野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

初物 秋刀魚


3775A

初秋刀魚は北海道産。¥98でした。
グリルの中でもジュージューと脂が落ちます。
秋の味覚の秋刀魚、身が引き締まって美味しかったです。

美味しい秋刀魚を食べ始めたのは関東に来てからの事。
20年前、住んでいた関西では
産地直送の新鮮な秋刀魚を手に入れるのは無理でした。
その為、盛岡の姉が良く送ってくれたのを思い出します。

今夏の猛暑の影響か、
漁獲量は前年に比べて8割減と推定されているようで、
庶民の魚秋刀魚もそのうちに高級魚になりそう。
今のうちに食べておこう。

温野菜に茹でた鶏むね肉、いつ作ったか忘れるほどの
久々の野菜の味噌汁は薄味でした。

sannmab

2週間、車のない生活にやっと慣れた頃に、
入院していた愛車フォレちゃんが
一昨日、すっかり元通りになって車庫に納まりました。

何だか、複雑な気持ちですが、やっぱり便利。
これからは注意に注意して安全運転です。

4870A


ベランダのクレマティス


今朝はやっと明るい日差しが戻りました。
今日一日、爽やかなお天気の予報。

4845A

関東地方はここ3、4日寒い雨の日でした。
次第に秋の深まりを感じます。
ベランダのカメちゃんも餌を残すようになり、
部屋の中へ移動させました。

2個目と3個目のクレマチスが元気です。

4846A

4848A

まだ蕾が沢山ついています。
一時は虫にやられたのに・・・良く頑張りました!

4849A

来月は盛岡の姉の誕生日。
プレゼントにシルクのスカーフを選びましたが、
デパートのパッケージではありふれていたので
家に買い置きしていた包装紙やリボンで少し遊んでみました。
こういうことってすご~く楽しい時間。大好きです!

4852A




東レパンパシフック2010


全米テニスが終わったばかりなのに
東レパンパシフックテニスが有明コロシアムで26日から始まりました。
毎年のことながら選手達も休むまもないハードな世界ー。

リンドウ1

昨日、何気なく新聞の番組表を見ていたら
マリア・シャラポワ(15位)VSクルム・伊達公子(67位)の名前。
初顔合わせ。これからも滅多に見られない カード。
昨年の若き23歳の女王シャラポワ連覇なるか?
今日28日は40回目のお誕生日の伊達さんが
どこまで食い下がるか、見ものでした。

ところが食い下がるどころか、1セット目からブレイク。
初めから積極的に前に出て常にリード。
結局シャラポワを2-1で退けた伊達さん。すごい!
この笑顔は最高です!

4869A

伊達さんは15年前、1995年にこのコートで優勝。
そのときシャラポワは8才。
17歳上の伊達さんでしたが、1セットから前後の動きも良く、
緩急つけてのストローク、バックへのサーブ、ロブやネットプレーも冴え渡り
得意のライジングでシャラポワのミスを誘った見事なプレー。

何といっても積極的でボールに勢いがあり、
最後まで集中力を切らさず、”勝ちたい”という
気力が勝利を呼んだのでしょう。
このままドンドン決勝に向かって進んで欲しいですね。
シャラポワ打倒!お誕生日、おめでとうございます!

東レA

シャラポワ1セットは落としたものの、2セット目は落ち着きを取り戻し、
3セット目、バックハンドと強烈なサーブで巻き返しを図りましたが・・・。
最後は泣きそうな顔。でも負けてもコートに咲く大輪の花。
華やかなワンピース姿を見るのも楽しみです。

東レB

昨年の東レパンパシフック
杉山愛さんが選手生活にピリオドを打ちましたが、
昨日は分かりやすい解説で懐かしい声を聞きました。

伊達さんの2回戦の相手は、スロバキアのダニエラ・ハンチュコバ(28位)
森田あゆみさんとダブルスを組み、今日28日ダブルスに出場!!
残念ながら放送はないようですが、太ももの古傷など大丈夫かな?

<速報>(19時半)
クルム・伊達公子さん、今日の2回戦で
世界ランク29位のダニエラ・ハンチュコバ(27歳、スロバキア)と対戦し
2-6、6-0、4-0 とハンチュコバが肩の故障で途中棄権、
勝利し3回戦進出を決めた。



秋冬の準備

大きな雨音で目が覚めました。
一雨一雨、秋が深まり、涼しくなるとソロソロ秋冬の準備です。

4825A

サイズや色が似合わなくなった物、毛玉ができて汚ない物。
デザインが古く2、3年手を通していない物。
クローゼットのスーツやコート、衣装ケースのセーターなど
あれこれ点検ですが、毎年、同じ物を入れ替えるだけ。
思いっきり良く捨てたい心境です。

ここ3、4年は寒さが堪えるのでスカートを穿かなくなりました。
このお気に入りの古いスカート。
もうウエストやお腹周りがきついかな?と覚悟しましたがOKでした。

しかしながら派手?可愛すぎ?などなど考えますが、
今年はチェックが流行のようで、
ブーツと併せてあと一年、穿いてみようという結論に。

でも新しい物も欲しいですが、
明日帰ってくるフォレチャンの修理代が恐ろしい
この冬は”我慢の子”に徹しよう。
次は捨てない派、旦那様の冬物です。
留守の間に捨てちゃえ~・・・。

スカート3

グチャグチャの家の中。
ランチが遅くなったので簡単にオープンサンド。
我が家のトーストパンにレタス、ハム、卵をのっけてパクづきました。
すごい、ボリューム。でも美味しいのでペロリでした。

Abrannchi

12日、県民ホールで観た英国ロイヤルオペラの「椿姫」は代役の代役でしたが、
22日の最終日、NHKホールでは「マノン」の最終公演を終えた
アンナ・ネトレプコが椿姫を歌い、絶賛だったそうです。

4821A

そりゃそうです。声、演技とも最高!
あの素晴らしい歌劇「マノン」を聴いたのですから
素晴らしいヴィオレッタの想像はつきます。
私達の時にも無理を承知で彼女が歌ってくれる事を願ったのですが。
後味の悪い来日公演。「金返せ!」といいたくなりました。

4709A


一人の週末

涼しくなったら、急にシソの花が咲き始めました。

4820A

先日、朝出かける時に見かけた子猫ちゃん。
帰りも同じ場所に座っていましたが、
とってもハンサム?美人?で可愛い。
このあと私に30mほどチョンチョン、
ピョンピョン元気について来て
あわや情が移りそうになりましたが、
そのうち姿が見えなくなって・・・。

一昨日の雨でどうしただろうか、寒かっただろうに。
昨日、同じ道を歩いたけれど声も姿も見えず・・・、
”誰か優しい人と巡り会ったんだ!”と思うことにしよう。

4110bc

帰宅すると「国勢調査 です」と調査員。
何でも調査票はポストなどに入れず、直接手渡ししないといけないと言う。
ここのマンションは日中は留守宅も多くて調査員も大変。
ま、それが仕事といえば仕事ですが・・・。

提出は10月7日までに投函または調査員に提出。
我が家の旦那様は赴任先で提出なので私の欄だけ記入。

4826A

今年初めて見た真っ赤な彼岸花。
やはり秋ですね?

