野いちごひとりごと
人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。
201007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201009
バイロイト音楽祭
1876年に作曲家リヒャルト・ワーグナーが
自作のオペラの理想的上演のために創設した「バイロイト音楽祭
毎年7~8月に開催されるこの音楽祭では、
フルトヴェングラー、トスカニーニ、カラヤンといった
音楽史にその名を刻む一流の指揮者と歌手たちによって
ワーグナー作品のみが上演されてきました。

3956A

大昔に年末にラジオFM放送に耳を澄まして聴いていましたが、
前回のNHK「プレミアムシアター」では世界初となる
6時間近いテレビ初生放送を実現。時代は変わった!とつくづく感じながら
録画したニーベリングの指環ワルキューレ
三日間かけて目と耳で楽しみました。

バイロイト

ワルキューレはヴォータンの子供の
ジークムント(兄)とジークリンデ(妹)、
そしてその夫のフンディングを中心に話が進められます。

4466A

昨年9月ミラノスカラ座「アイーダ」のラダメス役、
ヨハン・ボータがジークムント役。
あの時とはまったく違って張りのあるリリック・テナー。
本当はワーグナー歌手なのかもしれません。

ソプラノのエディット・ハラーを初めて聴きましたが、
低音から高音にいたるまで統一された美しく伸びやか綺麗な声の響き。
豊かな表現力で素晴らしい歌唱力でしたが、二人ともすごいメタボ歌手。

bo-tann

ただひとりの日本人の藤村実穂子さん。
威厳に満ちたフリッカ役の堂々とした歌唱力と演技は
大柄の出演者の中にいても少しも引けをとらない立派なもの。
海外で日本人の活躍を観ると誇らしく思います。

4509A

一時間の休憩の合間には音楽評論家の舩木篤也さんと
ピアニストの近藤嘉宏さんがライトモティーフ(示動動機)など
ワーグナーの作品解説は大変興味深いものでした。

2013年は、ワーグナー生誕200年。
バイロイト音楽祭が楽しみです。

4481A


<楽劇「ワルキューレ」ワーグナー>全3幕
2010年8月21日 バイロイト祝祭劇場

クリスチャン・ティーレマン指揮
タンクレッド・ドルスト演出

ジークムント:ヨハン・ボータ
ジークリンデ:エディット・ハッラー
フンディング:クヮンチュル・ユン
ヴォータン:アルバート・ドーメン
フリッカ:藤村 実穂子
ブリュンヒルデ:リンダ・ワトソン

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~           

8月10日から松本で行われている「サイトウ・キネン・フェスティバル」の
HPを見ていると指揮者小澤征爾氏の腰痛悪化で
指揮を一部断念される記事を目にしました。
早く回復され今後のご活躍をお祈りしています。                

小澤征爾総監督からのコメント
皆様へ

私の病気療養に際しては、皆様に大変なご心配とご迷惑をおかけ致しました。
お陰様で、癌の治療は無事に終わり、転移もなく、主治医からは”キャンサー・フリー(癌はなくなった)”とのお墨付きを頂きました。
私も9月5日からのサイトウ・キネン・フェスティバル松本、オーケストラ・コンサートでの本格復帰を目指し、この数カ月体力回復に努めてまいりました。                      
しかしここに来て持病の腰痛がひどくなってしまいました。
主治医に相談したところ、長期安静で筋力が低下したことが原因であり、
現状で長時間の指揮をすることは回避すべきだとのご忠告を頂きました。
私自身、大変残念であると同時に、皆様にはまた大変なご迷惑をおかけすることになりますが、
今年のオーケストラ・プログラムBとCでは、発表されているプログラムに関しては、私の代わりに下野竜也さんに指揮をして頂き、私はコンサート冒頭で、チャイコフスキーの「弦楽セレナード」より第1楽章を指揮することに致しました。
下野さんは私が最も信頼する若手指揮者の一人で、2008年のサイトウ・キネン・フェスティバル松本でもゲスト・コンダクターとして素晴らしい指揮をして下さいました。
今年もサイトウ・キネン・オーケストラと共に素晴らしい演奏をしてくれると信じております。 
皆様には何度もご迷惑・ご心配をおかけし本当に申し訳なく思っております。
9月のフェスティバル終了後は、12月のサイトウ・キネン・オーケストラのカーネギー公演を目指し、腰の治療に専念する所存です。2010年8月26日   

海を渡って

aoihana

娘親子が海を渡って、かねてからの希望の
広島県呉市の大和ミュージアムにじぃじと共に行って来ました。
写メールなので画像が小さいのが、残念です。

昨日、開館以来約5年4ヶ月で600万人目の来館者があったようで、
600万人目は加古川在住の5年生の坊やだそうです。
(なんや、うちの孫じゃないのんか・・・残念!)

114927A

3aA

娘から・・・「かなり混み込みです」
(気長に待つのみ!)

2Aa

旦那様から・・・潜水艦の基地です。
(やっぱり瀬戸内海はええなぁ?)

5Aa

旦那様から・・・昔、海軍工廠にあったクレーンの前で
ランチは阪急ホテルのビュッフェに行った。
1000円でデザートまで食べ放題。子供は700円。
○○○もよく食べた!
(え?私も食べた~い!)

4Aa

~~~~~~

娘達を見送り帰宅した旦那様から・・・
キリン秋味が発売!一息入れて飲んでいます。
今年はすっきり味。いつもと同じようにように麦芽タップリだが、
微かに甘苦さがあって良い。
(それならば今年は沢山、仕入れておかなきゃ!お疲れ様でした!)

7Aa

旦那様より・・・いとよりをオーブンで焼きました。
2匹で400円。(安ツ!美味しそう・・・)

6Aa

~~~~~~

こちらも負けてはおられまへんが負けたような・・・。
残りご飯を卵チャーハンに。

チャーハン

一昨夜のなすとトマトの中華煮。
冷めたいほうが味が沁みて美味しい。
豚肩ロースは甘辛味。チャーハンにのっけて・・・。
秋味が欲しいよ~。


今朝の朝焼けはとても綺麗でしたが、風も無く今日も暑そう!
早く家事を済ませてしまおう!っと。

4526A
4525A

定例会のあとは
一昨日は音楽研究協会、音研の定例会でした。
ピアノ演奏や私がヘンデルとシューマンを歌ったあとは
11月に秋のサロンコンサートのチラシやプログラム作りのミーティング。
今回、私はお手伝いなので少々気が楽です。

3603A

メンバーがロ○イヤ○ホス○の誕生月プレゼントの
2割引券を持っているというので
ワイワイと賑やかなランチになりました。

今まであまり見なかったのですが、お値段の横にカロリー表示。
トマトソースは707cal。歌う前からお腹が減っていたので
779calのボリュームあるコスモドリアをオーダー。
食べ終わったらお腹にどっしりでした。

ドリア

冷蔵庫がスッカラカンなので○ーカ堂へ。
2Fの衣料品売り場をウロウロしていたら
東レと共同開発のボデイヒーターの発売。

『ボディヒーター』は、防寒肌着には欠かせない、
「暖まる」「ヒンヤリしない」「パチパチしない」「部屋干しで臭わない」
「さらっと快適」「やさしい肌触り」の5つの機能を重視。

旦那様が”スキーの時にタートルネックのアンダーシャツが欲しい”と
言っていたのでお試しに買いました。
この手の商品は色々出ていますが、
その効果はいかほどのものか定かでありません。
さてユ○クロのヒートテックとどっちに軍配があがるか。
ちなみにボディヒーターは¥980、ユ○クロは¥1500。ウ~ン・・・!

