野いちごひとりごと
人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。
200809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200811
お花を見ながら・・・
                 このところすっかり秋めいてきました。
             旦那様も来月のスキー初滑りのトレーニングを兼ねて
                駅まで徒歩で通勤し始めました。(イエ~ィ!)

                  お陰で忙しい朝は30分時間が空き、
                   朝のウォーキングもゆったりと・・・。
                  あちらこちらで綺麗なお花を目にします。

             花1

               
                    立派な菊をみると幼い頃に見た
                明石城や枚方の菊人形展を思い出します。

         
                     d

                 ランタナでしょうか?手毬のような可愛い花です。
              
              花
               
                         今日はハロウィ-ン。
                  10月はコンサートの準備や山登りやテニスと
                        何かと忙しい日が続いたが、
                         これも元気の賜物と感謝!
                             明日から11月。
                        いよいよコンサートも秒読みに入り、
                  風邪をひかないようにと最終調整です(ドキドキ・・・)






オオカマキリの飼育
過日、5歳の孫からTELが入り「じぃじはいる?」と何か尋ねたいような口ぶり。何でもお友達から産卵後のオオカマキリをもらったそうだが餌が分からないとのこと。

優しいじぃじは帰宅するなり、着替えもせず「カマキリは生きた虫しか食べないけど、今晩は遅いから肉を少し丸めて目の前でブラブラさせてごらん?」と色々教えている。
折り返しまたTEL。「じぃじ、2回食べたけどあとはたべない」「そうか、じゃ生きた虫を捕まえなきゃね?」

次の夜「じぃじ、公園でバッタを捕まえたよ?食べた、食べた!」と嬉しそうな声。娘には「もう逃がしてやらないとバッタが可哀想よ?」とばぁば。

「もう少し飼いたい」という孫はカマキリのえさ探しに朝晩一人で出かけて行ったというが、さすがにバッタが食べられるのは可哀想とカマキリを逃がし、バッタのお墓を作ったそうな・・・。これで毎晩のようにかかってきた孫からのオオカマキリ飼育報告は一件落着したが、次は何?恐ろしい!

       K K1
                    YA


           >>>>>>>>>>    <<<<<<<<<<

買い物に出てもどうしても子供服売り場に足を運ぶばぁば。5歳の生意気盛りの孫にと20%OFFの綿の長袖シャツ(グレーとベージュ)とコーデュロイの半ズボン。少し寒い時にはパーカーも便利かと・・・。着る服も可愛らしさもなくなり、買物の楽しみも半減。
でも「これかっこいい!お気に入り!」と笑顔を振りまいているとか・・・。今夜、また「ばぁば、ありがとう!」と可愛い声が聞けそうです。

              パーカー

                  この靴はサイズがそろわないからと半額。
                   17cmがあったので飛びつきました。

              kutu

                   
新鮮ないただき物
昨日の夕方、コーラスのピアニストから「先生、今お伺いしてもいいですか?」とTEL。何でも釣りのご趣味のご主人様がいなだを釣ったから届けてくださるという天にも昇るありがた~いお話。

でもそれでは余りにお気の毒なので途中まで自転車で急いだ。ビニール袋の中には40cmもあるピカピカの大きないなだが2匹。早速、生徒が来る前に出刃包丁を研ぎ半身はお刺身、もう半身は塩焼き用にさばき、もう一匹は腸だけ出してチルド室へ。

新鮮なので身も締まり、皮も固くてなかなか包丁が入らない。ここで指でも落としたら大変とタオルでいなだを抑えながら無事に終了。

贅沢にもお刺身は分厚く切って口に入れると天然なので甘味がありあっさりと美味しい。塩焼きも焼き過ぎず、火の通りも丁度良し!「旨い!うまい!」と夫婦で1匹ペロリ!
さて今日はアラと残りの1匹。朝から夕食が楽しみ。

以前にも釣ったばかりの新鮮な鯵や蛸などをいただいたが、私の魚好きを覚えてくださっていて本当にありがたいことと感謝、感謝です!本当に御馳走様でした。

             いなだ
             刺身
             sioyaku

              トールローズ ~~~~~~~~トールローズ~~~~~~~~トールローズ

日曜日、小沢征爾指揮のオペラを観た夕食はロゼワイン。バンドールロゼ・クール・ド・グレン。綺麗な色で瓶の形も楽しい美味しいワイン。

             a

鶏にローズマリーとタイムを入れ皮を香ばしく焼き、マスタード味の簡単メニュー。美味し!

             とり

伊豆高原テニス(完)
この楽しいテニスツアーにも二つのアクシデントが・・・。
コート内で私達の目の前で男性と一本打ちしていた女性が変な転び方をしたと思ったら立つことができない。
患部を氷水などで冷やしていたものの心配なので、ホテルの方とメンバー二人が付き添って病院へ。夕食の頃に戻られ右足アキレス腱部分損傷で痛々しいギブス姿。彼女は「暫くテニスもスキーもお預けです」と残念そう・・・。松葉杖で気丈にも一人で帰宅された。

夕食も終わり懇親会ではお酒とおしゃべりに楽しい時間が過ぎ、私達が部屋へ戻ってから深夜の出来事。お腹の調子が悪いと言われていたいつもお元気な男性が倒れられ、救急車出動で大変だったとか。
CTを撮って脳には異常なく、診断は脱水症。何も知らない私達は翌朝、話を伺ってびっくりでしたが、ご本人はもうケロっとしておられ元気そのもの。大事に至らなくて良かったです。

やはり中高年にはいつ何が起こるか分かりません。スポーツの前後は準備体操のストレッチを充分して、水分を早めに摂り、喉から手が出そうなランチのビールも我慢!自分を過信しないで現実を見つめることが大切と夫婦で常に話しています。今回のアクシデントはいつでも誰にでもあり得ること。今以上に肝に銘じておかなければ・・・。

             ~*~*~*~*~*~トールローズ~*~*~*~*~*~

二日目の新鮮な朝の空気の中、7時前からポーン、ポーンとボールが快く響く音。若い人達はもうコートでひと汗流している。”若いっていいな~?”と部屋の窓から夫婦してしばし、見学。ア~ァ・・・・。

               朝れん


メンバーより一足先に帰路に着いた私達。帰りは楽しくなるようなフランス国旗色の伊豆高原発リゾート踊り子21。1号車は最後部車両。景色が後ろから前にに飛んでいくので変な感じ・・・。でも走り去った曲線のレールや遠くに離れていくトンネルが面白く睡魔もどこかへ。1時間半で大船到着。3度目のアクシデントもなく予定通りの帰宅でした。

               1
               21
               3



伊豆高原テニス(2)
夕方5時前までテニス三昧。温泉で汗を流して冷たいビールで”お疲れ様~ぁ”テーブルにドンと舟盛りが・・・。早く早く・・・食べたい、食べたい!。お皿に取リ分けて・・・コリコリとどれも美味しい~!幸せ~!
初めてお目にかかった方々とも意気投合。今度はスキーでお会いしましょうね?とお約束。

           舟盛り
           sasimi
           夕食

夕食が終わるとクラブ恒例の懇親会が行われ、いつものようにお酒やワイン、おつまみなど食べきれないほど沢山の差し入れがあります。飲めない方もおつまみとお茶などで夜遅くまで笑顔いっぱい。本当に楽しい時間です。

            sake

                   sake a

いつも私のブログを観てくださっているMさんは旦那様が利用しているエノテカのファンになられたとシャトー・ド・ブロンドー2002年と美味しいナチュラルチーズとクラッカーをご持参。お役に立てて嬉しい思いです。

シャトー  チーズ

旦那様はオーストラリアワインのファースト・ステップとスペインワインのモナステリオ・デ・ラ・オリバーの赤ワイン2本を持参。私はお酒や焼酎はいただきませんが、三種類のワインはしっかりといただきました。美味しーい!

     ステップ        ワイン

                       おつまみも一杯。
                 千葉の幹事さんの落花生は大人気。
                 ポリポリと皮をむくのも楽しみのうちです。

            つまみ


伊豆高原テニス(1)
土曜日は心配したお天気もまあまあ。雨が降らないだけましかと、スキークラブから1泊で伊豆高原へ。男女12名でテニスを楽しみました

コンサートの本番も近く、翌日は小沢征爾指揮の歌劇「フィデリオ」の日。疲れて体調悪くなってもと最初は不参加でしたが、どうしても行きたくなり、普通ならのんびりと車で出かける所、オペラに間に合うように午前中には確実に帰宅したいので旦那様と青い車両のスーパービュー踊り子号に乗りました
初めて乗る特急に胸もワクワク。窓も大きく車窓から見る海や高台の畑は懐かしい故郷を思い出します悲しい

        踊り子
        1
        umi
        海

        伊豆高原駅前には樹齢130年の楠木がどっしりとお出迎え。
             ゆったりと足湯を楽しんでおられる方も・・・

       kusunoki

幹事さんの奥様がネットで見つけてくださったリゾートホテルロブィング。インドアを含めてコートは11面。向こうのコートでは若かりし頃やったような厳しい練習を若者が元気いっぱいで汗を流していました

       hoteru

ホテルに着くなりコートに入り各自で準備体操。初めてお目にかかる方々とご一緒して11時~12時までウォーミングアップやゲームを楽しみランチはお代わり可のカツカレー

13時から日暮れまでミックスダブルスやレディースを”もうイヤ!”というほどひとしきり楽しみ、あとは皆と温泉に浸かって美味しいビールとお料理をいただくだけ・・・


ウィーン国立歌劇場(2)
ウィーン国立歌劇場の2演目目は昨日、海が見える山下公園の前の神奈川県民ホールで幕が上がり、歌劇「フィデリオ」は小沢征爾の終始緊張した指揮で素晴らしいオペラの世界でした。
今回の席は残念ながらA席しか予約できず右は端の15列56番。小沢征爾さんの横顔やコンサートマスターのライナーキュッヘルさんの光った頭が見える席。

72
ホール 

レオノーレ役のソプラノのデボラ・ヴァイトは以前は135kg以上もあり舞台衣装が着れず降板。しかし昨日は見事にカムバック。素晴らしい声と合唱に負けないほどの声量には感心したが、演技がいまいち。ちょっと惜しい気がしました。

9

フィデリオ(男装のレオノーレ)に憧れる初々しいマルツェリーネ役のソプラノ、イルディコ・ライモンディ。客席から見てもスタイルも良くとてもチャーミング。その美声も温かく心に響く声。好感がもてる歌手でした。

0

マルツェリーネを愛するヤキーノ役のテノールのペーター・イエロシッシ。とてもハンサムで舞台上でも目を引く人。落ち着いた声のテノール。31日にはまた聴けるので楽しみです。

2

マルツェリーネの父、ロッコ役のヴォルターフィンク。見るからにメタボの彼。台詞の声は素晴らしい声。歌にもあの声がもっと生かされれば言うことなしでした。

3

レオノーレの夫、フロレスタン役のロバート・ディーン・スミス。テノールはどうしてもペーター・シュライヤーとかテオ・アダムの素晴らしい声が耳に残っているが、とてもいい声で表現力も素晴らしいテナーでした。

