野いちごひとりごと
人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。
201009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201011
格安ワイン11本
TVでは毎日のように各地の紅葉の様子が伝えられています。
深まる秋を堪能したいですが・・・。
今日は発表会。心配していた台風も通り抜けてほっとしています。
これまで練習し、勉強したことを発表して参ります。

5307A

旦那様が関西のネット販売のワインプレスインターナショナルで
なんと11本で¥8600を購入。
でも安いからまずいとは言えません。

2本ずつ買った可愛いエンジェルのラベルの「プチ・サンタン」
4つのビンテージの共通は香りのふくよかさと複雑さらしいです。
グランヴァン並みの美味しさと言うから楽しみです。

5234A

説明書には
 2001年はすでに9年熟成なので、しっとりと飲み頃だそうです。
 2002年はまだまだパワフルフルーツがいっぱい。
 2004年、旨みが詰まっており、重いと感じるほど。
 2005年、重み、旨み、深み何もかもがギュギュっと濃縮。
12年の熟成過程を見る必要あり。と書かれています。

5235A

 お母さんが子供を抱いている久々のアライア。
ハウスワインにはピッタリです。

5236A


      

以前、ご紹介した洗濯洗剤、ライオンの”香りつづくトップ”
超コンパクトタイプが発売。今までの半分量ですむそうです。
小さいので狭い場所には便利そう。

5232A

いつも買っているスーパーのバナナは148円。
市場へ行けば13本が100円。
一本のサイズは小さいですがこれくらいで充分です。

5136A



メゾ・ソプラノ 白井光子

bara1A

昨朝(6:00~6:55)のNHK「クラシック倶楽部」は
9月29日に東京白寿ホールで行われた
白井光子&ハルトムート・ヘルリートデュオでした。

5300A

毎年のようにコンサートを開いておられましたが、
ここ数年、活動が報じられないのでどうされたかな?と思っていたら
ギラン・バレー症候群の闘病生活を送っておられたとか。
何年か前、紀尾井ホールでお聴きしましたが、
今回はもっと円熟した素晴らしい歌唱ぶりでした。

5301A

プログラムは全てシューベルト。
メゾ・ソプラノとは思えないほど
軽く透明感のある澄んだ美しい声とドイツ語の美しい表現力。
TVの前でも快く響き、体中が浄化されそうな心地よさ。

また元旦那様のヘルさんのピアノも
時には歌に寄り添いながらまたリードしながら涙が出るほどの美しさ。
譜面台の楽譜はどれもボロボロ。
それくらいお二人で何十回、何百回と演奏されたのでしょう。
特に最後の「シルヴィアに」は息の合った格調高い演奏でした。

人生の愛の切なさや苦しさ、喜びが
じんわりと心に温かくしみわたるようなコンサート。
来年、演奏会があればお二人の美しい世界に
もう一度浸ってみたいと願います。



        <プログラム>   シューベルト作曲

ギリシアの神々 D677
孤独な人 D800
月に寄せて D259
冬の夕べ D938
春に D882
ガブリエル・ザイドルの詩に寄せる歌曲より
"さすらい人の月に寄せる歌 D870""弔いの鐘 D871""野外で D880"

フリードリヒ・シュレーゲルの詩集「夕映え」に寄せる歌曲集より
"さすらい人 D649""星 D684""流れ D693""ばら D745""蝶々 D633"
夕映えの中で D799
水の上で歌う D774
マリア D658
それらがここにいたことを D775
シルヴィアに D891

アンコール曲は放送されませんでしたが、調べてみました。

<アンコール>
ロマンツァ op26
消滅 D807
夕べの星 D806
秋 D945
鳩の便り


最近の食事とワイン
bara3A

旦那様は今日から1泊で伊豆へテニス。
お天気の良いのも今日まで。
日曜日には台風14号が関東に接近または上陸とも。
コンサート、お客様が心配です。
大したことがなければいいのですが。

5296A


26日(火)夕方、会社から帰宅の旦那様。
レンコンととんかつと・・・。
チンゲン菜のお浸しとやっと安くなったトマト。

ikatonnkatu

赤ワインはのシャトー・パルーメイ・オー・メドック2006年。
果実実がタップリ、柔らかなタンニンで「旨い!」の一言でした。。

5280A

27日(水)は久々に秋刀魚。ワタを取って焼きました。
鶏肉とレンコン、ごぼう、大根、人参のいり鶏。

5286A

鶏レバーの串焼きと白菜の煮浸し。

5287A

ワインも久々に買ったアライア。
安いワインですが、やはり美味しいワインです。

5288A

アルコール続きで28日(木)は旦那様の休肝日。
なすとひき肉のカレー。
ガラムマサラ、カルダモン、クローブ、クミン、
ターメリック、ナツメグ、タイムなど
そこらへんにあるスパイスをいっぱい入れて・・・。

5293A


吉田都 引退公演

5285A

過日のNHK「プロフェッショナル」は今年、ロイヤルバレエ団を引退した
バレリーナ吉田都の退団公演までの3ヶ月の密着取材でした。

yosidaA

TVでは舞台の踊りはあまり映りませんでしたが、
ロンドン公演の「シンデレラ」はシンデレラの踊りも少なく、
引退公演にはちょっと華やかさに欠ける舞台ではなかったかと思います。
でも6月の日本公演、「ロミオとジュリエット」は体力も要求される出し物ですが、
円熟した踊りと表現力で素晴らしジュリエットでした。

yosidaB

激しいレッスンも納得のいくまで時間を忘れて練習。
持病の腰痛を抱えながら筋力トレーニングやピラティス、マッサージなど、
44歳の吉田都さんはプリンシパルとして15年経った今でも、
常に体力の衰えをカバーされていたようです。

