野いちごひとりごと
人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
人生の先輩達を見習って少し勉強を♪

強い寒気の影響で九州では平野部で記録的な大雪。
また沖縄の本島地方では観測史上初めての雪。
野いちご地方も日差しがあるものの、冷たい冷たい風。
もう暫く続きそうですね。

IMG_2620d.jpg

本を読むという習慣がない私ですが、
何故か、お正月過ぎてから少し活字が読みたいと
近くのコミュニティーセンターで借りています。

小説とかサスペンスなどにはあまり目がいかないのですが、
歳のせいなのでしょうか、
”老い”とか”人生”とかの題名に魅せられます。

IMG_2538d.jpg

 中村メイコ著 「人生の終(しま)いじたく」。

メイコさんらしい優しい言葉で明るい遺言エッセイ。
メイコ節もあり共感できないところもありましたが、
巧みな文章力に時間を忘れてあっという間に読みきりました。。

*内容説明
そろそろ人生もフィナーレか、と感じているものの
「お焼香はいい男順で」「お墓参りは来なくて結構!」
「孫にお酒の飲み方を教えるのは私!」…とまだまだ言いたい放題。
女優・中村メイコの“遺言エッセイ”が待望の文庫化。

目次
第一章 私の夢見る「最期」-お焼香は、いい男からご順にお願いいたします!
第二章 世界で一番大切な「家族」-だからこそ、死ななきゃいえないこともある!
第三章 奇跡の「出会い」に感謝します―あの世の住人にも、ひと言いわせてもらうわ!
第四章 私の人生を彩った「もの」たち―しみじみ感じる、この哀愁…
第五章 わが同志、「神津サン」へ―私より、1日でも長く生きて欲しいのです!

 三浦綾子著「愛すること 生きること」

敬虔なカトリック信者さんらしく、神への賛美と常に感謝の心。
”そんな清らかな気持ちは持てないよ。。”と思いつつも
人間、本当はこうでなきゃいけないのだ!と
未熟な自分に言い聞かせました。

*内容説明
人生にとって、「なくてならぬもの」はそれほど多くはない。
三浦綾子が語る、本当の自由な生き方とは―。

人間が苦悩に遭うのはなぜか。
「汝の敵を愛せよ」とはどういうことか。
良心に従って生きていればそれだけでいいのか。
人が幸福になるために必要なものとは何か。
人間として本当の生き方を求めつづけてきた著者の講演のエッセンスを集約。
あなたにとって「なくてならぬもの」とは何か。
すべての人に贈る、人生を考えるうえでのヒント。

目次
なくてはならぬもの・ 生きるということ・ 聖書と私の小説
愛すること信じること・ ちいろば先生のことなど
私と小説・ むなしさの果てに・今、何を求めるか

IMG_2678d.jpg

 曽野綾子著「老いの才覚」

今読み始めたばかりですが、
共感すること、納得することなどたくさんあり、
また依存心の強い私には耳の痛い
「~してくれない?」の「くれない指数」を増やさないこと。
出来なくなったことを悲観するのではなく、出来ることを楽しむこと。
なるほど。。。ちょっと気分が軽くなりました。

*内容説明
年の取り方を知らない老人が急増してきた。
超高齢化の時代を迎える今、わがままな年寄こそ大問題。
自立した老人になり人生を面白く生きるための7つの才覚の持ち方。

IMG_2471d

素晴らしい先輩たちの老いていく人生の助言。
できることはひとつでも身につけようと自分を戒めました。

日中、じっくりと本を読む時間があまり取れないので
夜、ベッドの中でチョロチョロと読む習慣をつけようと思っています。
でも5、6行読むともうまぶたが閉じる時がありますが(涙)

以前書店で山積みの下重暁子著の「家族という病」が
気になっていましたが、借りてきました。
何を教えてくださるか、今から楽しみです。

今日も数あるブログの中からお越しいただきありがとうございます。
どちらかお好きな方に応援ポチをしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村


にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
まだこの手の本、気にはなりつつ、あまり読んだことがありません。
ただ「家族と言う病」は タイトルにドキッとし、マスコミで取り上げていて
きになっていました。あまぞんのレビューを見ると 評価が分かれてますね。
現実に親の事、子供の事で悩みを抱えている人たちには 反感さえ抱かせるようです。野いちごさんの感想はどうでしょうか?気になる所です。

2016/01/26(火) 08:54:32 | URL | アリス #eBE9POhY[ 編集]
v-254アリス様へ
アリスさんはまだお若いし、
色んなジャンルの本を読んでおられるので
教訓的な內容の本はあまり読まれないかもしれませんね。
私は自分が確立していないので藁をもすがっています。

「家族という病」まだ読んでいませんが、
題名にえ?と思いますね。
反感をもつか、共感するのか、、、。

読み終わってもアリスさんのように
上手に感想が書けないので
私の心の中に留めることにします。
ごめんなさいね。
2016/01/26(火) 11:24:34 | URL | 野いちご #-[ 編集]
ヨロシク
書物、中村さんは知りませんが、あとの三人の方は
知っています。いつもなるほどと思います。
人生の指針でしょうか。
野いちごさんは、歌にスキーにバレイにと
私から見ると高根の花です。
私は静的で見る事が好きですが、動きは鈍いです(笑)
ヨロシクお願いします。

雪景色はいつ見ても素晴らしいですね。
寒くないですか?
2016/01/26(火) 22:25:11 | URL | しょこらろーず #H6RSI4P.[ 編集]
間違えました
すみません。
高根の花=高嶺の華
2016/01/26(火) 23:01:05 | URL | しょこらろーず #H6RSI4P.[ 編集]
最近活字離れだな~と思っております。
以前は、電車通勤の時間は読書の時間でしたのに
今では皆、スマホに釘付け・・・
私もまた、本を読んでみょうと思います。

コメント有難うございます。
福岡では、ありえないほどの積雪でした。
ワンコ達は、驚くことも無く、しばし雪と遊んでいたようで
野生は、自然の変化には順応するんだな~と思います。
2016/01/26(火) 23:24:11 | URL | smileママ #-[ 編集]
v-254しょこらろーず様へ
おはようございます!
中村メイコさんはもう80過ぎておられ、今はあまりTV出演もありませんが顔を見られると分かるかもしれませんね。

沢山の方に人生の教訓を学ばせていただきますが、
ひとつでも身につけばと思います。

スキー場の最低気温は北海道トマムの-16度で滑ったことがありますが、
もう冷凍庫の中です。ガンガン滑ると汗をかきます。

私が高嶺の花?嬉しいですが飛んでもないです。
もっと素晴らしい方はたくさんおられます。
2016/01/27(水) 07:05:07 | URL | 野いちご #-[ 編集]
v-254smileママ 様へ
おはようございます!
読書のお好きな方はいつでもどこでも
本を読んでおられますが、
私は新聞を斜めに読むだけでも苦痛な時があります。

九州は近年にない珍しく大雪だったようですね。
ワンちゃんたちの元気な姿にいつも癒やされています。
娘宅のチワワ親子も今はママ(4月で16歳)だけ元気で過ごしています。
3匹のお散歩も大変でしたが、今は良い思い出です。
いつまでも元気でいて欲しいですね。
2016/01/27(水) 07:13:27 | URL | 野いちご #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.