野いちごひとりごと

人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

西伊豆

 

今、西伊豆の土肥温泉ににきています。
朝の海はとても穏やかです。

20090430070918.jpg


二冊の本

チュ chu1 chu2
(横浜公園 4月14日撮影)

またまた佐藤愛子さんの本を借りて・・・。
「老い力」題名からして元気モリモリになれそうな本。
正にそのまま、80歳過ぎた愛子さんから
若者にも負けないエネルギーと
ハツラツとした”老い”支度を
人生の先輩から学ばせていただきました。
現実の高齢化社会と私の老い支度もソロソロということで
最近、書店の前では「老」という文字がやたら目に入ります。

本3

ちょっとお若い岸本葉子さんの「あれもこれもで12か月」
一年を通して行事や生活習慣を題材に
季節感が匂う楽しい本でした。
そういえばあれやこれやでもう五月・・・。はゃ!!

sikisi


あの海を思い出して・・・。

音楽研究会の9月のコンサートのテーマは
横浜開港150周年記念「海と空と太陽と・・・」。
それにピッタリの歌を懐かしい友
坂口茉里さんのCDで見つけました。

mari1

ヤマハで探したのですが店頭になく、カワイ出版はすでに発売中止。
日本中のヤマハで在庫があるかと
探してもらったのですが・・・ない!
歌いたい歌が歌えないという、
何ともジタンダを踏みたくなるような苛立ち。
なければCDを聞いて五線紙に書こうと覚悟しましたが、
歌の旋律は書けてもピアノ譜は厄介なもの。

この3月に偶然にも私のブログと出会い
今、学生時代に戻ったかのように
メールでお話している茉里さんに
楽譜をお願いするとすぐにコピーして送ってくださった。
原調では私の声に低いので半音か2度ほど移調しないと・・・。

瀬戸内海をみながら育った私は海が好き!
あの頃のあの時の懐かしい故郷の海を思い出しながら
人の心に優しく静かに歌ってみたい「貝がらの歌」。

mari

三善晃作詞作曲 「貝がらのうた」。

海、私のふるさと 波、それはゆりかごだった。
今遠いふるさとの歌を思い出しているよ。

海、私のふるさと 風、それは子守歌よ
今遠いふるさと歌を口ずさんでいるよ。

海、お前と別れた あの夏の夜明け前に
海、お前も泣いてたね?それを懐かしんでいる。

1378

 




やっと届いた表彰状!

1376
(部屋の胡蝶蘭3つ目が膨らみ始めています)

娘がお世話になっているチャイルドヨガプレイスクールから
三月に作曲の優秀賞をいただいたのですが、
今日やっと、やっと表彰状と賞品の商品券が送られてきました。

1377

3月16日の優勝賞決定のお知らせでは
「後日お送りします・・・」とあったので
1週間後くらいかな?と思っていたらもう1ヶ月半。
ブログにアップしたこともあり、
嘘をついているようで少々アタフタしました。

またこんな機会があれば挑戦して
今度は最優秀賞を狙おうと思っています。
さてこの商品券で記念の物を見つけよう・・・。




第37回ローザンヌ国際バレエコンクール

毎年、楽しみにしているローザンヌ国際バレエコンクール
昨日、2月1日にローザンヌで行われた決勝の録画を楽しみました。
解説は昨年度までの厳しい批評の大原永子さんに代わって
ちょっとおっとりされてお優しい批評の安達悦子さん。

adachi

決勝には日本人6名(女子4名、男子2名)を含む20人。
クラシック・バリエ-ションでは
「コッペリア」「ジゼル」「ドン・キ・ホーテ」など、
またコンテンポラリー・バリエーションは
ジョン・ノイマイヤーの振り付けで競われました。

残念ながら今年は飛びぬけて目立つ人がいなくて
観ていても何となく緊張感がありませんでしたが、
↓スカラップ賞を取った水谷実喜さんは
「コッペリア」のスワニダルのバリエーションを
15歳のあどけなさと無邪気さの中で
恋人フランツと人形コッペリアの仲を嫉妬する
複雑な気持ちを見事に表現。

ショパンの「ノクターン」ではしっとりと踊られ
内面的な表現も目を見張るものがありました。

水谷

m1

↓6位入賞の根本里菜さん(17才)は2回目の挑戦。
「ライモンダ」ののびやかで丁寧な踊り、
ショパンの「ノクターン」の表情豊かな
踊りにも好感を持ちました。

根本

↓残念ながら賞は取れませんでしたが15才の石崎双葉さん。
バッハの組曲第2番のアレグロの軽快なリズムに乗り、
クラシックではバランスが良く回転が上手だったのが印象的でした。

バレエ

↓日本人をお母様に持つスカラシップ1位に輝いた
ニュー-ジーランドのハンナ・オニールさん。
「ラ・パヤデール」は16才とは思えない
落ち着いた優雅な踊りでした。

はんな

ハンナ

バレエの基礎力、バレエ向きの体形、音楽性や
芸術性の表現力、個性を求められるコンクール。
これらすべてが揃わないと栄冠は勝ち取れない世界は
厳しいけれどこれからも上を目指して頑張ってほしいものです。
みなさん!ほんとうにおめでとう!