0916ab

台風が去った後は綺麗な青空ですが綿のような雲が多く、
19時半頃のお月様は雲で見え隠れ。
あれこれと落ち着かない一人の週末でした。

雲と月


チャレンジャー


7月中旬、声楽の先生から「年齢制限がないから(ちょっと引っかかりましたが)
ヘンデルで山手の丘音楽コンクールを受けてみたら?」と思いもよらないお話。
あとから知ったのですが声楽だけの応募数が150名。
ピアノ、フルートを入れると800名の大きなコンクールです。

bara6


人前で歌って点数をいただくなんて音大入試以来のこと。
でも折角先生がお声をかけてくださったのだからと
厚かましくもチャレンジャーになりました。

曲はヘンデルの歌劇「ガウラのアマディージ」から
メリッサのアリア”ああ、無情な男”

声の響きや細かい音符、感情導入などに気を配り、
先生のご熱心なご指導で一からやり直したものの、
本番はあまり納得のいかない演奏で、
少々悔いが残りましたが、遅かりし・・・。


4780A

でもフェリス音大の3人の審査員の先生方の講評は
*とても美しい響きの声です
*高音の透明感が魅力です
*アレグロのメリスマも良く回り、上手です。
*特にフレーズの入り方が丁寧で全体の歌い方も丁寧でした。
*曲の中に入っていこうとする力があります。
とお褒めの言葉をいただきました。

また注意事項として
*中音域になると少し喉に落ち不安定になったのが残念。
*”い”の母音が喉の奥でもう少し開くといいですね。
*下降音形に注意されたら良いでしょう。

4821A

自分の子供っぽい声があまり好きではないだけに
良い評価をいただき、それだけで収穫大。
これからも歌い続ける上で
大きな励ましをいただきました。

怠け者の私に”チャレンジしたら?”とお声をかけてくださった先生、
美しい伴奏で私の下手な歌をレベルアップしてくださった
ピアニストさんに心から感謝です。
本当にありがとうございましたと同時に
これからもよろしくお願いいたします。

今月末の結果発表を待たずとも結果はわかります。
今は来月の発表会に向かって
シューマン生誕250年に因んで初めての4歌曲の練習。
猪年は後ろを振り向かず
常に前に突進する性格に救われます(笑)


真央ちゃんのように

昨朝は涼しかったので駅まで徒歩。
他所のお庭には綺麗なお花。もうすでにハロイングッズも・・・。

ハロインAB

今年3月、荒川静香さんのプロのスケート教室を観て、
もう一度滑りたいと7月に新聞屋さんに応募して
新横浜スケートセンター招待券¥1200を2枚もらっていました。
夏休みに孫と行く予定が彼が夏風邪でダウン。
有効期限が近づいたのでスケート好きな娘と一緒に
”真央ちゃんのように”と少々期待して・・・。

滑走券

10時オープンと同時に滑走料¥600支払って靴を選び、
フリースを着ていざ!冷ややかなリンクへ。
ママに手を引かれた小さなお子さんや
回転、ジャンプを練習する中高生。
コーチからレッスンを受ける
真剣な顔の小さな真央ちゃんがいっぱい!!

スケートは音大時代に滑ったきり。
腰が悪いので「硬いリンクで絶対に転ばないこと」と
自分に言い聞かせながら。

↓写真の前のお子さんのように手すり磨き一周。
そのうちだんだん足が慣れてきて、
ある程度スピードをつけるために片足で蹴ることができ、
手を離してちょっと気持ち良く・・・。
娘はすでにバック練習を始めている。

時間と共に人が混んできた。ぶつかって転んでは大変!
慣れない靴で足も痛くなり
一時間ほどで靴を脱いだが、45年ぶりのスケート。
ま、こんなものか・・・と気が治まった。

スケート

ランチは新横浜から足を伸ばして
ラゾーナ川崎2F”ブレッツカフェ・クレープリー”
前々から楽しみにしていたガレットは美味しい~!!
(写真がぶれてる~)

garettotamago
キャラメル1A


頭痛のたね

妻の私がこう言っては何ですが、
うちの旦那様は思いやりがあって優しくて料理も掃除も
何でもやってくれる申し分のない夫です。
ところがです!!!ただひとつ私の血圧をあげる行動があります。

花3種

外出の時刻ギリギリまで何かをやる人。
ゆったり出かけたい私としてはかなりのイライラが生じます。

連休明けの火曜日、旦那様の飛行機予約は8時15分。
車は入院中なので徒歩5分のバス停で6時27分のバスに乗る予定。
ところが6時過ぎから録画予約をしたり番組を消去したり・・・。
あーでもない、こーでもないとチンタラやっておりました。

その間、私は”あ~もう間に合わない、次のバスは?”と
時計とバスの時刻表をにらめっこ。
とうとうバス2台を見送り、挙句の果てには
「徒歩で行く!」と暑い中、駅まで歩き。

送って行けなくて可哀相だったのですが、
どうしようもなく腹が立って!

最近、今まで以上にスローテンポになった旦那様と
何かにつけてセカセカ気ぜわしくなった私。
近い将来、毎日日曜日になった旦那様と一緒にいると
私は一体どうなるのか・・・。
それを考えると今から頭痛の種です。

: : : : :   : : : : :

駅前のミ○ター○ー○ツが26日まで¥100。
お値段に誘われて何年かぶりに買ってみました。
種類がずいぶん増えているようでしたが
いつものフレンチクルーラーとシナモン2個。
通常¥120?う~ん・・・何ともコメントできない!

