陸中海岸国立公園 美しい浄土ヶ浜へ


姉宅の庭の可愛いチューリップ。風に揺られてゆ~らゆら♪~
見ていると自然と微笑みが・・・。可愛い!♪~

848c

21日、朝からお天気も良く、
立山スキーに行った旦那様の張り切っている様子が
雪の美しい山々の写メールとともに入ります。

義兄さんと姉と3人で陸中海岸国立公園の宮古市の景勝地、
浄土ヶ浜に出かけました。
名前の由来は天和年間(1681~1684)に
宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖が「さながら極楽浄土のごとし」と
感嘆したことから名付けられたと言われています。

943c

白い岩肌と緑の松。そして透き通った真っ青な海と高い空。

939c

絵に描いたような美しい光景をバックに、
穏やかに寄せては返す白波に海の好きな私はワクワクしました。

938c

あれは何年前だろう、、、
子供達が幼い頃この浄土ヶ浜で泳いだ時、
子供ながらに海底が見える水の美しさに感嘆しながらも、
あまりに水が冷たくて
3人の唇が真っ青になった事を思い出しました。

963c

↓ あの恐ろしい震災から2年過ぎましたが、
このターミナルビル展望台の下は復旧工事で通行止め。
また浄土ヶ浜に行く途中の海岸付近は通行止め区間もありました。
こんなに穏やかで美しい海が、
牙をむいて襲ったとはとても信じられません。

964c

ミャーン、、ミャーンと猫のように鳴くウミネコ。

ウミネコ

浄土ヶ浜にはどこを見ても
あのヒッチコックの映画「鳥」を思いださせるようなウミネコの群れ。
今にも襲ってきそうな鋭い目。

ウミネコもカモメもチドリ目カモメ科。
全く別種の鳥というわけではありませんが、
見分け方は主に「口ばし」と「足」と「羽」で区別できるようです。
 
ウミネコは口ばしは黄色で先端部が黒。
最先端部に赤斑があり、足は黄色。
尾羽にウミネコの特徴の黒い帯があり、
光彩は黄色でその周りに赤いアイリングがあります。
 
ウミネコ1

海岸近くにも草むらにも・・・。そして恋の季節です♪~。

遥か沖に目をやると小型船が洞窟探検“青の洞窟”へ。
ウミネコが餌がもらえるかと船の周囲を飛んでいます。

遊覧船

青い海を滑るように真っ白な遊覧船。
出港時刻が合わなかったので乗船しませんでしたが、
あの当時、乗船中、ウミネコやかもめのエサやりに子供達も大はしゃぎ。
空中に投げたり、手でやったり・・・懐かしいです。

923c

↓ 美しい浄土ヶ浜をあとに釜石市を通って盛岡への帰路。
海はホタテの養殖場が目立ちました。
昔のように水揚げ量が戻ればいいですね。

966c

話は前後しますが、浄土ヶ浜に行く前に宮古市田老を通りました。
2年過ぎた今も更地になったところや崩壊された姿のままの建物が
当時の被害の大きさを物語っていました。
この場で地震や津波で亡くなられた方のご冥福をお祈りして合掌。

宮古

この日、お義兄さんは350km近く一人で運転。
可愛い妹のために頑張ってくださいました。
ありがとうございました" ゚☆,。・:*:・゚★o(´▽`*)/

姉花

帰宅すると庭の可愛いお花が出迎えてくれます。

花壇

↑ 2008年、09年に作ったエジプトのツタンカーメンの赤エンドウ
ブロ友のemikoさん(ブログ 手作りを楽しむ毎日)に初めていただき、
採れた種を送ったら、姉夫婦は毎年、芽が出るのを楽しみにしています。
滞在中にもう弦も出てきたので畑に移すとか。
沢山の収穫があればいいですね。

