年の瀬の素晴らしい「第九」に大興奮!


2日の日曜日は待ちに待ってたバイエルン放送交響楽団
指揮マリス・ヤンソンスのベートーヴェン交響曲2番と9番。
JR桜木町駅、日曜とあって家族連れで大混雑。
横浜みなとみらいホール付近の大きなクリスマスツリーは
毎年デザインが変わって大人気です。

8027p

久しぶりの桜木町。いつも会場へ直行する旦那様を
家に残し、一人であちらこちらでウィンドショッピング。
会場で懐かしい(?)旦那様の顔。喉が渇いていたので
二人してホール2階のドリンクコーナーでまずはビール半分こ。
この¥600のビールはホール会員の
年4回のソフトドリンク無料券利用(余計に美味しい!)

8026p

座席は1階C11列20番、ど真ん中ですが欲を言えば
もう4、5列後ろの方が嬉しかったです。

開演のドラが鳴り、オーケストラメンバーが着席して
チューニング。この時から綺麗な柔らかい音。
楽器の音が静まり返ると今年ウィーンフィル・ニューイヤコンサートで
大フアンになったマリス・ヤンソンス氏がにこやかに指揮台へ。
ベートーヴェン交響曲第2番が始まりました。

第九

ベートーヴェンの9つの交響曲の中で、
あまり聞くことがなかったこの曲でしたが、とても魅力的な曲。
第2楽章のロマンティックな旋律も美しいですが、
特に4楽章は華やかで聴いていて明るく希望が持てそうな・・・。
またベームかフルトベングラーを聴いて
家でゆっくりとおさらいをしてみたくなった曲でした。

20分の休憩後、第九の合唱団数十名が舞台の最後列に着席。
ソリストは3楽章の前で舞台中央、指揮者の横へ。
細身のソプラノのクリスティアーネ・カルクさんはオレンジがかった赤。
アルトの藤村実穂子さんが綺麗なブルー。
対照的な美しい色が舞台を引き立たせます。

ヤンソンス氏が棒を振り下ろすとそこはもう「第九」の世界。
今や世界中で「歓喜の歌」として歌い続けられている
4楽章の永久不滅のこの歌は
ドイツの詩人、シラーの「歓喜に寄す」の詩に
ベートーヴェンが曲をつけ1824年初演。
その3年後にベートヴェンは亡くなっていますが、
魂が込められたこの曲は今も世界中に鳴り響いています。

8028p

ライブで聴くのは初めてのバイエルン放送交響楽団。
ウィーンフィルやベルリン・フィルとはまた違った音色。
華やかな派手さの中にも渋い響きがあり、
楽章が変わるごとに景色が変わるような多様性があり、
木管楽器やホルンの明るい音も爽やか。
豊かな響きが楽しめたオーケスラでした。

ちなみに今回の第九のオーケストラの配置
バイオリンが舞台の左右に別れる昔の並び方。
例その2をご覧ください。

バイエルン放送合唱団も素晴らしい音色と声量。
本場ドイツの合唱で第9が聴けるとは。
さすがにドイツ語の発音は見事。
ホールいっぱいに鳴り響き、
「第九を聴いた!」という満足感でいっぱいです。

ソロ歌手はソプラノのクリスアーネ・カルク。
華やかで綺麗なリリックの素晴らしい声。
アルトにベテランの藤村美穂子。
テノールのミヒャエル・シャーデ、バスのミヒャエル・ヴォッレ。
贅沢な顔ぶれで素晴らしい歌唱力でした。

8018p

初めてのヤンソンス、指揮棒と手を巧みに使い分けながら
音楽への情熱に満ちあふれた細かい指示。
またまた大フアンになりました。
これだけの演奏はそうそうには聴けないほどの大感動。
2012年、思い出の「第九」になりそうです。

今日もお立ち寄りくださって
ありがとうございました。
寒くなりました。お身体大切になさいますように。
応援のワン・クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2012/12/04 ] 音楽 | TB(-) | CM(11)

みなとみらいは、私の大好きなホール。
バイエルン放送交響楽団 良いものをお聞きになりましたね。
第九はチケット取るのも難しそうだし、何しろせわしない年の暮れだしと、昔からあきらめモード。年の瀬にコンサートを聞きにいけるのは、いったいいつになるのかしら?
それにしても、C-11-20って、いったいいつチケットを取られたのかしら?すごいですね(笑)
ご夫婦でよいひと時を過ごせたようで、こちらもうれしくなりましたよ。
[ 2012/12/04 01:44 ] [ 編集 ]