4

過日のリッカルド・ムーティーのモーツアルトと小沢征爾のベートベンのオペラ。イタリアオペラとドイツオペラのオーケストラの音や内容を比較するのは難しいものがありますが、今、最高の指揮者で楽しめたことにとても幸福を感じています。

昨日はウィーンフィルハーモニ-が来日100回公演という記念すべき日。はっぴを着た小沢征爾さんや演出家のオットー・シェンクさん、オーケストラのメンバーも壇上にあがり、賑やかに清酒白鶴の鏡割りがありました。

               100


忙しく帰宅
一泊の楽しかった伊豆高原のテニスから皆さんより先に失礼して11時前に帰宅しました。
このあと神奈川県民ホールで小沢征爾指揮の歌劇「フディリオ」があるので、13時前にはまた家を後にします。
洗濯物やラケットなどを片づけての今日のランチは大船駅のアールエフワンのサンドイッチとコロッケ。
ホテルの朝食が多いかったので旦那様と分けながらいただきました。
それではまた行ってまいります!

             R



夫婦の外出
夫婦で出かけることが多くなった今、若い時と違ってこの年になるといつ何どき何が起こるか分からない。また今の世の中、物騒なので不可抗力で命を落とすかも知れないという不安も隠せない悲しい

不慮の災難を考えてある程度、留守中の家の片づけに少し気を使って外出している。キッチンの食器の後片付けは?洗濯物は?部屋は?ベランダのゴミは?脱いだ服は見苦しくない程度に片付いているか?等々考える

第三者に「何?これ!」と笑われたくない思いで、時間が許す限り掃除や整理を済ませて外出する。そうすると疲れて帰宅した時もきちんと片付いた部屋は血圧も上がらず気持ちの良いもの苦笑

              kiku

余談だが若かりし頃、子供を置いて外出した時、帰宅の玄関前で旦那様から「ちらかっていても子供達を怒るなよ?腹を立てるなよ?」と何度も釘をされた事が・・・sc03

最近は深刻になって「そろそろ遺言状を書いておかなくては・・・」と思うようになった。たいした財産などないから、”お墓はあそこ、遺影はこの写真、お棺にはこの楽譜とこのドレス、ピアノはいらないなら処分して・・・”とか可愛いもの
皆に迷惑をかけないように心掛けようと思うと同時に、夫婦して外出するのもちょっと覚悟がいる年齢を迎えたような気がする汗(だらだら)

                
              ********** **********
                   
                      心配していたお天気も
                   爽やかな秋晴れとはいきませんが、                   
                 スキークラブの方々と怪我をしないように
                     テニスを楽しんでまいります。
                   皆様も素敵な休日をお過ごしください





バナナダイエット
世の中を騒がせている「朝食バナナダイエット」たるもののお陰で何年も朝食にいただいているバナナが手に入らなかったが、そろそろスーパーにも値段が少々高めで沢山並び始めました。

                  バナナ

「バナナダイエット」はリバウンドもなく効果大というので遅ればせながら調べると「バナナには脂肪を燃やす豊富な酵素作用により体内の毒素を排出するという」ということでした。

私の知人もご主人様とこのバナナダイエットを実践中。先日お会いするとウエストのクビレがすっきり!ご夫婦とも2か月で3kg減。体調も良いと言われ、何よりも朝の忙しい時、朝食の手間が省け洗い物がないという利点に大喜びされていました。

この1ヶ月、レコーディングダイエットはしているものの、間食もなく大食家でない私にはあまり効果はありません。そろそろ大フィーバーが下火になり、コンサートが終わればこの手頃なダイエットを始めてみても良いかな?など本気で考えております。

<バナナダイエット>
アップロードファイル方法
・朝食として生のバナナを食べる
(複数可、何か食べたいときには15~30分おいて何を食べても飲んでも可)
・常温の水を飲み、昼食、夕食は普通どおり。

アップロードファイル効用
・繊維やカリウムの多いバナナは塩分(ナトリウム)を排泄しむくみ、便秘、冷え性が解消される。

アップロードファイルもっと効果的に
・食後のデザートはやめる。
・早く効果を出したい時にはランチは和食がベスト。
・炭水化物を積極的に摂ること。
・夕食は18時台がベスト。
・24時までには就寝。
・ダイエット日記をつける。


楽しい!絵付け
楽しみにしていた絵付けのお稽古。やっと仕上がった写真立て(写真左上)の裏には、孫の誕生記念として誕生日と身長、体重をゴールドで書き入れ先生に焼いていただくと出来上がり!先生のお手本と比べると反省するところもありますが、初めてにしては上手に描けました。

               皿

新米ママの柄のデザインはバラの位置を変更してボックスの蓋(写真↑右下)にはピンクのバラとゴールドの葉。底は(写真↓)薄いピンク色をスポンジで軽く叩きながら色をつけました。四面を色のむらが出ないように力加減が難しかったですが、真っ白より夢見そうな淡い感じでとっても可愛いくなりました!

次回はリボンの部分にちょっと魔法をかけ豪華に可愛くしたいと思います。そして前々から作りたかった(写真↑左下)娘へのプレゼントのアクセサリー入れ。リングなどをかけます。これからあれこれとデザインを考えるのが楽しみです。(ウ・フ・フ)

               器
最近のテニスラケット
本降りの雨の予報の今週末、スキークラブから伊豆へ一泊のテニスツアー。長いことラケットのガットもそのままなので張替に以前は入り浸りだったスカイビル9階のウインザーへ久々に出掛けました

店内にはずらりと並んだカラフルなラケットが・・・。買う予定もありませんが、スタッフに「今、人気のラケットは?」と聞くとすかさず、伊達公子使用のヨネックスを手に取り、「試打もできますよ?」と誘惑されそうに・・・むっ

最近ではフレームに穴が開いており打った時に空気が抜けてラケットが軽くなるという。それが良いのか悪いのか私には分からないが、今持っている10年前のラケットとは素材も良くなり腕に優しく、狙う場所にボールが飛びレベルアップしそう考える

きゃ~!欲しい・・・ピカピカ光る新しいラケット。でもね・・・?年に数回しか打たないのに・・・勿体ないと言い聞かせた!?

