ニ冊の本 老いの才覚&これが佐藤愛子だ


昨日のお昼すぎに画像挿入が元に戻りました。
あ~、やれやれ・・・。
皆様には御心配をお掛けして申し訳ございませんでした。

534c

近くのコミュニティハウスで借りた本。
まずは「これが佐藤愛子だ」
2002年、集英社により刊行された
「自賛ユーモアエッセイ集 これが佐藤愛子だ一」の前半分。
大御所愛子さんはどの本もご自分の経験と
鋭い人間観察でユーモアを交えながら読者を
引きずり込む素晴しい文才がおあり。

この本も上品な洒落やそこまで言う?と
思うくらいストレートな文脈。
痛快丸かじり。。。楽しませてもらいました。



題名からして内容が予想できる曽野綾子著「老いの才覚」
年を重ねる上でごく当たり前の人生訓といった感じで、
少々押し付けがましいところもありますが、
私の薄っぺらい頭には年をとるための戒めのように思います。

はじめに
超高齢化社会を迎えているが、年を重ねても
自立した老人になる方法を知らない人間が増えている。
マスコミでは子育ての分からない夫婦、引きこもりの子供、
フリーターなどをニュースで騒ぎ立てるが、
実は年のとり方を知らない
わがままな老人が増えていることこそが大問題である。
日本の将来に対しても自立した老人になるために
老いの才覚=老いる力を持つっことが重要なのである。

<目次>には
第1章 なぜ老人は才覚を失ってしまったのか
第2章 老いの基本は「自立」と「自律」
第3章 人間は死ぬまで働かなくてはいけない
第4章 晩年になったら夫婦や親子との付き合い方も変える
第5章 一文無しになってもお金に困らない生き方
第6章 孤独と付き合い、人生をおもしろがるコツ
第7章 老い、病気、死と馴れ親しむ
第8章 神様の視点を持てば、人生と世界が理解できる
とありますが、
第2章の老化度を測る目安は
「くれない指数」と言う考えになるほどと思います。

友達が~してくれない。配偶者が~してくれない。
子供が、親が~してくれない。。。等と
人を当てにすることがすでに老化現象。
私は依存症が大。今以上に「してもらって当たり前」
としか考えられない人間にならないよう、
年をとっても自立した生き方をしたいものです。

以前読んだ「忘れてはならぬもの」の著者である三浦綾子さんも
この曽野綾子さんも敬虔なキリスト教信者さん。
お二人とも大きな優しい心で相手に接する気持ちが伝わります。

最後の8章では「神われらと共に」(別名浜辺の足跡)という
ブラジル人、アデマール デ パロスの素晴しい詩がありました。

683c

ユメを見た、クリスマスの夜
浜辺を歩いていた、主と並んで
砂の上に二人の足が、足跡を残していった
ふと思った、ユメの中でのことだ
この一足一足は、わたしの生涯の一日一日をしめしていると。

立ち止まって後ろを振り返った。
足跡はずっと遠く見えなくなるところまで続いている
ところが一つのことに気づいた
ところどころ、ふたりの足跡でなく
一人の足跡しかないのに

わたしの生涯が走馬灯のように思い出された
なんという驚き、一人の足跡しかないところは
生涯の一番暗かった日とぴったり合う

苦悶の日 悪をのぞんだ日 利己主義の日
試練の日 やりきれない日自分にやりきれなくなった日
そこで、主の方に向き直ってあえて、文句を言った

(あなたは日々私たちとともにいると約束されたではありませんか。
なぜ約束を守って下さらなかったのか。
どうして人生の危機にあったわたしを一人でほおっておかれたのか、
まさに、あなたの存在が必要だった時に)

ところが、主はわたしに答えて言われた。
(友よ砂の上に一人の足跡しか見えない日、
それはわたしが、君をオブって歩いた日なのだよ)


昨夜のサッカーキリンチャレンジカップ。
なんとブルガリアに2-0と完敗。
引き分け以上でワールドカップ、本大会出場が決まる
アジア最終予選のオーストラリア戦(6月4日)が不安なってきました。
大丈夫かな~。。。。

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。
いつも応援をありごとうございます!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/31 ] 本・映画 | TB(-) | CM(8)

今年の梅雨入りはなぜ早い?画像挿入がうまくいかない


昨日、関東甲信越は平年より10日早く、
統計史上3番目に早い梅雨入りだそうです。

紫陽花c3

沖縄で5月14日に、九州と中国・四国で27日に梅雨入りし、
どことも平年より早い梅雨入りのようです。

ではなぜ早い梅雨入りか・・・。検索すると
亜熱帯ジェット気流の北偏と言われていますが
どうして偏西風が押し上げられたのか・・・。
原因は梅雨の生まれる場所とも言える、もっと西の方にあるようです。

梅雨と言えばインド洋の方からの湿った空気、
いわゆるアジアモンスーンが源ですが、
先月の海水温はフィリピン付近からインド洋にかけて
海水温が平年より高くなっています。
海水温が高くなるとその場での対流活動は活発になり、
上昇気流が強まって、そこで持ち上がった空気が日本の南で下降。
それによって平年より太平洋高気圧の強まりが早かったと見られます。
この高気圧の張り出しによって
梅雨前線の素となるような雨雲の発生領域がいつもより早く
日本付近にかかったと考えられそうです(掲載資料は気象庁HPより)

また今年の梅雨の降雨量は全国的に多めで、
6月中旬~下旬に雨量が多くなり、梅雨末期の7月上旬に
雨量がピークとなる見込み。
梅雨明けは平年並みで、関東甲信と北陸から九州は7月中旬、
入梅平年並みの東北は7月下旬の見通しと
TVニュースで報じられていました。

あじさい2

これから約1ヶ月半ほどはジメジメとして、
気持ちも落ち込みそうですが、
こんな時こそ生活の中で何かしら、
楽しさを見つけて日々過ごしたいものですね。

そうそう、高校の担任のシスター様は
「この梅雨がなければお百姓さんは困りますから、
皆さん、そんなに梅雨を嫌がらないでくださいね」と
毎年おっしゃっていたのを思い出します。

よそのお庭では紫陽花が待ってました!とばかりに色を染め、
我がベランダの紫陽花も少しずつ赤くなり始めました。
鬱陶しい梅雨の季節を今年もまた楽しませてもらえそうです。

あじさい2あじさい2

一昨日のお昼ごろから
このfc2ブログの記事に画像がうまく投稿できません。
皆さんになにがどうなっているのか、説明のしようがないのですが、
ファイルアップロードに入ってブログ記事に挿入しても
一枚の写真も挿入できず、以前のやり方とはまったく違って不便です。
ユーザーサポートを覗いたら
他の方も同じ日に体験しておられるようで悩んでおられます。

私は画像主体なので写真がアップできないと
文章力の乏しい私の記事は惨めなもの。
こんな時、Fc2のスタッフとも電話で話せたらいいのですが、
ネットの上でメールのやりとりのようです。
あー、どうしたらいいでしょう。



 今日お昼すぎ、
画像挿入が以前のように戻りました。
ご心配をお掛けして申し訳ございませんでした。
あ~、やれやれです。


26日から全仏オープンテニスが始まっています。
昨日の新聞には残念ながら伊達公子さん、初戦敗退。
錦織圭は初戦突破!
ノバク・ジョコビッチのグランドスラム達成も大いに期待です。

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/30 ] 生活 | TB(-) | CM(14)

久々のローストビーフ 美味しく焼いてくれました


たんぽぽの綿毛をみると何故か、写真を撮りたくなります。
可愛い花が終わって風に乗り新しい旅が始まる予感がします。

0821c

25日(土)朝からお肉の安いオーケーへ買い物に。
目についたお安い牛肉の350gの塊。
いつもオーブンで焼きますが少量なのでフライパン使用。
始めは強火で表面を焼き、後はじっくりと気長に。
レア好きの夫婦。旦那様が上手に焼いてくれました。
ソースは肉汁と赤ワインとバターたっぷりです。

1013c

盛岡の姉がお土産にと用意してくれた豆サラダ。
いつものサラダが豪華に見えます。

1004c

 我が家にしてはちょっと高級ボルドーワイン。
サンジュリアンのレオヴィルラスカス1998年。
ゆっくりと時間をかけて・・・。ウマ!

1018c

26日(日)2日続けてお肉の日。
こちらもお安い豚ロース肉。
旦那様お得意のバターたっぷりバルサミコ酢ソースです。

1057c1

生姜をいれて鶏レバーの甘辛煮。
おの汁で翌日はいつもじゃがいもを煮ます。

1055c

旦那様は酢の物と間違ったようですが、
きゅうりとミョウガの浅漬。
あまりお漬物を食べない我が家には珍しい一品です。

1056c

南フランスワイン、コート・ド・ルーションのカランドレイレゼルバ2010年。
目を閉じて飲むとチリワインのような面白い味。

1059c

 今日もご訪問をいただき有り難うございます!
コメントを閉じていますが、
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。
いつも応援をありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/29 ] ワイン&グルメ | TB(-) | CM(-)

指定時間が大幅に遅れた宅配業者


盛岡で初めて見たリンゴの花です。

973c

今日は少々愚痴らせてくださいね。
最近、某宅配業者に対して腹立たしい事が2回ほどありました。
それも業界トップとも言われる○ロ○コヤ○ト。

旦那様が立山スキーに出かける際、
スキーバッグの集配を午後1時までにお願いしましたが、
1時15分、20分になってもチャイムが鳴りません。

この日出かける予定もあったので
早く取りに来てもらうように最寄りの支店に電話。
やっと取りに来たのが2時20分。
1時間20分も私は家で待ちぼうけでした。

交通渋滞などで遅れることは仕方ないですが、
何年か前は指定時間に遅れるようなら
”遅れます”と事前に断りの電話が入っていましたが、
最近はまったくありません。

974c

今度は化粧品会社に注文した品を
24日金曜日の午前中に配達指定した時のことです。
11時40分。ピンポーンとチャイム。
ドアを開けると旦那様がスキー場から送った荷物が予想以上に早く届き、
「あれ?午前配達に指定した化粧品がくるはずですが?」と尋ねると
「ありません」のそっけない返事。

また違う配送車でくるのかと思いましたが、
待てど暮らせど12時過ぎても一向にこない。
午後からプールに行きたかったので
「待っているのですが」とまた電話。
10分後くらいにドライバーから
「荷物が入っていないので取りに帰ります」と連絡。
何?忘れた?どういうこと?

