野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

小澤征爾完全復帰♪サイトウ・キネン・フェスティバル


29日深夜BSで8月23日から松本で開かれた
「サイトウ・キネン・フェスティバル」の舞台裏や
本番のオペラ「こどもと魔法」など、
3時間ほどの録画を一昨日、楽しみました。

IMG_2367c1.jpg

静養中から2年ぶりに復帰した小澤征爾氏。
「棒を振ることが楽しくて仕方がない!」と言った
喜びに満ち足りた笑顔の表情は体調も回復され、
完全復帰を飾るにふさわしい、
エネルギッシュにあふれた素晴しい演奏でした。

IMG_2430c

↓ 公演初日、中核メンバーとして活躍し、この5月に逝去された
バイオリニスト潮田益子(うしおだますこ)さんの
追悼する曲が演奏されましたが、
団員の方々はお元気だった潮田さんの面影を偲ばれていたのでしょう、
本当に心打たれる厳かな祈りの演奏に感激しました。

IMG_2435c

いよいよ小澤征爾指揮、モーリス・ラヴェル作曲歌劇子どもと魔法が始まります。

IMG_2419c.jpg

反抗期のいたずら坊やと
擬人化された椅子や茶碗や時計、
それに動物たちが織り成す可愛い幻想的な物語。

オペラcあ

このユーモアとウィットにあふれる音楽を茶目っ気ある
小澤征爾さんが棒を振ると不思議な世界に引き込まれます。

2008年、現地で見た「利口な女狐の物語」の演出、
ロラン・ペリーも見事な舞台を作り上げていました。

オペラc2

歌劇「こどもと魔法」
<出演>
イザベル・レナード(こども)
ポール・ガイ(ソファー、木)
イヴォンヌ・ネフ(母親他)
アンナ・クリスティ(お姫様他)
マリー・ルノルマン(雌猫、リス)
エリオット・マドーレ(大時計、雄猫)
ジャン・ポール・フーシェクール(ティーポット、カエル他)
藤谷佳奈枝(肘掛け椅子、コウモリ)

合唱:SKF合唱団、SKF児童合唱団
指揮:小澤征爾
管弦楽:サイトウ・キネン・オーケストラ
演出:ロラン・ペリー

IMG_2418c.jpg

もう一つ大きな話題を呼んだのが9月6日、最終日。
ジャズピアニスト大西順子トリオと
小澤&サイトウ・キネン・オーケストラの初共演。
昨年、演奏活動を退いた大西さんを小澤さんが説得して
実現された舞台だそうです。
曲はガーシュウィン作曲「ラプソディー・イン・ブルー」

大西順子

その練習風景は二人の音楽家が
厳しいディスカッションをしながら一つの作品を
丁寧に見直し、楽しみながら作り上げていく様が
画面からも伺えました。

IMG_2429c.jpg

本番の小澤征爾氏、絶えずリズムに乗って弾き続ける
ピアニスト大西さんに半ば呆れたかのように、、、
また感心しているかのように聞き入っていましたが、
何度も打ち合わせをしていた箇所はさすがです、
オーケストラとピアノがぴったり!うまくいきました。

どのプログラムも拍手喝采!
TVでもため息が出るほど素晴しい演奏が伝わるのですから、
会場で観ていたらどんなに感動したことか。

過去3回、サイトウ・キネン・フェスティバルを観ましたが、
いつも私達の期待を裏切らない素晴しい舞台。
これからもお元気で”世界の小澤”を披露していただきたいです。

2006年サイトウキネンの記事
2007年サイトウキネンの記事
2008年サイトウ・キネンの記事

今日もお越しいただいて感謝しております。
シニアブログランキングに参加してますので
薔薇の中に応援ポチをしていただけたらとても嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

COMMENT

●No title

こんばんは♪

いつもながらに詳しい解説に、ほぉっとうなずきながら読ませていただきました。
小沢征爾さんに説得された大西順子の演奏、ぜひ聴いてみたいです。

ジャズピアノを習いたいと思っていましたが、どうもセンスがないようです・・・。

本当に、まるで見たかのようによくわかりました。 
私も大西順子さんのジャズ共演を聴きたいです。
小沢征爾完全復活、嬉しいニュースでしたね。
静養してふれなかったぶん、力のみなぎるパフォーマンスだったのでしょうか?
テレビでも感動できるのは素晴らしいですね!

おはようございます。
私もゆんこさんと同じ感想 詳しく書いておられていつも感動します。その場にご一緒したような気分になります。
私も一度だけ広島で小澤さん指揮の演奏を聴いたことが有ります。
その時のこと今も忘れることができません。
感動は焦ることはありませんね。

いつまでもお元気でご活躍を・・とお祈りします。

2年振りの復活コンサート、
きっとチケット入手困難のプラチナチケットだったのでしょうね。
↑の文面からでも どれだけ素晴らしい舞台だったのか伺えます。
茶碗や時計など、擬人化されたオペラなんですね。
劇団四季の「美女と野獣」を思い浮かべました。
先日ドキュメンタリーで 息子小澤征悦氏が ボストンのタングルウッドを
訪ねて 父の事を 偉大な父と家庭人の父の二人いるようだと語っていました。

v-254ゆんこ様へ
かいつまんで書いたのですが、
粗方、わかっていただいて良かったです。

大西順子さんは本当に素晴しいリズム感と感性の持ち主。
クラシック畑で育った私にはあの不協和音が不思議でしたが、
慣れてくると心地よいものです。
ジャスを弾くにはまず体であの沢山、複雑なリズムを感じないと弾け無いかと思います。それにはジャズダンスをならえばいいかな?と思いますが、そんな簡単なことではありませんね。
いつか大西順子さんの素晴しい演奏が聴かれたらいいですね。

v-254こふで様へ
簡単な説明でごめんなさい。
再放送があればと思いますがみつかりませんでした。
小澤征爾さんは本当にお元気で
ご自分でも体調管理されているようでした。

お休みされた分、音楽の素晴しいさが
余計に再認識されたのでしょうね。
再放送があればいいですね。

v-254yasokon様へ
おはようございます!
褒めていただいてありがとうございます。

小澤征爾さんを一度でもお聞きになれて良かったですね。
あの感動は本当に永遠のものですね。
また機会があれば私もお聞きしたいです。

大病を克服されてこれから益々、ご活躍を祈りましょう。

小澤征爾さん、お元気に復活されてよかったですね
ご無理されずに長~くご活躍されるといいですね
ジャズピアニストと小沢さんの共演というのも魅力ですね

v-254アリス様へ
サイトウ・キネンのチケットはすぐ完売になりますが、
この舞台を見ると無理してでも行けばよかったと思います。

動物たちが出てくるのでバレエの「くるみ割り人形」のような
感じで楽しいオペラでした。

小澤征悦も活躍でいい俳優さんになりましたね。
お父様は本当に優しい家族思いで冗談の中にも
厳しいところがおありで、楽しい方だと思います。
世界の小澤征爾、いつまでも活躍してもらいたいです。

v-254megu様へ
一度復帰されてまたお休みなさったので
今度はどうかと案じていましたが、
声もしっかりとでてお元気そのものでした。

クラシックとジャズ、畑は違えど同じ音楽。
美の追求は変わりません。
素晴しい演奏に私も拍手喝采でした。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