野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

全英オープンテニス ウィンブルドン2015年


IMG_9921c.jpg

全英オープン(ウィンブルドン大会)も閉幕しましたが、
男子の試合は例年以上にとても楽しみました。
準決勝ロジャー・フェデラー対アンディ・マレーの試合は
手に汗を握りましたが、さすがのフェデラー、、、
昨年に続き決勝進出を決めました。

IMG_0187-cropd1.jpg

相手は世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ。
結果は3-1でジョコビッチの連覇。
したくても出来ない”連覇”、、、素晴らしいです。

私は来月34歳になるフェデラーに
優勝カップを持たせてあげたかったのですが
ジョコビッチの勢いに凡ミスが多く、
残念ながら準優勝のプレートでした。

今回、フェデラーのプレーを観ていてまたまた感じたこと。
サーブエンドボレーの美しくしなやかなこと。
今のコーチであるステファン・エドバーグ再来といった感じ。
それにバックハンドの片手打ち。
ネット、スレスレにはいるスライスの返球のスピードと言い、
角度と言い、、、惚れ惚れしてしまいました。

そして性格も穏やかなのでしょうか、常に冷静な選手です。
あのジョコビッチでさえ、うまくいかない時には
ラケットを放り投げる場面も目にしますが、
フェデラーはポーカーフェイス。
イライラしている表情はあまり見たことがありません。
来年も是非、是非ウィンブルドンに戻ってきてほしいです。

昨年の記事  昨年2014年のウィンブルドン

花かごA

ウィンブルドンでは出場選手だけではなく
観客席には往年の名選手の顔も見られるので楽しみです。

今回、女子ではクリス・エバート、リンゼイ・ダベンポート、
男子ではビョルン・ボルグ、ロッドレイバー、
放送席にジョン・マッケンロー。
そしてジョコビッチのコーチはベッカー。
フェデラーのコーチはステファン・エドバーグ。

以前はシュテフィーグラフとアンドレ・アガシ夫妻、
マルチナ・ナブラチロワも観戦でした。

今回、錦織圭選手が2回戦で棄権したことも残念ですが、
来月末から始まる全米オープンには
足の故障も問題ないとのこと。
世界ランキング5位は変化なし。
また大きな期待がかかります。

 今日もご訪問くださってありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
薔薇の中に応援ポチをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


COMMENT

私も 男子決勝、2セット目の途中まで観ましたよ。
2人とも白のウェアだったので ウィンブルドンのウェアは白と
決まっていて、物議を醸していると ネットニュースで読んだ
ばかりだったので なるほど~と思いながら観ていました。
ちょっとググったら、下着も白、練習するコートでのウェアも白との事。
これがウィンブルドンの歴史なのでしょうけど、行き過ぎかな~と思ったりもして。

昨年と同じ顔合わせ。
フェデラーのリベンジを願っていましたが。

120年以上の歴史である白装束、、、これがウィンブルドン。
テニスプレヤーには特別な地なのですね。

シューズも鉢巻も、帽子も真っ白。
昔、ウォズニアッキという若い女性が黒のソックスを履いていてプレー。
色物は全身の何%と決まっているようです。

ウインブルドンは白基調が当たり前と思っているので
議論されていることが不思議にも思いました。
時代なのでしょうか。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