5267A

軽やかに舞い降りる着地が美しくできるように
指の訓練も欠かさないとトウシューズの立ち方や下り方が映りましたが、
彼女の足の指先はどれもまっすぐに変形しているようです。
ピアニストが毎日ピアノを弾くと
10本の指先がまっすぐ平らになるのと同じように。

5261A

5262A

また番組の中で一番驚いたことはトウシューズの底を
ご自分で動きやすいように踊りやすいように改良されることでした。

5263A

5264A

1983年、ローザンヌ国際バレエコンクールで優勝以来、
ロイヤルバレエ団に入団しても身体的な劣等感に悩み、
それを克服する為に人の何倍も練習したという、
その負けず嫌いと強い精神力が世界のプリマを生んだのでしょう。

プロフェッショナルとは?の問いかけに
「熱情と誇り。それを持って一つのことをコツコツと続けられるという。
やるべきことをしっかりやる人」と。
でも私は「100%の力を出すためには120%の準備を重ねる」という
今の私にはちょっと耳の痛い言葉のほうが印象的でした。

再放送は11月1日午前11時からBS2
2007年の記事 吉田都




柿と牡蠣
クラシックバレエのレッスンで
10年ほどご一緒した友人にコンサートのご案内をしたら
「絶対にお聴きします」と言う可愛いお便り。
お稽古をやめてもまだ忘れないでいて下さるのはありがたいです。

5260A

秋の味覚の柿が出始めました。
梨や葡萄はあまり求めませんが、柿にはビタミンA・C、カリウム、
シブオール、タンニンが多くて体にいいか・・・と買ってきます。

効用・効果は高血圧予防、動脈硬化予防、風邪予防、美肌効果
柿特有の渋み成分シブオールとアルコールデヒドロゲナーゼは、
アルコールを分解し二日酔いを予防するそうです。

5258A

これからの季節、牡蠣もこれから美味しくなります。
牡蠣には鉄、ビタミンB1,B2が多く滋養強壮、貧血に良いそうです。
宮城産の生食。磯の香りに懐かしいふるさとの海を思い出します。

5257A

25日(月)牡蠣に合わせてオーストラリアの安い白ワインシャルドネ2009年。
お高いシャブリとはいかないまでもそれなりに楽しめるワインです。

5255A



秋鮭とサツマイモそしてなす
ベランダのアリッサムももう元気がなくなり、
ハサミでバザバザ花を切りましたが、ちょっと楽しんで・・・。

アリッサムA

先週のある日の一人ご飯はワンプレート。
秋鮭の甘辛ソースとかぼちゃとさつまいも、
そしてツヤツヤの新米。うま~い!

5120A

23日(土)に旦那様帰宅。一週間は滞在(?)だそうです
夕食はまた秋鮭とさつまいも。今度はカリカリのフライです。
大根サラダも一緒に・・・。

5205A

なすのトマトソースグラタン。
生のトマトで簡単ソース・・・。ウマ!

5209A

ギュファン・エナンの白ワイン、マコン・ピエルクロ・トリ・ド・シャヴィーニュ2002年。
少し甘く感じながら黄金の色に見とれながら
口に含むと甘い香り、喉を通ると奥の深いコクが感じられます。
久々に美味しいワインに出会ったような幸せな気分でした。

5212A

24日の日曜日。またまたおなす。
生姜汁をかけたミンチを挟んで揚げました。
ソースはケッチャップにごま油。これでバッチリ、中華味です。

5250A

トマトを炒めると甘味が増して美味しいです。
しめじを入れて白ワインを振りかけて・・。ウマ!

5249A

鉄分の多い小松菜の煮浸し。
いつ食べても美味しい一品です。

5251A

旦那様がワインセラーからセレクトしたワインは
シャトー・タルボ1999年。
開けたとたんにすごい香りが漂い、
口に含むとタンニンと甘さのバランスの良さが
口全体に広がってくる。これは素晴らしいワイン。
最後まで”美味しいね?”と夫婦して満足げな笑顔。

ワインセラーのワインも少しずつ飲んで場所を空けないと
来年はエイヤー!と注文した2008年のプリムール16本が来ると言う。
これはえらいこっちゃ!といいたいですが
セラーの高価なワインを飲むのが今から楽しみです。

5252A



競う・・・
フィギュアスケートのNHK杯。
高橋大輔君、リンクに立つとオーラが漂うほどの貫禄。
ラテンの早いリズムに体とステップの一体感。
豊かな自己表現はゾクっとするほど男の色気が出てきた。
「世界の高橋ここにあり」と断トツの高得点で見事1位 。

NHK杯3

3位で表彰台に立った15歳の村上佳菜子ちゃん。
陰と陽の曲を体一杯に表現できる彼女には
これからの活躍に大きな期待がかかります。

自己最下位の浅田真央ちゃん。
コーチが変わってジャンプを基本からやり直しとはいうけれど、
氷の上に体を投げ出す姿は観ていても辛いものを感じました。
それより本人の方が泣きたいくらい辛かったでしょう。

割り切って出場しているとは思うけれど
グランプリシリーズももっとあとの方に出場すれば良かったのではないかと・・・。
審査員には「浅田は不調!」という悪い先入観を与え
今シーズンの評価はあまり良い結果は出ないかもしれません。

:::::::::::::::

菊花賞1A

ディープインパクトもウォッカも引退してあまり観なくなった競馬ですが、
武豊騎手が一番人気、ローズキンダム(10番)で走るので
昨日、馬場3000mのG1レースの「菊花賞」を観てみました。

後方から追い込むのは武ちゃんのいつものパターンですが、
ちょっと距離が足らず、結果は2位。
一位は7番人気のG1初挑戦のビッグウィーク(6番)。
きっと可愛いお目目なのでしょう、マスクでお顔が見られない・・・。
来週31日は天皇賞(秋)と12月26日は有馬記念。
さてどんなヒーロが現れるのか。

