野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

年々億劫になって出しそびれそうです(ノ_-。)


IMG_3346-cropc.jpg
(ダンナ様の勤務先近くのニューオータニの梅)

来週はもう三月、弥生。。。。そしてお雛祭り。

IMG_8644c.jpg

3人の子供達が小さい頃は大きな段ボール箱から
七段飾りのお雛様を出して
子供達と一緒に~♪あかりをつけましょぼんぼりに~♪と
歌いながら飾ったものですが、
今はこの小さなお雛様を戸棚から出すことすら億劫になってきました。

お雛様3c

でもね、「早く出してくださいな?」と催促の声が聞こえそうで
その可愛さに惚れ込んで私が買った
松山市の南雲二代目の小さなお雛様「すえひろ」(写真上)、
↓この方の作品は切手にもなったようです。
盛岡の姉が作ったお雛様(写真左下)のお顔を一年ぶりに拝見。
過日、大阪の姉が送ってくれたポストカード(写真右下)は壁掛けに。

IMG_8647-cropc.jpg

飾ったら飾ったで可愛くて
知らないうちに頬の筋肉が緩むのですが・・・。

二人の娘達も嫁いだし、
お嫁に行きそびれるということもないので
これからどうなることやら。

菱餅もひなあられもまだ用意していません。
なんて可哀想なお雛様達。
今日、買ってお供えしましょう。

  

ちなみに♪あかりをつけましょぼんぼりに~
で始まる「うれしいひなまつり」の歌は
サトウハチロー:作詞 河村 光陽作曲 

作詞は楽しい詩­なのに作曲は短調で何となくさみしい感じ。
歌詞の中に官女から嫁いだ姉を連想していますが、
嫁ぎ先が決まった矢先に18歳で結核­で亡くなった
サトウハチローの姉のことを歌っているようです。
この曲が短調なのはハチローの姉への
レクイエムだからであるとの解釈もあるようです(ウィキペディアより)

 今日もご訪問くださってありがとうございます。
シニアブログランキングに参加しています。
お花の中に応援ポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

COMMENT

●No title

おひな様が 勢揃いですね。
サトウハチローのひなまつりの歌には そういう悲しい謂れがあるのですね。
私も 親王雛飾りだけなのに 月曜にようやく飾ったところです。
名古屋の友達からも 昨日「ようやく七段飾り飾った~」とメールが・・・。
30歳の娘さんがいるので 「いつまで飾ればいいんだろう~」と愚痴メールも(笑)
南雲二代目すえひろさんは知りませんでしたが 木彫りの伝統工芸の方なのでしょうか?
私は 昨日向島から、長命寺の桜餅を買って来て 一足早く食べました。

●No title

v-252アリス様へ
私もこの歌の謂れは知りませんでした。
物悲しい曲ですね。

南雲二代目、西川さんがそんな有名な方とは知らず
可愛いので買っていました。

長命寺の桜餅、、、美味しそうですね。
お友達、、、悩んでおられるのは良くわかります。
七段飾りは片付ける時も時間がかかって大変です。

●No title

お雛様、楽しみに飾れればいいのですが、
やはり億劫です。 
かわいいお雛さま、飾ったら
華やかですね、やはり。 
お姉さまの絵は、思わず笑顔になりそうです。
あかりをつけましょは、よく歌いましたね。
ホント哀しげなメロディーです。

●No title

v-252こふで様へ
小さなお雛様ですが、
なかなか楽しんで飾るということができなくなりました。
子供達でもいてくれればですが、夫婦だけではね?
飾りがいがありません。

今日、雛あられをお供えしました。
歌を歌いながら・・・ちょっと悲しげですね。

●No title

気になりながらなかなか出せませんが私は少しだけ早めに出しました。雨水の日に出すと良いと言う事ですが根拠はないと思いますから(笑)その気になれば出してあげればいいですよね、横着ババになっていきます(笑)
可愛いお雛さまたちですね。
どれも春を運んでくれますね。

●No title

こんばんは♪

私は季節を感じるためにお雛様を出しています。
ガラスのお雛様をもとめたとき、店主から「屏風を外せば一年を通して飾っていても良いですよ」と言われましたが、やはり季節が終わると片づけています。

「ひなまつり」の歌の謂れ、知りませんでした。
確かに物悲しいメロディですね。

v-252yasukon様へ
おはようございます!
以前、yasukonさんのブログに雨水の日に出すと良い、、、と
書かれていたのですが、
本当に億劫になってやっとお顔を拝見しました。
小さなお雛様ですが心が和みます。
春はもうそこまで来ているようですね。

v-252ゆんこ様へ
おはようございます!
日本は四季があるのでそれぞれに楽しめますが、
そちらではなかなか無理ですね。
おひな様、確かに四季を感じるにはいいですね。

年中飾っていてもいいのですか?
我が家のは屏風がないので一年中飾っておけそうですが、
何だかズボラをしているようですね。
やはり時季が来たらお出ししましょう。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