人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

今日は復活祭&聖金曜日にマタイ受難曲♪

スギ花粉とひのきの花粉が混じっているのでしょうか、
一昨日から鼻がムズムズして鼻水が出ます。

これって花粉症なのかも知れません。
いよいよ発症かな?ちょっと心配です。

IMG_3150d.jpg

今日はイースター、復活祭です。
キリストの生涯は弟子の裏切りによって
十字架にかけられ処刑されますが、
キリストは「3日目に復活する」と予言。
キリスト教は復活した日を
最も重要な祭日として扱ってかっているそうです。

イースターの日は「春分のあとの最初の満月から数えて最初の日曜日」
今年は3月27日の今日です。

復活祭の2日前、今年は25日が「聖金曜日」だそうで、
その日にバッハ作曲、「マタイ受難曲」を聴くことができ嬉しいことでした。

IMG_3414d.jpg

バッハ ・コレギュム・ジャパンの
117回、定期演奏会というので夫婦してでかけました。
指揮は勿論、鈴木雅明氏。

matai.jpg

ヨハン・セバスティアン・バッハは礼拝の為の音楽を作っていましたが、
この活動の中で生まれたのが「マタイ受難曲」。
「ヨハネ受難曲」と「マタイ受難曲」が有名で良く演奏されますが、
いずれも福音書によるキリストの受難の物語。
キリスト復活前のこの時期に演奏される事が多いようです。

IMG_3417d.jpg

第一部は十字架上の死の予告、香油を注いだ女、
ユダの裏切り、最後の晩餐、イエスの祈りと苦悩、イエスの捕縛まで。

第二部は大司祭の審問、ペテロの否認、ユダの自殺、十字架への道、イエスの処刑。
そして復活への期待を込めて全曲終了。
物語は福音史家の語りで進行し、イエス等の登場人物をソリストが、
群衆の言葉を合唱が歌い演奏時間3時間強にも及ぶ全78曲からなる大曲。

IMG_3416-cropd.jpg

どの曲も厳かに演奏され、「素晴らしい!」のひと言。
特に通奏低音と会場を揺るがすような合唱の素晴らしさ。
ソリストもカウンテーテナーの方々も素晴らしい歌声。
演奏が終わっても大きな拍手はなかなか鳴り止みませんでした。

今日もご訪問をありがとうございます。
コメント欄を閉じていますが、
応援ポチは励みになっていますので
どちらかの薔薇な中に応援クリックお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村
Copyright © 野いちごひとりごと. all rights reserved.