素晴らしい!これぞ八甲田山スキーです!


旦那様はスキークラブの仲間と8人で
節分の前日、2~6日まで青森県の八甲田へスキーに出かけました。
八甲田はいくつかの山の総称で八甲田山という名の山はないそうです。
旦那様が写した写真で私も楽しみました。

7325s

さすが青森、八甲田リゾートホテルのねぶたです。

7345s

ゴンドラ(101人乗)に乗り10分で到着する田茂萢岳山頂駅からは、
八甲田の山なみだけでなく、陸奥湾、津軽・下北両半島や津軽平野、
岩木山と360度のパノラマが楽しめます。

7357s

場所によっては蔵王に負けないくらいの
大きい立派なモンスターができるそうですが
この写真ではチト負けてるような(笑)

7361s

アオモリトドマツの樹氷、綺麗ですね。

7424s

↑ 林をくぐり抜けてやって来たクラブメンバー。
林の中は背の高い人は身を屈めて滑るので大変。
私なんぞ、楽なものでした。

7429s

↑ お~、深雪!転んだら一人では起き上がれません。
旦那様いわく「後ろの方で悲鳴がした!」と。
きっと白くまちゃんになったかも・・・。

7421s

綺麗ですね~ぇ。
誰も滑っていない雪面を滑るのは気持ちがいい!
ここに美しく綺麗なシュプールを描いてみたいものです。

7351s

滑ってきた所を振り返るのも楽しみ。
達成感と満足感が味わえます。いいな~。。。

7447s

山はご機嫌の良い日ばかりとは限りません。
ご機嫌斜めのほうが多いのかも・・・。

7391s

みなさんには悪いですが、これぞ八甲田山の厳しさ!が良くわかります。
お天気の悪い日は視界が悪く、斜面も地面も見えません。
怪我には充分な注意が必要です。

あ~ぁ、頭にもいっぱい雪を積んで・・・寒そう!!
汚い話ですが、寒い時は鼻水が垂れるんですよ(笑)

↓ 他のグループの方々と一緒の時も休憩には
チョコレートやキャンディがどこからとなく回ってきますが、
これがまた実にいい!
苦労(?)を共にしている仲間という親近感が湧いてきます。

7395s

ここはまた素晴らしい。。。

7362s

下へ下へと滑ります。
白い恋人達のメロディーが聞こえそうですね。

7365s

↓ ブナの木に雪が。。。「雪桜といいます」と
以前、ガイドさんが教えてくださいました。

7368s

↓ 平坦なところはエンヤコラと歩いたのでしょう。
私、これが一番嫌いなんです(怒)

7369s

毎年お世話になっているホテル。
この雪が落ちてきたら。。。と思うとぞ~っとします。

7413s

夕食時に楽しんだという日本酒。
女性も含めてみんな酒豪ばかり。
旦那様は3本のワインを背負って行ったのですが、
それは食後酒だそうで・・・。

日本酒s

私がたった1回でギブアップした2010年八甲田山スキー
毎年楽しみに参加している女性軍には頭が下がります。
みんな偉い!良く頑張りました!拍手!

八甲田8s

楽しい仲間とご機嫌の旦那様。
誰も怪我もなく無事にご帰還。
今年も八甲田山制覇、おめでとう!!

      

8959p

4日月曜日「にっぽん百名山」で八甲田山の紅葉を観ました。

8953p

この鮮やかな景色も今は美しい銀世界。
このブナやアオモリトドマツが今やすべて樹氷。
四季折々を楽しめる八甲田山。
今度は目にも鮮やかな紅葉を満喫したいです。

お土産p

お利口に留守番をしていたので美味しいおみやげです。
オーブントースターで温めて・・・。

今日もご訪問をありがとうございます!
応援のポチをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

[ 2013/02/08 ] 国内スキー | TB(-) | CM(12)

頭やリュックに雪を被ったメンバーの写真にびっくりしました。
私も若かりし頃、一泊で出かけた蔵王スキーなどでは 大雪だろうと
頑張って 樹氷の林間コースを滑った事、懐かしく思い出しました。
女性陣も頑張っていますね。野いちごさんも 来年はぜひ!
そうそうパイのお菓子は チンして食べるとおいしいですね。
[ 2013/02/08 06:34 ] [ 編集 ]

八甲田といえば辛い行軍ですが、このお写真たちは
まるで白い恋人達、頭の中をあの名曲が駆け巡ります。 
素敵です、白銀の世界。
こんなところをスイスイと滑るのはなんと気持ちのよいこと?
天気の悪いときの雪は、自然の厳しさを感じます。 
紅葉も美しいでしょうね。
[ 2013/02/08 06:44 ] [ 編集 ]

白銀の世界

おはようございます!
朝一番、素晴らしい白銀の世界を眺めさせて頂きました。
さすが東北八甲田!積雪も半端ではなく、日光とは比べ物になりませんね。
颯爽と冷たい風を切って滑るスキーの楽しさ、面白さはほんの少しですが経験があります。
3月頭、蔵王にまたスノーシューに行くんですよ。私、蔵王は初めて。
八甲田に優る樹氷が見られるのを楽しみにしています。
2010年八甲田スキーの記事も読ませていただきました。
来年は野いちごさんもまた是非チャレンジなさってください。
お互い健康に留意して冬の山を満喫しましょうね。
[ 2013/02/08 07:13 ] [ 編集 ]

