野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

がんばる孫 (゚▽^*)ノ⌒☆ 叱咤激励するばぁば!


孫息子のスキーデビューは3歳半の暖かい3月でした。
2007年志賀高原スキー場孫初滑り

IMG_4523cc.jpg

昨年はじいじ自身、滑るのが忙しくて
春休みに連れて行ってやることができませんでした。
でも私達ももう年。
いつなんどき、身体にガタがきて 
来年連れて行けるという保証はどこにもないので
じいじが参加したかったツアーも無理を言って返上してもらい、
孫と3人で菅平高原スキー場へ出かけました。

IMG_4524c

じいそっくりな孫息子。
男の後ろ姿は浪漫が漂うと言われますが、
この写真からは浪漫の”ろ”の字も感じません(笑)

孫にとっては2年ぶりのスキー。
心配症の孫は「滑られるかな~?」など不安そうでした。

IMG_4528cc

まずは一人でスキーを履いて、ストックを正しく持ち、
リフト乗り場まで踏ん張って滑りましたが、
身体が覚えているものですね。
転ばずに無事到着。

スキーc

1日目はスピードと雪面になれるように復習のつもりで
スキー板をカタカナの”ハ”の字にして滑るボーゲンで
左右に方向転換をさせました。

ストックを持つと身体が上手に使えないので最初はストック無し。
飛行機のように両手を広げさせて、左右に体重移動。
それでも急斜面をバランスを取りながら
ゆっくりと滑ることができました。

ボーゲンはスピードコントロールができ、
身体も安定して安全ですが、子供といえども足が疲れるので
2日目から板を揃えて滑る練習をしました。

IMG_4563c

時々、集中力が切れるので、ばぁばはすかさず
「じいじを見て!」と後ろからそこらじゅうに
黄色い声が響きますが、上手く滑れた時には
気持ちの悪いくらいベタ褒めです。

IMG_4555c

両足を平行にして滑る練習ですが、
ボーゲンより不安定なのでなかなかうまくできません。

優しいじいじ先生は大昔、子供達3人にやったように
何回も同じことをいいながら気長に気長に指導。
これには私も頭が下がります。

IMG_4556c

真面目にじいじ先生のシュプールのあとを滑る孫。

IMG_4557c

菅平高原スキー場には裏太郎、表太郎ゲレンデには
短い距離ですが最高斜度22度とか26度があります。
はじめ怖がっていた孫も次第に
「今度はどこへ行く?どこでも大丈夫」と
力強い言葉とともに先頭に立って滑り始めます。

一番のお気に入りが裏太郎ゲレンデ。
どのゲレンデも400~500mはあるでしょうか、
上からノンストップで降りれるようになりました。

IMG_4558c

こうなると孫を先に滑らせて、じじばばは
自分のペースで思いっきり楽しめます。ヤッホー!!

IMG_4554c

この天狗ゲレンデ、上のほうは最高斜度30度。
3日目の帰る日には孫は難なく滑って降りました。
下まで降りた孫を確認してから
ばぁばも猛スピードで飛ばしました。
気持ちがいい~!

IMG_4566c

ゲレンデから宿に帰り、お風呂で汗を流してからは
事前に作っていた55マス目のオリジナルすごろく。
これがまた良く出来ていて、3人で何回もやりましたが、
じいじも笑いっぱなし。

私など何度「スタートに戻る」がでたことか。
意地悪なすごろくでした。

「サイコロがないのでどうする?」と尋ねると
六角形の鉛筆に1~6までの数字を書き、
サイコロ代わりを作っていました。
孫にはこういう才能があるのですねぇ・・・。
楽しいアフタースキーでした。

IMG_4567c

 孫のスキー記録

2007年志賀高原スキー場孫初滑り  2008年八方尾根スキー場 
 2009年志賀高原スキー場 2012年志賀高原スキー場

Yスキー
スキーデビューの日
こんな小さな時があったのですね?
過去の記事を読んでいると懐かしさでいっぱいですが、
私たち夫婦も若かったのだと痛感しました。
じいじ先生やばぁばが教えたこと、
ずーっと大きくなっても覚えていて欲しいですが。。。

今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
シニアブログランキングに参加してます。
薔薇の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
    にほんブログ村



COMMENT

●No title

こんばんは♪

スポーツは身体が覚えているとはいえ、ボーゲンから始めて3日目にはこんな長い、そして斜度のある斜面を滑れたのですね。お孫さんの運動神経も良いのでしょうが、じぃじ先生のご指導が良かったのでしょう。
幸せですね。

すごろく、懐かしいですね。
この写真を拡大して、私も遊んでみたいです。(笑)

ご主人の楽しい特訓の~♪様子が手に取る様に想像できて
楽しく読ませて頂きました~
3日目には30度の傾斜を降りるのですから
直ぐ上手になりますね
真っ青な良いお天気に恵まれて素敵な写真です パチパチ~♪

お孫さんにスキーの指導ができるなんて双方お幸せ!
3日間でとても上達したのですね?
さすがベテランの丁寧な指導のたまものでしょう。
いい思い出もできた春休みですね?