4804A

中秋の名月

今夜は中秋の名月。
雨の予報だったので期待はしていませんでしたが、
夕飯を摂っていたら明るい綺麗なお月様。

日没と共にお月様の顔が色白になりますね。
すすきもお団子のお供えもありませんが、
許してもらいましょう。

中秋の名月

だんだん空高く上り、明るくなっていきました。
隠れないくらいに雲があればもっと絵になりそうですが。
明日は気温が下がり冷たい雨の予報です。
体調を崩さないようにお気をつけください。

4814A
 
中秋とは旧暦の秋(7月、8月、9月)の
真ん中の"日"を指す言葉で旧暦8月15日のこと。
中秋の名月は満月とは限らないそうで、
むしろ満月ではないことが多いとか。
また、旧暦8月15日は年によって
9月や10月になる時もあるそうです。


兎に角 忙しい日でした

20日月曜日はオーブン配送や
エアコン取り付け工事、兎に角朝から一日忙しい日でした。
そんな折、お昼過ぎに息子から「夕方いくから」とのTEL。

「いいよ?」と言ったもののさて、困った!
車もなく買い物に行く時間もなかったので
冷蔵庫にあったものでいつもの簡単料理でした。

4788A


4792A

 キリン秋味で生き返ったあとは過日買ったスペインのスパークリング ロゼ
プロジェクト・クワトロ・カヴァ・ロゼ

思ったより赤みがかったロゼ。
酸味が心地よく、バランスの良い味わい。
[トレパ80%、ピノ・ノワール15%、ガルナッチャ3%、モナストレル2%]

4795

 ポルトガルワインのデュアス・キンタス・ドウロ・ヴァン・ルージュ2007年。
ポルト最上の生産者=アドリアーノ・ラモス・ピント。
鼻に近づけるとすでに華やかな香りがたち、
飲むのが嬉しくなるワインでした。
誰にでも好かれそうで気軽に楽しめるワインとおもいました。

4796A

先月、2歳になった食べること大好きお姫さま。
カメちゃんにも金魚に何度もご飯をやってくれました。
テーブルセッティングが遅いと待ちきれないのか、
早くから自分の席にスタンバイ。
せかされるばぁばは血圧が上がりそうでしたが、
食欲があるのは元気な証拠。嬉しい悲鳴です。
しがしながらこの晩、夫婦は朝までバッタンキュー!でした。

4790A



朝から大忙しい~!


まだまだ金柑の可愛い花が咲いています。

4774A

一昨日、30年は使ったかと思う電子コンベックとおさらばして
悩みに悩んだスチームオーブンレンジ、ビストロが朝9時にやってきました。

夕飯にいつものチーズ焼き(ハンバーグの種の上にチーズを載せたもの)を
焼いてみましたが、以前のガスオーブンに比べて
余熱に時間がかかるような気がしました。
でも音が大変静か、うっかりすると調理しているのを忘れそう!
キッチンの温度があまり上がらない。
そしてなによりピカピカ!!

上に物が置けないのでオーブントスターなどの
他のキッチン器具の配置が収まっていません。
何とか、使い勝手の良いキッチンしなくては・・・。
分厚いレシピ本。使いこなすにはかなり時間がかかりそうです。

オ^ブン

ほっとしたのもつかの間。
11時には2台のエアコン取り付け工事に業者来宅。
ピアノ室の取り付け工事は問題なし。
ところがオーディオルームは7年前、リフォームするときに
エアコンを外さないで壁紙を張ったようで、
以前のものより新しいエアコンのサイズが小さく
汚い壁が丸見えになると作業員の説明。
幸い押し入れ奥深く同壁紙を保存していたので旦那様と一致協力。
壁紙張りに挑戦でした。

壁紙

完ぺき主義の旦那様は古い壁紙を綺麗にはがし、
分度器と線引き、カッターナイフで
壁紙を15cm×76cmの長方形に美しく切り、
家庭用ボンドで貼れるのかどうか、お試ししてOK。

次は見えるところは”美しく”と神経を使っての作業。
それでも下にフリルが・・・。隠れるからいいよ?と私。
疲れた~!すごい疲れた~ぁ!!

壁紙1

最終的にはうまくいったのですが、壁紙の継ぎ目が目立つ(左上)
”ま、いいか。あまり使わない部屋だし”と無理やり納得。
それでも四苦八苦していた私達に「お上手ですね?」と
作業員の慰めにも似た言葉。何とやさしい人。

お昼ごはんもそこそこに
工事の人が4時半頃に帰ると入れ違いに急遽やってきた息子ファミリー。
あ~・・・疲労困憊の我々夫婦。
続きは次回に・・・。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昨日は敬老の日。孫が絵と
「じぃじ、ばぁばいつもありがとう!また遊びに行くから待っててね?」と
可愛い手紙を送ってくれました。
じぃじは面長、ばぁばは丸顔。怒った顔でなくて良かったヨ~ン。
特徴を良くつかんでいますが、じぃじの黒々した髪の毛はオマケかな。
子供ながらに気を使ったのかも知れません(笑)

4798A

迷路が好きな孫。でもばぁばはイライラするから
あまり好きじゃないけど・・・。
最後までたどり着けるか・・・挑戦!

4799A

娘が孫のアルバムを作ってくれました。
フラワーアレンジレッスンを楽しみにしている様子。
上手上手!とババ馬鹿丸出しです。

4801B

お誕生日のお祝いに孫が選んだ自転車。
赤と黒でお気に入りとか・・・。
プレゼントのし甲斐があったというものです。

さて今夜は中秋の名月。美しいお月様がみられるといいですね?

自転車


山は秋の訪れ

土日に那須岳に1泊で出かけた旦那様。
100枚ほど写真を撮ってきましたが、少しだけ・・・。

三斗小屋温泉煙草屋さんの露天風呂から眺めた夕陽だそうです。
(・・・綺麗!疲れも吹っ飛びそうです・・・)

サンセット

↓ 茶臼岳にかかった黒い雲。
今にも大雨になりそうな感じですが、
雨には降られなかったようです。

雨雲

↑右端の尖った山が朝日岳(1896m)だそうです。

↓ 冷ややかな風が心地よさそうですが、
かなりきつい斜面なのでしょう。

0419Ab

↓ 朝日岳から峰の茶屋に行く急な下り。
この先もっと斜度がきつくなったようです。

432Ab

すすきが綺麗!
きっと銀色のさざ波のように見えたかもしれません。

444Ab

茶臼岳の山頂が見えてきたようです。
やはり大きな岩がゴロゴロで足場が悪そうです。

452Ab

足元に咲く、高山植物には
ほっとさせられるものがあるのでしょう。
旦那様がお花を写していたら
グループにずいぶん遅れをとり少々慌てたようです。
トリカブトの花、初めてみました。

やまははこ

赤いナナカマドはまだ紅葉には早かったようですが、
異常気象で葉が赤茶気ていたとか、
今年はあまり綺麗な紅葉が見られないかもしれません。

七カマドあb

エゾリンドウ・・・綺麗な色です。
なんでも茎の先に花がつくのが特徴だそうです。
リンドウを見ると
若かりし頃の旦那様との淡い思い出が頭を過ぎります(ウ・フ・フ)

