スポーツ観戦の日♪ロジャー・フェデラー完全復活♪~


IMG_6819d

マイアミオープンテニスの準決勝が昨朝、8時から放送開始。
今年1月全豪オープンでラファエル・ナダルを破って
優勝した35歳のロジャー・フェデラーが
若き21歳のニック・キリオスと対戦。

家事を済ませて、朝ドラの最終回を見て、
夫婦して試合開始と同時にTVの前。
ダンナ様はいつもの試合に集中。
私はダンナ様のワイシャツにアイロンかけながらの観戦でした。

IMG_8180-cropd.jpg

長いストローク戦になるとフェデラーには不利になるので
早くポイントを取れるようにと祈ったのですが、
弾丸サーブの頭脳的キリオスも負けてはいません。

試合は3時間10分の死闘の末、フェデラーが
2-1のフルセット(すべてタイブレーク)で制し、
11年ぶり4度目の決勝進出。
決勝では第5シードのラファエル・ナダルと対戦です。

フェデラーは膝の手術のため昨年はトップ10から離脱。
しかしながらその復帰は超スピードでした。
深さ角度を自在に決められるストローク。
柔らかいタッチのボレーやネット際に落とせるドロップショット。

強力かつ正確なスマッシュは見ていても胸がスカッとします。
何より片手打ちのあのバックハンド。
胸を広げたフォロースルーで狙ったコースへ。
どのショットを見ても本当にテニス教本を
目の当たりにするような選手です。

IMG_8181d

今回、1位のマレーも2位のジョコビッチも不参加。
ラファエル・ナダルとの決勝戦は
10年前に戻ったようでとても楽しみにしています。

錦織圭選手は残念ながら準々決勝敗退でしたが、
またもう一度奮起して頑張ってもらいたいですね。

宇野昌磨d

ここ数年、スケートはあまり見なくなりましたが、
夜は男子フィギュアスケート世界選手権を観戦。
高橋大輔選手でさえ苦労していた4回転ジャンプがもう常識。

羽生結弦選手はショートプログラムから大逆転で1位。
2位は19歳の宇野昌磨選手。
彼の滑りというか、演技は素晴らしいものがありました。
曲は忘れましたが、ショートプログラムはゆっくりとしたテンポ。
曲の隅々までゆったりと美しく流れるように滑り、
観客にアピールするものがキラリ!と光りました。

昨夜のフリーはアップテンポの曲でしたが、
曲のリズムに乗ってメリハリのある表現も素晴らしい。
まだまだ伸びしろのある選手と感じました。

Jリーグでは我が鹿島アントラーズの試合も7時開始。
小笠原選手、ゴールキーパーの曽ヶ端選手も頑張っていました。
結果は1-0で大宮アルディージャに勝利。
2位から早く首位に立ってほしいですね。
昨日は朝から一日中、スポーツ観戦の日でした

 今日もご訪問をありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村


テニス | コメント(4) | 2017/04/02 00:05
 | HOME |