プールへ行く気持ちもすっかり失せて家で待機。
やっと届いたのが3時10分。
「すみませんでした」と謝ってくれたものの
化粧品会社にもこのことは知らせるべきだと
「指定時間に届きませんでした。
そういうことが他の人にもあるかもしれないので
一応、お知らせします」と一報。

折り返し、電話を受けた人の上司から
「どういう訳で配達が遅れたのか、こちらで事情を聞いてみます。
大変ご迷惑をお掛けしました」と
さすがドモ○○ン○○クル。と思いきや、その後、音沙汰なし。

この日に限らず夜間18~20時の配達も
21時前に配送されることがあり、
人を待つ、何かを待つということは
正直、トイレにも入れず、ベランダにもでられず、
いつもチャイムを気にして非常に神経を使います。

沢山の宅配業者はありますが、一番信頼していた業者。
配達数も多いのでしょうが、大幅に遅れる時には
「遅れます」の電話を入れることはできないのでしょうか。

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
↓シラーの中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/28 ] 生活 | TB(-) | CM(10)

可愛い赤いスズラン&珍しいもの


盛岡の姉宅に赤いすずらんがワンサカ。
義兄にビニール鉢に入れてもらって持ち帰りました。

1026c

旦那様が休日に鉢に移し替え。
なるべく涼しい所に置いて楽しみたいと思います。

赤いスズランc

一日見ていても飽きない可愛らしさ、う~ん、可愛い~♪

1024c

姉が別便で「かもめの玉子」を送ってくれました。
昭和27年、大船渡市誕生の時に生まれたお菓子のようで、
昔は子供達が頬張っていたのに、今は夫婦でひっそりと・・・。
ふた口ほどのミニサイズがあるのですね。
懐かしいお味でした。

南部煎餅

子供達とパリパリ、ポリポリと食べた南部煎餅。
ごまやピーナッツの味もあり楽しめます。
これもミニサイズが発売。食べ過ぎ防止にいいですね。

これからの季節、旦那様のお弁当に
珍しく大きな梅干しを求めました。
お値段の高い南高梅、塩分5%。

梅干しが苦手な私が「これならいくらでも食べられるね?」と言うと
「沢山は身体に悪い。二人でひとつ」と旦那様。
おっしゃるとおり、、、塩分控えめでも塩分は入っていますもの。

1012c

今珍しく図書館で借りた本が4冊も・・・。
盛岡往復の新幹線で佐藤愛子さんの本を読み終え、
今読んでいる「老いの才覚」は教わることばかり、
色々と勉強中です。

佐藤愛子

ブロ友のこふでさんが読まれた「財布のつぶやき」
やっと昨日順番が回って来ました。
早く読みたいものの、じっくりと落ち着ける時が無くて・・・。

sinncha

先日、PTAコーラスの方にいただいた新茶。
美味しいお味と香ばしい香りが楽しみです。

牛c

汚い大きなお尻でごめんなさい。
盛岡の菜の花を見に行った東北農業研究センターの牛さん。
牛が珍しいのはありません。

牛がモゥモゥーと鳴くことはだれでも知っていますが、
傍を通るとこの子が「モゥー、モゥー」と低い声で鳴いたのです。
あ、牛の鳴き声ってこんなだった!と
珍しく耳にした牛の鳴き声に姉と大笑い。

こんなことでバァサン二人が娘のように
コロコロと涙を流して笑うのもまた、珍しいです。
箸が転んでも可笑しい年は
とっくの昔に過ぎてるというのに ( _ _ )...o
菜の花畑以前の記事です。

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/05/27 ] 植物✿園芸 | TB(-) | CM(12)

第80回日本ダービー 素晴らしかった武豊騎手


1029c

今日は東京競馬場で3歳馬限定の第80回ダービーでした。
1万三千人の観衆に見守られて、
2010年に生まれた7000頭以上のうち選ばれた18頭の名馬が
ジョッキーと共に持てる力を振り絞って走りました。

1079c

もう嬉しくて嬉しくて、結果から・・・。
武豊騎手がまたがる無敵の3冠馬のディープインパクトの子、
一番人気のキズナが優勝。
武ちゃんは2005年、ディープインパクト優勝以来の栄冠。
親子制覇は史上8馬目。
「馬を信じて走りました」と80回の節目に嬉しさを隠せない表情。

1077c

27年目を迎える武豊騎手(44歳)は過去最多、4回優勝。
ダービー5勝目を祈ってキズナと武ちゃんを応援しました。
武豊騎手がまたがる一番人気のキズナ(絆)、
蛯名騎手はヒボラクディープ(残念ながら13位)は
共にディープインパクトの産駒。

1070c

レース会場を振り返ると会場は朝7時半頃から開門。
お昼ごろ大勢の競馬フアンに応えてジョッキーも顔揃え。

馬場

東京競馬場はアップダウンの多いコース。
初めて說明を見ましたが、高低差が多く
ジョッキーも馬の体力や癖を掴んで走らないと最後は失速です。

いよいよスタートの華やかなファンファーレ。
キズナは1枠からスタート。

スタート

これは難しいと思いながら観ていましたが、
武ちゃんはキズナの走りを良く知っているのでしょう、
後方から徐々に追い上げる作戦でした。

武c

それにしても後方から3、4番目。
TVの画面から見えない位置。
お団子状態でどこにいるのかも見えません。

武

こりゃダメかと思ってると第4コーナーの坂を上り切ったあと、
スルスル~と外からゼッケン1番のキズナの姿。
あれよ、あれよという間にトップに躍り出ました。

1075c

その走りは足も身体も前に出て、飛んでいるかのような
あの偉大な父、ディープインパクトそっくりの美しい走り。
身体全体で伸びやかにしかも力強く、グングンと前進。
あ~、ディープの再来と思ったほどでした。

1073c

武豊騎手の5回優勝、ディープインパクトの子供が優勝。
私にすればダブルのお祝い。
実に感極まる2013年のダービーでした。

武ちゃんがキズナを褒めているこの最後の写真、
人馬一体とは良く言ったもの。
キズナの顔はおりこうさんのように見え
パパのディープそっくり。
走る姿は優雅でとても美しかったです。


今年10月6日に行われるフランス凱旋門には日本から
エイシンフラッシュ 牡6 藤原英昭調教師 栗東
オルフェーヴル   牡5 池江泰寿調教師 栗東
キズナ 牡3 佐々木晶三調教師 栗東
ジェンティルドンナ 牝4 石坂正調教師 栗東
デニムアンドルビー 牝3 角居勝彦調教師 栗東
ナカヤマナイト 牡5 二ノ宮敬宇調教師 美浦が参加。

外国勢を圧倒して日本の素晴しい馬を
アピールして欲しいと思います。

1081c

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村



[ 2013/05/26 ] 競馬G1レース | TB(-) | CM(2)

黒部ダム完成50周年&最後のスキー


盛岡の姉宅のカイドウ。
蕾はさくらんぼのようでとっても可愛いお花です。

842c

旦那様は19日から22日までクラブのKさんと
3年連続で立山春スキーに出かけ、その間、私は盛岡の姉宅へ。

翌日20日は雨の予報が良い方に外れ
盛岡にいる私に「晴れたので出かけます」とメールが送られてきました。
その後もいつものように「今、一の越です」「紅茶がうまい!」
「夕日が綺麗です」「今日も頑張って滑ります」
等など
うるさいほど写真やメールが送られ、姉もこれには驚いていたようです。

以下は旦那様のカメラから拝借しました。

9492s

帰宅して見せてもらった写真に「おかげさまで50周年」と書かれた可愛いバス。
「何が50周年?」と尋ねると「黒部ダム完成から50年だって・・・」
へぇ~?と言いつつすぐに検索。

1963年に完成し、標高1500mに建設された
黒部川上流の水力発電用アーチ-ダム。
堤高は186mと日本最高。堤頂長は492m。
立山の直下、御前沢に位置し、黒部峡谷観光の中心とあります。

9271s

昨年、初めて訪れた立山黒部ダム(昨年の記事)
年間100万人もの観光客が訪れ、
四季を通じて大自然の立山を楽しめますが、
その裏には工事に携われた方々の汗の結晶、
また完成を待たず残念ながら犠牲になられた
多くの方々の希望の声が聞こえるような気がしました。

9289s

昨年は雪で覆われていた黒部湖。
今年の湖面はエメラルドグリーンでさぞかし綺麗だったことでしょう。
6月26日から10月15日にかけて行われる
観光放水を一度見たいものです。

1966年春、雄山直下を貫く立山トンネルの掘削工事がはじまり、
標高3000m級の峰々が連なる北アルプスを貫いて
日本海沿岸の富山と信州の大町間を結ぶ、
全長約90kmにおよぶ壮大な「立山黒部アルペンルート」は
1971年6月1日、立山トンネルバス・立山ロープウェイ、
全線地下式黒部ケーブルカーが完成し、
立山黒部アルペンルートの全線開通が実現したそうです。

9280s

さてさて旦那様とKさんのこの笑顔。
お天気も良く、気持ちも高まっているのでしょう。
いいコンビです。

KS1

山はいつもと変わらず、二人を見守ってくれたようです。

9134s

登山家が憧れる槍ヶ岳、登山家でもない私も登ってみた~い!

9048s

美しいサンセット。涙がでそうです。

夕日s

綺麗なお月様。「星がたくさん見えたの?」と旦那様に尋ねると
「月が明るすぎてあまり見えなかった」と残念そうでした。
これからだんだん丸くなって昨日25日が満月でした。

ライチョウc

昨年、私も初めてライチョウの夫婦を観ましたが、
鳴き声はあまり美しくなく、ちょっとがっかりでした。

雄は赤いアイシャドー。
雌はすっぴん。ちょっとしとやかさを感じます。

ライチョウ雌c

雷鳥荘の玄関につばめの赤ちゃん。可愛い~。
幼い頃、実家の玄関に毎年つばめがやってきて
巣作りをしていました。
下に落ちた糞を掃除をするのが私の役目。

結婚後も新居の玄関に。また新聞紙を敷いて
今度は子供達が掃除をする番でした。
つばめを見るといつも気になる不思議な夫婦なんです。

つばめ

りんどうの種類も多いですね。

9169s

旦那様達は20日、21日とお天気に恵まれ充分に満喫したようで、
22日の午前中「2日間充分に滑ったのでもう帰宅準備です」とメール。
私は盛岡から15時前に帰宅。
旦那様の最寄り駅のお迎えは18時半頃。
真っ黒に日焼けして元気に帰っていましたが、
今、顔の皮が剥けて汚い顔がよけいに汚い!