352Ab1


那須岳登山


土曜日から那須岳登山に1泊で 参加した旦那様。
那須岳(朝日岳1896m、三本槍岳1917m、茶臼岳1915m)

リンドウ1
エゾリンドウ

何年か前に夫婦で茶臼岳に登りましたが、
噴煙があがり硫黄の臭いがひどく、
岩場は歩きにくかったのを覚えています。

いつものようにうるさいくらい写メールが送られましたが、
忙しい私は”ハイ、頑張って!”とか、
”ハイ、制覇おめでとう!”くらいの返事しか送りませんでした。
ちょっと冷たかったでしょか。

以下は旦那様のメールです(時刻はメールが送られた時刻です)

↓ 9時21分。ずっと圏外でした。
今日は雨になりそう。三本槍ガ岳に向かっている。
急な登りはほぼ終わり。目的地は雲の中。

茶臼4

↓ 9時23分。茶臼岳は見えている。

茶臼2

↓ 10時54分。三本槍ガ岳が見えた。

chusu 3

↓ 10時57分。清水平に向かって降りる

 茶臼5

↓ 11時1分。山頂です。

chausu6

↓ 11時4分。山頂から見た茶臼岳。
これから朝日岳に向かう。

茶臼7

↓ 13時10分。朝日岳山頂。正面に茶臼岳。

茶臼8

↓ 14時58分。茶臼岳も制覇!

chusu9

15時20分。今茶臼岳から峰の茶屋避難小屋に降りてきた。
男1女4人はすでに下山している。

 山からのメールはココまででしたが、
事故渋滞で予定よりかなり遅れて上野に到着。
帰宅は日付が変わるころでした。

一日に3つの山制覇は女性にはきついものがありますが、
みんな良く頑張りました。
おめでとうございま~す!お疲れ様~!



不便な生活

ベランダのプランターに
小さな紫のアリッサムが咲きました。

4772A

ただ今、愛車フォレチャンは後部が凸凹で入院中。
あと10日も帰ってこないとなると、
頻繁に使用する私にはやはり不便極まります。

自転車では荷台が小さくて、
スーパーに行っても思う存分買い物もできない。

フォレチャン

何より申し訳ないと思うのは旦那様の送迎もできない事。
一昨日の夜の帰宅は慣れないバス利用。
昨日も早朝より那須登山に出かけましたが、
始発6時のバスでは到底電車には間に合わず、
大きなリュックを担いで駅まで歩く後姿を見ると
可哀相やら申し訳ないやら・・・。

4769A

それでも夕方には「峰の茶屋避難小屋に到着。
今日は茶臼岳には行けない、温泉に直行」と・・・。

私も忙しくしていたので詳しい登山コースは聞いていませんが
峰の茶屋避難小屋は標高1720m、
山の上は少し寒そうですが、機嫌の良いメールでした。
今日は標高1916.9m那須岳の最高峰、
三本槍岳(さんぼんやりだけ)を目指すのでしょう。

今夜また重いリュックを担いでバス利用で帰宅です。
タクシー代だすから・・・とメールを打とうかな。

結婚以来、何十年も送迎をしているので可哀相なような、
気の毒なような気もしますが、考えようによっては
アッシー君の私のありがた味もわかってくれるでしょう、
いやいやフォレちゃんのありがた味かも知れません。

nasuA

三連休


今日から旦那様は三連休で昨夜帰宅。
スキークラブから1泊で那須岳(茶臼岳、三本槍ガ岳、朝日岳など)に
登るのでもうすぐ出発です。
お天気も良くて気持ちの良い登山になりそうです。

2887A

昨夜は19時半からFM放送”ベストオブクラシック”、
クラウディオ・アバド指揮、ベルフィルハーモニーのコンサートを聴きながら
イサキのハーブ焼き、ポテトサラダ、冷奴で
食事と音楽をゆっくりと楽しみました。

4767A

赤ワインはイタリアワインのカスティリオン・デル・ボスコ、
ロッソ・ディ・モンタルチーノ2006年。
エノテカの店長さんお勧めのワインとか。
栓を抜くと同時に素晴らしい香りが・・・。
しっかりしたタンニンがあり、私好みのワインでした。

4768A

お盆に両親の仏前にお供えを送ったら、
岡山の義姉が伊部屋さんの大手まんじゅうを送ってくれました。
甘酒のコクが上品な餡と調和しています。
サイズもあまり大きくなくてとても美味しいです。

大手



涼しくなって

ひんやりした雨の日。
さすがに温かいものが恋しいですね。
温かいコーヒー、熱いお風呂、便座もスイッチONです(笑)

7月に伊豆の河津パガテル公園で
旅行の記念に買ったクイーン・パガテル。
蕾が6つつきましたが、4つ目の花が咲きました。

4757A

4755A

5つ目の花も開いて残すは6つ目の蕾。
楽しんでいます。

4756A

咲き終わった花も早く切ってやらないといけないのですが、
花がらの処理も色々あるようです。

4761A

3鉢に株分けしたポインセチア。
3年目ですが短日処理(日照時間12時間以下)はもう面倒だから
やらないおこうと思っていたのですが、
やはりあの赤い色が恋しくて3日前から
2鉢だけ朝8時~夕方5時までベランダで日光浴、
それ以後はクローゼットの闇の中。

もう遅いかもしれませんが、クリスマスまで赤い色になるように
出したり引っ込めたり頑張ってみます。

昨年のポインセチアの記録

4762A

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

忙しくしていたら全米テニスがいつの間にか終わっていました。

女子はキム・クライシュテルス(ベルギー)が2連覇。
男子は世界ランキング1位の24歳、
ラファエル・ナダル(スペイン)が見事優勝。

4758A
全仏のクレーコートしか勝ち目のなかったナダル。
芝のウインブルドン、ハードコートの全豪と全米を全制覇。
アガシ、フェデラーに続いて
最年少で史上7人目の「生涯グランドスラム」達成。
次回はロジャー・フェデラーの史上最多16度の優勝記録に挑むと
新聞は報じていました。
オールマーティのフェデラーの時代は去ったのか、
いよいよナダル全盛期に突入か?
2009年全米テニス




歌うワンチャン!

