野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

こんな珍しいものは初めてですΣ(@д@;)


八重のどくだみも珍しいのですが・・・・、

八重のドクダミ

寝室のカーテンを開けてベランダに目をやると初めて見るものが・・・。
これ、なんだとお思いになりますか?

IMG_1524c

上から見るととても可愛いです。

IMG_1525c

本当はこんなふうに咲いているのを目にしたのですが、
触るとポロポロと落ちてしまって・・・。

IMG_1512c1

もうおわかりでしょうか、これは君子蘭の実。
この中に柔らかい種があり、
種を採って育てることもできるそうです。

IMG_1512c

今年も4月に綺麗に咲きました。
でも花が終わると
いつもすぐに茎から切って株を休ませますが、
寝室のベランダの君子蘭はそのままになっていました。
そうしたら別の花が咲いたような可愛い君子蘭の実でした。

君子蘭の種ができるまでを読んでみましたが
とてもとても種から育てるなんてことは私の手にはおえません。
物好きな旦那様もあまり興味が無いようだったので、
残念ながら、さよなら~しました。

299c

ほったらかしにしていた君子蘭には申し訳なかったですが、
こんな可愛い実ができるのだということがわかっただけでも感謝です。

 ~  ~  ~  ~ 

ここから下は虫虫さんの写真ですので
苦手な方はパスなさってくださいね。
でも薔薇の中に応援のポチをお願い致します。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

毎夕、幼稚園へ孫を迎えに行っていますが、
5月末あたりだったでしょうか、見たこともない珍しい虫虫さんが
桑の葉の中にウジャウジャと数えくれないくらい動いていました。

虫好きの私でさえ、さすがにちょっと後ろに引きました。
5回ほどの脱皮が終わって
今はもうすっかり7、8cmくらいの大きさになったの幼虫です。

IMG_1565c.jpg

↓ 繭を作って中に入っています。
蚕の生態は良くわかりませんが、最後にはガになるのですね。

昨日、園長先生がいらしたのでお話を伺いました。
カイコの卵を学校での教育や研究用として配布している
シルクセンター国際貿易観光会館(シルク博物館)まで
毎年、取りに行かれるようで、
園庭には桑の木を7本植えておられるとか。
湯につけて糸を取り出したり、羽化するのを園児たちに見せるとも
おしゃっておられました。

真っ白になったこの繭を年長さん達が家へ持って帰るそうですが、
若いママちゃん達の反応はどうなのでしょう。
孫は来年もらえそうで、今からばぁばは楽しみです。

IMG_1566c.jpg

 クルム・伊達公子、見事3回戦進出。
2004年、47歳だったマルチナ・ナブラチロワを超え
最年長記録更新です。
次の相手はランキング1位のセリナ・ウイリアムズ。
体力が心配ですが、打倒!セリナ、、、頑張って欲しいです。

今日もご訪問を有難うございます。
シニアブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

COMMENT

君子蘭の実、面白いですね。
でも種から咲かせるのは大変そう。
コンフェデカップ イタリア対スペイン戦、
今延長戦の後半です。
ウィンブルドンは 錦織選手も 三回戦進出ですね。
お孫さんのお迎え 毎日となると大変ですね。
繭玉は 顔を洗うのに使えるのでは?
京都のお土産屋さんで売っていたような?

おはようござます。
我が家の君子蘭もいつも花が終わると切るのですがいまだにそのままになっている我が家です。
でも切った方が良いですね?
この実を見てみたい気もしますが(^^ゞ
お蚕さん 実際に見るのは苦手ですが画像は最近大丈夫になりました(笑)
来年が楽しみですね♪

君子蘭、昔実家にもあったけれど
最近、とんと見ていませんでした。 
かわいい実ですね。
まゆ玉は、どこだったか、ランプシェードに
使われてました。
お蚕さん、よく見たことがありませんでした。
チラッと気持ち悪い^^
お孫ちゃんのお迎え協力、ご苦労さまです。
昨日あった友人は、今度1歳の孫を
全面的にみると言ってました。 
今や、ジジババの協力なしではいられない
時代かと思います。 
伊達さん頑張って~!

v-254アリス様へ
テニスが終わったらサッカー、
結果は見たくないので追っかけ再生です。
イタリアと思いましたが、、、PKは可哀想ですね。
ブラジル、スペイン面白くなりました。
何の植物でも種からは根気が入り大変。夫も知らん顔、仕方なく捨てました。

伊達さんも錦織も勿論、実力も技術もいりますが素晴しい精神力。
頑張って欲しいですね。
繭玉で洗顔?スクラブ感覚でつるつるになるのでしょうね。

v-254yasukon様へ
おはようございます!
いつも嫌な画像でごめんなさいね。
蚕は初めてみるので私も気持ちが悪かったですが、毎日覗いていました。
こんな可愛いまゆ玉になるなんて、不思議です。
来年、私ももらって来ます。

花が終わったらすぐに切るほうが株が弱らないそうですが、
この君子蘭はほったらかしでした。
でも幸いに可愛い実が観られて良かったです。

v-254こふで様へ
君子蘭も花を咲く年と咲かない年がありますね。
こんな可愛い実ができるとは思いませんでした。
ランシェードに繭は素敵ですね。
この幼虫さえ想像しなかったら・・・。
ちょっとグロテスクでした。

私の友人もずーっと孫預かりでなかなか逢うことができません。
それを思うとおにぎりを作って、夕方迎えに行くだけですからマシでしょう。
ママも頑張っているのでばぁばも頑張ります。
伊達さん次はセリーナ、食い下がって欲しいです。
それにしても伊達さん、あの肩から腕についた筋肉は
相当、筋トレされたのでしょう。まるで男でした。