トールローズ

<過去の記事>

2007年 35回ローザンヌ国際バレエコンクール
2008年 36回ローザンヌ国際バレエコンクール


エノテカ ワイン試飲会

以前より予約していたエノテカのワイン試飲会
玉川高島屋の支店などでもあったのですが、
この際、広尾本店に一度行ってみたいと
雨の昨日、行ってきました。

エノテカ

テースティングワインはブラン・ド・ランシュ・バージュ2007年(白)。
シャトー・オ・バージュ・アヴォロ2004年(赤)。
シャトー・レ・ゾルム・ド・ペズ1999年(赤)
今回の目玉は2003年、1999年、1990年のランシュ・バージュの6種類。

ランシュバージュ

2006年からオーナーであるジャン・シャルル・カーズ氏から
6種類のワインの特徴や葡萄の収穫時で
既にワインのでき具合が予測されるという
お話なども伺いました。

店内

最初に手渡されたメモ用紙。自分の舌で確かめた事をチョコチョコと・・・。
でも微妙な違いは分かっても文字にするのはなかなかムズイ!

メモ

グラスが一人2個まで用意されていたので
2003年(左)と1999年(右)を目の前にして
色や香り、味やのど越しの感じを比較しながらいただきました。
どちらも葡萄はカヴェルネソービニヨン主体でメルロー、
カヴェルネフランなど同じようですが、
2003年は渋みも快く感じられ、私好みのエキゾチックな味。
1999年は香り高く、口の中でフア~っと膨らむのが感じられ
カヴェルネソービニヨンの良さもでて力強いだけでなく、
エレガントさも感じられるワインでした。

比較

ボルドーワインの偉大なビンティージ1988~1990年は
もうそろそろ飲みごろとか。1990年は色もどっしりと深い色。
香りはすでに立っていて口当たりものど越しもまろやか。
これは素晴らしいワインでしたが、
美味しいお料理とのコラボレーションも
楽しみたかったというのが本音です。
(でも無理!1本¥47250もしていました)

1990

お化粧室の壁にもシャトー・マルゴなどの
素晴らしいビンテージワインが・・・。
しばらく眺めておりました。

マルゴ

今回、参加できなかった旦那様に
1999年をお土産にと思っていたらすでに完売。
2003年も美味しかったので1本だけ・・・(たかっ!)
でも素敵なオーナーにサインしていただき、
いつも旦那様が利用している
エノテカ通販の店長さんとも親しくお話をさせていただきました。
お手軽価格のワイン試飲会。
機会があれば今度は旦那様とまた参加したいと思っています。
それにしても雨の中、
酔っ払わずにまともに帰宅できてホッとしました。
(旦那様はそれを一番に心配していたようです)

ランシュバージュ1


布ナプキン

蘭

部屋の胡蝶蘭が一つ咲きました。
蕾は七つ。全部咲いてくれれば拍手です!
女性の方への「布ナプキン」についてのお話は
続きからお入りくださいね?

蘭1

【“布ナプキン”の続きを読む】

テニスとコーラス

心配していた耳の下のしこりも解決して
昨日は近くのテニスコートで昔の仲間が定期的に
コートを予約しているので久々にお邪魔してきました。

花壇A   

今年1~2月末までオムニコート6面が張りなおされ
花壇も手入れが行きとどき以前に増して綺麗になっていました。
予約は横浜市のはまっこカード(登録料¥1000)で抽選申込。
平日の午前中はだいたい希望通り取れるようです。

テニスコート

日差しも強くなり汗びっしょり。
サーブもボレーもおばさんテニスのロブも決まり
ネット際やサイドまでボールを追っかけて
必死でコートを走り回りました。
「まだまだ現役だね?」とみんなは言ってくれるのですが
スタミナがなく体力が落ちていることは歴然でした。
でも久々のテニス、やはり楽しい時間でした。