せめて男前に見えるように風呂場で散髪をしたら、
ちょっと増しになったような???

9306s

バスの中から写したようですが、目に鮮やかなグリーン。
二人で立山スキーの話に弾んだことでしょう。
いやいや疲れも出てコックリ、コックリだったかも。

何れにしてもKさん、お世話になってありがとうございました。
来年もまた誘ってやってくださいますように(野いちご)

   

<アゲハの幼虫のその後>

12日から次々にアゲハの幼虫を見つけましたが、
最終的には7匹でした。
ところが1匹は残念がら途中でダウン。

6匹は食欲旺盛で2鉢の山椒は丸坊主。
今は6匹がさなぎになっています。

さなぎ

 今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/05/26 ] 国内スキー | TB(-) | CM(16)

陸中海岸国立公園 美しい浄土ヶ浜へ


姉宅の庭の可愛いチューリップ。風に揺られてゆ~らゆら♪~
見ていると自然と微笑みが・・・。可愛い!♪~

848c

21日、朝からお天気も良く、
立山スキーに行った旦那様の張り切っている様子が
雪の美しい山々の写メールとともに入ります。

義兄さんと姉と3人で陸中海岸国立公園の宮古市の景勝地、
浄土ヶ浜に出かけました。
名前の由来は天和年間(1681~1684)に
宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖が「さながら極楽浄土のごとし」と
感嘆したことから名付けられたと言われています。

943c

白い岩肌と緑の松。そして透き通った真っ青な海と高い空。

939c

絵に描いたような美しい光景をバックに、
穏やかに寄せては返す白波に海の好きな私はワクワクしました。

938c

あれは何年前だろう、、、
子供達が幼い頃この浄土ヶ浜で泳いだ時、
子供ながらに海底が見える水の美しさに感嘆しながらも、
あまりに水が冷たくて
3人の唇が真っ青になった事を思い出しました。

963c

↓ あの恐ろしい震災から2年過ぎましたが、
このターミナルビル展望台の下は復旧工事で通行止め。
また浄土ヶ浜に行く途中の海岸付近は通行止め区間もありました。
こんなに穏やかで美しい海が、
牙をむいて襲ったとはとても信じられません。

964c

ミャーン、、ミャーンと猫のように鳴くウミネコ。

ウミネコ

浄土ヶ浜にはどこを見ても
あのヒッチコックの映画「鳥」を思いださせるようなウミネコの群れ。
今にも襲ってきそうな鋭い目。

ウミネコもカモメもチドリ目カモメ科。
全く別種の鳥というわけではありませんが、
見分け方は主に「口ばし」と「足」と「羽」で区別できるようです。
 
ウミネコは口ばしは黄色で先端部が黒。
最先端部に赤斑があり、足は黄色。
尾羽にウミネコの特徴の黒い帯があり、
光彩は黄色でその周りに赤いアイリングがあります。
 
ウミネコ1

海岸近くにも草むらにも・・・。そして恋の季節です♪~。

遥か沖に目をやると小型船が洞窟探検“青の洞窟”へ。
ウミネコが餌がもらえるかと船の周囲を飛んでいます。

遊覧船

青い海を滑るように真っ白な遊覧船。
出港時刻が合わなかったので乗船しませんでしたが、
あの当時、乗船中、ウミネコやかもめのエサやりに子供達も大はしゃぎ。
空中に投げたり、手でやったり・・・懐かしいです。

923c

↓ 美しい浄土ヶ浜をあとに釜石市を通って盛岡への帰路。
海はホタテの養殖場が目立ちました。
昔のように水揚げ量が戻ればいいですね。

966c

話は前後しますが、浄土ヶ浜に行く前に宮古市田老を通りました。
2年過ぎた今も更地になったところや崩壊された姿のままの建物が
当時の被害の大きさを物語っていました。
この場で地震や津波で亡くなられた方のご冥福をお祈りして合掌。

宮古

この日、お義兄さんは350km近く一人で運転。
可愛い妹のために頑張ってくださいました。
ありがとうございました" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/

姉花

帰宅すると庭の可愛いお花が出迎えてくれます。

花壇

↑ 2008年、09年に作ったエジプトのツタンカーメンの赤エンドウ
ブロ友のemikoさん(ブログ 手作りを楽しむ毎日)に初めていただき、
採れた種を送ったら、姉夫婦は毎年、芽が出るのを楽しみにしています。
滞在中にもう弦も出てきたので畑に移すとか。
沢山の収穫があればいいですね。

ほっけc

滞在中、外食をしようと姉が言ったのですが、
「家でゆっくり食べるほうがいい」と我儘な妹。
ラム鍋や甘くて柔らかい新鮮な鰹のお刺身、
手作りのお惣菜を等など頂きましたが、
なかでもこの食卓。
我が家では考えられない魅力的なメニュー。
珍味で愛情いっぱい!とても美味しかったです。

姉はこのホタテ御飯をおむすびにしてくれたので
帰りの新幹線で頂きましたが、
これがまた泣けるくらい優しい姉の味でした。

楽しい4日間、姉妹っていいな?とつくづく思うと同時に、
これで大阪の姉がいたら
もっと楽しい旅行になったろうとちょっと残念でした。

たわしc

姉宅に珍しい赤いスズラン。3株持って帰りましたが、
ベランダは暑いので育つかどうか、心配です。
何だ、かんだとお土産に。
ピカピカになる手作りのアクリルたわしは重宝です。

姉はとても綺麗好き。家の中もタンスの中も引き出しも、
どこもかしこもきちんと整理整頓され刺激を受けます。
帰宅後すぐに大掃除と片付け・・・。
でも姉の足元にも及ばないこの妹。あ~ぁ、、、。

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
盛岡の旅はこれで終わりました。
最後までお付き合いくださってありがとうございました。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2013/05/25 ] 旅行 | TB(-) | CM(6)

秋田県田沢湖&角館(かくのだて)武家屋敷


秋田県角館武家屋敷に咲いていた八重桜。
濃いピンクで綺麗でした。

870c

盛岡市内から国道46号線を田沢湖に向かって走りました。
もう3回目の田沢湖。スキー旅行もいれれば4回目。
田沢湖スキー場のゲレンデはこの田沢湖に向かって滑ります。

たつこ

田沢湖は秋田県仙北市にあり、周囲約20kmのほぼ円形の湖、
水深423.4mは日本一の深さ。
その全域がり県立自然公園に指定されており、
日本百景にも選ばれている景勝地。
神秘的でエメラルドグリーンの湖面の美しいこと。

たつこ像
永遠の若さと美貌を願い、湖神となったと伝えられる、
伝説の美少女たつこ姫のブロンズ像。
その姿は澄んだ青い湖水を背にして清楚です。

田沢湖畔潟尻にある。美しさを永遠に保とうと百日百夜の願いかけ、
満願の夜に「北に湧く泉の水を飲め」というお告げどおりに
泉の水を飲みつづけ、龍になってしまったたつこ。
ブロンズ像だが金粉の漆塗りで1968(昭和43)に完成(資料より)

857c

その後、姉の運転でみちのくの小京都と呼ばれる角館(かくのだて)へ。
今回は3回目になりますが、いつ訪れても心やすまる町でした。

882c

桜の季節も過ぎ、青々とした柔らかいモミジのグリーンが鮮やか。
新鮮な澄んだ空気が辺り一面に感じられ、
一年中、見所満載です。

角館c

角館の武家屋敷通りは国の重要伝統建造物保存地区で
真っ黒な板塀が重厚な趣をかもし出しています。
この通りの6軒の武家屋敷が公開されており、
屋敷内や庭園が見学できます。

角館c1

↑樺細工伝承館。樺細工は山桜の木肌を磨いて作る工芸品。
館内は樺細工や工芸、文化、歴史資料の展示室などがあります。

通りを歩くとまるで江戸時代。
ちょんまげに刀をさしたお侍さんが向こうからやってきそうな・・・。

↓ 石黒家は角館に現存する6軒の屋敷の中で
もっとも格式が高く、築200年経った今も
子孫が住み続け家屋の維持保存を行なっています(資料より)

887c


↓ 角館武家屋敷で一番代表的な青柳家。
資料には
3000坪の敷地で広い庭には、
600種類もの花や木が四季折々の表情を見せ、
門から入って北側に井戸、米倉、武器倉などが点在しています。
正玄関と脇玄関があり、客の格式、身分により、
その使用を分けていたようです。主屋は寄棟萱葺き屋根の鍵屋で
座敷は現存する角館の武家屋敷のなかで最も豪華。とあります。

884c

↓ 岩橋家は屋敷は江戸末期に改造され、屋根も茅葺きから
木羽葺きに変えられました。
樹齢280年と推定される柏の巨木はこの屋敷のシンボルだそうです。

893c

↓ 河原田家は戦国時代に会津から角館に移り、
建物は明治中期に建てられ、間取りは武家住宅の形式で
屋敷の構成は藩制そのものだそうです。

900c

↓ 小田野家現在の建物は近世武家住宅で全体に簡略化されているそうで、
花の季節にはドウダンツツジの可愛い小道になるようです。

907c

899c

↓ 松本家の家屋は幕末の頃に建築されたもので
県内の下級武士住宅として唯一のものだそうです。

ここで山田洋次監督、真田広之、宮沢りえ主演、
第76回アカデミー賞外国語作品賞にノミネートされた
映画「たそがれ清兵衛」の決闘場面で使われたロケ場所。
この日は女性二人のイタヤ細工の実演がありました。

佐藤c

左は佐竹歴史文化博物館。
右は稲庭うどんで有名な7代目佐藤養助直営店。
ここでは展示・販売のみでお食事はできません。

四国の讃岐うどん、名古屋のきしめんとともに
日本三銘うどんの一つ秋田県の「稲庭うどん」
ここは七代佐藤養助稲庭うどんが食べられる店「ふきや」。
おにぎりは姉とひとつずつ。
麺はコシがあって美味しいですが、
私達には汁が塩辛くてもう少し薄味の方が・・・。

生もろこし

生もろこしというのでとうもろこしかと試食したら
あずき粉を主原料として作られた秋田・角館地方の郷土菓子。
「中国伝来の菓子」ということから「モロコシ・唐土」と
呼ばれるようになったといいます。
お義兄さんと旦那様にお土産。うん、美味しい!

