♪これからもお楽しみが続きます♪え?52年?


よそのお庭の名無しのお花。
名前が出てきそうで出てきません。
ディジーの仲間でしょうか、ご存知のかたお教え下さいね。

IMG_4603c.jpg

<追記>
ブロ友のアリスさんから
「ディモルフォセカでは?」とお教えいただきました。
そういえば以前、調べた時そんな名前だったような。
アリスさんありがとうございました!

花言葉 誠実・変わらぬ愛・富・明快・元気・幸福・明るい希望
別名 アフリカキンセンカ・オステオスペルマム
科・属名 キク科・ディモルフォセカ(アフリカキンセンカ)属
原産地 南アフリカ原産
状態 一年草

IMG_4603cc.jpg

過日の菅平高原スキーで今シーズン、私のスキーはお蔵入りです。
一昨年はイタリア、昨年はフランスに出かけ、
ゲレンデに立ったのは23日間でしたが、
今年は海外参加がなかったので16日でした。
腰が痛い!膝が悪い!と湿布をお供に良く滑ったものです。
さてこれからはコンサートの楽しみが増えました。

4月19日(土)はヴォーカルコンサートでいつも
ピアノ伴奏をしてくださる高須亜紀子さんが
昨年に引き続き、コーラス伴奏をなさりながら
ソロでドビュッシーの「月の光」と
メンデルスゾーンの「春の歌」を弾かれるそうです。
あと3週間ほど。今から楽しみにしていますが、
どうか指の怪我などなさいませんように。

IMG_4613c.jpg

5月27日(火)東京文化会館でローマ歌劇場
ベルディ作曲「シモン・ボッカネグラ」指揮リッカルド・ムーティ。
夫婦してアメーリア役のバルバラ・フリットリの美声に期待ですが、
最近ずいぶんと横に体格が良くなり、ちょっと視覚的に不安です。

IMG_4614c.jpg

もうひとつは私一人で出かけるのですが、
5月30日(金)紀尾井ホール。
ヨハネッテ・ゾマー&コンチェルト・ケルン
ヘンデルのオペラ・アリアとバッハの「結婚カンタータ」

私の声はバッハやヘンデルの古典の曲向きだと
声楽の先生に良く言われるので、
しっかりと勉強してこようと思います。

IMG_4603cc.jpg

そして6月のお話ですが、小学校の同窓会が卒業以来、
52年ぶりに故郷で開かれるそうで
過日、ご案内をいただきました。

幹事さん達の名前をみると
Y君はお勉強はできて面倒見が良くていつも委員長。
S君は背が高く丸坊主でいつもリレーの選手。
Tさんは6年生まで良く遊んだのっぽの女の子。
Iさんはしっかり者のお姉さんタイプのおかっぱ頭の女の子。
Yさんは小柄で天然パーマの目立たない女の子。

すぐに顔と名前が一致しました。
52年か。。。幼いころの懐かしい我が友。

丁度その日は亡き母のお誕生日。
お墓参りもしたいし、山や海も見たいし。。。
是非参加したいと思っていますが、
私が同席すると昔、いじめた同級生に
仕返しされるかもしれません(涙)
でももう時効ってことで許してもらおう!(笑)

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/31 ] 音楽 | TB(-) | CM(11)

何から何までおもてなしの心のお宿♪~


IMG_0692z.jpg

先週金曜日、旦那様がお昼休みに写した
東京四谷の上智大学付近、ソフィア通りの桜。
やはり風格があり、日本を代表するお花に思えます。
可愛いですが、昨日の風と今日の雨、、、ちょっと心配です。

桜z

桜が咲くというのにまたスキーのお話でごめんなさい。
でも何から何までお世話になった菅平高原スキー場の
「ロッジ花す画」さんのお話を・・・。
毎年1月にスキークラブから基礎講習でお世話になる花す画さん。

菅平c

23日(日)から2泊、じじばば、孫の3人の宿泊をお願いすると
「団体さんが帰られる日なのでお食事などがちゃんと
できないかもしれませんが、それでもよろしければ・・・」とのお返事。

上信越自動車道の菅平・上田で降りて一般道。
9時半頃、予定より早く着いて申し訳なかったのですが、
ご夫婦で笑顔で迎えて下さいました。

孫の23cmのスキー靴と板のレンタルをお願いしていたのですが、
玄関にはお知り合いのレンタルショップから取り寄せてくださった、
22cm、22.5cm、23cmの3足のスキー靴が
お行儀よく並べられており、これには感謝でした。
スキー靴はサイズが同じでも合わなければ
靴下で調整することも考えていました。

結局、一日目は孫が「これ!」と言って決めた23cmですが、
滑るのを見ているとどうも大きいようなので
2日目から22.5cmをお借りしました。

豚巻きc

夕食は美味しい煮物など品数が多い花す画さん。
孫が残しては失礼だと大人2人分だけをお願いしましたが、
孫が食べられそうなお肉料理やデザートを
食卓に並べて下さり、その気配りに本当に感謝でした。

erinngi.jpg

↓2日目の分厚く柔らかいハンバーグは
孫のために息子さん自ら腕を振るって下さったそうで、
そのソースたるもの、バルサミコ酢がわずかに感じられる
濃厚なお味の美味しいおソース。

ハンバーグc

↑ どこのお店でも「ハンバーグにソースはかけないで下さい」と
自らお願いする孫ですが、ハンバーグもミネストローネスープも完食。
これにはじじばばともびっくりでした。
すごく美味しかったのでしょうね、きっと。

若竹煮

お風呂は男女に分かれて2つありますが、
お客は私達3人だけなので
「お風呂は一つでよろしいですから」とお断りしました。
いつもクラブメンバーとワイワイガヤガヤと忙しく入るお風呂ですが、
この日は一人、ゆっくりと疲れを癒やしました。

IMG_4578c.jpg

綺麗な色のかまぼこ、、、と思いきや、
以前、作り方をお聞きした長芋の梅甘酢漬け。
シャキシャキと歯ざわりも良く、あっさりと美味しい一品です。
↓ 朝食は孫もしっかりと一人前をいただきました。

朝食cg

1日目に飛んだハプニング。
到着した朝10時半頃、ゲレンデに出る前に
じぃじがスキー板にワックスをかけ、
その袋を靴箱の一番上に置いてゲレンデへ。
その日、お昼すぎに出発する団体さん達。
どうしたことか、じぃじのワックスやブラシが入った袋を
どなたかの忘れ物かと勘違いされて持ち帰られました。

貸切バスが花す画さんを出る前に
幹事さんが確認されれば良かったのですが、
バスが出発してから皆さんに「これは誰の物ですか?」と
尋ねられたので後の祭り。

結局、帰宅後、受け取り事になりましたが、
花す画さんのご主人が着払い料金を
私達に持たせてくださり、ここでも気配りが。
おかげさまでワックスは無事に届きました。

IMG_4543c.jpg
(花す画さんの食堂から見る景色が大好きです)

そしてまた・・・
帰宅する朝、お会計で旦那様が「すごい安いんだけど」と
目をクルクルさせて部屋に戻りました。
私が領収書をみると孫のスキーレンタル料金が1日分より安い料金。
「これ間違っているんじゃない?」と
じぃじに確認を頼むと「これで合っているって。。。」

なんでも花す画さんのご主人とレンタル屋さんの社長さんの
話し合いの結果だったようです。
お安い料金で貸していただき、
花す画さんのご主人が地元の皆さんに信頼されているという事が
良くわかったひとコマでした。

IMG_4584c.jpg

お土産にいただいたあんずしそ巻き。
濃いお茶をいれ、奥さんの優しいおもてなしの心を感じながら
夫婦していただいています。

毎年、楽しみに伺う花す画さん。
今回は団体さんが帰られた後、ゆっくりされるはずでしたのに・・・。
私達が伺ったばっかりに
あれこれ迷惑をお掛けして申し訳ない思いです。
来年もまた楽しみに伺いたいと思います。
本当にありがとうございました!

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村



[ 2014/03/30 ] 国内スキー | TB(-) | CM(6)

増税前!増税前!と踊らされて・・・


IMG_4511c.jpg

昨日は朝から良いお天気。そうなると主婦は忙しくなります。
山ほどの洗濯物をして、暑くなってきたので
羽毛大布団を薄手に替え、圧縮袋に入れて保存。
ホッとカーペットを押入れにしまったら、ここですでに11時。

お昼ご飯には早いので一息入れてティータイム。
その後、ガソリンスタンドへ洗車に行き、
お米がないのでその足でスーパーへ。
美味しくてずっと食べているゆめぴりか。
品切れなら同じ北海道産の
ななつぼしにしようかと思っていましたが、
まだ在庫がありました。

ぴりかc

平日なのにすごい混みよう。
あっちにもこっちにも「増税前にお得なお買い物を!」の貼り紙。
踊らされまいと思っていてもついつい、
金魚のフィルター、洋服ダンスの防虫剤、
ヘアーコンディショナー、ティッシュなど
目についたものを籠に入れて・・。

消費税っていつからだった?と検索すると
消費税(3%)が施行されたのは平成元年(1989年)4月1日。
消費税が5%になったのは平成9年(1997年)4月1日。
そして4月1日より8%に増税され、
2015年(平成27年)の10月には10%に引き上げられる予定。 

増税実施前の昨年末に洗濯機を買い、
お風呂の給湯器を替えるくらいで買いだめもしていませんが、
生活面で節約できるところはしていかないと、
年金暮らしには本当に厳しい生活になりそうです。