4731A

声楽の先生のお勧めもあり、
音大入試以来のチャレンジャーになっていますが、
先週、伴奏あわせに同門の方のお住まいに伺いました。

お玄関ではトッピーちゃん(上)とももちゃん(下)の大歓迎を受けました。
トッピーちゃんはボールが大好きワンちゃん。
おまけに”歌うワンチャン”

ワンチャン

私が歌の中で高音を出すと
ウォ^^~ウォーっといいお声で一緒に歌ってくれます。
TVで歌うワンチャンは観た事ありましたが、
まさか私の足元で歌ってくれるワンチャンに出会うとは・・・。
驚きというか感激というか・・・。

ももちゃんは5、6cmいや、もっとあるのかな?
なが~い長いまつげの元気なワンチャン!
今の若い女の子達には羨ましがられるだろうな?と見ていました。

紅茶

お稽古が終わると素敵なお部屋でアップルパイと美味しいハーブティ。
優雅に過ごさせていただいた閑静な北鎌倉のお宅。
本当にありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~


12日(日)ロイヤルオペラ「椿姫」を観た日の
夕食のワインはお馴染みのラフォンさんの
ハイヴァンピノノワール2007年。
少し冷やしていただきましたが、
いつ飲んでも満足のいくワインです。

帰宅後早く調理できるようにと朝から用意していた豚ヒレとんかつ。
旦那様がパリっと揚げてくれましたが
写真を撮るの忘れてパクついてしまいました。

4623A




注意力散漫

朝夕涼しくなりましたが、
予報では秋の訪れはまだ遠いようです。

kosumosu1

一昨日の13日朝、旦那様を駅まで送り、マンション敷地内の駐車場に
バックで車庫入れをしようとしたら、
後ろでクラクションが鳴り響き、ドッカーン!と大きな音。
何事が起きたかと思ったら後ろから出てきた車に追突。
私の右後ろのバンバーは大きく凹み、
相手の左前のバンバーには目立つ凹みはなく、少々の傷。

出勤前で急いでおられたのと私も早く帰りたいとの思いから
焦っていたのでしょう、よく確認もしないでバックしたように思います。
お詫びを言って名前と部屋番号、電話番号をメモしてお渡ししましたが、
私のバックするのが早いのか、相手が出てきたのが早いのか、
それによって責任の比率も違ってくるので、どういう状況だったのか、
管理人さんに監視カメラのビデオを見せてもらいました。
が、どっちがどうともいえない状況。
保険屋さんにお任せすることにしました。

aoihana

同日の夜にお電話があるかと待っていたのですが、音沙汰なし。
翌日14日朝、家にお伺いしたのですが、奥様もお留守。
連絡してくださるように手紙を玄関口のポストに。

夜、お電話があり優しいお声で「来月廃車予定なので
あと10回ほど乗るだけです。修理はしません」のお返事。
申し訳ない思いでほんの少しですが
お詫びの気持ちだけ包ませていただきました。

ここのところあれやこれやと気持ちが落ち着かず注意散漫。
それこそ人身事故でも起こしたら一生悔やまれます。
これからは心穏やかに運転することをここに誓います。野いちご。

事故は突然のこと交通事故を起こしたら落ち着いて対応しましょう。

といってもなかなか無理です。
13日のぶつかった日は、血圧もあがり
TVも観る気もせず、愛車同様、私も一日中凹んでおりました。
昨日は朝から声楽のレッスンで先生のお宅へ。
大きな声を張り上げたらスッキリしました。



メトロポリタン・オペラ


4730A

オペラの記事が続きますが、お知らせです。
来年6月、メトロポリタン・オペラ来日
10月31日前売り発売。

指揮はジェイムズ・レヴァイン、これは聴きたい!

4748b

女性・・・ディアナ・ダムラウ、バルバラ・フリットリ、アンナ・ネトレプコ。
男性・・・ヨナス・カウフマン、ルネ・パーペ。
すごいゴージャスな顔ぶれです。

4750b

↓ アンナ・ネトレプコのミミが聴きたいけれど
大昔のミレッラ・フレーニのミミは最高!
それ以上になるか、この耳で確かめたい気もするけれど。

4751b

↓ 今売り出しのドン・カルロ役のテナー、ヨナス・カウフマン。
バルバラ・フリットリのエリザベートも聴きたい。

4752b

↓ ドニゼッティの音楽も好き。
これも見ごたえと聴き応えがありそう。
ディアナ・ダムラウの”ルチアの狂乱の場”の
アリアも聴きたいけれど、指揮がジャナンドレア・ノセダ。
レバインなら飛びつくけれど・・・。

4753b

特別演奏会も魅力的。
あれやこれやと迷う豪華キャストのプログラムです。

4754b

英国ロイヤルオペラ”椿姫”

翌日、12日は横浜県民ホールでロイヤル・オペラの椿姫

4710A
椿姫1

ソプラノのアンジェラ・ゲオルギュー(上の写真)を楽しみにしていたのですが、
娘さんの手術に立ち会わないといけないと、事前にお断りのお知らせ。
もう残念で仕方ありませでした。


アントニオ・パッパーノさんの指揮。
前日の歌劇「マノン」もさることながら張り詰めた空気の中で
序曲の柔らかなオーケストの響き聴いただけでも胸が高鳴ります。

4702A

一幕を歌い、二幕よりアレルギー症のため降板。

4733A

聴衆の期待を背負いながらロイヤルオペラのピンチを
見事救ったヴィオレッタ、アイリーン・ペレス。
これからの活躍に期待したいものです。

4725A

すごく背の高いハンサムボーイ。
少し母性愛をくすぐられそうなナヨナヨしたアルフレード。
中間音も聞こえづらい音域があり、声まで不安定。
第二幕第二場の怒ったところからは
しっかりと歌っていましたが、演技も棒立ちで歌うのが精一杯。
好みのタイプですが、残念です。

4735A

一家の主として家族を愛し、息子の為にとヴィオレッタに
決別を懇願する父親の愛情を切々と歌い上げ、
存在感と表現力では図抜けていたように思います。

4736A

演出が実に良かった。
社交界のまばゆさや華やかさを見せる一方、
男女の愛、親子の愛をくっきりと浮き出る名演出でした。

4734A

お騒がせの多いかった代役の代役の「椿姫」。
やはりお家元アンジェラ・ゲオルギューを
この目と耳で確かめたかったです。

<英国ロイヤルオペラ日本公演> 2010年9月12日
ジュゼッペ・ベルディ作曲 歌劇「椿姫」全3幕


指揮:アントニオ・パッパーノ 演出:リチャード・エア
アソシエイト・ディレクター:ポール・ヒギンス
美術:ボブ・クロリー
照明:ジーン・カルマン
振付:ジェ-ン・ギブソン