1000c

 三浦雄一郎さん、80歳でエベレスト登頂成功!
素晴しいとしか言いようがありません。
次の目標に向かってまた前進なさることでしょう。
本当におめでとうございました。

 今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
いちごの中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/05/24 ] 旅行 | TB(-) | CM(8)

りんごの花と菜の花と枝垂れ桜(盛岡)


19日より昨日まで旦那様が立山スキーにでかけ無事に帰宅。
その間、私も盛岡の姉夫婦と過ごし
沢山の楽しい思い出を胸に帰って来ましたが、
美しいお花に感激も感激!でした。

974c

初めて見たリンゴの花。とっても可愛いお花でした。
盛岡は本州で一番先にりんご栽培を始めた”りんご先進地”。
今、世界で一番生産されている「ふじ」の原木も盛岡にあるそうです。
町から少し外れると、林檎畑が多く、
今は白いりんごの花が目をひきます。
種類によって夏や秋に収穫されるのでしょう。

973c

花びらの先は少しピンクになっているのもあり、
これから太陽の元、もっともっと赤くなるのでしょう。
天候に恵まれ甘みの多い美味しいリンゴが収穫できればいいですね。

972c

盛岡に着いた19日、この日が最終日だと
姉が連れて行ってくれた東北農業研究センターの
1050万本の菜の花畑。

834c

1997年から毎年公開されているようで
「キラリボシ」という品種だそうです。
残雪の岩手山を背景に
約4、2ヘクタールの黄色い絨毯の散策を楽しみました。

828c

菜の花の個性的な香りが辺り一面プーンと広がります。
素晴しい風景・・・とても素敵、感激しました。

830c

約30本のヤエベニシダレザクラが咲く盛岡市の米内浄水場は、
桜の季節になると敷地内が特別公開される桜の名所。

818c

市内の桜が終わってから満開になるようですが、
19日はもうすっかり盛りを過ぎていましたが、
それでも美しさは想像できました。

813c

812c

820c

819c

ハナモモはいつ観ても愛らしく微笑ましいお花です。
すごく可愛かったです!
明日は秋田県角館(かくのだて)の
武家屋敷などご案内したいと思いますので
またお越しくださいますように。

806c

 留守中にもご訪問をありがとうございました。
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/05/23 ] 旅行 | TB(-) | CM(8)

ランチョマットはどれがいい?


今日、夕方、盛岡より帰宅致します。
コメント欄は閉じていますが、
最後に薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

9337p

結婚した時から(もう40年になりますが)
テーブルクロスをずっと使い、
毎日洗濯、その都度アイロン掛けをしていましたが、
何だか、面倒になりここ数年はランチョマットです。

646c

ずっと使っている真っ赤なランチョマット。
赤は食欲が旺盛になると言いますが、赤が好きなので・・・。

644c

最近、歳のせいか、夫婦して良くこぼします(汗!)
ビニール製のレースのマット。
こぼしてもさっとひと拭き。
でもビニール嫌いの旦那様はお気に召しません。

645c

小薔薇のマット。お店で見て一目惚れ。
でも家で使うとさほどでもありませんでした。
ま、可愛いからいいけれど。
撥水加工しているのでこぼしても平気です。

647c

こう並べるとやはり白が一番かな?と思います。
これも撥水加工。ちょっと改まった時につかいまっしょ!

648c

TEAタイムは幼なじみののぶちゃんが
エーデルワイスの可愛い布で作ってくれた小さいサイズのマット。
リバーシブルでお気に入り。
日によって気分によって替えるランチョマット。
食事とともに楽しみです。

649c

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/22 ] 生活 | TB(-) | CM(-)

この春 我が家に咲いた花♪~


一昨日より留守をしています。
折角お越しいただいたのですから、
我が家に咲いた花をご覧になってお帰りください。
コメント欄を閉じていますが、
最後に薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

286c

309c

289c

299c

308c

334c

335c

ディックc

クーインバガテル毎年楽しみにしています。

薔薇c

ダッチェス・オブ・エジンバラ、今が盛りです。

エディンバラc

もうすぐ色をつけそうな紫陽花。
いよいよ入梅ですね。

735c

何歳になるか忘れた胡蝶蘭。
毎年、花の数も大きさも小さくなりますが、それでも嬉しい夫婦です。

719c

18日に小さい花ですが、咲きました。
まだつぼみが・・・皆んな咲いてくれればば嬉しいですが。

781c

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。
明日も予約投稿をしていますので是非お立ち寄りくださいますように

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/21 ] 植物✿園芸 | TB(-) | CM(-)

週末の夫婦の食事とワイン


昨日から留守をしております。料理とワインの覚書。
コメント欄を閉じていますが、
最後に薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

615c

(今真っ盛りの我が家のクレマチスですが、留守中が心配です)

11日(土)丹沢山登山からお昼すぎに帰宅した旦那様。
疲れたのでしょう。珍しく1時間ほど夕寝をしておりました。

677c

5時過ぎに目を覚まし、夕飯仕度は疲れているだろうと
簡単に鶏のフライ。大根おろしをつけていただきました。

678c

 クロド・ヴェルド2010年。
ほどよい渋みとほどよい甘み。バランスの良いワインでした。

697c

12日、夫婦だけの「母の日」でした。
お安い鯛をトマトソースで。
鯛はやはり腐っても鯛でした。。。おいし~い!!

699c

小さなホタテが可愛く並びました。
ソテーしてバターたっぷりのバルザミコ酢ソース。
ソースはパンにつけて。

700c

アルザスのゲビュルツ・トラミネール2011年。
ライチの香りでフルーティー。
これ1本、一人で飲めそうでした。

17日(金)旦那様お休み日。
珍しく夕食にスパゲッティ。
冷凍庫にホームメイドの沢山のジェノベーゼ。
ふんだんに使いました。

747c

ハンバーグの種を耐熱器に入れてオーブンで16、7分。
いつものチーズ焼きですが、焼き色がついて美味しそう。

745c

 ボルドー赤ワインはボーヌ・レ・グレーブ2009年。
赤ワインでも少し冷やさないと味がぼける季節。
でも冷やし過ぎたら美味しくないので
自分の舌で確かめながら・・・。
さすが1級ワイン、美味しいワイン!!

749c

今日、旦那様がカツサンドを作って持っていくので
18日、昨日は豚ヒレカツ。

800c

ボルドーワインはシャトー・モンペラ2010年。
真っ黒な色でいかにもボルドー。
私は知りませんが漫画の「神の雫」に出てきたワインらしく、
ここに出てくるワインはすぐに売り切れになるそうです。
少し冷やして飲みましたが、ちょっと甘さも感じるワイン。
うま~い!

802c

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
コメント欄を閉じていますが、
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。
明日も予約投稿をしています。
是非お立ち寄りくださいますように。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2013/05/20 ] ワイン&グルメ | TB(-) | CM(-)

思い出す 東海道中膝栗毛&エコ川柳


小さいですが胡蝶蘭が咲きました。
この子はうちに来て何歳になるかな?

783c

JAFMateの6月号。表紙は京都の舞妓さんと芸妓さんです。
お二人はどう違うのでしょう。検索すると
舞妓さんは...
半年~2年ほどの住み込み修行を積み、
姐さん芸妓と共にお茶屋さんでも舞妓修行した、
16~20歳くらいまでの女の子を指します。
髪は地毛で結い、だらりの帯が特徴。

芸妓さんは...
名の通り芸を披露する女性のことを指しますが、
芸妓には舞いを舞う「立方」さんと
三味線や唄などをする「地方」さんがあり、
立方さんは鬘をかぶっておしろいをし、
地方さんは鬘はせず普通の和装です。
立方さんは、元舞妓さんである方も多くおられるそうです。

膝栗毛

江戸と上方を結ぶ十返舎一九の「東海道中膝栗毛」が載っていました。
私は”弥次喜多道中”のほうが親しみがありますが。

この「膝栗毛」というのは”膝を栗毛の馬のようにして行く”
つまり徒歩のことのようです。

中学の家庭科の時間のこと、
ただひたすら黙々と手を動かし、
マフラーやマットを編む単純作業は睡魔がやってきます。
そんな時、色白で優しい坂田先生が
ちょっと鼻にかかった声で読み始めてくださった弥次喜多道中。
毎家庭科の時間を楽しみにしていたことを思い出しました。

何の意味もなく、ただそれだけのことなのですが、
懐かしい滑稽本「東海道膝栗毛」です。

川柳c

エコ川柳が載っていました。大賞はさすがですね?
以前、ままごとで「ポイントカードはお持ちですか?」と
言って私を驚かせた4歳の孫。
今度は「レジ袋はお持ちですか~?」と言うかもしれません。

「夫しかいないならば電気消す」この気持ちわかりますね。
川柳を考える人、作る人。。。本当に頭の切れる人だと尊敬します。

781c

7匹のアゲハの幼虫2匹がもう緑の幼虫に。

幼虫c2

↓ 昨日18日は4匹が緑の幼虫になりましたが、
1匹だけあっちこっちへと移動し落ち着かず、
とうとう山椒の木から落ちてしまいました。

さなぎになる時には場所を探しまわるのですが、
日数的に早いのでどうしたのだろうと・・・。
旦那様が爪楊枝にのっけて葉に戻し、やっと落ち着きました。

幼虫3c

幼虫の体内に蜂の成虫やハエのウジが寄生している場合は
いずれ蛹の殻を食い破って出てきます。
どの子も無事に美しい蝶になりますように。

今日から旦那様は立山スキーなので
昨日、東北で震度5の地震がありましたが、
私も今日から盛岡の姉宅にでかけます。
4月に関西入りした時は翌日、地震で交通マヒでした。
何だか、行くところ地震ばかり・・・。
余震があるかもしれませんが、
その時はその時、、、行ってまいります!

予約投稿をしていますので明日も是非、お越しくださいますように。
コメント欄は閉じていますが、
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/19 ] アゲハの記録 | TB(-) | CM(-)

旦那様の休日&美しい花と素晴らしい音楽


一昨夕の突風、雷雨と打って変わって、
昨日は汗ばむくらいの良いお天気。
6階のベランダは風もあまりなく、気持の良い事。
旦那様は植え替えや種まきで忙しく働いていました

739c

↑ いつもご覧いただいているダッチェス・オブ・エジンバラ。
今花盛りです。
洗濯物もお昼にはカラッと乾きました。
あ、手すりにマットが・・・失礼!