話はガラッと変わって
昨日の新聞のスポーツ欄記事から・・・。

IMG_4598c.jpg

26日から埼玉で世界選手権が始まり、
27日の浅田真央選手の演技に注目しました。
ショートプログラム、曲はショパンの「ノクターン」
まずはこれまでにこだわってきたトリプルアクセル(3回転半)
高さといい、スピードと言い文句なし!
ソチ五輪の屈辱を晴らした演技で
宿敵のキム・ヨナを抜いて歴代最高得点。
今晩のフリーにも期待して・・・。

IMG_4599c.jpg

テニスの錦織圭君(世界ランキング21位)頑張っています。
アメリカフロリダで行われているソニー・オープンで
四大大会最多優勝者のロジャー・フェデラーを下したとの記事。
準決勝で第2シードのノバク・ジョコビッチと対戦。
これも大いに期待したいですが。。。

<追記>
錦織圭選手、ジョコビッチとの試合開始2時間前に足首故障のため棄権。
残念ですが、早く怪我から復帰してもらいたいです。

IMG_4600c.jpg

全日本モーグル選手権大会。
この競技で現役引退をする34歳の上村愛子選手。
8年ぶり2度め優勝。通算12度目の全日本制覇を成し遂げた。
猛ダッシュで果敢にコブを攻める上村選手の
あの胸のすくような滑りがもう見られないのはとても残念。

スズランc

春ですね?周辺の桜の花もちらほら咲き始めました。
我が家のベランダもだんだんと賑やかになりそうです。

クイーンバガテルc1

ただ薔薇のクイーンバガテルの新芽がでません。
「大規模修繕で部屋の中に入れていたのが悪かった!」と
旦那様は後悔しています。
もうダメかな~?

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加してます。
以前咲いたクイーンバガテルの中に
応援のワンクリックをお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/29 ] 生活 | TB(-) | CM(6)

がんばる孫 (゚▽^*)ノ⌒☆ 叱咤激励するばぁば!


孫息子のスキーデビューは3歳半の暖かい3月でした。
2007年志賀高原スキー場孫初滑り

IMG_4523cc.jpg

昨年はじいじ自身、滑るのが忙しくて
春休みに連れて行ってやることができませんでした。
でも私達ももう年。
いつなんどき、身体にガタがきて 
来年連れて行けるという保証はどこにもないので
じいじが参加したかったツアーも無理を言って返上してもらい、
孫と3人で菅平高原スキー場へ出かけました。

IMG_4524c

じいそっくりな孫息子。
男の後ろ姿は浪漫が漂うと言われますが、
この写真からは浪漫の”ろ”の字も感じません(笑)

孫にとっては2年ぶりのスキー。
心配症の孫は「滑られるかな~?」など不安そうでした。

IMG_4528cc

まずは一人でスキーを履いて、ストックを正しく持ち、
リフト乗り場まで踏ん張って滑りましたが、
身体が覚えているものですね。
転ばずに無事到着。

スキーc

1日目はスピードと雪面になれるように復習のつもりで
スキー板をカタカナの”ハ”の字にして滑るボーゲンで
左右に方向転換をさせました。

ストックを持つと身体が上手に使えないので最初はストック無し。
飛行機のように両手を広げさせて、左右に体重移動。
それでも急斜面をバランスを取りながら
ゆっくりと滑ることができました。

ボーゲンはスピードコントロールができ、
身体も安定して安全ですが、子供といえども足が疲れるので
2日目から板を揃えて滑る練習をしました。

IMG_4563c

時々、集中力が切れるので、ばぁばはすかさず
「じいじを見て!」と後ろからそこらじゅうに
黄色い声が響きますが、上手く滑れた時には
気持ちの悪いくらいベタ褒めです。

IMG_4555c

両足を平行にして滑る練習ですが、
ボーゲンより不安定なのでなかなかうまくできません。

優しいじいじ先生は大昔、子供達3人にやったように
何回も同じことをいいながら気長に気長に指導。
これには私も頭が下がります。

IMG_4556c

真面目にじいじ先生のシュプールのあとを滑る孫。

IMG_4557c

菅平高原スキー場には裏太郎、表太郎ゲレンデには
短い距離ですが最高斜度22度とか26度があります。
はじめ怖がっていた孫も次第に
「今度はどこへ行く?どこでも大丈夫」と
力強い言葉とともに先頭に立って滑り始めます。

一番のお気に入りが裏太郎ゲレンデ。
どのゲレンデも400~500mはあるでしょうか、
上からノンストップで降りれるようになりました。

IMG_4558c

こうなると孫を先に滑らせて、じじばばは
自分のペースで思いっきり楽しめます。ヤッホー!!

IMG_4554c

この天狗ゲレンデ、上のほうは最高斜度30度。
3日目の帰る日には孫は難なく滑って降りました。
下まで降りた孫を確認してから
ばぁばも猛スピードで飛ばしました。
気持ちがいい~!

IMG_4566c

ゲレンデから宿に帰り、お風呂で汗を流してからは
事前に作っていた55マス目のオリジナルすごろく。
これがまた良く出来ていて、3人で何回もやりましたが、
じいじも笑いっぱなし。

私など何度「スタートに戻る」がでたことか。
意地悪なすごろくでした。

「サイコロがないのでどうする?」と尋ねると
六角形の鉛筆に1~6までの数字を書き、
サイコロ代わりを作っていました。
孫にはこういう才能があるのですねぇ・・・。
楽しいアフタースキーでした。

IMG_4567c

 孫のスキー記録

2007年志賀高原スキー場孫初滑り  2008年八方尾根スキー場 
 2009年志賀高原スキー場 2012年志賀高原スキー場

Yスキー
スキーデビューの日
こんな小さな時があったのですね?
過去の記事を読んでいると懐かしさでいっぱいですが、
私たち夫婦も若かったのだと痛感しました。
じいじ先生やばぁばが教えたこと、
ずーっと大きくなっても覚えていて欲しいですが。。。

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
    にほんブログ村



[ 2014/03/28 ] | TB(-) | CM(16)

また記事が間に合わな~い(;>人<)


今日は孫のスキーの様子を載せるつもりが、
昨日、急遽、パパのお里へ行くことになり、
送ったり何だりと忙しく、記事が間に合いませんでした。
スキーに行く前に写した他所のお庭のお花でごめんなさ~い!

IMG_4508c.jpg

初めて「クリスマスローズ」の名前を聞いた時、
真冬のクリスマス頃に咲く花だと信じて疑いませんでしたが、
春に咲くお花なのですね?
無知とは本当に恐ろしいものですネ。。。(涙)

IMG_4505c.jpg

検索してみると
「クリスマスローズ」という呼称はクリスマスのころに開花する
「ヘレボルス・ニゲル」だけを指した呼称であるが、
日本の園芸市場では「レンテン・ローズ」と呼ばれる
「ヘレボルス・オリエンタリス」なども「クリスマス・ローズ」の名前で出回る。
多くの品種は、クリスマスのころではなく春に開花する。
とありました。

IMG_4507c.jpg

クリスマスローズは下を向いて咲くものが多いのですが
これは雪から花を守るためといわれ、
積もった雪を持ち上げて開花するので
「雪起こし」とも呼ばれるようです。


クリスマスローズc

クリスマスローズの花言葉は
「追憶」「私を忘れないで」「スキャンダル」
「私の不安を取り除いてください」「慰め」

IMG_4506c.jpg

一重も八重も可愛いクリスマスローズ。
下を向いて咲くのはけなげですが、
写真を写すとなると地面にしゃがんでカメラを向けました。
他人様が見たらみっともない格好だったかもしれません。
イヤン、はずかし~い! 

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/27 ] 植物✿園芸 | TB(-) | CM(2)

ただいま~!孫も元気に帰宅しました~♪


IMG_4527c.jpg

23日(日)から昨日25日まで4年生の孫息子と
じぃじと3人で菅平高原スキー場にでかけ、
怪我もなく元気に帰宅しました。

高気圧にすっぽり覆われた3日間。
滑っていても汗ばむ暖かな春の日差しに
↑ 霧氷も少なくなって・・・。

IMG_4543c.jpg

今回のお宿は毎年、1月のスキークラブ基礎講習会で
お世話になっている「ロッジ花す画」さん。
↑ 朝食時の7時半頃はまだリフトも動いていませんが、
食堂から見えるこのお気に入りの景色を眺めると、
早くゲレンデに飛び出したいと、、、心がワクワクします。

IMG_4548c.jpg

↑ 表ダボスゲレンデを上ると遠く浅間山もはっきりと・・・。
↓ そしてこの2台の赤いスノーキャット。

スノーキャット

根子岳(2207m)までスキーヤーやボーダーを運んでくれます。
一気に山を下る楽しさは格別でしょう。

孫と一緒に滑るのは2年ぶり。
昨シーズンはじぃじがスキーで忙しく予定が取れませんでしたが、
今年は何としても連れて行きたいと無理を言いました。
暖かく雪も多く、たっぷりと楽しんできました。

詳しく書く時間もあまり無いので今日はこのへんで・・・。
次回はジジババの特訓風景です。

留守中も沢山の応援をありがとうございました。
今日も薔薇の中に応援ポチをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/26 ] | TB(-) | CM(12)

春の香りフリージア~♪


日曜日から孫とじいじと三人で
菅平スキー場にでかけ今夜帰宅予定です。
コメントは閉じていますが、
最後の薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

IMG_4481c.jpg

ベランダの小さな球根のフリージアが初めて咲きました。
写真を写した19日はたった一輪のフリージアでしたが、

IMG_4515c.jpg

この写真を写した22日はたくさんの花が咲き始め、
少し切って花瓶に挿しました。
この可憐な姿と甘い香り・・・。
何だか、懐かしい気がします。

以前は白いフリージアも咲いたのですが、
いつの間にか姿を消して・・・。

IMG_4514c.jpg

色に寄って花言葉が違います。
黄色・・・無邪気 白色・・・あどけなさ 
赤色・・・純潔 紫色・・・あこがれ 淡紫色・・・感受性

黄色や白色の花には、
交感神経を抑え、鎮静作用もあるそうです。
香りを嗅ぐとリラックスできそうですものね?