コート2

急いで帰宅。シャワーを浴びて
お化粧をし直して・・・お昼を軽くすませて・・・。
今度は新年度初めてのPTAコーラス。
なかにしあかね作曲、星野富弘 作詞の「今日もひとつ」を
徹底的に練習しました。
前半はリズムもとれて綺麗にハモッているのですが、
後半の三部のパートの掛け合いがメチャクチャ。
まるで毛糸か紐がもつれ合っているかの様に
何を歌っているのやら・・・。
こんなややこしい曲ほどファイトが湧いてきます。
仕上がっていくのが楽しみ。

昨年の11月のPTA交歓会のCDと
今年3月の小学校のスプリングコンサートのDVDを
メンバーがダイビングしてくださり、早速観せていただきましたが、
”みんな、うまい!良くぞ歌った!”としきりと感心したり、
”何だ!この私のいい加減なお辞儀の仕方は・・・”と
色々反省点もあったり・・・・。

楽しく充実した日を過ごせることは幸せなこと!
何といっても健康第一です。感謝あるのみ・・・。

CD

耳下のしこり

毎晩、顔~耳下~鎖骨へとリンパマッサージをしているのですが
一か月半ほど前から右耳下にしこりがあり、少し腫れ気味。

kouhaku

日によって触った感じが大きくなったり、小さくなったり。
リンパ腺が腫れているのだろうと思っていましたが、
痛くもかゆくもないのがくせ者。
あまり長いので気になって近くのお医者様へ。
先生も原因が分からないと耳鼻科では評判の
みなとみらいのけいゆう病院を紹介してくださいました。

こばら1

初診当日は触診して3時間待って超音波(エコー)検査
枕に肩を乗せ首筋を伸ばす体勢で検査。
「1、5cmくらいのしこりがありますね?」と言われドキッ!
「1、5cmはかなり大きですね?」の質問に
「悪性であっても小さいので大丈夫ですよ?」との
先生の返事に救われましたが、
一瞬”癌?”と頭を過ぎった時、”いよいよ私もか・・・”と。
エコーをみながら注射器で細胞を取り、二日後MRI検査をしました。

昨日の検査結果は悪性腫瘍ではなく”脂肪の塊”ということで
今、取り除く必要はなく様子を見ることになりましたが、
結果を聞くまでの12日間、色々と考えてしまいました。

例え悪性であっても現代医学を信じて何とかなるだろう。
もし万が一、手遅れだとしても
今までやりたいことは精一杯やってきた、
子供達もそれぞれ独立し、親としての役割も終えた。
旦那様も家事も料理もできるから
一人残して逝っても大丈夫・・・等々。

しかしそんな覚悟をしていても正直なもの、
検査結果を伺って胸をなでおろした途端、
見慣れた桜木町の風景もいつになく晴れやかに感じ、

minatomirai

夕暮れ時の桜木町駅前の作業を終えた
美しい花壇作りに少し和みながら帰宅しました。

花壇あ




子供の日のコンサート

ゴールデンウィ-クも間近!
毎年夫婦して家でおとなしく過ごしながら、
いつもTVで 高速道路の渋滞を観ては
意地悪い笑みを浮かべているのですが、
今年は四国から娘と5才の孫が里帰り。
家に閉じこもってもいられません。

チケット

もうコンサートもおとなしく聴けるだろうと
みなとみらいホールで行われる
毎年恒例の「こどもの日のコンサート」のチケットを予約しました。
この際、コンサートのマナーなども厳しく教えようと思っています。

【横浜開港150周年記念】
子ども未来ミュージックプログラム
こどもの日コンサ-ト
~2009年はわたしたちのくにに・っ・ぽ・ん!~
現田茂夫(Cond)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、
藤原道山(尺八)、横浜少年少女合唱団、赤い靴ジュニアコーラス 他

孫が一度見て大フアンになった「はらぺこあおむし」の
エリック・カールの世界
可愛い絵と素敵なお話に私も大フアン。新聞屋さんに応募して大当たり!

13

近くの市電保存館にもまた行ってみたいし・・・。
横浜こども科学館はまだ難しいかな?とあれこれ思うばぁばです。

横浜の町は今月28日から半年間、開催される
横浜開港150周年記念のお祝い一色です。
賑やかなGWになるでしょう。

たねまる 911


コンサートに向けて

音楽研究協会の今年のコンサートは
「横浜開港150周年記念コンサート 
海と空と太陽と・・・」と題し 9月に開かれることになりました。
今年、1月の初定例会の場では私の発案で
チャリティーコンサートの予定だったのですが
準備期間が少ない事、
お役所等に面倒な手続きをしないといけない事から
残念ながら断念。
今後の課題としていつか実現したいと思っています。
「海と空と太陽と・・・」素敵なテーマに心が躍り、
もう候補の数曲をみっけ!いぇ~!楽しみ!です。

たねまる

<たねまるくん>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪の姉の作品も桜から菖蒲に替えて飾りました。
移りゆく日本の美しい四季に感謝です。

ポストカード

阪急沿線、岡本駅近くのお店で
可愛い袋を見つけたと送ってくれました。
ねこちゃんは何の曲に耳を傾けているのかな?

