野いちごひとりごと
人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
え?これ プレゼントなの?\(^ ^)/

昨日は朝から暖かく動きやすい日でした。
ダンナ様はピアノ室の窓ガラス、網戸、サッシの掃除、
電球の傘を洗い、座敷の蛍光灯、エアコンの掃除。
お昼からは一人で肉の買い出しなど良く働いてくれましたが、
何の何のこれしきの事、まだまだ序の口です(笑)

IMG_1700d1.jpg

ダンナ様が中学生から50年ほど読み続けている
月刊誌レコード芸術に新譜紹介として一枚のCDがついています。
これには50曲くらい入っていますが、1曲が1、2分の頭の部分だけ。
その中に私が練習し始めたシューマン作曲「女の愛と生涯」が
あったので聴いてみました。

ソプラノ歌手はドロテア・レシュマン。ピアノは内田光子。
レシュマンの声は透明で明るくて伸びやかな美しい声。
それに内田光子のピアノ伴奏がまた素晴らしい。
全8曲聴きたかったのでダンナ様にネット購入を頼みました。

内田光子d

一昨日、ダンナ様が注文した他の4枚と一緒に届きました。
「これ、おいくら?払うから」「要らない」「え?クリスマスプレゼント?」
「いや聴きたかったから買った。貸してあげるよ」とダンナ様。
なんだ、私に買ってくれたのじゃないのか。
ま、なんでもいいからお借りして・・・。

まずは楽譜とにらめっこしながらブレスの位置など書き込み、
今度は音楽に集中しながら聴いてみることに。
抜けるような美しい声でテンポもゆっくり、
言葉の意味を深く表現して・・・。

またピアノが美しすぎるほど美しく、
悲しすぎるくらい悲しい音色。
さすが、、、内田光子さんでした。
あまりに素晴らしすぎて教科書にはなりませんが
とても良い勉強になりました。

IMG_2294d

写真右上は2014年1月20日、亡くなられた
巨匠クラウディオ・アバドの最後の録音。
2013年8月、ルツェルン音楽祭のライヴ録音
ブルックナー作曲「交響曲大9番ニ短調」

その年の秋には日本公演は体調が悪くなり来日不可能。
やっと手に入れたチケットでしたが、演奏会は中止でした。
あの時は本当に残念で無念で・・・。
過去の記事クラウディオ・アバド死去

写真左はアバド、2011年録音のシューベルト交響曲ハ長調D944

写真左下はまだライヴで聴いたことがない
五嶋みどりさんのJ・S・バッハ作曲
「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」全6曲。
写真右下はアンドラーシュ・シフのバッハ「フランス組曲」他。

どれも魅力あるCDです。
またゆっくりと夫婦して聴き入りたいと思っています。

IMG_2289-cropdd.jpg

今日の午後、同門のお若い方々の女声アンサンブル
「ルーチェ」のクリスマスコンサートに出かけます。
毎年楽しみにしているのになかなか足が運ばずにいましたが、
きっと素晴らしいハーモニーで魅了してくれることでしょう。

 今日も数あるブログの中からお越しいただきありがとうございます。
コメント欄は閉じていますが
薔薇の中に応援ポチをしてくださると嬉しいです。


にほんブログ村
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.