菊花賞2A

ドライアイ
21日のNHKきょうの健康は「ドライアイ」についてでした。

5014A

子供達は「目が乾く、これは!ドライアイだ」と良く口にしていましたが、
私は差ほど感じたことがありませんでした。
でも↓チェック表をみると当てはまるものがありますが、
不思議なことに涙が出てもドライアイなんですね。

5123A

ドライアイの主な原因には生活環境が考えられるそうです。

5128A

「3つのコン」って何かと思ったら・・・↓。
現代人の生活には切り離せないものですが、
付けまつげ、アイラインなどゴテゴテのアイメイクも原因になるそうです。

5130A

↓自分のちょっとした注意で
ドライアイの症状を軽くすることはできそうですが、

5131A

東京女子医科大学の准教授の高村悦子先生は
重症になれば治療法として点眼薬と涙点プラグを挙げておられました。

5133A


治療の基本は点眼薬ですがこれには「人工涙液」やヒアルロン酸を含む
点眼薬を定期的に使用するそうです。
またムチンと水分の分泌を促す「ジクアホソルナトリウム」という
新しい点眼薬が2010年中には使えるようになる予定とのこと。

5134A

重症の場合は「涙点プラグ」という、
涙の排出をせき止める小さな器具による治療が行われ、
点眼麻酔をかけて行うため痛みはあまりなく、外来で受けられるそうです。

現代病とも言われる「ドライアイ」は生活と健康を脅かすもの。
私の頭痛や肩こりはドライアイの症状のひとつかもしれません。




念願のスカイダイビング(3)

生まれて初めてのスカイダイビングを体験してからもう一週間経ちました。
待ちに待っていたDVDと写真が来たので一人でこっそりと・・・。
でも貴重な体験。空の旅をどうぞお楽しみください。

divigA

カメラマンがスタンバイしてくれているので笑顔・・・と思うのですが、
少々顔がこわばっています。

5137Ab

下界の車も田畑も豆粒のよう。
スカイダイビングはどんな世界なのか・・・それでは。

5139Ab

エイヤー!っと飛び降りましたが、体に力が入っているような・・・。

5178a

飛び出せば簡単・・・。

5179a

ヘリコブターは次のお客さんを迎えに帰ります。

heri

この大空は私のもの~と・・・。

5184Ab
5190Ab

ドンドン落ちていきます。
遠くに富士山も見えました。

飛行

突然、パラシュートが開きびっくり!
まるでへちゃげた蛙です。
パラシュートが開くとカメラマンは早いスーピドで
降りていくので私達との距離が開きます。

パラシュート開

地上ではクラブの仲間達がカメラを手に迎えてくれました。

chakuchi

着地もうまくいってヤレヤレって顔です。
インストラクターから修了書、
クラブからもありがたく証明書をいただきました。
それにしてもピエロのような派手な格好に
今も一人で笑っています。

hyoushoujyu

 過去の記事

念願のスカイダイビング(1)
念願のスカイダイビング(2)



もう2011年
横浜美術館の近くで青々と葉が茂った大きなクロガネモチ。
その中に沢山の赤い可愛い実がいっぱい!
まるでクリスマスツリーのようでした。

5109A

 デパートやスーパーではすでにおせち料理の予約開始。
100円ショップにも来年用のカレンダーや手帳が並び、
店頭はもう2011年です。

2011Ab

 高島易断の運勢暦も100円?
中味を見ると紙質は悪いですが、内容は少しも変わりません。
シメタ!と買って帰りました。
八白土星は一重の白い丸。
新しい年は何だかいいことがありそうで期待しちゃいます。

5039A

 横浜の2軒の輸入店は700円以上だったアールグレイ。
大船駅構内、カーニバルを覗いたら円高還元で600円。嬉しい~!
現在、1ドル81円。360円時代で育った私には考えられない数字。
来年の景気予測はどうなのでしょう。

ヒグマ

熊出没のニュースで追いかけられている熊を見ていると
少々、可哀相になります。
大好物のどんぐりなど餌がなくて人里に来るのでしょうが、
できれば捕獲して山に返してやって欲しい。

生物多様性が叫ばれている今、熊達の絶滅の恐れもあるという。
この親子2頭、射殺されたようです。もう可哀相・・・。
熊ちゃんたち、悪さをしないで早くお山に帰ろうね。


珍しくランチは中華
ドガ展が開催されている横浜美術館周辺は
広々としたとても素敵な空間です。

kouen

空に向かってそびえ立つランドマークタワーには
いつも見守られているような気がします。

5108A

名作「エトワール」を鑑賞し胸はいっぱいですが、お腹はグーゥ!
迷った挙句にランチはランドマークタワー5F、
中華のお店の墨花居(ぼっかきょ)へ入りました。
カウンターの席から帆船日本丸が目の前です。

5110A

遥か向こう左手にはワールドポーターズが見えます。
写真では分かりませんが、
その向こうに赤レンガ倉庫があります。

5111A

いつもパン類を食べる母娘ですが、この日は珍しくご飯もの定食。
ランチ¥1200がドガ展のチケット提示で¥200引き。
デザートはプラス¥150の杏仁豆腐ですが、
コクがあってとても美味しかったです。

5112A

私はカレイの甘酢あんかけ、娘は豚肉とレンコンのピリ辛。
お皿をいただいてシェアして味見。
ボリュームがあって美味しくて、二人とも珍しくご飯も完食。
夕食は冷奴だけで充分でした。

chuuka 2



ドガ展

昨日は絵画好きの娘を誘って
桜木町の横浜美術館で開催されている「ドガ展」へ行ってきました。
美術館の前の噴水の周りには色とりどりのサンパチェンス。
温暖化防止には優れているエコ花で表面温度が低いそうです。

