昨日は新学期から2回目のPTAコーラスの練習日。メンバーの方々で忙しい方もおられ今年はちょっと少人数になりましたが、一人ひとりの声を引き出しながら美しいハーモニーが響かせれば・・・と一歩でも二歩でも前進したいと思います。            
               
               グランドピアノ

今年12月の市の交歓会に向けてすでにスタートしていますが、ここにきて選曲に迷いが・・・。
関根栄一作詞、湯山昭作曲、三部合唱「葡萄の歌」は決定。でもアカペラ三部合唱の木下牧子作曲の「ゆめみたもの」と同作曲二部合唱「月の角笛」のどちらにしようかと・・・。

無伴奏=アカペラは初体験。ピアノ伴奏がないので音程が不安定にないように、音楽的に美しく歌うのはこれまた難しい。良い勉強になるので挑戦してもいいけれど「月の・・・」も可愛いく捨てがたい綺麗な曲。あ~、どっちにしよう・・・。
まだ時間はある。よし!欲張って三曲練習しておこう。

♪今年のNHK全国学校音楽コンクールの課題曲が決まった。これから10月の本選を目指し出場校は地区予選に向けて練習、練習の日々だろう。
小学校の部「この☆(ほし)のゆくえ」は直木賞作家の森 絵都さんの作詞、太田桜子さん作曲。
中学校の部「手紙」はシンガー・ソングライターのアンジェラ・アキさんが書き下ろした曲。兎に角、元気に歌ってほしいと・・・。(今夜22時、NHK「拝啓十五の君へ」の番組に出演。色んな楽しいエピソードが聞かれそうです)
高校の部は竹久夢二の絵「青春譜」に寄せて・・・五木寛之さん作詞、信長貴富さん作曲。

FC2Ad