袋


つつじ?さつき?

桜の季節も去って新緑の頃。
昨日は2駅向こうの音楽研究会定例会の会場に
スポーツジムのあるひと駅まで自転車、
あとひと駅は思い切って歩いてみました。
国道沿いの歩道には色とりどりの立派なつつじ。
20分ほどの距離でしたが、楽しみながら・・・・。
(携帯画像なのであまり綺麗に見えませんが・・・)

54

33

30

中でも真っ白なつつじは清楚で綺麗でしたが、
華やかなピンクに比べて少々悲しげ。

32

31

以前調べたつつじとさつきの違いが思い出せず、また検索。
情けない頭です。

<つつじ>
花:開花期は、3~5月頃。
葉:花後に新芽が伸び、
ツツジは、常緑性種(半落葉性含む)と落葉性種に分かれる。
大雑把に言って、常緑性は暖地に自生が多く、
落葉性は寒地に多い。


<さつき>

花:開花期は、5~6月頃。
葉:新芽が伸びきってから花が咲き、
サツキは、常緑性ツツジの一種。


またこんな説明もありました

花の大きさや時期では判断できず、
ツツジにも真夏に咲くものもあり、
5月上旬から咲き始めるサツキの品種もあります。
常緑のツツジもあります。
一つ一つ覚えるしかありません。
と・・・。あ~ぁ・・・。

天然酵母パン(2)

先ほど天然酵母パンが焼き上がりました。
まだ湯気が立っています。大成功です!
昨朝から31時間かかって出来上がった天然酵母パン。
心配なのでチョコチョコ、ケースの中を覗いて
膨らんでいくのを確認しました。

食パン1

24時間発酵させてケースから出したところですが、
プツプツとイーストが発酵しているのが確認できました。

発酵

7時間10分後にこのふっくら姿を見ることができました。
膨らみ過ぎでしょうか?

ke-su

ちょっとお味見をすると、皮はパリパリ、中はサクサク。
時間とともにモッチリしてきました。
バターやショートニングは入っていないので
ドライイーストで焼いたものよりあっさりして体にも良いでしょう。
生種の水の温度に気をつければ失敗はないのかも知れません。
残った生種は冷蔵庫で1週間保存可。
7時間かけてまた焼くことにしました。
美味しい、美味しいと味見していると
上の写真の右半分をみんな食べてしまいました(食べ過ぎ!)
夕飯を控えないといけません。

食パン

天然酵母パン(1)

昨年、2台目のホームベカリーを買った時、
試供品のホシノ天然酵母のパン種が付いていて
賞味期限が迫ってきたのでレシピ通りに作ってみた。
付属の生種容器↓に生イースト1袋(50g)水100ml(30度)を
入れてパンケースで24時間発酵。
え?一日がかり?(あ~、もうここでガツン!)

イースト

翌日、タイマーが出来上がりを知らせると
パンケースに発酵した生イーストを大さじ2杯、
強力粉300g、砂糖17g、塩5g、水180mlを入れ
焼き上がるまでに7時間10分。(またまたガツン!)
なんと、出来上がるまでに31時間10分。
結局、昼過ぎの2時から翌日の夜9時10分までかかった。

F1

出来上がりの時刻から逆計算。
おまけにイーストの発酵が不十分だったのか、
とても食べられる代物ではない。
昨日の朝からもう一度トライしているが
焼き上がりは今夕5時前。
今日は外出の予定あり。それまでには帰宅しないと・・・。

天然酵母パンは部屋の温度や水の温度、
また時間の制約があり、
美味しからとて、気短かの私向きではない!
酵母パンが食べたい時は買うことにしよう。
やはり長年使っているドライイーストが
手短かで失敗もなく安心だ!

