野いちごひとりごと

人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

2017-06

毎年楽しみなウィンブルドンテニス&男子決勝♪


6月27日から2週間のウィンブルドンテニス。
NHKでは錦織圭選手以外の試合も放送するので
毎年、夫婦してとても楽しみにしています。

IMG_5289-cropd.jpg

今年は雨の日が多く、屋根が付いている
センターコート以外の試合は途中で何時間も中止になったり、
順延になったり選手達は可哀想でした。

錦織圭選手、脇腹の痛みで4回戦途中棄権は残念でしたが、
完治させて次の全米オープンに備えて欲しいと思います。

ナダルが不参加、ランキング1位のノバク・ジョコビッチが3回戦で敗れ、
3位のロジャー・フェデラー選手は準決勝でラオニッチに敗北。
私が常に応援している地元のマレー選手が優勝するにはラッキーな状況。

一昨夜(10日)10時から始まった男子決勝では。
アンディー・マレー(世界ランキング2位)と
ミロシュ・ラオニッチ(同7位)の対戦。
サーブに定評のあるラオニッチも勢いに乗っているので
フルセット覚悟でお昼寝をして準備万端でした。

IMG_5285d.jpg

結果はマレーが6-4、7-6、7-6で安定したストロークでストレート勝ち。
身体も足も良く動き、逆クロスのストロークが
ここという時にポイントアップでした。

ラオニッチもフェデラーを破っただけのことはあり、
220kmの強烈なサーブを武器と
サーブ&ボレーがマレーを苦しめ、
あのしなやかなネットプレーにはほれぼれでした。

IMG_5283d.jpg
(厳しい目をしてプレーをしていたレンドルもにこやかな表情です)

二人のコーチは共に往年のプレーヤー。
マレーは再びイワン・レンドルコーチ。
ラオニッチは当日放送解説をしていたジョン・マッケンローコーチ。
もう一人は元世界ランク1位のC・モヤコーチ。

マレーd

2013年、アンディー・マレーはジョコビッチを破って
イギリス人が77年ぶりに優勝を果たした国民的英雄。
今年は2回めの優勝でした。過去の記事2013年の記事

優勝が決めてからタオルで顔を覆い涙するマレー。
地元ゆえに大きなプレッシャーを感じながらの2週間だったのでしょう。
心から”おめでとう!”と言いたいです。

スタンドにはフェデラーの元コーチ、ステファン・エドバーグ。
ジョコビッチの現コーチ、ボリス・ベッカーや

コーチd

ビョルン・ボルグの姿も見られましたが、
皆、年を重ねたお顔です。

IMG_5294d

センターコートのチケットを入手できなかった人達は
屋外のマレーマウントで観戦。
以前、ヘンマンが活躍の時にはヘンマンヒルのようでした。

IMG_5288-cropd.jpg

女子の決勝戦は9日、第1シードのセリーナ・ウィリアムズが
4回戦で土居美咲を破った
第4シードのアンゲリク・ケルバーに勝ち、
2年連続7度目の優勝を果たしました。

次は8月の全米オープン。
錦織圭他、日本選手の活躍を期待しています。

今日もご訪問をありがとうございます。
毎深夜0時5分に更新しています。
どちらかのお花に応援ポチをよろしくお願いいたします。


にほんブログ村


にほんブログ村

コメント

野いちごさん、こんにちは!どの選手にも頑張っていただきたいですね!!

v-254みゅうぽっぽ様へ
こんにちは!

上位を維持するのは本当に大変なことですね。
テニスは決められた試合に出ないとポイントが減って
ランキングが落ちるので選手たちの試合数は多いです。
過酷な世界ですね。

全米オープンの前にオリンピックに出場する選手がいますが、
ポイントもつかないので錦織選手など出場して欲しくありません。
まずは怪我を完治して欲しいです。

後輩も力をつけて~

錦織選手の脇腹の痛みが、それほそ酷いものとは思いませんでした。
残念ですが、ランキングは維持してるので頑張って欲しいです。
後輩の西岡良仁も100位に浮上。
土居美咲も36位と大躍進ですね!
ダニエル太郎の、水の飲み過ぎはちょっとでしたが・・・
小柄な日本選手の活躍に、大いに期待が持てたウインブルドンでした♪

v-254だんだん様へ
おはようございます!

錦織、五輪に参加のようですが、
怪我を完治させてもらいたいですね。
責任感が強いようですが、身体が心配です。

日本選手のランキングも次第に上がってきましたね。
ダニエル君、いいショットだったのに、お腹を壊したとは。

全米を楽しみにしていますが、TV放送がないので残念。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad