野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

身近かな横浜みなとみらいホール


8918p

JR横浜駅の隣駅、桜木町のみなとみらいホール
ピアニストの松井明子先生が入っておられる
横浜合唱協会の定期演奏会、ブラームスの「レクイエム」を聴きに
一昨日出かけましたが、駅前は日曜日とあって朝から大混雑。
ランドマーク隣接のランドマークプラザのショップも賑やかでした。

ぷらざp

↓ クイーンズスクエアから通じる
横浜みなとみらいホールのエントランスロビーには
綺麗なサーモンピンクの壁画が。。。
1998年みなとみらいホール落成記念に
田村能里子さんが「季の風奏」を寄贈された作品だそうです

みなとみらいホールp

↑ 道路沿いの正面玄関は少し殺風景。

「あまり良くない席だけれど」と申し訳なさそうに明子先生。
いただいた指定席は2階のLC3-1。
2階はあまり座ったことがなかったのですが、
舞台の3分の1ほどが見えづらく音も仕切りの壁でアンバランス。
上から見ると1階の空席があったので
2部の「レクイエム」では会場スタッフにお願いして
1階の席に移動させてもらいました。

8925p

でも2階席はカモメの彫刻が施されているパイプオルガン、
"ルーシー"と同じ高さなので演奏時にはバッチリかも。

8927p

100人近い合唱団に続いて
東京バッハ・カンタータ・アンサンブルの楽団員が着席。
就任40年という指揮者八尋和美氏(やひろかずみ)の手が静かにおりました。

横浜合唱団p

2曲目「我が祈りを聞きたまえ」のソプラノソロ、天羽明惠(あもうあきえ)の
艶があり、統一された声の響きがとても美しく、良く歌っておられました。

今回初舞台の明子先生は「みんな熱心なのよ。合宿もあるし、
出席率まで公表されるから」と。でも明子先生も熱心。
前々日の夜「Rの舌巻きができない、どうしたらいい?」と
お電話が入りました。
舌巻きの練習法、”ある、ある、ある”と言いながら
舌を柔らかくして最後は巻いていく方法をお教えしましたが、
果たしておできになったでしょうか。

どの団員も本当に真剣に取り組んでおられるのでしょう。
アマチュア・コーラスとは思えないほど洗練された演奏でした。

今日もご訪問をありがとうございます!
応援のポチをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

COMMENT

行った事ないですが桜木町のみなとみらいホール立派ですね。
ビックリしてまいました。1階と2階があるのですね。
音響効果もバッチリでしょうね。

パイプオルガンのあるホールって素敵ですよね。
座ったとたんに音楽の世界にいざなわれそう!
練習につぐ練習、合唱も音があってこそなんでしょうね。 
昨日、PCメンバーの合唱が趣味のおじさまが、
練習中にひとりが倒れて救急車と…脳貧血ですぐ回復
されたそうですが、頑張りすぎ?なんて話がでました。
コンディションを整えるのは大変な日々でしょうね?
巻き舌はできます^^

このMMホール 4年前に一度だけ パイプオルガンを聴きに行ったことがあります。
こんなところでコンサートが出来るなんて 
アマチュア冥利につきそうですね。
みなさんコーラス以外の他の分野の音楽をやってるのでしょうか?
1階の席に移る事が出来てよかったですね。

♪しょこらろーず様へ
関西在住では新幹線利用で大阪のフェスティバルホールまで行っていましたが、
こちらにくると素晴らしいホールがたくさんあります。
特にこのホールはパイプオルガンもあってまだ新しくて綺麗です。
3階までありますがまだ座ったことがありません。
どんなふうに聞こえてくるのか。。。一度座る価値がありそうです。

♪こふで様へ
パイプオルガンのあるホールって、どっしりとして格があがりますね。
合唱のお好きな高齢者は多いですね。
歌うと血圧が上昇。私も気をつけなきゃ。
明子先生がドイツ留学されていたのに
舌巻ができないと悩んでおられました。
何でもないことですができない人には難しのかもしれません。
こふでさん、すごい!

♪アリス様へ
コーラスでも大きなそれも有名な舞台に立てるなんて・・・素敵ですね。
私も故シノーポリ指揮の第九を歌いましたが、
ここは舞台から客席を見ても素晴らしく感激でした。

明子先生が言われるには男性は早稲田、東大、慶応のグリーの方が多いようです。
折角だったのでいい場所にと学生時代以来、初めて席を替わりました(笑)

●お早うございます~♪

流石大都会の横浜は素敵なホールですね
いつも野いちごさんの音楽の文章はお勉強になります
何度も注意された巻き舌の方法も分かりやすく練習したら
出来る様な錯覚を抱きました ドイツ人は巻き舌の出来ない
日本人が不思議なようですね

♪kamome様へ
おはようございます!
今朝は寒いですね。
舌巻は小さい時に良く男の子がしていたのを聞いていたので、
不思議でしたが、中学の時、声楽を始めた時
まず先生に練習さされたのが舌巻でした。
日本語で舌巻はでてきませんね、
使う人はちょっと怖い人(笑)

このホール、横浜市のご自慢でしょう。
近くて嬉しいです。

おはようございます。
パイプオルガンのあるホ-ルなど広島市にはありませんのでさすが!!って思わされます。
立派なホ-ルでの合唱 気持ちが良いでしょうね。
日々の練習の成果もばっちりでしたでしょう。
横浜の合唱団のお世話を長年されていた人の事を書こうと思いましたが名前が出てきません。
又の機会に・・・(笑)

こんにちは♪

ステージを囲むように座席があるんですね。
それにしても合唱団というのはたくさんあるんですね。
それだけ歌を愛する方が多いのでしょう。

アマチュアということですが、ふだんは会社員などをされているのでしょうか。

♪yasukon様へ
こんにちは!
こちらでは川崎やNHKホールなど結構設置されているホールがあるので
パイプオルガンはあって当然のように思いますが、
場所も費用もかかるので並大抵ではありませんね。

大きなホールの演奏は大声が張り上げられて気持ちがいいですね。
合唱団の方、なんというお名前でしょうね。
お世話なさるのも大変です。
思い出されたらお教え下さいね。

♪ゆんこ様へ
こんにちは!
客席が舞台を取り囲む「ワインヤード型」といいますが、最近はこれが多いです。
横浜は特に合唱団が多いのではないかと思います。
コーラス人口が多いのでしょう。ママさんコーラスもすごい数です。
職業を持たれて趣味で歌っておられるのでしょうね。
でも高齢の方も目立ちました。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