野いちごひとりごと

人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

昨日は声楽レッスン♪あの歌を歌いますd(*^v^*)b


IMG_0416d

昨日は朝から声楽レッスンに出かけました。
逗子駅は海水浴の若者で混雑して賑やか。。。
若いって・・・いいな~?と横目で見ながら
うまく歌えるだろうか、、、声は出るだろうか、、、と
心配しながらテクテクと。

今練習しているのは11月の発表会の曲。
今回はシューベルトを歌いますが、
出演者が多くて演奏時間は一人8分内。

遠慮して2曲で7分強にとどめたのですが、
どうしても捨てがたく、歌いたい曲がありました。

先生に「この曲(すでに決定している曲)を遅く歌ったら
間延びがして皆さん寝てしまわれるかも」とご相談して
私が歌いたい曲「野ばら」を聞いていただきました。

「うん、いいわね。テンポを速くして3曲にすれば?」と。
やった~!先生のお許しが出ました~ぁ♪

IMG_0399d.jpg

「野ばら」はシューベルトとウェルナーが有名ですが、
調べてみるとベートーヴェン、シューマン、
ブラームスも同じ詩に曲をつけているようです。
同じ歌詞の「野ばら」という曲は150曲位あるというから
ゲーテの詩がいかに素晴らしいものかがわかります。

Sah ein Knab' ein Röslein stehn,
Röslein auf der Heiden,
war so jung und morgenschön,
lief er schnell, es nah zu sehn,
sah's mit vielen Freuden.
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.

少年が見つけた小さな野ばら
とても若々しく美しい
すぐに駆け寄り間近で見れば
喜びに満ち溢れる
バラよ 赤いバラよ 野中のバラ

Knabe sprach: "Ich breche dich,
Röslein auf der Heiden!"
Röslein sprach: "Ich steche dich,
dass du ewig denkst an mich,
und ich will's nicht leiden."
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.

少年は言った 「君を折るよ」
野ばらは言った 「ならば貴方を刺します
いつも私を思い出してくれるように
私は苦しんだりはしません」
バラよ 赤いバラよ 野中のバラ

Und der wilde Knabe brach
's Röslein auf der Heiden;
Röslein wehrte sich und stach,
half ihm doch kein Weh und Ach,
musst' es eben leiden.
Röslein, Röslein, Röslein rot,
Röslein auf der Heiden.

少年は野バラを折った
野バラは抵抗して彼を刺した
傷みや嘆きも彼には効かず
野バラはただ耐えるばかり
バラよ 赤いバラよ 野中のバラ

日本語で歌うときには私達は
近藤 朔風(こんどう さくふう)の歌詞でこう歌いますね。

童(わらべ)はみたり 野なかの薔薇(ばら)
清らに咲ける その色愛(め)でつ
飽かずながむ
紅(くれない)におう 野なかの薔薇

手折(たお)りて往(ゆ)かん 野なかの薔薇
手折らば手折れ 思出ぐさに
君を刺さん
紅におう 野なかの薔薇

童は折りぬ 野なかの薔薇
折られてあわれ 清らの色香(いろか)
永久(とわ)にあせぬ
紅におう 野なかの薔薇

誰もが知っている歌を歌う時はイメージを壊さないようにとか、
歌詞を間違えないようにとか、、、少々、勇気がいりますが、
私らしい「野ばら」が歌えれば嬉しいです。
ウエルナーの野ばら

 沢山のブログの中からお越しいただいて
ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
薔薇の中に応援のワンクリックをしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

COMMENT

●No title

野ばらは大好きな歌です。
どちらがどちらか、いつもどっちだっけと思いますが、
最近は、ピアノで弾いています
ウェルナーの方を。
紅におう~のあたりの
哀愁をおびた和音が好きで弾いてます。
同じ詞でそんなにも多くの曲があるのですね。
さすがのゲーテですね。 
ゲーテハウスも思い出します♪♬(^^♪

●No title

v-254こふで様へ
どちらも有名で迷いますね。
ウエルナーは8分の6拍子でちょっとゆったり目ですね

「紅におう~」は長調から短調になっていると思いますが、
確かに美しい和音ですね。
弾き語り。。。素晴らしいですね、こふでさん。

ドイツのゲーテハウス、行かれたのですか?
ゲーテの生涯が分かりそうですね。
私も訪れたいです。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