野いちごひとりごと
人生走り続けて70年。今、ゆっくりのんびりをモットーに日々感じたことをつづる野いちごです。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
痛ましい転落事故・・・今後の教訓に(/д\)゜

7月末、日本百名山の至仏山(2228m)で出会ったウスユキソウ。
山は秋に向かっているので、この可愛い姿は
もう見ることはできないでしょう。

IMG_7116-crops.jpg

今月15日、あの痛ましい事故のニュースを聞き、
5日も経った今も何ともやりきれない思いが続いています。

皆さんもご存知でしょう。
東京メトロ銀座線青山一丁目駅で
盲導犬と一緒に歩行中、ホームから転落し、
亡くなられた品田直人さんの転落事故

初めは誰かとぶつかったのか・・・と思ったのですが、
ニュースを聞いていると、どうもそうではなさそう。

この駅のホームはわずか幅2・9メートル。
ホームの端から1メートルには点字ブロック。
品田さんは端から66センチにひかれていた
白い点線付近を歩いていたそうです。

駅員が線路側を歩く品田さんに気づき、
「白線の内側にさがって下さい」と
アナウンスしたが間に合わなかったようです。

ホームの黄色い点字ブロック上に柱があり、
盲導犬が早くからそれを察知して回避するために
線路側に寄り、品田さんが足を滑らせた。。。と報道されました。

そもそも視覚障害者の道標となる点字ブロック上に
柱が乗っているというのが大きな設計ミス。点字ブロック

時々見かけますが、健常者がホームの点字ブロックの上に
荷物を置いて、視覚障害者の通行を妨げたり、
滑り止めと間違って歩く人もいるという
とんでもない話もあるようです。

IMG_5560d

どうして転落したのか、何が原因だったのか、
東京視覚障害者協会の田中章治さん達4人が
事故の起きた午後5時45分頃と同じ時間帯のホームの状況を把握するため、
18日、盲導犬や白杖を使いながら歩き現地調査。

幅約3メートルの狭いホームの中央付近に複数の太い柱が立ち、
通行の妨げになっていることや、
点字ブロックが柱にかかっていることなどを確認。
混雑はしていなかったが、
電車が2分程度の間隔で入って音が反響するため、
アナウンスが聞き取りにくいことなどがわかったという。

普通、ハーネスは右手に持つようですが、
品田さんは左利きだったのでしょうか、左手に持って歩行。
これは線路側を盲導犬ワッフルちゃんに歩かせるのは
危険と判断されたのか、、、。

だとしたら子を案じる優しい親心の品田さん。
品田さんの近くにどなたかいらして
危険を知らせていらしたら・・・と残念な気がしてなりません。

いずれにしても今後このような悲惨な事故が起こらないように
どの駅にも一日も早く線路との間を区切る
ホームドア設置などの再発防止策を取り入れてもらいたいものです。

2014年から共に過ごしたという盲導犬ワッフルちゃん。
突然、ご主人の姿が見えなくなって
今はとても淋しい思いをしていることでしょう。

品田さんのご冥福を心からお祈りするとともに、
盲導犬のワッフルちゃんが元気で
次の新しいご主人様の目となりますように。

 今日もご訪問をありがとうございます。
ブログランキングに参加していますので、
お花の中に応援ポチをお願い致します。

毎日深夜0時5分に更新していますので、
明日もまた訪問していただけると嬉しいです。


にほんブログ村


にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
おはようございます。本当に悲しい事故でしたよね。
詳細を知らなかったので、野いちごさんの記事で事故の原因が
よくわかりました。
点字ブロックの上に柱があるなんて、本当に間違っていますよね。

海外ではホームドアが当たり前のような感じですから、ぜひ
日本でもすべての駅で設置してほしいものです。

盲導犬のワッフルちゃん、ご主人を亡くして悲しんでいると
思います・・
2016/08/21(日) 07:44:19 | URL | アリスおばさん #64owOXpE[ 編集]
v-254アリスおば様へ

おはようございます!
このニュースを聞いた時は
盲導犬が関わっているだけにショックでした。

健常者でもホームを歩くときは危険を感じますね。
ホームドアはどの駅にも是非とも設置して欲しいです。

ニュースでお葬式のワッフルちゃん(黒のラブラドール)の
後ろ姿を見ましたが、可哀想なようでした。
2016/08/21(日) 09:34:46 | URL | 野いちご #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.