701c

↑ クレマチスのザファーストレディも今年は立派な花を咲かせ、
いまだに元気で咲いています。

旦那様はひと仕事終えたあとはのんびりと
午後からは溜まっている録画を楽しみます。

762c

まずは1999年から続いている「国際バラとガーディニング」
西武ドームで行われ、すでに今月16日で終わりましたが、
綺麗な薔薇の世界を楽しませてもらいました。

薔薇のことは良くわかりませんが、
オールドローズのデリケートな魅力と香り、
多彩な色と四季咲き性をもったモダンローズを
掛けあわせたイングリッシュローズは
バラ好きには「究極のバラ」ともいえるバラだそうです。

モダンローズ

↓下の薔薇のように日本独自で作られた薔薇もあるそうです。
まるで牡丹や芍薬のように豪華です。
薔薇はやはり花の中の女王様。
私も欲しくなりました。
薔薇の香りをかぐ時は手の匂いがつくのではなびらには触れないこと。
茎を持って匂いをかぎ、スーッと息を吸って、
横を向いて息を吐かなければいけないそうです。
息の匂いが薔薇にうつるとか、薔薇ってデリケートなのですね。

日本の薔薇

次に見たのは4月10日に行われたアムステルダム・コンセルトヘボウ
125周年記念コンサートの録画。

765c

私は夕食の用意もあり、ずーとは見ていませんでしたが、
バリトンのトーマス・ハンプソンの
マーラー「さすらう若者の歌」から”朝の野辺を歩けば」を聴きましたが、
大フアンだったヘルマン・プライの素晴らしい演奏を
いまだに覚えているので残念ながら物足りませんでした。

旦那様は旦那様でフルトベングラーが初めて振ったマーラーがこの曲。
その時はあの優等生のフィッシャー=ディースカウの歌声が
何十年もたった今も耳に残ってるそうです。

ラン・ランはプロコフィエフのピアノコンチェルトを弾いたようですが
残念ながら私は聴きそびれました。
でも最後に3人で演奏する「研ぎ師のアンサンブル」変奏曲
(ボブ・ツィンマーマン作曲)でも
その素晴らしいテクニックたるものは充分にわかりました。

ランラン

ヴァイオリンのジャニーヌ・ヤンセンは女性ながら、
音だけ聴いていると男性が弾いているような力強い音。
手も大きく腕も筋肉質、なるほどと思いましたが、
高音の透明感のある細い綺麗な音は
心が洗われるようで綺麗でした。

旦那様の休日には私もサポートして
お付き合いしないといけないので少々くたびれる時があります。
今日も休日、さてどんな一日になるのでしょう。

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
クレマチスの中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/18 ] 植物✿園芸 | TB(-) | CM(14)

ネクタイのリメイク ♪~またまたお客様♪~


618c

昨朝、旦那様から「もうこれダメ、擦り切れてきている」と
ランバンのネクタイを渡されました。
擦り切れるくらい使ったのは結びやすかったり、
色柄もお気に入りだったのでしょう。

ネクタイ

ネクタイのリフォームは良く聞くので、
好きな柄なのでシルクだし、何か使えるかと解いて見ました。
一番太い幅は19cm、狭い幅は6、5cm、長さ155cm。
解いただけで何も思い浮かばないので検索すると
ブックカバー、コサージュ、ペンケース、扇子入れ、
ショルダーバック、ネックレス、巾着、小銭いれなどあるわあるわ・・・。

ここで私が作った作品をご披露出来れば
素晴らしいのですが、私には到底無理な話。
せいぜい周囲を縫って
旦那様のハチマキくらいしか出来ません。・゚・(*ノД`*)・゚・。

最近、旦那様がどんなネクタイを締めているのか、
見ていないので洋服ダンスのネクタイを全部出してみました。

↓ つい数年前まではジョルジオ・アルマーニ(写真上)一筋でしたが、
最近は年が行くと渋めより派手目のほうが似合うので

ネクタ1c

↑ ボルサリーノ(写真下左3本)売り場に足が向きます。
写真下右2本はランバン。

出した時に見つけましたが、
だいぶ前に買ったボルサリーノにまだ札がついています。
これ忘れているのかもしれない。折角、買ってあげたのに・・・(怒)

↓ ネクタイも結びやすい物や年と共に似合う色柄も異なってきます。
大柄の旦那様は幅広のストライプや大柄が多いです。

ネクタイ2c

↑ ネクタイの柄や幅にも流行があるようで
今は広くもなく、狭くもなく中位でしょうか。
一時期流行った狭い幅のネクタイは
タンスの中で次の出番を待っています。

いったい何本あるのか、全部数えると40本ほど。
そのうち私が選んだのは海外で求めたピンクのフェラガモと
グリーンのアルマーニの2本だけ。
ネクタイに少々うるさい旦那様。
私にはネクタイ選びは難しすぎます。

数年前から旦那様も世間並みに
夏はクールビズでノータイが多くなりました。
もういらないネクタイを処分してもらいましょう。
そうなるとハチマキが何本できるでしょうねヾ(´゚Д゚`;)ゝ 

 アゲハの幼虫の記録 

12日に見つけたアゲハの幼虫に続いて昨日はプラス3匹。
座敷に山椒の木の鉢、2つです。

幼虫4

 今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/17 ] アゲハの記録 | TB(-) | CM(16)

久々の及第点&今風の眉毛はどんな眉?


249c

暑くなってきたので月曜日は美容院へパーマをかけに。
何とパーマをかけたのは12月25日。カットをしたのは2月27日。
と言うことはパーマは4ヶ月半、カットは2ヶ月半ぶり。
お~、何と経済的だったことでしょう。

少し短く軽くしてもらい、いつも右に流していル前髪は、
少しでも若くみえるように(?)
前に下ろすようにカットしてもらいました。

そしたらどうでしょう、
目が強調されてちょっと可愛い(エ・ヘ・ヘ)
サイドも気にいらないと自分でジャギジャギ切っていますが、
今回は久しぶりに及第点です。

426c

先週の土曜日の日経新聞のプラスワンに
「今風の眉どうやって描くの?」という見出しに
身を乗り出して読みました。

女性の眉はライフスタイルや景気と連動して
太くなったり、細くなったり流行があると書かれています。

確かに1960年代、学生時代には
超ミニスカートで有名なツイッギーのような細い眉。
私も眉を細くして「折角いい眉に産んであげているのに」と
母に叱られたことがあります。

もうこれは常識のようですが、眉の理想は
眉頭が目頭の真上、眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長上。

696c

今年は「ふんわり太め 自然に」
篠原涼子や武井咲のような眉がお手本だそうです。

新聞には眉用のパウダーと
毛並みを整える明るいブラウンの眉マスカラを用意し、
太くても自然な印象に仕上げることとあります。
また眉を短く切ったり、抜きすぎると
老けた印象になるので注意することとも。

695c

私は柔らかいペンシュルで輪郭を描き、
パウダーで自然に見えるように全体を伸ばすだけ。
ペンシュルもパウダーも色はヘアカラーと同じくらいの明るさ。
眉ラインからはみ出る毛はミニカミソリや
ハサミで処理しています。

眉を描いていなければ顔が引き締まらなくてお化けのよう。
スキークラブの方が「お化粧を落とした後は
宅配が来てもでられないので韓国で眉刺青をしたのよ」と
弓状の綺麗な眉を見せて下さいました。
こっちはへ~ぇと驚くばかり、なるほど消えない!

化粧品会社は「太眉の傾向はまだ暫く続く」と予想。
景気の上向きもまだ続きそうです。

ちなみに人相学から言うと
六星占術を編み出した人気占い師細木数子さんや
浅田真央選手の目と眉毛が離れて弓状がいいそうです。
そう言われればどの仏様を拝観してもそんな眉ですね。
でも私には絶対に似合わないな!
今のままでいいか~。。。

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/16 ] その他 | TB(-) | CM(16)

夫婦の歴史が今を支える


昨日は音楽仲間のお見舞いに出かけました。
彼女とは音楽研究協会会員で20年くらいのお付き合い。
コンサートでは良くデュエットを歌った仲。
そして声楽の辻先生を引き合わせてくれたのも彼女です。

241c

先月の声楽レッスンで「Aさんどうしてる?」と
先生が気にかけておられたので彼女の家にTELすると、
ご主人様から認知症のホームに入居されていることを知り、
私のことを忘れておられるかも知れないけれど
お伺いしたいとお伝えすると、
「わかりづらいところだから。。。」と
最寄り駅まで車で迎えに来てくださいました。

10時過ぎ、ホームのロビーで帽子をかぶり、
皆さんと一緒に童謡を歌っていたAさんの姿を見つけました。
小柄な彼女が余計に小さくなって・・・。

手を振ると嬉しそうに手を振り返してくれましたが、
その笑顔は昔のキリリとした表情ではなく、
子供のようなあどけない顔。
どこか焦点が合っていないようにぼんやりとしていました。

彼女の部屋に向かうわずか15mほどの廊下も
杖をついてご主人様に手を引かれゆっくりと。
彼女の部屋で音楽研究会のことや
音楽仲間のこと、昔の発表会の話は良く覚えていますが、
今現在の状況が覚えられず、
「今、何を歌ってるの?」と数分おきに尋ねます。

話の間が長くなると急に
ご主人様に「今から帰ろう?帰ろう?」と外を指さして
子供のように駄々をこねるので「お家がいいよね、帰りたいよね?」と
私が言うと嬉しそうに大きく頷く彼女。

でもそのたびにご主人様は
「野いちごさんが来られているから悪いだろう?」と
私に遠慮されているのか優しくなだめられます。
そして「今何を歌っているの?」と「帰ろう、帰ろう」を繰り返す彼女。

409c

彼女なりに暫く我慢していたのでしょうが、
限界が見えたので「じゃ、もう家に帰ろうね?」と
駅まで送っていただき、見えなくなるまで手を振ってくれました。

音楽研究協会では私以上に問題意識を持って
自分の意見をはっきりと述べ白黒を付けたがる人。
何事にも積極的で音楽への情熱も熱く勉強家。

そんな人が何故?いやそんな人だからこそ。。。かとも思いますが、
私より一つ年下。まだまだ若い彼女には残酷なように思えます。

病気の妻を優しくいたわりながら、、、あやしながら、、、
ウンウンと笑顔で話しておられるご主人様。

詳しいことはあまり尋ねなかったのですが、
「数年前から不眠症になり薬を服用。
その副作用かで歩行がままならず、
杖を頼って歩く生活になった」とご主人は言われます。