5106A

初期から晩年にわたる全126の見ごたえのある作品では、
裕福なパリの銀行家の息子だけあって競馬や音楽家を家に招き入れ、
コンサートを開く上流社会の生活が作品の中に生きていました。

またスカートの揺れるような幾重のひだを表現する
ドレープ・デッサンの素晴らしさ。
裸婦半身像では浮世絵の影響とも言われた美しい女体。
常に馬と踊り子の”動き”を追求したとされる作品の数々。
視力が弱く室内の作品が多いと言われています。

記念にお気に入りのポストカード3枚を求めました。
注目は何といっても初来日の名作「エトワール(星)」
5116a

踊り子の一瞬の動きを捉えた作品は圧倒的な存在感がありましたが、
照明のライトの陰影をうまく表し首のリボンのなびく様子に
心地よく踊る躍動感も同時に感じられました。

後ろの黒い服の男性はこの踊り子のパトロンのようで、
当時の社会世相も浮き彫りにされています。
(この踊りは一体、何の曲を踊っているのでしょう)

私のお気に入りとなった「バレエの授業」
5117A

稽古場で振付師ジュール・ペローが指導しているそうですが、
ポーズをとる踊り子や順番を待つ踊り子たちの
自然な表情が面白いです。

左の踊り子は左手で背中をかき、絵が切れていますが、
右側には肩紐を直している女の子がいます。

この彫刻はドガ生前唯一の発表作という「14歳の小さな踊り子」
5118a

木綿のチュチュを身につけており、後ろにも回ってみましたが、
踊り子らしい足の表現、表情がとても綺麗でした。

↓ マウスパットが古くなったので求めました。
これから毎日「バレエの授業」が受けらます(笑)

5115A



三回目の発表会

2887A

宥子先生の師事を仰いでもう2年半。でもまだ2年半。
始めの頃は厳しくおっしゃる先生で緊張していたのですが、
最近は次は何をおっしゃるのか、何を注意してくださるのか・・と
毎回、レッスンに伺うことが楽しくなってきました。
というより先生とお話する事が楽しいのかも知れません。

レッスンの時は*言葉の発音をもっと勉強して・・・。
*声ではないです、心です。
*もう一息ね?まあまあかな?とか
*どうしたのこの曲、下手ね?下手!
耳の痛いことをズバズバおっしゃり、できるまで何回もやり直し。
いい年して泣きたくなる時があります。

5094A

そんな厳しいレッスンをICレコダーに録音し、
繰り返し注意事項をチェックしますが、
時折、お笑い芸人顔負けの二人の会話。
明日のレッスンも怖いようですが楽しみです。

今月末、三回目の発表会に出演させていただきますが、
門下生の方々はとてもお上手で私など足元にも及びません。
でも少しでも先生の教えを消化して、
私のシューマンが歌えたら・・・と思っています。

4950A


  シューマンの歌曲集「ミルテの花」から一曲
* Du bist wie eine Blume 花のごとく

*Er ist’s もう春だ!
*Erstes Grün 新緑
*Frühlingsgruß; 春の挨拶

金子みすゞ作詞 中田喜直作曲
「ほしとたんぽぽ」から *ほしとたんぽぽ
来年はメトロポリタン・オペラ
4889A

先週の金曜日、友人宅で食事の際、
旦那様から「メトロポリタン・オペラのラ・ボエームの席が取れました。
もっと前の席の希望だったけどありません」とメールが入りました。

オペラの出し物は3演目でかなり迷いましたが、
アンナ・ネトレプコのミミを聴くことにしました。
来年6月が楽しみです。

5092A

「ラ・ボエーム」の会場は全てNHKホール。
一般前売り開始は10月31日(日)10:00~18:00。
ジャパン・アーツ・ぴあ(03-5237-7711)

ネット申し込みの場合、ぴあ又はコンビニで発券されますが、
高い料金なのにお粗末なチケット。どうにかならないのかな。

4751b

4750b


***************

毎年お正月2、3日に楽しみにしている箱根駅伝の出場校が決定!
昨日、偶然9校の出場権を争う予選会を見ていましたが、
笑う涙あれば泣く涙も・・・。
来年も多くのドラマが生まれるのでしょう。

(左はシード校、右は本戦出場権獲得校)
5086A



念願のスカイダイビング(2)
昨日は風もなくお天気も良く絶好のダイビング日和。
車窓から青空を見上げながら、
”あそこから降りてくるのか”と不思議な気持ち。
迷子にならず無事に着いた東武日光線藤岡駅。
お迎えの車で15分ほどのスカイダイブ藤岡。
沢山の車が駐車してあり人気のほどが伺えました。

divigA

ヘリコブターの音を聞くと未知の世界へ胸が高鳴る一方、
”いよいよか!”と覚悟の気持ちも少々。

旦那様に「何かありましたら後のことをお願いします」とメール。
「後のことは考えなくてよろしい」との返事。(どういうこと?)
ビデオを見てから同意書にサイン捺印。これで腹をくくった。

以下の写真はクラブのWさんが昨夜は眠くてお疲れなのに
送ってくださったダイビング初体験の貴重な写真です。
ありがとうございました。

00ab

名前が呼ばれるとジャンプスーツを着て、
インストラクターにハーネスの調整してもらいます。

DS1Aba

普段は眼鏡ですが、コンタクトに替えようかと思いましたが、
コンタクトは風圧で飛ばされることがあるらしく
使い捨てでないのなら眼鏡の方が良いとの指導。

度付きのサングラスで上からゴーグル、
風で眼鏡が飛ばないように帽子を着用。

自分の格好を想像したらきっとピエロみたいだろうな・・・と。
思ったとおりこの出で立ちはまさしくピエロです。

DS2A

私のインアストラクターはお若い女性の方で内心ホッとしました。
ヘリコブターにはかなり経験者の男子が2名と私と彼女。
「あれが利根川ですよ?こちらが渡良瀬川。向こうが東京です」と
優しい可愛い声で緊張をほぐしてくださった。