✿アリス様へ
蔵王のあの樹氷は芸術ですね。
スキーヤーだけでなく観光客も沢山来られます。
厳しい八甲田山をそのまま伝えているような写真、
夫に「これ!傑作!」と鑑賞する立場から叫びましたが、
本人たちは辛いですよね。
スキーを担ぐ、履いて歩く、、、これだけは勘弁って感じですが
体力を養ってまたトライしたいです。

✿こふで様へ
あの演習中の遭難の映画はロープウェイ駅で上映されていましたが、
今から楽しいスキーをと思っている私達には
あれを観ると気持ちが沈んだのを覚えています。
お天気が良いと心までルンルン、私は気持ちがいい時は
いつも白い・・のメロディーを口ずさみながら滑るんです。
次は紅葉鑑賞に出かけたいです。

✿夢路様へ
おはようございます!
私は根性なしで一回きりですが、
体力のある人にはゲレンデスキーとは違って魅力的だと思います。
頼もしいお姉さま方です。

蔵王のモンスターには寒さの厳しさが
目のあたりに見せつけられて本当に感激します。
観光とスノシュー、どうぞ楽しんでいらしてくださいね。

私もまたトライしたいと思いますが、
一年でも早いほうがいいですよね。
白銀で楽しむため多いに頑張りましょう。
[ 2013/02/08 07:38 ] [ 編集 ]

あぁー羨ましい!
さっぽろ雪祭りなどで軟化してしまった自分を悔やんでいます。
「来年は絶対に行くぞ」と息巻いていますが、それまで足が持つかが問題ですが!?
[ 2013/02/08 09:34 ] [ 編集 ]

✿Dom様へ
お帰りなさいませ。
雪まつりも素晴らしかったでしょう。
また楽しみに見せて頂きます。

何てことを、Domさんが弱音を吐くなんて。。。
大丈夫です、主人が太鼓判を押していますから。
是非是非、参加して下さい。
私も又行きたくなりました。
お天気さえ良ければ、、、歩くところがなければ、、(笑)
東北のお天気回復してくれればいいですね。
いよいよ来週です。楽しみ。。。
[ 2013/02/08 12:22 ] [ 編集 ]

雪桜 良い呼び名ですね。本当に美しい。
とても楽しませていただきました。ご主人様に、ありがとうとお伝えくださいね(^^)
[ 2013/02/08 20:54 ] [ 編集 ]

✿チーママ様へ
雪桜、、本当に桜が咲いたようで綺麗です。
楽しんでいただいて良かったです。
夫にチーママさんのメッセージを伝えたら、
ニヤニヤしていました。
ありがとうございました。
[ 2013/02/08 21:55 ] [ 編集 ]

こんばんは♪

私も「雪桜」という言葉に惹かれました。
日本人はこういう言葉を生みだすのが得意ですね。

それにしても写真を見るだけでもかなり雪が深く、難関なコースだったことがわかりますが、ここを颯爽と滑り下りられるんですね。

野いちごさんはこんな所も滑られるんですね。
「すごい」という言葉しかでてきません。

ダンナ様、無事のご帰還、おめでとうございました。
[ 2013/02/08 23:54 ] [ 編集 ]

✿ゆんこ様へ
綺麗な名前ですね。まさにそのとおりでしたよ。
わび、さびの世界を持っている民族的なものでしょうか。
ちょっと大げさでした(笑)

深雪や新雪は特別なスキー板(ファットスキー)があり
それならちょっと楽にたのしめます。でも下手な人は下手ですが(笑)
私が行った時には昔の普通の板でした。
今ならもっと上手に滑れるかも。
来週末は盛岡網張へ夫の案内でクラブ仲間と行き、
今年も皆さんに楽しんでいただけるように、私もサポートします。
怪我のないのが一番、ありがとうございます。
[ 2013/02/09 08:00 ] [ 編集 ]

No title

八甲田山の雪景色、見とれてしまいます。素晴らしいですね。それに雪が深いことにもびっくりです。圧雪していないところ、一度だけ行ったことがありますが、板のコントロールがしづらくてひっくり返りそうでした・・・。
私には到底行けそうもない所なので、なおのこと憧れてしまいます。
雪まみれになっていらっしゃるお写真から、映画を思い出してしまいました・・・。

東北はまだ一度も行ったことがありません。冬は無理でもせめて新緑か紅葉の季節にでも訪ねてみたくなりました~。
[ 2013/02/10 14:09 ] [ 編集 ]

No title

✿E-KOMO様へ
自然が織り成す様々な景色、本当に素晴らしいですね。
その中で過ごせる幸せをいつも感じます。
深雪や新雪は難しいですが、無理に曲がろうとせず、
板の動くままに滑れば楽ですよ。
関西では三浦雄一郎さんがプロデュースした
ハチ北高原に子供達を良く連れて行きました。
 
東北では田沢湖まで足を伸ばし、
今週末は盛岡の網張と岩手高原へ出かけます。
八甲田山の美しい秋の景色、是非行ってみたいと思います。

[ 2013/02/10 15:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する