最近の夕食


 24日木曜日、赴任先で一泊して帰宅の旦那様。
疲れていると思い鶏手羽の黒酢煮。

7330A

食事のあとは懐かしい姫路の御座候。
久々に買ったら¥70から¥80になっていて、
サイズダウン、タップリ入っていたあんこも少ないような・・・。
値上がりしてもやはり買ってしまいます。

7327A

 25日金曜日、水煮のたけのこですが、
歯ざわりが良いので鶏と一緒に。

たけのこ

タジン鍋利用で紅鮭と野菜。

 26日土曜日、高島屋の特価品のメカジキ。
ソテーしてトマトソースをかけて
旦那様の焼き加減が抜群・・・美味しい!

7361A

忘れていたお正月の鶏中華風煮込みの汁が冷凍庫にありました。
新じゃがとおネギで・・・。
ほうれん草とキャベツは塩コショウのみ。

7362A

大きなスルメいかが一杯、¥100。
バルサミコ酢を振りかけて・・・。

7364A

お安い南オーストラリアのワインですが、
久々にワインの味と香りを思い出しました。

7365A

昨日日曜日、前日のトマトソースが残っていたので
イカとあわせて・・・。

7368A

黒毛和牛をほんの少し。
千切りにした生姜でしぐれ煮。

7369A

またタジン鍋。
どれも食材が同じようですが、
上げ膳据え膳の夕食はこの上なく美味しいです。

7370A

イタリアトスカーナのフレスコバルディーのパーテル2008年。
葡萄は100%、サンジョベーゼ。豊かな香りと適度な渋みに満足。
どんなお料理にも合いそうです。
この数日、ちょっとカロリーオーバーなので今夜からアルコール抜きの食事です。

7371A



ワイン&グルメ | コメント(9) | 2011/02/28 05:12

治る肩こり


旦那様が「今日の”ためしてガッテン”は肩こりだって」と
23日の水曜日に教えてくれました。
頭痛を起こしたり、気分が悪くなったりと
長年の肩こりに悩む私には必見!

7321Ab

肩こりの正式病名は「胸郭出口(きょうかくでぐち)症候群」といい、
番組では「根治可能型」と「えんえん繰り返し型」の2種類の説明でした。

7328b

肩こりは意外にも鎖骨が原因で、
健康な人と比較すると鎖骨がハの字や一文字に下がり、
大切な神経や血管が引っ張られたり圧迫されて
「胸郭出口症候群」=肩こりにつながるそうです。

7338b

完全に治る肩こりの見つけ方は以下の写真のように
見つけたツボを軽く押し、どちらか一方でも痛い人は
「根治可能型」だそうです。

7346b

7348b

「根治可能型」の人は鎖骨を上げれば治るので矯正ベルト着用と

7349b

筋力アップに努めれば3ヶ月くらいで完治するそうです。

7351b

私を含めてそれ以外の人は「えんえんくり返し型」なので
手を頭の上に軽く置き少し前方に傾け
弱いストレッチを呼吸を止めずに40秒!
その場合、片方の腕はお尻の下へ。

7353b

あ~ぁ、「根治可能型」を願っていたのに・・・。残念でした。
これからは肩こりを感じたら首をかしげて軽くストレッチです。
「根治可能型」の人が羨ましい!

7355b
7356b


健康 | コメント(6) | 2011/02/27 05:55

親王の並べ方


あと一週間ほどでひな祭り。
昨日、親王(男雛、女雛)だけですがやっとお飾りしました。

梅2

関西では七段飾りの骨組みをして赤い毛氈を敷いて・・・。
五人囃子や三人官女など♪灯りをつけましょう・・・♪と
子供達と歌いながら楽しんだものですが、
収納にも場所をとるのでこちらに来る時に
子供達がお世話になった幼稚園にもらっていただきました。

私は向かって左にお内裏様、右にお雛様を飾りますが、
京都や伝統的な飾り方ではこの逆となるようです。

7334A

何故そうなったのか・・・を検索すると
日本では本来向かって右が高位。
元々の雛飾りも向かって右にお内裏様でした。
これが、昭和天皇の即位の時に西洋の文化にならい、
向かって左に立たれそれ以降、
雛飾りも向かって左にお内裏様というのが多くなったそうです。
全国的に見たら今はこちらの方が多いようですが、
京都など昔の風習を大切にする地域では
そのまま右にお内裏様を飾るそうです。

7337A

201102ab

チーママさんからプレゼントされた
可愛いうさぎちゃんは”うーちゃん”と命名。
お雛様の横に飾っています。

7336A



生活 | コメント(10) | 2011/02/26 06:12

ウフィツィ美術館展

201102241102b.

絵画好きの大阪の姉がレンブラント、マリー・アントワネットの肖像画家ル・ブラン、
シャガールなどが展示されている大阪中之島の国立国際美術館の
「ウフィツィ美術館 自画像コレクション」へ行ってきたようです。

7367A

またまたお土産にメガネ、CD、PCの汚れ、ファンデーションも
落とせるという可愛い花柄のマルチクリナーや
ファイルを送ってくれました。

7366A

姉の招待で9日間のイタリア旅行に行ったのはもう大昔。
ヴァザーリの回廊、アルノ川、ヴェッキオ橋、ピッティ宮殿など懐かしい。

長い列をなすウフィツィ美術館に立ち寄った際、
私がツアーのおばあさんの荷物を持って駆け足で列に並んだとか・・・。
「そうそうそんなこともあったね?」と
楽しかった姉妹旅行を思い出しました。

<<<>>>  <<<>>>  <<<>>>

<テンプレートのサイズ>

どう説明して良いのか分かりませんが、
写真のサイズも変えず何もしていないのに、
今まで使っていたテンプレートがある日突然
本文の記事だけが表示され、
カレンダー、最近の記事、カテゴリ、リンクなどは
ずっとずっと下の方でトップに表示されないことがあります。

201102241100 (2

これまでに何度かありましたが、前回はクリスマス前。
約1ヶ月ほどはお気に入りのテンプレートが使えませんでしたが、
またある日突然、使えるようになるのです。

先週あたりから又同じようにテンプレートによっては使用できず、
仕方なく今は全面表示ができるものを使っています。
これってどういうことなのかな。。。。わからない!