”孫のスキーの足前があがりました!”と
ご報告できれば嬉しいのですが・・・。

今日もたくさんの応援をありがとうございます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/25 ] 植物✿園芸 | TB(-) | CM(-)

今日はハクモクレンとユキヤナギの写真です♪~


4年生の孫息子を連れて菅平スキー場に出かけ予約投稿です。
コメント欄は閉じていますが、
最後に薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

IMG_4486c.jpg

今日は2種類の白いお花の写真です。

IMG_4483c.jpg

まだ蕾のご近所のハクモクレンですが、
白い鳥がいっぱい木に止まっているようで
真っ白なお花が青い空にパッと映えてとても綺麗でした。

花びらが全開して咲く、コブシに良く似ていますが、
花びらの幅が広く、厚みがあり、
花は上向きに 閉じたような形で全開しないで咲きます。
これが辛夷と違うところ。

花言葉は「自然な愛情」「恩恵」

IMG_4484c.jpg

毎年楽しみにしているマンションお向いのユキヤナギ。
19日に撮影しましたが、これはまだ咲き始めです。

IMG_4473c

バラ科シモツケ属の落葉低木。
別名にコゴメバナ、コゴメヤナギなど。
中国原産という説もあるが、
日本原産であると考えられている(ウィキペディアより)

ユキヤナギc

葉っぱが柳の葉に似て細長く枝がしだれるために
「雪柳」と名付けられ、「雪」というのは長くしだれる枝に、
小さな白い花が雪が降り積もっているかのように咲くからだそうです。

IMG_4475c.jpg

花言葉は「殊勝」「愛嬌」「静かな思い」「自由」
風に揺れるユキヤナギは可愛いですが、
雪のように散っていくのは寂しさを感じます。

何年か前、駅前で淡いピンクのユキヤナギを見かけました。
「フジノピンク」という品種かも知れません。
機会があればまた写してきましょう。

最後までお読みくださってありがとうございます。
いつもたくさんの応援をありがとうございます!
今日も薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/24 ] 植物✿園芸 | TB(-) | CM(-)

素敵なかおり・・紅白の沈丁花♪~


今日から4年生の孫息子を連れて、
まだまだ雪の多い菅平スキー場に出かけます。
コメント欄は閉じていますが、
最後に薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

IMG_4454cc.jpg

日一日と暖かくなるとお花も元気に咲き始めました。
先日、ご近所の可愛い沈丁花を写したのでご覧くださいね。

沈丁花を検索してみました。

沈丁花白c

ウィキペディアには「丸い赤い実をつける」とありますが、
今までに見たことがありません。

IMG_4466c.jpg

花言葉は「栄光」「不死」「不滅」「歓楽」「永遠」

沈丁花赤c

白い沈丁花も紅い沈丁花も小手毬のようで可愛いですね?
甘い香りが魅力的です。

明日から予約投稿ですが、
又お立ち寄り下さいますように。
今日も一日お元気でお過ごしください。では行ってまいります。

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/23 ] 植物✿園芸 | TB(-) | CM(-)

”速達で~す!”に夫婦して驚いたけど・・・


昨日のお昼前、玄関インターホンのモニターに
「郵便局です、速達です」と郵便やさん。

のぶちゃn

”う?速達?何事?”と旦那様が受け取ってくれたのですが、
娘たちのピアノの先生で関西在住の幼なじみののぶちゃんから・・・。
見慣れた丁寧な文字には、
「お孫さんが来られるようなので
こんなチケットがあったのでお役に立てたらいいし、
無駄になってもいいので送らせて下さい」と
日清製粉、カップヌードルミュージアムの株主優待券。

こちらにいた時には調味料をもらったとか、
何々を送ってもらったとか、楽しそうに良く話してくれました。

IMG_4493c.jpg

ネットで検索するととても人気のようで、
何だか、面白そう、、、楽しそう。
孫の時間があれば行かせていただきます。

IMG_4492c.jpg

またもうひとつ・・・可愛い一筆便箋。
山口県長門市の金子みすゞ記念館で
私のために求めてくださったそうです。
とても心に残る記念館で感動でした!と。
私も一度足を運びたい記念館です。

みすず1

中を開けてみると「私と小鳥と鈴と」
「星とたんぽぽ」や初めての「弁天島」の詩が
尾崎眞吾さんの可愛い絵とともに書かれています。

みすず2

上の2曲は中田喜直作曲、女性合唱曲「星とたんぽぽ」に収められ、
可愛い詩と綺麗な旋律なので
今までソロもコーラスでも歌ってみました。

misuzu2.jpg

赤いシャクナゲは2月にご夫婦で、
ネパールにトレッキングに行った時、写したそうで、
一ヶ月経った今頃は山が赤くなるほど咲くそうです。
綺麗でしょうね?きっと。

旅先で私のことを思い出してくれるのぶちゃん。
孫が滞在中に間に合うようにと
わざわざ速達で送ってくれたチケット。
な~んて優しい~・・・。
いつもいつもありがとうございます!

シニアブログランキングに参加してます。
今日もたくさんの応援をありがとうございます。
薔薇の中にワンクリックをよろしくお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2014/03/22 ] 植物✿園芸 | TB(-) | CM(4)

アンドラーシュ・シフ(3)シューマン&メンデルスゾーン


昨日は今期最後のPTAコーラス練習日。
来月からはまた気持ちも新たに出発です。

IMG_8463Ac.jpg

過日、3年ぶりに3回のコンサートを聴いた
ピアニスト、アンドラーシュ・シフ。
これで最終ですが、もう少しお付き合い下されば嬉しいです。

東京最後のアンドラーシュ・シフのコンサートは
3月19日(水)東京初台のオペラシティコンサートホール。
同時代に活躍し「生前とても仲が良かった」という
メンデルスゾーンと一歳上のシューマン。

ロマン派を代表する作曲家二人のことを、シフは
「不可解なことに、まだ正当な評価を受けておらず、
特にメンデルスゾーンに関しては、ワーグナーの
判断が長期的な損害をもたらしました。
メンデルスゾーンは教養に富み政治社会の分野でも
素晴らしい作曲家だったのに」
とプログラムに示し、
また「メンデルスゾーンはシューマンの作品の多くを初演指揮し、
は音楽評価を得意とするシューマンはメンデルスゾーンに対して
素晴らしい言葉を残しています」
と付け加えています。

シフc

サントリーホールと同じく、
この日のピアノはシフがお気に入りのベーゼンドルファー。
オペラシティコンサートホールの壁は木製の上、天井が高く、
ピアノの音が豊かに美しく素晴らしく良く響いていました。

3夜にわたってバッハ、バルトーク、ベートーヴェン、
メンデルスゾーン、シューマンと聴きましたが、
何を弾いてもシフの奏でる音楽は温かい”愛”を感じます。
何を聴いても”神業”どう聴いても”音の宝箱”
幸せを感じる素晴らしいコンサートでした。

今年還暦のシフが一度も演奏したことがないという
クロード・ドビュッシーにこれから向き合うという。
またその美しい音色と豊かな音楽を聴く日を楽しみに・・・。

3月14日「紀尾井ホール バッハ・バルトーク」の記事
3月16日「サントリーホール ベートーヴェン」の記事

 3月19日 東京オペラシティー 19時開演

<プログラム>”メンデルスゾーン&シューマン”
*メンデルスゾーン: 厳格な変奏曲 ニ短調op.54
*シューマン:ピアノ・ソナタ第1番 嬰ヘ短調op.11
*メンデルスゾーン:幻想曲op.28
*シューマン:交響的練習曲op.13(1852年改訂版)

<アンコール曲>
*メンデルスゾーン:無言歌集から「甘い思い出」「紡ぎ歌」
*シューマン:アラベスクop.18
*シューマン:幻想曲ハ長調 第3楽章。
*バッハのパルティータ第4番のサラバンド。

座席1階14番19(ほぼ真ん中)

今日もたくさんのご訪問をありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
コメントは閉じていますが
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2014/03/21 ] 音楽 | TB(-) | CM(-)

赤いくつ 赤い靴。。。二つの悲しいお話


昨夜はアンドラーシュ・シフの東京最後のコンサートが
初台の東京オペラシティホールでありました。
メンデルスゾーンとシューマンのプログラム・・・。
なんと素晴らしい~演奏!
このことは後日お話するとして
今日はちょっともの悲しいお話です。

IMG_3965c.jpg

家事も終わってホッとしたティータイムの時、
先日次女からもらった赤いくつのサブレを食べながら
ふと、、、思ったこと。
「赤い靴」って色々あるな~ぁ?と。

まずは♪~あかいくつ はいてた 女の子♪~と
小さい時から歌い親しんだ作詞 野口雨情 作曲 本居長世の童謡。
実在の女の子「岩崎きみちゃん」がモデルなんですね。
メロディーからして悲しいですが、赤い靴の伝説を読むと胸が傷みます。

