2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

人生の目標に”置かれた場所で咲きなさい”


8889p

一昨日、コニュニティハウスでお借りした
渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」
一度是非お読みしたかった時に、ブログ友達のyasukonさんが以前、
ご自身のブログ
で上手にまとめながら詳しく書いておられたので
この本を手にした時には嬉しくて、一気に読んでしまいました。

9330p

第1章~4章に分かれていますが、
どの章も宗教に偏らない「生き方」についてのお話。
それぞれに愛ある言葉や温かい励ましの文字を目にします。

9331p

とりわけ第3章の「いぶし銀の輝きを得る」
何と奥深い素敵な言葉。。。
若い時の私なら「そりゃ、ピカピカの金のほうがいいわ」と
負けん気を表面に出し、鼻先を空に向けていたでしょうが、
60も半ばになり、若い時のように身体や頭が動かなくなってきた今、
よそさまのご親切に対して感謝の心や頭を下げる謙虚さを
自分でも驚くほど自然に身につき始めています。

”いぶし銀の輝きを得る”
少しでも輝きを増すように努めたいと思います。

9332p

第4章の「祈りの言葉を花束にして」
涙が出そうになるほど美しい言葉ですが、
実践するには容易なこと事ではありません。

9333p

ここでは来日された74歳のマザー・テレサを
「祈りの人」と書かれています。
長旅でお疲れのマザーにはいつも微笑みがありましたが、
その理由を明かされたとか。
「私は神様とお約束がしてあるの。フラッシュがたかれる度に
笑顔で応じますから、魂をひとつお救いください」と。
まさしくマザーは「祈りの人」

9336p

私達が手を合わせて神に祈るとき、
いつも自分のことを祈ることが多いですが、
誰かの為に祈る時こそ本当の祈りになるのですね。
唱えるだけではなく、心から祈る人に。

9338p

1927年生まれというから現在86歳、
これまでに壮絶な人生を歩んでこられています。

お父様とは9年間しか一緒に過ごすことがなく、
2・26事件では目の前で襲撃され、
シスターになられてからはうつ病を患われたとあります。
また膠原病、その薬の副作用で骨粗しょう症など
多くの困難や病気を乗り越えられたのは
「置かれた場所で咲きなさい」
まさにそのものではなかったでしょうか。

不服を言わず、感謝しながら
また日々、老いていく我が身を素直に受けとめながら
私も置かれた場所で静かに咲いていたいと思いました。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございました。
シニアブログランキングに参加しています。
応援のポチをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村




[ 2013/03/13 ] 本・映画 | TB(-) | CM(10)

No title

宗教に偏らないところが、不信心な私にでも
身にしみそうですね。
ご自身の生い立ち、生き方に重みがある分、
ことばにも重みがありそうです。
こちらでのレビューで、もう半ば読んだ気に
なりました。
つらいときに読むと元気がでるでしょうか。 
[ 2013/03/13 06:07 ] [ 編集 ]

No title

本の売上ベストテンに長い事入ってましたね。
タイトルが押しつけがましくて あまり気に留めてませんでしたが
とてもいい内容みたいですね。
図書館には もう予約すらしていません。
私も 野いちごさんの感想で 読んだような気になってます。
1年後か2年後に 図書館で見かけたら 読んでみたいと思います。
[ 2013/03/13 06:38 ] [ 編集 ]

No title

v-254こふで様へ
優しい言葉で分かりやすく書いておられるので
一言一言が身にしみます。

でもなかな実行するには難しいものがありますが、
まずはひとつでも身につけばと思っています。
内容が分かってしまい、楽しみがなくなられたかしら。
ごめんなさいね。
もっとはやくシスターを存じ上げていたら
私の人生観も変わっていたかもしれません。

v-254アリス様へ
人間のあるべき道を宗教からだけでなく、
道徳からも話されていてすんなり受け入れられました。
まだまだ人気、他にも著書がたくさんあるようなので
またお読みしたいと思います。


[ 2013/03/13 07:33 ] [ 編集 ]

No title

おはようございます。

素晴らしいご紹介で私など穴に入りたいです。
リンク有難うございました。
新聞で読んだのか、ご本人が「あまりキリスト教の事を前面にだしてお話をするのは好きではありませんが、聖書には・・・」と書いておられたのを思い出します。
聖書になじみのない方でもこうして前置きされると自然と読み進んでいかれるよな気がします。
どなたでも読めて心に染み入る言葉の数々。
お人柄ですよね。
[ 2013/03/13 07:43 ] [ 編集 ]

No title

渡辺和子さんのこの本、気になっていましたが、宗教のところでちょっと引っかかっていて、ためらっていました。宗教心の薄い私でも、すんなり入れそうな気がしてきました~。

新聞やよそ様のブログ等で見て読みたいと思った本は、いつも手帳にメモっているんですよ。さっそくそのリストに加えようと思います・・・。
[ 2013/03/13 10:36 ] [ 編集 ]

No title

v-254yasukon様へ
あまりにyasukonさんがお上手に書かれていたので
簡単にと思っていましたが、次々と書きたくなってしまいました。

今思うと過日NHKで対談があったのを見逃してしまい、
本当に残念に思います。
貴重なお言葉はカトリックで育った私だけでなく、
どなたでの胸に染み渡りますね。
素晴らしい本のご紹介をありがとうございました。
またリンク貼らせていただいてありがとうございました。
[ 2013/03/13 10:49 ] [ 編集 ]

No title

v-254E-KOMO様へ
私もベストセラーになった時から気になっていたので、
やっと手にすることができました。
シスター様ですがカトリックの精神から離れて
話されているので違和感はないと思います。
メモをしておられるのはすごいですね。
是非是非、お読み下さいね。
[ 2013/03/13 10:53 ] [ 編集 ]

No title

こんばんは♪

yasukonさんの所でも拝見していました。
「置かれた場所」とは、私にとって取り合えずは今住んでいる場所かなぁと思います。ここに住んでいることも何か意味があるのでは、と。
[ 2013/03/13 21:35 ] [ 編集 ]

祈り

本を手にとって見た事がなかったので
とても嬉しく読ませてもらいました。
有難うございます。
祈りという言葉は好きな言葉です。
自分の為でなく誰かの為なのですね。

 
[ 2013/03/13 22:37 ] [ 編集 ]

No title

v-254ゆんこ様へ
yasukonさんがご紹介くださって是非ともお読みしたいと思っていたら、思いがけず目にしました。
ゆんこさんの海外生活も長いですが、
度の国にでも精一杯暮らしておられ、
立派にご自分の花を開かせておられるには尊敬です。
これからも大きな花を咲かせてくださいね。

v-254しょこらろーず様へ
お役に立ててよかったです。
私も自分が弱いので毎晩のように反省しながら祈りますが、
いつも自分のことばかり。
これからは多くの方々のためにも祈って
花束を大きくして行きたいです。
[ 2013/03/14 05:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する