ほっけc

滞在中、外食をしようと姉が言ったのですが、
「家でゆっくり食べるほうがいい」と我儘な妹。
ラム鍋や甘くて柔らかい新鮮な鰹のお刺身、
手作りのお惣菜を等など頂きましたが、
なかでもこの食卓。
我が家では考えられない魅力的なメニュー。
珍味で愛情いっぱい!とても美味しかったです。

姉はこのホタテ御飯をおむすびにしてくれたので
帰りの新幹線で頂きましたが、
これがまた泣けるくらい優しい姉の味でした。

楽しい4日間、姉妹っていいな?とつくづく思うと同時に、
これで大阪の姉がいたら
もっと楽しい旅行になったろうとちょっと残念でした。

たわしc

姉宅に珍しい赤いスズラン。3株持って帰りましたが、
ベランダは暑いので育つかどうか、心配です。
何だ、かんだとお土産に。
ピカピカになる手作りのアクリルたわしは重宝です。

姉はとても綺麗好き。家の中もタンスの中も引き出しも、
どこもかしこもきちんと整理整頓され刺激を受けます。
帰宅後すぐに大掃除と片付け・・・。
でも姉の足元にも及ばないこの妹。あ~ぁ、、、。

今日もご訪問をいただき有り難うございます!
盛岡の旅はこれで終わりました。
最後までお付き合いくださってありがとうございました。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


[ 2013/05/25 ] 旅行 | TB(-) | CM(6)

浄土ヶ浜、極楽浄土のごとくですか?本当にきれい!
雑音もなく、ウミネコの声と波の音、癒しの景色でしょうね?
あの震災のあとも、美しく何事もなかったかのようですね。 
お姉さまのお宅、お花もお食事も魅力的、スローライフな
感じがからだによさそうですね。 
整理整頓がお上手なのは、耳にチクっと刺激がきました。 
そうありたいですね。
[ 2013/05/25 06:09 ] [ 編集 ]

お早うございます~♪

懐かしい地名が沢山出てご一緒させて頂いた気分です~♪
震災の爪痕はもう少し早く復興できないのか~??
いつも思いますが 頑張って欲しいですね
それにしてもご姉妹皆さんがお元気で旅が出来るって
お幸せですね~
山菜の美味しそうなお夕飯に読みながらお腹が反応しますぅ~
[ 2013/05/25 07:01 ] [ 編集 ]

✿こふで様へ
本当に極楽浄土のようで美しい風景でした。
ウミネコは群れになっているのでちょっと恐怖感もありました。
私はモタモタしていますが、大阪の姉も二人共手早く料理するのでびっくりです。
家の中、まだ木賃宿です。
[ 2013/05/25 07:02 ] [ 編集 ]

✿kamome様へ
浄土ヶ浜、行かれたことがあるのですね。
綺麗なところですよね。

車中からも瓦礫や仮設住宅がたくさん見え、
本当にお気の毒だと感じました。
今、大地震来襲で騒がれていますが、
明日は我が身、怖いですね。
姉は料理上手、美味しかったです。
[ 2013/05/25 07:08 ] [ 編集 ]

楽しいお姉様との4日間、いい思い出になりましたね
浄土ヶ浜、きれいで素敵なところですね
まだまだ余震で落ち着かないようですが
早く穏やかな日が来るといいですね
お姉さま宅のピンクのチューリップ、フリルで
かわいらしいですね
赤いすずらん初めてみました
すずらんは元々は野生なので意外と元気に毎年咲いてくれます
我が家のは普通の白ですが。
[ 2013/05/25 14:49 ] [ 編集 ]

✿megu様へ
前日、地震がありちょっと心配でしたが、
その後余震もなく良かったです。
姉は釧路で震度5も経験しているので4くらいまでは平気なようです。

赤いスズラン、今夫が鉢植えをしてくれました。
ちゃんと育つといいですが。
meguさん宅は元気でしたね。
白は清楚で綺麗ですね。
ピンクはどんな感じか、楽しみです。
[ 2013/05/25 15:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する