<主な配役>
ヴィオレッタ:エルモネラ・ヤオ (第1幕のみ)
ヴィオレッタ:アイリーン・ペレス(第2・3幕)
アルフレード・ジェルモン:ジェームズ・ヴァレンティ
ジョルジョ・ジェルモン:サイモン・キーンリサイド
アンニーナ:サラ・プリング
フローラ・ベルヴォワ:カイ・リューテル
ドビニー侯爵:リン・チャンガン
ドゥフォール男爵:エイドリアン・クラーク
医師グランヴィル:リチャード・ウィーゴールド
ガストン子爵:パク・ジミン
ジュゼッペ:二―ル・ギレスピー
使いの男:シャルベル・マター
フローラの召使い:ジョナサン・コード

ロイヤル・オペラ合唱団、ロイヤルオペラハウス管弦楽団


英国ロイヤルオペラ”マノン”

昨年から楽しみにしていたロイヤルオペラ
18年ぶりの来日。初日のオペラ マノン (全5幕)を観に
胸をワクワクさせながら旦那様と上野東京文化会館へでかけました。
15時~19時。抽選で座席は残念ながらA席、1階L12列10番。
少し首が痛くなりそうな席でした。

4710A

マノン

2002年から音楽監督に就任した指揮者のアントニオ・パッパーノ氏。
ロンドン生まれのイタリア人。初めて彼の音を聴きましたが、
突き刺さるような鋭い音があるかと思うと、
夢の中で雲の上を歩いているような不思議な音。
アリアでは歌手に伸び伸びと歌わせ合唱は次第に気持ちを高揚させ
聴衆を音楽の世界に導き、陶酔させる素晴らしい指揮者と感じました。

4702A

今やオペラ界のスーパースターとなったアンナ・ネトレプコ。
伸びやかでかなりの声量あり、よく通る声。
均整の取れた容姿といい、気品といい、
16歳の娘から成熟した大人の女性の演技も素晴らしく
見事で申し分ないプリマドンナでした。

4709A

初めは声が通ら無くて聴きづらかったのですが、
次第と響きもよくなり、最後にはマノンと愛を全うしようとする
胸の痛みが歌いに、声に良く表現されていました。

4706A

サイトウ・キネンフェステバルで「利口な女狐の物語」も
この人の演出でしたが、実に狭い空間を直線や曲線で
立体的に広く感じさせる天才のようです。
マノンの左右のストロープは現代的な感じで
あっと目を引くものがありました。

4708A

第3幕2場の「サン・シュルピス修道院」では
”二人の愛を思い出して”と懇願するマノンとそれを拒むデ・グリュー。
このオペラの一番の見せ場かもしれません。(↓ 写真右下)

4697ab

マノンの気を引こうとギヨーがバレエ団を連れてきて踊りのシーン。
オペラでもいつもバレエシーンを楽しみにしているのですが、
私としてはイマイチの踊りでした。
(中央席にオペラ好きの神田うのさんの姿。
元バレリーナの彼女の目にはこの踊りがどう映ったでしょう)

4698A

華やかな衣装をまとった4幕の賭博場。
このあと逮捕されるという悲劇が・・・。

4699A

5幕、流刑の身となったマノン。
ネトレプコの華麗な世界から汚れ役もすべての演技力に拍手。
初めてフランス語のオペラを聴きましたが、
イタリア語、ドイツ語と違って言葉と音楽が美しく流れ
初めて観た歌劇「マノン」は本当に満足のいく素晴らしい舞台でした。

IMG_4700A.jpg

英国ロイヤル・オペラ日本公演 2010年9月11日
 ジュール・マスネ作曲「マノン」全5幕  


指揮:アントニオ・パッパーノ
演出:ロラン・ペリー
アソシエイト・ディレクター:エレーン・キッド
美術:シャンタル・トーマス
照明:ジョエル・アダム
振付:リオネル・オシエ



<配役>
ギヨー・ド・モルフォンテーヌ:ギ・ド・メイ
ド・ブレティニ:ウィリアム・シメル
プセット:シモナ・ミハイ
ジャヴォット:ルイーゼ・イネス
ロゼット:カイ・リューテル
宿屋の主人:リントン・ブラック
レスコー:ラッセル・ブラウン
警官:ドナルドソン・ベル、ジョン・ベルナイス
マノン・レスコー:アンナ・ネトレプコ
騎士デ・グリュー:マシュー・ポレンザーニ
伯爵デ・グリュー:ニコラ・クルジャル

ロイヤル・オペラ合唱団 / ロイヤル・オペラハウス管弦楽団



ロイヤルオペラ 代役の代役

18年ぶりに来日した英国ロイヤルオペラ。
11日(東京文化会館)は「マノン」12日(神奈川県民ホール)は「椿姫」。
それぞれの感想の記事は後日書かせていただきますが、
昨日の「椿姫」に前代未聞の大ハプニングがありました。

4710A

4722A

昨年、今世界的プリマのアンジェラ・ゲオルギューが
来日ということで楽しみにしてチケット購入。
ところが主催者から「娘さんの大手術で来日不可能」のお知らせ。
ガッカリでしたが払い戻しもないので当日、旦那様と出かけました。

4732A

オペラ開演前にオペラディレクターからの丁寧なお詫びのご挨拶。
代役のエルモネラ・ヤオさんの最近の活躍など聞き
納得してすごく期待しました。
指揮者パッパーノさんの棒が振り下ろされました。

ゆったりしたテンポ、レガートの弦の不協和音が美しい序曲にうっとりでしたが、
第1幕のヴィオレッタの聴かせどころあの長いアリア「ああそはかの人か」
「花から花へ」の高音がかすれて声にならない。聞こえない。
アルフレードへの恋の思いも伝わってこないアリア。
声も薄くビブラートがかかり、
お人柄もキラ!っと光る魅力がないヴィオレッタ!

”最後まで歌えるか?こんな椿姫を聴きにきたのじゃない!”と
不服に思いながら1幕が終わりました。

4733A

2幕前にまたあのディレクターさん。
今度は何が?と思っているとヴィオレッタのヤオさんが
アレルギーを発したとかで、またもや代役。
もう誰でもいいや!と期待もしませんでしたが、
このアイリーン・ペレスさん、まだまだお若いようですが
まっすぐな素直な声とPP(ピアニッシモ)で
高音域を歌うテクニックは素晴らしい!

大役を果たそうとその一生懸命が
舞台から伝わりカーテンコールの時は
最後まで”良く頑張った!”と拍手喝采!