sakur4

書道・絵画・芸能など | コメント(8) | 2011/02/25 05:03

春はそこまで


昨日、日陰ではまだ風の冷たさを感じましたが、お日様はポッカポカ。
朝からグングン気温が上がって春もそこまで来ているようです。

梅2

スキーやコンサートで掃除する間もなく家の中はワヤクチャ。
愛車のフォレチャンは泥んこまみれ。
週明けは掃除、洗濯、洗車などで大忙しでした。
昨日、旦那様は1泊で赴任先へ。
その間私はゆっくり、のんびり。。。骨休め。
でも今日、もう帰宅なんです~ぅ 

あ1ismfileget.jpg

孫の花育教室の作品。
春らしく活けられ、お雛様を作ったようです。
着物の上前と下前も間違っていない(偉い偉い!)
お内裏様のお顔は優しいいいお顔だけど、
お雛様のお顔が・・・ちょっと怖い!(バァバの顔かな?)

ismfilegetあ2

パンジーの花がらを取り除かないと株が弱ると聞きました。
葉の下を覗いたらまだまだ沢山の蕾が・・・。
後ろのフリージアの葉も青々と元気に伸びてきました。
あの可愛い花と甘い香りが楽しみです。

7319A

 咲き終わったあとのしおれた花を花がらと言い、
花が咲き終わったら早めに花がらを摘みとりましょう。
そのままにしておくと見た目にも汚く、
落ちた花がらが腐ってきたり、害虫の棲家になります。

パンジーなどのタネができやすく開花期間の長い植物は、
花がらをそのままにしておきますと、
タネができて株が弱りやすく、花つきも悪くなります。
花がら摘みは大切なお手入れです (資料より)


| コメント(8) | 2011/02/24 05:54

機内で見る山々


昨朝、旦那様は8時に広島までフライト。
「座席が右側で富士山は見えなかった」と北アルプスなどの写真を送ってくれました。
ちょっと霞のかかったような空の色ですが、楽しめます。
よくもまぁ、同じような山の名前が分かるものだと感心しますが、
もし旦那様が山の名前を間違っていたらご容赦くださいね。

0315a浅間山A
(浅間山)

0319a八ヶ岳と北アルプスA.jpg
(八ヶ岳と北アルプス)

0320a白馬・五竜・鹿島槍A.jpg
(白馬・五竜・鹿島槍)

0322a八ヶ岳A
(八ヶ岳)

0324a諏訪湖と北アルプスA
(諏訪湖と北アルプス)

0326a乗鞍岳A.j
(乗鞍岳)


その他 | コメント(2) | 2011/02/24 05:30

アンドラーシュ・シフ コンサート


20日(日)18時より四ツ谷紀尾井ホールで
アンドラーシュ・シフのピアノコンサートがあるので、
ゲレンデに向かうクラブメンバー達とお別れして
朝9時前に八方尾根スキー場を後にしました。

梅A

あの感動した2008年のコンサートを聴いてからもう3年。
シューマンやバッハの研ぎ澄まされた音と
円熟の極みに達したあの音楽の世界はまだ忘れられませんが、
今年1月、NHKのスーパーピアノレッスンを楽しんだだけに
今回の彼のベートーヴェンに期待していました。
座席は旦那様と1階11列10番、11番。
会場のほぼど真ん中です。

7313A

7314A

今回のプログラムは
ベートーヴェンの後期3大ソナタ、30番、31番、32番。
最初の出足の音の美しいこと。
何度か聴いたマウリツィオ・ポリーニの硬質なタッチに比べると
シフはピアノを撫でるようにその音はどこまでも柔らかく、
それ以上に美しい響きを持ったピアニッシモが魅力的。

長いトリルでもタッチや響きも一音として乱れがないのは驚異的。
またスタッカートの透明な響きと柔らかさも魅力のひとつ
もう神業としか言いようがない。
休憩なしで3曲続けて70分ほどの演奏。

7315A

鳴り止まぬ拍手に迎えられ、
ゆったりと祈るように舞台のピアノに向かうシフ。
低い声で「バッハを弾きます」と。。。

心沈めて静かに鍵盤に置かれた手から奏でられたアンコール曲は
バッハの平均律クラヴィーア曲集第2巻から3曲。
高級なオルゴールのような、妖精がいるような、
なんと優しい音、な~んと美しい音。

そして神様がピアノに下りてこられたような神聖で荘厳な音楽。
シフ自身がひとつひとつの音の響きを
耳で確かめつつ楽しんでいるような・・・。

アンコール曲b

バッハも聴きたかった、シューベルトも聴きたかった。
ベートヴェン3曲は一番短いプログラム。
もっともっとシフの世界に浸っていたかった~ぁ!

1953年生まれてと言うから58歳。
これから益々円熟味を増すことでしょう。
次回は何を聴かせてくれるのか、今から楽しみにしています。

 NHKのカメラが舞台に設置されており、
放送は3月4日NHK教育TV「芸術劇場」との案内がありました。


音楽 | コメント(6) | 2011/02/23 05:12

2011年 クラブ雪祭り(2)


19日は日の出から日没までまるで美しい絵画の世界。
ここに来てくださる山にお詳しいDomさん
綺麗な朝焼けの写真4枚を送ってくださいましたが、
Domさんの写真はサイズが大きいので迫力満点です。
説明書きもお借りして・・・。Domさんすみません。

P1000140bA
白馬鑓ケ岳と白馬杓子岳

P1000139bA
朝焼けの白馬三山。左から白馬鑓ケ岳、白馬杓子岳、白馬岳(2933m)、小蓮華岳
(2月19日 6時38分撮影)

P1000143bA
1998年冬季オリンピックで使われたジャンプ台と五竜岳(2814m)

P1000145aA.
五竜岳の前景は白馬47スキー場

以下は旦那様の写真を拝借して・・・。

↓ 名木山リフト~リーゼンクワッド~アルペンクワッド~グラートクワッドで登ると
右手に白馬三山(左から白馬鑓ケ岳、杓子岳、白馬岳)が待っていてくれます。
この日は一日、綺麗な姿が見えました。

三山y

↓左手には鹿島槍ヶ岳(左)五竜岳(右)もそびえ立っています。。

鹿島槍

↓ 向こうに見えるのは私達夫婦が好きなバーンのスカイライン。
コブや緩斜面、急斜面とバラエティにとんだゲレンデです。

スカイライン

↓ 今シーズンからメンバーお揃いの黄色いベストを作りました。
まぁこれが広いゲレンデでも目立つ事、目立つ事。
イエロー軍団、カナリア軍団とも名がつきそうです。

寒い中、メンバーがビデオ撮影のためにカメラを構えて長時間スタンバイ。
毎年秋の総会には綺麗に編集して披露してくださいます。
さて45人一斉に滑ったゲレンデはどんな感じか楽しみです。

黒菱リフト

↓ ゲレンデ下のカメラマンさんと上の旦那様はトランシーバーで交信。
カメラセットができると旦那様の合図に従って
黒菱ゲレンデをゆっくり滑りますがこれが又ムズイ!