また低い声で「不眠症が何の原因だったかを
ちゃんと聞いてやれば良かった」と
今、ご自分を攻めておられるようでしたが、
笑顔で献身的に介護されているご主人様を見て
彼女はつくづく幸せな人だと羨ましく思うと同時に、
何十年の夫婦の歴史が立派に実った
素晴らしいご夫婦を目のあたりにしました。

一日でも一時間でも病気の進行を遅らせ、
彼女の楽しい世界が持続されますように・・・。
私にはそう祈るしかありません。

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/15 ] その他 | TB(-) | CM(10)

今年も小さなお客様&クリスマスを楽しみに


2010年7月伊豆のバラ園、
河津バガテル公園から迎えたクイーン・バガテル。
毎年花を咲かせてくれますが、
一昨日、大輪の花が一度に4つも咲きました。

683c

外国語表記: Queen Bagatelle
日本語表記: クイーン バガテル
色: 杏色  作出年:2005年
作出国 :日本  作出者 :寺西 菊雄
説明: 河津バガテル公園5周年を記念して
寄贈された新品種のバラ。
深い緑葉に杏色の花がとても良く映えます。

マリア様とよんちゃんの遺影に飾って・・・。
今日一日くらいでしょうか、、、花の命は短いです。

684c

「今年も来たよ?」とベランダの旦那様がニコニコ顔。
昨年、実をつけた山椒の木に7mmほどの4匹のアゲハの幼虫。

689c

昨年は5匹、綺麗な蝶になって大空へ飛んで行くまで、
毎日、元気なのか?どうか?などと結構、神経を使いました。

もし今年も来たら、他所のお家の柑橘類の所に
お邪魔させようかと思っていましたが、
旦那様の子供のような嬉しそうな顔を見ると
成長を楽しみに頑張ることにしました。

それにしても6階の我が家のベランダに
山椒の木があることがアゲハにはわかるのが不思議です。

690c

白と黒のシマシマ模様は鳥の糞に見せかけているとか。
ベランダでは鳥が食べに来るので鉢ごと座敷へ移動。
山椒の葉を食べ始めたのでしょう、
もう小さな黒い糞が新聞紙の上に落ち始めています。
これから何度も脱皮して無事に綺麗な蝶になるまで見守ります。

昨年のアゲハ誕生の記録

691c

昨年、クリスマス前に買ったポインセチア。
昨日まで元気でしたが、
今年のクリスマスにまた元気な真っ赤なポインセチアを見たいので
旦那様がばっさりと丸坊主にしました。
これから元気な芽がでて葉をつけます。
植物の強い生命力に驚きます。

693c

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
朝から出かけますので
コメントのお返事が遅くなると思いますがお許し下さい。

シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のワンクリックをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/05/14 ] アゲハの記録 | TB(-) | CM(15)

第41回ローザンヌ国際バレエコンクール


天候不順で咲きそうで咲かなかった
我が家のひと鉢の薔薇、クイーン・バガテル。
蕾も沢山つけていて、暫く楽しめそうです。

652c

毎年楽しみにしているローザンヌ国際バレエコンクール。
今年は11日(土)15時から放送がありました。

15歳から18歳までのクラシックバレエの登竜門。
初めて知りましたが、まだあどけなさが残る15、6歳と
精神面の表現ができる17、8歳とは
課題作品が異なるようです。
でも踊り映え、見栄えのする作品が好まれるので
毎年、自然と同じような曲になり、
オペラの名場面で歌われる
有名なアリアと同じようにとも思われます。

今年は250人中、23カ国75人が選ばれ
決戦には20人、そのうち男子が14人と圧倒的でした。

672c

昨年は菅井円加さんが優勝して話題になりましたが、
今年もこの4人が素晴らしい踊りを見せてくれました。

解説は”それほどまで言わなくても”と相当辛口だった
大原永子さんから優しい口調の安達悦子さんへ。
今年はやんわりですが、ポイントをついた批評の
小山(おやま)久美さんにバトンタッチでした。

673c

結果は
第1位: Adhonay Silva (ブラジル)・・・アルルカン「アルレキナーダ」
第2位:Wentao Li (中国)・・・デジレ「眠れる森の美女」
第3位:山本 雅也 (日本) ・・・ソロル「ラ・バヤデール」

680c

昨年は吉田郡さんが審査員でしたが、
今年は1989年、ローザンヌ国際バレエ・コンクールで
日本人初のゴールド・メダルを受賞。
同年、東洋人として初めて英国ロイヤル・バレエ団に入団し、
史上最年少でソリストに昇格した熊川哲也さん。

*ステップとステップとのつなぎにも
  芸術性があり、多くの若手が育って喜ばしい。
*感情表現では自分を主張することが必要。
  など先輩とし感想を述べられていました。

681c

3位入賞に輝いた
石川県能美市在住で小松市立高校2年の山本雅也さん(18)
彼の軽く高いジャンプには正直、驚きました。
確実な技術を持って力強く、広い舞台いっぱいに大きく踊り、
安定したダイナミックな踊りに感じました。

入賞できなくて残念だったのは2番めに”コッペリア”の
スワニダルのバリエーションを踊った柳沢郁帆さん。
15歳とは思えないテクニックで
ポワントのバランスが長く、回転の軸が乱れず、
指先までも音楽をいっぱい感じてとても良かったと思います。
また技術的にしっかりしてジャンプも軽やか。
舞台でも華のあるダンサーでした。

679c

上位8人には世界の有名バレエ団やバレエ学校へ1年間、無料で入団が認められ、
生活支援金として1万6千スイスフラン(約160万円)が支給されます。

これから先も世界に羽ばたく多くのダンサーが
ローザンヌから生まれることでしょう。

過去のローザンヌ国際バレエコンクール
第40回コンクールハイライト

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のワンクリックをお願いします

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/05/13 ] クラシックバレエ | TB(-) | CM(6)

ゴールデンウィークの食事♪美味しいワイン


あっという間に過ぎ去ったゴールデンウィーク。
何をして過ごしたかを思い出すのも時間がかかりそうですが、
食事とワインはカメラのお陰で復習できました。

581cc

ブロ友のチーママにいただいたセージ。愛らしい花をつけました。

ゴールデンウィーク後半、
3日朝、買い物に行ったのであさりが目に入り、
ランチは私がリクエストしたボンゴレビアンコ。
にんにくの香りが”美味しい~!!”

518c

私が茹でたパスタ。20秒ほど茹で過ぎは残念!

519c

 急に白ワインが飲みたくなって冷蔵庫にあった料理酒を・・・。
このチリワインのフロンティア・シャルドネ。結構イケマス。

520c

3日の夜。お安いもやしと豚肉の炒めもの。

鯵c

母が良く作った鯵の素焼きの酢漬け。
柔らかくなるので頭も骨も食べられます。

↓ 旦那様が岩木山スキーでおば様方にいただいた
300gほどのふきのとう。

ふきc

旦那様が味が違う2種類の蕗味噌を作りました。
黒っぽい物は普通の味噌。白っぽいものは白味噌。
勿論、こちらの方が甘いです。

イタリア赤ワイン。キアンティー・クラッシコ・レゼルバ2006年。

528c

4日夜はお安い食材で天ぷらでした。
ベランダのパセリ。
パリパリに軽く揚がって美味しい~!

538c

ベランダのセージ(チーママさんごめんなさい)
パリパリに揚がって美味しい。

539c

お土産にいただいたふきのとう。とっても良い香りでした。
独特の苦味がたまりません。

543c

海老とピーマンだけは市販の物。お安くついた夕飯でした。

540c

ギュファン・エナンのマコン・ピエールクロ・トリ・ド・シャビーニュ2005年。

544c

5日夜、豚バラをカリカリに焼いてアスパラと。

アスパラc

鶏の皮でスープを取って実だくさんの中華スープ。
奴に蕗味噌を乗せて・・・美味しい!

ボルドー・サンテミリオンのレ・ロゾー2009年。

578c

横浜に携帯を買い、オイスターバーに寄った6日夜。
そごうの海鮮売り場は天然ぶり4切れ、イワシ7尾、
大きなイカにピカピカの鯵が500円。
皆んな美味しそうでしたが、4匹500円のかれいに決めました。

611c

煮付けなんぞ、何年ぶり・・・??
我が家のシェフがお砂糖の入った土井善晴さんレシピで作りました。
水カップ3/4.しょうゆ大1+1/2.酒大1.砂糖大1.みりん大1.塩少々。
2日目は砂糖を少し減らしたら母の味に似ていました。

子持ちカレイ

子持ちかれい。またこれが美味しい~。
あさりも大きな身で食べごたえ充分。
毎度同じような料理ですが、春の食材も沢山ありました。

ブルゴーニュ・ルージュ2011年。

612c

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のワンクリックをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/12 ] ワイン&グルメ | TB(-) | CM(15)

久々の水の中 泳いでみましたが・・・


咲きそうでなかなか咲かなかったクレマチスの
ダッチェス・オブ・エジンバラ。やっと開き始めました。

615c

昨日は旦那様が1泊で丹沢山登山。
朝6時半、旦那様を駅まで送り、家事を済ませてから歌の練習。
お昼からプールとジムで身体を鍛え、帰宅後、洗濯物を入れてちょっと休憩。

夕方5時半、延長保育の孫をお迎え。
駅でママとちび姫を乗せてマンションまで送り、
帰宅後、毛染めをしてひとりご飯。
久々に充実した日でした。

いちご

金曜日はバレエレッスン日ですが、
このところ腰具合があまり良くないので
お休みしてジムとプールへ。

ジムで私のトレーニングメニューをこなしプールへ。
暑くなるとプールが気持ちいい。
チャンチャカ、チャンチャカと賑やかな曲に合わせて、
アクアビクスを頑張っているおばさん達を見ながら、
水の中で手足を思う存分伸ばして、膝を上げて歩きます。

30分も歩くと泳いでみたくなり、隣のレーンでビート練習。
平泳ぎのカエル足は腰痛の人は禁止。
両腕を伸ばしビート板を持って両足はバタバタとキック。
でも恥ずかしいくらいちっとも前に進まない。
25mのターンでお腹にビート板を抱えて今度は背泳。
この方が速そう。

4597p1

見ているとみんな楽そうに泳いでいますが、結構足の力が必要です。
良し!次回も”泳ぎ”とはいえませんが泳いでみるか・・・。
筋肉痛、、、出てくるかな~。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のワンクリックをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/11 ] 生活 | TB(-) | CM(11)

