野いちごひとりごと

人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

夢をかなえるアン・ドゥ・トロワ♪オペレッタ「こうもり」


次女から母の日に贈られたつる性ミニ薔薇”グリーンアイス”
白~ピンク~グリーンと変化しますが
花びらの周りに赤い色がでて、とても可愛いです。

IMG_4365d.jpg

過日、14日(土)午後3時からのNHK「夢をかなえるアン・ドゥ・トロワ」
10代の才能ある若いバレエダンサー達の痛々しいほどの挑戦を
親心、ばば心で応援しながら時には感激しながら見いりました。

「バレエ界の世界的なスター、マニュエル・ルグリが、
日本の若い才能をオーディションで発掘。
集中レッスンを施して、バレエの一大イベント
「NHKバレエのきょう宴」の舞台を目指します。

合格したのは、15歳から18歳の男3人、女5人。
コンクール入賞の常連からバレエ歴の浅い生徒までさまざま。
厳しいレッスンを通してルグリは、バレエとは何か、
踊ることとは何かを伝えていく。
本番の舞台までを追う密着ドキュメント」(NHK HPより)

ルグリd

オーディションがあったのが昨年7月。
指導はウィーン国立バレエ団芸術総監督のルグリさん。
審査前の最初の言葉は「10年後にはどうなるのか、
彼らの潜在的能力を見抜き、将来を想像することが大切。と。

2006年12月から8回にわたって放送があった
ルグリさんのNHK「スーパーバレエレッスン」をみましたが、
2009年のルグリさん引退のニュースはちょっとショックでしたが、
後進の育成に力を入れておられるのには嬉しいことでした。

基本のバーレッスンで1次審査を通過すると、2次審査は作品の踊り。
まずルグリさんの審査のポイントは
*外見 *身体のライン *音楽の捉え方 
そして最後に*芸術面と音楽性を重視。

バレエd
(ルグリさんは右のトウシューズの先が伸びていないことを厳しく指摘)

合格者8人に絞られると踊りのレッスンの中では
*音楽に合わせて *動きは大きく 
*口は笑っていてもいいけれど、目は開かない。
*(男の子に対して)女の子を綺麗に見せるように・・・。などなど
舞台に立つ先輩としてアドバイス。

*振り付けを深く理解させる *観客との向き合い方
*舞台とは何か?を教える。

本番の幕が下りると舞台袖で肩を寄せあって
嬉しくて涙する子、うまく踊れずに肩を落としている子。
みんなを集めて「日によってうまくいく日とそうでない日がある。
でもそれが舞台というものだ」と笑顔のルグリさん。

夢多い若きダンサー8人がこの厳しいレッスンの中で
それぞれに大切なものを得たこのプロジェクト。
これからのバレエ生活、バレエ人生にきっと大きく反映されることでしょう。

この本番「バレエの饗宴」は22日(日)Eテレ21時から。
しなやかに美しくそして笑顔あふれる
彼らの素晴らしい踊りをもう一度見たいと思います。
演目は「ゼンツァーノの花祭り」と「ナポリ」です。

IMG_4348-cropd.jpg

一昨夕は上野の東京文化会館へ。
今秋ウィーン国立歌劇場が来日。
2演目のチケットを購入するとウィーン・フォルクスオーパーの
希望したオペレッタ『こうもり』のリハーサルに
招待してもらう事になっていたので夫婦してでかけました。

IMG_4241-cropd.jpg

翌日19日が初日なのでリハーサルといっても
オーケストラや歌手達は本番さながら。

以前見た時はアイゼンシュタイン役はバリトンの故ヘルマン・プライ、
今回はテナーのイェルク・シュナイダー。
ちょっと軽めのアイゼンシュタインでした。

オルロフスキー公爵は素晴らしい美声の
カウンターテナーのヨッヘン・コヴァルスキーを聴いたのですが、
今回は今活躍中のメゾ・ソプラノ、アンゲリカ・キルヒシュラーガー。

女中アデーレのコケティッシュなアリア「侯爵様,あなたのような方は」とか
アイゼンシュタインの妻、ロザリンデのアリア「故郷の調べ」は
私も昔良く歌ったアリアで懐かしく聴かせてもらいました。
お芝居もバレエも入って延々3時間の楽しい舞台。

昨日から4回公演ですが、
客席からは間違いなく割れんばかりの大爆笑と大拍手でしょう。

 今日もご訪問をありがとうございます。
2つのランキングに参加しています。
どちらかのお花の中に応援ポチをしていただければ嬉しいです。


にほんブログ村


にほんブログ村


COMMENT

●お早うございます

フフフ~今年の第九の一部で歌うので 野いちごさんの解説を
想像しながら通じるのが嬉しいです
ロザリンデのアリア「故郷の調べ」は 大好きですが
あの高い音は同じ人間と思えませんから
其れを歌われる野いちごさん凄いですね!
いつかこうした一流の公演に行きたいです

おはようございます。
この番組 私も東京のホテルでみました。
道を究める厳しさ こういう若い時から大変だな~って素人は思いました。
いつか世界へ羽ばたいてほしいですね。
バレ-もされる野いちごさん、番組を楽しまれたことでしょう。

おはようございます♪

子どもの頃に少しだけバレエを習ったのでとても興味があります。
本番の番組、ぜひ観ようと思います。

v-254kamomeさんへ
「こうもり」は演出も面白くて本当に楽しい舞台でした。
「故郷の調べ」はチャルダッシュのリズムなので
歌っている時でもちょっと踊りたくなります。
アデーレのアリア「公爵様・・・」は
大阪フィルと共演した時に歌ったので思い出の曲です。

高音は練習すれば絶対にでますよ。
kamomeさんも大丈夫。
喉をあけてお稽古してみてくださいな?

v-254yasukon様へ
ご覧になりましたか?
楽しかったというより勉強になりました。

オーディションを受けるだけでも大変なのに
あの8人は本当に素質のあるダンサーなのですね。
若い人の才能発掘、素晴らしい番組でした。

ルグリさんのアドバイス、歌の世界にも
共通します。いい勉強になりました。

v-254ゆんこ様へ
おはようございます。
ゆんこさんは手足が長いからバレエにはぴったり。
今からでも大人のバレエ教室に行かれてはいかがですか?

私は18歳でやめて48歳で再開。
腰が悪くなるまで10年間通いました。
あれからもう10年、まだ踊りたいです。
この放送、是非ご覧になってくださいね。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