PHOTO067A.
↑(メンバーOさんが送ってくださった写真です)

↓ リフトから大声で下にいる旦那様にアピールしましたが、
小さな写真はチト、不服。

rifutoas

こぶの滑り方を教えていただけるので15、6名が参加。
ゲレンデで美しく優雅に滑る上手な方も
こぶになると途端にお尻が引ける人が居ますが、
私は俄然、ファイトが沸きます。

コーチから「うまい!いいですよ」とか
お上手なメンバーから「野いちごさん、果敢に滑っていましたね?」
「うまいですね?」と声をかけていただいたのは嬉しかったです。

↓ 日が陰ると途端に冷えてきます。
ホテルの温泉を楽しみに山を下ります。

日没

静かに雪山の一日が暮れて行きます。
2011年の雪祭りを怪我もせず
楽しく元気に滑り終えたことに感謝しながら・・・。

日没1



国内スキー | コメント(7) | 2011/02/22 05:16

2011年 クラブ雪祭り(1)


18日金曜日朝5時10分。
ザンザン振りの雨の中、八方スキー場に向かって出発。
ところが・・・夫婦してドジッタ!
雪祭りの12本入りのワインケースを忘れた!
30分走った保土ヶ谷バイパスに入る手前でUターン。
あ~ぁ!何たること。結局気を取り直して6時再出発。
中央高速では雨もスッカリ上がって青空が覗き始め、
11時、お宿のヤマジュウさんに到着。

7263A

「リフトの上から飛行機雲を写した」と旦那様 
「お!すごい!」と大げさに驚いてあげた私 
4本のジェット雲だからジャンボかもしれません。

飛行機雲

↓ 夜、ホテルの部屋から外を見ると左手にライトアップされたジャンプ台。

ジャンプ台

↑ 朝、カーテンを開けると綺麗なローゼンモルゲン、朝焼けです。


↓ 右手には名木山のナイターゲレンデ。
昔は良くナイターでカリカリのゲレンデを滑りましたが、
今はそんな元気はありません。

ローゼンモルゲン

↑ お山はうっすらと頬紅を塗ったような綺麗なピンク。
2日目、19日は朝から夕方まで雲ひとつでませんでした。

↓18日の夕食。牛肉の煮込み具合が足りません。
他のお料理は美味しいのにちょっと残念でした。

夕食1あb

↓ 19日、ローストビーフも硬いか?と
思っていたらこちらは大丈夫。美味しくいただきました。
天ぷらの掻き揚げがうまい!

夕食1あA


国内スキー | コメント(6) | 2011/02/21 21:43

八方尾根火祭り


スキークラブの雪祭りは18日から2泊3日、八方尾根スキー場で
45名ほどの参加者で賑やかに開催されましたが、
偶然にも19日夜、名木山ゲレンデの八方尾根火祭り
ホテルのベランダから見ることができました。

7296A

夕食が始まった18時過ぎ、ナイターができる名木山ゲレンデは
関係者や観客で賑やかな声が聞こえます。

18時40分ごろ、山の上にかすかに動く灯火。
リーゼンスラロームコースたいまつ滑走隊が
松明を灯しておだんごになったり、トレインになったり蛇行しながら
ゆっくりとゆっくりと山を下ってきます。(写真右3枚)

火祭り

19時半からクラブ雪祭りの懇親会が始まり、
恒例のスキー板が当たるじゃんけんゲーム。
じゃんけんは強いと思ってはいましたが、
未だに勝ち残ったことがなく、どういうわけか、
今回は旦那様が男性物の手袋を獲得(写真を撮るのを忘れた~!)
でもちゃっかり女性物に換えていただく様にお願いしました。

hanabi3

懇親会ではワインや持ち寄りのお酒がワンサカ・・・。
ワイン担当の旦那様は大忙しでした。
普段お話をする機会の少ない方々ともゆっくり団欒。
そのうち外がパ~っと明るくなって冬の夜空に華やかな光の饗宴。
夏に見る花火とはまた違った趣があり、
雪祭りの忘れられない思い出となりました。

↓ 旦那様の写真を拝借。

hanabi4
hanabi3
hanabi2
hanabi a


国内スキー | コメント(11) | 2011/02/21 05:12

暖かい日差しの中で


雪の積もった翌日16日は朝から暖かくて良いお天気。
ベランダのお花も誇らしげに咲いていました。
名前を忘れたシンビジュウム。
甘い香りでトロ~リと蜜が・・・今年は鈴なりで大賑わい。

7260A
(↑ 2月16日撮影)

7069b
(↑ 2月8日撮影)

↓ 上の写真から一週間ほど経つと蕾も大きくなり、
ちょっと立派なシンビジュウムに見えます。

7258A
(↑ 2月16日撮影)

パンジーもプランターでひしめき合って咲いています。
まだまだ蕾がいっぱい!可愛いお花です。

パンジー4
(↑ 2月16日撮影)

 お天気が悪いですが、スキークラブの雪祭りで
八方尾根スキー場に出かけます。
皆様も良い休日をお過ごしください。


植物✿園芸 | コメント(5) | 2011/02/18 03:48

2月 絵付けのお稽古


7124A

過日、東京ドームでテーブルウエア・フェスティバルに
出展された先生の素敵なポットと大皿のお写真。
写したものの出来が悪いと申し訳ない思いがしましたが、
一昨日のお稽古で「とても綺麗に撮れていますね。」と嬉しいお言葉。

「腕は悪いですがカメラがいいので・・」とお答えしましたが、
「写真が欲しいけれど・・・」とまで仰ってくださり、内心ほっとしました。
何度観ても素敵な作品です。

7125A

すかし皿が焼きあがっていましたが、
ブーケと全体のバランスは期待以上のできの良さ。
ルンルン気分でしたが、ゴールドを塗った所が薄かったり、
ムラになったりと気になるのでもう一度ゴールドを塗り、
薔薇の濃淡ももう少しハッキリと色直しです。
次回はバッチり!仕上がっています。イエーイ!!