               ラケット

                  ウェアも可愛い物がずらり。あ~、欲しい欲しいむっ

               fira

                      腰痛でテニス人生は終わった・・・悲しい
                    そう言い聞かせて買ったのは¥525の
                      このソックスだけ。可哀想!(ト・ホ・ホ)汗(だらだら)

               靴下


                  >>>>>>>>>>四葉>>>>>>>>>>

                      盛岡の義兄が作った大豆800g。
                  常備食の黒豆の酢漬けが無くなったのでこの
                       大豆を代わりに使いました。
                    朝食のヨーグルトに入れていただきます。

               大豆

ウィーン国立歌劇場初日
この秋、夫婦して楽しみにしていたウィーン国立歌劇場三演目の初日はリッカルド・ムーティの指揮でモーツアルトの歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」(女はみんなこうしたものよ)でした。

アンサンブルが特に多いこのオペラは「女は必ず心変わりする」というドン・アルフォンソに対して二組のカップルが織りなすコミックオペラ。笑いもあって楽しめる反面やはりモーツアルトの偉大な才能を感じる素晴らしいオペラでした。

いつもTVやDVDで観るムーティーの印象とは違ってとても穏やかな人柄を感じ、また想像していたより小柄なイタリア人。彼が棒を下ろすと序曲からウィーンフィルのあの独特の音が鳴り響き、オーボエも美しく流れオペラの始まりを告げた。   

              プログラム

70歳に手が届く彼はピットのなかでも壇上の上でも笑顔を忘れず、今や世界中で引っ張りだこ。この秋からはニューヨーク・フィル首席客演指揮者、2010年シカゴ交響楽団の音楽監督に就任。

                 M

ソロの歌手は男性3人、女性3人。特に素晴らしかった個性的な彼女達の印象を簡単に・・・
トールローズフィオルディりージ役のバルバラ・フリットリ(ソプラノ)・・・今一番聴きたかったソプラノ歌手。期待どおり声の伸びも艶も良く、音域も広くテクニックは抜群。美しい豊かな声と声量で音楽表現は勿論のこと、お芝居がとても上手。昨晩は絶好調だったのではと嬉しくなった。

                 フリットリ

トールローズドラベッラ役のアンゲリカ・キルヒュシュラーガー(メゾソプラノ)・・・客席から見てもチャーミングな顔立ちで声も素敵。「フィガロの結婚」のケルビーノ役や「ばらの騎士」のオクタビアン役はぴったりかも・・・。

                 A

トールローズ女中のデスピーナ役のラウラ・タトゥレスク・・・コケティッシュなマスクでこの役柄を地でこなしているかのような当たり役。「魔笛」のパパゲーナ、「フィガロの結婚」のバルバリーナ役。私と同じレパートリーなのでどれも一度聴きたいもの。

                 B

楽しみにしていた歌劇三演目。次回は小沢征爾指揮の歌劇「フィデリオ」です。

*東京文化会館での昨夜の座席は1F前列8-35番。ムーティーのメガネをかけた横顔と歌手のブレスが聞こえる位置。もう少しうしろだと申し分ないのですが・・・。5階までぎっしりの満席。
休憩中にオーケストラピットのフォルテピアノの調律を覗いて見た。とても可愛い楽器でした。

                seki
               
                w


新しいホームドクター
開院以来20年近くお世話になった内科の先生ももうお年なのか、先日から休診中。家の周辺には多くの開業医の名前は目にしますが、あまり良い評判は聞かず、総合病院も遠方で診察に時間がかかりどうしようかと悩んでいました。
過日、我が家と目と鼻の先の音楽仲間が教えてくれたお医者様は早朝も土・日も午前中は診療。とてもしっかりと診てくださり良心的だとか・・・。
朝、7時25分、普通の住宅に看板が掲げられ大丈夫か?と思いつつ、これから長くお世話になるつもりでドアを開けました。

          柿
                
ドアの可愛いチャイムの音と共に「おあがりくださ~い!」と優しそうな声(?)待合室には綺麗に飾られたお花や整理された雑誌が・・・。「おはようございます。初めてですね?」と噂どおりのトムクルーズに似たハンサムな42、3の先生。
問診票を書き紹介された友達の名前を告げると「じゃ、音楽をされているのですね?」とニッコリ。「あ、はい!」とこちらもニッコリ!(ウ・フ・フ)

家族構成や亡くなった親、兄弟の病名や年齢を万年筆でメモされ、私の皮膚の患部を診察。蕁麻疹はストレス、寝不足、食物、スポーツなどの悪条件が重なって現れるといわれ、原因追及は難しいとのこと。何回か繰り返すことがあるというので漢方薬のかゆみ止めと抗生物質の薬を処方してくださった。

帰る頃にはもう3、4人の幼児や大人の患者さん。事務の方がおられなかったのか、先生が急いでおられたのか、「診察料は次回でよろしいですよ?」と・・・・。こんな先生は初めて。
次回という訳にもいかないので夕方、お支払いをしてきましたが、近所に信頼できそうなホームドクターが見つかり友人に感謝です。