IMG_4478c.jpg

もう一つはアンデルセンの童話「赤い靴」
娘時代にバレエ映画として見た覚えがあるのですが・・・。
罪を犯したカーレンが赤い靴を履いて
永久に踊り続けるというストリー。
後悔した瞬間、赤い靴が脱げ踊りがやっと終わったというお話でしたが、
ウィキペディアを検索すると両足切断と言う何とも痛ましいお話。
これは初めて知った結末でした。

5537p

「赤い靴」にちなんだ”赤いくつ”
横浜には山下公園近くの「人形の家4階」に
真っ赤な座席シートの「赤い靴劇場」があります。
150席ほどのこの劇場、
生徒のピアノ発表会で毎回、使用しましたがとても可愛くて素敵です。

また100円で乗車できる観光周遊バス「あかいくつ」も
毎日、人気スポットを走っています。

あれこれ思いながら食べたこの「赤いくつ」サブレ。
”とってもおいし~い”と本来の食い気に戻りました(笑)

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/20 ] 音楽 | TB(-) | CM(8)

春一番吹く中を・・・♪孫の嬉しいリクエスト


IMG_4460c.jpg

昨日は気象予報通り春一番が吹き荒れました。
春一番は毎年、必ず吹くものだと思っていましたが、
ウィキペディアを読むとそうとも限らないようですね。
ここ最近、発生しなかった年は
1996年、2000年、2012年だそうです。
因みに昨年は3月1日に吹き、今年は昨日の3月18日。

春一番が吹いた翌日は又寒さが戻るとか・・・。
体調にお気をつけ下さい。

吹き飛ばされそうな風の中を
昨日は3ヶ月ぶりに整体の施術に行ってきました。
スキーで出かけていると家事にも時間にも追っかけられず、
腰痛はほとんどでなくて楽でしたが、
ここ数日、肩と腰が張ってどうにもなりませんでした。

もう10年近くお世話になっているM先生が
丁寧に丁寧に鍼とマッサージで揉みほぐして下さり、
身体が軽くなりました。

好きなことをして遊んでいるときは
肩こりも腰痛も出ないことがこれで実証されたかのようです(笑)

IMG_4458c.jpg

イトーヨーカドーは8のつく日は生活用品、衣料、
食料品も含めておおよそ全品が5%OFF。
しばらく孫の靴を買っていないので靴売り場へ。
軽量の瞬足が20%OFF。

幼稚園の年長さんの時に「ばぁば、速く走れる靴を買って!」と
孫からせがまれたことがありますが、
最初は何のことだかさっぱりわかりませんでした。
発売されてから10年になるのですね。

 過去の記事 瞬足で俊足に

IMG_4470c.jpg

16~21cmまでは良く買って送ってやっていましたが、
いつの間にか23cmを履くようになったようで驚き!
でもどう見ても大きな靴は可愛げがありません。

松山の国公立小学校は20日が終業式。
21日夕方、ひとりで羽田着。
「ばぁばのチキンカツが食べたい!」と
電話の向こうで嬉しいリクエスト。
そうか、そうか、それでは”嫌!”というほど作ってあげましょう。
外はパリッ!中はふわっとジュシーなチキンカツを!

今日もご訪問をありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。
いつもたくさんの応援をありがとうございます!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2014/03/19 ] | TB(-) | CM(14)

 東北に捧げるコンサート アンドラーシュ・シフ(2)


2夜目のアンドラーシュ・シフのコンサートは
3月16日(日)赤坂のサントリーホール。
先日の800席の紀尾井ホールとは違って2.5倍の2000席ほど。
この広い空間にシフの重厚なベートヴェンが、、、
そしてあの美しいピアノ音が響くのだと思うと
席についても期待感がいっぱいでした。

IMG_8444kkc.jpg

サブタイトルである”東北に捧げるコンサート”は
奥様であるヴァイオリニストの塩川悠子さんの関係上、
日本とは密な付き合いをされ、
震災に遭われた方々に対して心を痛めておらたようで
シフ自身「被災地のことを忘れてはいない事を表明したい」と
企画されたコンサート。
この日のコンサートの出演料と
プログラムの売上は全額寄付されたそうです。

いつものようににこやかにゆっくりと舞台中央へ。
四方八方に丁寧にお辞儀をされピアノの前に座られると、
うつむいて犠牲になられた方々のご冥福を
しばらく祈っておられるようでした。

先日の紀尾井ホールのピアノはシュタンウェイでしたが、
この日はお気に入りのベェーゼンドルファー。
最初の曲、6つのバガテル op.126を弾き始められた時、
いつもながらの透明でとても純粋な美しい音色が響き渡り、
すでにシフの世界が広がりました。

IMG_3203c.jpg

ベートヴェンとなるとたいがいの演奏家は押し付けがましく、
攻撃的な音になりやすいのですが、
天空から天使や妖精が舞い降りたような優しく美しい音。
シフの音楽は演奏家を通り越して、
あたかも作曲家が弾いているような、そんな錯覚に陥ります。

どの曲も素晴らしく時間が止まればいいと思うほどの演奏。
とりわけアンコールのゴールドベルク変奏曲の弾きはじめは
オルゴールのような綺麗で優しい音色でもう夢心地でした。

ピアノからフォルテ、フォルテからピアノ、
つねに磨かれたその音色の多彩さは聴く者の心に染み渡ります。

シフc

梶本音楽事務所のHPには
ベートーヴェン最後期の3曲・・・「6つのバガテル」と最後の32番のソナタ、
そして「ディアベッリ変奏曲」
およそピアノが好き、音楽を愛する者であれば
その選曲の意味するところはピンとくるはずです。
享楽的なもの、舞踊的なもの、
抽象的オブジェなど音楽に色々な面がある中、
特にこの晩年のソナタと変奏曲は“祈り”という面で、
恐らく人の歴史上最も深化し、高みに達したもの。
このコンサートは、たくさんのお客様と共に
最高の音楽を捧げて祈る、という祭儀の場となるはずです。。。と

2曲のアンコールの間に通訳と一緒に舞台へ。
おっとりとした口調で
「3年前、東日本大震災のニュースを聞きました。
その後、日本の方々が力を合わせて
困難を乗り越えている姿には尊敬し、
世界に向けて素晴らしい模範を見せて下さったと思います。
失ったものは取り戻すことはできませんが、
最も重要なのは人々による思い、思いやりだと思います。


ベートーヴェンは、この頃作曲した『ミサ・ソレムニス』において
“心から出、心に入らんことを”と書きました。
またベートーヴェンに戻りましょう。
今度は同様に『ミサ・ソレムニス』と
密接に関連がある『第30番op.109』を弾きます」
と(一部引用)

大地震と津波に襲われた東北に
祈りの音楽を捧げられた素晴らしいコンサート。
シフの心からの祈りの演奏を感じながら
多くの被災者のご冥福を祈りました。

IMG_3208c.jpg

3月16日(日)サントリーホール

<プログラム>”東北に捧げるコンサート”

*ベートーヴェン: 6つのバガテル op.126
1.バガテル ト長調 op.126-1 Andante con moto
2.バガテル ト短調 op.126-2 Allegro
3.バガテル 変ホ長調 op.126-3 Andante
4.バガテル ロ短調 op.126-4 Presto
5.バガテル ト長調 op.126-5 Quasi allegretto
6.バガテル 変ホ長調 op.126-6

*べートーヴェン: ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111
*ベートーヴェン: ディアベッリの主題による33の変奏曲 ハ長調 op.120

日本初披露となる『ディアベッリ変奏曲』は
ベートーヴェン・ソナタ全曲チクルスを終えたシフが、
取り組んだ最新のレパートリーだそうです。

<アンコール曲>
*バッハ:「ゴールドベルク変奏曲」より”アリア”
*ベートヴェン:ピアノソナタ30番ホ長調作品109

座席S席1階17列24番(真ん中辺りでした)

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
コメント欄は閉じていますが
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/18 ] 音楽 | TB(-) | CM(-)

アンドラーシュ・シフコンサート♪バッハ&バルトーク


昨夜はアンドラーシュ・シフコンサートの第2夜でしたが、
今日は14日、紀尾井ホールで行われたコンサートの記事から・・・。

IMG_4357c.jpg

これまでリヒテル、アルゲリッチ、ポリーニ、キーシン、ブレンデル、ピリス等など
世界屈指のピアニストの素晴らしい演奏を聞きましたが、
ここ数年はピアノの神様と思うほど尊敬するアンドラーシュ・シフ
完成された音楽と美しい音色に魅了されています。

2011年のコンサートも感動の渦の中でしたが、
還暦を迎え益々、現代最高のピアニストの充実した演奏を期待していました。

主催側は「普遍的な音楽言語を確立したバッハと、
民族音楽に普遍的な価値を与えたバルトーク、そのコントラストと
近似性をシフの極上の演奏で味わってください」と書かれています。

バッハ没後130年に生まれたバルトーク。
違う時代を生きた二人の作曲家の作品が交互に演奏され
深い意図があるのかどうか、わかりませんが、
違和感もなくすんなりと耳に入ってきました。

2声のインヴェンションはバッハが教育用に書かれたもので、
ピアノを勉強する者にとっては一度は弾くメソードです。
私も練習しましたが、シフは細かいトリルや装飾音などを
美しく響かせ、2声部はひとつひとつの音を
はっきりと分離させ、まるで違った美しい曲に変身。
不勉強な私はもう一度勉強しようという気になりました。

そしてまた驚いたのはノンペダル。
でもそれでいて自然と流れる優しい美しい音に感動でした。

6732A

バルトークの曲はピアノの生徒に教育用のミクロコスモスを選び、
対位法的な演奏の実践でしたが、
シフが弾くバルトークは旋律の変化や音の強弱が鮮明で、
まるで音を楽しんでいるかのよう。
そして身体の中から次々湧き出てくる音楽が
ものの見事に伝わった素晴らしい演奏でした。

