歳を重ねてもまだまだ自分磨き&理系の料理


この冬中、ベランダで楽しめたガーデンシクラメン。
まだまだ咲き誇っています。

IMG_3412d.jpg

若い時は髪を振り乱して育児や仕事に追い回されていましたが、
歳を重ね、ゆっくり時間が流れ始めると
”人間何歳になっても自分を磨くことは大事”などと
今まで出きなかった事を心底思うようになりました。

勿論、美容やファッションも疎かにはできませんが、
”人間性を高め、内面から輝く自分でありたい”と
日頃から心に刻むことが多くなりました。

ところが兄姉5人の末っ子の私。
家族から甘やかされて育ったので自分勝手で我儘放題、、
地球は自分のために回っていると思うほど
自己中心的な物の考え方。
周囲の人からは”あのひとは・・・”と
白い目で見られていると自覚しています。

IMG_3456d.jpg

図書館に行ってもいつも目につく”おしえ”の本。
一つでも二つでも頭に残ればと借りています。

私の周りにも”感じのいい人”が沢山おられ、
またお会いしたい、お話をしたい、、、と思うことがしばしば。
その方々の共通点は”その場の空気が読める人”
”何事にも穏やかで優しい人!”が多いようです。

この本にも”感じのいい人”が沢山挙げられていますが、
反対に”感じの良くない人は”
*人を緊張させる *人に厳しく自分に甘い
*自分中心に世界が回る など
すべて当てはまる私には耳の痛い話。
これらを意識して少しでも”感じのいい人”になるように
努めたいと思っています。

IMG_3398d.jpg

2006年にベストセラーになった「女性の品格」
「礼状が書ける」「約束をきちんと守る」「型どおりの挨拶ができる」
「姿勢を正しく保つ」「贅肉をつけない」「人に擦り寄らない」
「よいことは隠れてする」「得意料理をもつ」「恋をすぐに打ち明けない」
ビジネスから装い、話し方、恋愛にいたるまで、
女性としての振舞い方を具体的にアドバイス。
何げない日常の立居振舞いに、
女性の生き方と品位はおのずと表われるものである。 。。と
著者の坂東眞理子さんは言われます。

IMG_3399d.jpg

亡き母が良く言っていました。
「お行儀が悪ければ体つきもそうなり、品もなくなるのよ」
「人前では日頃の生活態度がすぐにでますよ」と。

IMG_3400d.jpg

まだ借りたばかりで進んでいませんが、
母からの教えと思って読んでいるところです。

IMG_3401d.jpg

新刊コーナーで見つけた「理系の料理」
一体どんなものなのか、興味があったので予約。
3週間ほど待ちました。

IMG_3453d.jpg

この本の著者、五藤隆介氏は奥様が切迫流産をされ、
やむなく料理をしなければいけない立場になられたそうです。

それから料理に対する疑問が沸々と出てきては、
奥さんの枕元まで聞きに行かれたそうです。

「感覚派の妻は私のわからないところが
”なにがわからないかわからない”
理屈派の私は妻の説明は感覚的すぎてわからない」


IMG_3455-cropd.jpg

↑この表を見るとわかるような気がします。

我が家のダンナ様も料理をしますが、
いつも大さじ○杯、小さじ○杯、、、とレシピ通り量って作ります。
引き出しに大さじや計量カップが見当たらないと大騒ぎ"(/へ\*)
私は目分量と自分の舌を頼りに味をつけるので
こんなダンナ様を見ているとイライラです。

この本には「料理がわからない人が料理をわかるようになるための本」
書かれていますが、やはり理系の方が書かれた本。
親切すぎて細かくて文系の私は余計???マークですが、
色々と教わることは多い內容でした。

今日もご訪問をありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
どちらかの薔薇に応援クリックお願いします。


にほんブログ村


にほんブログ村
[ 2016/03/30 ] 本・映画 | TB(-) | CM(10)

No title

いいね
[ 2016/03/30 05:09 ] [ 編集 ]

NO TITLE

上記三冊の中では 「女性の品格」を読んだことがあります。
お母様の言葉、一生の宝物ですね。
私は 洗濯物干しを手伝っていて 母に「洗濯物の干し方で その人の
人となりがわかる」というようなことを言われたのが忘れられません。
「理系の料理」って どんなことが書いてあるのか 興味あります。
[ 2016/03/30 08:58 ] [ 編集 ]

NO TITLE

v-254
いいね、、、をありがとうございます。
[ 2016/03/30 09:47 ] [ 編集 ]

NO TITLE

v-254アリス様へ
私も以前、女性の品格は読んではいるのですが、
リピートしました。

アリスさんのお母様の教えもわかる気がします。
母の言葉って若いころには素通りですが
今頃になって思い出します。

理系の料理、、、もう細かくて。
例えばゆでたまごを作るのに1分ごとに黄身の硬さを調べる。などなど。
この五藤隆介氏、料理研究科、批評家といってもいいかと思います。
[ 2016/03/30 09:54 ] [ 編集 ]

NO TITLE

どうやら、反省すべきことがいっぱいありそうです。
だいたい私は、感じが悪いし、わがまま。
品は、一朝一夕では培われませんね。
これからの人生、ちょっとでも進歩したいです。
[ 2016/03/30 17:39 ] [ 編集 ]

NO TITLE

v-254こふで様へ
まぁ、嬉しい。
こふでさんが来てくださるなんて。
お元気でしょうか、、、。
お孫さんは大きくなられたでしょうね。
お聴きしたいことがいっぱいです。

こふでさんは反省すべき点も
これから勉強されることもないと思いますが。
もう立派に人間形成ができておられるから。
私は幼稚なのでまだまだ修行することが多いです。(涙)
[ 2016/03/30 17:52 ] [ 編集 ]

NO TITLE

こんばんは!

「女性の品格」この本 持っています。
また読み返してみたいですね~~。読んだ時は良く分かった!!って思うのですがすぐ忘れてしまいます。

「理系の料理」って面白い本が有るものですね(笑)
新しいお料理を作る時はこの本に有ります「私」の方に近い私です(^^ゞ
[ 2016/03/30 21:41 ] [ 編集 ]

v-254yasukon様へ
おはようございます!
良い本は手元に置うて、何度も繰り返し読んでみたいですが、
狭い我が家では場所などを考えると現実的には無理なようです。
でもこの本、もう一度読みたくなって借りてきました。

理系の料理の本、、、話題になっているようです。
夫が理系なので同じような疑問があって面白かったですが、
中身は素晴らしい內容。
文系の私には真似できません。
[ 2016/03/31 07:53 ] [ 編集 ]

今、通勤の電車の中です。
感じの悪い…を読んで背筋が伸びました。
[ 2016/03/31 08:11 ] [ 編集 ]

v-254ゆんこ様へ
車内からありがとうございます!
ゆんこさんは大丈夫、感じのよい人の代表ですから。
[ 2016/03/31 08:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する