八甲田山スキーは消化不良だったようです( p′︵‵。)

2017/ 02/ 15
                 

寒さも昨日までとか。。。今日から春らしくなるのでしょうか。
スキークラブ企画の八甲田山スキーももう10年。
ダンナ様はバックカントリーの魅力に取りつかれて
今年も参加しました。

IMG_7719-cropd.jpg

2月4日から8日まで4泊5日。
今回は現地から送られるダンナ様のメールは
何かしら不満がいっぱい!のような内容でした。
その理由はのちにお話するとして
まずは雪景色をご覧くださいね。

5日 9:10 元気よく山に向かって出発しました。

IMG_7730-cropd1.jpg

5日 10:30 お天気も良く気持ち良くこの斜面を滑ったそうです)

IMG_7731-cropd.jpg

10:30 あまり人が滑っていないブナや松の林。
バックカントリーの醍醐味です。
後ろを振り返って自分のシュプールを見るのは嬉しいものです。

IMG_7736-cropd.jpg

10:40過ぎ。。。

IMG_7734-cropd.jpg

平坦なところはテクテクと・・・。
(私、、この歩くのがイヤなんです)

IMG_7741-cropd.jpg

↑11:05 またテクテクと歩いています。
(あ~、写真を見ていてもしんどいです)

↓11:20 緩斜面になってやっと滑ります。

IMG_7749-cropd.jpg

雪が少なかったようで、木々もモンスターになっていません。

IMG_7752-cropd.jpg

お天気が良かったのは最初と最後の日だけ。
あとは強風でロープウェイやリフトが運休。
ホテルの前のゲレンデで滑ったり、
酸ヶ湯温泉に出かけたり・・・散々だったようです。

それ以上にがっくりしたのは
今までお世話になったガイドさん達が
独立したりで辞められておられたとか。

今年のガイドさんと面識は初めて。
そのガイドさん達も経験が浅く、
近場しか案内してくれなかったと、かなり珍しく憤慨!

帰宅してリュックを下ろすなり、お風呂も入らず
座り込んで話すので本当にストレスが溜まったのでしょう。

一昨夜「3月に一人でもう一度行って来るよ」とホテル予約。
ただ中学生の孫息子が、毎年春休みのスキーを
楽しみにしているのでその事も考慮していた優しいじぃじ。

一日中、一人で山滑りは私も心配ですが、
八甲田スキーは他のグループにも入れてガイド付き。
その点は安心ですが、怖いのは雪崩です。
まぁ、その危険性があればツアーも中止でしょうけれど。

2010年に行った私の初めての八甲田山スキーはお天気過ぎました。
過去のブログに「広大な大自然の中のスキーは整備された
ゲレンデスキーとは全然違った魅力的なものでした」と書いていますが、
スキー板を履いて歩く、担いで歩く、坂を登る、、、もうこれだけで体力消耗。
八甲田スキーは一回でギブアップしました。

でもね、歩け、担げ、、と言われればやりますが、
私の本当の気持ちはこうなんです。
「私が参加するとダンナ様があれこれ私を気遣ってくれるので
心から楽しめないでしょう。。。だから”歩くのは嫌だ!”と口実をつけています。
ワタクシって何と、ダンナ様想いの優しい奥様でしょう(笑)

IMG_7795-cropd.jpg
(ガイドさんと元気なメンバーたち)

 今日もご訪問をありがとうございます。
ブログランキングの応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村