最終的には彼女がオペラを盛り返した日本ではまったく無名の新人。
途中出場にもかかわらず、聴衆の心をつかんだことは間違いありません。

旦那様と言っていたのですが、
1幕のあの有名なアリアだけでもサービスに歌って欲しかったね?と。
歌劇「トゥランドット」のリュー、歌劇「ファウスト」のマルグリート、
歌劇「ラ・ボエーム」のミミを演じているとか。
これから注目のソプラノ歌手です。

4725A

16,19,22日とNHKホールでまだ三公演ありますが、
果たしてゲオルギューの代役はどうなるのか・・・。

今月の6本組み

旦那様がエノテカオンラインで
今月の6本組み。¥9980プラス+消費税で購入。
色々と楽しめそうなワインが揃っていました。
(各ワインの説明はエノテカHPより参照)

4662A

(写真左より)

 ポルトガルワインのデュアス・キンタス・ドウロ・ヴァン・ルージュ2007年。
ポルト最上の生産者=アドリアーノ・ラモス・ピント。
ティンタ・ロリス、トゥーリガ・ナシォナルといった葡萄が生むアロマとテイスト、
非常に華やかであると同時に好感がもてます。
料理とあわせる際の柔軟性はかなりあり、
まったく気軽に楽しめるワイン。

 スペインのスパークリング ロゼ
プロジェクト・クワトロ・カヴァ・ロゼ

繊細でフレッシュな香りの中にも
少しドライフルーツのニュアンスのあるストロベリーなどの
赤系果実のアロマが感じられます。
酸味が心地よく、バランスの良い味わい。
余韻にはシャンパーニュを彷彿とさせるようなドライフルーツやイーストの香りがあります。
幅広いお料理に合わせることができる万能選手です。
[トレパ80%、ピノ・ノワール15%、ガルナッチャ3%、モナストレル2%]

 モンテッス
イタリア サルデーニャ 2007年

煮詰めたチェリーのアロマに凝縮した果実味、そしてアルコールの豊かさ。
完璧なブレンドで、酸もキレイに乗りタンニンがやわらかくしなやか。
名醸造家ジャコモ・タキスが手がけただけあって、
すべてが抜群のバランス、驚くべき完成度。
[カリニャーノ60% カベルネ・ソーヴィニヨン10%
カベルネ・フラン10% メルロ10% シラー10%]

4663A

 CH.デュクリュゾー2002年、フランス ボルドー オー・メドック
メドックのワインとしては異例の98%ものメルロを
デュクリュ・ボーカイユの流儀で仕立てたという興味深いワイン。
ラベルもデュクリュカラーに揃えられ、一気に認知度も上がりました。
濃く太く、存在感のある味わいがエイジングを経て、
多彩な要素が次々と飛び出してきます

ブルゴーニュ・ブラン2008年
フランス ブルゴーニュ 
造り手は、サン・ヴェランの名手ドメーヌ・デ・ドゥー・ロッシュ。
テロワールとブドウ本来の持ち味を生かした
きめの細かい繊細なワイン造りを行っています

 シャトー・ド・リュサック
ボルドー サン・テミリオン 2003年

サン・テミリオンらしいたおやかで優しいスタイル。
フランボワーズやチェリーを主体に、
バルサミコ、バニラ、リコリス、ハーブのニュアンスが入り混じりアロマティックな香り。
長く細い上品なスタイルは飲んでいてとても心地よく癒されます。