角田光代短編小説「口紅のとき」グイグイでした~♪


明日から1泊で丹沢山登山に出かけるはずの旦那様。
土、日曜日はお天気が悪いので
今日リーダーのMさんと二人で一日繰り上げ出発。
どうかたいした雨になりませんように。

534c

「口紅のとき」
「この口紅をつけて恋はしないよ」
初恋、結婚、別離…ドラマはいつも口紅とともに。
すべての女性に贈る、角田光代書き下ろし短編小説。

2007年、銀座「HOUSE OF SHISEIDO」で行われた
同名の展覧会において、角田光代が書き下ろした
「口紅」をテーマとした小説がついに書籍化。
女性の幼年期から高年期まで、
さまざまな年齢のシーンでの口紅とのエピソードを描いた作品は、
「口紅」の持つ特別な存在感を描き出し
化粧文化のなかで成長していく女性のこころと姿を描き出す。
静謐な文体でありながら、
しなやかで力強い生命力が感じられる作品は、静かな感動を与える。

著/角田光代
写真/上田義彦


631c

連休前に借りた3冊の1冊。
14日が返却日なのにちっとも落ち着いて読めない。
読もうとすると目がショボショボとして眠くなる。
すぐに読めそうと一番薄っぺらい「口紅のとき」を手にとった。
面白くて、興味深くてグイグイ引っ張られて一気読み。

この本は6歳、12歳、18歳、29歳、38歳、
47歳、65歳、79歳の女性の半生を口紅を通して描いた短編集。
上田義彦さんのモノクロ写真が奥深い味を出して素敵でした。

初恋、結婚、別れ・・・どの章も身近に起こるような内容ですが、
適切で読む者の心打つ鋭い表現と説得力はさすが角田光代さん。

特に病んで病室に横たわる夫のために口紅を塗った65歳の章。
夫の死が目前に迫っていることを悟られないために
常に口紅を付けて明るい笑顔。
そこには何十年も連れ添った夫への労りと
深い愛情がヒシヒシと伝わってきます。
”私もこうありたい”と思う気持ちはありますが・・・果たして。

また18歳の旅立ちの章では、
初恋の相手に口紅をもらってつけた初めての経験。
う~ん、私にもそんなことがあったっけ?と
はるか昔を一人振り返りますが。。。。
プラトニックな淡い初恋はいつまでも忘れないもの。
ちなみに私の初恋は幼稚園の時。
優しくて男前の俊ちゃんでした。

529c

お化粧をしなくても口紅をつけるだけでも
顔の表情がパーっと明るくなります。
若い方はリップクリームとかグロスで
あまり色はありませんが、
顔色の悪い私には絶対に必要なお化粧アイテム。

その日の顔色に寄って
2色を混ぜて色を作ったこともありますが、
今はオレンジ系のサーモンピンク1色。
これから先もお気に入りの口紅が
沈む気持ちを明るい出口へと導いてくれるのでしょう。

図書館でふと何気なく手にとった「口紅のとき」
自分ながら良い本と出会ったと嬉しくなりました。

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただければとても嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2013/05/10 ] 本・映画 | TB(-) | CM(11)

姉の楽しみ&日本画家小倉遊亀展


姉に薔薇のポストカードを書いてくれるようにお願いしたら、
青と黄色とピンクの三色の薔薇が描かれた新作が
封筒も一緒に届きました。

632c

電話で”ありがとう!可愛いね”とお礼を言うと
「三色はどうかしらね?」と訊ねるので
”一色のピンクのほうが大人っぽいね?”と私。
電話の向こうでがっかりしたような声で「そう。。。」と姉。

新作を一生懸命描いてくれたのにちょっと可哀想だったかな?
もっと褒めればよかったかな?ごめんちゃい!

633c

一対のおしどり。
姉もかなりの遊び心で描いている様子がわかります。
こんな時間が姉には楽しいのでしょうね。

ツユクサ

れんげとツユクサ。全てポストカードに描かれた絵です。

    

さて今度は日本画の素晴らしい作品です。
姉が兵庫県神戸市東灘区にある香雪美術館で
小倉遊亀(おぐらゆき)の特別展に行ったからと
素敵なポストカードを一緒に送ってくれました。

小倉遊亀は1895年、滋賀県大津市に生まれ、
名古屋や横浜の高等女学校などで教鞭をとるかたわら安田靫彦に師事。
1939年からは画業に専念し、2000年7月に105歳で亡くなるまで、
女流画家の先駆者として活躍しました。
小倉遊亀の作品は、身近なものを題材としたものが多く、
その澄んだ色づかいと快活な描写には
東洋的な精神性と近代的な表現がみられます。
野花や台所の野菜にまでも生き生きとした生命の輝きをとらえた
慈愛に満ちたその画業の軌跡をたどり、
下絵や画中に登場する器類など関連資料を併せて展観します(HPより抜粋)

623c

題名 姉妹

626c

題名 つかのま 

625c

題名 つばき 

627c

題名 花三題(脇)

この日姉は三箇所も美術館のはしごをしたとか。
娘時代には油絵を描いていたこともあって
描くこと、鑑賞することが何よりの楽しみなのでしょう。
今年11月で喜寿の姉。
良く食べて、良く寝て、良く育っています(笑)
妹の私よりはるかに元気です。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/05/09 ] 書道・絵画・芸能など | TB(-) | CM(11)

最後の携帯になるかも・・・&兵庫県の生牡蠣


盛岡の姉宅から連れて帰ったハイビスカスサマーブリーズ。
冬も元気に咲きましたが、東の出窓で綺麗に咲いています。
ゴールデンウィーク最終日の6日は夫婦して横浜へ。

618c

還暦のお祝いに子供達から贈られた、らくらくホーン。
7月で満6歳になり、可哀想に本体は傷だらけ。
今はスマホの時代なのですが、
端末機器(?)音痴の私にはとても使いこなせそうにはありません。
携帯電話はもう過去のものとなりつつも、
旦那様とも相談してシャープの携帯を求めました。

614c

↑ らくらくホーンの可愛いピンクも
人前でだすのは気が引けそうになり、
バッグの中でもどこに置いてもすぐに目に付きそうな
鮮やかなオレンジにしました。
薄くてかさばらず、幅が狭くて持ちやすいです。

613c

4月末頃見た時より、お値段が7000円ほど高く、
5月から値上がりしたとスタッフの話。

ただ機種によって違いますが、この携帯は2年間、
割引サービスで毎月525円(12600円)、
請求金額から引かれるそうです。
要するに料金前払いということでしょうか。
貯まっていたポイントも使いましたがいいお値段です。

私は通話とメールができれば、
本当はキッズ携帯でもいいかと思ったくらいです(笑)
でも海外では使えないし、、、、。
らくらくホーンは2台使いましたが、やはり楽チン。
普通の携帯は操作がややこしく、
頻繁に使う家族登録のワンタッチ短縮ボタンはないし、
万歩計もありません。

読んでもわからない不親切な説明書を頼りに
着信音や写メールの送り方を練習中。
昨日、一日時間を費やしました。
5台目の携帯、あと5年はこれで大丈夫でしょう。
そのあとは。。。また考えます。

590c

その後、11時過ぎ、祝日なので早めのランチ。
以前そごう10階の「天一」の天ぷらを食べたあと、
「次は牡蠣料理、この店だね」と決めていたので
同じフロアの「ガンボ&オイスターバー 」へ。
11時開店、テーブルはすでに満席なので
仕方なくカウンターに座りました。

598c

兵庫県赤穂市坂越(さこし)と龍野市室津(むろつ)の生牡蠣。
関西在住はバケツいっぱい岩ガキを取った覚えがあります。

601c

プリプリの大きな生牡蠣や焼き牡蠣。
見るからに美味しそう。
大阪の姉も長女も牡蠣はまったく身体が受けつけません。

597c

お得なペアセットでしたが、このグラタンでお腹いっぱい。

牡蠣グラタンc

パスタの茹で加減も良く、味も良し。
お得なデカンターの白ワインは外せません。
ゴールデンウィーク〆の美味しい食事でした。

595c

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のワンクリックをお願いします。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/08 ] グルメ | TB(-) | CM(17)

珍しく休日は夫婦別行動&横浜元町♪~


一昨日のこどもの日は全国的にお天気は晴れマーク!
この日とばかりに旦那様は今週末、丹沢山登山の足慣らしに、
箱根の乙女口~乙女峠~丸岳~長尾峠~湖尻峠~桃源台へ
一人で出かけました。

8776s

家にいてもいつものように
写メールで山の様子など知らせてくれます。
以下は旦那様が写した写真です。

sakura1

桜や道端の小さな花を写しながら歩いたようです。

shana4

お天気は良かったのに、富士山は裾野しか見えなかったと旦那様。
残念そうでした。
山道はあまり混雑もなく、自分のペースで3時間で歩けたとか。

芦ノ湖c

以前、孫と大騒ぎして乗った芦ノ湖の海賊船。
気持ち良さそうに浮かんでいます。

芦ノ湖c1

バーベキュー・ガーデンからいい匂いがしたと。
旦那様のお昼は私が作ったおにぎり2個。
可哀想にお腹も減ったでしょうに。

        

この日私はバレエ友達のMさんが
元町ランチバッド・カフェ&ギャラリー
15日まで写真展を開いておられるので伺いました。

ふわ~っとしたとても優しい写真ですが、
精神的な強さも伝わる作品。
私などとてもあんな風に被写体をとられることはできないと、
彼女の写真家としての非凡な才能にびっくりしました。

554c

しばらくぶりで話すことは山ほどですが、
しゃべるのは彼女で私は聞き役。

彼女はご夫婦の問題、ご家族のこと、
仕事上のトラブルや厳しさなどしゃべる事、しゃべる事。
それに対してお姉さん気分でワンアドバイス。
喉が渇いたのでコーヒーより白ワイン。美味しい~(笑)

元町c

一時間ほどして次のお客様が・・・。
”頑張ってね”とお別れして外に出ると賑やかなパレード。

キタムラc1

横浜元町、バス1本で30分ほどで行けますが、
なかなか出かけられません。
ゆっくり見て歩こうと思っていたら
旦那様から3時半頃「小田原発4時に乗ります」とメール。
お風呂も沸かして夕飯も考えて・・・。
ちょっと忙しくなりそうなので入りたいお店だけ久々に。。。

