野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

永遠の美男子 市川雷蔵 ♪~


過日北海道旅行をしたという幼なじみののぶちゃんから
チングルマでしょうか、可愛いお花の写真が送られてきました。

北海道c

メールには「大雪山の黒岳に登った時、縦走路に雲の平というところがあって、
お花畑があると前日泊まったユースで聞いたので、そこまで足を延ばしました。
そこは雪渓の残る山に囲まれた広々とした所一面に
チングルマや沢山の高山植物が咲き誇っていました」
と。
綺麗な景色・・・。ありがとう!のぶちゃん!

7月18日だったでしょうか、午後1時から始まるBSプレミアムで
長谷川一夫主演「次郎長富士」に
大々大フアンの市川雷蔵が出ていたのをあとになって知り、
とても悔しい思いをしました。
7月17日は私の誕生日ですが、
なんとこの日は1969年37歳という若さで
直腸、肝臓癌で亡くなった雷藏の命日でもあります。

毎年命日前後に放送があるのですが、
うっかりとチェックしていませんでした。
それから目を光らせていると同番組で8月1日、
股旅物の「沓掛時次郎」が放送されました。

何年か前、ブログに眠狂四郎で中村玉緒と共演の記事を書きましたが、
この日は久々の雷藏を見ることができました。

雷藏4

志村喬は時次郎たちをかばって味方になるいい親分さん。
おきぬ役の新珠三千代、最後は死ぬのですが可愛くて綺麗でした。
杉村春子の宿の女将さんも強気でいい演技。お若かったのですね。
しかし唯一、いただけないのが主題歌や挿入歌を歌う橋幸夫。
フアンの方には悪いですが、ちょっと!?・・・。

<あらすじ)
股旅小説の巨匠・長谷川伸の代表作を映画化。
渡世の義理からやむなく六田の三蔵を斬った沓掛時次郎は、
死に際の三蔵に妻おきぬと幼い息子太郎吉を託され、
追っ手から二人をかばって旅に出る。
堅気になろうとする時次郎だったが、病に倒れたおきぬの薬代のため
再びヤクザのけんかに身を投じる。

・・・とまぁ、こんなお話ですが、そんなことは二の次。
私はあの美男子の雷藏の顔と
口に物を含んだようなあの声が聞きたいだけです。

IMG_1946c.jpg

切れ長の目で鼻筋もとおり、ふっくらとした唇。
上品で理知的で・・・綺麗な顔立ち。

IMG_1947c.jpg

ちょっと影を落とす淋しい表情には
私もそうですが、女性フアンは母性本能をくすぐられます。

IMG_1953c.jpg

渡世人から足を洗って流しになった雷蔵もかっこいい!
同じような声でしたが、雷藏自ら歌ったかどうかはわかりません。

IMG_1961c.jpg

あ~、この複雑な表情。
何やら言いたげな、それでいて言っちゃいけないような・・・。
フアンにイライラ、ウジウジさせるのも雷藏の魅力のひとつです。

私が雷藏フアンになったのは音大3年生だったと思います。
毎晩のように眠狂四郎、大菩薩峠、手討ち等の時代劇や
陸軍中野学校、鍵、炎上、ある殺し屋の現代物などの
雷藏の映画があり計45本は観ていますが、
きっと亡くなられた追悼番組だったのでしょう。
とても綺麗で美しい男優さん。それにこもった声も素敵!
もうひとめ惚れも一目惚れ。
それから40年以上、ずーっと雷ちゃんフアンです。

IMG_1827c1.jpg

今週8日は本郷功次郎と共演した「濡れ髪三度笠」。
義理人情、お涙ちょうだいの時代劇と違って
きっと笑顔が素敵コミカルな演技が観られると思います。

お元気ならば80歳のおじいちゃん。
ちょっと想像がつきませんが
きっと素敵に年を重ねておられたでしょう。
改めてご冥福をお祈りします。

雲ノ平登山に出かけた旦那様でしたが、
悪天候のため一日早く下山。昨夜遅く無事に帰宅しました。
色々とご心配をお掛けしました。

今日もご訪問をいただきありがとうございました。
シニアブログランキングに参加しています。
クレマチスの中に応援ポチをよろしく願いいたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

COMMENT

●No title

本当に美男子!
早逝したイケメンは
ハンサムなまま記憶に留まるので
永遠の美男ですね。
赤木圭一郎やジェームス・ディーン、
今生きてたらと思ったりします。 
お誕生日が一緒は、何かのご縁?
思い入れも掛け算になりそうですね。
リアル雷蔵さんを好きになるには、小学生だったので
記憶にないのですが、なにせ、本門寺のお葬式には
連れていかれたので、昭和の一コマに思いを馳せます。
新珠さんも若くてかわいいですね?