アンコール曲がまたすごい!
フランス組曲第5番を全曲弾くとは・・・。
平均律の1番プレリュードはグノーのアヴェ・マリアの伴奏。
その美しさに思わず口ずさみたくなるほど。
鳴り止まない拍手でアンコールだけで30分、
プログラムのワンステージ分くらいはありました。

この日の聴衆は本当にシフのフアンなのでしょう。
演奏の音が消えてもその余韻を楽しむ空気が感じられ、
これにはシフも気を良くして
おまけの演奏をしてくださったのかも知れません。
昨夜のサントリーホールでのベートヴェンも
表現のしようがないくらい素晴らしい演奏でした。
このことはまた後日・・・。

シフc1

3月14日(金) 紀尾井ホール

<プログラム>
*J.S.バッハ: 2声のインヴェンション
第1番 ハ長調 BWV772/第2番 ハ短調 BWV773
第3番 ニ長調 BWV774/第4番 ニ短調 BWV775/第5番 変ホ長調 BWV776

*バルトーク: 子供のために Sz.42から10曲(番号未定)

*J.S.バッハ: 2声のインヴェンション
第6番 ホ長調 BWV7777/第7番 ホ短調 BWV778
第8番 ヘ長調 BWV779/第9番 ヘ短調 BWV780/第10番 ト長調 BWV781

*バルトーク:民謡による3つのロンド BB92Sz.84(変更後)

*J.S.バッハ: 2声のインヴェンション
第11番 ト短調 BWV782/第12番 イ長調 BWV783
第13番 イ短調 BWV784/第14番 変ロ長調 BWV785
第15番 ロ短調 BWV786

*バルトーク: 組曲 op.14,Sz.62
*J.S.バッハ: フランス風序曲 ロ短調 BWV831
*バルトーク: ピアノ・ソナタ Sz.80

アンコール曲
*フランス組曲BWV.816 
*イタリア協奏曲より第1楽章BWV.971
*平均律クラヴィーア曲集第1部より
プレリュードとフーガ第1番BWV.816

座席はS席1階18列20番(少し後ろでした)

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/17 ] 音楽 | TB(-) | CM(12)

二週間ぶりのホームワイン&かに料理


一昨日に聴いたアンドラーシュ・シフピアノコンサートの記事が
おいそれとは書けないので今日はお料理記事になりました。
今夜はサントリーホールでベートヴェン後期の作品、
19日は東京オペラシティでシューマンを聴いてきます。
コメント欄は閉じていますが、
応援のポチをよろしくお願いいたします、

IMG_4240c.jpg

13日(木)スーパーで刺身用のピカピカの
お安いいわしをみつけました。
ちょっと揚げ物が食べたかったのでフライに。
カリカリと美味し~い!

IMG_4436c

今が旬のホタルイカ。酢味噌をつけて・・・。

IMG_4437c

昨日(15日)
昨年、ヤマダ電機で洗濯機を買った時のおまけのタラバガニ。
年末から冷凍していてやっと口に入りました。

IMG_4449c.jpg

グリルで少し焼いて酢醤油で・・・ウマッ!

IMG_4445c

他の蟹の身は中華スープに入れて。
もちろん、剥いた殻でスープを取って。

イワシc

私が食べたかったいわしの酢炊き。
残り物の牛肉はかぼちゃと一緒に炒めものに。
かぼちゃに甘みが増して美味し~い!

IMG_4450c.jpg

 ロワールのワインはシノ・レ・デリス2010年。
通販のヴェリタスで求めたワインですが、
飲み始めと終わりとでは
違うワインのように味が良くなりました。
ワインはゆっくりと時間をかけて変化を楽しみながら
いただくのがいいですね。

久々の我が家のワイン。ゆっくり静かに味わいながら
夫婦で楽しみながらいただくのが何よりもご馳走です。

IMG_4451c.jpg

夕方ピンポーン。
お隣の奥さんが湯葉と千枚漬けを届けてくださいました。
この湯葉は上げているのでそのまま煮物に・・・。
美味しそうです。

IMG_4452c.jpg

先日、次女からもらった焼き菓子。
「赤いくつの詩」は以前、幼馴染みののぶちゃんに
いただいた懐かしいクッキーです。

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
コメントは閉じていますが、
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/16 ] ワイン&グルメ | TB(-) | CM(-)

ちょっと焦ったネタ探し!


昨日は午後からコンサートへ夫婦してでかけ、
帰宅が遅くなるし、ネタはないし・・・。
午前中、ネタ探しに焦りましたが、無事にアップできそうです。

邦楽の一種である端唄(はうた)で歌われる
♪~梅は咲いたか、桜はまだかいな♪~と今はお花の季節。

IMG_4431c.jpg

お花のことわざを調べてみました。
知らないことわざが結構あるものですね?

 三日見ぬ間の桜 ( みっかみぬまのさくら )
たった三日間見ない間につぼみであった桜は満開になり、
満開の桜は散ってしまう。
物事の状態がわずかな間にどんどん変化し、
この世のはかないことをいう。

薊の花も一盛り ( あざみのはなもひとさかり )
アザミのように人に好かれない花にも、花盛りがあって美しくなる。
容貌が悪くても年ごろになれば魅力がでて
人間の運にも必ず盛りがあるものである。

 倹約とけちは水仙と葱 ( けんやくとけちはすいせんとひともじ )
倹約とけちとは似ているがまったく違ったものである。
それは水仙とねぎが似てはいるがまるで違うのと同じである。
「ひともじ」はねぎの女房言葉。

 春蘭秋菊ともに廃すべからず( しゅんらんしゅうきくともにはいすべからず )
両者ともに優れていてどちらも捨てがたいことをいう。
春の蘭と秋の菊とどちらも優劣をつけがたいことから。

 槿花一日の栄 ( きんかいちじつのえい ) 
人間の栄華の儚いことのたとえ。「槿花」はむくげの花。
朝咲いて夕方にはしぼむのではかないものにたとえる。

  明日ありと思う心の仇桜 ( あすありとおもうこころのあだざくら )
桜は明日もまだ美しく咲いているだろうと安心していると、
その夜中に強い風が吹いて散ってしまうかもしれない。
人生もそれと同じで、明日にはどうなるかわからないから、
頼みにしてはいけない、という世の無常を説いた戒め。
親鸞上人の作といわれる和歌。

まだまだありましたが、キリがないのでこのへんで。
昨夜は赤坂の紀尾井ホールへ
アンドラーシュ・シフピアノコンサートを聞きに行きましたが、
気持ちを落ち着けてゆっくり後日、書かせていただきます。
「桜はまだかいな?」と今度は桜の写真です。

8380s

昨年、旦那様が写した
赤坂ホテルニューオータニ近辺の八重桜です。
食べちゃいたいくらい可愛いです。
昨夜ここを通りましたが、つぼみもまだついていませんでした。
今年も綺麗に咲いてくれればいいですね。
平凡な主婦、毎日のブログネタ探しにも頭が痛いです。

8376s
8392s
8341s
8356s

 今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2014/03/15 ] 植物✿園芸 | TB(-) | CM(14)

美容師さんも良かったかな♪~~


昨日午後から関東地方は春の嵐。
ベランダの鉢も風が当たらないところへ避難させました。
過日咲いた名無しのシンビジューム。
花瓶に挿して・・・。

IMG_4438cc.jpg

昨年12月26日にパーマをかけてから2ヶ月半。
髪の毛が伸びて元気のない顔。
昨日午前中、いつもの美容院でパーマを少し残して
揃えてもらうと”あら、不思議!”
ちょっと若くなってハツラツと変身するから
ヘアースタイルって大切ですね。

中・高校は6年間一貫教育のカトリック系。
ヘアスタイルには厳しく、髪の毛は二つに束ねるか、
三つ編み、もしくはおかっぱ頭でした。

高校一年で短く切ってしまいましたが、
中学3年生までおさげだった私。
休みの日にはポニーテールやおだんご、
二つの三つ編みを頭の天辺まで持ち上げて
可愛いリボンを一つ。。。等など
自分でアレンジしながらヘアースタイルを楽しみました。

カットするのも大好きで少し長くなった母の髪の毛は
私が切りそろえ、結婚してからは
今では想像もつかないほどフサフサしていた旦那様や
娘二人の難しい注文にも応じ、
サッカーをしていた息子の丸坊主頭はバリカンでジョキジョキ。
全て私がカットしてきました。

IMG_4400c.jpg

美容院に行くと先生やスタッフさんのカットの仕方、
ドライヤーやブラシの使い方を飽きもせず、見ています。

音楽の道に入らず美容師になっていたら・・・と
一日中、立詰めの美容師さんのご苦労も考えず、
大きな鏡の前で他愛もないことを想像しながら、
ちょっと楽しい時間でした。

美容師さんは一年中を通して忙しそうですが、
少し前は大学の卒業式で袴を着るお嬢さん方の着付け、
今は小・中学校、高校の卒業式や入学式で
お母さん達の予約がいっぱいだそうです。

お若い方はヘアー雑誌を見ながら先生と相談していますが、
先生とはもう長いお付き合い。
サイドにシャギーを入れて、裾は長めのV、前髪は下ろしてなど
少しだけ注文して・・・ハイ、おしまい。
少し伸びてきたらまた自分でカットしちゃいます!!

