野いちごひとりごと

人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

花と樹木と日本庭園の小石川植物園♪


6日に小石川植物園に行った昨日の記事の続きです。
「小石川植物園」の正式名称は
東京大学大学院理学系研究科附属植物園。
植物学の研究・教育を目的とする東京大学の教育実習施設です。
この植物園は日本でもっとも古い植物園であるだけでなく、
世界でも有数の歴史を持つ植物園。

桜の他にも沢山の可愛いお花。
140年の歴史があるので珍しい樹木もたくさん。
少しご紹介しますね。

IMG_8365-cropd

↑ ご近所でよく見かける名無しさんのお花でしたが、
ハナズオウというのですね。

広くてピンクに染まったソメイヨシノ林を過ぎると
左手につつじ園がありました。

IMG_8302d

つつじの季節には少し早いですが、
それでも色鮮やかに咲いているつつじもありました。

IMG_8295d

あたりがパーッと明るくなったチョウセンレンギョ。
ビタミンカラーですね。

IMG_8309d.jpg

サンシュユはハルコガネバナ、アキサンゴ、ヤマグミと呼ばれるそうで
温めた牛乳にサンシュユの枝を入れ、
保温して一晩置くとヨーグルトができるそうです。(へ~ぇ!)

IMG_8332d1.jpg

シナミズキ・・・初めてみる木でした。マンサク科。 中国原産。
かんざしのような可愛い房のお花でした。

IMG_8320d

オオリキュウバイ・・・千利休が好んだことから命名。
バラ科のお花。
愛くるしい可愛い花びらはとても可憐でした。

IMG_8358d

どこにでも咲いているアヤメ科のシャガですが、
とりわけ母が好きだったので撮してきました。
とても優しい色です。

IMG_8339d.jpg

アセビ(馬酔木)は「馬」が葉を食べれば毒に当たり、
酔うが如くにふらつくようになる「木」という所から命名。
ツツジ科だそうです。

IMG_8308d

物理学者のニュートンには木から落ちるリンゴを見て
万有引力の法則を発見したといいますが、
その「ニュートンのリンゴ」もここに植えられています。

そうした記念樹の仲間には、「メンデルの法則」で知られる
遺伝学者のメンデルが実験に用いたブドウの分株、
「メンデルのブドウ」もありました。

ニュートンd

シューベルトの歌曲集「冬の旅」の第5曲の菩提樹。
ボダイジュ(菩提樹)は初めてみましたが、
ちょっとイメージが狂いました(笑)
でもお可愛いお花が咲くようです。

IMG_8323d

何だか異様な木ですが、メキシコラクウショウ。
下に出ているのは根っこだそうです。

IMG_8368d.jpg

スギ、ヒノキ林を通り抜け、坂を下ると
静かな日本庭園が開けました。

IMG_8348d.jpg

その向こうには赤い建物。
旧東京医学校本館(重要文化財)だそうです。

IMG_8344d.jpg

ハンノキ林や背の高いメタセコイアを眺めながら
正面玄関に戻りました。

スキークラブメンバー5人と爆笑したり、
感嘆しながら一時間半弱の楽しい散策。
ご案内いただいた幹事様、ありがとうございました。

IMG_8349d.jpg

さ~て今度は5時からお楽しみのお食事会です。
幹事さんを先頭に本郷3丁目までまた歩き。
この日は何歩歩いたのか、万歩計を忘れて。。。

N.jpg

散策に不参加のダンナ様も入れて11人。
過去八甲田山スキーに参加したメンバー。
私は2010年2月に最初で最後のスキーツアー。
もう7年も前の話。早いものです。
過去の記事 2010年八甲田山スキー

N3.jpg

次々とお料理が出てきますが、
それ以上に目の前に並べられた日本酒。
いつもビールかワインなので日本酒の香りは新鮮!

チビリチビリと味わいながらいただきましたが、
どれもサラ~っとして口当たりの良いこと。
でもグラスを空にすると家路が心配なので
味をきいたらダンナ様に手伝ってもらいました。

N2

最終的には14種類の日本酒。
お料理も美味しくお酒も美味しく・・・。

中村屋 お酒 001-cropd

でもそれ以上にメンバーとの語らいが楽しく、
「来年は是非八甲田山スキーに参加してくださいね。
一緒に楽しみましょう」と嬉しいお誘い受けました。
できればいきたいけれど・・・また考えましょう。

 今日もご訪問をありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
桜の中に応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村

FC2Ad