ボディヒーター

ワゴンの中に12~15cmの靴下が半額以下で目につきました。
お姫様の洋服に似合おうが似合うまいがお構いなし。
まあまあという柄を洗い替えに求めました。


***************

昨朝、ベランダのクレマティスとバラの可愛い新芽を発見。
虫にやられていたクレマティスに殺虫剤を撒いたのが効いたのでしょう。
バラの葉も艶が出てきました。もう大丈夫かな?

嬉しくなって早速、旦那様に写メールすると・・・”およよよー!”だけの返事。
もっと他に感激の表現はないものか?(プン!)

クレマティスとバラ





ブログの誕生日

3602A

今日は”野いちごひとりごと”の満5才の誕生日。
明日から6年目を迎えます。
娘がやっているのを”面白そう!私も。。。”と始めたのがウンのつき。

パソコンのパの字も分からなかった私が
今や朝の目覚めと共にパソコンの前に座っているから驚きです。

毎日記事を書くことが何よりも楽しみ。
その上、娘や夫に手をとって教えてもらった
複数の写真編集や文字入力、
フレームや飾りをつける時などは最高に楽しい時です。
兎に角、ブログを書くことは生活の一部以上になりました。

いつもつたない記事に温かいコメントを下さる方々、
お会いして励ましてくださる方には
心からお礼の言葉を述べたいと思います。
本当にありがとうございます。

最近、的確な言葉が出てこなかったり
自分の言いたいことが半分も表現できないことに
少々どころか、ずいぶん脳の衰えを感じますが
それも自然の事かと諦めの境地。

こんな野いちごですが、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

3461A
バラの管理
7月に伊豆の河津パガテル公園でお土産に買った
クイーン・パガテルの元気がありません。

クイーンパガテル

東の出窓に置いていたので暑さにやられたのでしょうか、
可愛そうにこんなみすぼらしい姿になって・・・。
秋になったら葉の艶もよく、生き生きした薔薇が
咲くようにベランダの半日陰に置きました。
これからは管理を怠らないように注意です。

バラ病気

過日、NHK趣味の園芸では薔薇の管理法だったので覗いてみました。
元気のなくなった薔薇にはやはり色んな原因があるようです。

葉枯れ
hannhikage
黒ずみ

↑ 黒ずみは虫がいるのかな?と思いましたが、
原因は炎天下で薬剤散布のようです。
枯れた葉は汚らしいですが、
そのままにしておくほうが良いとのこと。

↓ 夏バテしないように下のような注意がありました。

夏バテ

↓ 固形、液体肥料の併用。
水遣り、肥料、置き場所に注意して
夏でも元気な薔薇を咲かせたいです。

hiryou


************

今回の帰宅で旦那様はリビングのエアコンの掃除をしてくれました。
いつも高いところの仕事は彼に頼みますが、
夏の始めにやってくれれば言う事なしだったのに・・・。
それでもフィルターに掃除機をかけて、
細かくゴミを払い、少しはエコに繋がったでしょう。

最新式ではフィルターの自動掃除機能が付いていて
お掃除はしなくて良いそうです。それっていいな?

クラー


羨ましい夏休み
明日は音研の定例会で2曲ほど歌うので
今日は久しぶりに幼なじみののぶちゃんと伴奏あわせ。

過日、ご主人様とスイスで涼しい夏休みを過ごし、
楽しそうな写真を見せてもらいましたが、なんとも羨ましい夏休み!

4459A

スイスのサンモリッツからバスで20分ほどの
美しくて静かな村、シルスマリア。
標高1800mくらいというから志賀高原くらいでしょうか。

4458A

4457A

↓ ドイツの哲学者フリードリッヒ・ニーチェの可愛い別荘。
1881年から1888年の8年間毎夏、このシルスマリアに滞在したそうです。

ニーチェ

お土産はチョコレートで有名なteuscher(トイスチャー)の濃厚なクッキー。
ピスタッチオと松の実とアーモンドのトッピングです。
そしてエーデルワイスの可愛いポプリ袋。
中からラベンダーの良い香りがします。

1kukki-

簡単ランチは久々にバジルパンを焼き、残りはお土産に・・・。
写真はありませんが、ソーセージとベーコンとズッキーニの炒め物。
トマトサラダに初めてホワイトセロリを入れましたが、
とてもいい香りで美味しかったです。

ホワイトセロリ

テレビ番組から
4434A

今月12日に初めて咲いた金柑の花。
今、枝に沢山の蕾や花が咲いています。秋には実がなるのかな?楽しみ!

金柑の花1b

 NHKの「私がこどもだったころ」の2年前の再放送は、
過日、食道全摘出手術を受けられた小澤征爾さんの子供の頃のお話。

1935年、満州国奉天市(現・中国瀋陽市)生れ。
幼い頃、兄が弾くアコーディオン伴奏で、
母たちと賛美歌をよく歌った・・・とにこやかなお顔。

帰国後に親戚のピアノを兄達が横浜から東京までリヤカーで運搬。
中学生になるとラグビーに熱中し、ピアノと二足のわらじだったようです。

世界的な指揮者、小澤さんのゆるぎない力とたくましさを
この番組から感じました。
これからも益々のご活躍を期待して・・・。

それにしてもあの小柄な方がラグビー選手、
それもスクラムを組む最前列の3番とは
意外や意外、恐れ入りました。
(写真左上、ボールを抱えているのが小澤征爾さん)

小澤1

 前回のNHK杯囲碁トーナメントは解説に24世本因坊石田芳夫さん、
対戦は25世本因坊趙治勲(ちょうちくん)さんと九段の小林光一さん。
囲碁の世界はあまり知らない私ですが、
このベテラン三人の顔ぶれはもう観る事ができないかもと
旦那様とワクワクしながら観ていました。

解説の石田さんもこの二人と良く対戦されただけに、
細かい癖や戦法、それに精神状態は顔色や表情を見ただけで
手に取るように分かるのでしょう。
解説を聞いていても楽しいものがありました。

NHK囲碁

どちらが勝っても・・・と思いつつ 小林光ちゃんを応援していましたが、
結果は趙さんの三目半勝ちの大勝です。
勝ったはいいけどこのヘアスタイル、何とかならないかな?


薔薇のペンダント
昨日は絵付けのお稽古日。
いつも一緒ののぶちゃんがお休みだったので
一人で先生の丁寧なレッスンを受けてきました。

44122A

絵付けのお稽古が一ヶ月以上も遠のき、何を描いていたのかを忘れるほど。
「綺麗に仕上がっていますよ?」と先生が棚から出してくださった薔薇のペンダント。
懐かしさを感じながら周囲のゴールドを磨いて・・・。
綺麗!素敵なペンダントが出来上がりました。イエ~イ!