151512b

同じ2枚目のお皿はブーケのデザインは同じにして
お皿の周囲に色をつけることに決めました。
まずお皿のサイズを測って中心を求めて
先生のお手本を見ながら下絵を描きます。

ところが、どっこい!
私には絵心がないのか、性格がひねくれているのか、
どうしてもお手本と同じように描けません。
描いたり消したり消したり描いたり・・・。

151512b

先生にやっとお許しをいただいて
中央の大きな薔薇に筆を入れました。
描きなれた薔薇なのに1回で上手に描けず、又消して。。。

ヨッシャ!と見ていただいたら「素晴らしい!上手!」と
先生ものぶちゃんからもベタ褒めに褒められました。
こうなったら豚も木に登りたくなり、
次回も頑張ろうって気になるから不思議です。

151543b




絵付けのお稽古と作品 | コメント(12) | 2011/02/17 05:18

可愛い手まりうさぎ


7247A

昨年11月、ブロ友のチーママさんのご案内で
うさフェスタを見せていただきましたが、
その後、チーママさんのイベント(http://yaplog.jp/usausaz/archive/2440)に
厚かましくも応募させていただき、
待ちに待っていた手作りの可愛いうさちゃんが我家に来てくれました。

始めは抽選でと言うことでしたが、
応募者全員にプレゼントしてくださった思いっきりの良さ!
思わず「やったー」と叫びました。

私の好きな赤い着物に手まりをもって少し、おすまし。
ちょっと横を向いて。。。髪飾りもお袖も素敵!
右の袖のたもとには匂い袋が・・・。

7246A

黒い帯も可愛く結んでバッチリときまっています。

7245A

バックスタイルも素敵・・・。

7244A

チーママさんの仕事のもっと細かい箇所もピッグサイズでご紹介したいですが、
お店うさぎのいおりに商品を出しておられ、
ご迷惑になってもいけないので少し遠目から。

これみんな手作りとは素晴らしいです。
可愛いうさちゃん、見ているだけで知らず知らずに頬の筋肉が緩みます。
いつも目が合うところに飾ることにしました。
本当にありがとうございました!

 リンクしている素敵なブログ「チーママの庭とウサギたち」
ウサギさんやお花のことなど専門的に書いておられます。


その他 | コメント(5) | 2011/02/16 11:40

雪の朝


昨日横浜にこの冬、わずかですが初めて雪が積もりました。
外出予定があったので
道路の状態や交通機関の乱れが心配でしたが、
平常どおりでした。

7234A
(昨朝、6時前の写真)

↓ 7時前、屋根の雪でいつもよりあたりがパーっと明るく感じます。

7235A

管理人さんが早くから頑張って駐車場の雪かき。。。

7237A

9時頃、マンションの庭は溶け始めた雪でグチャグチャ。
暖かい日差しに洗濯物をベランダに出して外出できるほどでした。

雪

子供がママと作ったのでしょうか、可愛い雪だるまが・・・。
今日は洗濯日和の予報。
昨日できなかったシーツやパジャマを
洗濯機に掘り込みましょう。

7238A




生活 | コメント(3) | 2011/02/16 05:10

タジン鍋料理初トライ


過日、カタログギフトで選んだ20cmのタジン鍋。
一昨日、お試ししてみましたが、これがとってもグー。。。
お助けマン登場、もっと早く求めるべきでした。

7179A

下から白菜、鮭の切り身、かぼちゃ、しめじ、パプリカ、
サツマイモを蓋が閉まる程度にギューギューに詰めました。
600wの電子レンジで約9分。
太く切ったサツマイモにも熱が入りました。
バルサミコ酢であっさりと。
お手軽簡単、美味しくて・・・。
箸休めは磯の香りが漂う生牡蠣。
気がついて途中でパチリ!
あ~、小さい牡蠣しか残ってない 

タジン鍋

イタリア白ワイン、ヴィナーエ2009年。
冷やすと酸味が強く、ぬるくなると甘味が増しますが、
どちらもそれぞれ美味しいワインでした。
葡萄はリボラ・ジャッラとフリューラーノとリースリング。

7226A

簡単料理に味を占めて昨夜も鶏でタジン料理。
一昨日は600Wで9分かかったので
昨夜は800W、3分にタイマーセットしたところ、
火が強いのか汁が吹きこぼれました。
やはり時間がかかっても
600W調理のほうが良いのかもしれません。
今度は直火も試してみようと思います。

7228A

平日はアルコールなし・・・と旦那様。
ご飯に丸美屋のふりかけ、わかめのスープ。
5、6分で”ご馳走様でした”

7232A

*****    *****

デジカメのレンズに汚れがついて柔らかい布で拭いても落ちません。
旦那様がメガネにもOKというクリナーを買ってきてくれました。
ペーパーに液を垂らして。。。驚くほど綺麗になりました。

7218A


ワイン&グルメ | コメント(5) | 2011/02/15 05:10

旦那様の忙しい三連休


ベランダでけたたましい鳥の声。ヒヨが私の金柑をむしって突いています。
一つくわえて飛んで行きましたが、その後、姿も見せません。
きっと酸っぱくて食べられなかったのかも。

ヒヨ2羽

この三連休はスキーの予定もなく、
旦那様のお尻を叩いて私が気になって仕方がなかった月刊誌や
レコードキャビネットの中の整理をしてもらいました。

結婚当時からFM放送のクラシック録音を
カセットテープやオープンリールテープに収めていますが、
縦横に無造作に詰め込んでいます。
扉があって見えませんが、ちょっと嫌なもの。
大事そうに置いていますが、
これって今でもまともな音がでるのかな・・・?

7184A

ぎっしり詰まったLPレーコード。演奏者も作曲者もグチャグチャ。
他のキャビネットも何とかしてよね?

7185A

毎月増え続ける月刊誌のレコード芸術。
2008年以降の物がまだまだあります。
いつも必要な記事を切り取り保存していますが、
早く何とかしてよね?