14日午前2時7分ごろに愛媛県で震度5強、
山口県や大分県などで震度5弱を観測。
大きな被害がでませんように。
暫くは余震が続くので、どうかお気をつけ下さい。

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/14 ] 生活 | TB(-) | CM(14)

洗い場の場所取りはやめて下さい!ヽ(.◕ฺˇд ˇ◕ฺ;)ノ


網張温泉スキー場から帰宅した翌日は
10時半から声楽の先生主宰のコーラス練習日。
掃除もそこそこに頑張って出かけました。
お玄関に可愛いつるし雛・・・。

IMG_4433-cropc.jpg

そうそう、今日はちょっと聞いていただきたいことがあったのでした。
強風と雪の寒い網張温泉スキー場から宿に帰り、
温かい温泉に勇んでいったものの、
洗い場のカラン前には洗面器にタオルを入れ
誰もいない場所が3ヶ所。

”こりゃ何だ!”と思いながら空いている場所を探し、
洗っていると後ろから「あの~、そこは私の場所ですが・・・」と
中年のおばさんに声をかけられました。
なるほど鏡の前には洗面道具やタオルが置かれていました。

”私の場所・・・”と言われても場所取りは許しません。
「向こうが空いているのでそちらへ行ってください」と
言うと何やらブツクサ言って洗面用具を取り、
私を睨みながら行きました。

もう何年か前にTVで公衆風呂のマナーを取り上げていた時、
名前は忘れましたが、中年の和服姿の綺麗なお作法の先生が
湯船の中の座る位置を詳しく話されており、
その時、洗面器にタオルを入れて湯船につかる。。。と
自信たっぷりとはっきりと言われたのを覚えています。

私は即座に”それは違う!おかしい!間違っている!”と感じましたが、
実際、混雑時でもシャンプーやタオルなど
個人的な物をカランの前に置き、場所取りしたまま
長時間、浴槽に浸かっている人を見かけます。

温泉や公衆浴場にはいる時、
人に迷惑をかけない色々なマナーはありますが、
「カランを独占しない、場所取り禁止」という事も
是非、付け加えたいです。

IMG_4435c.jpg

折角、スキーで楽しい思いをし、
ゆったりと温泉に。。。と思っていたのに
この非常識な(少なくとも私はそう思います)
おばさんのために不愉快な思いをしました。

客にしかわからないこの事態を
フロントの中年の女性スタッフに話すと、
「確かに昔は洗面器にタオルをいれる」ということもあったそうです。
「嫌なお気持ちにさせて申し訳ございませんでした」と
心から謝罪の言葉でしたが、私は脱衣場やお風呂場の中に
「場所取り禁止」の注意書きをお願いし、
宿泊客アンケート用紙にも実名で詳しく書いてBOXに投函しました。
次回、訪れた時は気持ち良く温泉に浸かりたいです。

今日は嫌なお話を聞いて頂いてありがとうございました。
でも薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/13 ] 生活 | TB(-) | CM(12)

内助の功♪休暇村網張温泉スキー場


ご近所の可愛い梅がほころび、今日は暖かく春本番の予報ですが、
今日もスキーと雪景色の寒い記事でごめんなさい。

IMG_4431c.jpg

スキークラブで2012年から網張温泉スキー場を企画をしている旦那様。
ゲレンデや休暇村のお料理や源泉掛け流しの温泉が好評。
何よりリフト代、50歳以上シニア券一日2500円(土・日・祝)と
お安いのが嬉しいので今年も11人で2泊3日で出かけました。

はやて23号新青森行き。東京から盛岡は2時間半。
終着新青森まで3時間半ほどで走ります。
便利になりましたね。
車内は座席の間隔も広く、ゆったりとした空間。
走行中の振動も音も少なく快適。

はやてc

窓際の足元には電源もあり、パソコンなどの使用もOK。
またトイレ・洗面所などの女性専用スペースが設置され、
これも快適でした。
本を読む人、眠る人。仲間とおしゃべりを楽しむ人。
私は録音していた声楽レッスンを聞きながら・・・。

10時20分、盛岡駅でチャーターしていた
マイクロバスに乗車、11時頃に休暇村に到着。
宅配の荷物を受け取り昼食を済ませ、
いざ!ゲレンデへ、、、と思いきや、
玄関前は風雪が地面と直角に吹き荒れて、
リフト乗り場までの長い下り坂を無事に降りられるかどうかが心配。
フロントのスタッフに「下まで臨時バスを出してください」と
交渉したのですが「それはしていないので」と断られました。

結局、女性二人は”危険だから、怖いから。。。”とスキーを断念。
私も気が乗らなかったのですが、風に吹き飛ばされないよう、
滑らないように注意しながらスキー板を担いで歩きました。

網張c1

1、2日目は滑っているうちにも雪が積もり、
まるで八甲田山スキーのような厳しい状態が続きましたが、
雪質も良く、新雪、深雪を全員で楽しみました。
でも寒かったこと!寒かったこと!
指先が紫色になり、凍傷になるかと心配したほどでした。

網張c7

3日目の朝、カーテンを開けると
予報がはずれて朝からおひさまの顔。
こうなると心弾みます。

IMG_4425c

暖かい春の日差しに憂かれ気分です。

網張c3c

網張c6

網張温泉スキー場のゲレンデは起伏に富んだ斜面が魅力です。

網張c5

昨年の記事にゲレンデマップなど書いているので省略させていただきますが、
旦那様が企画するとなると皆様に御迷惑をお掛けしてはいけないと
私もアシスタント役に撤し、少々、内助の功を発揮。

男性と女性では気がつく所、気になる所が違うので
旦那様の説明不充分ところは補充し、
出発の用意が遅れた最後の方を待ったり、
食事のテーブルを予約したり・・・色々と仕事がありました(笑)

でもね、内助の功もひとつ間違うと
”おせっかい”になるので難しい面もありますね。

1日目の夕食はバイキング。
お代わりしましたが、写真を忘れました。
あれこれたくさんいただきました。

IMG_4409c.jpg

2日目の朝もバイキング。
私はおかゆを・・・

IMG_4410c.jpg

2日目の夕食懇親会は旦那様の図らいで
お料理を2000円プラスして
お座敷で会席料理を楽しみました。

夕食c1

毎年同じような献立ですが、
一応「網張温泉 冬の岩手 味めぐり」とお題がついています。

夕食c2

クラブ仲間は酒豪が多く、
ワインや日本酒などアルコールはあっという間になくなります。
飲んで食べて滑って笑って・・・
今年の旦那様の企画も無事終了。
ただ天候が悪くお隣の岩手高原スキー場へ
皆さんをご案内できなかったことが残念。

愉快な仲間と楽しい3日間を過ごし、
「来年も是非・・・」と希望される方がおられたのは嬉しい悲鳴。
さてさてどうなることやら・・・。

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
温泉は疲れをとり、心身ともに癒やされるものですが、
ちょっと腑に落ちない事で気分を害したことがありました。

明日、皆さんに愚痴りますので聞いてやってくださいね。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/12 ] 国内スキー | TB(-) | CM(8)

3年前の今日でした&ご冥福をお祈りします


昨日の網張温泉スキー場の続きを・・・と思っていましたが、
震災のことを少し書きたいと思います。

IMG_4430c

2011年3月11日の東日本大地震から丸3年。
死者、行方不明者含め犠牲者は約2万人を数えます。

3年前のあの日のブログを読み返してみると・・・

「昨日15時前、TVを観ながらアイロンがけをしていたら
地なりのような音が聞こえ、次に左右にゆっくり大きく部屋が揺れ始めた。
長~い、なかなか治まらない、長~い。
TVや食器棚の家具が動かないかと心配。