おはようございます。
、雪の無い所に住んでいる私には、うらやましいです。
でも、ご主人さんの指導が丁寧で私も、滑っている気分になりました。お孫さん、覚えが良い、運動神経は、野いちごさん夫婦譲りですね。私も頭の中で、スイスイでした。(笑)
野いちごさん家族の素晴らしい絆、こちらまで、心あたたかくなりました。
・・・私孫に何残しているのかな?考えさせられました。

●懐かしいスキー

野いちごさん、おはようございます。
お孫さんとのスキー旅行、楽しく読ませていただいております。
そして昔の家族でのスキー旅行を思い出しております(ドイツ時代)。
お孫さんのお尻にひけた姿、何だか初心者の頃の自分をみているようで(苦笑)
子供たちがスキーをはじめたの6~7歳ごろだったと思いますが、
下の子のボーゲンの滑り方が両手を横に大きく広げて。
それがまるで漢字の「大」の字にそっくりで、みんな可笑しくて「大」ちゃん、「大」ちゃんってからかっていました。
勿論息子は怒りましたが・・・・。

今私達はスキーから離れていますが、孫たちが大きくなり、子供たちは家族で毎年出かけております。
子供家族はスキー、私達じじばばはスノーシュートレッキングっていう旅行もいいねと。
いつか実現させたいです。

v-205ゆんこ様へ
こんにちは!
今日はいいお天気なので布団の入れ替えをして
洗濯をしていたらこんな時間になってしまいました。
主婦って忙しいですね。

2年前までボーゲンはできていたのですが、
ちょっと心配で1日目は復習ばかりでした。
孫の運動神経は良いとは言えませんが
真面目で努力家、一生懸命。

子供達にはスパルタでレッスンしましたが、
孫はやはり可哀想で・・・。ババ馬鹿です。

子供って面白いことを考えるものです。
鉛筆をサイコロ代わりとは脱帽でした。
すごろく、汚い字でとても読めませんでした(笑)

v-205kamome様へ
拍手をありがとうございます。
夫の説明の言葉は難しいのでわかりやすいように
ばぁばが通訳でした(笑)

3人の子供達は38度の斜面を平気で滑っていたので
怖がりませんが、孫は最初はマゴマゴでした。
スピードにも慣れてスキーの楽しさがわかってくれて
良かったと思っています。

来年、行けるかどうかわからないので
思いっきり楽しんできました。

v-205こふで様へ
子供に分かりやすく教えるのは難しいですね。
夫の説明を聞いてても孫が理解していないことがすぐに分かります。
でも百聞は一見にしかず、、、とは良くいったもの。
滑ってみせると同じように滑るから大したものでした。

春休み、、、もっと一緒にと思っていたら
もう一人の優しいばあばと旅行です。
内心ほっとしているかもしれません。
何しろ、このばぁばは口うるさいので。

v-205駒止めのおばちゃん 様へ
まぁ、一緒に滑ってくださったのですか。
ありがとうございます。
きっとお上手になられたでしょうね。

孫に残せるものってあまり無いですが、
せめて自分ができるものを。。。と思いますね。
本当はピアノを教えたかったのですが・・・。

駒止めのおばちゃん さんは優しい方だから
もうすでにお孫さんも優しい気持ちが芽生えておいででしょう。
孫は子供と違ってあまり厳しくできないですね。
「ばぁば、嫌い!」なんて言われたら泣いちゃいそうです。

市の保養所が菅平にあったので、子供が小さかった時は毎年正月に連れて行っていました。
まだ滑れない子供を、いきなり裏ダボスのリフトに乗せたら、泣かれてしまいました。
それ以来、ソッポを向かれてしまいました。指導者失格ですね!
その点、ご主人の指導ぶりはご立派です!e-460

v-205夢路様へ
おはようございます!夢路さん。

夏だけでなくウインタースポーツをすると
一年中、楽しめますね。

スキーは何か、特別なスポーツのように思います。
親が滑らなければ子供はなかなか経験する時がありませんね。
勿論、子供スキーツアーに子供だけ預けてと言う手もありますが、
親と一緒に楽しめたら最高です。
お子様方もお孫さんとご一緒に楽しめるなんて、素敵です。
それにはパパが滑らないとお話になりませんね。

夢路ご一行様のスノーシュートレッキング&スキーツアー、
近い将来実現できればいいですね?
きっと楽しい思い出になりますね。

v-205Dom様へ
まぁ、なんと可哀想に。
リフトに乗るのも降りるのも恐怖感がありますもの。

主人は怖がらせたら最後だ!と順番を踏んで教えていましたが、
それも私にしたらまどろっこしくて。
もう少しスパルタでも良かったかと思いますが、
「また行きたい!」という孫の言葉に満足です。

今回、花す画さんに大変お世話になり
改めて”いいお宿”と思いました。


お孫さん、3歳半でスキーデビューされてたんですね!
すごいです~。
私一度も滑ったことないです(笑)

美しい雪山を背景の後ろ姿、じゅうぶん浪漫を感じますよ☆彡

v-205anon様へ
3人の子供達は4歳からだったので、
孫は最初は雪遊びのつもりでした。
でも滑りたそうにしていたのでデビューしました。

スキー体験はなかなかできませんね?
私も音大時代に初めて滑りましたが、
あれに参加していなかったら今は滑っていないとおもいます。
夫がスキー狂なので今は続けていますが。

この二人、顔も性格もサウスポーまで似ています。
隔世遺伝でしょうか。

●ありがとう!

記事、なんども笑いながら読みました。
お天気がよかったらなんとか、頑張れたのだろうか、、、笑
2人とも滑りたかっただろうに、息子の指導、、、本当にありがとう!
続けていけたら本当はいいんだろうけれども♪
腰気を付けてね!!

✿aco様へ
お天気が良かったので暑い暑いと大騒ぎでした。
やはり春スキーは楽しいね?

長い距離を滑るのは集中力がいるし、
体力もいるけれど、恐怖感がなくなって良かったよ。
来年も行けたらいいけど、じいじ次第だね?
体で覚えているから大きくなってもお大丈夫よ。

腰大丈夫です。ありがとう!

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