7199A

そんな忙しい中、
今週金曜日から八方尾根スキー場でスキークラブの”雪祭り”
旦那様は怠けていたスキーの手入れを念入りに。
ワックスをアイロンの中に入れ、溶かしながら板にかけ
その後ムラのないように削ります。
以前は家族5人分のスキー板の傷のチューナップも自分でやっていたのに、
ここ数年、シーズン後にプロに任せるようになりました。

ワックス

忙しい時間をぬって横浜そごうのエノテカのフランスワイン、
2008年ボルドーの高級ワインの試飲会(11~13日)に参加。
5種類のワイン¥1000で試飲できるので
11、13日の2日、足取りも軽く出かけました。

0151A2
7219A
124202A

7220A

参加者には特典で15%OFFだったと
イタリアトスカーナワインのフレスコバルディ2008年と
フランスボルドーワインのベルナドット2008年を求めて帰宅。
どんなお味か楽しみです。
今日からまたお仕事、さぁ、頑張ってもらいましょう。

7217A



ワイン&グルメ | コメント(11) | 2011/02/14 05:22

賑やかに


明日14日は殿方には嬉しいヴァレンタインデー。
昨日、息子夫婦と2歳半のお姫様を交えて
賑やかな食事になりました。
「コンニチワ・・・じぃじ、じぃじ、アリガト」と
大事そうにぽぽちゃんと紙袋を抱えて小走りにやってきたお姫様。
お話も上手になり、バーァバ、バーァバと甘え上手。
もう重くて抱っこもおんぶもちょっとだけ・・・。

popchann

↑ 3枚のお姫様の写真を貼ったママ手作りのDECOチョコ。
チョコレートを食べた後は写真を
パノラマケースに入れて飾るそうです。
最近はユニークで楽しいオリジナルの物ができると驚きでした。

娘からはピエール・エルメのケーク・ショコラ・オランジュが届き、
オレンジで飾られた美味しく
濃厚なチョコのパウンドケーキにため息でした。

7194A

私も珍しく旦那様に用意しました。
中にレーズンが入ったトップスのブラックチョコレート。
ちょっとサイズがスリムになり、お値段もダウンしていました。
いついただいても美味しいです。

7196A

いつものようにじぃじが腕を振るいました。
と言ってもこの連休は働きづめだったので簡単メニュー。
ヒレカツとお姫さまの好きなエビフライ。

7200A

中華味のイカと海老。

7201A

イカの足とエンペラーはバジルソースで。

7202A

ビールのあとはボルドーワインのプティ・サンタル2004年。
ばぁばは忙しくて写真を撮るのも忘れ、これは空き瓶。

7212A

二本目のワインはイタリア、トスカーナワイン
ピアンディ・ノヴァ2007年。
立ったり座ったりの忙しいばぁば。
どちらも美味しいワインでしたが、コメントはなし。

7206A


ワイン&グルメ | コメント(5) | 2011/02/13 21:00

巨匠 カール・ベーム


6054A

過日の「思い出の名演奏」は初来日1963年以来、
12年ぶりに来日したカール・ベームとウィーンフィルハーモニー管弦楽団の
1975年3月17日、NHKホールでの録画でした。

7114A

曲目は*ブラームス作曲 交響曲 第1番ハ短調 作品68
   *ヨハン・シュトラウス作曲 ワルツ「美しき青きドナウ」 作品314

どちらの演奏も”素晴らしい!を通り越して言葉がありませんが、
特に「美しき・・・」はウィーン・フィルニューイヤーコンサートでお馴染みの曲。
あの軽く楽しいというイメージではなく、
ゆっくりしたテンポで音も音楽も重厚な演奏。
ベームが振るとこうも違うものなのかと・・・と感心しました。

初めてベームを聴きに行ったのは1977年の大阪フェスバルホール。
演目はベートーベンの交響曲第5番(運命)と第6番(田園)。
もう80歳を超えての演奏。拍手には指揮台の手摺にもたれながら
嬉しそうにお辞儀をするのが印象的でした。

再来日は1980年、期待してチケットを買った
リヒャルト・シュトラウスの歌劇「ナクソス島のアリアドネ」でしたが、
残念ながらこの日はホルスト・シュタイン。

翌日のルチア・ポップとヘルマン・プライのモーツアルトの歌劇「フィガロの結婚」は
ベームが振ったという悔しい思い出があります。
87歳で去った巨匠、カール・ベーム。
ラジオで何回も聴いた
ワーグナーの楽劇「ニュールンベルグ」のマイスター・ジンガー序曲。
あの地の底から湧き上がような力強くそして勇気づけられた演奏は
30年経った今も忘れることができません。

ベーム

団員の顔ぶれを見ていると不慮の山岳事故で急逝した
コンサート・マスターのガルハルト・ヘッツェルさん(写真左)
弦楽奏者として手をかばった末、死に至ったとか。

その横には頬がふっくらしている若き日のライナー・キュッヒルさん(写真右)
現役のコンサートマスターで精力的に活動されています。


音楽 | コメント(3) | 2011/02/13 06:38

今年初めての雪の日


7160A

(テーブルウェア・フェスティバルのノリタケのお雛様)

昨日は一日、雪が振ったり雨に変わったり。
かなりの積雪を覚悟していましたが、
たいしたこともなくスタットレスタイヤをつけているので
買い物や駅までの送迎に走り回りました。

”寒い日は鍋・・・”とハマグリとカワハギの簡単鍋。

7189A

先日からブロ友の方々のカキフライを見せていただき、
何が何でも食べたくて・・・。うまい!

7113A

 ブルゴーニュの白ワイン。
サントーバン一級・ラ・シャトニエール2005年。
開栓と同時に甘さの中に深い香り。
まろやかな舌触りなのに喉を通るとすっきり。
コクがあって余韻の残る素晴らしいワインでした。

7191A

お香典返しのカタログギフトで
以前から欲しかったタジン鍋を注文しました。

7179A

直径が20cmですが、
夫婦だけなら丁度良いサイズと思います。

7180A

直火、電子レンジ、オーブン使用。
とても便利そうです。
お野菜や魚、肉料理をヘルシーに・・・。
あれこれ使ってみようと思います。

7181A



ワイン&グルメ | コメント(6) | 2011/02/12 00:28

テーブルウェア・フェスティバル2011(2)


7175A

初めての東京ドーム。物珍らしさもあっていそいそと出かけました。
中央線、水道橋下車。徒歩4、5分だったでしょうか。
朝10時半、まだ混雑もなく優待券持参で¥1600を購入して
すぐに入場できました(当日券¥2000、前売り券¥1700)

7169A

アンチ巨人なので野球中継の
ドームの中などあまり観た事ありませんが、
スタンドの階段途中から見るとさすがに広い!とびっくり!
中央のぎっしり詰まった多くのブースにこれまたビックリ!

