2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

暑中お見舞い申し上げます♪プロに学んだリンパヨガの効用♪~


暑中お見舞い申し上げます!!

暑い日が続いていますが、熱中症にお気をつけてお過ごしくださいね。

9642p
(氷河滑降出発点のエギュー・ドゥ・ミディ3842m)

ちょっと涼しさをお送りしようと
2013年3月、フランスのシャモニースキーツアーの写真です。
最終日のヴァレー・ブランシュ氷河滑降の記事。
お時間があれば読んでいただくと嬉しいです。

IMG_7127d

30日、至仏山(2228m)から下山するとふくらはぎは
装具装着して8時間以上もしていた事もあったのか、
パンパンに張り詰めていました。

きっと尿酸や尿素、乳酸、クレアチニンなどの
老廃物が溜まっているのだろうと
帰宅した夜からお風呂の中でマッサージ。
TVを見ながらでも時間があれば
ひたすら、ふくらはぎを揉みました。

少しは柔らかくなりましたが、まだまだ太い足なので、
今週の火曜日、興味があった岩盤リンパヨガを
70分、受けてきました。
その名の通りリンパを刺激して
血流を良くして老廃物を流すヨガです。

そもそもリンパとは?
体の隅々まで張り巡らされた血管と異なるリンパ液を運ぶ導線のこと。
色々とやり方がありましたが、
インストラクターが言われるには
関節に集まっているリンパの流れを良くすること。

IMG_9475p
(同じく22kmのヴァレー・ブランシュ氷河滑降)

今、私が実行し始め、簡単にできる
足のリンパマッサージのご紹介ですが、
リンパマッサージの原理は皮膚を
リンパ管の流れの方向(末端から身体の中心方向)に
優しくさするだけ。

まず足の滑りが良くなるように、また効率的に
肌をこすれるのでマッサージオイルか、クリームを塗ります。
大切なことはいつも手足、身体の左側からマッサージをすること。

*リンパの多い足裏を指からかかとに向けてさすります。
*足首をぐるぐる回し、くるぶしをマッサージ。
*足首の裏側からひざ裏まで両手でさすります。
*足首から膝に向かって足の外から中に向かって両手で揉みます。

あまり沢山のプログラムは覚えられないので
上記の4つを続けることにしました。
昨日あたりからふくらはぎが
柔らかくなり足が楽になりました。

IMG_5555d

顔の場合は両親指で頬骨の下からこめかみに押さえ、
耳の前を通って首筋から鎖骨をなでます。
フェースラインがすっきりして綺麗になるそうです。

今エアコン使用で身体も冷え、血流が悪くなっています。
温かいお風呂でゆっくりとリンパマッサージ。

足のむくみは本当に辛いですね。
悩んでおられる方、お試しください。

 今日もご訪問をありがとうございました。
明日はリオ五輪開会式。
問題が山積みのようですが、
日本選手達の悔いのない演技、戦いを期待しています。

今日は朝10時からサッカー。
到着が遅れたナイジェリアと対戦です。
相手は時差ぼけ、これ勝たなきゃいけない試合です。
頑張れニッポン!!

ブログランキングに参加しています。
お花の中に応援ポチをよろしくお願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

[ 2016/08/05 ] 私の健康✿健康診断 | TB(-) | CM(6)

野いちごさん、お早うございます!リンパマッサージ、良いですね!野いちごさんのブログ読みながらマッサージしてみました。私もパソコンの前に長い事座っていると足がパンパンになります。ブログを始めヤフオクなど結構長い事見ています。手でマッサージすると汗で滑りが悪いので娘がプレゼントしてくれた木で出来たマッサージ器具でしてみます!!
[ 2016/08/05 08:58 ] [ 編集 ]

おはようございます。

涼しさを通り越して、、、(ゾー)っとしました。 (笑)
日付を見ると。3年前ですね?
しかし何処からこのパワーが湧き出てくるのか・・・摩訶不思議。

こんな高山で怪我したらどうしようもないですね。。。
私には、こんな技術も、パワーも無いですわ。
日頃の鍛錬と、管理が大事なんですね〜。
[ 2016/08/05 09:04 ] [ 編集 ]

v-254みゅうぽっぽ様へ
エアコンの中で暮らし、椅子に長時間座っていると
どうしても足がむくみますね。

お嬢様がプレゼント?いいですね?
素手ですると手も疲れます。
10年位前にフットケアの器具を買いましたが、
音と振動が大きくて階下の方に迷惑かと捨てました。

今竹踏みが一番気持ちが良いです。
身体を冷やさないことも大切ですね。
[ 2016/08/05 09:32 ] [ 編集 ]

花水木

いつもいつも健康情報参考にさせていただいています。
とても役にたっています。ありがとうございます。
下記の記事ですが、全く仰る通りですね。
山は一つ間違えば、命とり。
それも仲間で登っている場合は自分だけの問題ではありませんものね。
自分の荷物は自分で持つ、これは登山の基本中の基本ですね。
私もつい主人に頼りがちですが・・・・。
私は山小屋宿泊(一泊)のともなう山登りでは28Lのザックを背負います。
出来るだけ余分なものは持って行かないようにし、1gでも軽くする努力をしています。
2年前カナダの山旅での1日目のハイキング、途中で気分が悪くなり、
主人にザックを持ってもらって手ぶらで登った時、
荷物のない歩きがどんなに楽かを実感しました。

それにしても驚きました、あのような装身具をつけてお登りになったのですね。
すごい根性と意気込みです!素晴らしい!
これからもお互い気をつけながら山登り楽しみましょうね。


[ 2016/08/05 09:37 ] [ 編集 ]

v-254アイハート様へ
このツアーはちょっと自慢できるものかもしれません。
22kmのヴァレー・ブランシュ氷河滑降はテストがあり、
初回は補欠でしたが、何とか滑り込みセーフになりました。

救助ヘリがきてお一人病院へ。
この時は大変でした。

もう3年前ですね。今行こう!と
夫に言われたらNO!と答えるでしょうね。
海外でもチンタラ滑っているのがいいですね。
また行きたいです。

[ 2016/08/05 09:39 ] [ 編集 ]

v-254花水木様へ
おはようございます。
年々、身体のケアの部分が多くなって
何が何だかわからなくなってきます(笑)
足のむくみは下肢静脈瘤につながるので注意ですね。

そうそう2年前のカナダのトレッキングは残念な結果でしたが、
今年はお一人でリベンジされ大拍手でしたよ。

今まで夫に頼りっきりでしたが、
そろそろ自立しなきゃと、、、。
それができなければ何事も諦めようと思っています。

テニスの時はもう少し細い腰のコルセットとこの足の装具、
右手首と腕にサポーター。すごい出で立ちです(笑)
そんなにまでしてやらなくてもと思うのですが。

自分の身体と相談しながら何事も楽しみましょう。
[ 2016/08/05 09:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する