44132A

ハートの器の薔薇と上の丸い薔薇に同じように線描きをして・・・。
丸い物は金具をつければブローチにもペンダントにもなります。
次回の仕上がりが楽しみです。

201008241422A1

私の我儘で教材から横道ばかり歩き、先生には申し訳ない思いでしたが、
いよいよ教材に戻ってバラのブーケ。
先生の出来上がったお皿をお手本に下絵を描くのですが、うまくいかない。
やはり私には絵を書く才能がないようです。
できの悪い生徒は努力しかない!ボチボチと頑張ります!

201008241604A2.


賑やかで美味しいピッツア
平山郁夫展に行く前に
海に行った息子に「帰りに夕食を食べに寄れば?」とメールを送ると
「はい、どうかよろしく」のメールが入った。
さてさて、メニューは?と考えたが
私が先日から食べたかったピザを焼くことにしました。

piza

ホ-ムベカリーで生地を捏ねてベンチタイム。
いつも生地を薄く伸ばす男の仕事は旦那様と息子。
珍しいバジルソースやトッピングは娘の作品。
お嫁さんはお姫様のお守りです。

↓ トマトソースに鶏とベーコンとコーン。

pizai3

↓ トマトソースにバジルとモッツァレラチーズだけのマルゲリータ。
シンプルで美味しい!

pizai2

↓ 冷凍していたバジルソースに鶏とコーン、ベーコンをのせて。
このソースは初めてですが、バジルの良い香りで美味しい~!
これからはこのソースをメインにしようと全員一致で決定!

4383A

↓4枚目はソースも具も残りのミックスピザ。

お姫様もピザにかぶりつき満足気。
みんなのお陰で美味しいピザと賑やかな夕食になりました。
あ、いなだの刺身と焼き茄子の写真が・・・ない。
マ、いいか?・・・。

4384A

ワインはお馴染みのブルーノ・ラフォンさんの
ドメーヌ・マゼラン2005年。
葡萄はグルナッシュとルサンヌ。
もう何も言うことは無い、言えないワインです。

4385A

2本目はシャトー・ラネッサン2006年。
深みのある色と力強さを感じるワイン。
格付けでは特級にはなっていませんが、充分に実力があるワインです。

4386A

昨夜のお月様は大きくて明るくて綺麗でした。
今夜は満月、何かいいことがありそうな気がします。

4411A


三人でランチ
ホテルオークラ東京から歩いて3、4分。
写真右の階段を降りるとサントリーホールのカラヤン広場に出ました。

4359A

階段を挟んでテレビ朝日。
ランチはその前にあるお店、
コンサートの時に良く利用するオーバカナル赤坂。

4358A

どっこいしょ!といわんばかりに席について・・・。
ランチにあわせて白ワインを注文。

4360A

旦那様と娘は肉料理。
鶏のもも骨付とマカロニグラタン。

4362A

私一人、鮭、すずき、かじきまぐろの魚料理のリゾット風。
旦那様は食べたかったのでしょうか、
恨めしそうに私の料理を見ていました。
パンはお変わり自由ですが、もうお腹一杯!

4363A

また残暑厳しい中、地下鉄銀座線で帰宅。
その途中、息子からのメール。ワオ~!!


平山郁夫展
昨年12月に脳梗塞で亡くなられた平山郁夫展示会。
旦那様が是非観たいというので絵の好きな娘を誘って昨日、
虎ノ門のホテルオークラ東京”アスコットホール”へ行ってきました。

4357A

(HPより参照)
今年で16回目を迎え、チャリティーを主旨とする
毎夏恒例の「アートコレクション展」。
今回は、昨年12月に79歳で逝去された
平山郁夫の多大な功績を偲び開催いたします。

若き日の広島での被爆体験により、
その後、後遺症に悩みながら強く世界平和を希求し、
日本文化の源流を求めて、仏教伝来・仏教東漸の道、
東西文化交流の中枢であったシルクロード(絹の道)を訪れました。
100回を超える前人未到の旅を重ね、
人類の悠久な歴史を刻む旺盛な制作活動を展開。
また世界文化遺産の保護のため「世界文化財赤十字構想」を提唱し、
積極的に取り組んで美術界に多大な成果をもたらされました。

東京美術学校(現東京藝術大学)最後の卒業生として
前田青邨に薫陶を受け、壮大なスケールにより
戦後の日本美術院(院展)を牽引された
平山郁夫の初公開を含む大作・代表作50余点をご観覧いただけます。

↓「皓月(こうげつ)ブルーモスク」(イスタンブール)
光と影の効果で神秘的。この蒼い画面が平山作品の特徴のようです。

モスク
↑「南海夕陽 海のシルクロード」

平山郁夫氏の作品は長年に亘ってシルクロードをテーマに描き続けておられ
西はイスタンブール、ベネチア、フィレンツェ、
国内では京都、宇治、奈良、高野山、福井のお寺、
津田の松林など声も出ないほどの素晴らしい作品ばかり。

↓ 砂漠をひたすら歩くキャラバンをテーマとした作品が多く、
シルクロードを行く人々に思いを馳せていることが良く分かります。

4394A

構図も素晴らしく、また色も上品で落ち着きと存在感が感じられます。
特に澄みきった真っ青な色。オレンジがかった落ち着いた赤の色。
絵の中に吸い込まれそうでした。

平山

日本画だけと思っていたら、ベネチアやオランダで描かれた
水彩画の作品も展示されていましたが、これがまた可愛いくて素敵な絵!
記念にポストカードを求めました。

日本を代表する画家、平山郁夫氏のご冥福をお祈りして・・・。
平山郁夫氏の作品

気になるスポーツ

この猛暑の中でグランドを走り回るスポーツ選手には
本当に頭が下がります。

3956A

 21日、高校野球の決勝戦、甲子園球場はうだる様な夏の日差し。
興南(沖縄)対東海大相模大野の両校は力いっぱい戦い、
結局、沖縄に夏初めての深紅の大優勝旗が・・・。

島袋

 Jリーグが気になります。
鹿島アントラーズ在籍だった秋田豊選手が
京都サンガのコーチから新監督へ就任。
元アントラーズの柳沢敦選手と同じピッチに立っています。
京都サンガは18位の最下位。
J2降格だけは避けて欲しいですが・・・

京都サンガ

 首位だった鹿島アントラーズ、アーアーという間に
名古屋グランパス、セレッソ大阪に続いて3位に脱落。
史上初4連覇がかかっているのに・・・。

 野球の阪神タイガース、今トップですが後ろに巨人や中日が続きます。
甲子園に戻れるのでこのまま突っ走って・・・!
セリーグの楽天は最下位。
野村監督がやめてから見ていないけどマー君ガンバって!