7168A

煌びやかな洋食器を観て、漆器や陶器を見て回りましたが、
目に止まった落ち着いた感じの沖縄の壷屋焼き。
色合いが良くとても素敵でした。

7167A

丸美屋の前にオバサン達の長い行列。
アンケートに答えるとふりかけがもらえるとか・・・。
のぶちゃんと関西人丸出しで無事ゲット。

中国茶の店頭ではジャスミン、プーアール茶が6袋(74パック)で¥1050。
3袋ずつ分け合って・・・。
早速、飲んでみましたがとても良い香りでこれはお得でした。

しばし華やかで煌びやかで夢のような別世界に浸っていたのに、
ここで現実に戻った二人でした。あ~ぁ。。。

7178A

遅いランチにハプニング。
ドームの近くのランチはほとんどがバイキング。
それでは90分バイキング¥2000の店に・・・と入った中華のお店。
席についてメニューを見るとランチ¥1050~。???
「あの~、バイキングじゃないのですか?」と
訪ねたら「バイキングは隣です」「ハッ!!」

そんなに食べられる訳でもないし、”どっこいしょ!”と
腰を下ろしたら最後、動きたくもなくなった!
ここでいいか?ここにするか?・・・と。
定番の2種類を注文して分け分け・・・。どちらもまあまあのお味。
デザートに杏仁豆腐をお願いしても
レディースデーで¥1300のお安いランチ。
のぶちゃんと二人、まるで弥次喜多道中のような楽しい一日でした。

ザーサイ


グルメ | コメント(6) | 2011/02/11 16:45

テーブルウェア・フェスティバル(1)


一昨日、のぶちゃんと東京ドームで開催中の
テーブルウェア・フェスティバル2011に行ってきました。

6930A

広い会場でしたが一目散に先生の作品の前に・・・。
姿、形の美しいポットはその優しい絵柄で
淡い印象を受けましたが、
赤いチェリーが全体をグッと引き締め、
優しい先生の中に潜む厳しさも見えたような気がします。
今お稽古しているブルーの小花は
ベッタンコの私の物とは違ってふっくらと立体感があり、
果物の自然な艶は美味しそうで瑞々しさを増していました。

7124A

壁に掛けられていた先生の素敵なお皿。
ラナンキュラスの優しい感じがそのままに・・・。
花びら一枚一枚に
先生の優しい思いが込められているようでしばし夢ごこち。
先生の素晴らしい作品にのぶちゃんと
ため息交じりで顔を見合わせました。

7125A

沢山の方々のポーセリングの作品も展示してありました。

↓ 複雑な濃淡の薔薇も素敵でしたが、
ゴールドのリボンの表情がなんとも素敵。

大皿

↑ ピンクとブルーの配色が上品で素敵な薔薇のブーケ。

↓ 薄いピンクで全体を叩いて色づけ。

oozara

↑ 細かい2種類の薔薇がお行儀良く並んでいます。

↓ 「おもてなしの空間」では著名人の
個性豊かなテーブルセッティングが紹介されていました。

黒柳
石坂浩二

「洋の器への誘い」のコーナーでは
大倉陶園やノリタケの華やかな新製品の紹介もあり、
また「日本の器を訪ねて」と題して輪島塗、山中塗、
津軽塗など日本の伝統工芸の漆器の展示即売会も。
和洋の器に目を見張るばかりのフェスティバルでした。

ookura
ノリタケ



絵付けのお稽古と作品 | コメント(8) | 2011/02/11 05:34

バラの剪定


昨年夏に伊豆河津パガテルから我家に迎えた
綺麗なサーモンピンクのクイーン・バガテル。
冬中外に置いて枯れ枝ばかりで目にも哀れな姿になりました。

4757A

先日NHK「趣味の園芸」でバラの剪定がありました。
大きく美しい花を甦らせるのは
休眠中の今(1月中旬~2月中旬)の剪定が肝心とのお話。
それには3つのポイントが。。。

 交差している枝

7095A

 黄色くなった枝。

7096A

ふところ枝(内側に向かって伸びる枝)
こんな枝はすべて根元から思いっきり良く切ると良いそうです。

70797A

大輪木立ち性四季咲きタイプは
枯れた枝や交差枝は一枝に2、3芽残し、
付け根から樹高の1/3~1/2の高さに切り、
赤く外を向いた芽はその上から切るそうです。

肥料

剪定ができれば土に空気を入れ、肥料も土に混ぜるそうです。
どんなバラでも切り口に太陽が当たるように
形よく切ると形良く咲くとのお話でした。

↓剪定前は背高のっぽ       ↓剪定後はチビちゃんになりました。
剪定前後

チョッキンチョッキン、丸坊主。
旦那様が学習して思い切り良く切ったバガテル。
可哀相なようなバガテルですが、

7112A

春になれば暖かい日差しと共に可愛い新芽が顔を出し、
以前のような美しい花を咲かせるのでしょう。
楽しみに待っていましょう。

以前のバラの記事 バラの管理

Abパガテル


植物✿園芸 | コメント(9) | 2011/02/10 05:12

歯科検診で再確認


7069Aq

朝からお口の話で恐縮ですが、
11月にお知らせが来ていた歯科検診。
遅くなったとドキドキしながら受けてきました。

今回は院長先生ではなく検診専門の先生のようでした。
まず気になる症状がないか、聞かれたので”別にありません”と。
お口の中をぐるっと見て「綺麗に手入れができています」
といいながら、歯ブラシの持ち方や動かし方をチェックされました。

歯間ブラシ

歯ブラシの種類も多いですが、
安い物で頻繁に新しい物に変えたほうが良く、
山切りカットではなくシンプルな真っ直ぐの歯ブラシのほうが
歯に綺麗に当たるとのこと。
口の奥まで届く柔らかくて小さいサイズ、
歯磨き粉も少量で良いそうです。

「最近、電動歯ブラシの良い商品が発売されているようですが、
どうでしょうか?」とお尋ねしたら、
「野いちごさんはよく磨けているので、
お高いものを買う必要ないと思います」と。??

私は普通の歯ブラシとカーブの所ではブラウト使用。
歯間ブラシとフロスでケア。
これからも虫歯や歯周病予防対策に頑張ります。

私の健康✿健康診断 | コメント(7) | 2011/02/09 05:12

久々に・・・


昨日は幼馴染でコンサートには
歌の伴奏をお願いするのぶちゃんが久々に来宅。

7088A1

少し早いけど・・・とモロゾフの可愛いハートと
天使の羽のチョコレート。
それにパイ生地のミルブブレッツェル。美味しい!

