野いちごひとりごと

人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

尾瀬岩鞍スキー場

今年のスキークラブの雪祭りは群馬県片品村の尾瀬岩鞍スキー場。
初めてのスキー場でしたがゲレンデ斜面もコースも面白く、
魅力あるスキー場でした。
26日午後から50人のメンバーが一堂に集合しました。
1日目の午前中、旦那様と何十年ぶりかに小雨の中を滑り
ピッシャンコでずぶ濡れ。
でも午後からは雨もやみコーチのレッスンを受けました。

1413A

2日目はお天気は回復して8人のメンバーと
東京都連のコーチの熱心なご指導を受けました。
できてもできなくても今後の課題として頭に刻みます。

1414A

今日、3日目は朝からの雨が雪に変わり、ゲレンデに集合。
メンバー全員の滑りをビテオにとってもらったり、
コーチから細かいご指導を受け
今シーズンスキー最後の日々を有意義に過ごしました。

12月は孫達と志賀高原、1月は菅平スキー場のレッスン。
1月末は初めての八甲田山スキー、2月は夫婦で八方スキー場。
そして今回、楽しい仲間たちと今シーズンのスキーを滑り終えました。
今年の12月末まで私のスキー板はお蔵入り。
来シーズンも元気で滑られるように健康に注意したいと思います。

ともだち

四国の長女に送るものがあったので
ついでにといっては可哀想ですが、
今年、一年生になる孫に
「一年生の心得?心構え?」みたいな本はないかと探しました。

お雛様ABC

店頭でとっても素敵な本をみつけました。”ともだち”
谷川俊太郎さんのストレートな文と
和田誠さんの素朴でシンプルな絵。

中を開くと
*ともだちって いっしょにかえりたくなる
*ともだちって そばにいないときも、
いまどうしているかなって おもいだすひと。

ともだち

*ないしょばなしをされたら どんなきもちかな
*やくそくをやぶられたら どんなきもちかな

*すきなものがちがっても ともだちはともだち
*ことばがつうじなくても ともだちはともだち
*としがちがっても ともだちはともだち
ともだちってすばらしい

ともだち1

読み始めると孫にはちょっとやさしいかな?と思いましたが、
後半は言葉の意味も奥深くなり、
目にはいったのは車いすの少年ややせ細った小さな子どもの写真。
ともだちをテーマに、自分の周囲から世界平和を願わなければという
大人にも考えさせられる一冊。
孫にもいつか、この本の真意が理解できるでしょう。
まずは 一年生になったらともだち100人できるかな?

ベランダの花のつぼみ

昨日は各地とも春一番が吹き、明日からは春の嵐だそうですが、
4、5日前から春の陽ざしがふりそそぐと
ベランダの花のつぼみが ふっくらと開き始めました。

1410A

 3種類のシンビジュームの一番遅咲きはラッキーレインボー。
甘い香りは感じませんが、華やかなお花です。

1409A

 もう何年も咲いて小さくなったフリージアの球根ですが、
今年もプランターには黄色いつぼみがたくさん出てきました。
これから良い香りが漂うのを楽しみに・・・。

1411A

 初めて種を蒔いて咲いた小さな花のリナリア。
背丈が15cmほどになりました。

1408A


懐かしい万年筆

我が家のお雛様。
金屏風も橘もなく寂しいお雛様ですが、
なぜか、心がほっこりします。

ohinasamaA

机の引き出しを整理していたら、
30年ほど前の旦那様の海外のお土産、
シェーファーの万年筆が出てきました。

ペン先が柔らかく、とても書きやすいので長年愛用していましたが、
ボールペンが発売されてからは引き出しの中。

あまりの懐かしさにカートリッジを入れ替え書いてみましたが、
字体が太く美しさに欠け、インクも即乾性がないので不便でした。
小包の宛名書きくらいには使えそう。
懐かしい万年筆、また活躍してもらいましょう。

sフェーファー

 3月のホワイトデー。
お嫁さんには春らしいスカーフが目についたので・・・。
旦那様には実費請求しなければ(笑)

1390A

高島屋の地下生鮮食品で綺麗な刺身用の鯵。
普段は丸ごと一匹、自分でおろしますが、面倒なので買ってきました。
ところが中骨が取れていない。
これが普通なのでしょうか?ちょっと不親切(怒!)

実だくさんの味噌汁と切り干大根。
体があったまりました。

1393A

TV「はやく起きた朝は」

1994年から始まった森尾由美、磯野貴理、松居直美(左から)の
個性的で賑やかな3人が楽しいおしゃべりを繰り広げる
人気トーク番組「おそく起きた朝は」。

日曜日の午前中、アイロンがけをしながら良く見ていましたが、
2005年4月、日曜日の朝6時半から始まったという
はやく起きた朝は」はトントお見限り。
先日、偶然にも何年かぶりでチャンネルが合いました。

1373

20代後半~30代前半の若かった3人ももうアラフォーですが、
16年経って輝きも増し、人生経験も豊かになったことで、
視聴者からの葉書による不平、不満、愚痴に
賑やかなトークにも深みが感じられました。

ボケと突っ込みの3人の”笑える話”。
朝からひとり大声で笑ってしまいました。

1375

1378

1376

************

バンクーバー五輪もいよいよ終盤。
連日、楽しませてもらったカーリング。
スエーデンに負けて残念ながら予選敗退。

今日、大注目の女子フィギュアスケートの
SP(ショートプログラム)がありますが、
これは2分50秒内の歌のない曲の中で、
ジャンプ、スピン、ステップなど8種類の要素を入れなければいけません。

メダルを争うキム・ヨナは魅力的な演技の”007メドレー”ですが、
浅田真央はインパクトのある”仮面舞踏会”。
安藤美姫、鈴木明子の演技も期待しています。

1398


二枚のCD

1047A

昨年10月の発表会のCDを送っていただきました。
はるか昔に歌ったような気がするほど
自分の歌を懐かしく聴くのですが、
声が良く出て良く歌っているところもあれば
音程の低の不安定なところもあり、
反省材料がいっぱいでした。

あれやこれだと忙しく、
今年はまだレッスンも受けていないことが気がかり。
先生にレッスン予約のメールを入れなければ・・・。

1326

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

過日のPTAコーラスの練習日。
昨年に引き続いて星野富弘作詞、なかにしあかね作曲の「秋のあじさい」と
メンバー達が素敵な歌なので是非歌ってみたいという
小田切清光作詞、鈴木憲生作曲「ほほえみ」の練習に入りました。

1334

昨年11月の「PTA音楽交歓会のつどい」の
CDをピアニストさんがダビングしてくださり、
客観的に厳しく聞いてみましたが、
メンバー達のバランスのとれた素晴らしい歌声に感激!

曲は平井康三郎作曲、ウイルヘルム・アレント原詩、
上田敏訳詩の「わすれなぐさ」と
なかにしあかね作曲、星野富弘 作詞の「今日もひとつ
どちらも素敵な曲で心打たれる歌詞でした。


パリ・オペラ座バレエ・リュス・プログラム

先日のNHK芸術劇場は
昨年12月のパリオペラ座バレエ・リュスの4演目。
”白鳥の湖”や”くるみ割り人形”などの古典の舞台と違って
あまり見る機会も少ないのでどんなものかと録画しましたが、
その夢のような美しさと楽しさで暫くぶりにバレエを堪能しました。

バレエ「ばらの精」
ウェーバーの「舞踏への招待」の曲で華やかに踊られます。
舞踏会デビューの夜に訪れてくる薔薇の精 。
少女の夢の中の不思議な出来事です。
 
振付:ミハイル・フォーキン
 音楽:ウェーバー作曲/ベルリオーズ編曲
 美術:レオン・バクスト
 主演:マチアス・エイマン、イザベル・シアラヴォラ

1364

1347

バレエ「牧神の午後」
半獣半人のパンがひとりのパンフに恋をした。
やがて失恋し悲しみに沈むが、彼女が落として行った
スカ ーフを見つけ大事そうに抱くのでした。

 振付:ワツラフ・ニジンスキー
 音楽:クロード・ドビュッシー
 美術:レオン・バクスト
 主演:ニコラ・ル・リッシュ、エミリー・コゼット


1349

1348

バレエ「三角帽子

スパニッシュの踊りが多く、
いかにもスペインが舞台という三角帽子。
夫婦の仲が戻り一件落着。
バレエには珍しくメゾソプラノの歌声が入りました。
 
振付:レオニード・マシーン
 音楽:マヌエル・デ・ファリャ
 美術:パブロ・ピカソ
 主演:ジョゼ・マルティネズ、マリ・アニエス・ジロ

1350

1354

バレエ「ペトルーシュカ

ピエロのペトルーシュカがバレリーナに恋をしますが、
恋敵のムーア人には歯がたたず、
やがて刀で切りつけられたペトルーシュカは息絶えます。
ロシア風、オリエンタルな曲と踊りが最高に楽しかったです。
 
振付:ミハイル・フォーキン
 音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
 美術:アレクサンドル・ブノワ
 主演:バンジャマン・ペッシュ、クレールマリ・オスタ、
ヤン・ブリダール、ステファン・ファヴォラン

1355

1356

<出演> パリ・オペラ座バレエ団
<指揮>ヴェロ・パーン
<管弦楽>パリ・オペラ座管弦楽団
<収録>2009年12月 パリ・オペラ座 ガルニエ宮


クリスタルジャパン

2006年トリノ五輪を初めて観て楽しんだカーリング。
この4年間、バンクバー五輪での
クリスタル・ジャパン(チーム青森の愛称)の活躍を楽しみにしていました。

1337

連日、黄色い声が響く予選リーグに目が離せない。
世界ランキング9位の日本代表クリスタル・ジャパン。
お馴染みの本橋麻里、目黒萌絵、石崎琴美、山浦麻葉、
今回五輪初めての近江谷杏菜の4選手。

初戦はアメリカをねじ伏せ、さい先良く白星発進。
その後カナダ、中国に惜敗。この時点で10チーム中6位。
準決勝進出にはもう負けられない。

昨日の対イギリス戦、共にベストショットで互角の戦いでしたが、
クリスタルジャパンの胸がすくようなファインプレーが続出。
素人にも分かり易く説明される解説者の林さんも絶賛!

1335

戦略を練る互いのコミュニケーションは4人の一致団結が絶対!
9ENDで目黒選手のスーパーショットで5点獲得。
この時点でイギリスはギブアップ。11-4の大量得点で圧勝。
次は22日、ロシア、23日はスイス、24日はスエーデン、デンマークと対戦。
9ヶ国中、上位4位が決勝進出。
残り5試合で4勝1敗以上が求められる。

1369

スピードスケートやノルディックなどは外国選手に
体力差、持久力で始めから負けそうですが、
カーリングは日本人向けの頭脳派スポーツ。
年がいっても選手生命は長く、日本のメダル獲得は夢ではない。

カーリングは観ている我々も囲碁や将棋のように
試合に参加できるのは楽しいスポーツ。
長野五輪は5位、トリノ五輪は7位。
世界の強豪を相手に決勝進出を祈っています。

1370

(目黒選手の最後の会心の一投で勝利。5つの黄色のストーンが日本です)



先ほど終わったジャンプラージヒル決勝
日本の葛西紀明は1回目が121mで失敗
2回目135mを飛んで8位入賞
伊東大貴は20位


男子フィギュアスケート

バンクーバー五輪、
開催日からどの種目のTV放送にも釘付けですが、
昨日は注目の男子フィギュアスケートがあり、
朝からソワソワ、ドキドキ・・・。

348A

日本代表の高橋大輔、織田信成、小塚崇彦選手。
中でもショートプログラム3位の高橋、
4位の織田のメダル獲得に期待が高まった。

1344

高得点=4回転ジャンプの男子フィギュア。
高橋は4分半のフリーで前半にトライ。
残念ながら氷の上に大きく掘り出されたが、動揺することもなく、
冷静に自分の演技を丁寧に滑り続けたのは素晴らしい!

4回転のリスクを避け2連続3回転やトリプルアクセルを
確実に決めればメダルの色が違っていたかもしれないが、
あえて自分の信念を貫いて得た3位のメダルは
どのメダルよりもピカピカに見えたに違いない。
日本男子フィギュアスケート史上初のメダル獲得。
おめでとう!!大ちゃん!

1339

チャップリンメドレーで観客へ自分をアピールしていた織田選手。
ジャンプも高く美しく決まっていたというのに・・・。
靴の紐が切れるという考えられない突然のアクシデント。
それでも棄権することなく、最後まで滑りきったことに拍手!
7位入賞おめでとう!!

試合後のインタビューで
「靴ひもは前から切れていて、試合前で感覚が狂っちゃうので、
そのままくくってやっていた」と明かし、
「全部ほどけてしまった。自分の責任以外にないですね」と声を震わせた。
フリーで4回転を回避した理由については、
「朝から調子が悪かった。それも自分の責任」と涙ながらに語った。


1342

会場にギターの静かな曲が流れ始めた。
手足の長い小塚選手が得意とする伸びやかな滑りにピッタリ!
4回転ジャンプで彼の肢体がクルクルと高く早く美しく舞い上がり、
その後の失敗はトリプルアクセルだけ。
気にもせず楽しそうに美しく余裕を持って滑り続けた。

本番で初めての4回転成功!それだけで彼は本望だろう。
リンクを後にした彼の笑顔がそう語っているようでした。
8位入賞おめでとう!!
そして父子して五輪出場もおめでとう!

うれし涙、悔し涙・・・
私には若い選手の人生すべてを語っているような
美しい涙に見えました。

1343


結露が・・・

1023A

ここ4、5日は寒くてリビングは
カーテンを閉めて珍しく暖房をしています。
朝、カーテンを開けたらガラスにはすごい結露。

1322

毎朝、バスタオルで水滴を拭きますが、
窓の溝やパッキングには黒いカビが・・・。
体やのどに悪そうなので
割り箸でこそげますが、なかなか綺麗にならないので、
ちょっと臭いですが、ハイターでカビ処理。
何とか、結露を防ぐ方法はないのでしょうか?

今日はお天気が良いとの予報。
シーツやパジャマなど洗濯はどっさり!
家中の窓を開けて換気も忘れずに・・・。

1324

寒い日のお昼は温かいおうどん。
ふんだんにおろし生姜を入れると
体がポカポカしてきます。

1332




仲良し会ランチ

テニス仲間、5人で遅~い、遅~い新年会。
初めての横浜のベイクオーター。
若者向けのお店もいっぱいあり、楽しいウインドショッピング。
アジア料理などありましたが、
ベイブリッジが見えるイタリア料理の明るいい店
ATLANTICへ入りました。

アトランティックA

魚と肉がチョイスできるので
私は*甘鯛の香草グリル サフランクリームソース
 *マグレ鴨のロティ バルサミコソース
ワインの苦手な人も飲みやすいように
葡萄はカヴェルネソーヴィニヨンとメルローの南アフリカのロバートロック。
デザートはべつ腹。美味しく頂きました。

4人の”ばぁば”は孫のこと、お嫁さんのこと、
旦那様のことなど話題があっちへ飛んだり、こっちへ飛んだり・・・。
何年たっても変わらない、いつもの賑やかで楽しい仲間でした。


************


日曜日、八方スキー場から渋滞の中央高速を突っ走って帰宅。
遅い食事のお伴はトスカーナ赤ワイン、ジンガリ2006年。
葡萄はメルロ、サンジョベーゼ、シラー、プテイ・ベルドのブレンド。
初めて飲むワインでしたが、舌触りのよいまろやかなお味。
疲れも吹っ飛びました。

1319A

月曜日、本社出社から帰宅の旦那様。
大フアンのブルーノ・ラフォンさんのドメーヌ・マゼラン2005年。
シラーとグルナッシュのブレンドはバランスの良さが味わえます。
寒い日はワインもちょっと冷えすぎ。ゆっくりといただきました。

1321A

********************


1329

昨夜は寒さが一段と厳しく、
今、外は小雪が舞い、屋根は真っ白に雪化粧。
気象庁はお昼前まで雪が降り続き、
横浜は5cmの積雪予定という。
今日も一日寒いようです。

初稽古

1078A
(ベランダのアリッサム、元気に咲いています)

先月、忙しくてお休みした絵付けのお稽古。
今年の初稽古に胸が躍りましたが、
久しぶりで筆を持つ手も震えます。

二つ目のBOX。前回は地味な仕上がりだったので
今回は派手派手にリボンやドットにゴールドを使うことにしました。
次回はゴールドでリボンの縁取りをして
リボンの中もドットを描こうと思っています。

1516052A

側面は薄いピンクで色付けをすると可愛らしさが出てきました。

1606A

小さな可愛いベルですが、
オレンジの薔薇と小花でまとめました。
一度焼いてからまた線描きをします。

1605A

白馬八方尾根スキー場(2)

ゲレンデから離れた木々に雪が積もり、
その先のつららは太陽に照らされて
まるでクリスマスのイルミネーションのようでした。
キラキラと本当に美しかった!です。

1309A1

毎年のように見る白馬三山も温かく迎えてくれました。

1304A

山頂近くからは栂池スキー場、岩岳スキー場、
遠くに志賀高原や妙高スキー場などの美しい景色が楽しめました。

1307A

どこのゲレンデもあまり雪の状態は良くありませんでしたが
リーゼングラードの斜面を風を切って一気に滑ります。
この下はカリカリのアイスバーンとコブコブの凸凹斜面でした。

昨年からスクールで教わっている両足加重を
考えながら滑ると??マークが多く、
正直、今回は”楽しむスキー”にはなりませんでした。

1316A

従来のリフト券(チップ)から今年は
下のようなICカードに変わり、CLUB HAPPOという
ポイント獲得のシステムができたようです。

カードA

朝9時前から滑り始めて、お昼前にはお腹がペコペコ。
早めのランチはトルコライスにとんかつ、旦那様は和風ハンバーグ。
これで夕方まで頑張れます。

とんかつA

やはり高速料金が¥1000というのは嬉しいもの。
お土産品も奮発して・・・。

1320A



白馬八方尾根スキー場(1)

夫婦で1泊で白馬尾根八方スキー場へ行って来ました。
土曜日の朝5時出発時は小雨が降り、心配しましたが、
10時過ぎのゲレンデは明るい春の日差し。

1291A

名木山ゲレンデ近くのお宿のグローリアスの窓からは
↑五竜岳や↓ジャンプ台

1278A

山の上のゲレンデもくっきり見えます。

1293A

温泉で汗を流した後はゆっくりとお食事。

グロリアス

ワインがすべて2割引きというので
ボルドー赤ワインのシャトー・モンペラ2007年をオーダー。
時間とともに香りもお味も開き飲みやすいワインでした。

1285A

ここ数年、八方スキー場は多くの外国人のお客さんの姿が見られ、
国際リゾートになりそうです。
ゲレンデ案内のアナウンスやレストランなども
英語のメニューなどおき、歓迎ぶりがうかがえ、
このホテルも多くの外国人のお客様の姿が見られました。


高級チョコレート

今日はバレンタインデー。
私はあえて旦那様にチョコを差し上げることはしませんが
娘やお嫁さんから美味しそうなチョコが届きました。

choko 1A

↑ 中でもチョコレート好きの二女からのプレゼントは
ファブリス・ジロットのお高~いチョコレート。
日本店がないので新宿伊勢丹に1年に1回、
この時季に販売されるそうです。
チョコが苦手な私も本場の味を知るとフアンになるかも知れません。
後日、旦那様にお相伴させていただきます。

choko2A

二女からのもうひとつフィリップ・ベルのチョコ。
中にかなりきつい洋酒が入っているようです。
お嫁さんのプレゼントはベルギー大国直輸入という「LAVARIE」
さてベルギーのお味はどうでしょうか?

巻くだけダイエット その後

1033A

巻くだけダイエットを始めてかれこれ1ヶ月近くになりますが、
嬉しいことに体重も1kgほど減り、
どうしようもなくつらい肩甲骨や肩こりの痛みも辛さも
差ほど感じなくなりました。

寒さで身を縮めているにもかかわらず
二週間に一度はお願いしていたマッサージも
ここ1ヶ月は忘れるほど。

1024A

「硬いですね?どうやったらこうなるのですか?」と
長年お世話になっている先生がいつもおっしゃるのですが、
過日、今年初めて施術をお願いしたところ、
今回はそれほどの凝りも硬さもないので驚いておられました。

在宅中はいつも骨盤が動かないように”巻くだけダイエット”
私にはお金がかからないお助けダイエット法。
今の体重でOKですが、
ポッコリお腹に戻らないようにもう少し続けてみます。



さぁ~、いよいよ今日からバンクーバー五輪開幕。
日本選手94人の活躍を祈っています!

謎の高血圧?

近くの公園の紅梅が満開。
綺麗~い!!でした。

koubai A

私の血圧が時々、上がったり下がったりと不安定なので
いつも心配してくださるコーラスのピアニストさんから
「今夜の”ためしてガッテン”は謎の高血圧です」とメールが入りました。

謎?とは
突然の血圧アップ(それも160とか190の恐ろしい数値)で、
減塩効果、食事管理、運動効果もなく降圧剤の効果も薄れるという。
その原因は??
副腎に数ミリのおできができる原発性アルドステロン症だという。

1260A

↑のように血圧に異常を感じたら
まず血液検査をしてカリウム値が3.5-~4mgEq/lを下回り、
ホルモン検査精密度を経て診断を確定。

血液検査1A

手術は1時間半くらいで内視鏡使用、傷口も小さいという。
術後は降圧剤の服用はなしと晴れやかな笑顔の患者さん。

死ぬまで服用しなければと強いられる降圧剤。
この病気は老いも若きも年齢に関係ないそうなので
一向に改善されない高血圧症の方には朗報かもしれません。

1262A


無国籍 KIHACHI

1023A

過日、二女と横浜高島屋8F「ローズダイニング」のキハチ
初めてランチに入りました。
ルミネ店の9Fはチャイナ、みなとみらい店はイタリアン。
ここはフレンチ/無国籍料理です。

娘はカニとかんきつ類のサラダ、地鶏のピリ辛。
私は右の列の蒸し鶏のサラダ、鰤のロースト。
お味も鰤の焼き具合も程よく¥2500+消費税は
得をしたような嬉しいお料理でした。

焼きたてのパンはくるみパン、かぼちゃパンもありましたが、
塩気の少ないバケットをお代り。

きはちABC

デザートは洋ナシのアイスといちごのムース、
カプチーノを娘と心ゆくまで味わって・・・。

いつも混雑していると敬遠していたローズダイニング。
ここに来て下さるこふでさんもおっしゃるように
意外にゆっくりと食事ができました。
次はどこのお店に行こうかな?と少し楽しみができました。

キハチASD

::::::::::::

一昨日、伴奏者ののぶちゃんが来宅。
お土産に銀装の可愛いマドレーヌ。
桜の花びらのパッケージに春の訪れを感じます。

マドレーヌ

今日は国民の祝日建国記念日です。



名指揮者 オットマール・スウィトナー

新年を迎えた1月8日、NHK交響楽団名誉指揮者の
オットマール・スウィトナー氏(87歳)が、
パーキンソン病のためベルリンで亡くなられたことを知りました。

1044A

スウィトナー氏は1971年にN響定期公演に初出演、
1973年に名誉指揮者に就任され、以来これまでに計14回出演。
ドイツ音楽を中心の名演を繰り広げられ
日本のフアンも多くいらしたことでしょう。

1253A

先日のN響アワーの追悼番組で歌劇「魔弾の射手」の序曲、
1989年最後の来日、ブラームス「交響曲第3番」の
風格ある音楽と包容力豊かな演奏を 聴かせていただきました。

1254A

最後の招聘は1989年11月、
ハイドンのオラトリオ《天地創造》の演奏だったそうですが、
手の震えの症状が表れ、70歳を前の引退に当たって
”音楽を愛するからこそやめる”と
おっしゃった言葉が深く心に残りました。
長年に亘り日本のクラシック界に貢献された
偉大な指揮者のご冥福を心からお祈りして・・・。


今後の追悼番組
2月15日 (月) NHK衛星第2
2:46~ 4:30 「クラシック・ロイヤルシート」
- 追悼オットマール・スウィトナー 


松山のお土産

松山の長女宅へ二女が遊びに行き、
この春小学校に上がる孫にも大歓迎を受けたとか・・・。
近くの道後温泉や松山城、足を伸ばして内子を案内してもらい、
姉妹で幼い頃のような楽しい思い出ができたようです。

娘達が見繕ってくれた数々のお土産品。
季節柄、可愛いお雛様の箸袋は嬉しいです。

1242A

”愛媛に巻かれて”というフワフワのロールケーキ。
中にミカンが入っていて、美味しくいただきました。

愛媛ロール

道の駅内子フレッシュパークからりで求めたというキャラメルケーキと
たかきび、とうきびが入っている丸いお餅の”きまぐれ雑穀餅”
いよかん、ゆず、だいだい天然果汁の”ぽんず”は優しいお味。

道の駅

地鶏のハーブソーセージやじゃこ天、
ニンジン、生シイタケ、3kgのお米まで・・・。
内子の農家で採れた新鮮野菜や果実、手作りお菓子は
どれも作った方のお名前が入っていて格安のお値段。
旅行をしてもどの道の駅も素通りする私。
今度は一度覗いてみようと思います。

二人して時々、送ってくる写メールや高ぶった楽しそうな電話の声。
お土産品を前にして「いつまでも仲の良い姉妹」
親として何よりも嬉しいお土産でした。ありがとう!!


思い出の名演奏

昨朝、「3時からの”思い出の名演奏”はエディット・マティスだよ?」と
旦那様のメールに朝から首を長くして番組を待っていました。

1028A

24年前の1986年東京文化会館小ホールで行なわれたソプラノ・リサイタル。
マティスはオペラ、歌曲両方の分野で活躍した
20世紀を代表する歌手のひとり。
マティス48歳のこの公演のプログラムは、
ベートーベン、ブラームス、リヒャルト・シュトラウスの歌曲。

マティスA

「古典から近代の歴史の流れと様式感のある格調高い演奏」と
当時、ピアノを弾かれた小林道夫さんは絶賛される。
天性の美しい声、詩と曲が見事に一致した豊かな表現、
アンコールで歌われた私の大好きなモーツアルトの「すみれ 」には
胸が篤くなり涙が滲むほどの感激を覚えました。

もう10何年も前のこと、千駄ヶ谷の津田ホールのリサイタルで
マティスが風邪のため当日になって中止になったことが
今でも返す返す残念ですが、今年72歳、
お元気で後進の指導に力を注がれているようです。

プログラム
「追憶」「悲しみの喜び」「うずらの声」「一本のぼだい樹が」
「静かな夜」「どうしたら戸が開けられるか」「深い谷間に」
「騎士」「お母さん 欲しいものがあるの」
「舟の上で」「嘆き」「月夜」
「おとめの歌」「春の歌」「あすの朝」
「冷たい空の星よ」「もの言わぬ花」
「帰郷」「ときめく胸」

アンコール曲
「お父さんの言うことには」「おとめの歌」「すみれ 」「こもり歌 」



昨日のTVから

土曜日の午後6時10分から
NHK週刊こどもニュースがありますが、
お父さん役のNHK解説委員、岩本裕(いわもと・ひろし)、
お母さん役のタレント・女優はしのえみさんが
三人の子供達の質問にわかりやすく説明をしています。

子供ニュース

「大相撲のニュース」では貴乃花親方の理事選のことを
わかりやすく図式で説明。
また朝青龍の引退のことなども・・・。

3Dってなに?」については3D技術が
建築や医療にも役立ち将来はメガネがなくとも
見えるように開発されるとの専門家の話。
初めて観た「こどもニュース」、
私も楽しみながら勉強ができました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

1223A

19時からは初優勝を狙う東アジアサッカー選手権の中国戦を観戦。
2日はベネズエラと引き分けした岡田ジャパン。
後半37分にPKを与えたが、GKの楢崎が防いで0-0。
ゴール不足に特効薬はない!
W杯まであと125日。岡ちゃん大丈夫か?

カナダのバンクーバーで2010年2月12日~2月28日に行われる
第21回の冬季オリンピックもいよいよ目前。
ジャンプ、カービング、スピードスケート、フィギアスケートなど
選手達への期待に胸の高鳴りを感じます。



こたつでお鍋

1045A

立春も過ぎたというのに
昨日の日本列島はどこも最低気温と報じられ、
いつも16度の室温が今朝は珍しく14度でした。

ス-パーで綺麗なカワハギがあったので
こたつに入ってひとり鍋。
ちょっと飲みたかったので350mlのエビスをグイ~っと。
お鍋のお供はいつもシュガレディーの万能かけポン。
あっさりと美味しいです。

1216

1217

私のノートパソコンがフリーズしてお手上げ。
旦那様は「ウィンドゥズが壊れたかも・・・」と。
恐る恐る古いデスクトップで更新していますが、こちらも不調。
私にはどうにもならないので旦那様の帰宅を待たないと・・・。

八甲田山 山スキー(完)

1200A

今回、八甲田山山スキーで沢山のお助けマンに お世話になりました。
まずは昨年、早めに購入したユ○ク○のヒートテック。
背中に汗を感じてもすぐに乾いて不快感がありません。
綿や混紡の下着ではいつまでも体に汗がくっついて湿っています。
そのうち体温が下ると寒くなるのがオチ。
ヒートテック、これは絶品でした。

ヒートテック

今回、高値でしたが何としても欲しかったファン付ゴーグル。
オートにすると湿気を感じたらブーンとファンが回ります。
メガネをかけているのでメンバーの方が
メガネの曇り止め液もつけてくださり、
真っ白な地面も良く見えました。

新ゴーグルA

深雪でスキー板をなくさない様にと靴につけた流れ止め。
転んだ時も安心ですが、寒い所での脱着は面倒でした。

1006A

ツアーでお借りしたビーコン。
雪に埋もれても電波で探してくれますが、
生存は保障できないでしょう。

1142A

いよいよ最後のラストランを終え、ホテルへ。
右ポケットからベージュのお財布を取り出そうとしたら
ファースナーが全開。”財布がない!”
あの深雪の急斜面で飛ばされた所だと察しはつきましたが、
時間も経っているので”絶対に見つからない”と諦めてモード。

それでも男性メンバ-と旦那様が探しにまた山へ。
万が一、見つかれば・・・とはパトロール事務所に届けに行った時、
携帯にメンバーから「見つかりました」と奇跡のようなTEL。

::::::::::::

旦那様曰く「人が少なく滑ったコースもわかり、
雪も降らなかったのですぐ見つかった」とのこと。
中には現金ウン万円とJALカード、バスカード、SUICAなどなど・・・。
帰りの時間も迫る中、二人の頼もしい男性達に感謝感謝でした。

これからは貴重品は宿に預ける事、と肝に銘じました。
メンバーにもお世話になり、スキーグッズにも助けられた
八甲田山山初スキーでした。


八甲田山 山スキー(4)

1138A

スキーに出かけてもうひとつの楽しみは何といっても温泉とお食事。
今回の八甲田リゾートホテルは八甲田山麓寒水沢温泉の源泉から
自然に湧出し浴槽から溢れ出た湯を循環させない掛け流しと
旦那様やメンバー達が口を揃えて”お料理も美味しい!”とご自慢のお宿。
話半分に聞いていましたが、
なるほど品数も多く、薄味で工夫されたお料理ばかりでした。

< 1月29日夕食 >

鰤と牡丹海老のお造り、鮭のアメリカンソース、
豚しゃぶ、いくじ茸当座煮、鱈子和え、山菜玉子とじ。

29日

< 1月30日 朝食とランチ >

朝食の赤いお重の中にはサラダや魚。
鍋物など朝から豪華版。
長時間のツアーから戻るとお腹がペコペコ。
旦那様はカツカレー、
私は午後からのツアーに備えてカルビの焼き肉でした。

30日

< 1月30日 夕食 >

美味しい鰯つみれ鍋が出ました。
東北地方で採れるさもだし(一般的にはなら茸)の
田舎煮などの先附け三種も珍味でした。

30日夕食

< 1月31日 夕食>

サーモンレモン〆、銀むつ西京焼き

31日夕食

< 2月1日 ランチ>

最終日の午前中、ゲレンデで滑り終えた後、
温泉に入り、宅配の手続きなどの帰り支度を済ませ
最後のランチはゆっくりと豪華に締めくくりました。
アツアツの天ぷらはおいし~い!
スタッフの細かいサービスと気配り、
目と舌で楽しんだ美味しいお料理ばかりでした。

1日昼

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日は節分、今年の恵方は西南西。
ベトナム生春巻きを丸かじりして
恵方巻きの代わりにしちゃいましたが、ご利益はないでしょうか?
今日は寒い立春になりそうです。

1214A



八甲田山 山スキー(3)

1月30日・・・初めての山スキーに
長時間歩けるかな?体力は?など不安と期待を抱きながら
総勢15人、ガイドさんが4人という大所帯で
午前中は八甲田温泉ルートを(5.3km行程2時間半)
午後は下毛岱を横切り、ブナ林を滑りました。

1124A

↓ 遥か向こうに岩木山が見え隠れ・・・。

1125A

チラチラ小雪がちらついたり、パーっとお日様が顔を出したり・・・。
深雪に足を取られながら頑張って歩くと
風がないので暑くて暑くて汗が流れ、足元の雪を口に含んで水分補給。
急斜面に出ると転ばぬように・・・と
決心して滑り下りましたが・・・。キャー!白くまちゃん!
ふかふか雪では転んでも気持がいいでが、
脱出するのに深雪でストックが刺さらずこれまた、大変!

1154A

31日は予報が外れて素晴らしいお天気。
午前中は城ヶ倉温泉ルート。
岩木山も目の前に大きく見えます。

1186A

1183A

午後は前嶽を廻り込み雄大な自然の中でツアーも絶好調!
↓私達のツアーが滑ったシュプール(右)はグチャグチャ。
後から来たグループ(左)は綺麗な小回りの弧を描いています。
(これは明らかに実力の差)

1192A

1199a

↓ 休憩で写真を撮ったり、お茶やお菓子でエネルギー補給。
自然の織りなす芸術の美しい景色に励まされます。

1200A

↓ ブナ林は桜が咲いたようでガイドさんは”雪ザクラ”と呼んでいました。
幾度となくこんな狭い木々の間を滑りますが、
廻り損ねて抱っこちゃんのように木に抱きつく人、
スピードが出て止めるのに小枝につかまる人。
まるでマンガの世界のようでしたが、怪我ないのが一番です。

1202A

道なき道をガイドさん達やツアー仲間と苦楽をともにした2日間。
山スキーの楽しさは少し味わえましたが、
スキーを担いで深雪の中を歩く大変さ、
ブナ林で迷子になりそうな心淋しさも体験しました。

2、3回と回を重ねると余裕も出てきて
やっとその醍醐味が味わえるのでしょうが、
体力がなければ到底、無理な山スキー。
精神力は100点満点ですが、足腰を鍛えなければと改めて感じました。

1203A

~~~~~~~~~~~~~~~

雪崩などのあった時、大活躍するというビーコン
体につけてスイッチON。命手綱です。

1142A


八甲田山 山スキー(2)

スキークラブメンバー5名で羽田空港から
青森空港へひっと飛び。
遠くに見える八甲田山が「ようこそいらっしゃ~い!」と
待ってくれているようでした。

1104A

チェーンを付けたお迎えのバスで約1時間。
八甲田リゾートホテルに到着。
道路も周囲の木々もみな真っ白け。

1116A

ホテルから八甲田山ロープウェー乗り場まで徒歩5、6分。
山頂まで約10分は大パノラマを楽しみながら・・・。

第1日目は午後からゆっくりと
ダイレクトコース(3、5km)、フォレストコース(5km)の
ロングコースを5人で滑りました。

1163a

山頂の駅は雪で真っ白け。厳しい寒さが想像できました。
2日目はいよいよガイドさんに
案内していただく山スキーツアーに参加です。

1182a

 昨夜の雨が雪に変わったようです。
横浜も屋根にうっすらと雪化粧。



八甲田山 山スキー(1)

八甲田山でお天気に恵まれ
初めての山スキーを体験しましたが、
広大な大自然の中のスキーは整備されたゲレンデスキーとは
全然違った魅力的なものでした。
元気で無事に帰宅したご報告まで。

1118A
(ホテルの玄関の長いつららが厳しい冬を物語っています)

1213A

帰宅後、開けたイタリアトスカーナのビヤンコ・ロミータ2008年。
フレッシュで適度の酸味があり、少々軽めのワインでした。


カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