もう第九、至福のときだったのですね?
2012年をしめくくる、素敵なひとときですね。
合唱つき、一度ライブで聴いてみたいです。 
昨年のニューイヤー・コンサート、思い出しました。 
今年も年末年始、素晴らしい演奏に出会えそうですね。 
それにしても豪華な師走の幕開けでしたね。 
[ 2012/12/04 05:28 ] [ 編集 ]

v-254チーママ様へ
みなとみらいホールも今年で15周年だそうです。
サントリーホールともども、通いました。
いいホールですね。
チケッとは今年5月か、6月頃先行予約で取りましたが、
座席指定はできなかったのでラッキーな席でした。
欲を言えばもう少し後ろがベストでしたが。
お忙しいチーママさんには申し訳ないコンサートでした。
お身体、ご自愛下さいね。

v-254こふで様へ
私も第九はあまり聞きに行きませんが、
10年くらい前にサヴァリッシュをみなとみらいで聴きました。
第九を聞くと師走、、、改めて感じました。
年末年始、素晴らしいコンサートが楽しみですね。
[ 2012/12/04 06:13 ] [ 編集 ]

ご主人より一足先の みらとみらいブラブラはどうでしたか?
クリスマスモードで 観て回るだけで ウキウキして来ますね。
大ファンのヤンソンス氏の指揮 そしてすばらしい第九の世界に
野いちごさんの大満足の様子が伺えます。
これで 師走の慌ただしさも乗り切れそうですね。
[ 2012/12/04 06:57 ] [ 編集 ]

v-254アリス様へ
買い物好きの夫ですが、一緒だと何だか急かされているようで、
一人ゆっくりとのんびりと・・・買わなくても楽しい時間でしたが、
疲れたら演奏中、睡魔が来るのでホドホドにしました。
この第九は名演でした。思い出に残る素晴らしいコンサートで、
少々高いチケットでしたが、その甲斐はありました。
寒いので掃除がはかどりません(涙)
[ 2012/12/04 07:03 ] [ 編集 ]

おはようございます。
憧れです~~こういうの~(笑)
一度この時期に「第九」を聴いてみたいといつも思います。
いろいろ専門的なことがお分かりになって、その良さを十分満喫されたのですからうらやましいです。
私など何も分からないのですがきっと心に響くと思います。
クリスマスツリ-も綺麗ですね。
もう何年も前に友人と横浜にいった時にみたツリ-に感動したことを思い出します。
[ 2012/12/04 07:26 ] [ 編集 ]

v-254yasukon様へ
おはようございます!
お元気ですか?
年の瀬の第九は忙しさもあってなかなか聴く機会がありませんでしたが、
ヤンソンスさんなので出かけました。
心が洗われ、癒され、元気づけてくれる音楽の力は
素晴らしいものですね。
色んなクリスマスツリーを見ますが、
ここのは背が高くて立派です。
沢山の子供さんたちも大喜びで記念撮影。
人が写らないようにと思っても難しものがありました(涙)
[ 2012/12/04 08:40 ] [ 編集 ]

街なかはどこもここもクリスマスムードいっぱいですね
第九とは野いちごさんも、もうすっかりクリスマスを
満喫できたのではないでしょうか
素敵な師走でしたね
[ 2012/12/04 12:18 ] [ 編集 ]

v-254megu様へ
あまり出かけていないので多くの人出にびっくりでした。
クリスマスツリーに少々焦りを感じます。
久々の第九、素晴らしい演奏に満足でした。
寒いのでお掃除がちっともはかどりません。
早く暖かい日差しが欲しいですね。
[ 2012/12/04 16:17 ] [ 編集 ]

こんばんは♪

私も「第九」を生で聴いたことがありません。
一度だけ「にわかコーラス員」で歌ったことがあるだけです。
ぜひとも本場のを聴いてみたいなぁと思います。

それにしてもご夫婦での鑑賞はいいですね。うらやましいです。
夫はいつも「共通の趣味が欲しいねぇ」と言いますが、こういった高尚な趣味を共有してくれるかどうか・・・。
[ 2012/12/04 20:48 ] [ 編集 ]

v-254ゆんこ様へ
第九が良く演奏されるのは12月で忙しい時ですよね。
でも歌われたことがあるのですね。
長い音符が続きブレスが続きませんね。
私は合唱もソプラノのソロも経験しましたが、
素晴らしい曲でベートヴェンを本当に尊敬します。

夫婦しての同じ趣味は楽しい時間、話題にもことかきません。
スポーツでも絵画でも興味を持たれたもので充分です。
何か見つかればいいですね。
[ 2012/12/04 21:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する