今回、おしゃべりの合間にピアノ練習をして”バイバイ!”(笑)
コンサートのプログラムを早く決めて
またお願いしようと思っています。

7089A

2月4日の夕食。
赴任先からお疲れで帰宅の旦那様に
いわしのハーブ焼きと素焼き鯵の三杯酢つけ。
久々に煮たお豆さん。
お料理にボリュームがないので心配でしたが、
「どれも旨い!」と喜んでもらいました。イェーイ!

マメあ

2月5日土曜日、豚のお鍋とお正月以来、久々の鰤の照り焼き。
私好みのタレは満足!パリッとした皮が大好きです。

7072A

ワインは久々にニュージーランドワインの
シレーニ・メルロー2008年。
美しい色合いでベリー系の良い香りがします。
すーっとのどを通る柔らかさが何ともいえません。

7073A

2月6日、日曜日。
スーパーでは黒毛和牛の特売日でした。
焼き豆腐もお安く2丁も買って・・・。

すき焼き

ボルドー・サンジュリアンのシャトー・ラグランジュ2000年。
ロバート・パーカーさん93点。
旦那様は午前中から
オリを沈めるためワインセラーで瓶を立て、
食事前、早くから開栓しましたが、なかなか香りも味も開かず、
ゆっくりゆっくりいただきました。
フルボディでタンニンが強く、あとの余韻も長く
美味しい贅沢なワインでした。

7084A
ワイン&グルメ | コメント(10) | 2011/02/08 05:18

あわただしい日曜日


スキーもまだまだ楽しみたいですが、
心の奥では”春よ!来て~”っと叫んでいるようで
少々早いですが姉のポストカードを飾りました。

7079A

朝、足が冷えたのでコタツのスイッチON。
でもいっこうに温かくなりません。
こりゃ困ったぞ!と思っていると
何でも分解すること大好きな旦那様。
早速、コタツをひっくり返してバラバラにしました。

コタツ

積もり積もった綿埃を掃除をして
ヒューズかな?ニクロム線かな?と言いながら調べてくれましたが、
どこが悪いのか分からないとギブアップ。
もう暖かくなるのでそんなに必要もないのですが、
壊れていても仕方なく、近くの電気屋さんに駆け込みました。

テスターでヒューズやコードの電流の有無などチェック。
結局、コードの差し込み部分が不良。
コタツの新品購入を覚悟していたのですが、
¥960のコードで一件落着。安くついてヤレヤレ。。。

::::::::::::

日曜日なのでスーパーが込まないうちに
開店同時に入ろうと思っていたのですが、
コタツのトラブルで10時半頃の駐車場はかなり混雑。

昨日のお目当ては過日、春先に軽い感じでいいかな?と
半額で買ったジャケットを娘にもと思って急ぎました。
オーソドックスな千鳥格子にラメ糸が入り、お値段以上です。

7076A

一年生の孫に久しぶりに買ったプーマの靴。これも半額。イェーイ!
食料品はお米とすき焼きの材料。
レジの行列が長くなるので急いで買い物。
やはり日曜日は家にいたほうが正解です。
バタバタと過ごした日曜日。
夜はワインを飲んでバッタンキューでした。

7078A


生活 | コメント(14) | 2011/02/07 04:57

穏やかな土曜日


ベランダの花を楽しんだり、
お茶をしながら録画の音楽番組を楽しんだり・・。
昨日、土曜日は夫婦だけの穏やかな一日でした。
シンビジュームの蕾が少し開き始めました。
鈴のようで甘い香り。。。可愛いです!

7069Aq

テニス仲間にいただいたパンジーも沢山の花が咲いています。

パンジー1b
シンビジュウムy

金柑が色づいた。もう食べごろかな?

+++++  +++++  +++++

昨年、大晦日の話。
おせち料理の中華風の汁にゆで卵を入れようと
10個ほど茹でたのですが、
何と殻を向き始めたらボロボロで表面が凸凹になりました。
ガッカリでしたが家族だけなのでそれで”良し!”としましたが、
「新鮮な卵は綺麗にむけないから
生の時にお尻(尖っていない方)のほうに
少し穴を開けると綺麗にむけるって
ためしてガッテンで話していたよ」
と旦那様。
そんな難しいこと・・・。

一昨日、持って帰ったゆで卵のお尻には
まな板の角で軽く叩いたという穴があり、
ツルンとすべて気持ちよく綺麗にむけました。
学習したことをきちんと実践してるんだ!
うちの旦那様はやっぱりえらい!

7058A

お昼に盛岡の姉が送ってくれた稲庭うどんの中に。

7071A

理由が良く分からないのであちこち検索すると
新鮮な卵白には炭酸ガスが多く含まれ、
卵をゆでるとこの炭酸ガスが急に気化し
殻の外に出ようとします。
そのため卵内部の圧力が高まり、卵白と薄皮(卵殻膜)が
くっついたまま凝固してしまいむきにくくなります。

大事なことは卵の鮮度を落とすこと
プロは産みたての卵を1~2週間冷蔵庫で貯蔵し、
わざと鮮度を落としてから、ゆで卵を作ります。
試食してみると、新鮮な卵は、むきにくいだけでなく、
白身がボソボソ。
一方、古い卵は、ツルツルとむきやすいだけでなく、
食感がプリプリ。つまり、ゆで卵にとって、
むきやすさはおいしさのバロメーターだそうです。


植物✿園芸 | コメント(7) | 2011/02/06 06:07

帰宅の前夜


本社で暫く仕事があり、赴任先から昨夜帰宅した旦那様。

0070aa

昨朝8時のメールは「昨夜は食材の始末が大変だった。
牛乳はホワイトソースにして冷凍。
人参、大根、レンコンは鶏と煮込み、白菜、カボチャも茹でて冷凍した。
みかんとバナナは会社で食べ、卵はゆで卵にして持って帰る。
何だかんだで1時までかかった。眠い!」


私は「大変でしたね?ご苦労様でした。気をつけてね?」
としか言いようがないのですが、
我家の冷蔵庫より食材が多いのにびっくり!でした 

6711A

今日から暫くこちらに居ますが、一番困るのは毎朝の新聞。
活字を読まない私だけに「せめて新聞くらいは・・・」と
今は安い朝日新聞を契約していますが、
旦那様は長年、日本経済新聞の愛読者。
どうしても読みたいのでしょう、
チョイ帰宅の時は駅やコンビニで¥160で買っていたようです。