おはようございます♪

どくだみは強い香りですが、私は好きです。
お花可愛いですよね。
八重のどくだみはまだ見た事が無いです。綺麗なお花ですね。
君子蘭はよく見かけますが、注意深く見た事が無かったので気がつきませんでした。君子蘭の種は大きいと思ってました。私、知らない事多いです(笑)

蚕、懐かしく拝見しました。
私の住んでる所は、昔は養蚕農家が多かったので、名残りでしょうか今でも桑の木は多いです。
今は養蚕をなさってる方はいませんけど、、、
でも、機織りは盛んな町なんですよ。

またおじゃまさせて下さい☆♪





v-254かのこ様へ
おはようございます!
この八重のどくだみは昨年頂いた時の写真ですが、いつみても可愛いお花です。

君子蘭はお花が大きいので種も大きい物と思いますね。でも小さくて可愛い実でした。
蚕を幼稚園で見るとは思ってもいませんでした。
私も知らないことが多く、かのこさんにははまゆうも教えて頂きました。
ブログではみなさんに教えていただくことが多いです。

こんにちは!

君子蘭
はじめて見ました。
蘭というと
胡蝶蘭しか見たことないので…

蚕の事も
よく知りませんが…
糸を取るということくらいで…
テレビで時々見ますので…

知らないことばかりで
いつも勉強になります (^O^)/

こんにちは♪

君子蘭は種からだったんですね。
あんな立派な花だから、球根だと思っていました。

幼稚園なら鶏とかうさぎを飼って命の大切さを教えるのかと思っていましたが、蚕なんですね。
小さい頃から虫を見ていたら、気持ち悪いと思わないようになるかもしれませんね。(汗)

v-254クリオネちゃん様へ
君子蘭、初めてご覧になりましたか。
ほったらかしですが、強いのでしょう、枯れずに咲いてくれます。

私も蚕のことは良くわかりませんが、
自分の身体から糸を出すなんてホント信じられません。
気持ちが悪いですが、絹は必需品。大切に育てたいですね。

私もブログの皆さんにはたくさんの事を学ばせてもらっています。
どなたもよく勉強しておられるので感心します。

v-254ゆんこ様へ
こんにちは!
そう言われれば球根のような気がしますね。
種からは気が短いのでとても育てられません。
この幼稚園、うさぎも鶏もいないんですよ。
どうして蚕なのでしょうね。
そのところをお聞きするのを忘れました。
きっと園長先生がお好きなのかも。。。
ゆんこさんお嫌いだったのに・・・。
コメントをありがとうございました。

こんにちは
実生の株が数本育っています。開花するか?楽しみです。
昔、パパイアの種を蒔きましたら、ゾロゾロと若木が…
いっとき楽しめました。

歳がばれますが、強制疎開の延長で父の実家で過ごしたのですが、
養蚕もしてまして、夜中に蚕さんが桑の葉を食む音がなんとも
不気味でした。

よく桑の実を食べて口の周りが紫いろに。
「まちぼうけ」の歌詞にある木のねっこは桑の切り株なんですね。
「守株待兎」(しゅしゅたいと)。そう言えば地図で見かけた桑畑の
Yの字に似た地図記号って健在なのかな?

規格外の繭を大きな鍋で煮て、繭を伸ばしながら真綿を作っていました。
寒い時期の外出時に背中に入れてもらった記憶があります。
又、近くの里山で緑色の繭をよく見かけました。貴重な繭だと後で知りました。

v-254 ROM3 様へ
まぁ、それは素晴しい。
お花が咲くのが楽しみですね。
植物や動物を育てるのは根気と愛情がいります。

真綿を作られたのですか?
貴重な経験をなさいましたね。
この蚕さん達も立派に育ってくれえばいいですが。
日本歌曲には桑の実などが出てきますが、
このへんではみかけません。
幼稚園でじっくり観察してこようと思います。

●綿の花とオクラの花

真綿作りは手伝いと言うよりお邪魔虫だったでしょうね。

広くは無かったですが綿花も作付けしていたんですよ。
子供でしたが綿花摘みの経験はあります。でも殻が痛くて…
休憩時間になると決まって大人たちが「鉄一貫目と綿一貫目はどっちが重い?」
私は「鉄!」と。でも誰も正解は教えてくれないのです。
そのうち分かる時が来ることを、待ってくれたのだと思います。

ところで、綿の花ってご存知ですか?
オクラの花とそっくりなんです。
ベランダで挑戦! いかがですか?

●ひえ~

最初の写真みたら、「かわいいお花」って思ったのに、その次の蚕の。。。。

あれはさすがに悲鳴あげそう!(笑)
だけど、こういった虫さんたちがいて、自然の中で育ってるってことを身を持って知れる環境っていうのは、本当に大切にしたいなと思います。
Iちゃん、どんな反応だったんだろう。。。
こちらに来たらもっとすごいのいるよ(笑)

●No title

v-254ROM3様へ
オクラは作ったことがありますが(夫が)、
綿の花はしらないので調べたら確かにオクラとそっくり。可愛いですね。
でも挑戦は無理なようです。


そうそう、どちらも一貫目なのに、
私もよく聞かれました。
懐かしいクイズです。


●No title

v-254aco様へ
貴女は小さい時から虫が苦手ですね。
数が半端じゃなかったから私もちょっと、、、。
Iは「かいこだよ」と平気だったので
もうすでに慣れたようです。逞しいです。
自然界でたくさんの生き物が頑張っている様子は
励まされます。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