野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

第149回天皇賞(春) 武豊騎手とキズナの絆


お馬さんの記録です。
コメント欄は閉じていますが、
最後に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。

IMG_5358c.jpg

ダイニングの東の出窓のブーゲンビリア。
名前は1768年にブラジルで木を見つけた
フランス人の探検家ブーガンヴィルに由来し、
花は中央部にある小さな3つの白い部分。
色づいた花びらに見える部分は
花を取り巻く葉(包葉)であり通常3枚もしくは6枚あるそうです。

IMG_5359-crop.jpg

25日(日)朝から楽しみにしていた
G1レース149回天皇賞。このレースは春と秋にあるので
149回とありますが、75年くらい続いているのですね?
今年は天皇皇后両陛下はお見えではありませんでした。

IMG_5373-cropc.jpg

レース結果は人気4位のフェノーメノが優勝。
メジロマックイーン(91、92年)、
テイエムオペラオー(00、01年)以来3頭目の連覇。

IMG_5345c.jpg

騎手は過日、イスラボニータで皐月賞を制した45歳のベテラン蛯名正義騎手。
真ん中からスルスルっと出てきてあっという間にゴール。
春秋連覇にまた大きな期待がかかります。

IMG_5393c.jpg

私達夫婦が応援していたのは
3冠覇者のディープインパクトの産駒キズナとベテラン武豊騎手。

キズナ武

武豊騎手の過去の素晴らしい成績。
メジロマックイーンにもディーインパクトにも騎乗。
誰もが認める日本を代表する騎手です。

IMG_5381c.jpg

一方、キズナ君もお父さん譲りの素晴らしい走り。
でもこの天皇賞は3200mの長コース。
あまり長距離が得意でないのか、
武豊の仕掛けが遅かったのか、一番人気にもかかわらず4位。
キズナにはちょっと可哀想な成績。

競馬って走ってみないとわからないので
そこがまた楽しいのかもしれません。

IMG_5377c.jpg

レース内容です。
人気2番のゴールドシップは最後尾、
キズナはその前にいますが、人気馬がどん尻に控えています。
いつものレース展開で良いのでしょうが・・・。
「早く上がらないと」と叫ぶ私

キズナ武1

ゴールドシップとともに動き始めました。
キズナがすごい勢いで前に出ます。
その走りは楽しそうに、軽やかに・・・。

キズナ武3

そのまま突っ走るかと思ったら、
フェーノーメノが突如、真ん中から。
12番のウインバリアシオンも出てきます。
身体が、、、足が伸びていません。
私の目ではキズナが少し失速したように見えました。
4位でゴール。残念な走りでした。

武豊騎手はキズナを「特別な馬」と言っています。
父、ディープインパクトと息子の背中に乗った騎手たけちゃん。
その深い絆で今年もフランス凱旋門賞に出馬予定でしょう。

因みに2位のウインバリアシオンの騎手は武幸四郎。
武豊さんの弟さんです。

 今日もお立ち寄りくださってありがとうございます!
いつもたくさんの応援ポチをありがとうございます。
応援のワンクリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