操縦士さんの合図で男性2名が飛び出した。次は私。
ビデオカメラマンが先に外の機体の左側で私が出るのを待っている。
教わった通りヘリの下の黒い段に足をかけると、
下界の家や田畑は豆粒。
へーぇ・・・と思いながら肩に手を当て合図で外に飛び出した。
待っているカメラマンに満面の笑み(のはずですが・・・)

ダイ1A

高度4000mから200kmのスピードで落下。
パラシュートが開くまでの約1kmのフリーフォールは40秒~50秒。
でも他に比べるものがないので空に浮いていると言う感じでした。
キャー!すごい、すごい!
これは楽しいや!とすぐに快感に変わりました。

インストラクターが肩をトントン。
これは肩の両手をひろげても良いですよ?という合図。
両手を広げると鳥になったような
人間飛行機のような・・・大空を独り占めにして
実に自由で気持ちがいい。
でも風圧が強くて口を開けているとカラカラになる。

突然、急に後ろに引っ張られるような上に登るような感じ。
無事にパラシュートが開いた証拠です。
赤いパラシュートなら良いけどな?と上を見たら
真っ青な空に真っ赤なパラシュート。綺麗!

da12ab

パラシュートが開くと、ゆっくりと空中遊泳。
途中右へ左へと操縦させてもらいましたが、
自分の行きたい方向へ行けるのは嬉しかったです。

女性同士なので男性に比べると降下時間が長いようですが、
このインストラクターは”ゆっくり降りて行きましょう”と
サービスしてくれたのかもしれません。
飛行時間は4分程度。

daab

着地の用意は足を前に伸ばすか、膝をあげます。
この2枚のパラシュートの写真は見上げているメンバーに
手を振ったり満面の笑みで上空から声をかけています。
いや~、鳥の気持ちが分かったような実に楽しい経験でした。

お世話いただいた幹事さんたち、本当に感謝です。
プロのカメラマンにお願いした写真が来たら、またご覧くださいね。

スキークラブとダイビング藤岡からいただいた
大事な修了書は宝物になりそうです。

修了書



念願のスカイダイビング(1)

5084A
(スカイダイビング修了証から)

昨年からスキークラブで始まったスカイダイビング。
昨年は体調が悪くて参加できませんでしたが、
一年越しの念願が叶って昨日、9人のメンバーで
スカイダイブ藤岡で空中遊泳を楽しんできました。

ヘリ

↑ 我々を乗せたこの一機のヘロコブターは大空へ飛んだかと思うと
また地上に舞い戻って一日中、大活躍でした。

↓ ダイビング希望者はビデオを見ながらスタッフから注意事項を聞き、

講習

↑ うつぶせになり、インストラクターの号令で
飛び降りた時の姿勢を練習。

↓ タンデムジャンプ(体験スカイダイビング)の場合、
私たちはパラシュートが付いていない
「パッセンジャーハーネス」を装着。
インストラクターが調整をして正しく装着してくれます。

5075A

ジャンプスーツのサイズは体にあった物を選ぶこと。
この他、手袋、ゴーグル、帽子などを装着。

5076A

ヘリコブターは皆が乗っている出発の時はドアが閉じていますが、、
皆が飛び降りた後は操縦士だけなのでドアは開いています。

ヘリコブター

高度4000mまで上昇。そこから空中へ飛び出しますが、
パラシュートが開くまでは時速200kmでまっさかさまに落下。
地上から見ていてもあまり見ることはできません。
パラシュートが開くとゆっくりのんびり・・・。

5067A

自分の格好がどうなっていたのか良く分かりませんが、
こうやって飛んでいたことがこの写真で分かりました。

5071A

地上に降りるときは足を上げるか、伸ばすか
怪我をしないように注意です。

5072A

うまく着地できました。
あめでとう!とインストラクターやカメラマンと握手です。

5070A

「パレシュートを畳むのが、結構面倒で重労働です」と
インストラクター達は口々に・・・。
でもパラシュートが開かなければあの世行き。
これが一番重要な仕事です。

5074A

お世話人のご家族がバーベキューをして
私達を労ってくださいました。
緊張で乾いた喉に、ビールの美味しかったこと!

5077A

午後3時半。いつの間にか他のお客さんも帰路につき、
賑やかだったフィールドも静まり返りました。
風もなく良いお天気に恵まれた初めてのダイビング。
後日、写真などができたら感想などまたご報告したいと思います。

5083A


食べて飲んで笑って・・・
9月にテニス仲間の息子さん、H君がハワイで挙式。
昨日、仲間4人が友人のお招きに預かり、楽しい裏話に目を細めてきました。

久々の仲良し5人組の集合。
気心の知れた仲間と食べて飲んで笑って・・・楽しいひと時。
11月に再会の約束をしてお別れしました。

5048A

少し甘味のあるスペアリブと鯛のカルパッチョ。

カルパッチョ

生ハムにスモークチーズとカマンベールチーズ。
鶏肉タップリのグリーンサラダ。

カマンベール

少し温めた薄切りのフランスパン。
チーズを載せて・・・・。

5050A

私がエノテカで仕入れたチリワイン、モンテスメルロー2008年。
フルーティで評判はグーでした。

5047A

食べ応えのあったバームクーヘンと名物かまど。

5054A

お土産にいただいたゴディバのビスケット。
お招きいただきありがとうございました!

