G1レース 天皇賞(春)&ピンクの藤の花



昨日は気象庁の予報通り、
お昼過ぎから遠くで雷がなり始め、
そのうち辺りが暗くなって、稲光がし始めました。
頭上でバリバリガラガラドッカーン。。。とものすごい大きな音。
雨はシトシト程度で雷とも40分位で治まり、
その後、また明るい日差しが戻りました。

IMG_8682d.jpg

近くの公園の藤棚には50~70cmくらいの藤が・・・。
午前中にカメラを持って出かけました。

白の藤は見たことがあるのですが、このピンクは初めて。
とても可愛くてしばらく眺めていました。
藤の花を見るといつも日舞の藤娘が思い出されます。

IMG_8681d.jpg

日曜日はG1レース、「天皇賞(春)」でした。
結果はこの子、北島三郎さんのキタサンブラック牡5歳。
騎手は48歳の武豊。
人馬一体、、、堂々とした走りでした。

IMG_8733-cropd.jpg

私はいつもディープインパクトの産駒を応援していますが、
このレースには牡4歳の昨年の菊花賞、
有馬記念で優勝のサトノダイヤモンドが参戦。
騎手はクリストフ・ルメールさん。

IMG_8697d.jpg

ダービーが2位だったので三冠は取れませんでしたが、
素晴らしい成績です。

IMG_8692-cropd.jpg

他になんと出馬最年長の9歳の牡、ファタモルガーナと
4歳牡のディーマジェスティ。

ディーマジェステー

スタートと同時に17番のヤマカツライデンがすごい勢いで飛び出し、

スタート

そのあとを武豊騎乗の3番のキタサンブラックがピッタリとついていきます。
15番のサトノダイヤモンドは中間の位置。

IMG_8703d

最初からトップで走っていたヤマカツライデンに
疲れが見え始めると、キタサンブラックが距離を縮めます。

IMG_8709d

武豊の鞭が飛びます。

キタサンブラックd

今度はキタサンブラックが逃げる形になり、
6番のシュヴァルグランと15番のサトノダイヤモンドが追いかけます。

IMG_8715d

サトノダイヤモンドも勢いに乗ってきました。
テレビの前で「早く早く、行け!行け!」と声援を送るのですが、
早いレース展開で外回りを走っただけにスピードが伸びません

キタサンブラックd1

結局、サトノダイヤモンドは3着。
3200mの長い道中は初めてだったので
無理はないか・・・それにしても残念。

IMG_8722-cropd

キタサンブラックに騎乗の武さん。
昨年の有馬記念ではサトノダイヤモンドに勝利を譲っただけに
思い通りの走りに満面の笑み。
最後の直線は一人舞台。
天皇賞(春)連覇。。。素晴らしい走りでした。

IMG_8725d.jpg

キタサンブラック、、、今年引退予定ですが、
10月のフランス凱旋門賞に出馬なのでしょうか。
新聞にはオーナー、北島三郎さんの
「フランス語を勉強しなくては」というコメントがありました。

馬体も大きく体力もありそうなキタサンブラック。
それなりの風格が出てきました。
海外優勝も夢ではありません。

IMG_8691d.jpg

現在、JRA歴代最多勝記録および
歴代最多騎乗数記録保持者である武豊騎手。
1992年、この天皇賞(春)で連覇したメジロマックイーンに騎乗。
ディープインパクトと息子のキズナにまたがるなど、
強い馬に恵まれています。
48歳。。。まだまだジョッキーとして活躍してほしいです。

IMG_8732d.jpg

 今日もご訪問をありがとうございます。
ブーケの中に応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村
[ 2017/05/02 ] 競馬G1レース | TB(-) | CM(0)