イースト

のんびり読書

シラー1
(ベランダのシラーが全盛です)

ここしばらく出歩き疲れが溜まったようなので
昨日は一人、のんべんだらりと過ごしました。
先日、図書館で何冊か借りた本のうち
田辺聖子さんの「おせい カモカの対談集」が
面白そうだったのでパラパラと・・・。
ゲストには佐藤愛子さん、木の実ナナさん、鳳蘭さん他10名。
関西弁の会話がそのまま書かれているので
読まれる方によっては??マークが頭を飛び交うかも知れません。

本2

中でもすでに故人となられた会田雄次氏、黒岩重吾氏
粋でお洒落な大正男子のユーモアたっぷりのお話に、
我々女性では考え及ばない発想は勉強になりました。

NHKの朝ドラ「芋たこなんきん」のご主人様でお医者様の
”カモカのおっちゃん”こと川野純夫氏もすでに亡くなられましたが
ドラマと同様に、この本からも
実に素敵なご夫婦だったことが良く分かります。



麻のワンピース

オレンジ
(横浜公園のチューリップ 14日撮影)

汗ばむ頃になりデパートを歩いていても夏物に目が奪われます。
ふらっといつも行くSCAPAを覗くと”可愛い~!”
麻100%のワンピースが一瞬、目に入りました。

ワンピース

スタッフが「7号サイズですが小さい目なので
ピッタリだと思いますが?」と・・・。
まずは試着してみると、なるほどネックもアームの大きさも気にならない。
ウエストが心持ち狭ければと思ったがあまり絞り過ぎていてもみっともない。
丈も膝がやっと隠れて丁度いい。
何といってもこの襟とハイウエストのレースが愛らしくお気に入り。

スカパー

太い腕まるだしのノースリーブではみっともないので
同じ生地のテーラーのジャケットを着てみましたが
おばさんが余計にオバサン?似合わない!

wannpi-su

持っているレースのカーディガンを着ることにしてお代を払った。
ここの商品はどれも縫製が良いので仕上がりが綺麗。
安心して着られます。
帰宅した旦那様に見せたら一瞬、「また同じような・・・」
と言わんばかりの顔つき。
来年は可愛い過ぎて似合わないかも知れないので
今夏はトコトン着るつもりです。

ワンピース

しかしまぁ、鏡を見てびっくり!端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ
見事な大根が二本。冬中、ズボンだったので
しばらく見なかった自分の足の太さに驚き!
これからスカート着用に心がけ
足にも厳しく監視の目を光らせねば・・・。

あっぱれ!御両人

花束5

過日、旦那様が「張栩(ちょうう)君が五冠達成の勢いだ!」と注目していた通り、
今朝の新聞で張栩名人(王座・天元・碁聖=29)が
高尾紳路十段(32)に中押し勝ち、
3勝1敗で十段位を獲得した事を知った。