●No title

v-299こふで様へ
もう見ていてもため息がでそうなハンサム、イケメンです。
どういう因果か誕生日と命日が一緒とは・・・。
忘れようとて忘れられません。

赤木圭一郎やジェームス・ディーンも早かったですね。
大阪の姉がジェームス・ディーンが好きでがっかりしていました。
いつまでも若い時そのままの面影で心に残りますね。
そうそう、お葬式に行かれたこと、以前のコメントでもいただきました。
大勢の方のお見送りだったでしょう。
新珠三千代、綺麗でした。昔の宝塚出身の方が品があって素敵です。

●No title

ご主人の無事の帰宅、何よりですが お天気が残念でしたね。
ご主人、雨の中の山行で、お疲れではありませんか?
私も 市川雷蔵というと リアルでは知らないのですが
写真をみると 憂いを含んだハンサムさんですね。
現代劇ものには あまり出演されてないのでしょうか?
生きていたとしたら80歳ですか?きっと加藤剛のように 
渋いおじいちゃん役を演じる役者に なっていたのかな~なんて
想像してますが でも早逝すると 一生人の記憶に残りますね。

●No title

野いちごさんは雷蔵さんのファンでしたか。
私、お名前だけは知ってまいたが、作品はよく知らなかったのです。
でも、さいきんCSの時代劇番組で雷蔵さんの作品をたくさんやるので、見るようになりました。
ホント格好いいですよね。

●No title

おはようございます。
ご主人さんも、無事にお帰りになり、お疲れ様でした。

市川雷蔵、ハンサムでかっこいいですね!
大ファンなのですね。わかります。
若い頃良く観ていましたね。憧れて
「こんな人と?」なんて夢みていましたね(笑)
私若い頃は「舟木一夫」のファンで、テレビに
でたもんのなら、ドキドキ、ハラハラ!!
思い出しますね。
ちなみに、主人は、橋幸夫似かな?(若い頃)
ごめんなさい。
野いちごさんが、素敵な気分になってらっしゃたのに
申し訳ありません。

●No title

v-299アリス様へ
ありがとうございます。
昨夜遅く帰宅して今朝はお寝坊でした。
でも元気ですのでご安心ください。

市川雷蔵を知っている方は年配の方ですね。
色気のある男優さんで本当に惜しいことをしました。
今元気でおられたら・・・と思いますが
お若い顔のまま私達には永遠の恋人になります。

●No title

v-299YUMI様へ
もう長年の大フアンです。
時代劇専門チャンネルがありますね。
雷藏は150本くらい作品があるので
結構ご覧になれるかも知れません。
是非フアンになってくださいね。

●No title

v-299駒止めおばちゃん様へ
すごくイケメンでしょう。
今、雷藏を抜く男優さんはいないかも。

舟木一夫、今でも高校3年生ですね。
懐かしい歌です。
夫は誰にも似ていないようにに思います。
誰かな?考えたことがなかったです。
あまりない顔なのかもしれません。

●No title

こんにちは♪

私も市川雷蔵さんの名前は知っていても、お顔はよく知りませんでした。
あの時代にこのお顔、それはそれは女性の心をぎゅっとつかんだことでしょう。
37歳で亡くなられたことも知りませんでした。

志村喬さんも時代劇には欠かせない俳優でしたね。懐かしいです。

ダンナ様は勇気の決断で山を下りて来られたのですね。ご無事で良かったです。それがなによりです。
早速ビールを飲まれたかしら?

●No title

v-299ゆんこ様へ
私もギュンと掴まれたひとりです。
若かったので進行も早かったのでしょうね。
惜しい方を亡くしました。

志村喬さんは渋い役者さんでしたね。
今度はいい親分さんで登場。
さすがにお上手でした。

夫は天候の回復がないのであきらめたようです。
今写真の整理に頑張っていますが、
あれこれ説明したいらしくて忙しい私にはチト、迷惑なんです。
あのビールは今夜です、
どんなお味でしょうね。楽しみです。

●No title

こんにちは!
先日野いちごさんと雷蔵さんのことおしゃべりしたばかりでしたね(笑)
同じファンとおっしゃて嬉しくなった私です。
長女が生まれた時奥様のお名前と同じにしようと思ったぐらいです。
諸事情で叶いませんでしたが今でもその時のことを思い出します。
皆さん懐かしい方ばかりですね。

ご主人様 よきご判断だったのでしょうね。
残念でしょうがそれもまた大事な山登りのル-ルですね。
ゆっくりビ-ルを・・・(笑)

●No title

v-299yasukon様へ
そうでしたね、雷藏談義でした。
yasukonさんがフアンだったとは思いもしませんでした。
雷ちゃんは本当に何の役でもこなす男優さんでした。
私、馬鹿殿役の雷藏が好きなんです。
8日楽しみに観ます。

一日、早く帰宅して正解でしたが、
明日から晴れマーク。
一週間間違いました。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