子羊のビアンケッテイ
ワイン<土曜日>
冷蔵庫の奥に賞味期限が切れそうな生クリーム。蕁麻疹で少々かゆい私に旦那様はイタリアンシェフの神戸勝彦のレシピで”子羊のビアンケッティ”を作ってくれました。

肉300gに対して玉葱2個は少々多いですが、30分ほど炒めるとしんなりと量も低くなります。ローズマリーと炒めたラム肉、生クリーム、パルミジャーノレッジャーノを入れて塩コショウ。とろみがつけばOK。
ごく簡単ですが薄く切った玉葱を気長に炒めるのがコツ。ソースに甘みがあってグー。鶏肉や豚肉にも応用できるソースです。

子羊 1

ホワイトソースなのでワインも白ワイン。シャトー・ランシュバージュのシロワイン、2004年。香りも豊かで上品な味と綺麗なラベル。冷やし過ぎない方が美味しくいただけました。

                 白ワイン」

ワイン<日曜日>
昨夜は蕁麻疹のかゆみもひどくなると思いビールもワインもアルコールはお預け。ラム肉に塩コショウ、クローブとバジルを振りかけステーキで簡単に。バジルパンが美味し~い!

ラム pann

旦那様が一人で飲んだボルドーワインはシャトー・ド・ブロンドー2002年。香りだけかがしてもらいましたがいい香り。お味は軽やかでタンニンもしっかりしているとか・・・。まだ残っているので今夜、私の舌で確かめてみましょう。

                 ボルドー




       ************

今朝は蕁麻疹のかゆみも発疹も少し治まっていますが、いつまたどこで発症するかも知れないので今、近くの病院で診察を受け帰宅しました。薬を服用すればもう大丈夫でしよう。

皆様には色々とご心配をおかけして申し訳ありませんでした。蕁麻疹は寝不足、疲労やストレスなど色んな原因で引き起るので皆様もどうかくれぐれもお気をつけてくださいね?ありがとうございました。
(午前7時50分)



蕁麻疹 その後・・・
蕁麻疹の痒みで眠られず昨日は睡眠不足。朝8時過ぎいつものお医者様に出かけたら「先生の都合で10月末頃まで休診」と貼り紙が・・・。あ~、やぶ先生でも頼りにしていたのに・・・。

午前中は差ほど痒くなく過ごせましたが、お昼寝にちょっと布団に入り温かくなるともうたまらない。救急病院へ電話して症状を説明したが、当直医師は外科医ということで断られ、仕方がないのでもう一晩、我慢の子。

明朝、徒歩3、4分の所に7朝時半から診てくださる内科、皮膚科の先生がおられるので何をさて置いても行ってきます。明日はお昼から声楽レッスン、明後日はオペラ鑑賞と予定が詰まっています。

私が蕁麻疹を経験したのは小学4年生の時、母が急性りゅうまちを患った時、お手伝いさんが、私が好きだというなたね(スクランブルエッグのこと)を毎朝作ってくれてとうとう全身に蕁麻疹が・・・。
日赤病院に通い給食も食べられずお弁当持参。同級生に白い目で見られあのお手伝いさんを恨んだ事を思い出しました。

風邪をひいた、熱が出たという内科的な症状より皮膚病はこじらせると厄介なもの。素人判断で市販の塗り薬や飲み薬の服用はやめておこうと、かゆみも我慢して熱を持った患部には冷やすと少しは楽なので保冷剤を当てています。

           *:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

               涼しくなってくるとカメの食欲も
                    落ちてきました。
               日中の温かいときはベランダに
                夜は部屋に入れてやります。
         
        亀

                 孫から預かっている金魚は
               相変わらず朝から食欲旺盛です。

        金魚


テニスの予習
テニスはここ一年ほどやっていないような気がする。休日に夫婦してのめり込んだあの15年間、テニスに狂った生活が遠くに感じる。今週末、スキークラブの方々とテニスを楽しむことになっているので、ちょっと予習に旦那様といつものクラブへと出かけた。

            ラケット

通い慣れた道も久々だったので思い出しながら・・・。旦那様とボレーからストロークへと目と体を慣らしながら打点の確認をしてやっとまともなボールが打てるようになった。
男性5人、女性は私のみ。6人で2時間たっぷりコートを走り回り快い汗。そして勝った負けたと一喜一憂。常に集中力を切らさずボールを追っかけた。やはり私には白黒はっきりする勝負の世界が性にに合っているような・・・。

                コート


               **********四葉四葉四葉**********

と、ここまでは良かったが、帰宅してからが・・・・。腰痛予防のためスポーツを楽しむときはいつも腰にコルセット着用。昨日は10cmばかりのゴム製を着用していたのでウエストに汗をかきちょっと赤い湿疹が・・・。単なる汗もだと気にもしていなかったが、機嫌良くワインも食事も美味しくいいただいて布団に入ると胸や背中、足などにかゆみが広がり幾度となく目が覚めた。
全身を鏡で映すとあ~ぁ、可哀想に・・・・赤い湿疹が地図のように広がっている。え?”蕁麻疹”?何か悪いものを食べたかな?と記憶をたどるが・・・。
今日は日曜日。診ていただける先生は内科のあのやぶ先生。かゆみ止めだけでももらってこよう。兎に角、かゆ~い!!