五冠

奥様の小林光一さんの愛娘、女流棋士の泉美さんは
結婚前「理想のタイプの男性は?」の質問に
「お父さんより囲碁が強い人」と・・・。
実際に張栩は2000年に初対戦で小林光一を破ったという。
内助の功にも拍手です!
現行の七大タイトルは王座・天元・棋聖・名人・本因坊・十段・碁聖。
七冠制覇は本因坊と棋聖。グランドスラム達成も期待したい。

~~~~~~~~~~~~~~~~

イチロー

WBC後、胃潰瘍を患い心配されたイチローがやりました!
1980年、選手歴23年目の張本勲選手の3085本を
今日、わずか35才、18年目で日米通算3086本安打。
専門家は張本より若く1番バッターなので
打席数も多く記録ももっと伸びるだろうとの見通し。
あとは9年連続200本安打達成を目指し
突進するのみ・・・・。
あっぱれ御両人!おめでとう!

比較


二人の命日

今日は義父の祥月命日。
昨日、お参りに行ってきました。
雑草が少し顔を出していたので草取りをして
お花を供え、お線香の良い香りを嗅ぎながら
家族を見守ってくださるようにとお祈りして・・・。

nemofira

山が近い墓苑はとても静かでうぐいすの声も聞かれ
↑ネモフィラかな?↓ひめつるそば?も可愛く咲いて・・・。

ひめつるそば

山桜もまだまだ綺麗な色を添えていました。

つつじ

20日は実父の祥月命日。
亡くなってもう40年。
私が大学4年になったばかりの悲しい日でした。
ラジオから聞こえる謡を聞きながら・・・。
優しく心が大きな人でした。
末っ子の私はいつも父の膝の上。
思い出すのはいつも優しい笑顔の父です。
命日には孫やひ孫がお参りしてくれるはず。
賑やかな命日、亡くなってからも幸せな人です。合掌




女流作家三人

ネットで本の予約ができるようになって
図書館が随分と身近になり、静かに読書を楽しむことが増えました。

P7
(横浜公園のチューリップ 14日撮影)

ここにきてくださるこふでさんのブログでご紹介いただいた
佐藤愛子さんの「娘と私と娘のムスメ」は
愛子さんと娘の響子さんのボケと突っ込みが面白く、
またそれ以上にお姑さんとムコ殿のほんわか~とした
いい関係を羨みながら一気に読み終えました。
今後、お孫さんの桃ちゃん中心の賑やかな生活ぶりも
出版されるのを楽しみにしています。

佐藤

1986年、「花園の迷宮」で 第32回江戸川乱歩賞を受賞された
横浜在住の山崎洋子さんの「女は何度でもよみがえる」は
脚本家のご主人、山崎巌さんの闘病生活と
ご自分のお仕事との狭間で
夫婦の事、介護の問題、病院や医師への不信感、
ご自身の健康状態や生活の不安などを赤裸々に綴られ
心打たれた素晴らしい本でした。
横浜開港150周年のイベントで講演会があるようですが、
お元気で御活躍は何よりです。

山崎

題名からして面白そうな田辺聖子さんの
「女のおっさん」箴言集(しんげんしゅう)。
人生についての戒め、教訓など意識はしておられないと
冒頭で言っておられますが、
人間、家族、夫婦、言葉、恋愛など
13章にまとめられた内容は日頃、
読者が身近に感じる事を言葉巧みに表現され
時折、神妙に且つ大らかにそして的確にチクリ!と
心臓に針を刺される思いで読みました。
それぞれが、それぞれに印象に残ったお三人さんの作品でした。

田辺



駿足チーターの生態

いきなり怖いお顔でごめんなさい!
日曜日、NHKのダーウィーンが来た!を楽しみに観ました。

C1

というもの地上最速と言われるのチーターの生態の記録。
スピード狂の私にとって俊足のチーターは大好き!
獲物を追っかけるシーンではそれ行け~!行け行け~!と
声にも力が入り、(私の興奮状態に横で旦那様の呆れ顔でした)
あの猛スピードは観ていても胸が空くような快感です。

C2

↑チーターとヒョウはよく似ていますが、
最速とあって足は長く、頭も小さい綺麗な流線型。
ヒョウはせいぜい時速60km。

チーター

↑子供を育てるチーターのメスは
ヌーやガゼルなどの大物の狩りを する為、
10秒ほどで時速100kmに達し、わずか200mほどで獲物獲得。
短距離選手のようです。
どの世界でも母親は子供の為に良く頑張りますね?

C5

↑それに比べてオスは死ぬまで兄弟でのんびりチンタラ暮らし。
自分達の餌だけ探せばよいので草むらのウサギなどの
小動物狩り。力走するのは苦手なようです。
獲物も兄弟仲良く分けって食べていました。
左はお馴染のヒゲじい。視聴者に代わって
面白おかしくガイドする中條誠子さん(NHKアナ)に
色んな質問を投げかけます。

C4
C3

↑メスの走りを図解していますが、ひとっ飛びは8mだそうで
足の裏の鋭い爪は常に表面に出ており、
追跡の時のはシッポで体のバランスをとりながらキックターン。
必死に蛇行しながら逃げる回る獲物を追跡します。
スリルある鬼ごっこ、これはお見事でした!

kodomo

↑母親を待つ子供達ですが、こんな小さい時から