どこも以前とあまり変わらない品物。
近澤レースで買い物をと思っていましたが
品数が少なくがっかり。

5時、旦那様日焼けした顔で帰宅。
夕食時には夫婦別々に過ごした一日を
賑やかに振り返りました。

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のワンクリックをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/05/07 ] 山登り | TB(-) | CM(12)

ドジな旦那を持つと心配が尽きません


どちらのお庭もビオラやパンジーが花盛りです。

137b

今週末、クラブメンバーと丹沢山登山に1泊で出かける旦那様。
”身体がなまっている。これでは息を切らす。トレーニングに”と
昨日は6時半に箱根方面へ一人で出かけました。

洗濯、洗い物を済ませ座敷を掃除する時に
タンスの上に並んでいる2つの財布。
キャー!またドジってる~ゥ・・・。

長方形は出勤用。四角い財布は遊び用。
え?なんで?忘れた?これは一大事!
いくらおサイフ携帯といっても、現金はいるでしょうに。。。
今更どうしようもないのですが、7時45分に一応
「お財布が2つタンスの上、忘れた?」とメール。

551c

10分20分・・・待てど暮らせど返事が来ない。
”何やってんの、マナーモードにしていても時々確認しなきゃ”と
イライラ、イライラ。
やっと1時間たって♪~♪~・・・旦那様の着信音が鳴りました。

さて返事は・・・「違うのを持っている」
え?違う財布って、、、そんなのあった?覚えがない!
帰宅した旦那様に持っていった財布を見せてもらったら、
思い出しました、私が買ったグリーンの財布。

572c

今回は私の取り越し苦労でしたが、
以前は出勤のおりに携帯や定期を忘れ、
私を慌てさせたどこかドジ夫の旦那様。
これからも度々ありそうな予感がしますε=(・д・`*)

そんな旦那様ですがDomさんが過日、
岩木山スキーの時に動画を撮ってくださっています。
ちょっとかっこいい旦那様、これで汚名挽回です。

 岩木山スキー2日目

旦那様は白っぽいウエアーに黒のズボンに赤いヘルメット。
二人で滑っている動画の前方ですが、後ろは指導員の会長さん。
この滑りはさすがです。

 岩木山スキー4日目
 
弘前城と枝垂れ桜の綺麗なお写真。
これもさすがDomさん!芸術写真です。

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
今日でゴールデンウィークも最終日。
お疲れを出されずに明日からまたお仕事に励んでくださいね。

シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のワンクリックをお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/06 ] 生活 | TB(-) | CM(18)

タイヤ交換&自動車教習所の思い出


今日は「こどもの日」小さなお子様がおられるご家庭では
ゴールデンウィークのメインイベントでしょう。
お天気にも恵まれ、遠出などされる方も多いでしょうね。

414c

ゴールデンウィークは毎年、家で過ごす夫婦。
昨日も朝から何かと忙しく動いていました。

午前中、愛車がホコリだらけなので旦那様と洗車に。
連休でお出かけなのか、
ガソリンスタンドのオート洗車場も混んでいました。

洗車c

洗車の時、車中にいますが、いつも思うこと。
「これって万が一、事故が起こったらフロントガラスの破片などで
大怪我、もしくは命取りになるかもしれない」と。
でも”それはないだろう信じて”と毎回、運転席に座っています。

スキーシーズンも終わったので午後からは
スタッドレスタイヤをノーマルタイヤに替えるため、
スーパーオートバックスへ。

けれどその前の大仕事。
ベランダに置いてあるノーマルタイヤ4本を
リビングを抜け廊下、玄関へと6階から下の駐車場に運び、
タイヤ交換が終わると、
逆に今度は重たいスタッドレスタイヤを駐車場から6階へ。
毎年2、3回の使用のために大変な力仕事です。

454c1

年中、近くにある自動車学校の路上教習が
良く目に入りますが、春先は特に多いような気がします。

すれ違いざまに見ると
ハンドルにしがみついている人。
緊張しているのでしょう、怖い顔の人。

後ろからついて走ると
やたらブレーキを踏む人。
交差点を曲がると車が止まりそうな人。
いろいろな路上運転を見ていると、
娘時代の忘れもしない懐かしい思い出が・・・。

    

私が自動車教習所ヘ通い始めたのは高校卒業した3月。
18歳の時でした。
通い始めて少したった午後からの運転練習。
早い目に行くと先生方がお昼休みにキャッチボール。
中学ではソフトボールのキャッチャーをしていたので
ご無理を言って仲間入り、楽しい時間を過ごしました。

さてさて仮免許をもらって路上教習。
対向車もなく空いている道路。
ところが前の車がチンタラチンタラ。
私は次第にいらついて「先生、追い越ししていいですか」
「○○さんの運動神経はわかっているから・・」とOKサイン。
あとで先生に「路上で追い越ししたのは初めだよ」と言われましたが、
この時、減点になったかどうかはわかりません(汗)

    

卒業検定終了時「95点の優秀な成績です。
マイナス5点は何が悪かったかわかりますか?」と所長さん。
首を横に振ると「最後の停止で
左に方向指示器が出ていませんでした」と。
この時、何事も浮かれないで最後の最後まで
注意を払いなさいと教訓を得たように思います。

その後、明石の兵庫県運転試験場で学科試験。
1回でパスして晴れて免許書獲得。
どの教科も追加授業を受けず、あの当時
費用は34000円か38000円くらいだったと思います。
何と親孝行な娘。
あれからもう50年近く毎日のように運転している私です。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
連休のお疲れがでそうな頃。
お大事になさってくださいね。

シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2013/05/05 ] 生活 | TB(-) | CM(20)

ティータイムは楽しみなんですが ε=(・д・`*)


 昨日は孫の発熱に沢山のご心配をいただき有り難うございました。
昨朝、ママちゃんから「熱が下がり赤い発疹が出てきたので、
やはり突発性発疹のようです」とメールが入りました。
病名がわかれば安心。連休明けには元気で登園できると思います。
これでばぁばもひと安心。本当にありがとうございました。

442c

今、3種類のクレマチスが真っ盛りですが、
風の強い日は可哀想なので家の中に避難させています。

若い頃は秒読みの忙しさでお茶などする時間はありませんでしたが、
ここ数年、歳のせいか、喉の渇きを覚えます。
旦那様が休日の時には「お茶を入れましょうか」と尋ねると
「はい!」といいお返事が返ってきます。
その時は日本茶か、紅茶。私は時々コーヒーです。

先日、オーケーに買い出しに行くと、
レジ前で目に入った不二家のホームパイ。
40袋プラス4袋増量、お値段も安くてついついカゴの中へ。

不二家c

パリパリとまぁまぁのお味ですが、1回につき1袋2枚まで。
小さいと言えどもパイはパイ。カロリー、糖質は大です。

500c

中国料理の陳建ちゃんが最近、良く使う昆布茶。
旦那様が欲しそうにしていたのでこれもカゴの中へ。
お湯を注いでそのまま飲みたい気分ですが、
これはナトリュウムが大。高血圧の敵なので
薄めて薄めて飲むことに。
ほっとするお味ですが、目につかないところへ置きました。

501c

アリスさんご紹介の重松清「定年ゴジラ」
比較的早く借りることができました。
折角図書館へ行くのだからと、ウロウロ。
本があり過ぎて迷います。
というか正直何を読んだら良いのかさえもわかりません。
とりあえず・・・この2冊。
連休に読んじゃいたいですが、無理そうです・・・。

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のクリックをしていただければ嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/05/04 ] グルメ | TB(-) | CM(14)

孫発熱!助っ人ばぁば出動しました


今日からゴールデンウィーク後半、4連休。
どこも混雑、家で片付けをしながら過ごします。
昨日、スーパーのお花屋さんで求めたサーモンピンクのミニバラ。
とても香り高いです。

510c

先月中旬から仕事復帰したママちゃん。
29日、いつもメールなのに突如、TEL。
「娘二人が同時に発熱。5月1、2日の午前中だけ
面倒を見ていただきたいのですが・・・」と。

翌30日、ママちゃんは仕事。
お姉ちゃんは熱も下がり登園したようですが、
下のちび姫は39度の熱が続き、
休みだったパパが行きつけの小児科に連れて行きました。
先生の診断は高い熱が3~4日続き、熱が下がると同時に
おなかや背中に赤い発疹が出る突発性発疹かもしれないと。

1日(水)は家事を手早く済ませ朝、8時半に到着。
9時に仕事に向かうママからおむつや着替え、
お茶や食事仕度を聞き、送り出しました。
脇の下に保冷剤を入れてもらって気持ちが良かったのでしょう、
暫くは布団で寝ていたのですが、
体温があがると暑いのか、目をつむって泣き始め、
抱っこするとウツラウツラ・・・そしてまた泣きます。

今日で1歳2ヶ月のちび姫。
こちらの言葉は良く分かるのでしょう
「Wはいい子だね、ネンネ、ネンネ、いい子だね」と
背中をトントンしてやると寝息をたてて寝始めました。
布団に降ろそうとするとまた泣くのでずーっと抱っこ。

眠りc

昨日は2日目。助っ人ばぁばも要領が分かり、
お米屋さんがお米を肩に担ぐように孫を抱っこすると
寝心地が良いのか、ぐっすり眠ることがわかりました。

でもずっと立っていると私の腰が持たないので
その状態でソファに座り、背中をトントン。
そのうち私もコックリコックリ。
子守が寝ていてどうする!と叱られそうですが。

早引きさせてもらったママちゃんは1時半に帰宅。
それから私が用意したおにぎりと
「昨夜の残り物ですが」とママちゃんの煮物でお昼ごはん。

年中さんのお姉ちゃんは延長保育組に入っているので
毎日お迎えが必要。ばぁば、またもや愛車で出動です。

鯉のぼり

学校勤めをしていた私にも覚えがありますが、
子供が病気の時に母親が傍にいてやれないのは
本当に辛いものです。

ましてやちび姫は私と数えるほどしか会っていないので
泣き叫ぶ我が子を振りきって仕事にでかけるママちゃんの
不安で辛い気持ちが良くわかります。

「抱っこでネンネしているから安心して・・・」と
様子をメールで知らせましたが気がきではなかったと思います。

私に抱っこされながら
小さいながらにちび姫も我慢していたでしょう。
母子して試練の2日間でした。
ばぁばはいつでも出動OKですが、
この4連休で元気になるように・・・。

しかしこの2日間は3、4時間抱っこ詰め。
昨晩から左腕はすでに筋肉痛です。

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のクリックをしていただけると嬉しです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/05/03 ] | TB(-) | CM(23)