野いちごひとりごと

人生走り続けて69年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。

至仏山登山で痛感したこと・反省したこと(;´Д`)


昨朝、野いちご地方は大雨洪水警報発令。
でもゲリラ豪雨は朝5時前から6時頃まで。
あとは一日中、陽がさして暑い日でした。

IMG_7112-cropd

先月28日~30日まで尾瀬ヶ原・至仏山登山に参加するにあたって
私には大きな不安がありました。

一番大きな不安は腰椎すべり症の私が
重たいリュックを何時間も
背負って歩けるだろうか・・・ということでした。

過去の登山では20リットルの小さいリュック。
入らないものはダンナ様のリュックに入れてもらい、
私は身軽に歩いたり、登ったり。

IMG_5513d1.jpg

夫婦だけで行くときはそれでも良かったのですが、
クラブ行事の時には宿の部屋が男女別に分かれるので
荷物を取りに行ったり、持ってきたもらったり・・・と不便な時もあり、
今回、この25Lのリュックを求めました。

着替えや合羽、化粧品など必要な荷物を最小限にしても5.45kg。
腰にコルセットを巻き、痛み止めを服用して
何とか歩くことができました。

もうひとつ、、、この登山では
変形膝関節症の装具をつけて歩くことにしましたが、
長時間歩行なので装着具合が心配でした。

IMG_3614d.jpg

途中で何度か、ゴムを締め直したりしましたが、
下山するまで大丈夫。
その後、膝も腫れず痛みもなく、
取り越し苦労ですんで良かったです。

 登山するにあたって感じたこと

* 自分の荷物は自分で管理。
  当たり前の事ですが、以前の私はできていませんでした。

* 食料や行動食、水も自分で管理。 
 いつ何どき迷子になるか、わからないので
 自分の身体は自分で守るということを含めて。

また夫婦であろうと身体が欲する行動食の時間は違います。
自分の欲しい時はいつでも口に入れられるように。

登山道具は要チェック。
  トレッキングシューズが合わなかったのでしょう、
  痛い!痛い!と泣きそうな方があり、
  自然と列から遅れました。
  この方は以前も同じ症状でだったようですが、
サイズの合わない靴は見直さないといけません。
 
至仏山5

*果たして自分が登頂できるか否か、
山の(難易度)レベルをチェックすることが必要。 

私は登山参加する時には
「私でも登れるのかな、大丈夫かな?」と
山に詳しいダンナ様に聞いています。
「ちょっとしんどいかも。無理かも」といわれれば
皆さんにご迷惑をお掛けするので不参加です。

自分の脚力と体力を考えなくては団体行動に支障がでます。
これはパーティー全体の”命”にも関わってきます。
ひとり一人の認識が必要でしょう。

IMG_5610-cropd

下りの道で濡れた木道でダンナ様が滑って転び、
左手の小指下から血がポタポタ。
下から上がってこられた方が「消毒液を持っていますよ」と
おしゃってくださったのですが
傷口を水で洗い流し絆創膏を張り何とか止血できました。
でも今もポッカリと傷口があいて痛そうです。

手袋を持っていながら何故、ハメていなかったか。。。と
ダンナ様を叱り飛ばしました。
手袋と帽子。。。絶対に身につけておくべきです。

何か起こっても救急車がすぐに来てくれるものではありません。
これからは万が一の事を考えて、
救急医療薬を持参することにしました。

今まで”若いから大丈夫・・・”と勢いで登っていた山々ですが、
年を重ねるごとに細心の注意を払って参加しなければ
取り返しの付かない事態に陥るかもしれません。

今年はじめての至仏山登山。
色々と感じること反省すべきこと、
偉大な自然から学んだことも胸に刻んでおくことにします。

これからいよいよ本格的な夏山シーズン。
山男、山ガールは「自分の身は自分で守る」をモットーに
自然との対話を楽しんで欲しいと思います。

4日間にわたって「尾瀬ヶ原散策、至仏山登山」を
お読みいただき本当にありがとうございました。

最後に山で見たお花をもう一度ご覧ください。

花9

 今日もご訪問をありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
お花の中に応援ポチをしていただけたら嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

COMMENT

野いちごさん、お早うございます!山は厳しいですね!山をなめてはいけませんね。自然は本当に美しい反面厳しいですね!無事下山良かったです。この前あるテレビ番組で富士登山を放送していて若い人が「ゼーゼー」言いながらようやく頂上!と言っていたら目の前にお婆さんが登っていらしてお歳を聞くとなんと90歳!!凄~い!!びっくりでした!

v-254みゅうぽっぽ様へ
おはようございます。
山にしても海にしても美しい自然はいつ牙を剥くかわかりませんね。
人に甘えていては命にかかわることと、改めて感じました。

ご高齢の方はそれなりにトレーニングしておられるのでしょうが、
90歳とは驚きですね。
そんなお年で山を楽しまれるのは羨ましいです。

本当に良く頑張って素晴らしい~大拍手です!
達成感で暫く気持ち良く過ごせますね~
それにしても膝の器具で腫れも傷みも無いとは
自信になったでしょう~私も希望を頂いた様な気がします
高尾山でも救急隊が一人の為に総勢19人も登って来た
現場に遭遇しましたが気を付けなければいけませんね
青空と綺麗なお花に癒されて登った頃を思い出し元気を頂きました
有難うございましたそしてお疲れ様でした

お疲れ様でした。
私よりよっぽど強かったですよ!v-425
私は皆さんに後れをとり、鳩待峠にはヨレヨレになって、
やっとビリで辿り着きました。
この分では、次の仙丈岳に登れるか心配です!

v-254kamome様へ
こんにちは!
大拍手をしていただいてありがとうございます。
取り越し苦労ですんで良かったと思っていますが、
これからは今まで以上に
自分に厳しい目をむけなければ。。。と実感しました。

kamomeさんも山ガール。
これからもお元気で登られますように。

v-254Dom様へ
暑いですね。
色々とお世話になりありがとうございました。
Domさんは歩くのがお上手だから
そんなにお疲れでないかもしれませんが、
私などストックに頼ったので腕が筋肉痛。
やっと治りました。

仙丈ヶ岳。。。少人数で楽しんでいらしてくださいね。
お天気を祈っていますが、Oさんが参加なので心配です(笑)

膝や腰の痛みを抱えながらの登山、尊敬します。
私には絶対無理だな~
山の天気は変わりやすいといいますが、本当なんですね。
「備えあれば憂いなし」当たり前のような言葉を実感しました。

コメント有難うございます。
犬社会は序列が決まっていないと喧嘩が絶えないと聞きますので
きっと、決まっているんだろうと、安心しています。
ミョウガ、確かに毎年じわじわと増えています。
増えすぎたら、冬に根を掘りあげて、短く切って埋めなおしたらよいそうですね。

v-254smaileママ様へ
おはようございます。
何もこんなにまでして登らなくてもと思うのですが、
痛い痛い、、、無理!なんて思っていたら
テニスもスキーも何もできないので
老体に鞭打ちながら楽しんでいます。

山は本当に怖いですね。
夏山登山、これから事故がないように祈るだけです。

娘宅のちわわ親子三匹も順列が決まっていました。
アリスちゃんたちを見ていると本当に楽しいです。
今、うららママ16歳だけが元気で過ごしています。
沢山の新鮮なみょうが。。。羨ましいです

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