毎日目が離せないスポーツ。これからも暑さとの戦いです。

暑さに負けず
この2、3日は早朝は涼しい風が
吹きぬける我が家ですが、日中は猛烈な暑さ。
それにも負けず昨日の声楽のレッスンでは、
先生からいつものように丁寧なご指導をしていただきました。

0729Ab

帰宅途中で港南台の高島屋の生鮮食料に立ち寄ってみました。
天然いなだとホタテがお買い得。

4340A

一昨夜、帰宅した旦那様に
早速、ホタテ、なす、ししとう、ズッキーニを天ぷらにしてもらいました。
いなだのお刺身は分厚く切って・・・。
どれも美味しい~・・・。

天ぷら

久々のユーハイム。土日限定のアップルパイ。
硬めのりんごが美味しい~!

ユーハイムアップルパイ

天ぷらにあわせて白ワインはロワールのワイン。
パスカルジョリベのソービニヨンブラン、アティチュード2008年。
ギンギンに冷やすより少しぬるめの方が
飲んだあとはフルーティな柑橘類の香りと味が楽しめました。

4345A

帰宅した20日の赤ワインはチリワイン。
我が家ではお馴染みの
モンテス・アルファ・カベルネソーヴィニヨン2008年。
香りも高くバランスの良さ、驚くほど長い余韻に浸れます。

4330あ

この暑さでカメちゃんにも氷をプレゼントして水温を下げています。
この暑さとてご飯も一日3回食欲旺盛。
夏バテ知らずのカメちゃんはとても元気です。

4336A


姉から・・・

大阪の姉は長年、戸塚刺繍の教室に通い、
私の結婚時には丁寧に刺されたテーブルセンターや
枕カバーをプレゼントしてくれました。

4319A
(バラの花額Ⅳ)

8月2日まで大阪高島屋で開かれた
戸塚刺繍展を観に行ったお土産に
素敵なポストカードを送ってくれました。
綺麗ですね?観ているだけで幸せになりそうです。

4320A
(フラワーアレンジメントⅠ)

↓姉に「お月謝袋が無いので何か描いてね?」とお願いすると
上等な和紙の封筒に色々と・・・。
いつも声楽の先生が楽しみにしてくださいます。

4321A

4322A

4323A


*********

↓ 朝食にパンはきつい時があるので
未だ飽きずにシリアルとヨーグルトを食べています。
この日はバナナが無かったので
ブルーベリーのジャムをのっけて。アマッ!

うちわ

↑ 今、このグッズに助けられています。
なんだかんだと忙しくて腰を伸ばす時間も無かったので腰が辛いです。
ゴムベルトは掃除の時や重いものを運ぶとき腰に巻いていますが、
時折、おへそ下に巻いて骨盤ダイエット。

足のむくみがひどいときはボディーショップの足指グッズ。
足の指の間に挟みと血行を促進します。
結構、きつくて痛くなると外しますが、むくみ解消効果は大です。

寝苦しい夜は首に保冷剤。
冷たくていい気持ち、ぐっすりです。
お風呂上りには孫と行った木下サーカスのうちわが活躍。

朝は涼しい風が吹くようになりましたが日中の暑いこと。
早く涼しくなることを願います。

~~~~~~~~~~~

今日は第92回全国高校野球選手権決勝戦。
40年ぶり2度目の夏制覇の東海大相模か
春夏連覇、沖縄夏初優勝の興南か・・・。
いずれにせよ、両校の選手達
悔いのないプレーを・・・。がんばれ!


若大将 50年!
3775A

BSをつけたら何と若大将こと加山雄三
若かりし頃の映像で「海 その愛」の弾き語り。
懐かしくてじーっと観ておりました。

今年、芸能生活50周年とか・・・。
その間、俳優、シンガーソングライター、タレント、作曲家、ギタリスト、
ピアニスト、画家などなどその肩書きはすごい数。

一方、ホテルやスキー場経営で華やかにも見えましたが、
事業に失敗、莫大な借金を抱え
文字通り、山あり谷ありの波瀾万丈の人生。
その厳しく険しい道も奥さん、めぐみさんの内助の功があって
乗り越えられたと感謝しながら目を細める若大将。

加山雄三

いまでこそ太っちょのおじさん。昔の若大将にはほど遠いですが、
娘時代は何でも器用にこなすオールマイティのイケメンに
少々どころか、ものすごく憧れたこともありました。

でも私より熱狂的なフアンは音大時代4年間、下宿していた声楽の先生のお母様。
当時、80才前の白髪のおばあちゃまがTVの前で
「いい男ね~ぇ?お父さん(上原謙)よりいい男!」と
眼鏡越しに画面に釘付け。
若大将、加山雄三を見るとお世話になった
気の若いおばあちゃまも思い出されます。

作詞岩谷時子、作曲弾厚作のコンビで作られた多くの甘い曲。
中でも*旅人よ *夜空を仰いで
 *夜空の星 *白い砂の少女・・・が私のお気に入り。
73歳の若大将、まだまだ青春を謳歌しています!

年一回 ピアノの調律
昨日は朝から一年に一回のピアノの調律日でした。
いつもお電話でお知らせいただくので安心しています。

3771A

ピアノの上のお花や積み重なった楽譜も移動させ
掛けカバーも外してこの際、お洗濯。

Gp

いつも蓋を閉め譜面台を上に置いているので
蓋を開けて弾くとシャープな音が響き気持ちの良いこと。
でも部屋の広さに対してピアノが大きいので
長時間弾くと頭痛がしそうです。

kennbann

調律の方は集中しながら一音一音、高さと響きを整えてくださり、
あとは中の埃を掃除機で綺麗に取り除き終了。
夏は冬より音が下がりにくいとのこと。
今回も弦の錆びもなく何の問題もありませんでした。

”私が弾けなくなったらこのピアノはどうなるのか”と
寂しいことも思わないでもありませんが、
先日、孫のお姫様がピアノ!ピアノ!と叫んでいたから
彼女が弾いてくれれば・・・と少々期待はしています。
何はともあれ、毎年のケアはきちんとしておかないと・・・。
昨年のピアノ調律

4317A
美髪
旦那様も娘達もみんな、それぞれの生活に戻り、
汚れが気になっていたフォレちゃんの洗車、
歌のレッスンなどの自分の時間ができ、
溜まっている録画をのんびり見ておりました。

kosumosu1

厳しい暑さ、お肌と同じくらい
髪の毛も相当傷んでいるような気がします。
先週のNHK"きれいを磨く”は美髪についてでした。
57%くらいの女性は下のようなトラブルを抱えているといいます。

4274A

↓ まずは生活習慣セルフチェック。
どれかひとつでもあると髪と頭皮にダメージがあるようです。

午後10時から午前2時頃に髪を生み出す細胞が
もっとも成長するのでしっかり眠るように・・・。
また成長ホルモンの7割が睡眠開始後90分に多く出るようです。

ウーン、私は早寝早起きだから問題なし。
でもストレスは人の3倍も4倍、いやもっと感じているかも・・・。

4275A

美しい髪を作るにはシャンプー、トリートメントの外側からのケアより、
バランスの良い栄養と良質の睡眠をとる、内側からのケアが大事。
下の食品のように”まごわやさしい”と覚えるそうです。

4276A

↓ このセルフチェックではカラーリング歴が超長い・・・。

4279a1

シャンプーは→シャンプー剤を手に取って両手に軽く広げてから、
つめの先が当たらないように指の腹から第一関節の部分を使い、
髪をこするのではなく、頭皮を洗うことを意識する
<洗う順番>
*えり足から頭頂部へ *耳の後ろから頭頂部へ
*耳の上から頭頂部へ *つむじ付近(頭頂部)
*前頭部 *額の生え際

コンディショナーやトリートメントは頭皮にはつけないで毛先につけること。
自然乾燥は髪を傷めるのでドライヤー使用。
10~20cm離して温風と冷風を交互にかけるとダメージも少ないと・・・。

4294A

↑*高級アルコール系は洗浄力は強く泡立ちが良く、
頭皮や髪への刺激が強め脂っぽい毛質の人。

*アミノ酸系は洗浄力はやや弱く低刺激のため、
頭皮を傷める心配が最も少ない

*せっけん系は洗浄力は強いが頭皮への刺激は少ない、
髪の長い人にはきしむので不向き

外出時には紫外線予防では帽子や日傘を利用。
                   
体に良いことは髪の毛にも良いようです。
秋になってからではもう遅いかも・・・
お肌と同じくらいに髪の毛にも気を配りたいものです。

6月から美容院で薦められたエイジプレミアムの
シャンプーと週一回のトリートメント。
私の細い髪にだいぶハリと艶が感じられ、成果が出てきたように思いますが、
秋に向かってもう一度、ヘアケアを充分に・・・。

2710A

先ほど東京電力の電気使用量のお知らせが入りました。
昨年より4日も早いのに104kwh多いです。ワォー~!!

トマト料理と豚肉料理

3960A

このところ食卓にいつもトマトが並びます。
15日、娘達がまだいたので我が家のシェフが
ウーエンさんのレシピでお味しかったというトマトとなすの
中華料理を披露してもらいました。

なすの皮をむいて4等分に切ってごま油で炒め、
その上に半分に切ったトマトに塩を載せ蒸すだけ。
なんてことは無い料理ですが、
トマトの酢っぱみがあっさりと喉を通ります。

4260A

娘に教えてもらったこのサラダもお気に入り。
乱切りにしてオリーブオイルと塩コショウ、バルサミコ酢。
バジルの葉をちぎって冷やします。

4259A

いつものハンバーグの種にチーズをのせてオーブンへ。
周囲の焦げたチーズは美味しいのでみんなで取り合いです。

4257A

イカが残っていたので赤、黄色のパプリカと一緒に炒め、
スパゲティーはバジルソースで・・・。
食卓に置くと”3分以内には食べないと・・・早く早く!”
何と食べるのに忙しいこと。

バジルを飾るのも写真を撮るのも忘れて食べちゃいました。
みんなでつついたあと、汚らしいですが美味しいかったです。

4258A

フルーティな香りの白ワインはアルゼンチンワイン。
ボデガ・ノートンのロ・タンゴ・トロンテス。
熱烈なラベルに圧倒されながらもフルーティでフレッシュな香り。

4262A

赤ワインは過日、エノテカで買ったモンテッス
葡萄はカリニャーノ60% カベルネ・ソーヴィニヨン10% 、
カベルネ・フラン10% メルロ10% シラー10%のブレンド。
豊かな果実実と酸とタンニンは素晴らしいバランスでした。



息子達の来宅に急遽、旦那様がエノテカで求めたワインです。
あとは一番左のエボしか残っていません。

4236b

hiyoko

16日、お盆休み最後の夕食は二種類の豚肉があったので
簡単に塩、胡椒味のローストポーク。

4269b

三枚肉は時間をかけて煮た角煮。

4270b

トマトに水にさらした甘い玉葱を乗せ、シュガレディーの万能かけぽんをかけ、
いつも綿豆腐ですが珍しく絹豆腐の冷奴。

絹豆腐

赤ワインはイタリアトスカーナのモンテ・ヴェルティネ2004年。
葡萄はサンジョベーゼ100%。
初めは硬い感じがしますが、口に含み味わいが広がると
柔らかさを感じ、サンジョベーゼの旨みを感じます。
ウン!美味しい~!

4273b



第92回全国高校野球大会
旦那様のお盆休みや子供達が来宅した忙しい日でしたが、
この炎天下で行われている甲子園球児のプレーも気になりました。

2887A

14日、昨年の覇者中京大中京と4年前優勝したハンカチ王子こと
斉藤祐樹選手の出身校早稲田実業との
伝統校同士の試合を楽しみにしていたのですが・・・。

1回表から早稲田実は7-1と点差を広げ、5回に12点追加点。
結局21-6で早稲実業は王者の風格でしたが、
こうなると観ていても中京大中京が可哀相になり、
高校野球にコールドゲームというものが無いのか?と調べてみました。

高校野球では甲子園での全国大会での点差コールドは認めらず、
降雨などの天災でのコールドゲームのみが
7回終了時点を以って適用されている。

地方大会では2000年度から日本高校野球連盟通達により
コールドを採用する場合は
「5回以降は10点差以上、7回以降は7点差以上ついた場合」と
全国で統一されているが、採用するかしないかは、統一されていない。

決勝戦においては、9回を終了しなければノーゲームとされ、
延長戦突入後の降雨以外ではコールドゲームは適用されない
このため、大差でリードされている場合、
天候が急に悪化して続行が不可能になると
このルールのためリードされていても優勝のチャンスがある。


4264A

今年は大量得点でその点差が大きいのには
何か原因があるのか?と考えたくなります。

何といってもこの暑さ!
グランドの上は50度くらいに熱せられているのでしょう。
ある東北出場校の選手はグランドに立つだけで頭がクラクラし、
暑さに慣れるには3日間かかったと話していた。

甲子園名物のカチ割りの氷は客席に売り子さんが
来るだけでしたが、この暑さのため売店でも売り始めたそうで、
クーラーをつけた家の中でゆっくりと観戦していては
申し訳ないような気になります。

大会代表

一昨日の第3試合、仙台育英ー延岡学園は9回で7-7。
ヒヤヒヤしながら延長戦12回でけりがついた。
一方的な試合ではなく、
若い力と力がぶつかり合う試合内容であってほしい。

4266A

神奈川代表の東海大相模高校が
いち早く35年ぶりにベスト8入りを決め、今日ベスト8が出揃います。

兵庫県人だった私はやはり報徳学園を応援。
そして注目は春夏連覇をかけて沖縄の興南高校のピッチャー、
島袋選手の好投を楽しみたいと思いますが、
頂点を目指しベストを尽くす球児達に
心からエールを送りたいと思います。

大会11日目今日の試合
成田ー北大津、関東一ー早稲田実業
佐賀学園-報徳学園、興南ー仙台育英

昨年の記事 ノーサイドの精神



賑やかなお誕生会

今日はお姫様の2歳のバースデー。
お姫様のパパは今月26日に、
一年生の孫は9月にお誕生日を迎えます。
一昨夜は長女や二女、息子家族と賑やかなお誕生会になりました。

3769A

お誕生日やクリスマスに焼いていたケーキもここ数年お見限り。
久々に21cmのスポンジを焼きましたが、
200ccの生クリームでは少々不足。
イメージしたケーキよりほど遠い出来上がり。
でもパイナップルの汁を含ませた
スポンジと上質の生クリームのお味はバッチリでした。

お誕生ケーキ

↑ 二人の孫も元気で育ってくれましたが、
可愛い声でお話もでき、来るなり「ピアノ、ピアノ!」と催促し、
食欲旺盛のお姫様の成長振りは頼もしい限り。

過日、ファミリアで買ったプレゼントのポシェット。
二人とも気に入ってくれたようでばぁばは胸を撫で下ろしました。

4244b

↑ 我が家のシェフもいつも以上に気合が入りました。
陳健ちゃんのレシピでバンバンジー。
タレ・・・醤油大6、酢大3、芝麻醤大4、生姜ひとかけ、ラー油大2
ゴマ油少々を茹でて細切りにした鶏にかけます。

4246b

↑豚のプラムロールは江上トミさんのお孫さん、江上佳奈美さんのレシピ。
半額の豚ヒレを観音開きにして中にワインにつけたプラムを入れ、
タコ糸で縛り、タイムやローズマリーを乗せてオーブンへ。

4243b
4241b

↑ 今年は冬瓜がお安いようです。冬瓜と鶏肉の味噌煮。
お姫様が好きな海老フライ。
イカとタコのお刺身、枝豆、ポテトや野菜サラダなどなど・・・。

4247b

↑ ビール2Lのあとはいつものようにワインです。
オーストラリアの赤ワイン2009年。
先日飲んだのはシラーズ。今回はカベルネソーヴィニヨン。
やはり渋みがあって好みの味です。

4251b

↑ 旦那様が急遽、エノテカで買ってきたローヌの赤ワイン、
コート・デュ・ローヌ・レ・サウボア・ジール2007年。
初めてのワインでしたが、
バランスもよくなかなか美味しいワインでした。

4252A

↑ オーストラリアの貴腐ワインのスパークリングワイン。
甘いワインでデザートワインです。

wainn3

↓ 松山のお土産は伊予柑の飲む酢。3~4倍に薄めていただきます。
涼しげな柚子ゼリーは冷たく冷やして・・・。
過日、ベランダで初めて咲いた金柑の花に似ています。
  
ユズセリー


久々の酢豚

お盆休みで旦那様が木曜日の夜に帰宅。
過日、オーストラリアから取り寄せた12本のうちの1本。
お値段も安いので贅沢はいえませんが、2009年物で葡萄はシラーズ。
ちょっと浅い味で少々物足りませんでした。

4225A

金曜日はお馴染みのラフォンさんのドメーヌ・マゼラン2006年。
いつ飲んでもどれを飲んでもラフォンさんのワインは文句なし!

4228A

急に甘酢っぱい酢豚が食べたくなり、我が家のシェフにお願いしました。
広東料理のシェフ、譚彦彬(たんひこあき)さんのレシピから。

豚肉は薄いほうが揚げるときに早く火が通り、
中が柔らかくて良い。

塩、胡椒、酒、溶き卵の中で肉をもみ、片栗粉をつけて揚げる。

*甘酢ソース・・・ケチャップ、砂糖各大3、水、酢各50cc、醤油小2を
温め水溶き片栗粉をでとろみをつけ、
その中にすべての具をいれ、最後に大1のごま油を加える。

何十年ぶりかで作った美味しい酢豚。
ワインとはちょっと喧嘩しましたが、美味しかったです。

4231A

↓ 新聞で見つけた鶏レバーのガーリック煮。
絶対に作りたいと頑張りましたが、いたって簡単。

*一口大のレバー160g、スライスしたにんにく1かけを
煮立った酒80cc、塩少々の中で中火で汁がなくなるまで煮る。
器に盛ってネギとレモンを飾る。

コレだけでは味がぼやけていたので七味唐辛子を振りました。
でもあっさりした夏向きの美味しい一品でした。

4230a

デザートは六本木の鎧塚俊彦さんのケーキ、マロニエ。

マロニエ

中は栗とカシューナッツで、
あとを引くお味は忘れそうにありません。

4227A

一挙公開!です。

夕食A


咲いた!金柑の花

8日に金柑の花の蕾を見つけて驚きましたが、
一昨日は可愛い花が咲き、鼻を近づければ
微量ながら香りも漂います。

4167A

4219A

4221a

hiyoko

meguさんに教えていただいたShape collage。
情けないですが、一人では心配なので
旦那様に手伝ってもらってできるようになりました。

バックのカラーが選択できるのは
楽しくて写真の印象がずいぶんと違ってきます。

hana5

複数の写真も自由ですが、

コラージュ5

コーラージュA

photoscapeで 飾りをつけて・・・

コラージュA1


数字やアルファベットハート型もできます。

15枚


文字を入れる時はJTrimを利用して・・・。

kora-jyu2

わぉ、これは楽しい写真編集ソフトですが、
ただ残念なのは自分で写真の場所の操作が不可能なこと。
旦那様は「ADOBE photo shopなら有料で
自由にコラージュできるものがあるよ?」と調べてくれましたが、
そこまでして・・・このくらいで楽しんでおきます。
meguさんに感謝!ありがとうございました。



東京ミッドタウン
オルセー美術展をあとに娘が案内してくれた東京ミッドタウン
近代的なデザインアートに彩られた建築に
おのぼりさんはキョロキョロと・・・。

4201A

4層吹き抜けのメインショッピングエリアのガレリア。
ファッションやインテリアショップなどのセレクトアイテムがいっぱい!
和風の落ち着いた広い空間は贅沢そのものでした。

4200A

ランチはどこで?と色々探した結果、
美術展のチケット半券でビールサービスという江戸切庵へ。
クリーミーな泡。冷えたビールはキューっと喉に染み渡ります。
うま~い!娘はビールは苦手なので2杯とも私が・・・。

4202A

天ぷら盛りせいろをオーダー。
この天ぷらのサクサク感がたまらない!
お蕎麦も歯ごたえもあり、お出汁も美味しい!
このお店は正解!満足でした!

4204A

お茶タイムは暑い中、一緒に来てくれた娘に感謝を表して
チョコレートのお店「ジャン=ポール・エヴァン」へ。
店内は宝石のようなショコラがいっぱい。

娘はちょっと酸味のあるベルガモ。

4207A

私はチョコレートの基本のようなグアヤキル。
生チョコのような濃厚な味はまさしく
本物のチョコレートケーキ。

コーヒーもケーキに合わせているのでしょう、
濃いくもなく薄くも無く、ケーキの味を邪魔しない程度で
少し甘味を感じるコーヒーでした。
チョコ苦手な私も段々とはまりそうになって来ました。

chokoke-ki

ココでまたチケットの半券が威力発揮。
マカロンをお土産にいただきました。

お土産は川島なお美さんのご主人の鎧塚俊彦さんの店へ。
過日食べたケーキが美味しかったので日持ちする栗が入っているマロニエを。
良心的なお値段にびっくりでした。Toshi Yoroizukaのスイーツ


マロニエ

「お母さん一人ならオルセーだけを観て寄り道もせず
まっすぐ帰宅するでしょう?折角、六本木まで行くのに
それは勿体無い!」と旦那様と次女の意見。
確かにそのとおり、観終わったらすぐに電車に飛び乗るでしょう。

炎天下の中、娘に付き添ってもらって
美味しいものや珍しいものをこの目で観て歩きました。
やはり人気スポットだけのことはある東京ミッドタウンでした。

hiyoko


声楽レッスンと絵画鑑賞、二日間連続の外出は少々堪えました。
昨日は旦那様帰宅というのに
寝たり起きたり・・・ボサーっと一日過ごした私ですが、
秋には没後120年のゴッホ展、
横浜美術館でドガ展などを楽しみにしています。

ドガ展

オルセー美術館展2010

モネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、ロートレックなど
フランス近代絵画を代表する画家の多くの作品が
日本でまとめて見られるのは最初で最後というオルセー美術館展。
念願かなって昨日、朝9時10分に六本木の国立新美術館へ到着。

4198A

9時半開門というので青空を楽しみながら暫く待ちました。
すでに旦那様と7月末に名画を見終えた二女が私が鑑賞したあと、
ミッドタウンを案内してくれるというので同行。
彼女は地下のお店や書道展を見学して時間を費やしてくれました。

4196A

入館後、すぐにエスカレーターに乗れるものとおもいきや、
中に入ってまた待たされ、10時になっても長い列は動かない。
不思議に思った娘がスタッフに聞くと
何でも皇族の人が来られているとのこと。何ということ!

いよいよ会場へのエスカレーターに乗れると喜んだら、
私の前で「少々お待ちください」と入場規制。
やっと乗れたこのエスカレーターが天国へ続いているような気がしました。

4197A

過日、次女のお土産のクロード・モネのポストカード「日傘の女性」や

4064A

同じく「ノルウェー型の舟で」も
柔らかいタッチで幻想的で素敵でしたが、

4065A

色の鮮やかさ線の力強さの点ではなんと言ってもゴッホの作品でした。
コバルトブルーの空に大熊座の北斗七星や沢山の星が鮮やかに輝き、
対岸の光はローヌ河に反射し澄み渡った秋の空気を表現しているそうです。

4210As

ゴッホのひまわりは有名ですが、この作品は色が深くて美しい色彩。
今にも花が動き出しそうな・・・。

4209As

ゴッホは細かなタッチを使わず、線状の長いタッチを用いて
独特の雰囲気を出し、彼の作品から力強さを感じるのは、
この独自のタッチによるところが大きいといわれていますが、
本当にそのとおりでした。

娘が帰り際に「以前のゴッホ個人展の作品では感じられなかったけれど、
他の人の作品と並んでみるとゴッホはベートベンだね?」と・・・。
何だか、座布団4、5枚あげたいくらいの感想でした。

11時40分、夏の強い日差しの中、外にも長い長い行列。
待ち時間は90分と膨れ上がっていました。

レッスンのあとは・・・
3960A

昨日の午前中は声楽のレッスンでした。
いつものように先生の厳しくも愛情あるご指導を受けつつ
我ながら情けない思いにあれこれと反省点が大。

ピアニストさんもお暑い中、
遠路はるばる駆けつけてくださったのですが、
あまりうまく歌えず、申し訳ない事をしました。
次回はバッチリ、歌えるように
練習しておかないと本番に間に合いません。

3955A

レッスンの帰りに京浜東北線の港南台の高島屋に立ち寄りまいた。
デパートも一ヶ月ぶりほどかな?
色々と見て歩くだけでもやはり楽しい時間です。

八月、九月は孫達の誕生日が続くので、
ファミリアでポシェットを求めました。
ばぁばのお小遣いも乏しいので勿論、セール品です。

ファミリア

食べることに興味のあるお姫様には
我が家用にキティちゃんの可愛い食事グッズを・・・。

hiyoko

ランチ抜きで3時半過ぎまで
靴やバッグや生活用品の売り場をあちらこちらウロチョロ。
自分の物はこれといって収穫なし!
1Fのビゴの店から焼きたてのパンの良い香り。
ハードパン2種類を・・・。

bigo

地下の生鮮売り場は活気があって賑やかなこと。
綺麗ないか3杯が¥500。
皮まで綺麗に取ってくれるとは・・・すごいサービス。
プロの腕前、得と拝見しました。

4184A

4185A

伊豆土産の生わさびをつけてベランダのシソと一緒に・・・甘ツ!

4188A
腰痛ベルト

昨日は久しぶりの雨。30度も無い涼しい日でしたね?
台風4号も北上中。また夏はぶり返すとの予報。
体調に気をつけねば・・・。

3775A

腰の緊張が続くと腰痛はひどくなり、寝返りも打てず、
お尻からももの裏にかけて痛む坐骨神経痛もひどくなり
立ってもいられなくなります。

スキーやテニスなど運動の時は腰痛予防として
整形外科で求めたこの腰痛コルセットを使いますが、

ベルト

普段、掃除など家にいるときは
通販で求めた細いゴムベルトを症状に応じて
つけたり、外したりしています。

ゴムベルト

過日、伊豆旅行でどこに置き忘れたのか、
(たぶん、サービスエリアのトイレの中だと思いますが)
ゴムベルトが無いので
通販の中でも一番安い店で¥1480(送料¥600)で買いました。
腰のところでカーブしているのでこの製品にはフィット感があります。
だんだん、改良されているのだと痛感!

暑い日は腰の辺りに汗びっしょりですが、
お助けグッズは頼りになります。

:::kurob=:::

久々に近くのコンビニで買ったスイーツ。
チーズケーキは¥105ですが、コレなかなかいけます!

4178A


:::kurob=:::

ここに来てくださる南風のmeguさんの写真編集が素敵なので
そのShape collageを旦那様に調べてもらったら
自分で楽しんじゃっています・・・!もう!

コラージュ




金柑の花

毎年のようにやってくるアゲハの幼虫のために一昨年、買った金柑の木。
今年は卵も見ないまま夏が過ぎようとしていますが、
水遣り時にふと目に入った白い物。なんと金柑の花の蕾でした。

4167A

過日旦那様が枝を切ったのですが、新芽と共に可愛い蕾が・・・。
すぐに旦那様に写メールを送ると・・”お~!”の一文字。
初めて見る金柑の花。
全開したらどんなお花なのか楽しみです。

4170A

ベランダのグリーンは暑さにも負けないで元気です。
野いちごはワンサカと葉を広げ、赤い実をつけ、
紫陽花もポインセチアも嬉しいほど元気な葉が茂っています。

日々草

シソとバジルを収穫しました。
フレッシュな香りがいぱ~いです!
シソは葉を1枚1枚にするか、千切りなどして冷凍庫へ。
水分を補給してやれば1週間は冷蔵庫で保存できます。
バジルは、いつもどおり、ペースト状にして冷凍します。

シソバジル

以前、すすぎが1回で良いという
花王のアタックネオを使っていたのですが、
手が荒れたり、香りがイマイチなので
次女から教わったライオンの”香りつづくトップ”を
ここ2、3ヶ月使っています。

ゴールデンピーチとオレンジローズなどの
フローラルな香りをミックスしたスイートハーモニーがありますが、
香りが爽やかな天然カモミール成分配合の
フレッシュカモミールを求めていました。

柔軟剤入りなので適度の柔らかさ。
その爽やかな香りは夏の暑さを忘れさせてくれるようです。
またパッケージも可愛いので・・・。

4177A

詰め替え用を買いに行ったら容器入りのほうが
100g多くて¥100も安いのは変な話。
でも何でもいいから兎に角、お安いほうを・・・。

【商品説明】
◆天然カモミールから抽出したここちよい香りが長続き。
汚れをすっきり落とし、消臭デオドラントまでできる柔軟剤入り液体洗剤。
◆蛍光剤無配合なので、きなりや淡色衣料にも安心。
【内容量】 1kg

13回世界ソムリエコンクール

少し古い話題ですが、7月27日、NHK[ワンダーワンダー」の再放送、
「香りと味の名探偵」と題して4月12日から3日間、チリのサンチャゴで
行われた13回世界ソムリエコンクールを楽しみに観ました。

4139A

3年に一度のコンクール。予選通過者51人で
その自慢の舌と鼻を競い合い、
日本からはアジアソムリエコンクール1位の森覚さんはアジア代表、
日本代表として谷宣英さんが出場されました。

ソムリエコンクール

1995年東京大会で日本人初の優勝者、田崎真也さんは出題者(写真右)

4123A

ブラインドティスティングでは60カ国以上、5000種類の品種から
グラスに注がれたワインから作られた年や場所、
そして葡萄の品種を当てなくてはいけません。
5種類の味覚を感じる舌と388種類の香りを区別する嗅覚をフル回転。

田崎さんは鼻のトレーニングはかいだ香りに言葉をラベル付けして
記憶すれば飛躍的に伸びるというが、
凡人にはなかなかどっこいそんなことはできません。

ナパバレー

↑ 1位のイギリスのジェラール・パッセさんと
森さんはピンテージだけの違い。でも正解はイタリアワイン。
他のソムリエはスペインだとか、南アフリカだとか・・・。
やはり難しいのですね?

kaorinoshurui

↑ ワインの香りは800種類の匂いの物質があるといわれ、
上は赤ワインの代表的なもののようですが、
これを嗅ぎ分けるのは至難の業です。

サービス

↑ もうひとつの課題は制限時間の中で
7人の客のグラスにエレガントに流れるように
そしてすばやくワインを注ぐサービス。

いかなるサプライズにも冷静沈着に対応することを要求されます。
今年のハプニングはコルクの栓に仕掛けがされていましたが、
森さんは開栓するのに時間がかかりすぎてタイムオーバー。
残念ながら決勝には進めませんでした。

j決勝3

決勝戦は上位3人が4種類のワインを言い当てるのですが、
勝敗を分けたのは寒い場所で収穫時期を遅らせ、
凍らることにより水分が失われて甘味が凝縮したアイスワインと
皮についたカビの働きで甘味を際立たせる貴腐ワインの違いを
見極めることでした。

田崎さんは貴腐ワインは
ゴムや砂糖付けの果実の香りと言われていましたが、
いつか機会があれば試してみようと思います。

アイスワイン

この番組の中で同じ土地でも葡萄の木の植え方、
方角によって風が通り抜ける違いで香りも味も違い、
周囲の環境が葡萄の生長に大きく影響を及ぼすことや
環境に左右されるほどワインが繊細過ぎるほど
繊細な生き物なのだと知りました。

ワイン収穫

↑ コンクール終了後のガラディナーには
地元のワインが振舞われたようですが(写真左上)、
大会2ヶ月前の2月に大地震に襲われたチリ、サンチャゴ。
多くのワインが流れ出し、大きな損失を出したそうです。

この大会中にも葡萄の収穫が行われ、
あるオーナーは「大地震にも打ち勝った葡萄が
来年は素晴らしいワインができることを信じている」と
大きく目を輝かせていました。

春と夏の至仏山

今年4月、旦那様がスキークラブの方々と至仏山山スキーに出かけましたが、
先日、Oさんから楽しそうな記念写真を送っていただきました。
過去の記事 写メールで   登山記録?  

harusuki-

至仏山から尾瀬ヶ原と燧ヶ岳(ひうちがだけ)を
スケッチされたというOさん。
渓流釣りの他にこんな素敵な趣味もおありだったとは・・・。
優しい線と穏やかな色使いは優しいお人柄がそのまま。

4115a

先週、至仏山の山頂付近のお花畑へ
エーデルワイスを見に行かれたとか・・・。
貴重なお写真と共に
「春スキーでハラハラドキドキの小至仏の稜線も
夏は気持ちの良い散歩コースでした」と羨ましいお便りでした。

旦那様が帰宅したらお送りいただいた思い出の写真を見ながら
また楽しい話が飛び出しそうです。
Oさん、どうもありがとうございました。

4114A



夏の風物詩

今朝は喉の痛みも咳きも治まったので
医師の指導どおり、薬も中止しました。
2kg、減ったので今日からモリモリ、食べようと思います。
ご心配おかけいたしました。もう大丈夫です。
ありがとうございました。

0729Ab

病院に行く途中に太陽に向かって咲く向日葵に
元気をもらったような気がします。

昨日も朝から公園の蝉の大合唱。
朝日新聞の天声人語でギリシャ生まれの小泉八雲
蝉の種類の鳴き声を論評していました。

クマゼミはミシンを力いっぱい踏みまわす音に似て騒音に属し、
朝夕のヒグラシの鳴く”カナカナ”はお気に入りで
清澄で甘美とも思える音楽性があるといい、
抑揚のある声のツクツクボウシは
一番の歌い手で人の言葉を連想させるとも・・・。
さすが随筆家!感性ある表現です。

3825A

お腹に響き渡るミーミー蝉や物悲しい鳴き声のヒグラシ、
アブラゼミもツクツクボウシも
7年経って生まれきても二週間程のはかない命。
もう暫く、蝉の大合唱で夏を感じていよう。



最近は風鈴を吊るしているお家も少なさそう。
昔はどこの家の軒下にも競うようにしてリーンリーンと
綺麗な音を奏でていたものだが・・・。
夜は音が耳障りで気になって寝つけないこともあったけれど、
今となっては懐かしい夏の涼音!



いよいよ7日から92回全国高校野球選手権が始まり、
代表49校の熱き戦いが始まります。
これも私にとっては夏の風物詩。
頂点を目指す球児達に最後までエールを送りたい。


copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.