5055A


あれもこれも・・・
ご近所のお庭のエンジェルストランペット。
風に揺られて可愛いこと。
別名はダチュラ 、木立チョウセンアサガオと呼ばれるそうです。

5019A
asagao

ここ2ヶ月、世界中の人々は手を合わせ、心から祈ったことでしょう、
8月5日の落盤事故から70日目の昨日、33人全員奇跡の生還。
でもこれから心身ともに厳しい現実が待っているという。
本当の闘いはこれから始まるのかもしれません。
一日も早い回復をお祈りします。

5043A

絵付けのお稽古の日、「お里から送ってきたから」と
のぶちゃんが立派な大根とサツマイモのおすそ分け。
お野菜の高い時、ありがたくありがたくいただきました。

天ぷらにして、キンピラにして、おいもさんご飯にして・・・。
大根はおでん風に2、3日食べられるようにたくさん煮込みました。

osatu

過日、ダイエット料理番組で
「フライパンに大匙1の油でとんかつができます」を
お試ししましたがダメです。まずいです。
サクサク感もパリパリ感もなく、パン粉がつぶれて感触が悪い。

多少カロリーが高くなっても
タップリの油であげたサクサクのとんかつを食べて、
体を動かしカロリー消費に頑張るほうがいいな?

5029A

ベランダは賑やかです。
クイーンバガテルの小さな蕾。

5030A

種から蒔いたローズマリーはたった3本しか芽が出ませんでした。
でも苗が大きく生長です(写真左上)
野いちごもバジルもまだ元気(写真右上)
シラーの芽が出始めました(写真左下)
真っ青な綺麗な花が咲くのが楽しみです。

ローズマリー苗

アリッサムも花盛り。
小さな花びらが散るとお掃除に大変ですが楽しんでいます。

5032A


Duetの楽しみ
8月30日に予定されていた辻宥子先生のデュエットコンサート。
お相手の朝倉蒼生先生のお怪我で10月10日に延期され、
先日、楽しいデュエットのひとときを過ごさせていただきました。

4757A

もうそろそろ70歳を迎えられるお二人の先生方。
ヘンデル、メンデルスゾーン、シューマン
ドヴォルザークと全27曲の多彩なプログラム。

ソプラノとアルトの掛け合いになると、
それぞれのお声を充分に出されて曲を盛り上げ
3度の和音のハーモニーは美しく会場に響き渡ります。

4761A

また先月、コンクールの時にお力添えをいただいた
ピアニストさんの美しく流れる柔らかな音、
凄みを利かせたシャープな音色に聴衆の私達もいつしか夢の中。

うっとり聞きほれていたらあっという間に終幕。
アンコール曲はミャーオ~しかない猫語のロッシーニ作曲「猫の二重唱」

こう言っては失礼ですが
普段から茶目っ気のある宥子先生はその素質を充分に発揮され、
猫のじゃれ合う鳴き声や演技で会場は大爆笑。

デュエットA

息の合った若々しいお声のデュエットは
「年がいっても歌えるのよ?」と普段怠けている私に
発破がかけられているような気がしてならないと同時に
こうして互いに楽しく競い合いながら
音楽に向かっておられるお二人にも羨ましさを感じたり・・・。
色々と考えさせられるコンサートでした。

今日は素晴らしくお上手だったピアニストさんと伴奏あわせ。
楽しい舞台裏のお話をお聞きできるかもしれません。

2ヶ月ぶりでした
4899A
(10月2日 スキークラブ展示会出品作品)

昨日は2ヶ月ぶりの絵付けのお稽古。
先月はむち打症状で下を向くのが辛くてお休み。
筆運びなどすっかり忘れて今回また一から出直しでした。

デザインのイメージがわかず、長いことほったらかしにしていたベル。
クリスマスに間に合わせたいと下から色をぼかしたり、
ゴールドをあしらったり、
何とか焼きつけるところまで頑張りました。
黒いところは焼きあがるとゴールドになりますが、
点のところが描きづらくていびつです。

ベルq

先生のカリキュラムに沿ってブーケを描いていますが、
この大きなピンクの薔薇を描くのにまたまた四苦八苦。
あれほど薔薇を描き続けたのに・・・。情けない!

でも最後に「表情があって綺麗に描けましたね」と
厳しい先生から褒められると嬉しいもの。
今年もあと2回のお稽古になりましたが、
次回も”ガンバ!”と勇気がわいてきます。

saraq


アリッサムとパキラ
昨年の秋にどこかでいただいたアリッサムの種。
プランターに蒔いたら春に続いてまた花をつけましたが。
今回はワンサカと賑やかに花盛り。毎日お花見です。

4987A

特にサーモンピンクは可愛い!

4989A

鼻を近づけるとプンと少しきつい香り。
でも嫌いな香りではありません。

4992A

白の花は花びらが丸いような気がしますが、色の精でしょうか。

4991A

落ち着いた紫も和風で綺麗です。

4995A

酷暑でも次々と花を咲かせたベランダの日々草。
もう咲き終わりそう。
お名残惜しいので食卓で楽しんでいます。

5014A


7、8年くらい前になるでしょうか、
ピアノの生徒から修学旅行のお土産でもらったパキラ

先月9月20日、天井まで高くなったので切り戻しをしました。
どうなるのかと思っていた節目から小さな芽が・・・。
小学生だったあの子はもう高校生。どうしているかな?