絵本作家 ターシャ・テューダー
大阪の姉が大丸で開かれていたターシャ・テューダー展を観てきたと可愛いお土産を送ってくれた。
自分に買ったこの額縁の色が気に入り、再度足を運び私の好きそうなカードも一緒に求めてくれたそうだ。
早速、リビングの壁に・・・。

      2

                 1

          この6月18日に92歳で亡くなったターシャさんの素敵な言葉。
             「人生は短いのよ。文句を言っている暇などないの。
                目の前にある幸せを精一杯味わう事よ」

             ターシャ



             *:*:*:*:*:*:*:ローズ2ローズ2ローズ2*:*:*:*:*:*:*:

盛岡の姉の友人が可愛いアクリルたわしを私にと・・・。びっくりするほどカラフルなこと。ただ単に実用向きに作った私の物とは大違い。器用な方はこんな可愛い作品を楽しんでおられるようです。

             akuriru



ベビーフェアへ
夏から待っていた高島屋のベビーフェアの案内が来たので歌の伴奏合わせの帰りに行ってきました。初日の午後ともなれば少しすいて、ましてや新生児売り場の混雑はありませでした。

事前にお嫁さんに今持っているベビー用品をリストアップしてもらい期待して出かけたのですが、会場には気に入る物も種類も少なく、ちょっと出鼻をくじかれた感じ。それでも値段と相談しながら幾つものワゴンの山の中から何点か見つけました。

まだ生後2か月ですが、これから寒い日にも定期検診やママさん同士の楽しい集まりのお出かけがあるでしょう。温かそうなパイル地のカバーオールのー2ウェイタイプとベスト。裏地は勿論綿100%です。
トールローズ2ウェイタイプとは・・・私も知らなかったのですが新生児のときはドレスタイプ、足をばたつかせるようになればスナップの止め方を変えて動き易いようにズボンタイプにできるものをいいます。

               2

春先にいいかと、少し薄手の可愛いカバーオールとカーディガン。目を見開いてウール100%を探しましたが、若いママ達が洗濯しやすいようにアクリルとウールの混紡が多いとか・・・仕方ないか?

               1

柔らかい綿毛布と寒い夜にお布団からはみ出してもいいように温かくくるまって・・・。

               3
               4

ベビーフェアの前週に見つけた桂由美さんのふんわり、ぬくぬくの2ウェイのお出かけ用(パイルキルトで1歳半まで可)。ピンクの色も品のある色から表現のしようがないようなピンクまで。そんな中、お姫様にはこの紫がかった(色がうまく出ていませんが・・・)このピンクがお似合いだと20%OFFで買いました。

ベビーフェアにはこの微妙な色の物はないと判断したのは大正解。一種の賭けでしたがお値段もさほど変わらず…超うれしい!ファミリアも20%OFFになっていましたが、少し成長したお姫様にはどんな色が似合うのかまだ分からないので次回の楽しみに取っておくことにしました。

               a

5歳の孫の長そでの綿シャツを探しましたが、どれもイマイチ!温かそうなベストが目に入り、以前買ったジャンバーと一緒に荷造り。宅配で二ヶ所に送ったのですが、慌て者の私は宛先を間違わないようにと肝に銘じながら・・・。昨日、それぞれに無事に着いたようです。

               5
                        

旧中山道 馬籠宿
ここ馬籠宿は何年か前に姉達と来て2回目、前回、妻籠宿まで来たものの時間がなく素通りだった初めての旦那様。集合時間まであっちこち忙しく歩き回りました。
ここは妻籠宿と比べると大きな宿場のようですが、石畳の坂が多くて歩きづらく、変に観光化されて私は素朴な妻籠宿の方が好きです。

               9
               magome
               a
               b

                     島崎藤村記念館。本陣隠居所です。 

              2
              藤村

                     造り酒屋さんの軒先には立派な杉玉が・・・。

              1

                     この柿をみると”里の秋”そのものでした。

                    kaki

妻籠宿や馬籠宿のお菓子屋さんの前は栗きんとんや蕎麦まんじゅうの呼び子さんが・・・。旦那様の目がギラギラし始め試食して買った澤田屋の老木と栗きんとん。少々お高いようでしたが、正解!

                 roumoku
                 栗きんとん

お昼には11人全員でお蕎麦をいただき、渋滞しないうちにJR木曾福島の駅に。バスの時間待ちにお疲れ様~の乾杯のビール!二人の運転手さんに感謝です。
リーダーが五平もちを・・・モチモチと美味しい!(平らな五平もちの二種類がありました)バスの中ではグーグー爆睡。渋滞で新宿に一時間半遅れで到着。苦しくも楽しい木曽路の旅でした。
                    
                 五平もち

                  ここ数日私の山登りの思い出にお付き合いくださって
                      本当にありがとうございました汗(だらだら)

        





旧中山道 妻籠宿
寝覚めの床から30km弱の宿場町、妻籠宿を訪れるのは今回で3度目の私。それでも静かな山里に江戸時代のたたずまいにもまたもや新しい発見がありました。

0
1 へちま

                  時を刻むように水車小屋は静かに回っています。 

                2
                        
                    諸規則を書いている高札場。難しい字ばかり・・・。

                 3

                 4

      歴史資料館

a         ローズ

                          いつ見ても立派な妻籠宿本陣

                  5

                   坂道に沿って昔ながらの木細工の店など・・・楽しい!

                  6

県天然記念物という”ぎんもくせい”の大きな木。お花はもう散っていました。残念!

ぎんもくせい         白花

                何のお店かわかりませんが、住んでおられるようですね?
                   これから10kmほど先の馬籠宿へ向かいます。

                8

                  

 


開田高原~寝覚めの床
12日、二日目のお宿は開田高原の気のいいおばあちゃまの民宿。前夜、女人堂の不便な山小屋とは違いお風呂も食事も豪華版。電気も煌々と明る過ぎるほど明るく、日常生活のごく当たり前のことがとてもありがたく思えました。

         A    b

         d    c 夕食

           5 朝食

連休で混雑するので朝7時半、早目の出発です。空を見上げると昨日登った御嶽山の剣が峰(中央左の尖った山)の頂上がくっきりと・・・。あそこまで登ったのだと思うと改めて感激!!すご~い!