7062A

年末、年始はサービスでお願いしていましたが、
度々も厚かましいので
今月は日割りで入れてもらうことにしました。

日経新聞は夕刊込みで¥140、朝日新聞は¥120。
このことはまだ話していませんが、
今朝はサプライズ!きっと喜んでくれるだろうと思っています。
それにしてもまだ寝てる。早く起きておいで!
生活 | コメント(10) | 2011/02/05 05:52

2011年 春メイク 


今日は立春!頬をなでる風はまだ冷たさがありますが
春の小さな足音が聞こえそうです。

6040A

過日、久々に観たNHKの「きれいの魔法」は
藤原美智子さんの”大人がかわいい 2011春メイク” 
”今更可愛い。。。”もなかろうかと思いつつ、
お若い方のお化粧法を興味深く最後まで観てしまいました。

7020A

↓ 下地の日焼け止めクリームは肌色補正やくすみを抑える
ブレミッシュバーム効果のあるクリームを使用。
 ↓ ナチュラルに仕上げるリキッドファンデーション使用。
指で肌になじませ、スポンジで手早く密着させる。

pauda-

↑ 艶感のあるフェイスパウダーを使用し、
撫でるようにパフを滑らせること。

パウダーA

↑ パール入りのパウダーファンデーションでS字型を書きます。

 アイシャドーは中指で目頭あたりから真ん中まで。
 アイラインはブラウンで黒目から外側へ。垂れ目効果をつくる。
 マスカラはビューラーを使わず、真っ直ぐにつけること。

ポイント

 ベージュのリップベースを塗り、
春らしいオレンジ色でブラシなしで塗ったあと、
リキッドルージュで艶を出す。
 まゆは優しいブラウン使用。
チークは明るい色を頬の外から内へ。内から外へ。

”大人がかわいい”から”きれい”に変身するには
 アイシャドーはアイホールまで太めに書き、
アイラインはブラック使用。
肌に透明感と明るさ与えるニュアンスパウダーは鼻と頬に使用。
口紅はブラシを使ってベージュで輪郭を書く。とのこと。

7037A

藤原さんは「勇気と冒険心が必要です」と強調されていました。
元々土台が悪いこの顔にあまり期待もできませんが、
少しずつ実践してみますか・・・。
化粧品売り場に行くと商品が多くて色々と迷いますが
まずはキラキラのアイシャドーが欲しくなりました。

        

「徹子の部屋」が35週年とは驚きです。
素敵な草笛光子さんと可愛い岸恵子さんがゲスト。
78歳の三人、まさに「大人がかわいい」「大人ががきれい」の方々です。

岸恵子



その他 | コメント(8) | 2011/02/04 00:30

今日は節分と新月


今日、2月3日は節分ですが、おまけに新月。
新月にお願い事をすると叶いやすいとか・・・。
新しい年と日ごとに満ちていく月。何だかいい事がありそうです。

7043A1

節分というのは「季節を分ける」ことを意味し、
立春・立夏・立秋・立冬の前日を指しますが、
特に立春が一年の初めと考えられることから
春の節分が最も重視され「節分」といえば春の節分をいうそうです。

節分には何をするの? (資料より)

 豆まき
季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、
立春を新年と考えれば大晦日に相当するので、
前年の邪気を全て祓ってしまうための
追儺(ついな)の行事が行われその代表が「豆まき」です。

 豆を食べる
豆まきが終わったら、1年の厄除けを願って豆を食ます。
場所によっては大豆ではなく、落花生のところも。

 イワシの頭とヒイラギを戸口に挿す
焼いたイワシの頭の悪臭と、ヒイラギの棘で鬼を追い払うという風習。
現在では、焼いたイワシを恵方巻きとともに食べる家庭が多いようです。

 恵方巻きを食べる
恵方 とは歳徳神(としとくじん・とんどさん)が居る方角のこと。
歳徳神 はその歳ごとに居場所を変えるとされていて、
干支と十干から算出されるものだとか。

恵方(吉方位)を向いて太巻きを丸かぶりするという、関西発祥の行事。
太巻きは「福を巻き込み」「縁を切らないために包丁を入れない」
という理由から太巻きをまるかぶりすると言われています。
20011年の恵方は南南東!

7053A

今日から一年間の運勢が変わります。
今年、私は最高の年だそうで、何か新しいことを始めたら良いそうです。
お月様に願い事をして今夜は恵方巻きを食べなくっちゃ!!

生活 | コメント(10) | 2011/02/03 05:04

旦那様の写真


先週金曜日、八甲田山スキーで羽田から青森空港に飛んだ旦那様。
機内から伊豆大島がくっきりと見えたようです。

伊豆

駿河湾方面から見た富士山だそうです。
私がいつもベランダから見る真っ白な富士山とは又違った姿。
かなり積雪が少ないようです。
南斜面だからでしょうか。

富士山v
q枝

雪の芸術、綺麗です。。。
フワフワの新雪。。。見ていても気持ちが良さそう!!

雪枝

新しく架け替えられたという八甲田ロープウエー
沢山の写真を見ると来年は元気を出してもう一度トライするかな?
なんて思ったりします。

qロープウエイ

夕食に青森の美味しい地酒を飲んだようで
酒豪ぞろいの6人、あっという間に空にしたとのこと。

地酒

大雪で遭難や雪崩を心配していましたが、
全員、怪我もなく元気で帰宅したことに感謝です。
毎日、雪と闘っておられる雪国の方々には申し訳ないですが、
しばらく夫婦して雪と戯れる日がまだ続きます。

;;;;;;;;;;;;;;;

八甲田山スキー行きで先週、木曜日に帰宅の旦那様。
寒い日だったので牡蠣とハマグリ、鯛のお鍋にしましたが、
赤ワインが飲みたかったのでローストポークも焼いてみました。

鍋物

久々のワインはメドックのラルティグ・ア・ヴァレイヤック2004年。
冷えすぎて味が分からず、ゆっくりと・・・。
まろやかで嫌味がなくて
誰からも愛されそうな美味しいワイン。旨い!

6936A

旦那様の帰宅した31日、たいしたおかずも作らず
開けたのが久々の美味しいアライア。
まとめて6本購入。又安いワインで暫く楽しめそうです。

7018A


ワイン&グルメ | コメント(8) | 2011/02/02 05:59
 | HOME | Next »