左の千両は最初の実が落ちてから赤い実をつけたことがありません。
ちょっと寂しい気がします。

pakira



連休のワイン

5012A

10日は結婚記念日でしたが、声楽の先生のジョイントリサイタル。
夜遅く帰宅後、旦那様とゆっくりワインを・・・。
フランス赤ワインはシャトー・セネジャック2006年。
贅沢なお味と香り。

4998A

11日、お昼はお客様。2本を開けました。
フランス赤ワイン、
クロデュマルキ・ド・シャトードレオヴィル・ラス・カーズ
ビルオー・メドック、サンジュリアン1999年。
どっしりした風格のワイン。
まだ冷やしながら・・・。

5007A

イタリア赤ワイン、モンテッス2007年。
味も香りもバランス良く、
飲んでいて変化するので楽しいワインでした。

5010A


りんどうの思い出

10月10日、昔の体育の日は私たち夫婦の結婚記念日。
今年も元気で38回を迎えられました。
あと12回で金婚式。
それまで夫婦仲良く元気で過ごしたいと思います。

348A

過日、旦那様が那須山でりんどうの写真を撮ってきてくれましたが、
若かりし頃の忘れられない二人の思い出が甦りました。

音大卒業後、市民合唱団にボイストレナーとして迎えられましたが、
幹事をしていたのがバリトンの旦那様。
一応、私は先生なので敬意を表してくれたのでしょう、
こまごまと世話を焼いてくれたり、連絡をとってくれたり・・・。

352Ab1

合唱団から生野高原へピクニックの企画。
私はコンサートか何かの都合で不参加。
申し訳ない思いで団員達にサンドイッチとアラジンの
赤いチェックの魔法瓶に紅茶を入れて彼に取りに来てもらいました。
その夜、「今日はご馳走様でした。これお土産です」と
鉢植えされたりんどうの花。

少々感激しながら大切に世話をしていたのですが、
何かの拍子にりんどうの茎を折っちゃって・・・。
マッチ棒で添え木をして糸で留めましたが、後の祭り。
暫く、楽しみましたがすぐに枯れて・・・。

この話は内緒、旦那様は未だに知りません。
りんどうを見ると嬉しいようなちょっと心が痛んだりもしますが、
40年も前の話、もうとっくの昔に時効です。
元気な姉


大阪の姉が友人と日光や箱根を旅してきました。
日々の生活の中でもあらゆる事に好奇心旺盛。
三姉妹で一番元気なのは来年後期高齢者になる姉かもしれません。

4984A

星野富広さんの素敵なポストカード。
優しく心に響く詩に救われるような気がします。

4983A

「箱根富士屋ホテルはお料理もお部屋も良かったよ?」と明るい声。
一度泊まってみたい憧れのお宿。
夫婦して伝統のビーフカレーでそのお味を確かめてみます。

4982A

+++++++++++++++

関西の中高校の友人から二紀展のご案内をいただきました。
彼女の絵画は今まで観る機会もなかったので、
どんな画風なのか楽しみです。
でも25日まで・・・。ゴッホ展と一緒にと思いますが・・・。
みんな、それぞれに頑張っているのですね。
私も負けてはおられません。ガンバ!!です。

4986A


巻機山から
旦那様はスキークラブの登山ベテラン2人に混じって
今朝から新潟県の巻機山(まきはたやま)の山頂を目指しました。

第一報。5時40分、雨、でも登る
おはよう!充分に気をつけてくださいね。

↓6時58分・・・五合目に着いた。
雨は止んでいる。山は色づき始めている。
デジカメは電池が切れている。原因不明。


あ、良かったね?ひどくならないといいですが・・・。
カメラ、充電したのに・・・。もうだめかな?


makihata3

↓10時35分・・・山頂近くの避難小屋にいます。
ものすごい風で立っているのがやっと。
標識は本当の山頂じゃない。


飛ばされないように気をつけてください。
雨は小康状態かな?


makiahata 2

↓14時43分・・・下山しました。
風雨で奥の牛ガ岳には行かれず。
登りの七合目付近の紅葉は見事だったが、
風雨で写真も撮れない。


無事で何より、ご苦労様でした。
ゆっくりお風呂につかって、皆さんで乾杯をしてください。
おめでとう!


makihata

↓14時59分・・・非難小屋付近の草も紅葉。

綺麗だけど寒そうですね?
風邪を引かない様に。


非難小屋付近

15時28分・・・Kさんと車で20分の温泉に行きます。
Mさんは下山途中で足を捻ったとか・・・。
モーラステープを貼ってる。温泉はパス。


それは大変、温めない方がいいね?
帰宅まで気を緩めないで運転も気をつけてください。

以上夫婦のメールでした。



今回は上級者クラスの山なので
途中でご迷惑をかけないかと案じましたが、
悪天候の中、9時間の行程を何とか無事にクリアしたようです。
皆様にもご心配いただいてありがとうございました。



幸せのおすそ分け

4755A

友人の息子さんのH君が9月、ハワイで晴れて挙式。
仲間達とささやかなお祝いをお贈りしたら、
丁寧な文字と心のこもった文面のお礼状と共に
幸せな笑顔のお写真とホノルルクッキー、
ロクシタンのハンドクリームが送られてきました。

ハワイ

長年、我々夫婦とテニスを楽しんだ友人家族。
テニスを始めたばかりのH君はご両親相手に
サーブやストーロークを熱心に練習し、
ゲームでは勝った!負けた!と一喜一憂。

常にメンバーのおじさん、おばさんの話に耳を傾け、
テニスコートはいつも笑い声が絶えませんでした。

気配りができ優しくて明るい好青年のH君。
素敵な奥さんと共に温かい家庭を築かれることでしょう。
幸せのおすそ分けって本当に嬉しいものですね。
末永く、お幸せに・・・。
本当におめでとうございました!