4664A

~~~~~~~~~~~~~

10日(金)は早速、赤ワインは2003年の
シャトー・ド・リュサックサンテミリオンをあけましたが、
上の説明のような細かい風味を感じるのは凡人では難しかったです。

4674A

伴奏合わせで夕方遅く帰宅。
何も用意していなかったのですが、
我が家のシェフが頑張ってくれました。
いつもの照り焼きに少し酢をいてれ・・・。

maitake

まいたけ、オクラと牛肉のオイスターソース味。
上げ膳据え膳は何でも美味しい~!

11日(土)東京文化会館でオペラ鑑賞。
幕間の4時半ごろ、軽食で済ましたので 帰宅後は簡単なおかずとワイン。

オーストラリアのお安いワイン。シャルドネ2009年。
家の中がムンムンなのですぐに温度が上がります。
ワインクーラーに氷が一杯。
シャルドネは初めてのワインですが、
疲れている時には 程よい甘さで美味しかったです。

4689A


クイーン・バガテル

bara1A

7月に伊豆の河津パガテル公園で
旅行の記念に買った 5周年記念花、クイーン・パガテル。

暑さに負け枯れかかりましたが、復活して蕾が6つ。
徐々に4~5cmの小さな可愛い花が咲き始めました。
ピンクがかった明るい綺麗な黄色です。

毎日少しずつ硬い蕾の花びらが開いていくのでしょう。
元気になったお花を見るのは嬉しいです。

4681A

kuronbara

秋味と秋鮭

3956A

今年発売で20年目のキリン秋季限定ビール秋味。
8月25日から発売でした。

8日(木)旦那様の帰宅に合わせて冷蔵庫は秋味で満パン。
特徴はちょっと多い麦芽量とちょっと高いアルコール度数6%。

今年の秋味はちょっとほろ苦く甘い味。
新しくなった缶のデザインもいつもに比べて
和風っぽくしっとりと日本の秋を感じる落ち着いた色。
気分が少々、マイナーにならないように
暫く限定品キリン秋味を楽しみます。

4654A

朝から忙しく飛び回っていたので
簡単に豚肉に人参を巻いて久々の揚げ物。
いつものようにピーマンをいれると彩が美しいのですが・・・。
もやしが10円、キャベツとしめじの炒め物。
カボチャの煮物と枝豆。

moyasi

オーストラリアワインのシラーズ2009年。
安い安いワインですが、シラーズの苦味と甘さが
程よくマッチして満足の美味しいワインでした。

4658A

9日(金)今年2回目の北海道産秋鮭。お安く出回りました。
エアコンを買って夕方遅い帰宅。
バターとオリーブオイルでソテーして、いつものバルサミコ酢ソース。

4659A

賞味期限がくるウインナーと豆腐。
切るだけ・・・炒めるだけ・・・。

4660A

ワインはどういう訳か、
イタリアトスカーナの赤ワインのエボ2007年。
トスカーナらしく葡萄はサンジョヴェーゼ。
柔らかくみずみずしい味わいですが、
温度がむずかしいワインでした。

現代的なラベルは建築家のデザイン。
重なり合う12本の輪は
ブドウ樹1年間(つまり12ヶ月)の成長のサイクルを表し、
8つの球体は月の満ち欠けを表しているのだそうです。

4661A


即日即決!


ひまわり

過日旦那様に”ピアノの部屋とオーディオルームのエアコンを
エコポイントのあるうちに買わなきゃ!”と話したのですが、
昨夕、仕事を終えた旦那様からTEL。
「今、○○マでエアコンを見ているので出てきて。。。」と。

1653a

店内にはあるわあるわ・・・6畳用で20万もするエアコンは
下の写真のようにおりこうさんでオールマーティ。
でもあまり使わない部屋なので兎に角、安いものを・・・と
店員さんの丁寧な説明を聞きながらあれやこれやと物色。

結局、ダイキンのお徳用を2台買いましたが1台分のお値段でした。
TVほどの数字ではありませんが、エコポイント1台6000ポイント、
その上○○マは5年保証が無料。
ポイント還元はありませんが、大変お得な買い物でした。
在庫が無いので取り付け工事は10日後。
古いだけでまだ使えるので工事はいつでもOKです。

1655c

さあ~、帰りましょう?と思ったら
旦那様がスチームオーブンレンジの売り場へ。
今使っているのは30年ほど前のガスの電子コンベック。

シャープのヘルシオ、パナソニックのビストロを天秤にかけてもう3年。
決心が付かずにいましたがビストロが
秋にモデルジェンジもあってすごい特価。

すかさず「まだ、お勉強していただけますよね?」と打診。
「これはエコポイントはないのですね?」と大笑い。
最終的に安い上に表示価格から1割引きでOKでした。
この値段なら2、3年使って気に入らなかった捨てられるよね?と即決ですが、
便利な多くのメニューは使いこなせないかも知れません。

1746b

また寄り道。今度は人気上昇中の蒸気のでない炊飯器。
6万円もする真っ赤なカラーは可愛いですが、
ご飯を食べない我が家にはいらない、いらない!と退散しました。

1717d


恵みの雨でしたが

今朝は昨日と打って変わって
薄暗く、涼しい風と虫達の合唱が聞こえます。

3775A

昨日のお昼過ぎから台風9号が向きを変えて関東に接近。
ベランダの鉢植えを風の当たらない場所に非難させ、
落ち葉や土が溜まった排水溝の掃除も念入りに。

昨朝5時頃、カーテンの隙間から外が真っ赤。
思わず”火事?”と慌てましたが、なんと素晴らしい朝焼け。

4649A

前夜から”久々に明日は雨です”の予報を楽しみにしていたので、
少々ガッカリでしたが、この朝焼けにはびっくりでした。

4650A

美しい空を楽しんでいるのもつかの間、
あれよあれよという間に
灰色の雲が空を覆い一変して曇り空。

4652A

8時前には雨が降り出し、カラカラの大地も
公園の草木もこれで潤えると思うと恵みの雨でしたが、
各地に大きな被害が出たとも報道されています。
恵みの雨も振りすぎのようでした。
被害に会われた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

4653A

 今年8月、初めて花が咲いたベランダの金柑。

4219A

 1ヶ月経って実がつくとは思いませんでした。
年末のおせち料理、甘露煮は我が家の金柑で・・・。

4642A


癒されました!

娘宅のうらら親子が来ました。
今年10歳のうららママ。まだまだ元気ですが、
童顔になり少々垂れ目になってきたような。

ねむい4

疲れたのか3匹ともお昼寝モード。
↑ うららはソファに・・・

↓ よんちゃんは椅子の上。
一点を見つめてうつらうつら。

ねむい1
↑ 一番暑がりのたけちゃんは床の上で”あ~、もうダメー!”

↓ 暫くしてお目目パッチリ!
今度はうららとたけちゃんのじゃれ遊び。
うららが唸りながら押さえつけています。
二匹とも楽しそうですが・・・

nemui2

↑ おとなしいよんちゃんは静観しています。
”僕もやりたいよ~”と思っているのか
”なにやってんだよ?もうやめろよ!”と思っているのか・・・。

↓ お遊びが長いので”やめなさい!”と声を出したらピタッ!
”どうしたの?なに、なに?”とこっちを向いた顔が忘れられない。
暫くぶりに3匹に癒された時間でした。

4638A

hiyoko

7月に伊豆でお泊りしました。楽しかった思い出の写真です。
過去の記事 うらら親子と一緒に

ke-ji
車内
ここどこ?

暑中見舞いかもめ~る


niwa
(伊豆のお宿と周辺のお花です)

昔は当たり前のように年賀状と夏のご挨拶を書いていましたが、
この十数年、いつの間にか暑中見舞いを出すことがなくなりました。

電話やメールの便利さ手軽さと共に
世間一般の利用度も減ってきているのでしょうか。
いただく枚数も減っていますが、
それでも律儀に下さる方があり、申し訳ない思いで、
すぐにお返事をさせていただいています。

7月にいただいき、大事にしまっていた涼しげなかもめ~る。
9月抽選日はまだまだと思っていたら、
もう一週間も経ちました。
残念ながら外れ!
いただいた方に感謝しながら保管箱に。

平成22年(2010年)暑中見舞い かもめ~る 
当選番号 賞品
                               
A賞   下5桁 23057・・・現金 5万円
 B賞  下3桁 040・・・特殊切手シート


暑中見舞い

 


二つのお山

8月最後の土曜日(9時~9時25分)の「小さな旅」は
スキークラブから2008年10月に登った御嶽山。
再放送も見逃してしまい残念なことをしました。

4

長野と岐阜の県境にある標高3067mの御嶽山。
“神が宿る霊峰”といわれ、山には今も信仰が息づいています。

ざこ寝をし、極端な節水に驚きながら初めて泊まった山小屋。
苦労して登ったその先には絵画のような美しい紅葉と
コバルトブルーに輝く三ノ池に興奮しました。

過去の記事御嶽山御嶽山頂上

池
iwaba
906

↓ 先週は今年6月に登った栗駒山
絶対に見逃せないと早くから録画予約をしました。

4621A

TV画面からは2年前の痛々しい地震の爪あとが映し出され、
地震の恐ろしさ、被害の大きさに改めて驚きました。

4622A

我々が訪れた6月には当時寸断された道路も宮城県側が開通し、
残雪と高山植物の美しい山を楽しみながら登りました。

今は山の緑も多くなり、そこに生活される人々も村も
元気を取り戻してきたとのこと。
今秋も大勢の登山客が自然の美しさに酔いしれることでしょう。

4624a

ここ数年、スキークラブの企画で参加する登山ですが、
自分と戦いながら息も絶え絶えに登った山は
親近感があるというか、懐かしいというか・・・。
ビギナーレベルの山しか登れませんが、
この二つの山はいつまでも忘れがたいお山です。


カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