     剣が峰

        お庭には見慣れない紫の花が・・・(民宿の方に尋ねても分からないと・・・)

           紫
           kiku
            白
            アカ



            :::::::::::::::::::::::::::::::::

                  木曾の桟。中央部の石垣部分は
                 1741年の大改修で積まれた石垣。
                それ以前は木橋が架けられていたそうだ。

                橋

               寝覚め床のドライブインから見下ろした展望。
                   下に中央本線が走っています。

      目覚め

浦島太郎が玉手箱を開けて300歳になったという木曽川の”寝覚めの床(ねざめのとこ)”へ。ここへ行くにはまた急な坂や階段を下ります。行きはよいよい~~帰りはすごく疲れた~ぁ!
私達夫婦はリピ-ターですが、他の方々は初めて見るこの巨岩にびっくり!自然の力はすごい!!

      mezame

             ここから妻籠宿(つまごじゅく)~馬籠宿(まごめじゅく)へと
                    二台の車は中山道を走ります。


木曾御嶽山(二の池へ)
帰路は来た道を帰るのかと思いきやリーダーはあの綺麗なエメラルド色の二の池まで下るという。今度は西部劇に出てくるような山道(旦那様は月面みたいだと言っていましたが)を列をなしてまた歩き始めました。

              959

               景色を見ながらルンルンで歩けるような所もあるかと思えば

               1022

                  岩を這いつくばってよじ登らないといけない所も・・・・。

               岩場

               iwaba

                    下は谷底、一歩間違えば命がありません。

                崖

                      眼下に綺麗なグリーンが開けました。
                         向こうの小屋まで歩きます。

                 二の池1

                       10時45分、しばしレストタイム。
                     振り向けばあの山頂から尾根を歩いて
                     こちら側に来ました。ヒャー!感激!!

                 1045

                     私が岩に座っている場所から写しました。
                             大きな岩だらけ・・・。

                 1048

                      緑がだんだんと近く、近くなってきました。
                         人声もかすかに聞こえます。

                 1056

                      黙っていたメンバーも元気が出たのか
                          笑い声も聞こえます。


                 1102

二の池の小屋の近くには大勢の登山者。11時過ぎですが、皆はおにぎりを広げて早目のお昼。私達夫婦はあまりお腹も減っていないので小さなクッキーを少々。

                gezann

女人堂に戻ったのが13時。おにぎりを食べて荷物をまとめてロープウェイまで。またあの階段の急な坂道を下ります。紅葉を見ようと下から大勢の人達が登ってきましたが、どの人も荒い息使いが聞こえます。
「もう少しです。頑張って!」と下り坂の我々は余裕のよっちゃん。それでも下り坂は滑るので心を引き締めながら・・・。


木曾御嶽山(頂上へ)
翌日12日、朝6時50分、真っ青な空。小屋で注文したおにぎり、水筒、レインウエアなど背負って前途多難を覚悟しながらいよいよ山頂へ向かいます。怖~い!

             出発

8時11分。前日の階段とは違ってゴロゴロの石坂道。どっちもどっちの歩きにくい道。山登りの歩き始めの30分はゆっくりと・・・が原則のようです。 

              811

8時48分。歩くときは汗をかくくらい暑いのですが休憩の時には体を冷やすので上着を着たりと調整します。元気な時はすれ違う人と「こんにちは?」と笑顔といい声で挨拶するのですが、そのうち自然に声も小さくなって・・・。

              848

8時50分。右手にエメラルドグリーンの二の池が静かに眠っています。

              850

9時06分。あ~、頂上が手に届くようで届かない・・・。何回見上げても届かない!よっしゃ!頑張ろう!

              906

9時11分。最後の階段は84段。これにはベテランさん達もヒーヒー言っていました。私も手すりに身を委ねながら・・。

              911

9時16分。着いた~ぁ!頂上3067m。ところがお参りどころではなく、まずリュックを下ろして足を投げ出し、お水を飲んでから・・。
おもむろに・・・お賽銭を入れて「お守りくださってありがとう!」 パンパン!お辞儀。

              916

9時18分。山頂は360度の絶景!眼下の二の池も美しく、遥か彼方に目をやれば浅間山、榛名山恵那山、穂高、乗鞍そして小さな小さな富士山も・・。

             池

登り始めて2時間20分。リーダーの指示に従いながら何回かの5分間程の休憩。景色を楽しみつつ自分との闘いもあった。だからこの美しい景色は自然からの貴重なご褒美です。

              2

木曾御嶽山へ(3)
女人堂では男女が同室。女性が8人で強いと言えば強いですが・・・。お風呂なし。共同トイレ、消灯は9時。ベテランの女性は着換える時にスッポリ体が隠れる大きなスカートで上手に着替え。初体験の私も貸していただいた。うん、なるほど・・・。
山小屋は寝床の頭上を冷たい隙間風。外は風が泣きながら吹いていたが、朝5時まで良く眠れました。早朝なので電気がまだつかない。女性軍はヘッドランプを照らして壁塗り。見たこともないちょっと異様な光景。