************

昨朝の5時38分頃。久々に部屋から観るご来光。
ア~っという間に明るく温かくなりました。
残念ながら今日は雨の予報。
先ほど5時30分、
旦那様は雨の中を巻機山の頂上を目指し登りはじめました。

朝焼け10

朝焼け11


続けて秋刀魚

4943A

百名山のひとつ巻機山(まきはたやま)へ登山予定の旦那様が
昨日7日(木)に帰宅。

前回帰宅の時はスーパーに仕入れの秋刀魚がなかったので、
今回こそはとヨーカドーへ出向きました。
ありましたよ~ぉ。北海道産1尾¥88を3尾ゲット。

atuage

私もこのところ自分のことで忙しいので
いつもの簡単料理はあっさりと肩ロース豚の塩焼き。
厚揚げとさつま揚げ、大根の甘煮。

オーストラリアワイン、カベルネ・ソーヴィニヨン2009年。
¥500のワインとは思えない好みのワイン。
まだまだ冷やして温度調節です。

4968A

レッスンから帰宅した慌しい今日のランチは
昨日の残りの秋刀魚の照り焼きとアールエフワンのメンチカツとコロッケ。
ビール3本空けて16時過ぎ、予定を一日早めて
大きなリュックを背負って元気に出かけましたが、
お天気が下り坂なので心配です。
でももう秋刀魚も食べさせてあげたし、思い残すことはありませんが。

秋刀魚照り焼き

今頃(18時半)はベテラン2人と共に
越後湯沢に着いてレンタカーの中でしょう。
さてと私はゆっくりとザック監督初陣のサッカー観戦ですが、
強豪アルゼンチンのプレーが楽しみです。



むち打ち症

3603A

先月13日にマンション駐車場で出てくる住民の車と
車庫入れする私と衝突。
明らかに私の不注意で相手方にご迷惑をおかけし、
お話し合いで解決したのですが・・・・。

3日後の16日、頭の奥が重く頭痛と吐き気。
首と肩の筋肉が硬くなり、肩甲骨から下の筋肉が張っていました。
衝撃の一瞬に筋肉が硬直したのでしょう。
あ、これがむち打ち症か・・・とピンときましたが、
自分の不注意で起きた症状。誰にも文句はいえません。

4821A

2日後のコンクールに支障があってはと
整形外科で電気治療と湿布と痛み止めをもらい、
いつものマッサージの先生に念入りに鍼を打っていただき、
当日痛み止めと背中一面に大きな湿布を貼って歌い終えました。

今、頭痛も吐き気もなく殆どつらい症状はありませんが、
依然として肩と首は凝っているので毎日、電気治療に通院です。
日にち薬でしょうが、初めてのむち打ち症。
コルセットもせず軽くて済みましたが、
重症の方のお辛い日々が分かりました。

4821A

今回、整形外科で出してもらった初めての湿布薬、ロキソニンテープ。
薬局の方曰く「モーラステープより効果がありますよ」と。
確かに筋肉の中まで鎮痛剤が浸透していく感じがしますが、
ちょっと臭いがきついように思います。
調べたら効果はどちらも同じようですが、
「モーラスの成分のケトプロフェンは紫外線過敏症を起こす事があり、
使用部位は直射日光を避けること」とありました。

4954A
久々に横浜へ
昨日の午前中、歌のレッスンをしてから久々に横浜へ。
ルミネやポルタがリニューアル。

4935Ab

シリアルを買おうといつものルミネ地下街に通じる階段を降りたら
あるはずの成城石井が・・・ない!
あった!プラザの右斜め奥に移転。
以前良く利用したお気に入りのアフタヌーンティーの場所。
アフタヌーンティーは5階へ。地下にあるから便利で良かったのに・・・。
5階じゃちょっと足が遠のく。

プラザ

↓ 店内は少し広くなったように思いますが、
通路は依然として狭く、混雑時は以前と同様に大変かも。

セイジョウ

ポルタに降りる階段右横に音を立てて噴水が出ていたのに・・・ない!
↓その場所にサマンサタバサの可愛いショップがお目見え。
どこの子供達も噴水を楽しんでいた姿が見られたのに・・・。
ほっとする空間がなくなったのは残念!

samannsa

reko-do10

↑先月20日発売のレコード芸術10月号の予約をやっと購入。
高島屋地下でカスピ海ヨーグルトお買い上げ。

4956A

高島屋は10、15、20%OFFの優待セール。
1階のスカーフ、ショール売り場を覗くと20%OFF。
今持っているものは子供っぽいチェックが多く、
ずいぶんくたびれてきたので
この際、エイヤーっと買うことにしましたが・・・。
色々と条件が出てきました。

シルクの薄いものよりウールのような素材。
背の低く小柄な私には長いショールは似合わない。
幅の広い物も要らない。
上質で上品で無地に見える物。
ちょっと落ち着いた大人の雰囲気の物。
顔が明るく綺麗に見える白っぽいもの・・・と気長に探しました。
ありました!フワフワのカシミア100%。
ちょっと落ち着いていますが、年相応。
ヨッシャ、この冬はこれでOK。

家のなかで・・・
昨日はまた強い日差しが戻り、日中は家の中でもノースリーブでした。
でもさすがに夕方はひんやりと・・・。体調に気をつけましょう。

7月に伊豆の河津パガテル公園で買ったクイーン・パガテル。
柔らかい新芽がまた出てきました。

Abバガテル

お日様を"待っていました"とばかりに大洗濯、大掃除。
そろそろ家中のカーテンも洗いたいのですが、
今月末に発表会があるので暫く両目をつぶることにしています。

良い天気なのにどこへも出かけず、
寝っころがってひっくり返ってシューマンの楽譜とにらめっこ。
気合が入っていないのか、いつの間にか眠っています。
怠け者で太っちょのトドが寝そべっているような、
そんな自分の姿を想像すると可笑しくなります。

4950A

過日、旦那様が残席が少ないとエイヤー!とネットで申し込んだ
アンドラーシュ・シフのピアノコンサート。
スキークラブ八方の雪祭りと重なってしまった。
どちらも行きたいけれど体はひとつ・・。
さあー、どうしたものか・・・。

4952A

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.