揺れが少し治まったころすぐさま、
TVのどのチャンネルも緊急報道に切り替わり、
宮城・茨城でマグニチュード8・8、震度7の大地震発生。
阪神淡路大地震は7・3というから
今回の地震は過去最大という。
横浜も震度5強。関西生まれの私はこんな大きな地震は初めて。
火事なら水をかけることもできるけど
地震は揺れが治まるまでどうにもならない。
ひとり部屋の真ん中に座って祈るのみ。
揺れが治まって旦那様や娘、お嫁さんなど家族に連絡」と。

~~~~~::~~~~~::~~~~~

巨大地震だけでなくそれに伴う津波、液状化現象、地盤沈下、
津波に襲われた福島第一原子力発電所が
大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故に発展。

復興したといってもまだまだ100%にはほど遠い数字。
今なお地元の方々は多くの不安を抱えながらも
日々、力強く暮らしておられます。
東北支援、、、私の心の中でまた新たに決意するとともに
改めて犠牲になられた方のご冥福をお祈りします。

 今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
コメント欄は閉じていますが、
クレマチスの中に応援ポチをお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/11 ] その他 | TB(-) | CM(-)

楽しい仲間と網張温泉スキー場へ


先週の金曜日からスキー仲間と岩手県網張温泉スキー場へ
でかけましたが、全員怪我もなく昨夜、無事に帰宅しました。

網張c3c

(↑ 網張温泉休暇の食堂から見える大きなお山)

網張c

(↑ ゲレンデ途中の童話に出てくるような可愛い小屋)

網張c1

1日、2日目は朝から飛ばされそうな強風と
常に降り注ぐ雪にも負けず、
笑い声も高らかにスキーを楽しむ元気な11名のメンバー。

網張c4

昨日は朝から青空が見えました。
最終日になってお天気になるというのが多いですが、
今回も例外ではありませんでした。

網張c2c

網張温泉スキー場行きも
旦那様の企画で今年3回目になりますが、
明日も新たな気持で綴っていきたいと思いますので、
またご訪問をよろしくお願い致します。

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/10 ] 国内スキー | TB(-) | CM(12)

幸田浩子ソプラノリサイタルを聴きました♪~


7日金曜日から岩手県網張スキー場にでかけ今夜、帰宅予定です
留守中でコメント欄も閉じて申し訳ございませんが
最後の薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

IMG_4357c.jpg

NHKニューイヤオペラコンサートなどで
良くお聞きしている幸田浩子さんの歌声。
過日、みなとみらいホールで
世界初演竹取物語聞きに行った時、日本歌曲と
今年、生誕150周年のR・シュトラウスのリサイタルがあることを知り、
一度聴いてみたいと5日、赤坂紀尾井ホールまで
旦那様と楽しみに出かけました。

IMG_4391c.jpg

舞台中央ににこやかな笑顔で出てこられましたが、
ドレスが紺色で華やかさがなくちょっとガッカリ。
でもあとから考えるとプログラムの中に
陸前高田市出身、菅野祥子の作詞作曲の「春なのに」を
歌われたこともあるかな?と思いました。

菅野祥子さんはプラハ国立歌劇場でオペラ「蝶々夫人」のスズキ役、
現在はウィーン少年合唱団のヴォイス・トレーナーとしても活動。
ウィーンで故郷の震災をを知り、この曲を書かれたそうです。

【プログラム】

山田耕筰  「この道」「唄」「からたちの花」
「ばらの花に心をこめて」「たたえよ、しらべよ、歌いつれよ」
成田為三  「浜辺の歌」、弘田龍太郎「浜千鳥」
川口耕平  「よかった」、菅野祥子「春なのに」
武満 徹  「小さな空」「翼」

R.シュトラウス  「セレナーデ」「あなたは私の心の王冠」
「解放された心」「万霊節」「あした」「かわらぬもの」「アモール」
レハール  オペレッタ「メリー・ウィドー」より「ヴィリアの歌」
オスカー・シュトラウス  オペレッタ『ワルツの夢』より「扉を開けて」

ピアノ:藤光健

日時:2014年3月5日(水)19:00開演

IMG_4357c1.jpg

一部の山田耕筰の作品はどれも聞き慣れた曲ばかりで
どう歌われるかと楽しみにしていましたが・・・。
ヴィブラートがあまりに大きくちょっと耳につく感じ。
また歌詞を知っている曲でも日本語が日本語として
聞ききとれなかったのが非常に残念でした。

アンコール曲「小さな空」の(叱られて泣いた)の”れ”が
「L」ではなく「R」の響きになるので声がこもり、
歌詞が不鮮明になり、これも耳に残りました。

二部のR・シュトラウスでは歌い直されることもあり、
プロでも。。。と少しホッとするところがありました。

しかしオペレッタになると本領発揮。
軽やかで華やかなピュアな美声。
可愛いお顔はいつも笑顔でした。

アンコールの「ウィーンわが夢の街」はもうご自分の世界。
十二分に歌いこなされていました。
「アメージンググレース」にいたっては天使の声。
感激された方も多かったことでしょう。

日本歌曲はとても残念でしたが、
中音部から高音部にかけての発声のテクニック。
フレーズのロングトーンはタップリと会場に響かせて。
山田耕筰の知らない歌曲も聞くことができて・・・
多くのことを学んだリサイタルでした。

雨上がりの赤坂。「幸田さんはオペラの方がいいね?」と
旦那様と話しながら駅に向かいました。

長々と最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/09 ] 音楽 | TB(-) | CM(-)

予約投稿していま~す♪


今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
岩手県網張スキー場に出かけて留守をしています。
予約投稿ですが最後に
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

IMG_4398c.jpg

ベランダのシンビジュウムが咲きました。
もう何年も咲き続けているのですが、
可哀想に名前を忘れてしまって・・・。
とても甘い香りがします。

IMG_4400c.jpg

ネパールのポカラへ一週間の予定で
トレッキングを楽しみにでかけた幼なじみののぶちゃんの絵葉書。
「綺麗なポストカードをありがとう」とメールすると
「無事に帰国しました」と元気なお返事がきました。

綺麗な絵葉書には
お天気に恵まれてカトマンズからポカラの機内からは
エレベスト、マナスル、マチャプチャレ、アンナプルナなどの
山群が見えまるで豪華な遊覧飛行をしているようでした。

3時間のトレッキングは次の日は足がパンパンの筋肉痛。
週一回の水中ウォーキングは足の訓練にはなりませんでした。。。。


IMG_4395c.jpg

きれいな景色、素晴らしいですね。
外国からわざわざお便りをくれるなんて。。。嬉しい~!
また会いたいのぶちゃんで~す。

IMG_4382c.jpg

PTAコーラスのピアニストMさん。
今月ご次男の挙式を控えお忙しい日々ですのに、
ホームメイドのマーマレードをくださいました。

IMG_4390c.jpg

駅前のミスタードーナツ、120円が100円というので
何年ぶりでしょうか、立ち寄ってみました。
フレンチクルーラーとシナモンを買いましたが、
何だかひと回り小さくなった?気がします。

留守をしていても予約投稿ができるので
とても便利です。

 いつもお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/08 ] 植物✿園芸 | TB(-) | CM(-)

我が家のシェフの新しい料理とワイン


今日から岩手県網張スキー場にでかけ留守を致します。
網張は3年連続、2泊3日の日程を旦那様が企画。
クラブメンバー11名で楽しく滑って参ります。

いつものお料理ブログですが
最後に応援ポチを押していただければ嬉しいです。
明日から予約投稿していますのでまたお立ち寄り下さいませ。

IMG_4013c.jpg

我が家の旦那様は目新しい料理が好き。
1月、NHK「きょうの料理」の和食の村田吉弘さんのレシピをみて
「一度作らなきゃ」と”豆もやし、豆もやし”と騒いでいました。

3月1日(土)
丁寧にもやしのひげと豆を取ったり、なんと辛気くさい下ごしらえ。
でもいただくともやしのシャキシャキ感と
海苔の良い香りとお出汁の美味しいこと。
次回は手早くできるでしょう。
レシピを載せておきますので、興味のある方はどうぞ。

↓ この出来上がりの写真を見ると
ネギをもっとたくさんかけるのだったのですね。
私は番組を見ていなかったので、イメージが湧きませんでした。

豆もやしの牛肉巻き

IMG_4366c

旦那様が作っている傍で私は小松菜と春雨の中華。
切り干し大根も人参と一緒に。

IMG_4367c

牛肉が余ったので旦那様はしめじと塩炒めを作りました。

IMG_4368c

ボルドーワインはもうお馴染みのレ・ヴァンダンジュ2009年。
渋みと言い酸味と言いバランスのいい事。
お安いのに美味しいワインです。

IMG_4369c.jpg

3月2日(日)
朝は確定申告の仕上げ、、、還付金が楽しみです。
午後はスキーの荷物作り。大雪の時に断られた宅配も
今回はすんなりと受け入れてもらたので
リュックひとつで身軽に出かけられます。

IMG_4375c.jpg

↑ 前夜のもやしの牛肉巻きの汁が美味しくて、
新玉ねぎとじゃがいもを煮ました。
好評、好評・・・。美味しい~!

IMG_4377c.jpg

↑ まだ半分ほどもやしは残っています。
旦那様が豚肉を味噌味にして・・・。

↓ 夏の揖保乃糸は一輪残っていたので
にゅうめんにしました。
どうやって食べてもいつも美味しい揖保乃糸です。

IMG_4378c.jpg

イタリアの赤ワインはイル・ブルチアート2011年。
いや~、これも美味しいワイン。
いつの間にかボトルが空でした。

IMG_4380c.jpg

次女がうらら達を連れて。。。
お土産は「たねや」さんの”春の餅”
さくら餅と草もちです。

IMG_4379c.jpg

”あまおう”とまでいきませんでしたが、
さちのか、、、甘くて美味しかったです。

IMG_4352cc.jpg

 今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/07 ] ワイン&グルメ | TB(-) | CM(-)

アンパンマンのやなせたかしさん♪孫のスキーウエア


昨夜は冷たい雨の中、夫婦で赤坂の紀尾井ホールで
ソプラノ幸田浩子さんのR・シュトラウスと日本歌曲を聴いてきました。
後日ご紹介させていただきます。

IMG_4021c

今年1月、スキークラブ講習会の時、合唱団で歌われているNさんから
歌われるやなせたかし作詞、木下牧子作曲「愛する歌」の
楽譜を見せていただきました。

小学校PTAコーラスでは
木下牧子さんの合唱曲はあまり歌ってないので
アンパンマンで有名な絵本作家であり、
詩人であるやなせたかしさんが
昨年10月、94歳で亡くなられ、追悼の意味で
10曲の中からどれか選んでみようかと思っています。

IMG_4349c.jpg

春休みになってから孫息子をスキーに連れて行こうと計画。
今までの130cmのウエアーはチョンチクリンになり、
一昨年、孫娘のところへお嫁入り。
昨年、息子パパと雪遊びに行ったようです。

店に行って選ぶ時間も無いのでレンタルをも考えましたが、
あとあと孫娘達にお下がりすることも考慮して
ネット注文しました。
スポルディングのサイズ150cm、
ズボンと上着の袖の長さは調節できます。

黒とグレーのコンビの色違いがありましたが、
スキー場は派手な方が良く目立ち、少しでも事故や怪我を防げます。
孫娘も着るので派手派手な赤にしました。
(もう少しオレンジがかった赤です)

IMG_4386c.jpg

上着は私でも着られますが、ズボンはさすがにお腹まわりが(涙)
ワンシーズン、1回か2回のスキー。これで十分です。

2007年孫のスキーデビューから5回目のスキー。
昨年は連れて行っていないので今年はどうなるか・・・。
それにしてもこの時はジジもババも若かったな~。。。
孫のスキーの記録 2012年の志賀高原

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


私流ペットの健康管理&癒される親子です


スーパーのお花屋さんでコンビの可愛い薔薇が目にはいり、
2年半前に亡くなった出窓のよんちゃんの遺影に飾りました。
可愛いでしょう?まるで造花のようです。

IMG_4356cc.jpg

2001年、娘宅のチワワのうららが
我が家のリビングでよんちゃんとたけちゃんを出産。
獣医さんに教わった通り、私もへその緒を切ってやったり、
離乳食が始まる1ヶ月頃まで我が家で暮らしました。

2年半前によんちゃんは誤嚥性肺炎で虹の橋を渡りましたが、
4月で14歳になるうららママは元気、元気。
8月で13歳なるたけちゃんは
昨年8月に心不全と肺水腫で10日間入院。今は投薬を続け、
食欲旺盛、元気よく散歩もできるようになりました。
月一回、近くの動物病院で検査を受けにやってきますが、
心臓のこと、いつどう急変するか心配です。

IMG_2178c.jpg

うらら達の無邪気な顔や仕草には老夫婦も癒やされますが、
この子たちももうシニア犬。
ひなたぼっこをしながら
気持ち良さそうに眠っている姿を見ると
いつまでこの可愛い顔がみられるのか、、、と
気持ちが沈むのを覚えますが、
ひょっとして私のほうが先?と思ったりもして。

IMG_4385c.jpg
IMG_4384c

散歩をしているペット達の太り過ぎが目立ちますが、
娘と同様に私もずいぶんと
この子達の健康に気を配っています。
体重を量ったり食事もキャベツや人参、大根、ブロッコリー、
トマト、きゅうりなど野菜中心のメニューですが、
さつまいもやかぼちゃは糖分が多いので食べさせません。

たけちゃんが薬を嫌がるのでペットフードも
ドライと一緒に柔らかいフードで薬を隠して
手のひらで食べさせてやります。

IMG_4245c.jpg

茹でた野菜は消化を助けるためにいつも
小さくみじん切りにして食べさせるので、
みじん切りの音がするとキッチンに飛んできます。
でもさすがに玉ねぎの時はやってきません。

キャベツなど千切りにすると
「これはもらえない」と分かるのか、知らん顔です。

鼻も耳も良く、娘と密かにクッキーや
ケーキなど食べていると
いつの間にか椅子の下で2匹がお座りです。
でも私は厳しいばぁばですから、
いくら可愛いからといっても甘やかせません。
この子達が一日でも元気で長生きいしてほしいから。

 今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/05 ] 未分類 | TB(-) | CM(15)

今だから書ける友の悲しみ


先週の火曜日の夜、いつもメールをくれるテニス仲間の一人から
珍しく電話が入り、これはただごとではないと「どうしたの?」と尋ねると
「Kさんのご長男が亡くなられ明日、19時からお通夜です」との連絡。

IMG_3943c.jpg

Kさんとはテニス仲間5人で食事や旅行を楽しんだのですが、
2年ほど前、ある事で私達4人とは疎遠になり、
年賀状もぷっつりと途絶えていました。

でもそんな昔のことはどうでもいいような、
今の彼女の悲しみを少しでも受け止めてあげたいと4人で参列。

沢山のお花で飾られた立派な祭壇。
40歳だったというご長男の遺影を拝見すると
優しそうで家庭的な方、会社では信頼されておられたのでしょう、
弔問客の列は長く続きました。

お嫁さんの横には4、5歳の坊やが。。。
そしてハンカチで目を抑えながら
多くの訪問者に頭を下げるKさん。
お焼香の時に目があったので「頑張ってね?」と
声にもならない言葉をかけると、
「ありがとう!」と目で返してくれたKさん。

親にとって子供を見送るほどつらいものはありません。
何を言ってもどう慰めてもKさんの気持ちを考えると
電話も手紙も書く気持ちになりませんでした。

IMG_3947c.jpg

ところが一昨日、
「長男の通夜に参列いただきありがとうございました。
・・・中略・・・
まだまだ話をすると涙が止まらず困ったものですが、
またいつかおしゃべりに誘ってくださいね・・・後略・・・」と
4人宛にメールが入りました。

思いがけなかった嬉しいメールに
「闘病生活もお辛かったでしょう。・・中略・・
貴女の無念さが胸に響きます。
おもいっきり涙してください。
ご長男のご冥福をそしていつかまた笑顔でお会い出来るように
いつもいつもお祈りしています。・・後略・・」と返信。

皮肉にもお会いしたこともないご長男のご不幸が
お母様と私達の架け橋になったようで「母をよろしく」と
お願いされているような、そんな気持ちになっています。

近い将来、元の仲良し5人組に戻れたら
本当に嬉しい事だと心から念じています。
ご長男様のご冥福をお祈りしつつ・・・合掌。

今日もたくさんのご訪問をありがとうございます。
クレマチスの中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/04 ] その他 | TB(-) | CM(0)

習慣ってホント 恐ろしい!。゚+(。ノдヽ。)゚+。


今日はちょっと寒いお雛まつりです。

9130p

昨年8月から始まった大規模修繕もそろそろ終盤。
私宅に近いエレベーターが昨日開通。
この約一ヶ月、反対側のあと一機の利用、もしくは6階まで
トレーニングと思って77段の階段利用をしました。

早速、乗ろうとエレベーターを呼ぶと

エレベーターc

エレベーターの外の文字は大きく表示され、
手すりも取り付けられています。(写真下左右)

IMG_4371c

ところが乗ってみるとドアの開閉のボタンが下のほうで
以前と同じ場所には「ひじょう」と書かれた黄色いボタンが有ります。
まだ慣れなので何回乗っても新しい”閉める”のボタンの場所には
手がいかず”ひじょう”の黄色いボタンを押しそうになります(涙)

今度のエレベーターはスピードが少し早いように感じ、
以前のものは必ず1階に戻っていたのですが、
今度のは降りた階でスタンバイしています。
これっていいのか悪いのかわかりませんが、
余計な電気代が要らないようにも感じます。

新しいエレベーターも気持ちいいですが、
荷物を持たない時は筋力トレーニングのつもりで
77段、頑張って上りたいと思っています。

IMG_4362c.jpg

5日から残り一機の工事。
車いすの方々の仮スロープを作る作業ですが、
現在駐車利用している7台は一ヶ月ほど
敷地内から近隣の個人駐車場に移動 。
移動された方々は不便な思いをされますがご協力を得ています。

IMG_4364c

まだ習慣が抜け切らない時が。。。
10年前のリフォームで給湯器を替えましたが、
管理会社の案内で50%オフになるので
この際、新しい物と交換することにしました。
風呂場内のリモコンはあまり変わりませんが、
キッチン横の壁のリモコンはちょっと不便さを感じます。

IMG_4365c

というのは以前の物は時刻が常に表示されていましたが、
新しいものはスイッチONにしないと時計が出てきません。
仕方ないので古い時計をキッチンに持ってきましたが、
時刻を知りたいときにはいまだに壁の方に視線がいきます。

また運転のON、OFFが以前は左だったものが今度は右端。
うっかりと「追い焚き」のスイッチを押しそうです。

でも便利な面もありました。
キッチンでお風呂に給湯したり、追い焚きもできます。
これってすごく便利で喜んでいます。

習慣って恐ろしいですね?なかなか癖が抜けきりません。
年をとるとこうも順応性がなくなるとは思ってもいませんでした。
早く頭の中を整理をしなくては・・・。

今日も最後までお読みくださってありがとうございます
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2014/03/03 ] 生活 | TB(-) | CM(10)

”二分の一成人式”ってご存知でしたか?またまた魚


今4年生の孫息子が幼稚園の時から
月一度、習っているフラワーアレンジメント。
最新のアレンジです。

優花育c

今、小学校では「二分の一成人式」というのがあるのですね。
これを知ったのは先日、小学校のPTAコーラス練習に行った時でした。
孫の国大付属小学校でも参観日を兼ねて行われたと
娘が写真を送ってきました。
「ニ分の一成人式」というのですから対象は10歳の4年生。
他の学年はただ参観だけだったのかもしれません。

10歳の成人式、おめでとう!
親はこれまでの子育ての10年間を振り返り、
子供はこれから将来を見据える良い機会かもしれません。

IMG_0743c.jpg

自由研究の発表をしたようで、
またまた魚が沢山出てきたようです。

747c

魚図鑑の1巻は「愛媛の魚編」、2巻は「鮭科の魚編」
3巻は「サメの種類編」
A4の紙3枚に裏表、ぎっしりと描いているのには驚いた、、、と娘。

749c

魚の特徴をとらえて描いているのは素晴らしいですが、
ばぁばが気になるのはこの文字。
もう少し丁寧に書いてくれればいいのだけれど(涙)

IMG_0748c.jpg

↑ 大好きな四コマ漫画も根気よく書いています。

IMG_4184c.jpg

過日送ってくれた胡麻がいっぱいのおさかなふりかけ。
右から3つめ、マグロを描いたそうです。

好きなことをトコトン追求するのはじいじそっくり。
春から5年生。算数は割合、分数の掛け算、割り算など
高学年になってくるとますます難しくなってくるので
運動も勉強も頑張って欲しいとおもうばぁばです。

今日も最後までお読みくださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
[ 2014/03/02 ] | TB(-) | CM(16)