野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

至福のとき~ないものねだり憧れの歌声


昨日より菅平スキー場で講習会に参加し留守にしています。
コメント欄は閉じていますが、
最後の薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

IMG_3291c.jpg

お正月気分も抜けて夫婦して平常運転になりましたが、
旦那様の週4日の休日はお茶を入れたり、話し相手になったり、
どうしても気分的にゆったりできません。

旦那様が朝6時半に出勤したあとはわが天国ですが、
最近、何をする動作も遅くなり、
掃除や洗濯の家事に時間がかかり、年を感じ始めました。
家事全般がすべて終わるのが9時過ぎ。

IMG_3691c.jpg

朝からバタバタと忙しく動いているので
朝食5時半の私はこの頃には小腹が空いてきます。

10時のおやつには少々早いですが、
一人部屋でちょっと温かいお茶やコーヒーを入れてひとやすみ。
新聞に目を通し、皆さんのブログにお邪魔したりコメントを入れたり。
これが今、一番の至福のとき。

そんなレストタイムには今、お気に入りの「源氏パイ」
2枚も入っているのでついつい食べてしまいますが、
毎日ではないので良し!としましょう。

暫く充電したら買い物に行ったり歌の練習をしたり、
また夕方までバタバタと鶏のように始動開始です。

薔薇小

昨年12月23日にNHKプレミアムシアターで放送された
2010年12月31日のジルヴェスターコンサート。
先日、録画を観ましたが指揮者は今年ミラノ・スカラ座の
ヴェルディ作曲歌劇「リゴレット」を指揮した
1981年生まれの若いグスターボ・ドゥダメル。
2010年、正式にコンサートマスターに就任した
樫本大進君の姿も見られます。
オーケストラも素晴らしいのですが、注目したのは
このメゾ・ソプラノのエリーナ・ガランチャ。

サンサース作曲、歌劇「サムソンとデリラ」から
”あなたの声にこころはひらく”
ビゼー作曲「カルメン」からお得意の”ハバネラ”


エリーナ

1976年生まれというから38歳。
声に伸びと艶があり安定した歌は素晴らしく、
何より深くボリュームのある声にぞっこんです。

リリックソプラノのか細い私の声とは違って
私が憧れる魅力のある声。
こんな声を神様が授けてくださっていたのなら・・・。
いやいや贅沢は言うまい。
今年は”九十九里”とか”落葉樹(からまつ)”など
発声の練習にドラマティックな歌に挑戦しようと思います。

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます。
コメント欄は閉じていますが、
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