女の子は母親の傍で狩りのコツを学ぶそうです。
母親の背中を見て育つのですね?
子供のチーターの可愛さに癒されながら
夫婦して子供のように楽しんだ番組でした。

P8
(横浜公園のチューリップ 14日撮影)

今日の横浜公園

今日、のぶちゃんと伴奏合わせをした後、
雨の間をぬって横浜公園のチューリップを見に出かけました。
【チューリップまつり】 は4月24日(金)~26日(日)に開催されます。

公園

横浜スタジアムの前から公園に入ると
チュ-リップに名札がついていますが、とてもとても覚えられません。

P

P1

中に入っていくと咲いてる咲いてる・・・綺麗~ぃ!可愛い~ぃ!の連発。
夕方だったので人も少なく、心行くまでじっくりとカメラを向けました。

P4

種類によっては散っている物もありましたが、まだまだ蕾も沢山ありました。
でも今夜の雨はチュリーップにとって可哀想。
何とか頑張ってほしいです。

P6

13

どれを写そう・・・あれか?これか?とウロウロ迷うばかり。
たくさんカメラにおさめましたがこの辺で・・・。

オレンジ
紫
14
kouhaku

伴奏合わせ

12
(横浜公園のチューリップ)

のぶちゃんとの伴奏合わせはシューマンの「女の愛と生涯」
全8曲のうちの2曲でした。
この曲は女性が未来の夫と出会い、結婚し、
最後に死別するまでが描かれた作品。
途中までしか勉強していないので全曲頑張って
いつかステージで歌えるようにと思っています。

11

彼女のフルートの伴奏はハイドンの「セレナーデ」と
歌劇「愛の妙薬」より「ロマンス」。
どちらも知っている曲なので伴奏は楽しいですが、
集中力が途切れると「あ、間違った、ちょっと待って~ぇ?」と
ヒッチャカメッチャカで二人してまた大笑い!
次回まで練習しないと・・・。


勝沼方面に行ったからと葡萄と桃のジュースのお土産。
ランチはつきじ千の銀助六。
このばってらと海鮮巻きはいついただいても美味しいです。
練習後、二人して横浜公園へ出掛けました。

ジュース


初めて見る花


ベランダの山椒に珍しく初めて花が咲きました。
30年、山椒を育ててきましたが、今初めて目にする花に感動。
これって実がなるのでしょうか??・・・・。

さんしょう1 さんしょう

出窓に置いているおりづるにも可憐で可愛い花が・・・。

おりづる おりづる1

娘にもらった白いブーゲンビリアも綺麗に花をつけました。

ブーゲbッビリア

寒い時期に寄せ植えをしたペチュニア達。
白いロベリアを枯らしたので
気温が上がると暑苦しく感じます。
これからは色も考えて植えなきゃと…反省。

い

フリージアももう花びらを散らし始めました。
また来年を楽しみに・・・。

75 u

見事に花を開いたラッキーレインボー(左)は
撮影後、花瓶に挿しました。
まだまだ部屋の中で楽しめます。

忘れていましたが、この子(右)も早々と一月に咲いて楽しませてくれました。

レインb- シンビジューム1


ワラサと鶏レバー

イースターの夕食は牛肉の赤ワイン煮。
作ってから「イースターだから羊にすれば良かった!」と
旦那様・・・。もう遅い!!

4種


ワラサのカルパッチョと鶏レバーの塩焼き。
(ブリは出世魚とされ15cmくらいはワカシ、40cmくらいをイナダ、
60cmくらいをワラサ、90cm以上のものをブリというそうです)。

アスパラも丸々太って美味しい!

カルパッチョ レバー

ベルナール・セルボーのモレ・サンードニ・レ・ソルベ2005年。
ブルゴーニュの一級ワインは久し振り。
まろやかで時間とともに香りが豊かになり、満足なワインでした。

ブルゴーニュ

昼間は苺ジャムにトライ。
甘酸っぱい香りに疲れが癒されます。
パンにヨーグルトに・・・。しばらく楽しめそうです。

ジャム1

ジャム


さっぱりと・・・

少し暑くなるとさっぱりした物が
いただきたくなります。
金曜日は綺麗な鯵があったので
甘い新玉葱やピーマン、ローズマリー、レモンをいれて
さっぱりとマリネにしました。

鯵

めかぶに長芋のトロロと
大根の千切りに梅干しと旦那様のお土産の音戸ちりめん。

かぼちゃ

いつも美味しい合びきミンチのチーズ焼きとかぼちゃの煮物。

kabocha1

チリワインは先日買ったモンテスのコルチャグアヴァレー2004年 。
カヴェルネ・ソーヴィニヨン70%、カルメネール30%の葡萄ですが
カルメネールの方が際立っているようなお味でした。

モンテス

私用にと安く買った発泡酒”のどごし生”。
食事時には物足りず、
スポーツ後に飲めば爽やかで美味しいかも知れません。

ビール

冷蔵庫で3か月は大丈夫だ!と旦那様からの
お土産の音戸ちりめん。
塩気が少なく美味しいです。

ちりめん

土曜日のテニスの後は簡単にチンゲン菜と
厚揚げのカニあんかけでした。

カニ

ホタテのバジルソース和え。
