今日はちょっとぼやきで申し訳ありません (-_-) 

2017/ 07/ 10
                 

夏の鮮やかな色の花の中に遠慮しがちに咲く小さな小さなお花。
ご近所のコムラサキの可愛い花が咲き始めました。

IMG_0421.jpg

少し涼しくなる9月頃、この小さなお花は
丸い紫色の実をつけます。

コムラサキE
(昨年撮したコムラサキの写真)

良く似ているムラサキシキブは
やや背が高く、実も大きめ。
実は比較的バラバラにつき、
花の柄の根元と葉っぱの柄の根元が
ほぼ同じところについている。

コムラサキはやや背が低く、実も小さめ。
実は枝に沿ってかたまるようにつける。
花の柄の根元と葉っぱの柄の根元が
ちょっとズレたところにつきます。
 

IMG_0421.jpg
    
今日はちょっとぼやいています。
お聞き苦しいですが。。。ごめんなさい。

考え方が根本的に違う人にはどう説明しても
どう説得しようとしても平行線をたどるものなのですね。

先日のコンサートは昔、12人ほどで音楽活動をしていたうちの
2人(ピアニストCさん、ギタリストDさん)との共演でした。

12人の仲間のうちの身勝手なAさんの為に
会を解散したのですが、
4月頃に「Aさん以外で会を復活することにしました。
またご一緒にいかがですか?」とピアニストCさんからのお誘い電話。

入会する否やは会則ができてからと思っていたのですが、
7月3日のコンサートに声楽がいないので出演してくださいとのお話。
気持ちよく引き受けたのはいいのですが・・・。

チラシとプログラム作成は初体験のCさんが作ってくれましたが、
チラシはまぁまぁとして、プログラムが問題でした。

CさんはA4の真っ白な紙に左側に出演者3人のプログラム。
右は私が歌うヘンデルのアリアの解説文のみ。

プログラムの表紙は?」と尋ねると「ないよ!」との返事。
コンサートのタイトルや日時会場を書かないと。
プログラムは歴史なんだから

「そう?でも要らないんじゃない?」

2部のみんなで歌う曲目は?」と聞くと
歌詞カードに書いてあるので必要なし」と。
コンサートの曲目はすべてプログラムにいれないと・・・」
そう?。。。要らないと思うけど」Cさん

こりゃだめだと歌詞カード作成係の声楽のMさんに話すと、
「演奏する曲目は全て書かなきゃ。娘にやらせるから」と
子育て中のお嬢様が表紙付きの
素敵なプログラムを作ってくださり、ヤレヤレでした。

IMG_0516-cropE.jpg

でも一難去ってまた・・・
「Mさんのお嬢様がお忙しい中、プログラムを作ってくださったので
3人でお菓子でもお礼をしませんか?」とお誘いしました。
てっきり”賛成~!”とお返事をもらえると思っていたのですが、
CさんとDさんの二人の返事は
そんなことは必要ないので、やりたい人がやればいい
何という返事。これにはメールの文字に目を疑いました。

誰も何千円、何万円もの金額を言っているのではありません。
3人でたかが2~3000円のことにどうして同意できないのか、
また感謝の気持ちを表せないのか、、、と理解できませんでした。

でもCさんDさん側から考えてみると
*あの表紙のないプログラムで満足なのに
(私が)勝手に余計なことをしたからお礼は貴女がしなさい。
*部外者を頼らず、自分達のできる範囲で会を継続しよう。
*なるべく余計な出費は控え、お金はかけない。
ということなのでしょうか。

でも私の言い分としては
*入場料1000円も取っているのだからメモのようなプログラムは
お客様に対して失礼だし、会としてみっともない。
*表紙のないプログラムは記録として残らない。
*3人でお礼をするほうが頂いた方も嬉しいもの
と。

こりゃ、いくら話してもダメだと、
Mさんのお嬢様にはお手紙をつけた焼き菓子を
私の気持ちとさせていただきました。

180度も違うような考えの人がいるものだと、
つくづく思い知らされました。
この二人と私との考え方はこのままでは交わることはなく、
いつまでたっても平行線のままでしょう。

朝顔b  朝顔b  朝顔b

コンサート後、「入会は見合わせていただきます」とメールしましたが、
「そんなこと言わずに一緒にやりましょう」と
お返事がきたのは声楽のMさんとSさん。
あの平行線のCさん、Dさんからはいまだに梨のつぶて。
きっと”うるさいのは来なくていい”と思っているのでしょうが、
私もあの二人がいる以上、この会に在籍することはありません。

楽しくもない記事を最後までお読みいただいて
本当にありがとうございました。

 毎日、深夜0時5分に更新しています。
ブログランキングに参加しています。
ハイビスカスの中に応援ポチをしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村