旦那様が「ご来光・・ご来光」というので朝5時40分ごろから皆で外で震えながらスタンバイ。初めて見るご来光・・・。陽が昇るのはあっという瞬間でした。

このサーモンピンクの美しい雲。まるでおとぎの世界。

1 

5時44分。もうすぐ、もうすぐ・・・と言いながら
2 

5時50分。見える、見えた~ぁ!
光 

5時50分。お~、お~!
1

5時50分。早い、早い!
2 

5時51分。何とあったか~い!おひさまの笑顔が見えるようです。
3 

後ろを振り向くと薄暗かった山がお酒に酔ったように真っ赤か!綺麗!・・・拍手です。

4 

5時52分。次第にいつも見慣れた色になりました。いや~、普段は見られないとてもファンタジックな世界でした。

5 
木曾御嶽山へ(2)
        ロープウェイ(標高2150m)と言ってもスキー場の8人乗りのゴンドラ。
         冬の真っ白なスキー場のゲレンデを想像しながらしばしニコニコ顔!
              しかしこのあと恐ろしい現実が待っていました。
                   
         ロープウエー          
         紅葉 

             ロープウェイを下車するときつい坂道が目の前に 
              ここで”どうにでもなれ!”と覚悟を決めました。
                約一時間半ほど坂道を登りましたが、
                この坂が一歩ずつ足を換えての階段。
             最後には膝が上がらなくなりそうで・・・。あ~・・・。
                   
                ↓赤や緑のところが宿泊宿の女人堂
            翌日、写真の山の一番高いところまで登るのです。 
            
女人堂 saka
木曾御嶽山へ(1)
11日、朝6時過ぎに大きなリュックを担ぎ家を出て新j宿ラインで新宿へ。KEIO高速バスの集合場所には3日間ともに過ごすメンバー達はすでに到着。11名が自己紹介をして指定の席へ。
8時10分、満席のバスは定刻に木曾福島駅を目指して出発!!バスの中ではひたすら眠り12時前に中央高速自動車道の諏訪湖サ-ビスエリアに到着。

お弁当を仕入れに売店へ。栗おこわと山菜おこわがありましたが、栗おこわには小さな栗が2、3個。欲張り夫婦は当然”山菜おこわ”です。珍しく甘いものを・・・生地にそば粉使用という”そばドラ”。ま、なんていうお味ではありませんでしたが・・・。

おこわ   どら焼き

終着の木曾福島駅までまた寝たり起きたり、景色を楽しんだり・・・。13時20分着。5時間10分の車中は腰がチトつらい!

           バス

駅レンタカーの営業所へ行く途中、旦那様が蒸気機関車D51を見つけました。子供の頃、蒸気機関車がトンネルに入ると真っ暗な煙が車内に入り、乗客が慌てて窓を閉めたことを思い出しました。今は冷暖房付きの車内・・・贅沢になり良い世の中。

           D1

11名なのでワンボックスカーと普通乗用車を3日間レンタルして、いざ!御岳ロープウェィへ。
無事に帰宅しました!
素晴らしく澄み切った青空のもと、御嶽山の剣が峰(3067m)を無事に制覇?昨夜遅く元気で帰宅しました。
ビギナーの私には途中で引き返したいような険しい道もありましたが、一歩ずつゆっくりと急がずに前進、前進、また前進。今回は誰かの言葉ではありませんが、自分を褒めてやりたいような登山でした。

今日は後片付けなどあれやこれやと大忙し!ゆっくりと初秋の”登山”を振り返りながらアップさせていただきますが、とりあえず秋の深まっている山の様子をお伝えしましょう。

山頂に向かう途中に振り向くと雲海と紅葉のコントラストが美しく、下には1泊した山小屋の女人堂(2450m)がだんだんと小さくなっていきます。

      紅葉

               あたり一面、 真っ赤なナナカマドの葉と

              ナナカマド

              赤い可愛い、小さな実が鮮やかに・・・。

              1

黒沢口からロープウェーで7合目まで。黄金の木はダケカンバでしょうか?目にも鮮やかな秋の色彩に多くの感嘆の声が・・・。綺麗!のひと言です。

              1
              白樺
シニア登山のおすすめ
69歳の今も海外登山に年、7~8回は出かけるという田部井淳子さんの”なるほど・・・”と頷けるシニア登山の心得を読み、山に出かける前に良い勉強をしました。

           田部井

              *山の効用は暮らしに元気を与えてくれる
              *山歩きで病気の進行を遅らせる事ができる
              *中高年の登山は楽でなければならない
              *素直な人ほど上達が早く山を楽しめる
              *過去の自慢話はひんしゅくをかう(特に男性)

アップロードファイル登山は万人向けのスポーツ、競争も特別な才能もいらない。
アップロードファイル歩いて買い物に行ける人は60歳からでも始められる。
アップロードファイル年を取って苦しくなったからやめようではなく、苦しくないようにやれば一生楽しめる。
アップロードファイルどうせ支払うお金なら病院ではなく山に・・・
           
              なるほど・・・なるほど大いに勇気づけられるお話でした。
              皆様、どうか良い連休をお過ごしください!
              木曾御嶽山を目指して行ってきま~す!!

                   コスモス

祝 結婚記念日
先日から「結婚記念日の10日の夕食は?」と何度も尋ねる旦那様。私は明日の登山の用意で頭がいっぱいでそれどころではありません。以前は祝日でレストランを予約してお祝いしましたが、今は平日。お祝いはどうでもいいだろうと思ってはいましたが、あまりにしつこく可愛そうなので高島屋の地下でラムチョップを仕入れました。

ラムチョップも随分と高くなり目が飛び出しましたが、エイヤーっと清水さんから飛び降りて・・・。
このところ珍しいブルゴーニュワインはアラン・ビュルゲのジュブレーシャンベルタン2004年。素晴らしい香りと共に美味しいワイン。
大きいブルゴーニュワイングラスで空気をたっぷりと含ませて・・・いい香り・・・いいお味。美味しい~! 

            ブルゴーニュ

ラムの焼き加減もいい感じ・・・。柔らかくラム独特の香りで思いがけず、結婚記念日の素晴らしい夕食になりました。

            1

          
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.