色は汚いですが美味しい一品です。

ホタテ

イタリア白ワインのイエルマンのピノグリージョ2007年。
少しピンクがかった色は葡萄の特徴。
まろやかで甘く感じる美味しいワインでした。

pinogury


半年ぶりのテニス

夏日の昨日、汗をかきに20年近く
熱心に通ったテニスコートに夕方、夫婦して出かけました。
年々立派になった桜も花吹雪。

コート3

ボールを打つのはスキークラブから
10月に伊豆高原で楽しんで半年ぶりの事。
腰の具合も良く長時間、気持ち良く走り回ってきました。

コート2

いつものメンバー達はお休みで初めてお目にかかる男性と
高校生の父子連れ。
その人達もゲームをしないで1時間で帰られたあと、
仕方なく夫婦して4ゲーム先取のシングルスゲーム、2セット。

コート4

ダブルスよりシングルスの方が好きなのですが、
勝手を忘れて2-4で負け。
2セット目は4-1で旦那様をやっつけましたが、
本気で向かってこられるとこんなものじゃすまず、
コテンパンにやられているでしょう。
でも勝ちは勝ちなのでヤッター!って感じです。

ふじたな

ベンチの藤棚には藤の花の蕾がたくさん付き、
5月の連休の頃には桜に負けないくらい
私達の目を楽しませてくれることでしょう。
またテニスと藤を楽しみに行きたいと思います。

12


今日はイースター(復活祭)


シラーQ

今日はイースター(復活祭)です。
キリスト教ではクリスマスと並んで最も重要な祝日.。
キリストが弟子のユダの裏切りによってゴルゴタの丘で処刑され、
その予言通り三日目に甦られたお祝いの日です。
(移動祝日なので来年は4月4日)

reinn4

この日はゆで卵や殻にペイントするイースターエッグ
イースターのシンボルとされるイースターバニーなどの習慣があり
世界各地の教会で喜びの賑やかなお祝い行事があるでしょう。
私もお花を眺めながらお祝いしましょう!

reinn




姉達に・・・

一昨日は絵付けのお稽古でした。
三枚同時進行していた四角いお皿と練習用の
なでしこの器が仕上がりました。

お皿A

三枚あるのでいつも気にかけてくれる
二人の優しい姉達にプレゼントすることにしました。
裏には心からのメッセージを書いて・・・。

お皿

半日がかりでサンドイッチプレートに
ブルー一色の薔薇となでしこの花をを7個描きました。
可愛いでしょう?まるでチロリアンテープのようです。
でもお決まりのように下絵に時間がかかって・・・。
ピンクの薔薇ばかり描いていたので、
気分も新たに新鮮味があり、大人の感じ。
時間がかかってもひと筆ひと筆、丁寧に仕上たいと思います。

お皿2

ランチにと先生とのぶちゃんに赤えんどうのおにぎりを
作りました。「ツタンカーメンのお墓から発掘されたのよ?」と
説明すると二人とも
「へーぇ、へーぇ、貴重なお豆さん、美味しい・・・」と
目をクリクリさせながら・・・。

おにぎり

お当番ののぶちゃんが神戸屋のサンドイッチを買ってきてくれましたが、
パンが柔らかく二種類の中身も充実して美味しいサンドイッチでした。
もうお腹いっぱい!この日のランチはいただき過ぎました。

神戸や

やっと見つけた!

昨年の秋から探し続けた財布。
ちょっとシステム手帳のような感じですが、
カードが9枚、その他ポケットが3ヵ所、
何より箱型のコインいれなので私の要望にピッタリ!

財布

ちょっと膨らんでも表面のベルトで何とかなりそう。
また茶色とは意外でしたがこの色に惚れこみました。
イタリア製牛皮のいいにおい。
使い込めばもっといい色になるのでしょう。
待った甲斐も探し回った甲斐もありました。
その上、15%OFFとは・・・うれしい~い!

サイフ

財布1

~~~~~~~~~~

5才の孫におねだりされていた2冊の絵本。
島田ゆかさんの「バムとケロ」シリーズは
ばぁばが読んでも面白いです。

12

ベビー服売り場のセールはどうしても覗いてしまいます。
お姫様にまたもやTシャツ。
これからの季節、着替えは何枚あっても重宝です。

Tshatu

振り返って・・・

昨年11月9日に旦那様が赤えんどうの種を28個蒔き、
16日にニョッコリと可愛い芽がすべて出揃いました。

豆1

空に向かってぐんぐん伸びるのでちょっと心配でしたが、

えんどう

何ともいえない可憐な花が咲き・・・

えんどう3

この4月7日、無事に収穫しました。
この5か月間、雨が降れば心配し、風が吹けば支柱を補強しながら、
その生長を楽しみにしていました。

えんどうC

さやのままで170g、お豆さんだけで90g。

豆

2合のお米で炊き、こんな綺麗なピンク色に変身。

ごはん

でもうっかり保温で一晩おかなかったので
昨年のように赤いご飯にならず大失敗。
でもお味はモッチリと美味しいかったです。

↓昨年の赤えんどうのご飯です。
赤味が増しているでしょう?本当はこうなるはずでした。

ご飯2

FC2Ad