相次ぐ雪崩事故&2冊の本


風が吹くとどこからともなく、甘い香りが漂います。
あ、これはジャスミンの香り。。。
”え?もうそんな時季?”とご近所を見渡すと、
フェンスに沿ってジャスミンが。。。綺麗でした。

IMG_8684d.jpg

ジャスミンの名はペルシャ語の「ヤースミーン(神からの贈り物)」に
由来するといわれ、香りの王はジャスミン、香りの女王はバラ。

IMG_8683-cropd.jpg

香水やジャスミン茶の原料にも使用される花で、
ジャスミン全般の花言葉は、
「愛想のよい」「優美」「愛らしさ」「官能的」だそうです。

IMG_8685-cropd.jpg

登山講習中の高校生、教員の計8人が犠牲となった雪崩事故から1カ月。
沢山の若い命が雪崩で奪われたと残念に思っていたら、
今度は長野県北アルプスで37歳の男性が雪崩で行方不明。

新聞記事には「雪崩は標高2300mの大雪渓上部付近で発生」。
この大雪渓は年間を通じて残雪があり、
夏でも雪の上を歩くことができる人気の登山道。

IMG_8660-cropd.jpg

現にダンナ様はスキークラブメンバー達と
白馬岳登山に出かけた時、この大雪渓を歩きました。

良く知っている場所で雪崩事故は本当にショック。
長野気象台によると雪崩注意報も出ていなかったと言うから
余計に怖いです。

大雪渓へd

この写真は2008年、スキークラブの3人で出かけた白馬岳登頂の様子。
大雪渓を通り過ぎて小雪渓までは3時間少々。
結構、体力的にもきついので私は登ったことはありません。

この夏も白馬岳登頂を予定していますが、
雪崩が起きないにしても落石などに注意してほしいと思っています。

大雪渓から山頂方面d

夫婦で登山する機会があるので
日本山岳救助機構に加入していますが、
補てん金額支払い実績表をみると
遭難事故は穂高、蓮華岳 燕岳、白馬岳、槍ヶ岳などの
北アルプスが一番多いようです。

また富士山登山で高山病、道迷いや滑落、転倒があり、
時季としては7、8月が目立ちます。
願わくばこの機構にお世話にならないようにと祈りつつ、
少しでも山の事故が減りますように。

雪崩に遭われた行方不明の男性が早く見つかりますように。
そして雪崩により若くして亡くなられた8人のご冥福をお祈りします。

IMG_8662d.jpg

        

昨夏くらいからベッドに入ってからコンサートの楽譜を見たり、
歌詞を覚えたりする事が多く、今もすぐには眠れません。
活字が読みたくなって
近くのコミュニティーハウスで2冊借りてきました。

IMG_8661d.jpg

沢村貞子著の「老いの楽しみ」

八〇歳を過ぎて女優を引退し、夫の希望で住み慣れた一軒家から
海の見えるマンションへと引越した著者は、
齢にさからわず、気楽に生きる時間に楽しみを見出す。
女優時代のこと、下町気質の両親のこと、
生まれ育った浅草の思い出などを織り交ぜながら
「口に合うものを食べ、家人と語り合う幸せ」を
しみじみとかみしめる日々を綴る。


粋な着物姿で歯切れの良い良い喋っぷり。。
お料理もお上手で聡明な女優さん。
お顔や表情を思い出しながら読んでみます。

沢村貞子

しっぽちゃんという可愛い題名に惹かれて・・・。
「老いの楽しみ」から先に読んでいるので
また手付かずですが、可愛い動物たちのお話。
今から楽しみにしています。

しっぽd

 今日もご訪問をありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
我が家のミニ薔薇、グリーンアイスに
応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村
[ 2017/05/01 ] 本・映画 | TB(-) | CM(6)